アルトコインとは、ビットコイン以外の暗号通貨を指しています。アルトコインは18,000以上あり、ポートフォリオに適したデジタル資産を選択できます。多くの選択肢があるため投資家にとっても魅力と言えますね。

このガイドでは、2022年に日本で買えるおすすめのアルトコインのベスト5について紹介します。 いずれも魅力的な上昇の可能性を秘めていますので、しっかり目を通しましょう!

2022年に買うべきおすすめアルトコイン

以下が、2022年に買うべきアルトコインのベスト5です。

  1. CROーCrypto.comのネイティブトークン、高い将来性を秘めている
  2. DeFi Coin ー 新しいDeFi Swap DEXのネイティブトークン
  3. BNBーBinanceのネイティブトークン。知名度が高く人気のオリジナルコイン
  4. FTTーFTXのネイティブトークン、機関投資家の間で注目のコイン
  5. OKB ーOKXのネイティブトークン、アジアを中心に好評発売中

その他、宝くじ形式のLucky Blockもおすすめです。

暗号資産は、非常に不安定な非規制の投資商品です。

リストには入っていませんが、検討する価値のあるアルトコインとして、ライトコイン、ICPクリプト、パイコインなどもあります。これらのデジタル資産については、ライトコインの購入方法、ICP暗号は良い投資か、Piコインの価格予測分析で詳しく知ることができます。上記のアルトコインのすべてが、財務目標やリスク許容度に適しているわけではありませんので、各トークンについて詳しく確認しましょう。

投資に最適なアルトコインの考察

現在流通しているデジタル通貨の数を考えると、ポートフォリオに最適なアルトコインを選ぶのは簡単なことではありません。また、手数料が安いアルトコイン取引所を選ぶ必要もあります。

また、過去の値動きや現在の時価総額など、プロジェクトの目標にまつわる重要な指標を調査する必要があります。

その結果、自身が行うべき良い例を、ApeCoinの価格予測で確認することができます。

これを踏まえて、以下のセクションでは、2022年に投資すべきアルトコインの全体的な分析を行っています。

1: CRONOS– 2022年に買うべき総合ベストアルトコイン

CRONOS =クロノス( CRO )は海外取引所大手のCrypto.comが発行するネイティブトークンです。Crypto.comの時価総額は日本円で185兆円を超える勢いで、2020年を境に大幅に成長しています。Crypto.comではプリペイドとクレジット機能の両方を装備するオリジナルVISA「Crypto.com.VISA」カードを発行し、NFTマーケットプレイスへの展開にも力を入れています。残念ながら、このクレジットカードは日本ではまだ使用できませんが、今後の動きに期待しましょう。このオリジナルカードが使えるようになると、支払いに対して5%がCRONOSで還元されます。つまり、カードを使えば使うほど、Crypto,comのネイティブトークンが貯まるという仕組みです。

さて、気になるCRONOSの価格ですが、2018年12月にローンチ後、2円を下回ったり、103円台を記録したりと価格の上下を繰り返していました。しかし、2022年6月現在では23.47円に落ち着いています。着実にその価値を高めているのは確かですが、今後のブル相場にも期待をしたいところです。

またCrypto.comはマーケティングやエコシステムの分野での活動を中心にしており、セリエA、Booking.com、国際サッカー連盟(FIFA)など多くの国際企業と有効的なパートナーシップを築きあげています。

ベストアルトコイン

前述でもお話ししましたが、Crypto.comはNFTマーケットプレイスも同時進行で展開しています。暗号資産とNFTのアカウントはそれぞれ別になりますが、連携することも可能ですので非常に便利です。その他、DeFiサービスにも力を入れており、ブロックチェーン上で暗号資産の運用を行うことが可能となっています。決済シーンで金融機関を挟まないため、低コストで取引を行うことができるのも魅力でしょう。

