暗号業界で顕著に活躍するプロバイダー(仮想通貨取引所)は200社以上。これだけの数から取引に最適な暗号取引所を選択することは困難ですよね。

安全性、サポートされているトークン、手数料などの要素だけでなく、顧客サービス、ウォレットのセキュリティ、最低口座残高については確認しなければなりません。

このガイドでは、暗号市場でベストと呼ばれる暗号資産取引所をご紹介しています。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

ベスト暗号通貨交換所トップ6

当サイトスタッフが見つけたベスト暗号通貨取引所トップ6をご紹介します。最も信頼できる仮想通貨取引所一覧となりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

  1. Crypto.com – デビットカードで簡単に暗号通貨投資が可能
  2. DeFi Swap – 便利な取引機能を備えた分散型暗号取引所のリーディングカンパニ
  3. Prime XBT – 2022年総合第1位の暗号通貨取引所
  4. Binance – 手数料が最も安い暗号通貨取引所
  5. FTX – 信用取引に最適なデリバティブ・プラットフォーム
  6. OKX ー中国の三大取引所の一つ。世界レベルの取引の多さが自慢

ぜひ、ご自身の目的やスキルにあったプラットフォームを選択しましょう。早速、日本で取引ができるベスト暗号化取引所のレビューを以下でご紹介します。

【日本版】暗号取引プラットフォーム:トップ6のレビュー

当サイトスタッフは日本国内で利用できるベスト暗号通貨取引所をレビューする際に、厳格な基準を採用しています。

主な優先順位は、低手数料、安全性とセキュリティ、優れた顧客サポート、そして暗号通貨の市場の多さです。

その結果はこちら!2022年に最も優れた暗号取引所は以下の8つです。

1. Crypto.com – 全てにおいて総合トップの暗号取引所

crypto.com logo2022年、海外暗号取引所で最も活躍し、総合的に最も優秀だと評価されたのは「Crypto.com(クリプト・ドット・コム)」です。この取引所では優良暗号通貨や新しいクリプト250種類以上を取引しています。Crypto.comが始動したのは2016年で、「Monaco」という企業名で運営をしていました。「世界で暗号通貨を流通させること」をモットーに、暗号通貨やブロックチェーンの優れた技術を活用し、より信頼性の高いトレーディングを行っています。

登録ユーザーは1,000万人を超え、欧米をはじめ、日本を含むアジア諸国、アフリカ各国でグローバルに利用されています。Crypto.comには、オリジナルプリペイドカードの「Crypto.com Visa」があり、年会費は無料。クレジットカード機能がついているため、暗号通貨や日本円でチャージできるのが魅力です。5種類の中からお好きなタイプを選ぶことできます。アプリ機能にも優れ、投資管理が非常に楽です。

crypto.com cryptoを購入する

また、アプリを使ってCrypto.comのオリジナルトークン「CRO」を6か月間ステーキングすると、ステーキングをしない場合に比べてメリットが大きくなります。数%のキャッシュバックがダイレクトにあったり、Airbnbやアマゾンプライムといった大手提携企業への支払いが無料になったりします。

さらに、Crypto Earn(クリプト・アーン)は、暗号資産を預けることで受動的に利益を得ることができる画期的なサービスです。40以上の優良銘柄を対象に行っており、最大年間14.5%の収入を獲得することができます。

Crypto.comではノンカストディアル・ウオレットを提供しているため、DeFi取引にダイレクトに参加できるようになっています。このように秘密鍵を管理するウォレットへの注目を高まっています。

 仮想通貨の数  250以上
 料金体系  0.4%
 ビットコイン購入手数料  0.1~0.5%
 最低入金額 N なし

おすすめポイント

  • ノンカストディアル・ウォレットを提供
  • ステーキングでのメリットが高い
  • Crypto.com Visaカードを発行している(プリペイド、クレジット可能あり)
  • 250以上のコインをサポート

暗号資産はボラティリティの高い非規制投資商品です。投資はご自身で責任を持って行うようにしてください。

2. DeFi Swap – 便利な取引機能を備えた分散型暗号取引所のリーディングカンパニー

デフィ・スワップ・ロゴぜひ、検討していただきたいベストDeFi取引所の1つがDeFi Swap(ディーファイスワップ)です。DeFi Swapは、Binanceスマートチェーン(BSC)上でホストされている全く新しい分散型取引所(DEX)です。初心者と上級投資家を同様に魅了する取引サービスを幅広く提供していることで人気があります。これらのサービスにはトークンのスワッピング、ステーキング、イールドファーミングが含まれますが、すべてDeFi Swapのブラウザベースのプラットフォームからアクセスができます。

他のDEXと同様に、DeFi Swapは多くの優れた暗号ウォレットと直接リンクすることができるため、中央集権的な仲介者を完全に排除する形となっています。これはDeFi Swapが他のプラットフォームと異なる点であり、もちろんユーザーが自分自身を確認したり、KYCチェックを完了したりする必要もありません。また、特定のウォレットプロバイダーに関してはMetaMaskとWalletConnectとをペアリングすることもできます – すべてのプロセスを完了するには数秒程度かかりますので、ご承知おきください。

取引所にアクセスする

度リンクすれば、DeFi Swapを自由に使って、ご自身が所有するトークンを別のトークンにシームレスに交換することができます。DeFi Swapは、BNB、USDC、USDT、DAIなど50以上のベストアルトコインやステーブルコインに対応しています。また、独自のニーズやリスク許容度に合わせて、スリッページの許容範囲や取引期限をカスタマイズすることができます。

スワップ以外にも、DeFi Swapはステーキングとイールドファーミングのサービスも提供しています。どちらも、保有する暗号に利回りを発生させますが、前者は指定された期間、トークンをロックしなければなりません。また、DEFC(DeFi Swapのネイティブ・トークン)を保有するユーザーは、トークンの革新的な「スタティック・リワード(Static Rewards)」システムを通じて受動的に収入を得ることもできます。これらはコミュニティ主導のその他のエコシステムサービスとうまく調和していえると言えます。

 仮想通貨の数  50以上
 料金体系  なし
 ビットコイン購入手数料  なし
 最低入金額 N なし

おすすめポイント

  • MetaMaskのようなトップクラスの暗号ウォレットと連携可能
  • スワップ、ステーキング、イールドファーミングサービスを提供
  • DEFCを保有することでパッシブ収入を得ることが可能
  • 50以上のコインをサポート
  • 検証やKYCチェックの必要なし

暗号資産はボラティリティの高い非規制投資商品です。投資はご自身で責任を持って行うようにしてください。

3. Prime XBT – 2022年の総合第1位の暗号取引所

Prime XBTロゴ2022年、日本国内からアクセスできる暗号通貨取引所で最も高い評価を得たのがPrime XBT(プライム・エックス・ビー・ティー)です。Prime XBTはビットコインの他、USDテザー、UDC、S&P 500、ゴールドなどを含め、100以上の資産取引を行っています。公式サイトでは暗号通貨で最大14%のリターンがあると記載されており、最も期待度の高い暗号通貨取引所とも言えるでしょう。金融市場での受賞歴(Best Crypto and Forex Broker 、Best Platform For Margin Trading、Best Crypto Trading)などもあり、信頼度が高いのも魅力です。

一日当たりの平均取引数は$545,000,000、統合された流動性プロバイダーは12以上となっています。登録プロセスも非常にシンプルで、登録にはたったの40秒程度しかかかりません。また、最も成果を上げている主要トレーダーのパフォーマンスをコピーできるCovesting Copy-tradingModuleを利用すれば、暗号投資が始めたの方でも、経験の浅いトレーダーでも、ストレスなく投資を始めることができます。

PrimeXBTは暗号を買う。

Prime XBTでは受動収入があるため、貯蓄を目的とした方にも多く利用されています。もちろん、2022年に注目のApeCoinCardanoといった暗号通貨も購入できるため、将来を見据えた投資にも大いに役立つプラットフォームだと言えるでしょう。超高速注文を実施し、最大レバレッジは100倍となっています。

また、ステーキングでは特別な知識がなくでも始められるように、簡素化されているのも特徴です。APY(金利)は貸出しやボラティリティ、需要と供給などの面から、レートは日々変化します。そのため、固定ではありませんが、複数のステーキングを開くことができるのは魅力でしょう。ステーキングのプロセスとしては、資金を入金し希望の金額を選び「今すぐ賭ける」ボタンを押すだけで完了します。さらに資産がロックされる心配もゼロ。いつでも暗号資産を引き出すことができます。

もちろん、デイトレードも盛んで、ソーシャルトレーディングの分野でも高い評価を得ています。さらに、KYCの必要がないのも特徴です。

 仮想通貨の数   100以上
F 料金体系   引き出し時0.0005BTC
 ビットコイン購入手数料   平均的と記載
 最低入金額 $  0.001BTC

おすすめポイント:

  • 暗号業界でトップクラスのプラットフォーム
  • グローバル市場
  • カスタマーサポートは24時間年中無休
  • 手数料が低い

暗号資産はボラティリティの高い非規制投資商品です。投資はご自身で責任を持って行うようにしてください。

4. Binance – 手数料が最も安い暗号通化取引所

Binanceロゴ手数料が最も安い暗号取引所をお探しなら、Binanceは最もおすすめです。この人気のあるオンライン取引所では、ETH/BTCのような暗号ペアをスライドあたりわずか0.10%で取引することができます。これは、合計100ドルの投資で、手数料がわずか0.10ドルのみという意味です。Binance USのウェブサイトでは、60以上の優良DeFiコインのほか、投資にピッタリのトップ暗号通貨を見つけることができます。

また、VISAやMasterCardで購入を希望する場合は、合計5%の手数料がかかります。

ちなみに、このウェブサイトからサインアップすれば、100ドルのBinanceボーナスを受け取ることができます!

バイナンス ホームページ1

結果として、BinanceをUSDと引き換えに取引したい人にとっては高価なオプションとなるでしょう。また、Binanceについて気を付けたいのは、Webulなどlとは異なり、プラットフォームがSECによって規制されていないことです。実際には、Binanceは単一の法域でライセンスされていません – したがって、ご自身の資金が危険にさらされている可能性があることをご留意下さい。Binanceのアカウントにアクセスするには、メインのオンラインウェブサイトを使用するか、iOS/Androidアプリをダウンロードして活用しましょう。

また、Binanceは最大級の暗号取引所の1つであり、Terra LunaAAVE、およびその他のトレンドの新しいデジタル通貨を低い取引手数料で購入できることができます。

暗号通貨を提供するだけでなく、BinanceはNFTマーケットプレイスでもあり、購入するのに最適なNFTに投資することも可能です。

 暗号通貨の数   世界共通600以上(米国ではさらに60種類追加)
 料金体系   バイナンス取引所=0.1%のメイカー/テイカー  手数料

  インスタントバイ=4.5

Fビットコイン購入手数料 0 バイナンス取引所では0.1%、インスタントバイ   では4.5
 最低入金額 N 最低入金額なし

おすすめポイント

  • 取引できる暗号通貨の種類が豊富
  • 取引手数料が低い
  • 初心者から上級者までの取引プラットフォームあり
  • 専用ステーキングサービスあり

暗号資産はボラティリティの高い非規制投資商品です。投資はご自身で責任を持って行うようにしてください。

5. FTX – 人気の暗号デリバティブ取引所

FTXロゴFTX(エフ・ティー・エックス)ははオールインワンの暗号取引所。NFTマーケットプレイスであり、暗号デリバティブブローカーでもあります。この取引所では60以上の暗号通貨がスポット取引可能で、ビットコインのような人気のある暗号通貨からステーブルコイン、DeFiコインまで、あらゆるものに適したプラットフォームとなっています。

FTXホームページ

FTXの最大の特徴は取引手数料の低さです。この取引所で流動性を生み出す際に支払う手数料はわずか0.10%。これは取引量割引を適用する前のもので、メーカー手数料をゼロにすることができます。テイカー手数料も同様に競争力があり、取引ごとに0.40%から0.05%まで下がります。

FTXの最もユニークな点は、オプション、スワップ、先物を含む暗号デリバティブを取引できることです。FTXはこれらが高度な金融商品であることを明確にしていますが、一連のお役立ちビデオでは、これらのデリバティブが何であるか、どのようにアプローチできるかを説明しています。契約サイズはわずか0.01 BTCと0.10 ETHから始まり、FTXの暗号デリバティブは専門家ではないトレーダーにとってもより管理しやすいものになっています。日本語のサイトはまだ構築されていません。

 仮想通貨の数  60
 料金体系  メイカー/テイカー手数料
F ビットコイン購入手数料 0.40%
 最低入金額 なし

おすすめポイント:

  • 60以上の暗号通貨を取引可能
  • メイカー手数料は割引前の0.10%から
  • 暗号オプション、スワップ、先物をサポート

6.OKXー中国三大取引所の一つ、世界規模の顧客マーケットを誇る

OKExロゴOKX(オー・ケー・エックス)は旧名称OKExで知られる日本国内でも人気取引所です。Binance(バイナンス)とHuobi(フォビ)と並ぶ中国三大取引所の一つで、世界規模の顧客を抱えています。アカウント開設には電話番号かメールアドレスがあればOK。本人確認のためのKYCではパスポートが必要になります。また、最低1ドルから暗号通貨の取引ができるため、初心者の方でも気負いなくスタートできます。OKXは日本円やドルなどの法定通貨に対応していないため、お持ちの暗号通貨(OKXの取り扱い通貨)を使って入金をすることになります。手数料は全て無料です。

OKXホームページ

OKXは2017年に設立されて以来、世界180カ国、2,000万人の顧客を抱えています。取引手数料はオリジナル通貨「OKB」の保有量のよって異なりますが、パーペチュアルスワップは自分が好むタイミングで決済を実施できるためお得です。

取り扱い商品には暗号通貨の他、現物取引、オプション取引、パーペチュアルすうぇアップ、レバレッジ取引、先物取引と取引量が極めて多いのも魅力でしょう。実際、世界第二位の取引量を誇り、レバレッジでは業界屈指の最大125倍取引を提供しています。

 仮想通貨の数  165種類以上
 料金体系  メイカー/テイカー手数料
F ビットコイン購入手数料 0.40%
 最低入金額 なし

おすすめポイント:

  • 165種類以上の暗号通貨を取引可能
  • 安全のための複数のセキュリティ設定が可能
  • 中国3大取引所の一つで、規模がとにかく大きい
  • 取引量が多く流動性が極めて高い

【日本版】ベスト暗号通貨取引所の比較

2022年に日本でトップの暗号取引所を6社比較してみました。下記の表をチェックして、ご自身にあった取引所を選んでみましょう。
暗号通貨 デビットカード手数料 取引手数料 専用ウオレット
Crypto.com 250以上 2.99% 0.40% あり
DeFi Swap 50以上 なし なし なし
Prime XBT 70以上 0.50% スプレッド0.75%から あり
Binance 60以上 4.50% 0.50% あり
FTX 60 なし 0.40% あり
OKX 165以上 なし 0.40% あり

Crypto.comクレジットカードの詳細については、こちらのレビューをご覧ください。

上記の手数料とマーケットは、米国に本拠を置く投資家によって評価されたものです。また、より大きな金額を取引したり、取引所に流動性を提供したりする場合は、より競争力のある手数料が提供される場合があります。

暗号取引所とは?

暗号化取引所は、ユーザーがビットコインといったデジタル通貨を取引できるオンラインプラットフォームです。取引所は買い手と売り手の間に位置し、中間業者として機能します。

つまり、従来の暗号取引所を使用してビットコインを購入する場合、同じプラットフォームを使用する売り手からトークンを購入することになります。

その代わり、暗号化取引所はユーザーから手数料を徴収し、ビッド/アスクスプレッドのマークアップを行います。日本国内で人気のある暗号取引所には、さまざまな形態や規模があります。

例えば、一部の暗号取引所では、デジタル資産ペアの取引しかできません。これは、日本円に対してビットコインを取引する代わりに、テザーで建てられたペアにアクセスする可能性を含んでいます。

画像引用Prime XBT

そうは言っても、この市場で最高の暗号通化取引所と呼ばれるところは、BTC/USDまたはETH/USDのようなフィアット駆動のペアをサポートしています。これは、米ドルと交換で暗号を売買するという意味です。

また、選択した暗号取引所がサポートする市場の数には格差があります。例えば、Lunoは6つのコインしかサポートしていませんが、Huobiでは100以上の市場にアクセスできます。

また、選択した暗号取引所の規制上の地位も考慮する必要があります。たとえば、CoinbaseなどはSECによって認可されています。しかし、Binanceといった取引所でも規制ライセンスなしでまったく問題なく運営されています。

取引所はどのように働くの?

PrimeXBTの暗号化価格

ビットコイン取引が全く初めてでも、セットアップと投資のプロセスはどのプロバイダーでもほぼ同じですので、ご安心下さい。

以下で取引の上で知っておきたい事柄をご紹介します。

アカウントと資金到着

何よりもまず、すべての暗号通化取引所では、取引を開始する前に口座を開設しなければなりません。しかし、取引所から収集される情報の量は、米ドルで資金を入金するか、暗号通貨で入金するかによって異なります。

後者であれば、おそらく電子メールアドレスの提供だけで始められるでしょう。一方、米ドルの入出金を希望する場合、取引所は個人情報だけでなく、政府発行の身分証明書のコピーも必要となります。

いずれにせよ、オンラインで暗号通貨を売買するためには、アカウントに資金を入金する必要があります。

マーケット/市場

利用できるマーケット(市場)という意味では、暗号クロスまたはフィアット対暗号のペアのいずれかのオプションがあるでしょう。実際、いくつかの取引所では、両方を提供しています。

ちなみに、クリプトクロスは、2 つのデジタル通貨を含む取引ペアです。例としては、BTC/USDT と ETH/BTC があります。

フィアット対暗号ペアは、米ドルに対してデジタル通貨を取引することができます – 同様に、他の通貨も。例としては、BCH/USDとBTC/USDなどがあります。

どのペアを取引したいかにかかわらず、優良な暗号通貨取引所は簡単な検索機能を提供しています。例えば、Bitstampでは、Bitcoinを購入したい場合、単に「BTC」を検索すればOKです。

オーダー

選択した暗号ペアの関連ページに移動したら、次に注文をセットアップしましょう。ここで取引所に入力したいポジションの指示を出します。

初心者であれば、一見して複雑に見えることもありますが、シンプルに考えるなら、当サイトスタッフおすすめのBitstampで成行注文をするのが一番です – つまり、暗号の取引は現在の価格で即座に実行されます。

また、注文に柔軟性を求める場合は、Bitstamp は利益確定と損切りを提供しますので、ご検討下さい。併せて、トレーリング・ストップ・ロス注文もサポートされています。これらの注文タイプは、あらかじめ決められた価格で暗号市場に参入し、終了することを可能にしてくれるため便利です。

最後に、注文を設定すると暗号通貨取引所は注文のプロセスに入ります。前述のとおり、購入時には同じ取引所の売り手とマッチングされ、逆も同様です。

その後、取引所はあなたのアカウントのウォレットにトークンを追加し、ほとんどの場合で、それを引き出すことが可能となります。

暗号資産はボラティリティの高い非規制投資商品です。投資はご自身で責任を持って行うようにしてください。

最適な暗号通貨取引プラットフォームの選び方

さて、最高のビットコイン取引所、そして暗号通貨取引所の仕組みが分かったところで、今度は自分に合ったプロバイダーを選ぶ際に注目すべきベンチマークをご説明します。

チャート引用:Binance

ご自身の目標やプロファイルにピッタリな取引所と契約しましょう。

規制

現在、日本からは200以上の暗号取引所にアクセスできますが、規制当局のライセンスを保有している取引所が非常に少ないことに驚かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここで、SECの認可があり、FINRAに登録されているのはさらに少数です。

  • このことを考慮すると、口座を開設したり資金を預けたりする前に、暗号通貨取引所の規制状況を確認することが非常に重要となってきます。
  • たとえばWebullは、SECによって規制されています。
  • ということは、プラットフォームの「正当性」については確信が持てます。

これに加え、Bybitのように規制されていないのに、英領バージン諸島のオフショアには登録されている取引所も存在します。

取引通貨

2022年にCoinMarketCapに掲載されたデジタル通貨は17,000を超ています。すべてのトークンをホストしている暗号通貨取引所を見つけることはできませんが、通貨の多様化により、能力を高めたプロバイダーがかなり多く登場してきました。

例えば、Bitstampで暗号通貨を取引する場合、50以上の主要トークンにアクセスできます。

これは、ビットコインやイーサリアムのような大型のものから、ディーセントランド(Decentraland)やザ・グラフ(The Graph)のような新進気鋭のプロジェクトまでカバーしています。

重要なのは、投資の視野を広げる機会を持つように、多種多様な暗号資産を提供する取引所を選択するということです。

そうでなければ、サポートされていないトークンを見つけた場合、それぞれの市場にアクセスするために別の取引所で口座を開設する必要が出てきてしまいます。

利用料金

暗号通貨取引所の手数料はやや複雑と言えます。どのような項目を見るべきかがわかるように、こちらのセクションでご紹介します。

入金/出金

暗号通貨取引所に初めて口座を開設する際には、ある程度の資金を預ける必要があります。手数料や決済方法はプロバイダーによって異なってきます。

日本国内ではクレジットカードかデビットカード、もしくは暗号通貨を使用することになりますが、たとえば、バイナンスでは4.5%、コインベースでは3.99%の手数料がかかります。

暗号資産はボラティリティの高い非規制投資商品です。投資はご自身で責任を持って行うようにしてください。

取引手数料

最高のビットコイン取引所を探す際に確認すべき2つ目の項目は、取引手数料です。これは、暗号を売買する時に取引所に支払う直接取引手数料です。ごく稀なケースを除いて、「総ポジション」に対するパーセンテージとして請求されます。

例えば、Crypto.comで取引する場合、1スライドあたり0.40%の手数料を支払うことになります。例えば、CeloUSDTを購入する場合、1スライドあたりわずか0.40%の手数料がかります。また、1.49%の手数料がかかるGeminiでは、同じ取引でも14.90ドルの手数料を支払うことになりますね。

専門的な暗号通貨用語については、次のセクションで説明しましょう。

スプレッド

どのレベルの資産クラスを取引するかにかかわらず、暗号通貨取引では常にスプレッドを支払う必要があります。これは、使用している取引所またはブローカーによる「資産の購入価格と売却価格の差」のことです。

言い換えれば、購入した暗号通貨の実際の市場価格と、選択した暗号通貨取引プラットフォームが提供するレートとの間のマークアップを意味します。

スプレッドを評価する際の重要な問題は、それが暗号通貨取引プラットフォームでほとんど表示されないということです。そのため、多くの場合、プラットフォームの条件を深く掘り下げる必要が出てきます。

たとえば、Bitstampでかかるスプレッド手数料あhは0.5%と平均より低額となっています。

ウオレット

クリプトウォレットさて、暗号取引所で必要になる手数料をチェックしたら、次は「保管」について考えてみましょう。このページで説明するすべての暗号取引所は、標準的なウェブウォレットを提供していますので、ご安心下さい。

購入したトークンは、取引所が管理する暗号ウォレットに保管されます。そして、資金を安全に保管するのはプロバイダーの責任となります。この点については、Webullといった規制されたプラットフォームではとくに問題はありません。

実際、暗号トークンを安全なウェブウォレットに保管しておくと、出金プロセスが素早く、そして便利になります。

しかし、多くの暗号取引所は規制されていないため、トークンをウェブウォレットに保管しておくことは危険です。一方、最高の暗号通貨取引所では、モバイルアプリの形をした独自のウォレットも提供しています。

たとえCrpto.comの他、バイナンス、フォビ、コインベース、FTX、ジェミニなどでも専用ウオレットを提供しています。

暗号資産はボラティリティの高い非規制投資商品です。投資はご自身で責任を持って行うようにしてください。

ツールと機能

日本からアクセスできる最高の暗号取引所は、チャート分析や教育ツール、価格アラート、そしてパッシブ投資ツールまで、あらゆる便利なツールを提供しています。

早速、当サイトスタッフが今回の取引所レビューで見つけた最も効果的なツールを以下でご紹介します。

パッシブ取引ツール

Prime XBTでは成功した暗号トレーダーの投資をミラーリングすることができるコピー取引機能を提供しています。

このツールは暗号市場を積極的に調査することが困難だったり、十分なスキルセットを持たない人々にとって大いに役立つツールです。暗号空間での経験が少ない投資家にも適しています。Prime XBTでは「リスクを軽減し、取引を多様化する」をモットーとし、新米投資家の手助けをしています。

価格アラート

Bitstamp、Binance、Coinbaseなどをはじめ、今回レビューした最高の暗号化取引所では、リアルタイムの価格アラートを提供しています。これは、暗号通貨が特定の価格に達した瞬間に通知を受け取ることができる、本当に便利なツールです。

  • 例えば、現在$40,000で取引されているビットコインの取引に興味があるとします。
  • このデジタル通貨が42,000ドルを突破したときに投資したいとします ーこの数値がレジスタンスレベルであると考えているという証拠ですね。
  • アラートを設定すれば、ビットコインが42,000ドルに達した時点で、携帯電話に通知が届きます。

価格アラートは、通常、暗号通貨取引所のアプリで提供されていますので、ご利用下さい。

チャートツール

ビットコイン価格

テクニカル分析の経験があれば、最高の暗号通貨取引所で豊富なチャートツールを活用できます。

テクニカル指標に加え、描画ツールやTradingViewとの連携も期待できます。

暗号資産はボラティリティの高い非規制投資商品です。投資はご自身で責任を持って行うようにしてください。

決済方法

日本国名から暗号通貨取引所でビットコインなどの暗号通貨を購入する際は、主にクレジットカードやデビットカード、または暗号通貨を仕様するのが一般的です。取引所の中には日本円を採用しているところは少ないです。そのため、銀行決済の選択は狭くなっているのが現状です。

クレジットカードやデビットカードを使いたくない方は、日本 仮想通貨 取引所(日本を拠点とする交換所か取引所)で暗号通貨を購入してから、それを使って海外のベスト暗号通貨取引所で入金を行うようにしましょう。ビット コイン 取引 所 日本にもいくつかあります。

カスタマーサービス

当サイトスタッフがこのレビューを通して包括的に感じたのは、ベスト暗号通貨取引所では、どこも優れたカスタマーサービスを提供しているということです。チャットボックスを通してリアルタイムでカスタマーサポートチームと会話ができたりのはもちろん、年中無休、または週5日ベースで顧客サポートに従事しています。

残念ながら、電子メールのみでカスタマーサポートを提供している取引所も多く見てきました。返事を待つ時間を考えると、多少の辛抱が必要かもしれませんね。

モバイルアプリ

暗号市場で最高のビットコイン取引所、暗号通貨取引所を探す際に考慮すべき最後のベンチマークはスマホを含む「モバイル端末」が利用できるかどうかです。

暗号電話交換機

一言で表せば、一流のモバイルアプリを提供する取引所を利用すれば、どこにいても暗号取引ができますよね。

  • たとえば、外出先で暗号通貨投資が1時間前に30%下落し、トレンドが弱まる気配がないことが分かったとします。
  • 暗号取引所のアプリにアクセスできなかったら、帰宅するまでポジションを閉じるのを待たなければなりません。

また、暗号通貨取引所のアプリが使いやすいかどうかについても、特に売買注文を出すときをメインに評価することが重要です。

日本で暗号通貨取引所を利用する方法

ここでは、今日から暗号通貨取引所を始めるために必要な手順を説明します。

Bitstampを例に挙げ、アカウント登録、入金、暗号通貨取引の方法をご紹介しましょう – 各項目で10分程度の時間を要します。

ステップ 1 – Crypto.comCrypto.comの口座を解説する

Crypto.comのホームページに行き、NFTのコンテンツをクリックして右上にある「Sign up(サインアップする)」をクリックします。氏名と生年月日を入力し、確認のためのメールアドレスを入力します。

Crypto.comログイン

ステップ 2 – 口座の確認

ビットスタンプで口座を確認するには、ダッシュボードで「Personal Account Verification ( 個人アカウント確認)」をクリックし、ビットスタンプのKYCチェックを完了させます。その後、身分証明書(パスポートなど)と住所証明書(銀行取引明細書など)をアップロードします。

ステップ 3 – 入金する

確認が終わった後、入金をクリックします。クレジットカード、デビットカード、暗号通貨から決済方法を選んで入金を行います。

ステップ 4 – 暗号通貨を購入する

資金がアカウントに入金されたら、暗号通貨購入の準備が整いました。ビットスタンプのウェブベースプラットフォーム(またはモバイルアプリ)にアクセスし、選択したコイン(例:「BTC」)を検索します。「Buy(購入する)」をクリックし、注文ボックスにポジションサイズを入力し(最小0.0002BTCなど)、再度「Buy(購入する)」をクリックして取引を行います。

暗号資産はボラティリティの高い非規制投資商品です。投資はご自身で責任を持って行うようにしてください。

最新ニュース:暗号通貨取引所関連

最後に、直近の暗号通貨取引所に関する目立ったニュースを振り返ってみましょう。

  • 先日Binanceは、英国の銀行へのFIAT入出金の受付を再開すると発表しました。この機能は、完全に検証されたアカウントにのみ提供され、転送ごとに2ポンドの手数料がかかります。
  • ジョー・バイデン氏は、米国政府が暗号市場を規制する計画を示す「大統領令」に署名しました。その後、暗号資産 取引所は最近警戒態勢に入っています。これは多くの市場分野に影響を与える恐れがあり、特に成長の著しいるDeFiセクターでは投資家間の不安が高まっています。
  • 最後に、Binanceは取引所がFIATから暗号への取引を促進するのを支援する決済プロバイダー「Bifinity」の立ち上げを発表しました。この機能により、中小企業がより簡単に暗号通貨の支払いを受け入れることが可能となるため、大きな利益をもたらすと期待されています。
  • 優良DeFi取引所に関する詳細については、当社の完全ガイドもお読みください。取引 所 仮想 通貨についても触れています。

まとめ

crypto.com logo今回は日本 仮想 通貨 取引 所 一覧、またビット コイン 取引 所 一覧として、最も信頼のある12の仮想通貨 取引所をご紹介しました。

ご自身の目標やスキルセット、希望する市場に最適な暗号通貨取引所を選択することは非常に大切です。結局のところ、暗号通貨を取引するということは、苦労して貯めた資金を危険にさらすことにもなるからです。

現在、市場で最高の暗号通貨取引所を評価したところ、Prime XBT、Bitstamp、Crypto.comなどがベストオプションであることがわかりました。これら取引所では、50 以上の暗号にアクセスできます – そして、すべての暗号通貨を低い手数料で取引できます。 暗号 資産 取引 所を選択する際は、今回ご紹介した仮想 通貨 販売 所 一覧から選ぶことをお勧めします。仮想通貨 会社によって手数料が異なることもお忘れなく。また、暗号通貨を使って海外の取引所に入金する際は、国内 取引 所 仮想 通貨を購入して、それを使って行います。

暗号資産はボラティリティの高い非規制投資商品です。投資はご自身で責任を持って行うようにしてください。

暗号通貨取引に関するよくある質問

最も優れた暗号通貨取引所はどこですか?

ビットコインに最適な取引所はどこですか?

どのビットコイン取引所が一番安全ですか?

最大の暗号通貨取引所はどこですか?

手数料が最も安い暗号通貨取引所はどこですか?

接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます