仮想通貨の投資ガイドバナー

仮想通貨投資を始めるということは、新しい1兆ドル超えの市場取引空間に参加するということです。

仮想通貨投資のやり方、投資法のはじめのステップ

この入門者向けガイドでは、仮想通貨投資の仕組みや始め方などについて知っておくべきことをご案内します。主なトピックは、安全で低コストの仮想通貨取引所の選び方、ポートフォリオに最適な投資プラットフォームの選択、5分で投資するための手順などです。

ここで、OKXでおすすめの仮想通貨に投資する方法の概要を簡単に説明します。

  • ✅ステップ1 ‐ 口座を開くOKXで口座を開くのは、個人情報を提供するだけなので簡単です。また、マネーロンダリング防止のため、身分証明書のコピーをアップロードする必要があります。
  • 💳ステップ2 ‐ 入金する:口座開設が完了したら、仮想通貨取引所の口座に入金します。入金はブラウザや専用アプリからできることがほとんどです。口座開設後、専用アプリをダウンロードしておくとスムーズでしょう。入金後は、入金額が反映されたかどうかをチェックします。
  • 🔎ステップ3 – 仮想通貨を検索する:口座に資金が入ったので、検索バーを使って投資したい仮想通貨を探します。仮想通貨取引所を選ぶ際には、自分の投資したい仮想通貨の取り扱いがあるかを確認しておきましょう。
  • 🛒ステップ4 – 仮想通貨に投資する:取引」をクリックすると、画面に注文ボックスが表示されます。「金額」ボックスに投資額を入力し、「取引をする」をクリックして、選択した仮想通貨に投資します。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨入門者の方は、下記の仮想通貨への投資方法についてのより詳細なガイドをご覧ください

仮想通貨投資で勝つ必須知識

まずは、仮想通貨取引所の登録方法を上のセクションで解説しましたが、取引所で仮想通貨の売買を始める前に知っていただきたいことがあります。

それは、仮想通貨は上場する前の銘柄も購入できるということです。

上場後の銘柄を売買することは、一般的ですが、実は上場前に一般的な値段よりも低価格でトークンが販売されることもあるのです。それはICOプレセールと呼ばれるもので、仮想通貨投資家の中では当たり前のように知られています。

この記事では、仮想通貨投資初心者でも見逃さないために、お得な情報を提供する価値あるプロジェクト情報を最初に紹介しています。仮想通貨おすすめを参考にして、素晴らしいプロジェクトを見逃さないようにしましょう。

Wall Street Memes (WSM) – ミーム系仮想通貨の投資先はこれ

ウォールストリートミームのロゴWall Street Memes(ウォール・ストリート・ミームズ)は、2023年に最も投資すべき仮想通貨として注目を集めています。忠誠心の高いSNSコミュニティに下支えされるWall Street Memesは、現在までに約400万ドルを調達しており、ミーム系仮想通貨の中で投資時のプロジェクトだと言えるでしょう。

Wall Street Memesが機関投資家に対抗する運動を促進

2021年は「ゲームストップ株騒動」が仮想通貨の投資家の間で話題となりましたが、Wall Street Memesは事件をミーム化することで個人投資家から圧倒的な支持を受けています。SNS民がウォール・ストリートの企業投資家を打ち負かした事件を題材にすることで、2021年の興奮を再現しようという意気込みが伝わってきます。

SNSは「煽り」商法を好むとされており、Wall Street Memesの挑戦的な姿勢はWSM仮想通貨にさらなる投資を呼び込んでいると言えます。これを裏付けるかのように、WSMの事前販売は3月に開始してから快進撃を続けており、トークン価格は0.0271ドルまで上昇しています。

WSMは、過去にイーロン・マスク氏が投稿をリツイートしたことでも話題となりました。マスク氏が注目する暗号通貨は、投資が急激にヒートアップすることでも知られています。例えば、ドージコインはイーロン氏の支持を受けて6,000倍もの価格成長を記録しました。

ウォールストリートミームのイメージ

こうしたことから、WSM仮想通貨も2023年最大の投資機となることが期待されています。WSMは公式の事前販売ページから購入可能で、公式サイトには以下の「Wall Street Memeを今すぐ買う」からアクセス可能です。また、Wall Street Memesの買い方、特徴、将来性が知りたいという方は、リンク先の記事をご覧ください。

調達上限額

$30,577,000

総供給量

20億トークン

プレセール供給量

10億トークン

チェーン

イーサリアム

トークンタイプ

ERC-20

最小投資額

100 トークン

購入方法

USDT, ETH

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

yPredict – 仮想通貨投資に対するプロの分析情報が参照できるAIツール】

yPredictのロゴyPredict(ワイプレディクト)は、機械学習(マシンラーニング)に代表されるAI技術を活用した、トレード分析プラットフォームです。 yPredictは、仮想通貨の投資のやり方を学習したAIが、トレード価格予測を高精度で提供。そのため、仮想通貨(暗号通貨)投資を行う全ユーザーにおすすめのプロジェクトです。

yPredictは、業績上位1%に入るエリートのAIデベロッパーやクォンツアナリストを起用し、独自AIモデルを開発しました。このAIモデルは、25種類以上にも及ぶチャートパターンを参照し、投資で勝てる仮想通貨トレード手法を学習。

yPredictの公式ウェブサイト

そして高勝率のチャートパターンが出現したとき、売買取引の目安となるトレードシグナルを通知してくれます。ユーザーはyPredictのAI分析データを活用することで、ドージコイン(DOGE)や柴犬コイン(SHIB)のような1000倍の仮想通貨でも、適切な投資方法で臨んで利益を上げることができます。  そんなyPredictのネイティブトークンである$YPREDは、AI関連の仮想通貨として要注目です。

$YPREDトークンは、同プロジェクトが提供するAI分析プラットフォームの定額プラン購入などに利用されます。特筆すべきは、$YPREDトークンの総供給量は1億枚と少なく、そのうち8,000万枚(80%に相当)がプレセールで販売される点です。ユーザーはyPredictのプラットフォームを利用するうえで$YPREDトークンが必須となるため、ある意味でyPredictはガチホ向けの仮想通貨であると言えます。

yPredictの公式ウェブサイト画面

しかし、プレセール後の市場流通量はごくわずかなので、ひとたびプロジェクトに対する注目が高まると、$YPREDトークンは爆上がりする可能性があります。$YPREDは2023年Q2(4月-6月)いっぱい、プレセールを開催中。

プレセールは全8ステージの予定で、現在は第4ステージを実施中です。第1ステージでは1トークン0.036ドルでしたが、第4ステージでは1トークン0.05ドルで販売。最終的に0.11ドルまで上昇し、上場価格はさらに高い1トークン0.12ドルの予定です。つまり、プレセールに早い段階から参加できると、おトクに$YPREDの暗号通貨投資ができて、将来的に大きな利益を掴むことが可能に。このように、有力プロジェクトのプレセールは、仮想通貨の投資方法として定番です。

yPredictの買い方などの詳細は、リンク先の徹底解説記事から参照可能です。

プレセールスタート 2023年第一四半期
購入方法 MATIC, ETH, BNB, USDT, クレジット
チェーン Polygon
最小投資額 200トークン
最大投資額 特になし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Launchpad XYZ – 仮想通貨投資時代の強力な道標

仮想通貨の投資における最大の問題は、情報過多でプロジェクトが複雑なことです。様々なプロジェクトやNFTアート、ゲームが毎日のようにローンチされていますが、あらゆるプラットフォームに散らばり玉石混淆のため、どの暗号通貨資産に投資したらいいのか分かりにくいのが現実です。この問題を解決してくれるのがLaunchpad XYZです。Launchpadのロゴ

特にWeb3仮想通貨投資は情報量が膨大で、プロジェクト内容も幅広く複雑です。Launchpad XYZでは、市場に存在するあらゆる銘柄をひとつのプラットフォームにまとめ、AI(人工知能)を駆使した独自のツールでデータをキュレートしてくれます。投資対象は仮想通貨、NFTアート、Play-to-Earnゲームなど全ての暗号資産で、仮想通貨の次に流行るものへの投資に関する意思決定が圧倒的に簡単になります。

Launchpadの特徴

Lauchpad XYZではプロジェクトごとにリスクリワード・スコアで数値化し、将来性のある仮想通貨を400以上あるデータポイントに基づいて提案してくれます。さらに、NFTのトレードや高級不動産や自動車などの資産の分割所有ができます。Launchpad XYZ独自のDEXがあるため、あらゆるトークンを希望のトークンにスワップすることもできます。これまでは投資をするために仮想通貨の事業者間を行き来しなければなりませんでしたが、Launchpad XYZのプラットフォームひとつに全てが凝縮しています。

LaunchpadのNFTマーケット画像

仮想通貨投資における重要な要素はユーティリティ性です。Launchpad XYZでは$LPXトークンが基軸トークンで、プラットフォームを利用するためにステーキングが必須となっています。ステーキング中はトークンを売れないため、利用者が増えるとトークンは買いが必然的に上回り価格が上昇します。それだけLaunchpad XYZの将来性が高まる条件が揃っているのです。

$LPX仮想通貨への投資方法はプレセールで可能です。全10段階で行われる予定で、第1段階では1トークン0.035ドルで購入できますが最終段階では0.07ドルに上昇します。つまり、100%・2倍のリターンが買った瞬間に確実になります。

調達上限額 $12,500,000
総供給量 10億トークン
プレセール供給量 25000万トークン
チェーン イーサリアム
トークンタイプ ERC-20
最小投資額 100トークン
購入方法 USDT, ETH, BNB, クレジットカード

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Chimpzee – 仮想通貨に投資して絶滅危惧種を救済するプロジェクト

チンプジーのロゴChimpzee(チンプジー)は、仮想通貨の投資を通して絶滅危惧種の動物を救済するプロジェクトです。CHMPZトークンを購入するだけで環境保護に貢献できるため、活動家の人々を中心に急速に支持を拡大しています。

現在開催中のプレセールでは、すでに64万ドル以上の資金を調達しています。CHMPZ暗号通貨に投資が相次いでいるのは、近年高まりつつある動物保護への関心の高さを反映したものだと言えるでしょう。また、プロジェクトが掲げる「Shop-to-earn(買い物して稼ぐ)」「Trade-to-Earn(取引して稼ぐ)」「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」の三本柱も投資家受けが良いようです。

チンプジーの代表画像

すでに1,200本以上の木を植林したとしており、今後も調達資金を利用して環境保護に取り組んでいく姿勢を示しています。目に見えた成果をあげていることから、安心して投資できる仮想通貨としての評価を固めつつあるようです。

チンプジーのイメージ

現在、CHMPZトークンは単価0.00067ドルで販売されています。プレセールはステージ6にあり、予定されている価格上昇まで残り数日のみとなっています。最安値で購入できるのは今だけですので、気になる方はChimpzeeの公式ページからプロジェクトの詳細をチェックしてみてください。

Chimpzeeの買い方はこちらから参照お願いします。

プレセール開始 2023年4月21日
購入方法 ETH、USDT、クレジットカード
チェーン イーサリアム
調達上限額 9,367,625ドル
最小投資額 なし
最大投資額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

AiDode(AI) – ミームコインの新星誕生?!参入すべき仮想通貨投資

AiDogeのイメージ

仮想通貨市場には数多くのミームコインが登場していますが、最近注目を集めているのが「AiDoge」です。

AiDogeは、AIのテクノロジーを活用し、高品質なミームを自動で生成する今までにない画期的なプロジェクトとして期待が高まっています。AiDogeでは、プロンプト(作成するためのヒントとなる指示)を入力するだけで、数秒後にミームを作成します。

「AIでデザインするとパターン化されていて同じミームが作成されるんでは?」という不安がよぎる人もいるでしょう。AiDogeでは、予想を超えたAIテクノロジーでこの不安も解消してくれています。

具体的にいうと、AiDogeでは、同じプロンプトを入力したとしても、第三者のミームの模倣ではなく、100%オリジナルのミームが作成されます。加えて、AI分析機能により、変化し続けるミームのトレンドを分析し、タイムリーなミームを作成することができます。

AiDogeのミーム

また、AiDogeで作成したオリジナルのミームは、NFT化することができ、ブロックチェーン上で自分のものであることを証明することが可能です。AIテクノロジー市場は進化し続けており、仮想通貨に投資している人々からも、高い関心を集めています。今後さらに市場は拡大することが予想され、それに伴いAiDogeの人気も高まることが期待されるでしょう。高い重要が期待できるので、今後のネイティブトークンの価値は上昇することが予想されるため、仮想通貨投資の対象には、最適なのではないでしょうか。

現在、AiDogeのネイティブトークンの$AIは、プレセールにて購入可能です。プレセール中の仮想通貨の中でも注目度が高く、プレセール開始初日の24時間で10万ドル以上の資金調達に成功しました。低価格で購入できる今が仮想通貨投資のタイミングといえます。AiDogeの買い方ガイドで、プレセールの詳細や購入方法を紹介していますので、適宜ご確認をお願いします。

調達上限額

$14,900,000

総供給量

1兆トークン

プレセール供給量

5,000億トークン

チェーン

イーサリアム

トークンタイプ

ERC-20

最小投資額

100 トークン

購入方法

USDT, ETH, BNB, クレジットカード

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

RobotEra – メタバースの土地を開発する新しいプレセールNFTプロジェクト

RobotEraのプレセール開始

RobotEraは新型のメタバースとNFTを融合させた、仮想通貨投資に適したプロジェクトです。RobotEraではプレイヤーがロボットとなり、NFTベースの土地を管理しながらRobotEraのバーチャルワールド構築に貢献していきます。そもそもサンドボックス型のゲームなので、プレイヤーはゲーム世界の資源を獲得しながらロボット仲間を作り、クエストに参加します。バーチャルコンサートといったイベントにも参加することができるので、興奮度はかなり高いでしょう。

RobotEraのチームは、このタイムスケジュールで順調に進めばプレセールが新年までに終了すると考えています。すなわち、TAROが最初に取引所で上場する可能性が高い時期と重なります。すでにLBANK Labsから資金提供を受けていることから、LBANKがこのコインを上場する最初の取引所となることが予想されます。

RobotEra は、プレイヤーがユニークなロボットNFTアバターとメタバースランドをカスタムツールで購入・構築できるPlay to Earnの仮想通貨投資向けプロジェクトです。NFTの鋳造と売却は、プレイヤーがこのゲームから収入を得るための2つの方法であり、ネイティブトークン$TAROの所有が必要です。このトークンはプレセールの第一段階を開始したばかりで、今買うべき新しい仮想通貨の1つに選ばれています。

robotera 1

このメタバースNFTは、Sandboxより良い選択肢として、プレイヤー自体が個性的なロボットのNFTアバターを作成し、メタバース上の土地を開発します。プレイヤーはロボット自体をアップグレードし、ユニークなロボットを設計し、NFTとして取引所で販売することができます。

プレイヤーはメタバース上で土地を購入し、インフラを整備して惑星「Taro」を開発します。このゲームでは、鉱物の採掘、建物の建設、広告用ブランドへのビルボードの貸し出しが可能で、土地を収益化するにはロボットの所有が必要となります。

もう一つの特徴は、RobotEraのゲーム内報酬の多様性です。御神木を育てる、NFTを売る、TAROトークンを賭けるなど、惑星Taroの開発に貢献することで報酬を得ることができるのです。

この機会にRobotEraのTelegramチャンネルに登録し、NFTやその他のゲーム内アセットに関する最新情報を入手しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨に投資するマーケット及びプラットフォーム

オンライン空間には、仮想通貨に投資できるマーケットやプラットフォームが100以上存在します。仮想通貨に投資する場合、安全に投資できるように管理されている環境を選ぶことをお勧めします。手数料が安く、もちろん、好みの仮想通貨に対応しているプラットフォームを選ぶようにしましょう。

以下のセクションでは、安全かつ低コストの方法で仮想通貨資産に投資する場所についてのレビューをご紹介します。

1. OKX – 2022年に仮想通貨を購入できるおすすめの取引所

OKX

これから仮想通貨取引を始めるにあたって、おすすめの仮想通貨取引所をお探しなら、一番のおすすめは「OKX」です。このブローカーに口座を開くと、メタバースのコインを購入することができ、最小取引額はわずか1,000円からとなります。

100以上の国々にわたって2,000万人以上のユーザーを持つOKXは、世界最大の仮想通貨取引所の1つです。このOKXのレビューは、プラットフォームに特徴的ないくつかの機能があります。例えば、中央集権型および分散型交換、仮想通貨のローン、デジタル資産のマージン取引オプション等です。

さらに、OKXは350以上の仮想通貨資産を提供しており、スポット取引、先物契約、マージン取引、パーペチュアルスワップを利用することが可能です。投資家はOKXでビットコイン、イーサリアム、Cardanoやその他の一般的な仮想通貨を購入することができます。

okx_web3

安全に資金管理

注目すべきは、OKX CEXがカストディアン(投資家 に代わって 有価証券 の管理「カストディ 」を行う機関)として機能することです。つまり、すべてのフィアット通貨または仮想通貨が取引所の保管下にあることを意味します。銀行がフィアット通貨を保管するのと同様に、投資家はOKX CEXを信頼して資産と資金を安全に保管することができます。OKX CEXにより、投資家はビットコイン、イーサリアムおよび350以上の資産などのおすすめの仮想通貨を購入することができます。

OKX CEXにサインアップしてアカウントを作成すると、入金手数料なしで仮想通貨をフィアット通貨で直接購入することができるようになります。スポット取引とは別に、投資家は仮想通貨の先物取引(特定の資産をあらかじめ決められた価格で将来購入または売却する契約を表す)にアクセスすることもできます。

  • 世界トップクラスのセキュリティ
  • 取引所で利用できる通貨の数が多い
  • 顧客から預かる暗号資産は100%コールドウォレットシステムで管理することで、スピーディな出庫・安全と利便性にも優れている
  • OKXのアカウントに対するすべてのアクセスには2段階認証を必要とするため、不正アクセスが起きにくい

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. Crypto.com-仮想通貨投資のベストプレイス

Crypto.comクリプト.comのロゴ

2016年に設立されたCrypto.comは、数年という短い期間で本格的で著名な国際的な仮想通貨ハブに成長しました。その暗号エコシステムは、Crypto.com App、Crypto.com Exchange、Crypto.com DeFi swap and Wallet、Crypto.com Pay、Crypto Earn、Crypto Creditを含む、多くのサービスから構成されています。Crypto.comは世界中の規制機関と連携し、仮想通貨の購入、売却、取引、消費のための最も便利な方法を提供することを目的としています。Crypto.comアプリでは、ユーザーは100以上のトップクラスの仮想通貨を妥当なコストで購入できます。暗号に高い利子を得ることも可能で、Crypto.com Visaカードで管理できます。簡単に暗号の支払いができる上、その他多くの機能を持ち合わせているのは魅力でしょう。Crypto.comのDeFiウォレットは非保管型なので、ユーザーは自分の秘密鍵を完全に管理することができます。

Crypto.comは、取引手数料は製品によって価格は異なりますが、低い設定になっています。高度な安全性と場面に応じた多様な支払い方法を展開しているのがCrypto.comの最大の特徴です。

Crypto.comアプリの手数料

当スタッフの見解では、Crypto.comアプリは、Crypto.com経由で暗号を購入、売却、送信、受信、交換、および支払うための最も簡単な方法です。このアプリは、暗号通貨を無料で入金でき、仮想通貨取引所の購入を行い、Crypto.com ExchangeとDeFi Walletへの無料転送をサポートしています。ただし、外部アドレスへの暗号の引き出しには、引き出される仮想通貨に応じて異なる手数料が発生します。

Crypto.com Exchangeの手数料

Crypto.com Exchangeは、取引手数料と出金手数料が発生します。取引手数料は、ユーザーの30日間での取引量に基づいており、取引量が増加するにつれて、より多くの割引を獲得できます。また、CROトークンをステークし、CROで取引手数料を支払うオプションがあり、CROが多ければ多いほど、取引手数料の割引率は高くなります。ボーナスとして、CROの賭け金に対して年間10%の収益を得ることもできます。取引手数料のリベートを得るために必要なのは、最低5,000 CROをステークし、KYC認証をパスすることだけです。

Crypto.com画面 Exchangeの手数料

2018年7月、モナコで「Crypto.com」へのリブランディングを発表し、その数ヵ月後に「Crypto.com Visa Card」の採用を開始しました。また、同時に、ネイティブCROトークンを用いたCrypto.com Chainの立ち上げを発表しています。2019年後半、Crypto.comは、暗号トレーダーの間でより大きな市場シェアを獲得することを目指し、独自の暗号間取引所を立ち上げました。同社はまた、Crypto.com Pay、Crypto Earn、Crypto Creditなどのサービスを導入し、Crypto.com Visaカードは米国での使用を開始しています。

2020年には「DeFi Wallet」「DeFi Swap」サービスを開始し、ヨーロッパの顧客に対して「Crypto.com Visa」カードの配送を開始しました。また、同社はMCOトークンをCROにスワップすることで完全に廃止することを決定し、今後Crypto.com VisaカードのユーザーはCROトークンを支払いごとにリワードを獲得することができます。実社会のネットフリックスやBooking.comなどの支払いも対応しています。

また、仮想通貨をより柔軟に管理するために、iOSまたはAndroidスマートフォンにウォレットアプリをダウンロードすることができます。最後に、Crypto.comは、ウェブサイトとモバイルアプリの両方を簡単に使うことができます。また、入門者向けの市場では、おそらく最高の仮想通貨の取引所であると言えるでしょう。仮想通貨アプリトップ10については以前にもお伝えしました。

取り扱い仮想通貨の種類 150
手数料 最大0.16%
デビットカード 手数料 無料
最小入金額 なし

おすすめポイント

  • 規制が厳しい
  • 超低価格の取引手数料
  • 入金手数料が無料
  • 150種類もの多彩な仮想通貨を取り扱っている
  • デビットカード、クレジットカード、Eウオレット、銀行振込での入金可能
  • Crypto.com Visaカードを使った実社会での支払いが可能

仮想通貨資産は、非常に不安定な規制外の投資商品です。

3. Defi Swap – Defiトークンを交換できる場所として世界レベルを誇る

DeFi Swap

Defi Swapは暗号通貨決済サービスを行っているCrypto.comが運営する分散型金融のプラットフォームです。ここでは優良Defiコインの交換ができたり、イールドファーミングを実施しており、これらを取引の目的とする投資家に選ばれています。近年、トレーダーから注目されるイールドファーミングは需給バランスによって代わる利益幅に応じて流動性の提供先を順次変えていくのが特徴です。これによって大きなリターンを獲得できるのが魅力となっており、それを積極的に実施しているのがDeFi Swapとなります。

DeFi Swapには280万人のユーザーが世界におり、一か月でおよそ3000万の取引を行っています。受動収入を得ることができるステーキングも大人気で、ロック価格総計27億ドルに達する勢いです。ちなみにDeFi Swapの基本データとして、合計供給は5億以上、バーン累計は15,000以上、時価総額は40万ドルとなっています。

Defiトークンの主要な交換場所

DeFi Swapでは個人情報を確認するKYCを行う必要がありません。そのため、純粋にウォレットを接続すれば、バイナンス・スマート・チェーンにあるトークンを取引することができます。また、オリジナルトークンのDEFCを保有するトレーダーはスタティックリワードを利用して受動的に利益を獲得することも可能です。

取り扱い仮想通貨の種類 50以上
手数料 なし
デビットカード 手数料 なし
最小入金額 なし

おすすめポイント

  • 手数料は0%
  • 最小ポジションサイズ わずか0.1ドル
  • リアルタイムのマーケットデータ、チャート機能
  • アプリは2ファクタ認証を提供

仮想通貨資産は、非常に不安定な規制外の投資商品です。

4. Prime XBT‐ レバレッジを有効的に利用できる取引所

Prime XBTのロゴ

Rrime XBTはセイシェル諸島に拠点を構える世界最大の取引所です。暗号通貨をはじめ、主要な株価指数や外貨などの取引を行っています。この取引所ではビットコインの他、イーサリアム、USDのステーブルコインを軸に、カルダノ、ドージコイン、ビットコインキャッシュ、リップなど100種類以上の暗号通貨取引ができます。業界トップのプラットフォームを誇り、充実したカスタマーサポートは年中無休。取引手数料が他社より低いことでも有名です。

Prime XBTでは暗号通貨を預けるだけで収入を得ることができる「受動収入」システムがあります。

Prime XBTの画面-為替を有効活用

さらに、レバレッジ投資にも力を入れており、最大100倍まで賭けることができます。ロングトレード、ショートトレードにも対応し、コモディティ、暗号資産、フィアットなどのアセットクラスを通して取引を実施することができます。また、KYC認証に時間をかけず、低い流動性や予想外のダウンタイムの改善に努めています。もちろん、数タップで取引可能なアプリも好評。安全性においては2FA認証やホワイトリスト機能といった厚いセキュリティシステムを導入し、サイバーセキュリティへの厳重対策を行っています。

成功度の高い熟練トレーダーのパフォーマンスをマネできる「コピートレーディング」もあるため、入門者にとっては暗号資産の学びの場として活用することができます。

取り扱い仮想通貨の種類 100以上
手数料 0.05%
デビットカード 手数料 平均的と記載
最小入金額 0.001BTC相当
[/su_list]

おすすめポイント

  • 100種類以上の仮想通貨を取引可能
  • 取引手数料が低い
  • ステーキングサービスを使ってステーキングコインにアクセスできる
  • テクニカルトレーダーに最適
  • 優れたコピーツールを利用できる

仮想通貨資産は、非常に不安定な規制外の投資商品です。

5. Binance – 手数料が安く、世界規模をを誇る取引所

バイナンス

Binance(バイナンス)では、入門者投資家に向けたシンプなサービスを提供しています。どのようなレベルの投資家でもストレスなく始められるように、投資サイトには複雑な専門用語はほとんどありません。むしろ、必要なプロセスを一つ一つ丁寧に案内してくれます。

Binanceでは600種類以上の優良暗号通貨を取り扱っています。規制はされていませんが、手数料が最も安い暗号取引所として知られています。ビットコインとイーサリアムのぺらイングでも、最低0.10%の手数料で取引が可能です。

Binance(バイナンス) - 世界最大級の取引所

Binanceでは一日760億ドルの取引が行われています。登録ユーザーは9,000万人、取引手数料も最低0.01%と業界屈指の低さを誇り、最先端のアプリを利用して簡単なステップを踏んで取引をスタートできます。また、暗号通貨やNFTに興味がある方は、バイナンスNFTを使ってIGOやファントークンなどを探すことも可能です。

さらに、ユーザーへの安全性を確保するために、資金の一部を保護するセキュア・アセット・ファンド(SAFU)を構築し、高度なデータ暗号化を実施、アクセスコントロールに優れた取引プラットフォームを提供しています。

取り扱い仮想通貨の種類 600以上
手数料 バイナンス取引所=0.1%のメイカー/テイカー手数料、インスタントバイ=4.5
デビットカード 手数料 同上
最小入金額 なし

おすすめポイント

  • ユーザーフレンドリーなモバイルアプリのインターフェイス
  • クレジット/デビットカードで購入することが可能
  • ビギナー向けの優れた教育コンテンツ
  • 2ファクタ認証あり

仮想通貨資産は、非常に不安定な規制外の投資商品です。

仮想通貨投資の背景と仕組み

ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨を支えるブロックチェーン技術は、一見するとやや複雑に見えるかもしれません。しかし、仮想通貨への投資という点では、その仕組みは株式を購入するのとほとんど同じです。

つまり、仮想通貨に投資する際の包括的なコンセプトは、トークンの価値が上がれば儲かるということです。そして、株式と同じように、これは需要と供給に基づいています。

つまり、より多くの人が特定の仮想通貨に投資すれば、その価値は上がり、仮想通貨で儲けるということです。

仮想通貨投資のプロセスがいかにシンプルかを強調するために、バイナンスコインの購入を代表的な例として説明します。

  • BNBに$3,000を投資することに決めたとします。
  • あなたが選んだ暗号通貨取引所で注文を出すと、BNBは1トークンあたり390ドルで販売されています。
  • BNB トークンを 2 年間保有することにしました。
  • 2年が経過し、BNBは1トークンあたり1,050ドルで取引されています。
  • つまり、あなたが投資して以来、BNBの価値は169%も上昇したことになります。

上記のように、仮にトークンの価格が1,050ドルの時に投資したBNBをキャッシュアウトした場合、169%の利益は合計8,070ドルのリターンに相当することになります。つまり、3,000ドルの投資に対して、5,070ドルの利益を得たことになります。

興味深いことに、この規模のリターンは高く見えるかもしれませんが、BNBが2017年に発売されて以来、10,000%以上価値が上昇していることを考慮してみると納得できますね。

仮想通貨に投資するもう一つの素晴らしい方法は、SilksやThe Sandboxなどの稼ぐための最高のゲームをプレイをして投資をすることです。

仮想通貨は良い投資なのか?

すべての金融取引商品と同様に、仮想通貨投資で必ず儲かるという保証はありません。さらに、仮想通貨は変動しやすく投機的であることを忘れてはいけません。

仮想通貨に投資すべき?仮想通貨投資のメリット

米国で非常に多くの投資家が長期的な経済的利益を得るために、現在、仮想通貨投資に目を向けている理由をいくつかお伝えします。

何千もの仮想通貨トークンから選択可能

前提として、現在、市場に何千もの仮想通貨プロジェクトが存在することが魅力です。NYSEやNASDAQに上場している何千もの株式と同じような性質で、ご自身の経済的な目標に合致する仮想通貨が必ず見つかるはずです。例えば、初めて仮想通貨に挑戦する場合、ビットコインやイーサリアムのような比較的安定した仮想通貨プロジェクトに目が行くかもしれません。

仮想通貨トークン一覧

2023年の投資に最適な仮想通貨

低資本のトークンと比較して、これらの大型の確立された仮想通貨プロジェクトは、上昇の可能性がより制限されるかもしれないとはいえ、変動が少なくなっています。

一方、時価総額が小さく、確立されていない仮想通貨への投資は、より高いリスク許容度を持ち、より大きな利益率を狙いたい投資家にアピールすることができます。

タイミングよく、あまり目立っていない銘柄を買って、その後1000倍になる仮想通貨も中には存在するので、根気よく探し続けましょう。

仮想通貨は株式市場の上昇を追い抜く

仮想通貨は伝統的な株式よりも本質的にリスクが高いのですが、著しく高い利益を生み出し続けています。

例えば、過去5年間で、S&P 500は94%上昇しました。さらに、ナスダック総合指数は同期間に144%のリターンを記録しています。

  • 過去5年間で、ビットコインは3,600%以上増加している。
  • この市場の他の多くのトークンは、さらに高い成長レベルを生み出している。
  • 例えば、イーサリアムは同期間に7,000%以上値上がりしており、前述の通りBNBは10,000%値上がりしています。もしあなたがETHをいくつか所有していて、2022年にイーサリアムをどのように使うか悩んでいるなら、私たちの総合ガイドを読めば、今すぐ仮想通貨を使うために知っておくべきことをすべて知ることができます。

市場で最高のメタバースコインを見ると、利益は感動的です。例えば、DecentralandとそのMANAトークンは、発売以来25,000%以上の成長を達成しています。

大手企業も仮想通貨に取り組んでいる

世界的な大企業や有力企業が仮想通貨に取り組んでいます。この事実は、この産業が長期的に存続することを疑う余地もないほど証明しています。

例えば、テスラ(時価総額1兆ドル超の世界的大企業)は、2020年後半にバランスシートから15億ドルをビットコインに投資しています。

それから、Overstock、Paypal、Microsoft、Starbucksといった企業も、それぞれの製品やサービスにビットコインを使うことができるようになっています。

仮想通貨はキャピタルゲインと定期収入を得ることができる

仮想通貨に投資する人が増加するもう一つの大きな理由は、デジタル資産によって2つの側面でお金を稼ぐことができるようになったことです。

まず、前述したように、オープンマーケットでトークンの価値が上がれば、仮想通貨投資で利益を得ることができます。

しかも、デジタル・トークンを仮想通貨貯蓄口座に預けて、受動的な収入を得ることです。例えば、ビットコインをAqruに預けるとしたら – 毎年7%の利息を得ることができます。

これは、仮想通貨を売却する必要なく達成できます。つまり、トークンは仮想通貨利息口座に保管されていますが、トークンの価値が上がれば、まだお金を稼ぐことができるということになります。

仮想通貨はまだ新しい概念なので入門者でも遅くない

一方では、仮想通貨は多くの点で正当性を獲得しつつあり、特に、現在膨大な数の既存企業やブランドが参加しています。つまり、その正当性は明らかです。

SHIBAの価格チャート

しかし、世界初の仮想通貨であるビットコインは、2009年に発売されたばかりです。さらに、この分野の最大の仮想通貨プロジェクトの中には、さらに新しいものもあります。

  • 例えば、CardanoとSolanaは2017年にローンチされたばかりです。
  • 数十億ドルの時価総額を誇るAvalancheとShiba Inuは、2020年とごく最近にローンチされたものです。
  • そして、今年最も成功した仮想通貨の1つであるLucky Blockは、2022年初頭にローンチされたものです。

つまり、仮想通貨への投資は、まだ始まったばかりで遅すぎるということはないということです。

仮想通貨への投資のリスクは何か?

仮想通貨に投資することで得られる多くの利点に注目することは良いことです。

しかし、熟練したトレーダーは、投資前に、常に金融取引商品のリスクを考慮します。

そこで、仮想通貨に投資する際に熟慮すべき主なリスクを以下に詳しく見ていきます。

  • 投機的:仮想通貨市場の多くの投資は、非常に投機的です。つまり、長期的な価値とは対照的に、短期的な価格上昇に重点が置かれているのです。
  • ボラティリティ:仮想通貨の投機的性質の直接的な結果として、この市場は非常にボラティリティ(変動率)が高くなる可能性があります。さらに、仮想通貨の時価総額が小さいほど、ボラティリティが高くなります。
  • ラグ・プル: 投資家を騙すことだけを目的に作られた仮想通貨プロジェクトのことを指します。最近の例では、Squid Coin。投資家が数百万ドルを失う結果となりました。
  • ハッキング :ハッカーは仮想通貨資産を好むことが多いです。最大の脅威は、ご自身の財布がリモートでハッキングされた場合、全資産が数秒のうちに盗まれる可能性があります。

仮想通貨投資で損をするリスクを軽減させるために様々なことができます。例えば、多くの異なるプロジェクトに分散投資し、資金を提供する前に綿密な調査を行うことです。

さらに、仮想通貨のトークンの安全性確保のため、Crypto.comのような安全で規制の厳しいブローカーの利用を検討ください。

入門者が投資するのに良い仮想通貨

何千ものデジタルトークンの中から選べるのは素晴らしいことですが、どの仮想通貨に投資するか調べるのは面倒で困難なプロセスかもしれません。

とはいえ、初めて仮想通貨に投資するのであれば 、以下を参考に検討するのがよいかもしれません。

ビットコイン

初めて仮想通貨に投資するなら、ビットコインは2022年に投資するのに最適な仮想通貨であることは、驚くことではありません。ビットコインは世界初の仮想通貨であり、現在もデファクトであるため、この分野では最も長い実績を持っています。

ビットコイン価格チャート

Tetherのような安定したコインを除くと、ビットコインは最大の取引量を集めています。さらに、ビットコインはあらゆる仮想通貨の中で最大の時価総額を誇っており、理論上、所有する上で最も変動が少ないものの1つです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

XRP

この分野で実績のあるもう一つの仮想通貨はXRPです。2012年に発売されたXRPは、リップルブロックチェーンのネイティブ仮想通貨です。

XRPの価格チャート

このプロジェクトは、銀行や大手金融機関にクロスボーダー取引を実行できる技術を提供します。従来のシステムとは異なり、リップルとXRPは、関係する通貨に関係なく、安価でほぼ瞬時の送金を可能にします。もし多くの仮想通貨の愛好家たちのように、今すぐXRP価格予測分析を読むことで、XRPの市場価格が予測可能な未来の推移ついて、より詳しく知ることができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

BNB

2017年に設立されたBNBは、ビットコインやXRPよりも若いですが、それでも今日投資するのに最適な仮想通貨の1つです。このデジタル通貨は、世界最大の取引所であるBinanceによって支えられています。

BNBバイナンスコインの価格チャート

BNBは時価総額がトップ5の仮想通貨で、何千ものプロジェクトが存在するBinanceスマートチェーン上で使用される主要なトークンです。また、BNBはトレーダーによって、Binanceの取引所手数料を25%削減するために使用されています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

イーサリアム

イーサリアムは2015年に発売され、それ以来、そのネイティブETHトークンは28,000%以上価値が上昇しています。イーサリアムのブロックチェーンは、開発者がスマートコントラクトと分散型アプリケーション(DApps)を展開することを可能にします。

イーサリアム(ETH)の価格チャート

重要なのは、イーサリアムが時価総額で2番目に大きい仮想通貨であるだけでなく、他の多くの成功したプロジェクトに好まれるブロックチェーンプロトコルであることです。これには、Basic Attention Token、Uniswap、Axie Infinity、Makerなどが含まれます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Lucky Block

Lucky Blockは、2022年1月にローンチされたばかりで、投資するのに最適な新しい仮想通貨の1つです。このプロジェクトは、世界中のプレーヤーが宝くじゲームにアクセスできるようにする分散型エコシステムを構築しています。LBLOCKはまた、2022年に最も過小評価されている仮想通貨の1つと呼ばれています。

ラッキーブロックの価格チャート

すべてのゲームはスマートコントラクトによって実行されます。つまり、従来の国家に支えられたフランチャイズからの関与はありません。さらに、すべての宝くじゲームは、ブロックチェーンプロトコルによって公平性と透明性が保証されています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

注:上記の仮想通貨は、当サイトの仮想通貨専門スタッフが選択したものです。お金を危険にさらす前に、ご自身でもしっかり調査を行うようにしましょう。

安価で仮想通貨投資ができる草コイン

草コインという用語に出会った場合、これは単に1ドル未満で取引されるデジタルトークンを指します。そのため、1ドル未満のベスト仮想通貨ガイドで最も安いオプションを探索することができます。

重要なのは、仮想通貨が安いからといって、リスクが高まるわけではないことです。結局のところ、仮想通貨の価値は、流通しているトークンの数と現在の市場価格によって決まります。

  • 例えば、XRPは400億ドル以上の時価総額があるものの、本稿執筆時点では1トークンあたりわずか0.86ドルで取引されています。
  • 一方、Yearn.financeの時価総額は10億ドル未満ですが、この記事を書いている時点では、1つのトークンが23,000ドル以上することになります。

とはいえ、今年に投資するのに最適な草コインを特に探している場合、大量のトークンを所有したいため、以下に概要を示すプロジェクトを検討してください。

  • ザ・グラフ: ブロックチェーンプロジェクトにインデックス機能を提供します。つまり、ブロックチェーンはデータを分離し、優先順位をつけることができるということです。その結果、ブロックチェーンは情報過負荷になることを避けることができるのです。
  • Dogecoin:2022年にDogecoinが良い投資先かどうか考えたことがありますか?市場で最高のミームコインの1つとして、この投機的な仮想通貨はTeslaのCEOであるElon Muskに支持されています。過去5年間、Dogecoinは800%以上の利益を投資家に還元しています。
  • ステラ Stellarは2014年に発売されたが、このペニー暗号通貨は1ドルの価値を超えたことがありません。その基礎となるブロックチェーンは、ほぼゼロの手数料で迅速な取引ができます。IBMやMoneyGramなどとの提携が注目されるています。
  • DeFiコイン24時間の取引量が約$60kで、多くのトレーダーが今すぐDeFi Coinを買うことを検討しています。

もう一度言いますが、ペニー仮想通貨に投資する前に、自分自身で調査を行ってください。

仮想通貨への投資 vs 仮想通貨の取引

仮想通貨業界では、「投資」と「取引」という用語は通常、互換性を持って使用されています。しかし、株式や株の場面と同じように、この2つの用語は異なる戦略を指しています。仮想通貨投資の場合:

  • 仮想通貨に投資する場合、通常、長期的なビジョンを持って行います。そのため、多くの投資家が市場で最高の長期的な仮想投資を探しているのです。
  • つまり、最低でも1年間はトークンを保有する可能性が高いということです。
  • 仮想通貨投資は、選んだトークンを購入後、ほとんど何もする必要がありません。

仮想通貨を取引する場合:

  • 仮想通貨取引は、通常、短期的な戦略とみなされます。
  • つまり、仮想通貨を購入し、次の数週間または数ヶ月以内にキャッシュアウトする可能性があります。これは、仮想通貨のデイトレードとも呼ばれます。
  • 場合によっては、トレーダーは1日以内にポジションをオープンしクローズします。
  • 重要なのは、暗号通貨取引には、リサーチとテクニカル分析の面で積極的に参加することが必要だということです。

この業界の入門者としては、仮想通貨投資への長期的なアプローチにこだわることが最善です。つまり、長期的な展望を提供する堅実なプロジェクトを選び、その結果、短期的なボラティリティにはほとんど興味を示さないということです。

仮想通貨への投資は安全か?

一言で言えば、日本でで仮想通貨に投資することは非常に安全です。しかし、先に取り上げたように、投資が常に安全かつ確実であることを保証するために考慮すべき点やリスクはやはりあります。

その最たるものが、顧客にデジタル資産サービスを提供することを規制しているブローカーの存在です。ここでなら、安全に仮想通貨に投資することが保証されます。

証券会社は複数のティア1団体によって規制されています。たとえば、Webull、Coinbase、Geminiもまた、強力な規制の立場にあります。

このブローカーを通じて仮想通貨に投資する場合、デジタルトークンはプラットフォームの社内ウォレットによって安全に保管されるため、機関レベルのセキュリティコントロールによって拘束されます。

入門者であれば、秘密鍵やリモートハッキングの防御の知識が必要ないため、OKXのウェブウォレットに仮想通貨投資を維持することが最も良いでしょう。

なお、プレセールの仮想通貨は伸び代が多い一方で、価値の下落のリスクもはらんでいます。

仮想通貨に投資するやり方 – 解説

米国で暗号通貨に投資する方法に関するこの入門者向けガイドは、初めてのデジタル資産を購入する方法の詳細なチュートリアルで締めくくられます。

OKXに口座を開設し、手数料無料で入金し、わずか10ドルから希望の仮想通貨に投資する方法をご紹介します。

ステップ1: アカウントを登録する

まず、OKXアカウントを開設します。公式サイトの「今すぐ参加」をクリックします。ユーザー名と一緒に、個人情報と連絡先を入力します。また、メールアドレスの確認も必要です。

また、身分証明をするために何らかのIDをアップロードする必要があります。たとえば、運転免許証、パスポートなどが代表的なものになります。。

ステップ2: 資金の入金

OKXへの入金は、デビットカード、クレジットカード、ペイパルから入金できます。

ステップ3:投資する仮想通貨を選択する

OKXアカウントに資金が入金されたら、どの仮想通貨に投資するかを決定できます。OKXには150のデジタル通貨がリストアップされているので、「検索」をクリックして、どの市場がサポートされているかを確認しましょう。

すでに投資する仮想通貨が決まっている場合は、ページの上部にある検索バーを使用することもできます。

ステップ4:仮想通貨に投資する

ご希望の仮想通貨の横の「取引」ボタンをクリックすると注文フォームが表示されます。

ここで、投資したい金額を入力する必要があります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

まとめ

今すぐ仮想通貨に投資するには – 始めてから終了まで、わずか5分しかかかりません。

しかし、どの仮想通貨に投資するかを決めるために、十分な調査をする必要があります。また、デジタル通貨は変動が激しいので、取引を始める前にリスクを考慮しておきましょう。

当サイトの仮想通貨上場一覧を確認すれば、どの仮想通貨に投資したら良いかがわかりやすく記載されているので、合わせて確認することをお勧めします。というのも、仮想通貨の将来性は無限大ですので、今後も積極的に新たら知識を得ていくことは非常に重要だからです。

最終的に、OKX.com は、業界最高水準の手数料体系、150種類のデジタル資産のサポート、高度な安全性を保障しています。実社会での利便性を伴ったOKX.comVisaカードを踏まえると入門者にとっての初めての仮想通貨投資に最も適した環境です。

OKX

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。