Crypto.comのネイティブトークン「CRONOS」の購入方法は、まず国内の仮想通貨取引所、または交換所で円を使って仮想通貨を購入します。その仮想通貨を利用してCrypto.comでCRONOSを購入しましょう。ウォレットへの送金に手数料(ガス代)がかかるため、購入金額よりも多く入金しておいた方が良いです。CRONOSはCrypto.com以外ですと、FTXやOKXといった大手取引所で購入ができます。

暗号資産は非常に不安定な非規制の投資商品です。

2: DeFi Coin – 新しいDeFi Swap DEXのネイティブトークン

ポートフォリオに追加するべきもう一つの通貨は、DeFiコインです。DeFiコインは、スワッピング、ステーキング、イールドファーミングサービスを提供する、エキサイティングな新しい分散型取引所であるDeFi Swapのネイティブトークンです。DEFCは2021年5月から存在していますが、このトークンはDeFi Swap取引所の立ち上げと連動して勢いを増し始めています。

DeFi Swapが稼動すると、DeFiコインの価格は日中ベースで300%も急騰し、投資家はトークンを使って完全に分散化された方法で他のコインにスワップできます。これが、DeFi Swapの人気と結びついています。

Swap DEXのネイティブトークン

それだけでなく、DeFiコインは静的報酬システムを内蔵しており、DEFCの保有者に定期的な収入源を提供しています。DEFCを売買するたびに、そのポジションに対して10%の税金が課され、徴収された金額の半分はDEFC保有者に報酬として還元され、残りの半分はDeFi Swapのプールになります。

DeFiセクターが2022年第1四半期に約2,000億米ドルの総価値ロック(TVL)を所持していたことを考えると、DEFCとDeFi Swapは間違いなく並外れた可能性があります。このコインはすでにソーシャルメディア上で勢いを増し始めており、公式テレグラムグループには6,000人以上のメンバーが参加していることからも、たくさんの人に指示されている事がわかります。

暗号資産は非常に不安定な非規制の投資商品です。

3: BNBーバイナンスのネイティブトークン、知名度が高く将来性あり

2022年に大注目の仮想通貨はバイナンスのネイティブトークン「BNB(ビー・エヌ・ビー)です。バイナンスコイン(BNB)は時価総額において世界4位の位置におり、日々莫大な取引量をこなす巨大取引所として知られています。実際、取引高においては海外取引所ランキング1位です。

は2021年頃から高値傾向を見せはじめ、夥しいベア相場を経験することなく現在に至っています。バイナンスは世界的に大勢の投資家が利用していますが「規制」されていません。非常に知名度の高い取引所であり、またマーケティング戦略に長けているということもあるのですが、利用者は常に留意をしておくようにしましょう。

バイナンスのネイティブトークン

そもそもBNBがローンチしたのは2017年6月で、価格は2022年6月時点で213ドル前後を行き来している状況です。バイナンスコインは世界第4位をキープしていますが、第3位のエイダコインに時価総額1億ドル弱の差と、あと一歩のところまで追いついています。5位のテザーは680億ドルとなり、バイナンスとの時価総額の差は40億ドル強となっています。

BNBを購入するメリットは手数料が割引きになる、流通量がコントロールされるためコイン価値を維持することができる、またコンバートシステムを利用できる、といった点が挙げられます。お分かりの通り、バイナンスの魅力はここにあるのです。

実際、バイナンス取引所でバイナンスコインを使って支払いをすると手数料の50%(最大50%)が割引きされることがあります。また、バイナンスのもう一つの魅力「コンバート」システムは、保有している仮想通貨を希望する他のコインに瞬時に交換できるものです。通常は最低取引量が決まっているため、少額の仮想通貨しか持っていない投資家には不利でしたが、この状況を改善した画期的なシステムだと言えます。

暗号資産は非常に不安定な非規制の投資商品です。

4: FTTーFTXのネイティブコイン、将来性が期待できる仮想通貨

FTT(エフ・ティー・ティー)はFTXのネイティブトークンです。こちらの通貨は2021年に驚異的な成長を見せた通貨で、ナスダックや多くの機関投資家が「将来的に期待できるネイティブトークン」と話す注目銘柄となります。FTTは取引所としても創立2年目で世界規模に拡大し、2021年にはFTTの価値が前年比で20倍弱の成長を見せています。2021年9月にはSOLの価格上昇に影響を受けた結果、8,800円台の市場最高値を記録しました。2022年2月以降は5,000円台を順調に保っている状況です。

FTTの価格高騰の裏側には「米国NBAのアリーナ命名権獲得」といったセンセーショナルなプロモーションが功をなしているようです。多岐にわたる斬新な事業展開の他、マーケットプレイスの構築、NFT事業への進出といった積極的アクションを考慮すると、数年以内にバイナンスを追い越す存在になり得るとも語られています。

FTXのネイティブコイン

また、FTXは2022年以後、2026年にかけて平均価格263ドルを超えると予測されています。その背景としてはFTXの取引所としてもメリットも助けていると考えられます。まず、多種多様な仮想通貨や金融商品の取引を行っているのが一つ、今後開発が画期的に進むであろう「Serum(分散型取引所)」に力を入れている、ということが2つ目です。その他、取引所の買収も検討しているということで、ますますオリジナルコイン「FTT」の価値が高まると期待できるでしょう。ちなみに、日本サイドのニュースとしては、FTXがメジャーリーグの大谷翔平選手とパートナーシップを結んでいることが挙げられます。

暗号資産は非常に不安定な非規制の投資商品です。

5: OKB– 分散型金融サービスに投資するための優れたアルトコイン

OKB(オー・ケー・ビー)は中国三大取引所の一つ「OKX」のネイティブトークンです。OKXといえば、旧名OKExの方でピンとくる方もを多いと思いますが、世界屈指の取引量を誇るアジアで最も流通量の多い総合取引所です。仮想通貨の他、パーペチュアルスワップ、現物取引、先物取引、オプション取引といったトレードが可能で、シンプルな英語表示に屈しなければビギナー投資家でも抵抗なくエントリーできるのが特徴です。レバレッジも最大125倍と業界屈指の高さを誇ります。

下記のチャートをご覧いただけるとわかりますが、2022年6月現在では11.27ドルをマークしています。定期的な上がり下がりを少しずつ繰り返しながら、一定の価格を維持している状況です。

OKB

OKXは親元であるOKXで購入可能です。OKXに入金するには仮想通貨が必要になりますので、あらかじめ日本の仮想通貨取引所か交換所で日本円で購入し、それを利用して入金をするようにしましょう。機関投資家や上級投資家の間ではネイティブトークンの新トレンドとして注目を浴びていいます。また、ビギナー投資家には「手数料が低い」「OKB保有による割引きがある」といったメリットがOKBを購入する後押しにもなっているようです。

暗号資産は非常に不安定な非規制の投資商品です。

アルトコインとは?

アルトコインという用語はビットコインの代替コインを議論するための略語で、CoinMarketCapに掲載されている18,000以上のデジタルトークンのうち、BTCを除けば一つ一つのプロジェクトがアルトコインとして分類されることになります。

これは、暗号通貨ポートフォリオに検討すべきアルトコインが相当数あることを意味し、アルトコインはプロジェクトやロードマップの対象、時価総額、過去の実績、正当性などの点で異なることに注意することが重要です。

その結果、どのアルトコインを購入すべきかを知ることは困難です。例えば、Shiba InuやBNBなどは発売以来、人生を変えるようなリターンを生み出していますが、多くのアルトコインはその後95%以上の価値を失いました。そのため、2022年にどのアルトコインを購入するかを決める際には、事前に下調べをすることをおすすめします。

イーサリアムクラシックやその他の人気アルトコインの購入方法の詳細については、このガイドをお読みください。

アルトコインは良い投資先なのか?

アルトコインを購入すべきか、それともビットコインに固執すべきか悩んでいるなら、このセクションに目を通しましょう。ここでは、現在トップクラスのアルトコインのセレクションへの投資を検討する主な理由を説明します。

多くのアルトコインが人生を変えるリターンを生んでいる

まず何よりも、アルトコイン購入を検討する主な理由の一つが、多くのプロジェクトが人生を変えるようなリターンを生んでいることです。

先ほど、2022年に最適なアルトコインの分析でいくつかの例を挙げましたが、さらに詳しく説明しましょう。

  • 例えば、2017年末にBNBがローンチされたとき、1トークンの価値がわずか0.11ドルでした。
  • 執筆時点では、このプロジェクトは690ドルの52週目の高値となります。
  • これは、690,000%を超えるエンドツーエンドの利益に相当し、1,000ドル投資していたら、ピーク時には690万ドルの価値になります。
  • 別の例では、DecentralandとそのMANAトークンが、その後23,000%に成長しました。
  • このアルトコインへの1,000ドルの投資は、23万ドル以上の価値になっています。

とはいえ、先程述べたように、すべてのアルトコインがBNBやDecentralandのようにうまくいくとは限りません。購入する前に必ず調べるようにしましょう。

アルトコインはビットコインを上回る

ローンチ後、人生を変えるようなリターンを生んだのはアルトコインだけではありません。ビットコインが2009年に初めて発売されたとき、トークン1枚あたり0.01ドルでした。その後、ビットコインが68,000ドルを超える高値になったことを考えると、これは数百万ポイントに及ぶ利益を意味しています。

しかし、その後、ビットコインは数兆円規模の資産クラスとなりました。実際、過去数年のビットコインのパフォーマンスと一流アルトコインのパフォーマンスを比較すると、BTCはかつてほどの魅力はありません。

アルトコインはビットコインを上回る

例えば、このページを書いてから過去12ヶ月間で、ビットコインの価格は20%以上下落しました。それに対して、イーサリアムは50%近く上昇しています。5年間でビットコインは3,600%、イーサリアムは7,000%以上の上昇を記録しています。

このように、高パフォーマンスの暗号資産を狙うことを主眼とするならば、ビットコインと比較した場合、アルトコインの方がリスク選好度に適している可能性があります。

多様化が容易

最高のアルトコインをポートフォリオに加えるもう一つの大きな利点は、損失のリスクを軽減するために簡単に多様化できることです。これは、ほとんどのトレーダーや投資家が暗号通貨の取引方法を学ぶ際に順守していることです。

確かに、暗号通貨市場は互いに同期して動くことが多いので、ビットコインが好調なときはアルトコインも好調ということになります。しかし、一部のアルトコインのパフォーマンスが他よりかなり良いことは言うまでありません。

そのため、幅広いトークンをポートフォリオに加えることで、最もパフォーマンスの高いアルトコインを選択する可能性を高めることができます。

これは、最低投資額が少ないだけでなく、サポートされている市場の数が多いオンラインブローカーを利用すると簡単に実現できます。

例えば、Crypto.comは、わずか1米ドルの最低取引額で数十の主要アルトコインにアクセスすることができます。

多くのアルトコインが安価である

ビットコイン、あるいはイーサリアムがバリュー投資家にとってやや魅力に欠けるもう一つの理由は、これらのトークンが現在、巨額の金額で取引されていることです。

ビットコインは約68,000米ドル、イーサリアムは約5,000米ドルの高値があり、少額の投資では、1つのトークンのごく一部しか購入できない可能性が高いということです。

しかし、2022年に最適なアルトコインを調査したところ、まだエントリー価格が低い注目のプロジェクトがいくつも見つかりました。

  • Lucky Blockの場合、現在の価格では、100米ドルの投資で20,000トークン以上を手に入れることができます。

アルトコインの価格は評価額全体を決定するものではありませんが、多くのトークンを所有できる暗号通貨プロジェクトに投資することは、ごく一部とは対照的に、より魅力的なものと言えます。

大きなアップサイドの可能性

多くの経験豊富な投資家は、多くの場合、アップサイドの可能性が大きくなるため、市場で最高のアルトコインを探します。

例えば、時価総額の観点から、最初の数百のプロジェクトをスキップすると、1000万米ドル未満の評価額を運ぶ数千のアルトコインに出くわします。そして、これらのアルトコインのアップサイドポテンシャルは、すでにラージキャップのステータスを持つものよりも、はるかに高くなることを意味しています。

例えば、

  • この記事を書いている時点で、BNBの時価総額はすでに600億米ドルを超えていました。
  • そのため、BNBがこれからさらに1,000%の利益を出すためには、6,000億米ドルの評価額を超える必要があります。
  • その可能性は十分にあるが、BNBがこの規模の評価に到達するまでにどれだけの時間がかかるかは未知数です。

一方、Lucky Blockは時価総額がわずか1億9,200万米ドルで、このプロジェクトがここから1,000%の成長を遂げるには、20億米ドル弱の時価総額が必要ということになります。

また、低資本のアルトコインを購入する際に注意しなければならないのは、市場評価額がかなり小さいものはボラティリティが大きくなるということです。これは、市場の厚みというファンダメンタルズから、キャップが小さい資産は市場で動きやすいということです。

金融決済以外の革新

アルトコインは、暗号通貨分野に導入されたプロジェクトもあります。ビットコインそのものは革命的ですが、このネットワークはグローバルな決済を促進することしかできません。

最も注目すべきアルトコインのプロジェクトは、次のようなものを提供しています。

  • LuckyBlockは、スマートコントラクトによってゲーム結果を分散化することで、世界のロッタリー分野に革命を起こしています。

上記の例は、多くの例の中のほんの一部に過ぎません。重要なのは、現状とは異なるものを提供するアルトコインに投資することで、それぞれのトークンが良いパフォーマンスを発揮する可能性が十分にあるということです。

アルトコインを購入するリスクは?

さて、アルトコインを購入するメリットについて説明しましたが、リスクについても知っておきましょう。おすすめできるアルトコインには、AAVE、BNB、ETHなどの種類があります。

暗号資産が不安定なことは既にご存知でしょうが、アルトコインの場合、特に時価総額の小さいものでは損失リスクが著しく高くなる可能性があります。

ビットコインとの同期化

暗号通貨市場全体が、しばしば同期して動くことは先に述べた通りで、このトレンドの最前線にいます。

例えば、2021年に多くのアルトコインが代表的な上昇を経験した際は、ビットコインの史上最高値を更新したことに連動していました。しかし、ビットコインが弱いサイクルに入ったため、アルトコインに大きな影響を及ぼしてしまいました。

ビットコインとの同期化

このように、選んだプロジェクトが提供すると信じている目的やロードマップのターゲットがどんなに優れていても、アルトコインのパフォーマンスはビットコインに左右される事が多いのです。

極端なボラティリティ

前述の通り、すべてのデジタル通貨は、特に伝統的な株式市場と比較した場合、高いレベルのボラティリティを持ちます。

しかし、時価総額の小さい、あるいは中程度のアルトコインに投資した場合、ボラティリティは極めて荒くなります

例えば、今まで見てきたアルトコインの中には、最初は急激に上昇したが、その後、プロジェクトの立ち上げ時の評価額を下回る価格まで暴落したものもありました。

実際、多くのアルトコインの価値は、過去の最高値と比較すると95%以上低下し、最終的に、同じような減価を経験するアルトコインを購入すると、投資の大部分が帳消しになる可能性があります。

詐欺とラグプル(持ち逃げ)

アルトコインをポートフォリオ用に購入する前に考慮すべきもう一つの大きなリスクは、詐欺とラグプルです。後者は、初期投資家を騙すことだけを目的に作られたプロジェクトのことを指します。

ラグプルでよく起こることは、プロジェクトがプリセール開始時に資金を集め、その前にそれぞれのアルトコインを人為的につり上げることです。その結果、新しい投資家が飛びつき、価格がさらに上がることになります。

最終的に、プロジェクトを引き抜こうとするアルトコインは、トークンの割り当てをすべて破棄し、その結果、暗号資産の価値はゼロに近いレベルまで下がります。

アルトコインの分野では、このような取り組みが多くなってきています。

これは、ラッキーブロックが2022年に注目すべき最高のアルトコインの1つであると考える理由の1つであり、このプロジェクトは経験豊富なチームによって支えられています。

アルトコインの購入先

ポートフォリオに入れるアルトコインの購入先を決める際や、選んだ取引所やブローカーに口座を開設する前に、以下を確認しましょう。

  • プラットフォームは、SECのような評判の良いライセンス機関によって規制されているか
  • プラットフォームは、どのようなアルトコインへのアクセスを与えるのか
  • 選んだアルトコインを購入するために、どのような手数料やコミッションを支払う必要があるのか
  • プラットフォームは、顧客サービスやサポートされている決済方法は何があるのか
  • プラットフォームでアルトコインを購入するために、リスクを負う必要がある最小の金額は何か

上記の指標を考慮し、2022年にアルトコインを購入する場所として、Crypto.comが総合的に最も優れていることがわかります。その理由については、以下にて説明します。

2022年、アルトコインを購入するのに最適な場所

Crypto.comはブロックチェーン関連の会社で、全世界の約3百万人が利用しています。VISAカード、独自のブロックチェーン、仮想通貨取引所を始めとし様々な面で活動しています。ユーザー達が仮想通貨を正しい価格で購入できるように提供しています。具体的には、手数料の価格を下げ、マークアップを上乗せしないことを意味しています。

顧客の情報はコンプライアンス部門で徹底管理されており、預かり資産に関してもネットと接続されていないオフライン下のコールドウォレットにて管理されています。このような安全面から、これからの利用者は安心して取引する事ができます。日本の取引所は、たくさんの数の暗号通貨を扱っておらず、欲しいコインが買えないことが多々あるのではないでしょうか。Crypto.comでは、150以上の通貨の取引が可能で、初心者から上級者までユーザーフレンドリーなため、安心して利用することができます。

振り込み手続きがなく、クレジットカードで暗号通貨の購入ができ、アプリも使いやすいため、おすすめしています。手数料は大きな取引をすればするほど安くなり、取引量に応じて変わってきます。登録後30日間は手数料がかからない嬉しいメリットがあるため、少額の取引は無料のうちに済ませておきましょう!

ユーザーは、複数のデジタルウォレットをサービスに接続することができるほか、暗号通貨を保有するための独自のオプションも提供しています。その中には、ブロックチェーンネットワークでサポートされた分散型金融アプリケーションで使用されるトークンの報酬を獲得できる別アプリ「DeFi Wallet」があります。

サポートされているアルトコインには、Bitcoin (BTC)、Ethereum (ETH)、Cardano (ADA)、Dogecoin (DOGE)、Polkadot (DOT)が含まれています。残念ながら日本ではDogecoinを扱っている取引所はありませんが、Crypto.comを利用して購入する事ができます。

Dogecoinを購入するための暗号通貨を日本で購入するには、仮想通貨取引所の登録が必要です。Crypto.comは取引手数料が少額でビットコインの購入ができます。送金画面もシンプルなため操作しやすく、送金先アドレスも登録できるためミスが起きないように設計されています。

この特別な投資商品は、時間がない投資家やテクニカル分析の実行経験がほとんどない人に適しています。Crypto.comにはコピー取引ツールもあるので、これもパッシブな投資経験を求めている人に魅力的です。顧客サービスに関しても、日々改善されています。

Crypto.comが、新規登録者に30日間無料手数料のボーナスをプレゼントしています。手数料は購入額によって変動し、少額だと金額が高くなるため無料のうちに購入しておきましょう。Crypto.comのアプリをダウンロードすることも検討してみてください。

暗号資産は非常に不安定な非規制の投資商品です。

アルトコインの購入方法

初めてアルトコインを購入しようと検討している場合、安全な方法でアルトコインの投資をする方法について目を通してください。

選択したアルトコインを購入する方法についての説明を読みましょう。

ラッキーブロックの購入方法

Lucky BlockはCrypto.comで購入す。ここでは新しく登場した最高のアルトコインの多くが取引されています。

  • ステップ1:仮想通貨取引所Crypto,comのサイトに行って、Sign Upボタンをクリックする。氏名、Eメール、ユーザーネーム、パスワード等を入れて、利用規約とプライバシーポリシーの欄にチェックを入れる。
  • ステップ2: 仮想通貨かクレジットカード、デビットカードを使って入金をする。日本円は使えないため、国内の仮想通貨取引所か交換所で日本円を使って仮想通貨を購入してから、それを使って入金すればOK。
  • ステップ3: アルトコインを検索: ‘Discover’ボタンをクリックし、暗号通貨をクリックし、購入したいアルトコインを選択する。
  • ステップ4:アルトコインの購入:選択したアルトコインの横にある「取引」ボタンをクリックすると、注文ボックスが表示される。

Lucky Blockの購入方法については、プロジェクトのウェブサイトに掲載されています。

暗号資産は非常に不安定な非規制の投資商品です

Crypto.comでアルトコインを購入する方法

このページで取り上げた他のアルトコインも、Crypto.comから一取引あたりわずか10米ドルで購入することができます。Crypto.comでの投資手続きは最初から最後まで5分もかかりませんが、必要なことは以下の通りです。前述のラッキーブロックとほぼ同じ行程です。

  • ステップ1:Crypto.comのアカウントを登録:「今すぐ参加する」ボタンをクリックし、画面に表示される登録フォームに必要事項を記入する
  • ステップ2: 資金を入金:デビットカード/クレジットカード、オンラインバンキング、またはサポートされている電子ウォレットからご希望の決済方法を選択する。入金は10米ドルから可能。
  • ステップ3: Altcoinの検索: 「Discover」ボタンをクリックする。次に暗号通貨をクリックし、購入したいアルトコインを選択する。
  • ステップ4:アルトコインの購入:選択したアルトコインの横にある「取引」ボタンをクリックすると、注文ボックスが表示される。投資額の合計を10米ドルから入力し、「取引開始」をクリックして確定する。

Crypto.comで暗号を購入する方法について、より詳細なガイドをご紹介しています。

暗号資産は非常に不安定な非規制の投資商品です。

最後に

アルトコインは、暗号通貨投資において魅力的なリターンを得る可能性があります。特に、ビットコインに乗り遅れた可能性が高いことを考慮するとアルトコインは魅力的です。

ビットコインはすでに時価総額1兆円超を突破しているので、小資本のアルトコインと比較するとリターンはやや限定的になります。

CRONOSは2022年に検討すべき最高のアルトコインの一つで、嬉しいエントリー価格を提供しています。また、宝くじに革命を起こすラッキーブロックもおすすめです。

プロジェクトがまだ若いうちに、このトップクラスのアルトコインに投資することをおすすめします。

暗号資産は、非常に不安定な非規制の投資商品です。

よくある質問

アルトコインとは何ですか?

今、買うべきアルトコインは何ですか?

どの暗号通貨が最も可能性がありますか?

アルトコインは何種類ありますか?

アルトコインを購入するにはどうすればよいですか?

接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます