もし仮想通貨を購入するなら、購入の前に安全で使い勝手が良い仮想通貨ウォレットが手元にある事を確認する必要がありますよね。仮想通貨ウォレットは、安全にトークンを保管するだけでなく入金・送金ができるのが特徴です。

このガイドでは、現在のマーケットでトップ評価の仮想通貨 ウォレットおすすめをレビューします。

トップ仮想通貨ウォレットのリスト

当サイトが入念な調査を行いました。早速、2022年でトップ評価を得ている仮想通貨 ウォレット おすすめを4つご紹介します

  1. Crypot.com – 2022年で総合トップの仮想通貨 ウォレット
  2. Binance – トレードにピッタリの仮想通貨ウォレットアプリ
  3. FTX – 信用取引に実績ありの機能的なアプリ
  4. Okex – 世界規模の取引が可能な一流アプリ

スクロールすると、仮想 通貨 ウォレット アプリ おすすめの詳細なレビューを見ることができます。ここでは仮想通貨 ウォレットとは?という疑問にもお答えしながら、ウオレット仮想通貨の使い方についてもご紹介しましょう。仮想通貨ウォレットを選ぶ際のベンチマークとして活用して、ウオレット仮想 通貨をシンプルに管理しましょう。

トップビットコインウォレットの評価

ご自身のニーズにぴったりなビットコインウォレットの選び方は後ほど説明するとして、ここでは考慮すべき重要な要素を簡単に紹介していきます。仮想通貨ウォレットとはこうあるべきであるという項目を下記に挙げてみましょう。

  • セキュリティと安全性
  • 仮想通貨の入金・送金手数料
  • ユーザーフレンドリー
  • デバイスの種類 – 例:モバイル、デスクトップ、ハードウェア、またはオンラインなど
  • 両替やスワップサービスなどの追加機能

仮想 通貨ウォレットアプリに関する以下のレビューは、上記の主要な要素を考慮に入れています。「仮想通貨 ウォレット とはこういもの」ということをつかみ取りながら、仮想 通貨 walletの特徴を把握していきましょう。

1. Crypto.com – 2022年に仮想通貨ウォレットで総合ナンバーワン

Crypto.com海外の暗号取引所で最も多くの利用者を誇り、全ての項目において優秀だと判断された仮想通貨アプリはCrypto.com(クリプト・ドット・コム)です。Crypto.comは優良銘柄や新しい暗号通貨を250種類以上を取引している巨大プラットフォーム。2016年にスタートした当時は「Monaco(モナコ)」という名称で市場に登場していましたが、のちにCrypto.comに名前を変更し、新たなスタートを切りました。

世界の国々で暗号通貨を流通させたい!この信条をもとに、暗号通貨やブロックチェーンの画期的な技術を駆使し、信頼性と安全性の極めて高い仮想通貨取引を実施しています。

Crypto.comのウォレットの名称は「Crypto.com Difi wallet」です。ダウンロードは「Play Store」からも出来ますので、チェックしてみて下さい。

さて、Crypto.comそのものの情報としては登録ユーザー数は何と1,000万人超!ヨーロッパや米国、アジア圏、そしてアフリカの国々で活発に利用されているインターナショナルなプラットフォームでもあります。また、Crypto.comは「Crypto.com Visa」というオリジナルプリペイドガードを発行しています。種類は全5種類。年会費は無料でクレジットカード機能付きのため、使い勝手が良いのが魅力です。もちろん、暗号通貨や日本円で素早くチャージできるので非常に便利でもあります。ぜひ、仮想通貨・資金管理にお役立てください。

Crypto.com - 仮想通貨ウォレット

Crypto.comのネイティブコインはCROです。たとえば、Crypto.comのアプリを使ってCROを半年間ステーキングすると、数%のキャッシュバックがあります。さらに、Airbnbやアマゾンプライム向けの支払いがディスカウント(又は無料)になる特典もあります。

また、Crypto.comの最大の魅力である「Crypto Earn(クリプト・アーン)」は、暗号資産を預けて自動的に利益を受け取ることができるサービスです。対象は40種類以上の優良銘柄で、このサービスだけで最大年間14.5%の利益を受け取ることができます。

Crypto.comのウオレットは「ノンカストディアル」であるため、DeFiトレーディングへも直接参加できます。こういった「秘密鍵」を管理するウォレットへの人気は今後も続く見込みです。もちろん、2022年に人気が急上昇のAxie Infinity、 Graph、CeloもCrypto.comで購入できますので、信頼性の高いCrypto.comのウオレットを使って資金管理をしてみてはいかがでしょうか?

Crypto.comウオレットを今すぐ入手

仮想通貨はボラティリティが高く、規制されていない投資商品です。

2. Binance – トレードに最適なビットコインアプリ

BinanceBinanceは、仮想通貨とブロックチェーンテクノロジーでメジャープレイヤーです。取引高の点でトップクラスのアルトコイン取引所を提供しているだけではなく、数十億ドルの時価総額を誇る仮想通貨BNBの開発・展開も行っています。

さらに、Binanceは数千以上の分散型トークンをホストする独自のネットワークチェーンまで所有しています。このように、Binanceはストレージとトレードサービスの両方を利用したいユーザーにとって、間違いなくトップのビットコインウォレットです。

Binanceではトークンを保存するために、数多くの投資家がBinanceのウェブウォレットを使用しています。ウェブウォレットをBinanceアプリに接続することで、資金の移動を追跡します。これらは全てカストディウォレットであり、Binanceがあなたに代わって秘密鍵を保護することを意味します。もう一つの選択肢としては、Binanceがサポートしているスマートフォンにトラストウォレットをダウンロードすることです。

Binanceクリプトウォレット

ノンカストディウォレットとして、プライベートキーとバックアップパスフレーズを自己管理する選択肢があります。この場合、ウォレットへ不正侵入、秘密鍵を紛失した際に、Binanceはウォレットへのアクセス回復をサポートすることができません。しかし、トラストウォレットはPancakeswapのような分散型アプリへのアクセスも可能です。これを利用すると、Binance Smart Chain上で動作するアクティブなプロジェクトのトークンへアクセスを提供します。

Binanceウォレットを今すぐ入手

仮想通貨はボラティリティが高く、規制されていない投資商品です。

3. FTX – 信用取引に実績ありの機能的なウオレット

FTXFTX(エフ・ティー・エックス)はNFTマーケットプレイス、そして暗号デリバティブを行うブローカーとして世界規模の取引所です。オールインワンの暗号取引所。日本語サイトは未完成となっていますが、優良仮想通貨銘柄ばかり60以上でスポット取引ができます。Defi Coinをはじめ、ステーブルコインの取引が可能で、非常に機能的なウオレットを持つことでプロトレーダーからの信頼も厚いです。

FTX クリプトウォレット

FTXウオレットを活用して、オプションやスワップ、先物取引と暗号デリバティブの取引をしてみましょう。また、使い方については一連の流れを説明しているビデオをご参照下さい。デリバティブはどのようなものなのか、どのようにアプローチすればよいのかをわかりやすく説明しています。これらのデリバティブが何であるか、どのようにアプローチできるかを説明しています。ビットコインやイーサリアムでも契約サイズが非常に小さいため、初心者でも気軽に取引ができます。暗号通貨ビギナーの方は安全なオリジナルウォレットを活用して経験を積んでみてはいかがでしょうか?

FTXウォレットを今すぐ入手

仮想通貨はボラティリティが高く、規制されていない投資商品です。

4. Okex – 世界規模の取引が可能な一流ウオレット

OkexかつてOKExで知られていた人気の取引所が「OKX(オー・ケー・エックス)」と名称を変更して新スタート!BinanceとHuobiと並ぶ中国の三大取引所の一つとしても知られており、世界規模のトレーディングプラットフォームを誇ります。アカウント開設にはKYCでパスポートが必要になりますが、その他は登録用の電話番号もしくはEメールアドレスがあれば大丈夫です。アジア圏で絶大な支持を誇るOkexですが、その理由に最低1ドルから暗号通貨のトレードができる点が挙げられます。

つまり、軍資金が少なくても臆せず仮想通貨売買に参加できるということですね。Okexのウォレットは世界で最も信頼できるウォレットとして定評があり、Web3ポータルを採用した最新版を用意しています。

そもそも、OKXが設立したのは2017年で、比較的新しい取引所となりますが、すでに世界180カ国に2,000万人以上のユーザーを記録しています。の顧客を抱えています。オリジナル通貨「OKB」を保有している場合は取引手数料の割引があるので、ぜひ活用しましょう。また、パーペチュアルスワップに興味のある方は、自己判断で決済を行えるため合理的です。

Okex クリプトウォレット

Okexでは現物、オプション、パーペチュアルスワップ、レバレッジ、先物、そして仮想通貨といった商品のトレードが可能です。リスクを利用して投資に望みたい方は、業界トップクラス最大125倍のレバレッジも利用できます。

Okexウォレットを今すぐ入手

仮想通貨はボラティリティが高く、規制されていない投資商品です。

トップ4仮想通貨ウォレットの比較

ウォレット おすすめをご紹介しましたが、2022年のベストビットコインウォレットプロバイダーの上記のレビューに目を通すと、それぞれの選択肢にはメリットとデメリットがあることがわかります。ウォレット 仮想通貨の重要な点が一目でわかるので、ご覧になって下さい。仮想通貨 ウォレット 種類とあわせて概要をマスターしましょう。比較表は以下の通りです。

ウォレット 対応コイン 手数料体系/手数料 ビットコイン送金手数 モバイルアプリ
Crypto.com 250以上 無料ダウンロード

0.1%~0.2%

ブロックチェーン手数料 あり
Defi 50以上 無料ダウンロード、0.1% ブロックチェーン手数料 あり
Binance 600以上 無料ダウンロード

0.1%

0.005BTC あり
FTX 60 無料ダウンロード、0.1%~0.2% ブロックチェーン手数料 あり

ビットコインウォレットとは?

ビットコインウォレットを利用すると仮想通貨を保管することができます。あなたが選択したウォレットは、ブロックチェーンネットワークに接続され、ボタンをクリックするだけでトークンを送受信できるようになります。仮想通貨ウォレットには多くの種類があり、それぞれが異なるレベルのセキュリティと利便性を提供してくれます。

さらに、仮想通貨の売買やスワップなどの追加機能を提供するウォレットもあります。おそらく最も人気のあるストレージオプションはモバイルウォレットで、iOSまたはAndroidの仮想通貨 ウォレット アプリ おすすめを介してスマートフォンにダウンロードすることができます。しかし、デスクトップソフトウェア、オンライン取引所、またはハードウェアデバイスにトークンを保管するオプションもあります。

ビットコインウォレットとは?

詳細は後述しますが、ウォレットにはカストディタイプとノンカストディタイプがあります。後者は、ウォレットのプライベートキーとバックアップパスフレーズを自己管理することを意味します。そのため、万が一、ウォレットが故障したり、PINコードを忘れたり、秘密鍵を紛失したりした場合、全て自己責任となります。

一方、カストディウォレットは秘密鍵へのアクセスすることができない為、資産を第三者に預けることになります。これは通常、取引所やブローカーです。このオプションはCrypto.comといった信頼できるカストディアンを使用している限り、便利で安全なものとなります。

仮想通貨ウォレットが必要な理由

仮想通貨ウォレットが必要な理由この分野でトップクラスのビットコインウォレットプロバイダーは、ストレージ、入金、出金という3つのメイン機能を提供します。ウォレットがなければ、仮想通貨のマーケットに参加することはできません。

  • 例えば、あなたはオンライン取引所でビットコインを購入しました。
  • 購入が完了するとすぐに、取引所はトークンをあなたのウェブウォレットに追加します。
  • その後、トークンを取引所に残しておくか、自分で管理するウォレットに送金するか選択します。
  • 後者を選択した場合、ビットコイントークンを受け取るためにプライベートウォレットが必要になります。

仮想通貨ウォレットは従来の当座預金とほぼ同じように機能します。例えば、金融機関に当座預金口座を開設しドルを預金することができるのと同じような感覚ですね。

もちろん、当座預金口座はあなたの資金が安全であることを保証しています。さらに、ドルを他人に送金する場合、当座預金口座がなければできません。そして、相手があなたから資金を受け取るためには、相手もまた当座預金口座を持っている必要があります。

重要なポイントとして、これらのプロセスは仮想通貨ウォレットとほぼ同じであるということです。唯一の違いは、法定通貨の代替としてデジタル資産を保管し、当座預金口座ではなくウォレットに資金を送金していることです。仮想通貨 ウォレット アプリ おすすめで当座預金のような利便性を実感してみて下さい。

仮想 通貨 ウォレット 仕組みとは?

上記のセクションでは、仮想通貨ウォレットの実際の実際の機能について、非常に基本的な部分を説明しました。しかし、仮想通貨ウォレットを利用する前により深く理解する必要があります。仮想 通貨 ウォレット 作り方仮想 通貨 ウォレット 仕組みについてご紹介しましょう。

ここでは、仮想通貨ウォレットを利用する前に知っておくべき基本的な事について説明します。仮想通貨 ウォレット 仕組みはこんな感じです!

プライベートキーとバックアップフレーズ

まず何よりも、仮想通貨ウォレットのセキュリティは重要です。先ほど、従来の当座預金と仮想通貨ウォレットには共通点があると説明しましたが、これはセキュリティについても同様です。

  • 例えば、オンラインで当座預金にアクセスするためには、パスワードの入力が必要です。
  • 同様に仮想通貨ウォレットの場合でも、アクセスのために2段階認証やパスワードを入力します。
  • もし、オンラインバンキングのパスワードを忘れてしまった場合、該当の金融機関に問い合わせる必要があります。
  • しかし、仮想通貨ウォレットではサポートを受けることができません。
  • そこで、秘密鍵を入力しウォレットを復元します。

この秘密鍵はウォレットに固有で、通常、小文字と大文字の両方、および数字を含む64文字のフォーマットになっています。

しかし入力を簡素化するために、ほとんどのウォレットプロバイダーでは秘密鍵が、ランダムな12単語のバックアップフレーズに変換されます。

もし、第三者がバックアップパスフレーズ入手した場合、どのデバイスからでもあなたのウォレットにアクセスすることができます。このため、バックアップパスフレーズを紙に書き留めて、厳重な管理下で保管することを推奨します。

仮想通貨ウォレットのアドレス

秘密鍵とバックアップパスフレーズについて説明しましたが、ここでは仮想通貨ウォレットのアドレスについて説明します。簡単に説明しますと、ウォレット 仮想 通貨のアドレスは資産を受け取るための口座番号の様なものです。

例えば、当座預金口座で資金を受け取りたい場合、固有の銀行口座番号を送金者に知らせる必要があります。

仮想通貨ウォレットのアドレス

仮想通貨ウォレットアドレスの場合、これは長い文字列の形で提供され、秘密鍵と似たような形式になっています。しかし、秘密鍵とは異なり、仮想通貨ウォレットアドレスを他の人に通知することで、送金を実行することができます。

以下は、ビットコインウォレットのアドレスの一例です。

1A1zP1eP5QGefi2DMPTfTL5SLmv7DivfNa

興味深い事に、上記のウォレットアドレスは、ビットコインの匿名創始者であるサトシ・ナカモトが所有しています。

ビットコインのアドレスはとてもに複雑に見えますが、現在ではビットコインウォレットのプロバイダーがQRコード機能を提供しています。これは、送金者があなた固有のバーコードをスキャンして、特定のウォレットアドレスに資金を移動させることができます。

手数料

仮想通貨ウォレットを使用して他のアドレスに送金する場合、必ず手数料を支払う必要があります。これは、トランザクションが「マイナー」によって検証されるためで、マイナーは時間とリソースを提供し、報酬として仮想通貨を受け取ります。

具体的な手数料は、仮想通貨の種類とネットワークの混雑具合によって異なります。いかなる場合でも、ウォレットから送金する際に手数料が送金額から差し引かれます。ウォレットとは手数料がかかるものなのです。

ビットコインウォレットの種類

このセクションでは仮想通貨ウォレットの種類について説明します。モバイル ウォレット おすすめは下記のどれかに該当します。特徴を理解したうえで仮想通貨ウォレット おすすめから選んで活用してみましょう。

ソフトウェアウォレット

Trezor や Ledger Nano などのハードウェアデバイスを使用していない場合は、ソフトウェアウォレットに仮想通貨を保管することになります。つまり、仮想通貨のアプリやデスクトップソフトウェアを通じて、ブロックチェーンネットワークにリモートで接続することができます。

Ledger Nanoは開発者やブロックチェーンネットワークに直接参加したユーザーに人気があります。しかし、モバイルウォレットは、どこにいても暗号トークンへのアクセスを提供するため、よりユーザーフレンドリーで便利です。

実際、モバイルウォレットを利用すると最高レベルのセキュリティで資産を保管することができます。例えば、仮想通貨ウォレットのアプリを開く前に、まずスマートフォンのスクリーンロックを回避する必要があります。その後、仮想通貨ウォレットのPINコードを入力する必要があります。また、ほとんどのモバイルウォレットは、資金を受け取ったときにリアルタイムで通知してくれるので、非常に便利です。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットについて、Trezorをレビューした際に簡単に説明しました。要約すると、ハードウェアウォレットは仮想通貨のスペースで最も安全なストレージオプションを提供しています。プロバイダーに関係なく、ウォレットは常にオフラインに保たれます。このため、ハードウェアウォレットはコールドストレージとも呼ばれ、ネットワークサーバーに接続されることがありません。

さらに、仮にハードウェアウォレットが盗難されても、犯人があなたの仮想通貨にアクセスすることは極めて困難です。ウォレットをセットアップする際に作成したPINコードを入力する必要があるからです。一方で、他のデバイスからバックアップパスフレーズを入力すれば、ハードウェアウォレットをリモートでコントロールできるようになります。

ハードウェアウォレット

このプロセスを実行することで、仮想通貨を別のアドレスに転送することができ、盗まれたハードウェアウォレットが悪用されます。しかし、ハードウェアデバイスを使用する場合、仮想通貨の送金プロセスが面倒なことは言うまでもありません。結局のところ、トランザクションを実施するためにはハードウェアデバイスを手元に置く必要があるのです。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、現在ではあまり一般的に使用されていませんが、セキュリティレベルが極めて高く、検討する価値はあります。主な仮想通貨 ウォレット 仕組みとして、ビットコインウォレットのアドレスと秘密鍵の両方を一枚の紙に印刷します。

この2つの認証情報は特定のウォレットに接続されないため、仮想通貨は基本的に常にオフラインで保管されます。

  • つまり、トークンを他のアドレスに送るには、まずウォレットを取得する必要があります。
  • 次に、印刷した秘密鍵を新しいウォレットにインポートする必要があり、その後トークンを転送することになります。
  • この方法は安全ありますが、送金に時間がかかります。

しかし、ペーパーウォレットは長期投資家にとっては素晴らしい選択肢となる可能性があります。秘密鍵の入った紙を厳重に保管するようにしましょう。

自分にあった仮想通貨ウォレットを選ぶには?

さて、ウォレットの仕組みがわかったところで、次はどのプロバイダーが自分に合っているのか、調べる段階に入ります。これは時間のかかるプロセスですが、以下で説明する重要な要素をそれぞれチェックしましょう。。

セキュリティ

セキュリティは、トップクラスの仮想通貨ウォレットを探す際の最重要項目です。多くの場合、提供されるセキュリティのレベルは、あなたが希望するウォレットの種類に依存します。

  • 例えば、ハードウェアウォレットの場合、デジタル資産に対する全体的なセキュリティが最も優れていると確信できます。
  • しかし、ウェブウォレットを使用している場合、詳細を確認しなければなりません。
  • 例えば、Crypto.comウォレットを使用している場合、プロバイダーがMFSAやVFAによって認可および規制されているため資産の安全性を確認することができます。

ビットコインウォレットアプリの場合、プロバイダがPINコードまたは生体認証ログインの形でセキュリティを提供していることを確認してください。もう一つのセキュリティ機能として、二要素認証があります。これは、ウォレットにログインしようとするときに、登録した電話番号やEメールアドレスに送信されるコードを入力する必要があります。

カストディアンシップ

一部のウォレットプロバイダーがカストディアンサービスを提供していることは前述しましたが、これはプロバイダーがあなたの秘密鍵保護に責任を持つことを意味します。

一方、これはログイン情報を忘れた場合、それぞれのプラットフォームに連絡してアカウントへのアクセスを回復できることを意味します。しかし、信頼できるウォレットプロバイダーを使用していることを確実に確認する必要があります。

ノンカストディアンの仮想通貨ウォレットを選択した場合、秘密鍵とバックアップパスフレーズにアクセスできるのは使用者のみであることを意味します。しかし、この重要な情報が流出するとウォレットがハッキングされる可能性があり、もしそうなった場合は全ては自己責任となります。

このように、自分のニーズに合った仮想通貨ウォレットを選ぶ際には、カストディアンシップについて考慮する必要があるでしょう。

ウォレットの種類

また、目的や経験に応じて最適なウォレットの種類を選択する必要があります。

一言で言えば、利便性と安全性のバランスを重視し、定期的に送金や入金を行うのであれば、モバイルアプリが最適な仮想通貨ウォレットと言えます。

しかし、他のすべての要素よりもセキュリティを優先したい場合、特に高額の仮想通貨を保有している方はハードウェアウォレットがより適しているかもしれません。

取引とスワップ

トップクラスの仮想通貨ウォレットプロバイダーは、ストレージとトランザクションサービスに加えて、デジタル通貨の取引も可能です。例えば、Crypto.comウォレットプロバイダーとして選択した場合、プラットフォームから離れることなく仮想通貨を売買することができます。Crypto.comは適切に規制されているため、デビットカードやクレジットカードで購入することも可能です。

取引とスワップ

例えば、一般的なモバイルウォレットでビットコインを保有しているとします。ビットコインの価格が上昇し続けているため、利益をドルに両替して現金化したいと思っています。しかし、もし利用しているウォレットが取引サービスを提供していない場合、スワップを完了するためにはビットコインを第3の取引所に転送しなければなりません。

ユーザーエクスペリエンス

デジタル通貨やブロックチェーン技術の初心者であれば、初心者向けのユーザーエクスペリエンスを提供する仮想通貨ウォレットを選択すべきなのは言うまでもありません。この状況で最適な仮想通貨ウォレットを選ぶとしたら、やはりBinanceでしょう。

資産の送金や入金方法など、プロセス全体を通してガイドが用意されているため安心です。一方で、仮想通貨ウォレットの中には経験者向けに設計されているものもあります。これはデスクトップウォレットによく見られるので、覚えておきましょう。

手数料

暗号トークンを他のウォレットに送る場合、手数料が必要であることを簡単に説明しました。この手数料はそれぞれのブロックチェーンによって決定され、ネットワークの混雑状況によって変動します。

重要なのは、トップ仮想通貨ウォレットは現在のネットワークレートで資金を送ることができることです。つまり、マークアップを追加しないことですね。しかし、一部のプロバイダーは取引時にネットワークが要求する手数料とは関係なく、一律の手数料を請求します。

例えば、Binanceでは、ビットコインを他のウォレットに送るために0.005BTCの手数料が課されます。記事執筆の際は約17ドルです。このように、Binanceのウォレットを使用する場合、送金額に関わらず手数料は同一であるため、少額のビットコインを送ることに経済的なメリットはないでしょう。

アラートとポートフォリオバリュエーション

トップ仮想通貨ウォレットの検索で確認すべきもう一つのことは、プロバイダがリアルタイムの決済アラートを提供しているか否かです。例えば、ウォレットで入金を受け取った場合、スマホの通知画面にポップアップが表示されると便利でしょう。

さらに、トップウォレットプロバイダーは仮想通貨ポートフォリオに関するリアルタイムデータも提供しています。

ビットコインウォレットを入手する方法

このガイドをここまで読んでいただければ、トップ評価を得た仮想通貨ウォレットの仕組み、そしてどのタイプのストレージオプションがニーズに合っているかをご理解いただけたと思います。

このセクションでは、セキュリティ、利便性、機能、ユーザーエクスペリエンス、および規制の面で総合的にトップ評価を獲得した仮想 通貨 ウォレット おすすめであるCrypto.comのアカウント開設ステップや仮想 通貨 ウォレット 作り方を紹介します。

ステップ1: アカウントを開設する

ステップ1 アカウントを開設する

Crypto.comのアカウントを開設しましょう。ここでは個人情報や連絡先などを入力します。Crypto.comメインページからNFTをクリックし、サインアップをしましょう。

ステップ2: ウォレットのアプリをダウンロードする

ステップ2 ウォレットのアプリをダウンロードするこのアプリは、Google PlayとApp Storeの両方でダウンロードできます。6桁のパスワードなど必要事項を入力したり、指紋認証を希望する場合はここで手続きをします。

注意: Crypto.comのアカウントを作成する際に登録したユーザー名とパスワードは、クリプトウォレットのログインに試用します。

ステップ3: 仮想通貨ウォレットに資金を追加する

ステップ3 仮想通貨ウォレットに資金を追加する

ウォレットアプリにログインした後は、デジタル資金を入金しましょう。他のウォレットにトークンを保管している場合は、Crypto.comアプリからウォレットアドレスをコピーし、送金を完了させてください。

Cryptoアカウントの認証が完了していれば、アプリを経由することでデビットカードやクレジットカードを使用して仮想通貨を購入できます。

まとめ

初心者に向けたこの総合ガイドでは、仮想通貨ウォレットに関するあらゆる要素を解説させていただきました。市場でトップ評価の仮想通貨ウォレットをレビューするだけでなく、多くの異なるストレージオプションから選択し、信頼できるプロバイダーを選択する方法についても説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

以上で得られた調査結果から、Crypto.comが2022年に仮想通貨ウォレットで総合ナンバーワンという結論に達しました。このプロバイダーは安全で規制されており、業界でも最高水準の価格で仮想通貨をドル建てで売買する事ができます。

Crypto.comのウオレットを入手

仮想通貨はボラティリティが高く、規制されていない投資商品です。

仮想通貨ウォレットに関してよくある質問

仮想通貨 ウォレットとは?

仮想通貨ウォレットの設定方法は?

仮想通貨ウォレット おすすめとは?

どれがビットコインを保管するために最高のウォレットですか?

コールド仮想通貨 ウォレット とは?

Coinbaseは良いウォレットですか?

どれが最高のハードウェアウォレットですか?

どの仮想通貨ウォレットの手数料が最も低いですか?

接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます