暗号市場は2022年のウクライナ・ロシア危機を受けて、バイデン首相が暗号規制に関する重要書類「大統領令」に正式に署名したことが話題となりました。その他、景気後退への懸念、S&P500の調整などが相関し、現在下落トレンドに陥っています。やはり、ビットコイン 予想が気になりますね。投資家にとってはどうしてもビットコイン今後について見解を認識したいところでしょう。

最近の気になるビットコインニュースでは、ボラティリティの高い相場が思惑とは裏腹に続き、史上を驚かせていることが上げられます。依然として安値を26,700ドル近くまで深ボル形となっています。ビットコイン投資家は今後、25,000ドルを下回る展開を見せてくれるかに、やきもきしている状態です。早速、ビットコインの価格予測から見ていきましょう。ビットコイン 今後が気になるところですが、一体、この先どうなるのか、10年後はしっかり成長しているのか、ストレートにビットコイン どこまで上がるのか、などを含めてご紹介します。

B2Cビットコイン価格予測-概要

  • ビットコインは2022年5月12日に直近の安値となる26,700ドルを記録して移行、日足でもほぼ一定方向に大きく状している状況が続いています。
  • これに並行するように、仮想通貨取引プラットフォーム企業「エルウッド・テクノロジー」がシリーズAラウンドに対する資金調達を終わらせました。多くのVCやファンドが出資ラウンドにこぞって参加し、仮想通貨史上のデータや取引でのインフラを支えています。
  • 2022年5月20日にはビットコインは30,000ドルを大きく上回り、以降横這いの状況を継続させています。
  • ビットコイン投資家は値動きが32,000ドルを超えるか否かに注目しながら、取引を慣行するようにして下さい。
  • ビットコイン これからは基本的に上昇基調です。ビット コイン 年末 予想から目を離さないようにして下さい。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ビットコイン価格チャート

引用元:Kosobu 今日のビットコイン価格

ビットコインのアップグレード – 最新ニュース

BCBS(バーゼル銀行監督委員会)は、銀行による仮想通貨保有についての指針を2022年末までにまとめることを説明しました。二回目の協議文書を近々発表する見込みです。この説明の背景には、テラ・エコシステム(Tera eco-system)が崩壊したことに強く関わっているとされていますが、BCBSは「プルデンシャルフレームワークを維持することの重要性が浮き彫りになった」と話しています。ビットコイン 将来は明るいのでしょうか?

米国フィデリティ・デジタル・アセット(FDA)が、ビットコインの価格に大きく影響されるイーサリムの取引を始める意向を示しました。イーサリアムは2022年の第三四半期に「The Merge(ザ・マージ)」というアップグレードを予定しています。今後の見解として、トークン発行数が減少するため、イーサリアムが機関投資家の需要を高めることが予想されます。

– Bitocoin日本語情報サイト(jpbitcoin.com)

ビットコインのアップグレードニュース

  • サイドチェーン、レイヤー2、スマートコントラクト、インターネット・コンピューターの発展、改善、機能拡張
  • 定期的なアップグレードによりビットコインの資産価値が成熟し、政治的な需要が伸びたり、企業による採用が増加

ビットコインのアップグレードニュースとして、関連通貨ビットコインキャッシュ(BCH)が2022年5月15日にネットワークアップグレードを行いました。入出庫、日本円の入出金などのサービスを全提供するものです。詳しくはアプリ内でご確認ください。

アップグレードで問題が発生した際、Seedをバックアップしておけば前のバージョンを再インストールして再び使うことができます。

ビット コイン 今 買う べき か悩んでいる方も多いでしょう。ぜひ、投資家の方や安藤通貨に興味がある方はビットコイン 今後 どうなるかを知る指針になりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ビットコイン価格推移

ここでは、ビットコイン 今後 2022から2025年までの価格予測もご紹介しています。ぜひ、ビットコイン 買い時を決める目安にお役立てください。

ビットコインは2008年に初めて発表された仮想通貨第一号です。サトシ・ナカモトという正体不明の人物によって公表されてから、1年後の2009年には価格も示されました。その後、2015年5月に米国でピザ2枚を10,000ビットコインで売り買いされてから、仮想通貨としての取引が始まりました。このような歴史から14年以上たった今、ビットコイン価格は下降調子を幾度か乗り越えながら、再び上昇気流に乗り始めています。早速、ビット価格の推移を見ていきましょう。ビット コイン 最新 予想にも着目しましょう。

2017年のビットコイン相場:チャート引用 Coingecko

個人投資家のFOMO(fear of missing out)がビットコイン価格を20,000ドルに押し上げた2017年の暗号強気相場では、ADAは発売から3カ月で1ドル超に急騰しました。2018年の弱気相場の間に0.02ドルに戻り、全体の動きを完全にリトレースしました。ビットコインの価格が注目銘柄ののカルダノを影響していることがわかります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2021年:ビットコイン 1BTC=約777万円

2021年は波乱万丈な一年だと言えます。4月ごろまではビットコインならではの強気相場が引っ張っていましたが、5月に一気に下落してしまいます。ここで、ビットコイン 将来性 ないと不安になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?また、一部の投資家が予測したように、ビットコイン 暴落 予想が当たってしまったと方を落とす方も多いと思います。ビット コイン 暴落 今日起きたしまったらどうしよう、今かって、この先に大暴落したら損をしてしまう、ビットコイン 今買うべきか決められない…。さまざまな声が聞こえてきそうです。しかしながら、8月頃にはベアー相場を抜け出して、10月頃まで高めの水準に戻っています。さらに11月初旬には市場最高値を示す777万円をマークしました。

2021年の価格推移:チャート引用BTCUSD

2017年:ビットコイン強気相場が継続

2017年はビットコインの強気相場が続きました。暗号資産市場はまさにバブル期を彷彿とする勢いで盛り上がり、米国をはじめ韓国や中国の機関投資家、個人投資家がこぞって通貨買いに走りました。しかし、年末を迎えて急展開を見せ、2018年に入ってからは価格降下が続くようになってしまいました。CME先物市場で上々したことが裏目に出たこと、また大手取引所でハッキング被害があったことが要因となり、2018年は怒涛の一年となりました。

2020年:パンデミックに負けず流通量が増加

2020年はコロナ禍でのパンデミック状態で大打撃を受けます。しかし、市場金融の緩和によって機器を乗り越えました。これにより、米ドルの流通量が増加し、資産高傾向が進んだことも記憶に新しいでしょう。この年の5月マイニング報酬として1ブロック/12.5BTCからジャンプアップし6.25BTCとなり、大飛躍を果たしています。この助けを借りて、強気相場に突入します。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

プロの海外投資家・ビットコイン予想

最近の大きなニュースとしては、ビットコインが2021年に中国の大手不動産企業の債務に影響された結果、暗号通貨史上を含む金融マーケットでの懸念率が増加し、1BTC=約547万円まで下落してしまったことが上げられます。しかし、機関投資家やコミュニティの支えによって、約2か月間で価格の修正に成功し、1BTC=約769万円まで回復しました。

海外投資家として、初心者の方にお伝えしたいのはビットコインはこういった大きな値動きがあるものの、基本的には「上がり基調」があるということです。つまり、強気相場の期間を長く持ち、最終的には弱気相場を克服し、上昇し続けます。都市の半減期に着目し価格変動やEFTでの値動きをチェックしておくようにすると良いでしょう。2021年11月に行われた最大アップデート「Taproot(タップルート)」によって、ライトニングネットワークが改善される予定です。スマートコントラクト機能の拡張が現実のものとなりそうな気配です。

ビットコイン今後どうなるかも気になりますよね。もちろん、ビットコイン 相場予想は100%ではありませんが、専門家や著名な海外投資家、銀行家などがデータや世界情勢を考慮して弾き出しています。

2021年の価格チャート:引用元 Tradingview

2022年:ビットコイン価格予測

さて、気になる2022年のビットコイン価格予測ですが、2022年5月での状況はビットコインやイーサリアムなどの主要通貨を含め、暗号通貨全体が大きな暴落を経験しています。2021年の後半におよそ700万円を記録していますが、今回の下落では400万円を切る劇的な記録幅を更新している模様です。

パンデミックの中、世界のサプライチェーンである中国の混乱が加速したこと、そしてロシア・ウクライナ情勢に加え、FRBの利上げ懸念が進み、仮想通貨市場に不安が広がっています。

しかしながら、2022年4月には中央アフリカ共和国が自国の法定通貨としてビットコインを採用するとメディアが報じています。エルサルバドルではすでにビットコインが法定通貨として流通していることもあり、今後のビットコイン値上がりに貢献することを期待するばかりです。

次のビットコインのブルランは?

次回のブルランについてお話しする前に、実際、2021年のブルランが「まだ終わっていない」という見方を示す海外投資家が多くいます。つまり、2021後半以降の強気相場は継続中で、本当のブルランはまだ訪れていないということなのです。#BITCOINからもよく理解できるように、2013年に起こった熱狂的なブルラン、つまりダブルトップになる可能性も大いにあると見ています。実際、2021年4月には65,000ドル規模のATHから55%修正を図り、価格修正がなされました。つまり、次のビットコインのブルランを想定する前に、現行のブルランの行方を追うことの方が重要であるということなのです。

また、著名な暗号トレーダーである@Pentosh1氏は、2022年末までにビットコインの時価総額が他のコインに逆転されると予測していましたが、それはイーサリアムと「フリッピング」の話だったようです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2023年:ビットコイン価格予測

前述しましたように、2022年はブルランが継続しているため、2023年も強気相場を引き連れていくだろうと予想されています。とはいっても、ビットコインの過去の経験からも、一年ごとに価格が変動しているところが気になります。つまり、現在2022年5月に迎えている大幅下落などが影響して、不安定な値動きを見せ続けるだろうということです。

具体的にはBTC/JPYのレンジ予想が220万円から1000万円程度、またコアレンジなら315万円から780万円程度が予想されています。

DeFiコイン価格上昇

 インベスタープレイス(Investor Place) は市場を洞察しながら、金融市場、特にアルトコインのような「リスクオン」資産にとって良い兆候とは言えない景気後退が来るかもしれないと警告しています。下降市場において、コイン価格は前向きなニュースの更新に反応して上昇することはないからです。Defi コインの上昇価値に対しても、海外投資家は鋭く目を向けていいます。

ビットコインの実用化はもうすぐ?

ビットコインは、米国の金融システム分野で採用される可能性が強まっています。つまり、今後は、普段の生活の中でBTCという通貨が使われるようになると考えられています。仮想通貨の専門家や海外投資家の中では、ビットコインの実用化は、大型のアップデートや機関投資家の動きに敏感に左右されるとの見解をしめしています。これからは、AIや格付け機関などの価格予想に着目しながら、ビットコインの値が著しく上昇する前に、海外取引所に口座を開設するのが良いでしょう。

ビットコインが一億円に達するのか?といった声も高まりますが、今後5年間の動きから目が離せない状態です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2025年:ビットコイン価格長期予測

次のビットコイン半減期は2024年3月に行われると予測されていますが、2021年の暗号のブルランは2020年のビットコイン半減期の直後に行われています。この時、ビットコインはそれまでの最高値である$20,000を越えて$69,000に移動し、暗号市場の総資産は$1兆から$3兆に増加しています。

たとえば、カルダノがADA / BTCペアで対ビットコインの相対価値(現在0.00002)を維持することを仮定しましょう。実際、一部の投資家が予測するように、ビットコイン価格がいつか50万ドルに達すると、ADAコイン価格は10ドルになることになります。

もちろんこれは、カルダノがこの時点からビットコインをアンダーパフォームもアウトパフォームもせず、ビットコインとの関係で安定的に推移することを前提としています。0.00002 ADA / BTCは、2018年にサポート、2019年と2020年にレジスタンス、そして2021年に再びサポートとなる、極めて歴史的な合流点となります。

ちなみに、ビットコイン 予想 aiのアプリでも確認することができます。ビットコインどこまで上がるのか、ビットコイン 高騰 いつまで続くのか、ビット コイン 相場 予想と合わせてチェックすることができます。ぜひ、活用してみて下さい。

ビットコイン対カルダノ

ADA : BTC 価格チャート

「我々のテーゼは、ビットコインはゴールド2.0であり、価値貯蔵としてのゴールドを破壊するだろうということです。そうなると、9兆ドルの時価総額が必要なので、いつか1ビットコインあたり50万ドルという価格もあり得ると考えています」-双子のWinkelvoss氏。2020年にBusiness Insiderの取材にて。

ジェミニ・エクスチェンジの創業者であるタイラー/キャメロン・ウィンケルボス(Tyler /Cameron Winkelvoss)は、マーク・ザッカーバーグがハーバード大学でFacebookのアイデアを盗んだ後、ビットコインへの投資を通じて億万長者になった──と言われています。この巨大ソーシャルメディアは、その後Metaにブランド名を変更し、メタバース暗号プロジェクトを市場に参入させたのです。

また、ADA / BTCはビットコインが100,000ドルを超えている間に、0.0009ドル以下の以前のATHを再テストすることができます ーつまり

ADAコイン価格が10ドルに配置されることになります。したがって、長期的には10ドルはカルダノにとって達成可能であると思われます。

多くの分散型金融プロジェクトがカルダノ・ブロックチェーン上に構築され続けており、レイヤー2(L2)Defコインは「カルダノ・ディーファイプロジェクト」を運営しています。そしてカルダノでは2000万枚以上のトークンが製造されており、その多くがNFT(非代替性)です。

カルダノはイーサリアムよりもガス代が安いので、NFT市場の中で成長している部分ではあります。カルダノは、ある日突然、時価総額でETHをひっくり返せる「イーサリアム・キラー」として歓迎されたこともありました。イーサリアムの価格が安定すると仮定すれば、およそ10ドルの価格になると言われています。

カルダノはeスポーツおよびゲームプラットフォームのライバル(Rival)と提携し、NFTのマーケットプレイスやプラットフォームを開発することを発表していまいす。これは、NFT空間に弾みをつけるきっかけになるとも考えられます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ビットコインに影響を受けるカルダノの潜在的な高値と安値

最も楽観的なカルダノ価格予測では、一部の人が予測するようにETHを反転させ、DeFi、NFT、メタバースが暗号空間を支配するとされています。つまり、ビットコインの優位性と市場シェアが低下すればBTCを反転させるだろう、というものです。

あるいは、ETHとADAの両方がBTCを反転させる可能性もあります。プロジェクトは開発の初期段階ですが、すでに(パヴィア)Paviaと呼ばれるカルダノに構築されたメタバース(仮想世界)があります。最高のメタバースコインはイーサリアム上で実行されているのです。

たとえば、1兆ドルの時価総額を持つカルダノは、30ドルという価格になります。ウィンクルボス兄弟がビットコインについて予測したように、カルダノがゴールド(現在13兆ドル)の時価総額を追い越せば、ADAコイン価格は約400ドルということになります。

加えて、カルダノは過去、ATHの時点で1000億ドル近い時価総額があったと、当時のインベスターズ・ビジネス・デイリーが指摘しています。過去の評価額に戻れば、ADAコイン価格は再び3ドルになると考えられます。当時は3番目に大きな暗号通貨でした が、現在そのポジションは、800億ドルの時価総額を持つ安定コインテザー(USDT)が占めています。ビットコインの動きと併せて、確認しておきたい通貨がカルダノですが。今後もその動向に注目していきましょう。

前述しましたが、ビットコイン ai 予想で瞬時に今日の値動きを確認できます。

ビットコインで給料配布も

ビットコインの躍進劇は世界金融の中心、ニューヨークで早速起こりました。ニューヨーク市長のEric Adams(エリック・アダムス氏)は、ビットコインで給料を受け取ることをメディアに報告しています。実際、米国をはじめ、中国や韓国などはビットコインの決済が可能で、今後は政府関係者や国際企業、大手ITメーカーなどでビットコインを使った給与システムが構築され始めるかもしれません。

ビットコイン・コビット・クラッシュ

また、暗号市場全体に影響を与える「ブラックスワン」といった出来事が必要ですが、それさえも一時的なものです。2020年3月の「コービットクラッシュ(Covid Crush)」ではBTCが4000ドルまで暴落しましたが、暗号は数か月で最高値に上昇しています。

一方、暗号資産が下がれば下がるほど、高くなる可能性があるという見方もあります。ロングを清算し、安値までディップを買って決して売らない「ダイヤモンドハンド」ホルダーが資産を多く保有できるようになるからです。これは暗号の大暴落で、暗号が新高値に到達するきっかけになったとも考えられます。

私たちは最高のYoutube暗号チャンネルのリストをまとめました。その多くは、カルダノを含むアルトコインの価格予測を行っています。Defiコインの市場価値についても、目が離せません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ビットコインは何に使われるの?

ビットコインは電気代やガス代などの支払いに使われています。また、日本ではあまり馴染みはありませんが、Paypal(ペイパル)での支払いにも利用できます。その他、楽天ウォレットから楽天キャッシュ宛に現金化して支払いをすることもできます。面白いところでは、ビッグカメラで家電を購入する際にビットコインを使うことも可能です。

ビットコインは世界初の分散型ネットワークチェーン技術によって高い安全性を維持している通貨です。また、採用されている、スマートコントラクトは、公開された分散型台帳を使って誰でも銀行取引にアクセスできるようにするもので、ウエスタンユニオンやペイパルのような仲介業者、銀行、ブローカーを排除するものです。ペイパルの株価は2022年2月の取引日に史上最悪の25%暴落を記録し、評価額500億ドルを失っています。

つまり、ビットコインは分散型金融の中心的存在であり、伝統的な金融機関やDeFi自体の中で地歩を固めているのです。ビットコインは高い支配力とシェアを誇っていましたが、カルダノ、ソラナ、ポルカドットが勢いを取り戻したことで、70%まで低下しています。

ビットコインビジネスを支えるパートナー

ビットコインと深くビジネスを支えているのは、ポリゴン=Polygon(MATIC)とファイルコイン=Filecoin(FIL)でしょう。この二つの企業はメタバースとNFTスバースへの統合で総合協力をしています。また、ポリゴンとファイルコインはゲーム分野でも提携を結んでいるため、今後、ビットコインがゲームエリアでも有効的に活用されることが期待されています。

イメージ提供:Stock.adobe.com

ビットコインとビジネスパートナーを提携する企業は一流企業を含め、数百社以上になりますが、ビットコインを利用すれば、ブロックチェーンを開始てトランザクションや残高を確認することができるようになります。トップレベルの透明性を実現することができるため、安全やセキュリティの面から面から、企業での採用が検討されているのです。たとえば、一般市民が気になる「非営利団体」などの寄付金についても、その詳細を明らかにし、公開することもできるわけです。

また、ビットコインの特性として、グループ内の特定の人がトランザクションを承認した時だけ使用できる「マルチシグ(Multisig)」の存在があります。これに目を付けたビジネスパートナーも多いことでしょう。マルチシグは十分な承諾を得ずに支払いを結構する文化を排除できます。透明性という点に特化するマルチシグを使えば、会計や経理分野でもクリアなイメージを保つことができます。ビットコイン 10年後を想像すると、どれだけのビジネスパートナーが名乗りを上げていることでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

マルチシグ:引用元 Medium

ビットコインの価格を動かしているのは何か?

短期的には暗号化物の価格は、裏で何が起こっているかに関係なく、サポートとレジスタンスレベルの間で変動します。スイングトレーダーは純粋に価格アクション(PA)を見て、テクニカル分析(TA)を適用し、「チャート取引」をします。

また、「クジラ」は流動性を見つけるためにトークン価格を操作することができます。具体的には、他のトレーダーがストップアウトしたエリア、パニック売りを余儀なくされたエリア、または清算されたエリアのことを意味します。ロングポジションの清算カスケードによって大量注文を満たし、売り圧力を吸収すると価格が再び上昇するのが特徴です。

長期投資家は、ネットワーク上のアドレスの増加や暗号プロジェクトの大量採用を示すトータルバリューロック(TVL)など、ファンダメンタル分析(FA)にもっと関心を持つようにすると良いでしょう。

ビットコインを購入する場所

VFA規制の暗号プラットフォームCrypto.comは、ビットコインの売買と取引を可能にし、取引と投資を学ぶ初心者向けの教材が用意されています。

ソーシャルトレーディングプラットフォームとして、すべてのユーザーはFacebookスタイルの壁紙とニュースフィードを持ち、市場についての考えを投稿することができます。

プロの投資家やトレーダーは、人気のある投資家プログラムに参加し、他の人にコピートレードを許可することで支払いを受けることができます。暗号投資を始めたばかりであれば、これらのプロトレーダーの売買をコピーすることも可能です。

Crypto.comでビットコインとカルダノペアの動きを見る

また、ビットコインに投資したり、アルトコインのスマートポートフォリオを使用してポートフォリオを多様化することもできます。そして、その一部はETH、SOL、またはDOTなどの他のL1プロトコルと一緒にBTCを使用することができます。

Crypto.comはETHやTRXと同様にBTCのステーキングもサポートしています。プラットフォーム上のBTCの保有者は、保有残高の毎日のスナップショットに基づいた自動ステーキングリワードを受け取ることができます。つまり、ビットコインを購入し、そのフリーウォレットに確保すると、暗号資産の受動的な収入が発生するのです。

詳細は、暗号ステーキングプラットフォームの比較ページと、ビットコイン購入方法ガイドをご覧ください。

 長所:

  • Crypto.comクレジットカードがある
  • 国際的に規制されている
  • 50以上の暗号資産をリストアップ
  • 教育コース – トレードを学べる
  • コピートレードとコピーポートフォリオあり

短所:

  • アルトコインのスプレッド手数料はデイトレードだと高い
  • 非稼働時の手数料がかかる
  • 出金手数料5ドル

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ビットコインは2022年に買うべき?

ブロックチェーン技術は消え去ることはありません。ビットコインも時の試練にも耐えています。暗号資産が経験する強気相場、弱気相場を持ちながら、包括的には「上昇基調」にあるのがビットコインです。2032年には1億円に達すると予測する投資家もいるくらいですから、ビットコインの未来は明るいと言えるでしょう。

2022年の暗号プロジェクトに今すぐ参加したい投資家は、ラッキーブロックを「同様の分散化をテーマとする低資本のコインであり、世界の宝くじ市場に焦点を当てている」という点に魅力を感じているようです。もちろん、ラッキーブロックは私たちが推奨する最高の暗号資産です。

また、ラッキーブロックは、バイナンススマートチェーン上にある、ブロックチェーン対応の暗号宝くじプラットフォームです。ネイティブコインはLBLOCKで、現在コインマーケットキャップで3128位 – その時価総額には成長の余地が見られます。2022年1月26日に分散型取引所パンケーキスワップでローンチしてからすでにプレセール投資家に40倍の投資収益率(ROI)をもたらしています。

ラッキーブロック ベストクリプト

ホワイトペーパーにはLBLOCKトークン保有者とNFTの所有者が、ジャックポットの賞金の一部を再分配する形で受動的収入を得る方法が記載されています。ここではl保有量が多ければ多いほど、より高い利回りを得ることができるようになっています。

ラッキーブロックのテレグラムグループは、英国ロンドンに拠点を置く同社がユーロミリオンズとナショナル・ロッタリーに対抗しうる存在としてザ・エクスプレスグループ(TheExpress)にも取り上げられています。現在では41,000人のメンバーにまで成長しました。

LBLOCKを購入するには、以下のステップで行います。

  • ステップ 1 – 暗号ウォレットをセットアップ:MetaMaskやTrust Walletなど、BSCと互換性のある暗号ウォレットをセットアップする。
  • ステップ 2 – BNBを購入: Crypto.comなどの暗号取引所からバイナンスコイン (BNB)を購入し、暗号ウォレットに転送してください。
  • ステップ 3 – ウォレットをパンケーキスワップに接続:PancakeSwap.financeのホームページにアクセスし、「Connect Wallet」をクリックし、画面の指示に従ってウォレットをリンクしてください。

ステップ 4 – LBLOCKを購入: パンケーキスワップ DEXの「トークン」エリアにアクセスし、LBLOCKを検索してください。トークンの一覧ページで「取引」をクリックし、LBLOCKと交換したいBNBの金額を入力して注文を確定してください。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

まとめ:ビットコイン価格予測

2022年~2025年:イーサリアム価格予測10金融を民主化し、分散型アプリケーションの新世界が実現される可能性を考えると、ビットコインの価格が安定して上昇することは現実的な話と言えます。

カルダノ(ADA)やリップル(XRP)のように、価格1ドル以下で購入できる安価な暗号資産ではありませんが、コインチェックなどでは最低500円から1000円程度から購入することも可能です。

供給量が多いコインは価格が汲み上げられにくいという、需要と供給の法則があります。BTCは最大供給量が2100万枚ということもあり、今は価格が高くなっています。一方、ADAは、ETHとBTCそれぞれよりも暗号空間全体の高い市場シェアを持つため、コインあたり10ドル – 25ドルに達するだけでよいと考えられます。

また、代替アルトコインのうち、時価総額の低さから、すぐに価格が判明できるのがラッキーブロックです。このプロジェクトは、最近Nasdaq.com、Yahoo Financeやその他のメディアで取り上げられるようになりましたが、プレイヤーにとってより公平で透明なゲームオッズを持つ世界規模の分散型暗号宝くじ、「人民による人民のための宝くじ」の作成を目指しているのは確かです。そのトークンLBLOCKの保有者にパッシブ収入源を提供することも目標としているほどです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

よくある質問

2025年、ビットコイの価値はどうなる?

ビットコインの最高時価総額は?

ビットコインの初値は?

BTCの価値はどこまで上がるのか?

BTCはどれくらい残っているのでしょうか?

BTCは良い投資先ですか?

接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます