アルトコインのバナー

アルトコイン(Altcoin)は、ビットコイン以外の暗号通貨(Alternative Coinの略)を指しています。アルトコインは18,000以上あり、ポートフォリオに適したデジタル資産を選択できます。多くの選択肢があるため投資家にとっても魅力と言えます。

このガイドでは、2024年に日本で買える有望なアルトコインについて、厳選して仮想通貨おすすめをご紹介します。

さらには、アルトコインの買い方や、アルトコイン向けの取引所も併せて紹介します。 急上昇の可能性を秘めた銘柄がありますので、しっかり目を通しましょう!

  • プレイ・トゥ・アーン×たまごっち風ドージミーム
  • 2024年夏注目!40ステージのセールで利益ゲット
  • プレセール終了後、バイナンス上場予定か
プロジェクトローンチ
2024年5月
メタ
ミームコイン、P2E
  • アップグレード可能!AI搭載の犬系ミーム通貨
  • ローンチ開始から高利回りのステーキング報酬!
  • 2日おきにプレセール価格上昇!格安購入するなら今
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン、ステーキング
  • エアドロップ販売方式が話題!注目のソラナコイン
  • アメコミ「サウスパーク」発のアザラシミーム
  • 有名ミームSLERFを手掛けたチームが関与の噂も
プロジェクトローンチ
2024年5月
メタ
ミームコイン
  • Baseチェーン発!最新のマルチチェーン犬系ミーム
  • ステーキング報酬あり、シェアして稼げる新機能が◎
  • コンテンツシェアでポイント獲得、DAWGZと交換
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
Share-to-Earn、ミームコイン
  • 業界初!カジノゲームの結果に基づくデイリー報酬
  • DICEトークン紹介でアフィリエイト収益25%
  • カジノプレイヤーにエアドロップ報酬225万ドル超
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
GameFi
  • 学んで稼げる!最新の"Learn-to-Earn"プロジェクト
  • 99BTCトークンのステーキングで受動的報酬を獲得
  • 専門家の暗号取引シグナルで優位に立つ
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn-to-Earn
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ合計額2500万ドル超
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ミームコイン
  • EVトゥクトゥクで二酸化炭素排出量を削減
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
  • 年間利回り145%のステーキング報酬を提供
プロジェクトローンチ
2023年6月
メタ
ブロックチェーン

2024年|アルトコイン比較おすすめ一覧ランキング

以下が、2024年に買うべきアルトコインの比較おすすめ一覧ランキングです。

当サイトでは、今後将来性が有望なアルトコインを長らく紹介してきており、毎年、ご好評いただいています。今年の特集も例外なく、ご好評をいただいているので、漏れなく確認しましょう。

各種おすすめアルトコインの特徴については、後続のセクションで紹介します。

  1. Dogeverse –  数時間で25万ドル以上を調達!マルチチェーン対応の新作ドージミーム
  2. Slothana – 新しい Solana ミームコイン、直接エアドロップで事前販売を混乱させる
  3. Mega Dice Token – オンラインギャンブル最注目のアルトコイン、将来性◎
  4. 99Bitcoins – 初期投資家向けに99,999ドルの99BTCトークンをエアドロップ
  5. 5thScape – 仮想現実技術とブロックチェーンを融合した新興仮想通貨を購入
  6. Sponge V2 – 100倍の資産増で大量エアドロップを目指せるプロジェクト
  7. Smog – エアドロップのブームに参加して、トークンを使用して持続可能性プロジェクトに投票しましょう
  8. eTukTuk – EVを充電してエアドロップをGET!
  9. Bitcoin Minetrix – BTCマイニングで簡単エアドロップ
  10. Dogecoin20 – 年間利回りが最大1967%の新しいミームコイン
  11. CRO ー Crypto.comのネイティブトークン、高い将来性を秘めているおすすめ有望アルトコイン
  12. DeFi Coin ー 新しいDeFi Swap DEXのおすすめ有望アルトコイン
  13. BNBー Binanceのネイティブトークン。知名度が高く人気のオリジナルコイン
  14. FTTーFTXのネイティブトークン、機関投資家の間で注目のおすすめアルトコイン
  15. OKB ー OKXのネイティブトークン、アジアを中心に好評発売中のおすすめアルトコイン

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

おすすめのアルトコインランキング|個別比較特徴解説

以下の仮想通貨おすすめアルトコインランキングでは、2024年に投資するべきアルトコインの特徴を詳しく解説し、比較しながら紹介しています。

いろいろなおすすめ有望アルトコインがあるので、アルトコインの今後の将来性に関心のある方は、くまなくチェックしておくと良いでしょう。

上で紹介したアルトコイン一覧の特徴について、以降で詳しく理解して投資しましょう。

Bitcoin ETF Token – ビットコインのETF承認で話題のおすすめアルトコイン

ビットコインのETF(上場投資信託)商品が米国証券取引員会に承認される目前のなか、仮想通貨のETFが盛り上がっており、ビットコインのETFに特化したBitcoin ETF Tokenが仮想通貨の次に流行るものとして注目されています。

Bitcoin ETF 公式ウェブサイト

Bitcoin ETF Tokenに投資する最大の優位性は驚異のステーキング報酬です。現在絶賛プレセール中ですが、5000%ものステーキング利率を叩き出し海外の投資家を驚かせました。すでに数多くの人たちが$BTCETFトークンを購入しようと殺到し、SECによるビットコインのETF化が承認されると一気に急騰することが期待されています。

$BTCETFはデフレ型トークノミクスのため長期的に価格が上昇しやすいことからガチホ向けの仮想通貨としても高く評価されています。

Bitcoin ETF Tokenの買い方はリンク先の記事で解説しています。

また、Bitcoin ETF Tokenのメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット:

  • ビットコインETF商品の承認が好材料に
  • 高利回りのステーキング報酬
  • トークンバーン(焼却)で$BTCETFの価値が上昇しやすい

デメリット:

  • ビットコインのETF承認が確定していない
  • プレセールが進むとステーキング利率が下がる

調達上限額 495.6万ドル
総供給量 210億トークン
プレセール供給量 84億トークン
チェーン イーサリアム
トークンタイプ ERC-20
最小投資額
購入方法 USDT、ETH、BNB、MATIC、クレジットカード

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Wall Street Memes – 100万人以上を抱えるコミュニティブランドによるおすすめのアルトコイン

ウォールストリートミームのロゴ 一言にアルトコインと言っても、現在の仮想通貨市場におすすめアルトコインは多数存在します。しかし、100万人のSNSフォロワーに支持されるプロジェクトはWall Street Memes(ウォール・ストリート・ミームズ)以外に例がないでしょう。

Wall Street Memesは2021年に起きた「ゲームストップ株騒動」を背景に作られたアルトコインで、事前販売が大盛況となっていることで注目を集めています。

Wall Street Memesが展開するアルトコインは「WSM」と呼ばれており、これはユーティリティトークンのような用途はないものの、投機ポテンシャルが高い通貨として投資家の間で人気となっています。特にコミュニティの結束力が高いことで知られており、現在もWSMコミュニティは拡大を続けているようです。

ウォールストリートミームのイメージ

Wall Street Memesの買い方、特徴、将来性を解説した記事もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

Wall Street Memesのメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット

  • アルトコインの値上がりに大きな影響を持つイーロンマスクが直々にXでリプを送信
  • NFT関連で成功を収めたメンバーが参画
  • ミームコインはアルトコインの中でも一際ホットトピック

デメリット

  • 他にもイーロン銘柄と言われるミーム系のアルトコインが複数存在するので、差別化が必要

調達上限額

$30,577,000

総供給量

20億トークン

プレセール供給量

10億トークン

チェーン

イーサリアム

トークンタイプ

ERC-20

最小投資額

100 トークン

購入方法

USDT, ETH

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Bitcoin BSC|ビットコインのおすすめアルトコイン

「ビットコインが0.99ドルで買える」がキャッチコピーのBitcoin BSCは、高級銘柄が手に届かないという人におすすめのアルトコインです。この手のトークンにありがちの「単価は安いが最低購入価格は高い」ということもなく、10ドルからの投資が可能となっています。

Bitcoin BSC ウェブサイト

Bitcoin BSCに限らず、おすすめアルトコインを購入するにはTrustWalletやMetamaskなどの仮想通貨ウォレットが必要となります。まだ持っていないという人は、この機会にダウンロードしてみてください。

公式ページもアルトコインの買い方を説明していますが、Bitcoin BSCの買い方を説明した記事もあります。今後アルトコインへの投資を検討しているという人は、そちらのページも閲覧してみてください。

Bitcoin BSCのメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット

  • バイナンス関連なので、バイナンス利用者からの需要が一定量見込める
  • ビットコインの投資に遅れた人には、手が出しやすいアルトコイン

デメリット

  • イーサリアムに比べると、汎用性や実用性は著しく低い

調達上限額

6,063,750ドル

総供給量

2,100万トークン

プレセール供給量

612万5,000トークン

チェーン

BNBスマートチェーン

トークンタイプ

BEP-20

最小購入額

10ドル

購入方法

USDT、ETH、BNB、クレカ

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

yPredict – アルトコインに対する鋭い洞察を得られるAIツール

yPredictのロゴ yPredict(ワイプレディクト)は、無数にある仮想通貨のアルトコイン種類一覧のなかでも、有望プロジェクトとして2024年に登場。アルトコインの人気ランキング上位に登りつめるポテンシャルを持つ、おすすめのAI系仮想通貨です。

yPredictは、独自AIが深いインサイトや価格予測モデルを提示してくれる、トレード分析プラットフォームです。このAIは、トップ1%のMLデベロッパーやデータサイエンティストが共同開発したハイスペックモデル。アルトコインの2018年暴落や2021年強気相場など、膨大なチャートデータを学習したAIが、100種類以上に及ぶチャート傾向のパターンを自動認識してくれます。さらにクジラ(大口投資家)のトランザクション分析、インジケーター分析、センチメント分析など、アルトコインの将来性を見極め、買い方の指針を決めるための情報収集を肩代わり。

yPredictの公式ウェブサイト

リップルコイン(XRP)などアルトコインの時価総額トップ銘柄の次に来る、これから伸びる仮想通貨で儲けることも可能。アルトコインの価格レートは値動きが激しく、それなりのリスクも伴います。しかしエントリーのタイミングだけでなく、損切り・利食いのイグジットタイミングまでAIがアシストしてくれるyPredictは、アルトコイン愛好家の強力な味方になってくれることうけあいです。

yPredictの公式ウェブサイト画面

そんなyPredictが独自発行するアルトコイン「$YPRED」は、1000倍の仮想通貨になると目されています。アルトコイン$YPREDの特徴として、同アルトコインはAI分析ツール利用の決済通貨として利用が可能。これに加えて同アルトコインの所有者は、yPredictのガバナンス投票への参加権も有します。ユーティリティトークンとしての一面も充実しています。

さらに$YPREDの発行上限は1億枚と比較的少なく、そのうち80%の8,000万枚がプレセールで販売。そこから運営保有分、コントリビューターへの報酬分を差し引くと、市場供給分はわずか1,000万枚(発行上限の10%)。アルトコイン取引所への正式上場後は、高騰すること間違いなしと期待されています。現在、$YPREDはプレセールの第5ステージ(1YPRED=0.07ドル)を開催中。プレセールは全8回予定されており、折り返し地点を過ぎています。アルトコインで今後儲けたいなら、上場前のプレセール購入がうってつけ。

yPredictの買い方などの詳細は、リンク先の徹底解説記事から参照可能です。 

yPredictのメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット

  • アルコイン界隈では、特に注目されているAI関連プロジェクト
  • アルトコイン投資家は、定量分析を好む傾向があるので、需要が見込める

デメリット

  • 自動化されたシステムのロジックに関して、公開されていない点は、AI関連にありがち
プレセールスタート 2023年第一四半期
購入方法 MATIC, ETH, BNB, USDT, クレジット
チェーン Polygon
最小投資額 200トークン
最大投資額 特になし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Launchpad XYZ – 投資家の意思決定をアシストするおすすめの仮想通貨プロジェクト

Launchpadのロゴ Web3.0の仮想通貨として今最も注目されているアルトコインがLaunchpad XYZです。

Launchpad XYZの主な機能は、あらゆるアルトコインをダッシュボードひとつでキュレートし、なおかつ独自のAIツールと400以上に及ぶデータポイントでそれぞれの銘柄のリスクリワードを指数化してくれます。ユーザーは多数あるアルトコインを簡単に比較することができ、どのプロジェクトに本当の優位性があるのか甲乙つけることが楽になります。

「アルトコインって上がらないでしょ?」と不安な方も、Launchpad XYZなら心配ありません。Launchpad XYZの賢いところは、トークン価格が上昇しやすい仕組みを構築している点です。全てのユーザーはエコシステムを利用するためにステーキングが義務付けられています。ステーキング中はトークンがロックされているため売ることはできません。

LaunchpadのNFTマーケット画像

Launchpad XYZは現在プレセール中で、トークン価格は徐々に上昇します。そのため早期に購入すればその分大きなリターンが確実に得られます。さらにLaunchpad XYZの時価総額はアルトコインとしてまだ安いので、今後取引所に上場すると大きく上昇することが見込まれます。

Launchpad XYZの買い方は、リンク先の個別の解説ページを参照お願いします。

Launchpad XYZのメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット

  • アルトコインの最新動向はもちろん、NFTや仮想通貨ゲーム銘柄などの話題のトピックについても最新情報を取得可能
  • ステーキングによって、少しずつ手堅く稼ぐことが可能

デメリット

  • 社会情勢の変化など、数値に反映されることに時間がかかるようなトピックについては、別途他のソースで補う必要がある。

調達上限額 $12,500,000
総供給量 10億トークン
プレセール供給量 25000万トークン
チェーン イーサリアム
トークンタイプ ERC-20
最小投資額 100トークン
購入方法 USDT, ETH, BNB, クレジットカード

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

アルトコインとは?

アルトコイン(Altcoin)とは、ビットコインの代替コインを議論するための略語で、CoinMarketCapに掲載されている18,000以上のデジタルトークンのうち、BTCを除けば一つ一つのプロジェクトがアルトコインとして分類されることになります。

これは、暗号通貨ポートフォリオに検討すべきアルトコインが相当数あることを意味し、アルトコインはプロジェクトやロードマップの対象、時価総額、過去の実績、正当性などの点で異なることに注意することが重要です。

その結果、どのアルトコインを購入すべきかを知ることは困難です。

例えば、Shiba InuやBNBなどは発売以来、人生を変えるようなリターンを生み出していますが、多くのアルトコインはその後95%以上の価値を失いました。そのため、2023年にどのアルトコインを購入するかを決める際には、事前に下調べをすることをおすすめします。

イーサリアムクラシックやその他の人気アルトコインの購入方法の詳細については、このガイドをお読みください。

アルトコインは今後将来性はあるのか?

アルトコインの今後の将来性は、良いのか気になっている人も多いでしょう。

種類豊富なアルトコインの中からどれを購入すべきか、それともビットコインに固執すべきか悩んでいるなら、このセクションに目を通すことをおすすめします。ここでは、現在おすすめの有望なアルトコインのセレクションへの投資を検討する主な理由を説明します。

多くのアルトコインが人生を変えるリターンを生んでいる

まず何よりも、アルトコイン購入を検討する主な理由の一つが、多くのプロジェクトが人生を変えるようなリターンを生んでいることです。

先ほど、2021年、2022年と同様に、2023年におすすめのアルトコインの分析を行いました。ここでいくつかの例を挙げましたが、さらに詳しく説明します。

  • 例えば、2017年末にBNBがローンチされたとき、1トークンの価値がわずか0.11ドルでした。
  • 執筆時点では、このプロジェクトは690ドルの52週目の高値となります。
  • これは、690,000%を超えるエンドツーエンドの利益に相当し、1,000ドル投資していたら、ピーク時には690万ドルの価値になります。
  • 別の例では、DecentralandとそのMANAトークンが、その後23,000%に成長しました。
  • このアルトコインへの1,000ドルの投資は、23万ドル以上の価値になっています。

とはいえ、先程述べたように、すべてのアルトコインがBNBやDecentralandのようにうまくいくとは限りません。購入する前に必ず調べるようにしましょう。

今後、アルトコインはビットコインを上回る

ローンチ後、人生を変えるようなリターンを生んだのはアルトコインだけではありません。ビットコインが2009年に初めて発売されたとき、トークン1枚あたり0.01ドルでした。その後、ビットコインが68,000ドルを超える高値になったことを考えると、これは数百万ポイントに及ぶ利益を意味しています。

しかし、その後、ビットコインは数兆円規模の資産クラスとなりました。実際、過去数年のビットコインのパフォーマンスと一流アルトコインのパフォーマンスを比較すると、BTCはかつてほどの魅力はありません。仮想通貨でこれから伸びるもの見分けられるかが、アルトコインにおける今後の投資において鍵を握っています。併せて、以下のビットコインのチャートを参考に、おすすめのアルトコインのチャートと比較してみると良いでしょう。

アルトコインはビットコインを上回る

例えば、このページを書いてから過去12ヶ月間で、ビットコインの価格は20%以上下落しました。それに対して、イーサリアムは50%近く上昇しています。5年間でビットコインは3,600%、イーサリアムは7,000%以上の上昇を記録しています。

このように、高パフォーマンスの暗号資産を狙うことを主眼とするならば、ビットコインと比較した場合、アルトコインの方がリスク選好度に適している可能性があります。

種類の多様化が容易

最高のアルトコインをポートフォリオに加えるもう一つの大きな利点は、損失のリスクを軽減するために簡単に多様化できることです。これは、ほとんどのトレーダーや投資家が暗号通貨の取引方法を学ぶ際に順守していることです。

確かに、暗号通貨市場は互いに同期して動くことが多いので、ビットコインが好調なときはアルトコインも好調ということになります。しかし、一部のアルトコインのパフォーマンスが他よりかなり良いことは言うまでありません。

そのため、幅広いトークンをポートフォリオに加えることで、最もパフォーマンスの高いアルトコインを選択する可能性を高めることができます。

これは、最低投資額が少ないだけでなく、サポートされている市場の数が多いオンラインブローカーを利用すると簡単に実現できます。

例えば、Crypto.comは、わずか1米ドルの最低取引額で数十の主要アルトコインにアクセスすることができます。

多くの種類のアルトコインの価格が低めである

ビットコイン、あるいはイーサリアムがバリュー投資家にとってやや魅力に欠けるもう一つの理由は、これらのアルトコインの種類が現在、巨額の金額で取引されていることです。

ビットコインは約68,000米ドル、イーサリアムは約5,000米ドルの高値があり、少額の投資では、1つのトークンのごく一部しか購入できない可能性が高いということです。

しかし、2021年と2022年におすすめな有望アルトコインを調査したところ、まだエントリー価格が低い注目のプロジェクトがいくつも見つかりました。

  • Lucky Blockの場合、現在の価格では、100米ドルの投資で20,000トークン以上を手に入れることができます。

アルトコインの価格は評価額全体を決定するものではありませんが、多くのトークンを所有できる暗号通貨プロジェクトに投資することは、ごく一部とは対照的に、より魅力的なものと言えます。

アルトコインの時価総額の見通しが明るい

中にはアルトコインは上がらないという人も多いですが、多くの経験豊富な投資家は、多くの場合、アルトコインの将来的な時価総額は大きくなっていくと見込んでいます。それゆえおすすめのアルトコインに対する今後の期待が膨らんでいるようです。

例えば、時価総額の観点から、最初の数百のプロジェクトをスキップすると、1000万米ドル未満の評価額を運ぶ数千のアルトコインに出くわします。そして、これらのアルトコインのアップサイドポテンシャルは、すでにラージキャップのステータスを持つものよりも、はるかに高くなることを意味しています。

例えば、

  • この記事を書いている時点で、BNBの時価総額はすでに600億米ドルを超えていました。
  • そのため、BNBがこれからさらに1,000%の利益を出すためには、6,000億米ドルの評価額を超える必要があります。
  • その可能性は十分にあるが、BNBがこの規模の評価に到達するまでにどれだけの時間がかかるかは未知数です。

一方、Lucky Blockは時価総額がわずか1億9,200万米ドルで、このプロジェクトがここから1,000%の成長を遂げるには、20億米ドル弱の時価総額が必要ということになります。

また、低資本のアルトコインを購入する際に注意しなければならないのは、市場評価額がかなり小さいものはボラティリティが大きくなるということです。これは、市場の厚みというファンダメンタルズから、キャップが小さい資産は市場で動きやすいということです。

金融決済以外の革新

アルトコインは、暗号通貨分野に導入されたプロジェクトもあります。ビットコインそのものは革命的ですが、このネットワークはグローバルな決済を促進することしかできません。

最も注目すべきアルトコインのプロジェクトは、次のようなものを提供しています。

  • LuckyBlockは、スマートコントラクトによってゲーム結果を分散化することで、世界のロッタリー分野に革命を起こしています。

上記の例は、多くの例の中のほんの一部に過ぎません。重要なのは、現状とは異なるものを提供するアルトコインに投資することで、それぞれのトークンが良いパフォーマンスを発揮する可能性が十分にあるということです。

アルトコインを購入するリスクは?レートは上がらない?

さて、アルトコインを購入するメリットについて説明しましたが、アルトコインのリスクについても知っておきましょう。一部の人は、アルトコインのレートが今後上がらないで時価総額もそこまで将来的に伸びないとみていることも多いようです。

ですが、ここではそれを覆すような、おすすめできるアルトコインを紹介します。具体的には、AAVE、BNB、ETHなどのアルトコインの種類があります。

暗号資産が不安定なことは既にご存知でしょうが、アルトコインの場合、特に時価総額の小さいものでは損失リスクが著しく高くなる可能性があります。このようにアルトコインにはリスクも伴う点にも理解を深めておくと良いでしょう。

ビットコインとの同期化

暗号通貨市場全体が、しばしば同期して動くことは先に述べた通りで、このトレンドの最前線にいます。

例えば、2021年に多くのアルトコインが代表的な上昇を経験した際は、ビットコインの史上最高値を更新したことに連動していました。しかし、ビットコインが弱いサイクルに入ったため、アルトコインに大きな影響を及ぼしてしまいました。

Crypto.comでビットコインと同期する

このように、選んだプロジェクトが提供すると目指している目的やロードマップのターゲットがどんなに優れていても、アルトコインのパフォーマンスはビットコインに左右される事が多いのです。

なお、アルトコインの発行枚数は、ビットコインのように上限がないものもあります。ビットコインと比較すると共通する点がもあれば、発行枚数などで異なるものもあります。アルトコインの種類によって、特徴が異なるので

なお、アルトコインといえどもビットコインと同様に、アルトコインで得た収益には税金が課される点にも注意が必要です。気になるかたは、仮想通貨の税金に関する知識を蓄えておくと良いでしょう。

極端なボラティリティ

前述の通り、草コインミームコインだけでなく多くのアルトコインは、特に伝統的な株式市場と比較した場合、高いレベルのボラティリティを持ちます。要するにアルトコインが高騰する時もあれば、半減期を経験するアルトコインもあるのです。

しかし、時価総額の小さい、あるいは中程度のアルトコインに投資した場合、ボラティリティは極めて荒くなります

例えば、今まで見てきたアルトコインの中には、最初は急激に上昇したが、その後、プロジェクトの立ち上げ時の評価額を下回る価格まで暴落したものもありました。

実際、多くのアルトコインの価値は、過去の最高値と比較すると95%以上低下し、最終的に、同じような減価を経験するアルトコインを購入すると、投資の大部分が帳消しになる可能性があります。

仮想通貨の次に流行るものを探すくらいの気持ちをお持ちの方は、高いボラティリティには耐性があるかもしれませんが、注意が必要です。

詐欺とラグプル(持ち逃げ)

アルトコインをポートフォリオ用に購入する前に考慮すべきもう一つの大きなリスクは、詐欺とラグプルです。後者は、初期投資家を騙すことだけを目的に作られたプロジェクトのことを指します。

ラグプルでよく起こることは、プロジェクトがプリセール開始時に資金を集め、その前にそれぞれのアルトコインを人為的につり上げることです。その結果、新しい投資家が飛びつき、価格がさらに上がることになります。

最終的に、プロジェクトを引き抜こうとするアルトコインは、トークンの割り当てをすべて破棄し、その結果、暗号資産の価値はゼロに近いレベルまで下がります。

アルトコインの分野では、このような取り組みが多くなってきています。

これは、Lucky Blockが2022年に注目すべき最高のアルトコインの1つであると考える理由の1つであり、このプロジェクトは経験豊富なチームによって支えられています。

アルトコインはマイニングの負荷が軽い

ビットコインのマイニングは、Proof of Workという仕組みを採用しており、セキュリティーの堅守性は高いものの、膨大な電力を要すなどデメリットがあります。一方、アルトコインのマイニングは、必ずしもProof of Workだけでなく、Proof of Stakeなどの仕組みもあり比較的マイニングの負荷が軽いと言われています。

省エネ仮想通貨のようなプロジェクトは、最近注目を集めているのでこのようなマイニングの負荷が軽いアルトコインは今後も注目を集めていくでしょう。

有望なおすすめのアルトコインの買い方

初めてアルトコインを購入しようと検討している場合、安全な方法でアルトコインの投資をする方法について目を通してください。アルトコインの種類はたくさんありますが、アルトコインの買い方に関しては、種類別にそこまで差異はありません。

選択したアルトコインを購入する方法についての説明を読みましょう。

プレセール中アルトコインの買い方

プレセールの仮想通貨は現在、低価格で購入できる最も有望視されている仮想通貨の1つです。先進的な特徴を持つことで注目を集めています。こうしたイノベーティブなプロジェクトのネイティブコインであるアルトコインが今後ますます注目を浴びることが予想されます。

以下は、プレセールのアルトコインを購入する方法です。

  • ✅ ステップ1:有望な仮想通貨のプレセールを探す 2024年を通して仮想通貨市場全体が苦戦する中、プレセールは低いエントリー価格であり、上昇の余地が大きいため、初期段階で投資することで大きなリターンが期待できます。
  • 🔎 ステップ2:リサーチする人気の仮想通貨プロジェクトを探す 市場には多くの新しいプレセールがありますが、詐欺であったりROIが低いものもあるため、リサーチが必要です。
  • 💳ステップ3:仮想通貨ウォレットをダウンロードする MetaMaskやTrust Walletなどの仮想通貨ウォレットをダウンロードし、選んだプロジェクトのプレセールサイトに接続します。
  • 🛒 ステップ4:仮想通貨トークンを購入する 最後に、画面の手順に従って、ETHまたはUSDTを使用して、選択したプレセールトークンを購入します。

AiDogeの購入方法については、当サイトの解説ページや、プロジェクトのウェブサイトに記載されています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

なお、最近おすすめしているプレセールの案件の買い方の詳細は、以下の通りですので、適宜ご参照ください。

OKXでのアルトコインの買い方

このページで取り上げた他のアルトコインも、OKXから一取引あたりわずか10米ドルで購入することができます。OKXでの投資手続きは最初から最後まで5分もかかりませんが、必要なことは以下の通りです。前述のラッキーブロックとほぼ同じ行程です。

ステップ1:OKXで口座開設

ステップ1:OKXで口座開設

最初のステップは、新しい口座開設することから始めます。OKXのウェブサイトの右上から、Sign upをクリックし、登録を開始しましょう。

メールアドレスとパスワードを入力し、登録したメールアドレスに送られてくる認証コー ドを入力します。

認証コード入力後、Nextをクリックし、「Welcome to OKX」と表示されたら、登録完了 です。

ステップ2:本人確認登録

口座の開設後、ホーム画面にある、アカウントマークをクリックし、「Verification」をク リックします。アカウントタイプが2つ表示されますが、1つはIndividual Account(個人用)、もう1つがCorporate account(法人用)になりますので適切な方を選択してくださ い。

個人用をクリック後、以下の4つの情報を入力します。

  • Nationality 国籍(Japan)
  • 名前(First and middle names:下の名前、Last name:苗字)
  • ID type IDタイプはパスポートのみ
  • ID number IDナンバーはパスポートナンバー
    これにて、本人確認登録(KYC)の1段階目の終了です。 この後、2段階認証と本人確認登録を行います。

ステップ3: 2段階認証

まず、ホーム画面のアカウントマークから「Security Setting」を選択します。 次に、「2-factour authentication」を選択します。これは2要素認証を意味しています。

選 択後、Google認証か電話番号を利用したSMS認証で設定を進めていきます。

Google認証システムの登録方法は、「Authenticator app(認証システムアプリ)」を選択 し、Eメール認証コードを入力します。表示されるQRコードをGoogle Authenticatorアプ リで読み込み、表示されたコードをブラウザに入力したら登録完了です。

SMS認証の場合は、Country(国番号)、New Mobile Number(電話番号)、SMS code (SMS認証コード)、Email code(Eメール認証コード)の4つを入力します。

SMSとEメール認証のコードは「Get code(コードを取得)」をクリックして取得し、入 力して下さい。

ステップ4:ファンズパスワード設定

このパスワードは取引や、出金時に必要なパスワードです。これを設定しておくことで、

不正なアクセスを受けた際も、資金の安全性を保つことができます。

最初に、アカウントマークを選択し、「Security(セキュリティ)」を選択します。次に、 「Funds password」の「Set」を選択し、パスワードを設定します。「Confirm funds password」に同じパスワードを入力します。最後に、Google認証を行い、「Confirm」を クリックします。

ステップ5:アルトコイン購入

全ての設定が終了したら、ログインし、画面右上にある「Account」をクリックします。 「My Wallet」の中から、「Funding account」を選択します。ここで、仮想通貨の決済用 のアドレスを取得します。購入したい仮想通貨がイーサリアムの場合、「Search Token」 をクリックし、銘柄名を入力してで検索します。

次に、「Token Deposit」をクリックします。ここで、Tokenの名前がイーサリアムのETHであることを確認し、入金用アドレスにある小さなタブをクリックします。クリックをす ると、自動的に入金用アドレスがコピーされます。小さなタブの横にカーソルを合わせる とQRコードが表示されますが、スマートフォンで送金を行う際に利用すると非常に便利 です。

アドレスがコピーされたら、送金元の取引所やウォレットへ移動し、決済の手続きを行います。

ほんの数秒のうちに取引は実行され、口座から引き落とされた分のETHトークンがあなたのポートフォリオへ追加されます。

OKXで暗号を購入する方法について、より詳細なガイドをご紹介しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

最後に

アルトコインは、暗号通貨投資において魅力的なリターンを得る可能性があります。特に、ビットコインに乗り遅れた可能性が高いことを考慮すると、アルトコインに対する投資はおすすめです。

ビットコインはすでに時価総額1兆円超を突破しているので、小資本のアルトコインと比較するとリターンはやや限定的になります。

ただし、アルトコインの背後には様々なサービスがあるので、当該アルトコインの価格が低いからと言って、それがよくないわけではありません。最近では、Play to Earn系のNFTゲームブロックチェーンゲームは今注目されている分野なので、エンターテインメントとしてもアルトコインに関わることも増えてくるでしょう。

当ページで紹介したおすすめアルトコイン一覧は新しい仮想通貨が多く、さまざまなアルトコインの種類を見たい人には役立つでしょう。

プロジェクトがまだ若いうちに、将来性の高いアルトコインに投資することをおすすめします。

Wall Street Memes (WSM) - 最新ミームコイン

私たちの評価

Wall Street Memes Logo
  • 100万人のフォロワーが集まるコミュニティ
  • NFTプロジェクト体験記
  • プレセール実施中 - wallstmemes.com
  • ローンチ日に30万ドルを調達
Wall Street Memes Logo

よくある質問

アルトコインとは何ですか?

今、買うべきアルトコインは何ですか?

どの暗号通貨が最も可能性がありますか?

アルトコインは何種類ありますか?

アルトコインを購入するにはどうすればよいですか?