仮想通貨 将来性のバナー

仮想通貨の将来性とは

仮想通貨の将来性とは、やはり仮想通貨として価値だけでなく、ブロックチェーン技術を駆使し、社会的に役に立つプロダクトやサービスが受けいられることにかかっているのではないでしょうか。

テクノロジー産業にはハッキングや不正操作などがつきまとうものなので、ブロックチェーンのデータ改竄が理論上限りなく不可能で堅守なシステムは、非常に有益なものです。ブロックチェーンは仮想通貨の基盤となっている技術なので、仮想通貨の将来性予測には、語らずにはいられない存在です。

変化が多いため、仮想通貨の未来を予測することは難しいことではありますが、その時々で仮想通貨の将来やトレンドを決定づける技術が出てきます。

そこで、世界規模のネットワークを有す当サイトの調査により、今注目されている仮想通貨の将来性のあるプロジェクト一覧を作成しました。これらのプロジェクトは、世界のトップをゆくトレンドや技術を盛り込んでいるため、将来注目とともに、仮想通貨の価値も上昇していくと考えられます。

中には、「仮想通貨の将来性はない…」などと否定的な意見が、SNSなどで目にすることはありますが、技術的な理解が及んでいなかったらり、仮想通貨を取り巻く周辺会社の不祥事を仮想通貨の落ち度と誤認識してしまっていることが非常に多いです。

当記事の詳細解説を参考にして、各仮想通貨に対する理解を深めて、仮想通貨の将来性に自信を持って頂ければ幸いです。

今回は、ビットコイン、イーサリアムばかりでなく、DeFi、NFT、M2E、P2Eなど最新のプロジェクトにフォーカスして、各仮想通貨の将来性とともに詳細を紹介していきます。

また、成長が期待されるプレセール中の仮想通貨も含め、将来性のある仮想通貨を一気にご紹介します。中には、仮想通貨の1000倍銘柄に化ける可能性を秘めた草コインミームコインもありますので、お見逃しなく!

*一部当サイトがオススメする仮想通貨上場予定 一覧と重複するものもあります。

仮想通貨の将来性のあるプロジェクト厳選リスト

2023年以降、仮想通貨の中で将来性のある銘柄は何になるのかとウズウズしている人には、まずは「仮想通貨 将来性のあるプロジェクト厳選リスト」という形で一気に確認してもらうのが良いでしょう。

「目にしたことがある!」と思う仮想通貨もあれば、「みたこともない仮想通貨の将来性ない銘柄なのでは…」と思ってしまう可能性がある斬新なプロジェクトもあるでしょう。

みたことがない仮想通貨だとしても、当サイトの熟練運営陣が精査した仮想通貨おすすめ集なので、後のセクションで詳しく確認していただけると良いでしょう。

  • メタマスターズギルド – 病みつきゲームが特徴の将来性No.1仮想通貨
  • C+Charge – EVドライバーの報酬を提供する将来性のある仮想通貨
  • FightOut -フィットネス市場で将来性のある仮想通貨はこれ
  • Dash 2 Trade – トレーダーのために作られた、今すぐ投資すべき総合的な将来性のある仮想通貨
  • RobotEra – ニッチな業界で今買うべき将来性のある仮想通貨
  • IMPT – 革新的なカーボンオフセットプロジェクト
  • Calvaria – 低い手数料にもかかわらず大きな可能性を持つ仮想通貨を使用した将来性のあるPlay to Earnゲーム
  • Tamadoge – 今すぐ買うべき将来性のあるミーム仮想通貨、OKXに新規上場
  • Battle Infinity – 革新的なメタバースゲームに投資する将来性のある仮想通貨
  • Lucky Block – Web 3.0ゲームプラットフォームで今すぐ収益源を確保
  • The Sandbox – Play-to-Earnゲームの構築と展開を加速させるツール
  • Decentraland – 無限のカスタマイズが可能な人気のNFT関連仮想通貨
  • Solana – イーサリアムへのヘッジとして機能するWeb 3.0ブロックチェーン

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨に将来性、未来はあるのか?

2022年を経て、仮想通貨の投資家たちは困惑していたことでしょう。2021年、代表的トークンであるビットコインの価格は61%上昇し、イーサリアムは409%上昇しました。しかし、2017年の最後の大暴騰、2018年の暴落のように、2021年11月を目途に主要なコインは下降傾向を開始しました。そんな中、仮想通貨市場は再び急激な下降トレンドに向かっていくのでしょうか?

結果的に、2021年の上昇分は、2022年の春を境に下落し続け、帳消しとなりました。

2023年以降の仮想通貨の今後は、以下のようないくつかのテーマの発展性次第でしょう。特に、以下の内容には、細心の注意を払う必要があります。

  • 米国および海外における規制
  • 仮想通貨決済の大量導入
  • ビットコインなどの仮想通貨をベースとした上場投資信託の導入
  • ビットコインなどを法定通貨として採用する国の動向

これらの問題が、解決されるにつれて、仮想通貨分野の長期的な将来性が形作られていくでしょう。政府やブロックチェーン開発者が長期的な仮想通貨に関する計画を打ち出すことで、2022年末にはその姿が見えてくるかもしれません。

Forbesによると、米国の規制当局のトップは、包括的な規制の枠組みが整備されれば、ビットコインと仮想通貨市場は上昇相場を取り戻す可能性があるとし、さらなる機関投資家の投資を呼び込み、ビットコインの時価総額が約2倍の7000億ドルになる可能性があると述べています。

それでも、2009年のビットコイン誕生から始まった一連のラリーは、まだまだ続くと思われます。

なので、仮想通貨の価値における一時的な下落、関連会社の不祥事を見て、「仮想通貨の将来性はない!」なんて決めつけてしまわずに、以下の詳細解説をみていきましょう。そうすれば、仮想通貨の次に流行るもの仮想通貨 これから伸びる銘柄だって、見つかるかもしれませんよ。

仮想通貨の将来性のあるプロジェクトの個別詳細解説

私たちBusiness2Communityは、ブロックチェーンの将来を担う技術、その進捗度、実行力、製品マーケティング力の手腕を持っていると判断した最高の仮想通貨資産を選択しました。分散型台帳技術は、革新的かつ収益性の高い方法でSaaS空間の様相を変える可能性があります。

技術的に関連性が強いものもありますが、これから成長する仮想通貨を以下の4つの事業に分類し、それぞれの分野でいくつかの暗号資産を選定しました。メタバース

  • Web 3.0仮想通貨
  • メタバースと非代替性トークン(NFT)
  • 分散型金融(DeFi)
  • データ管理

その前に、規制された仮想通貨取引所で仮想通貨を安全に購入する方法についての記事も読んでおくとよいでしょう。ETHやUSDTのような資産は、プレセールに参加したり、DEXプラットフォームでトークンを購入したりするために必要となることがよくあります。

メタマスターズギルド|仮想通貨の将来性No.1

【病みつきゲームが特徴の将来性No.1仮想通貨】

メタマスターズギルド ロゴメタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。熱中度の高い白熱のゲームプレイが楽しめるため、長期的な将来性No.1の仮想通貨として扱われることが多々あります。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、仮想通貨業界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。また、MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供することで、プラットフォームのリピーター率を高めているようです。プレイヤーは時間が経つのを忘れるほどゲームに熱中することができ、結果としてより多くの報酬を獲得することができる仕組みとなっています。

メタマスターズギルド ゲーム

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのゲームが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取るゲームです。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

仮想通貨の未来を切り開くゲーム、MMGの詳細情報を知りたいという方は、テレグラムの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

メタマスターズギルドのやり方はこちらを参照お願いします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

C+Charge||仮想通貨の将来性No.2

【EVドライバーの報酬を提供する将来性のある仮想通貨】

C+Chargeのホーム

2023年の将来性のある仮想通貨の中で、最も環境志向なのはC+Chargeです。C+Chargeは化石燃料から電気自動車(EV)への切り替えを後押しするプロジェクトで、EVの運転者が充電するたびに報酬を提供しています。EVを題材にするなんて、仮想通貨の未来とも言えるでしょう。

CCHGトークンのプレセールはまだ始まったばかりで、トークンは0.013ドルで販売されています。プレセールの最終段階となる第4段階までに、トークンは80%増の0.0235ドルになる見通しです。伸び幅を見ても、これから将来性のある仮想通貨銘柄です。

C+Chargeは、自動車を充電している間、ドライバーにカーボン・クレジットを報酬として提供することで、EV所有のインセンティブを高めることを目的としています。

カーボン・クレジットは、グリーン・プロジェクトに資金を提供することで二酸化炭素排出量を相殺できる許可証で、1クレジットが1トンの二酸化炭素に相当するものです。

C+Chargeのグラフ

C+Chargeは、Flowcarbonとの主要なパートナーシップを経て、Goodness Nature Token(GNT)の形でドライバーにクレジットを提供します。GNTは検証済みの炭素再生プロジェクトに1対1で支援され、Flowcarbonは、Samsung Nextやa16zなどの主要VC企業を惹きつける7000万ドル投資ラウンドを完了したところです。

また、このプロジェクトは、これまでほとんどが大企業の手に委ねられていたカーボンクレジットの所有権を民主化するものでもあります。例えばテスラは、炭素排出量の多い他の企業にカーボンクレジットを販売し、年間数十億ドルを稼いでいます。

C+Chargeのモバイルアプリは、カーボンクレジットを提供するだけでなく、電気自動車の運転を現在よりずっと便利で効率的にするためのものです。このアプリは、最寄りの充電スタンドのジオロケーター、料金情報、待ち時間、充電スタンドが実際に機能しているかなどの重要な情報を備えています。

化石燃料の自動車やトラックは地球を最も汚染するものの一つであり、EVへの転換は地球の気候変動との闘いにおいて重要な意味を持ちます。

C+Chargeは、DOXとKYCで検証されたチームを持ち、Perfect Solutions Turkeyと提携しています。

CCHGトークンのプレセールは始まったばかりで、最大供給量10億個のうち40%が販売される予定です。プレセールトークンには権利確定期間がなく、ハードキャップは660万ドルとなっています。興味のある方は、C+Chargeのホワイトペーパーを読むか、テレグラムグループに参加して、より詳しい情報を確認してみてください。

また、C+Chargeの買い方を解説した過去記事もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

プレセール開始日 12月16日
購入方法 ETH, USDT, Transak
プラとおフォーム Binance
最小購入額 なし
最大購入額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

FightOut|仮想通貨の将来性No.3

【フィットネス市場で将来性のある仮想通貨はこれ】

FightOutの日本語ページ

健康&フィットネス業界は、世界の統計データを収集するStatistaによると2022年に960億ドルという巨額の市場規模を誇っていますが、その規模は近年伸び悩んでいます。そこで、Move to Earn (M2E : 動いて稼ぐ)アプリとジムクラブを融合したFightOutが、業界の火付け役となるかもしれません。

最大1億ドルという大規模な資金調達により、FightOutアプリ&ジムクラブはこの世界で最も注目される産業の一つをひっくり返そうとしているのです。FightOutは、これまで主流であったWeb2.0の仕組みを変革し、STEPNなどのプロジェクトで実装されているWeb3.0のM2Eの弱点を克服することを目標としています。

STEPNのようなM2Eプラットフォームは、ユーザーの活動を計測してフィットネス目標に対しアプリ内通貨で報酬を与えるというアイデアを広く普及させました。しかし、FightOutはこれから紹介する数多くの機能により、それら既存のM2Eより優れたプロジェクトになる可能性があります。

まず、FightOutは歩数だけでなく、ジム内にセンサーを置くなど、新しいテクノロジーを駆使しあらゆる形態のフィットネス活動を計測します。また、このプラットフォームを利用するにあたって高価なNFTを購入する必要はありません。

FightOutのM2Eは、単にフィットネスの目標を達成するためだけのものではなく、総合的に健康的なライフスタイルを送ることにより報酬を得ることを目的としています。

FightOut アプリ app

プラットフォームの軸となるのはFightOutのスマートフォンアプリで、アプリではスマホやスマートウォッチによって身体的パフォーマンスを測定・追跡します。FightOutはサブスクリプションサービスで、アプリ内の2つのトークン($FGHTとREPS)は通常の通貨と同様、FightOutに登録するために使用することができます。

運動の報酬はREPSで獲得でき、パーソナルトレーナーやFightOut独自のコーチとの遠隔コンサルティング、グッズ、アバター用のコスメなどのあらゆるアプリ内商品やサービスを、REPSで買うことができます。

将来性のある仮想通貨である$FGHTは現在0.01665002ドル(1 USDT = 60.06トークン)で販売中で、最小購入額や最大購入額の設定はありません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Dash 2 Trade|仮想通貨の将来性No.4

【トレーダーのために作られた、今すぐ投資すべき総合的な将来性のある仮想通貨】

best crypto to invest in - dash 2 trade logo

Dash 2 Tradeは、魅力的な新しい暗号資産であり、将来性がある仮想通貨として、トップピック銘柄であるといえます。Dash 2 Tradeは、プレセールが大成功を収めただけでなく、トレーダーや投資家がより多くの情報に基づいた意思決定を行い、利益を最大化できるように、さまざまなデータや分析を使用する予定です。

Dash 2 Trade プレセール4ステージ目

ユーティリティ重視の仮想通貨プロジェクトと同様に、Dash 2 Tradeにも多数の用途があります。ここでは、当サイトが選んだお気に入りをご紹介します。

シグナル

Dash 2 Tradeの軸は「シグナル・プラットフォーム」です。会員の方は、Dash 2 Trade が提供する膨大な種類のツールを活用し、新たな収益チャンスを見つけることができます。さらに、仮想通貨市場の傾向を知ることができるため、投資での成功率を高めてくれます。

新しいICOの発見

Dash 2 Tradeでは新しいICO(Initial coin offerings)とプリセールを見つけることができるのが最大の魅力です。Dash 2 Tradeのスターター層、プレミアム会員の両方で、独自のICOランキングシステムにアクセスすることができます。ぜひ、Dash 2 Tradeを利用して、現在できる最高のICOコインを見つけましょう。

分析データ

仮想通貨取引で正しい判断を下すことは、全ての投資家が目標とするところです。しかし、そうは簡単にいかないのが世の常でしょう。Dash 2 Tradeが誇るオンチェーンとオフチェーンメトリクスで意思決定を大幅に向上させれれば、損失を減らし、かつ利益を増やすことができます。

投資ビークル

Dash 2 Tradeのプレセールは、D2Tトークンを安くに入手する絶好のチャンスです。プリセール期間中は資産の価値が上がることが予想されており、Dash 2 Tradeへの投資メリットは否定できません。投資リターンを最大化したいと考えている投資家の方は、ぜひチェックしてみましょう。

dash 2 trade

Dash 2 Tradeの全供給量は10億個となっていますが、そのうちの70%がプリセールに割り当てられ、プリセールトークンには権利確定期間が設けられていません。

そのため、トークンが公開市場に出回った時点で、すでにD2Tトークンの大半が流通していることになります。こういった先行きの状況から、Dash 2 Tradeのメンバーシップを確保するために投資家がトークンの購入を急ぐことが予想されます。したがって、D2Tが公開された後、強い価格変動が生じることが予想されます。

Dash 2 Tradeの需要はプレセールの後半に近づくにつれて、爆発的に増加するものと予想されています。トークンの上場価格よりも安く手に入れるために、今日プロジェクトをチェックすることをお勧めします。

※Dash 2 Tradeのプレセールは見事成功し、最終資金は総額15.42ミリオン米ドル(約10億円超)にも及びました。トークンであるD2Tは、現在取引所にて購入可能なので、仮想通貨の将来性を考慮すると高騰することが良さおうされるので、今のうちに確保しておくことが得策でしょう。

Dash 2 Tradeの買い方など詳細が気になる方は、左記のリンクから確認しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

RobotEra|仮想通貨の将来性No.5

【ニッチな業界で今買うべき将来性のある仮想通貨】

RobotEra logoRobotEraは、NFTを取り入れた新しいメタバース世界で、プレイヤーにゲーム内で報酬を獲得する機会を提供します。ネイティブ仮想通貨であるTAROは、現在プレセールにて購入可能なERC-20トークンです。

NFTの鋳造と売却は、プレイヤーがこのゲームから収入を得るための2つの方法であり、ネイティブトークン$TAROの所有が必要です。

RobotEraのプレセール開始

このメタバースNFTは、Sandboxより良い選択肢として、プレイヤー自体が個性的なロボットのNFTアバターを作成し、メタバース上の土地を開発します。プレイヤーはロボット自体をアップグレードし、ユニークなロボットを設計し、NFTとして取引所で販売することができます。

プレイヤーはメタバース上で土地を購入し、インフラを整備して惑星「Taro」を開発します。このゲームでは、鉱物の採掘、建物の建設、広告用ブランドへのビルボードの貸し出しが可能で、土地を収益化するにはロボットの所有が必要となります。

もう一つの特徴は、RobotEraのゲーム内報酬の多様性です。御神木を育てる、NFTを売る、TAROトークンを賭けるなど、惑星Taroの開発に貢献することで報酬を得ることができるのです。

robotera japan

RobotEraのチームは、このタイムスケジュールで順調に進めばプレセールが新年までに終了すると考えています。すなわち、TAROが最初に取引所で上場する可能性が高い時期と重なります。すでにLBANK Labsから資金提供を受けていることから、LBANKがこのコインを上場する最初の取引所となることが予想されます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

IMPT|仮想通貨の将来性No.6

【革新的なカーボンオフセットプロジェクト】

IMPT.io

カーボンクレジットの投資方法について考えたことはあるでしょうか。IMPTは、各ユーザーがマーケットプレイスで購入したり、ショッピング中に取得したりと、様々な方法でカーボンクレジットを取得できる非常にユニークなコンセプトを持っています。そのため、非常に将来性のある仮想通貨と言えるでしょう。このように、大企業や組織だけでなく、個人でも気候変動の危機に対する活動に貢献することができるのです。

IMPT.ioはすでに10,000を超える世界的な企業と提携関係にあります。提携企業としては、電子商取引最大手のアマゾンやマイクロソフト、そしてレゴなどそうそうたるブランドが名を連ねています。

impt

仮想通貨が、マイニングなどによって大量のエネルギー使用を行い、批判されているのは事実です。しかし、IMPT は、ブロックチェーン技術と環境問題に関する課題解決をミックスさせることで、仮想通貨業界全体のイメージを改善するのに役立つ可能性があります。これは、エネルギーの持続可能性に懸念を抱き、仮想通貨業界を避難していた人々の意識を変革させる可能性を秘めています。

通貨であるIMPTは、大気中から除去されるCO2排出量を表すカーボンクレジットNFTを配布することで、CO2排出量の削減を目指します。

NFTはIMPTトークンで購入できます。IMPTトークンは、IMPTと提携している数千以上の企業によって調達されています。各企業は、売上の一部を環境に優しい活動をするために確保しています。IMPTのショッピングプラットフォームを通じて、顧客はブランドとつながり、売上マージンの一部をIMPTトークンとして利用することができます。

IMPTを一定量貯めると、トークンをカーボンクレジットNFTに交換することができます。このNFTは、通常の投資と同様に取引することもできますし、燃やすことで排出量を削減することもできます。IMPTのホワイトペーパーでは、今後予定されているソーシャルプラットフォームの計画について触れています。

impt

IMPTのプレセールは12月11日に終了し、1900万ドル(約26億円)以上の資金調達に成功しました。今後IMPTトークンは12月14日にLBank、Changelly、Uniswapに上場する予定です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Calvaria|仮想通貨の将来性No.7

【低い手数料にもかかわらず大きな可能性を持つ仮想通貨を使用した将来性のあるPlay to Earnゲーム】

Calvariaは、プレイヤーとエコシステム参加者に$RIAと$eRIAの2つのトークンで報酬を提供する新しいPlay to Earn型のカードゲームです。eRIAトークンは、トーナメントで優勝したプレイヤーへの報酬として使用され、eRIAは、より強力なカードを購入するための支払いに使用することができます。

RIAトークンは、Calvaria内でのステーキングにも使用されます。プラットフォームにRIAをステーキングしたユーザーは、報酬を受け取ることができます。この様な報酬RIAは、CalvariaマーケットプレイスでのNFT購入によるロイヤリティから発生しています。

crypto presales - Calvaria Featured Image

またRIAは、Calvariaのガバナンストークンとして使用されています。RIAの最小値をステーキングしたプレイヤーは、Calvaria DAOの投票権を受け取り、ゲームの将来の決定権を握ることができます。

最後に、RIAはERC-20仮想通貨トークンとなっていて、合計で10億のトークンが固定供給されます。プレセール中には、総供給量の30%に相当するRIAトークンもしくは、3億のRIA トークンが利用可能になります。Calvariaがローンチされると、2億5000万、もしくは総供給量の25%がステーキングプールにコミットされる予定です。

RIAを長期的に見ると、今後も価格が上昇する可能性をかなり秘めています。これは、RIAの総供給量が固定されている中、より多くのプレイヤーがCalvariaに参加するにつれてRIAトークンの需要が増加する可能性があるからです。

分かりやすく解説すると、RIAはCalvariaマーケットプレイス内での購入に必須の通貨であり、多くのトークンがステーキングの為にロックされる可能性があるので、最終的に需要が供給を上回り、トークンの価格を押し上げる可能性があるということです。

calvaria

Calvariaの長期的な成長は、いくつかの要因によって支えられています。まずCalvariaは、無料で参加できるという点。これは、無料で参加できないSpellfireやSplinterlandsなどのメジャーなバトルカードゲームと比較すると大きな違いです。また、Calvariaはモバイル端末でもプレイ可能なので、Gods Unchainedと比較してもアクセスのしやすさが抜群です。これらの要因から見て、CalvariaはP2Eゲームの中でも最も人気のある最新ゲームの1つとして位置付けられています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Tamadoge|仮想通貨の将来性No.8

【今すぐ買うべき将来性のあるミーム仮想通貨、OKXに新規上場】

DogecoinやShiba Inuなどの人気ミームトークンは、その人気の裏付けにより成功を収めることができましたが、最近は実用性を提供する人気ミームトークンが増えてきています。Tamadogeはマルチユーティリティトークンで、将来性のある仮想通貨の1つであると考えられています。

Tamadogeは最高のERC20トークンの1つですが、ミームコインのコンセプトとP2Eゲームメカニズムを掛け合わせた全く異なるアプローチを取っています。最高のPlay to Earn(P2E)ゲームと同様に、Tamadogeはユーザーが熟練したゲームプレイを通じて定期的に報酬を得ることができます。詳しく言えば、プレイヤーが「Tamadogeペット」を鋳造した後に繁殖させ、世話をしながら、バトルに参戦することで報酬が貰えるというシステムとなっています。

tamadogeの画面

そもそも、TamadogeペットはNFTとして構成され、それぞれ固有の長所と短所を持っています。最初に、子犬の状態で鋳造され、成長するまで飼い主が世話をしなければなりません。そして、そのペットが成体になると、ターン制バトルアリーナで他のペットと対戦できるようになります。

このバトルに勝つと「ドッグポイント」を獲得するこができ、プレイヤーはリーダーボードに上がることができます。毎月、最も多くのドッグポイントを獲得したプレイヤーは「Tamadoge」ストアで購入した商品から得られる「ドッグプール」より、TAMAの報酬を受け取ることができます。このように、ユーザーは報酬を得ることができ、その報酬でゲーム内アイテムを購入するという「独立型エコシステム」を形成しているのです。

他のおすすめNFTゲームと同じように、プレイやーはTamadogeのアイテムを活用することでモチベーションや経験値を高めることもできます。 ユーザーはペットの餌やアクセサリーを購入したり、希望ベースで新しいペットを手に入れることも可能です。この時、取引はTAMAで行われますが、購入後すぐに金額の5%が燃やされます。そのため、常に減少するトークン供給を保証してくれるわけなのです。

プレセール成功後、TamadogeはOKX、Uniswap、BitMartといった取引所で取引されています。この暗号通貨は、プレセールの開始価格である0.01ドルから1400%近い価格上昇を見せ、0.15ドルの史上最高値に到達しています。現在0.13ドルで取引されているTamadogeは、0.03ドルでトークン上場して以来、3倍以上の価格リターンを達成しているのです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Battle Infinity|仮想通貨の将来性No.9

【革新的なメタバースゲームに投資する将来性のある新仮想通貨】

Battle Infinity

一般的に、仮想通貨の将来は、魅力的なPlay-to-Earn(P2E)要素に満ちたメタバースベースのエコシステムになる可能性があります。Battle Infinityは、すでにCoinSniper社によってKYC検証されています。このメタバース内では、ユーザーは自分のアバターを作成し、Battle Infinityのゲームに参加することで多額の報酬を得ることができます。

Battle Infinityは、おすすめplay-to-earnゲームの一角を担っており、このプラットフォームのネイティブトークンである$IBATでゲーム内報酬を受け取ることができます。これらのゲームは、「Battle Arena」と呼ばれる充実した仮想世界に統合されており、プレイヤーはこの世界を探索し、他のプレイヤーと交流することができます。また、プレイヤーは仮想の土地を購入することができます。このプロット(区画)はNFTとして構成されており、広告を通じて収益化することができます。

Battle Infinityの画面

他のメタバースプロジェクトと同様、Battle Infinity は、内蔵のファンタジースポーツリーグや、ソロ/デュオの賭けが可能な革新的な仕組みなど、ユーザーが報酬を得るためのさまざまな方法を提供します。また、ユーザーが購入し、特別なキーで開けることができる「木箱」もあり、その多くには限定ギフト、クーポン、賞品が含まれています。

大量の需要により、IBATのプレセールはわずか24日で完売し、IBATはその後、8月にPancakeSwapとLBankに上場しています。近い将来、さらに多くの上場が予定されており、時価総額4000万ドルのIBATは、再び価格が高騰することが予想されます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Lucky Block|仮想通貨の将来性No.10

【Web 3.0ゲームプラットフォームで今すぐ収益源を確保】

LBLOCK logo

Lucky Blockは新しい仮想通貨ゲームプラットフォームであり、現在における宝くじの抽選方式の透明性と信頼の問題を解決することにより、懸賞、宝くじ、Play to Earnゲームに関する3,300億ドルの世界的産業に革命を起こすことを目的としています。Web 3.0に分散型ネットワークの力を応用して中央集権的な運営者の支配を打破することが、Lucky Blockの狙いです。

Lucky Blockの画面

Lucky Blockチームは毎週2種類の賞金抽選を開催しており、1種につき2回(年間100回以上)当選のチャンスがあることを意味します。賞金は2つの賞金プールに分けられ、1つはコンペティションへの参加チケットを購入した人のための抽選、もう1つはLucky BlockプラチナNFTコレクションを保有する投資家のための抽選です。流通効率を高めることで、Lucky Block は手数料の一部を報酬という形で投資家に還元しています。また、LBLOCKトークンの保有者は、どのチャリティに寄付されるかを決める投票に参加することで、この報酬を受け取ることができます。

Lucky Blockは、宝くじのファンにとって、購入すべき将来性のある仮想通貨です。実用性があり、保有者に報酬も提供しており、今後数カ月、数年にわたり大きな可能性を持っているといえます。さらに、プレイヤーが報酬を得る手段として複数の方法も提供しており、Lucky Blockは他の仮想通貨市場と同様に成長し、改善し続けられる可能性があります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

The Sandbox|仮想通貨の将来性No.11

【Play-to-Earnゲームの構築と展開を加速させるツール】

The Sandboxプラットフォームは、ゲーマーがNFT(non-fungible token)とユーティリティ・トークン$SANDを利用して、自分の活動を創造、所有、収益化することができるエコシステムです。NFTは、事実上、所有権のデジタル証明書です。

プレイヤーはNFTを利用して、デジタルアセットに所有権を割り当て、ゲームに組み込んだり、マーケットプレイスで取引したりすることができます。The Sandboxは、ゲームメーカーなどのツールを提供し、プレイヤーが実際に関与することを可能にします。

sandbox japan

また、The Sandboxの仮想世界、すなわちメタバースは、LANDトークンで購入したデジタルの土地で構成されており、プレイヤーはデジタルの土地の不動産開発者となり、他のユーザーとも交流することができます。

Facebookで有名なMetaのようなメタバース関連銘柄は、インターネットの次に来る技術としてのメタバースに大きくベットしており、人々が働き、遊び、交流し、買い物をする空間を創造するという点で非常に将来性が高いでしょう。

The Sandbox上において、ラッパーで実業家のスヌープ・ドッグの所有する「不動産」に隣接する仮想の土地の一画に、最近、見知らぬ買い手が45万ドルを支払ったのです。

The Sandboxは、トレーダーが間接的にメタバースに投資することができるため、メタバース関連の仮想通貨として購入するのが非常に適しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Decentraland|仮想通貨の将来性No.12

【無限のカスタマイズが可能な人気のNFT関連仮想通貨】

2018年に立ち上げられたDecentralandのチームは、メタバースで大きく先陣を切りました。この主要なメタバースプロジェクトはEthereumブロックチェーンの上に構築されており、世界中のユーザーに仮想ゲーム体験を提供し、今年将来性のあるNFT関連仮想通貨の1つとなりました。

ユーザーは自分のキャラクターを作成、カスタマイズし、他のユーザーとチャットし、成長し続けるDecentralandの世界を探検することができます。これもまた、今年将来性のあるWeb3.0仮想通貨のひとつです。

そして、投資の観点から、Decentralandは独自の仮想通貨であるMANAを持っています。Decentralandのゲーム内で行われる全ての取引は、MANAで実行されます。中には、仮想の土地や不動産の購入においては、100万ドル以上で取引されることもあります。

decetraland

また、ユーザーはゲーム内アイテムを売買して、Decentralandの体験を高めることができます。さらに、MANAとLANDを購入すると、そこにあるおすすめのブロックチェーンゲームにアクセスできるようになります。

Decentralandは2018年に初めて取引所に上場した際、わずか0.025ドルで価格設定されました。2021年11月には、5.90ドルの史上最高値を記録しました。

これは24,000%を超える利幅です。とはいえ、Decentraland はもちろん仮想通貨市場全体が2022年第1四半期に大きな調整局面を迎えました。今日、MANAトークンを大幅な割安価格で購入することができます。コインはその最高値から半値以下で取引されています。MANAの購入方法については、該当の記事をお読みください。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Solana|仮想通貨の将来性No.13

【イーサリアムへのヘッジとして機能するWeb 3.0ブロックチェーン】

イーサリアムは間違いなく最も人気のあるWeb 3.0ブランドであり、購入すべき仮想通貨であると先に述べましたが、その理由は、今日私たちが知るようなスマートコントラクト空間を支配しているためです。しかし、イーサリアムがその優位性を維持する保証はなく、だからこそSolanaにヘッジをかける価値があるのです。

solana japan

Solanaは、分散型取引、スマートコントラクト、サードパーティーのWeb 3.0 DAppsのサポートなど、基本的には、イーサリアムと同じサービスをすべて提供しています。しかし、技術そのものの面では、Solanaはイーサリアムよりもかなり優れたパフォーマンスを発揮します。これは、スピード、手数料、スケーラビリティといった中核的な指標を全てにおいてです。

例えば、Solanaは1秒間に数万件のトランザクションを処理できると言われていますが、イーサリアムはまだ約16件に留まっています。また、イーサリアムのネットワークは常に過負荷状態にあるため、特に少額の取引では、取引手数料が手の届かない金額になることが多いということです。しかし、Solanaの取引手数料は1セントとほんのわずかな額で済みます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

将来性のある仮想通貨を購入する方法 – 簡単ガイド

  • ✅ステップ1:将来性のある仮想通貨プレセールを探す
    2022年を通して仮想通貨市場が苦戦する中、仮想通貨のプレセール案件は有利な参入価格で入れる上、成長の余地があるため、投資家に大きなリターンをもたらしています。
  • 🔎 ステップ2:トッププロジェクトをリサーチする
    市場には多くの新しいプレセール案件がありますが、中には詐欺まがいのものもあれば、Dash 2 Tradeのような合法的でROIの高い可能性を持つものもあります。
  • 💳 ステップ3:仮想通貨ウォレットをダウンロードする
    MetaMaskやTrust Walletなどの仮想通貨ウォレットをダウンロードし、選んだプロジェクトのプレセールサイトに接続します。
  • 🛒 Step 4:仮想通貨トークンを購入する
    最後に、画面の手順に従い、ETHまたはUSDT、そして選択したプレセールトークンを購入します。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨は将来性がある!

2023年以降の最良のシナリオとしては、世界中の規制当局が仮想通貨規制のグローバルフレームワークを考案することです。しかし、仮想通貨に対する国際的な見方は、エルサルバドルや中央アフリカ共和国の「ビットコインは法定通貨である」というものから、中国の「仮想通貨取引は違法である」というものまで、さまざまであるため、現在ではその可能性は低いと思われます。この問題に対する世界的な統一は、短期的にはありえないように思われます。

仮想通貨の規制は連邦レベルでは進んでいますが。バイデン政権は、ジャネット・イエレン米財務長官とゲーリー・ゲンスラー証券取引委員会委員長を中心に、仮想通貨の規制プロセスの舵取りをする優秀なチームを編成しています。イエレン氏は、時には懐疑的な見方をしながらも、この分野を何年も追ってきました。ゲンスラー氏は2018年、マサチューセッツ工科大学でビットコインやブロックチェーンなどの仮想通貨に関する授業を担当してきました。

高度な知識を持つ人々が将来の規制の方向性を定めることで、投資家、消費者、仮想通貨ビジネス、そして従来の銀行にとって実用可能なシステムが開発されることが期待されます。情報通の規制当局は、ビットコインのような価値貯蔵手段と、イーサリアムのようなスマートコントラクトを備えた高度な台帳との違いなど、極めて重要な問題を理解しています。議会は2022年前半にいくつかの仮想通貨の規制法案を提出しましたが、この問題は深く考え、慎重に分析される傾向にあります。

仮想通貨には将来性がある

政府機関が法的枠組みや税制を整備すれば、仮想通貨は米国の消費者のデジタルウォレットとして大規模に実用化される可能性があります。しかし、2021年にエルサルバドル、2022年に中央アフリカ共和国でビットコインが法定通貨になったとはいえ、米国がすぐに追随することはないでしょう。

しかし、多くの小売業者は、ビットコインやライトコイン、あるいはDogecoinと呼ばれるビットコインのクローンなど、現金に近い形での支払いを受け入れ始めると思われます。仮想通貨の利用が増えれば、規制機関や政治家はより迅速な行動を起こすようになり、ブロックチェーンシステムも広く利用されることで恩恵を受けるはずです。

このプロセスは、今後数年間で、仮想通貨市場に浸透していくでしょう。投資家は不確実性を好まないため、それが過度に厳しい規制の枠組みであっても、今日の突貫工事的な監視体制よりは改善される可能性が高いといえます。

仮想通貨は将来性ないって本当?

一方、仮想通貨の将来は、以下の理由により暗くなる可能性があります。

  • 政策立案者が足を引っ張り、今後数年のうちに賢明な規制の枠組みに到達できない可能性がある。
  • ビットコインやライトコインのような通貨は、違法行為や悪質業者にのみ利用され、そのような行為は米国内にはふさわしくないと判断する可能性がある。
  • 小売業者は、仮想通貨の規制の価値が予測できないことを嫌がり、代わりに従来の現金やクレジットカードでの取引にこだわるかもしれない。
  • ブロックチェーンを利用した決済システムのセキュリティ侵害や技術プラットフォームの破綻などが突然多発すれば、仮想通貨の規制に対する国民の信頼が損なわれる可能性がある。例えば、2022年4月のTerraUSDの破綻後、アルゴリズムによるステーブルコインが悪評を買った。

ただし、企業や、産業、そして国レベルでブロックチェーン技術を活用する動きが出ているので、一過性の流行としてでなく、堅守性の高い技術として徐々に定着することが見込まれます。

それゆえに、一時的なネガティブニュースを見て、以下のような印象を持ってしまうのは少々短絡的で、考察力に長けていないようにも感じます。

  • 「仮想通貨は将来性ない」
  • 「仮想通貨は未来ない」
  • 「仮想通貨はオワコン」
  • 「仮想通貨はバカバカしい」

きちんと仮想通貨の根底にあるブロックチェーン技術を知るとより一層、仮想通貨の将来性に対して前向きになれるはずです。最近では、仮想通貨ETFなどといった、金融機関による金融商品もあるので、こう言った観点からもある程度信頼が担保されていることが垣間見得ます。

仮想通貨には将来性がない

このような状況が重なれば、仮想通貨の規制革命は数年遅れる可能性があります。また、仮に最終的に到来するとしても、2021年に急増したビットコイン主導の大変革とは全く異なる様相を呈するかもしれません。ただ、非常に長い目で見れば、どの政府や国家グループも、仮想通貨を完全に止めることはできなさそうです。「仮想通貨に将来性はない」と言っても、最終的には良い方向に舵を切ることはできるでしょう。

これらのリスクは仮定の話に聞こえるかもしれませんが、非常に現実的なものです。結局のところ、仮想通貨コミュニティは、世界中の規制当局とうまくやっていかなければなりません。それができなければ、仮想通貨規制の進歩に大きな障害をもたらすことになります。

暗号資産の将来性

過去数年間で、暗号資産は数兆ドル規模の市場になりました。記事執筆時点で、時価総額は現在約9,700億米ドルです。ビットコイン、イーサリアム、テザーからなる上位3つの暗号資産は、合わせて約6230億米ドルに相当します。

世界の暗号資産市場は、ピアツーピア決済、小売、取引、電子商取引、分散型金融など、さまざまな用途を備えており、新しい革新的なソリューションが日々開発されています。調査会社IMARC Group社の暗号資産市場レポートによると、2027年の時価総額は32兆米ドルの値に達すると予想されています。他の予測も同様の潜在的な成長を示唆しています。

その上、MiCAなどの今後の法整備により、暗号資産市場はより成熟したものになると予想されます。これは特に従来の機関投資家にとって重要なことで、

機関投資家はより計算された、信頼できる、リスク責任のあるアプローチを設定することができるようになります。

なお開発体制もDAOと言われる構成になっており、今までにはないような尖ったサービスやプロダクトも生まれやすくなっている関係で、DAO仮想通貨の将来性を期待している人も増えてきています。

最近ではセキュリティトークンと呼ばれる投資としての証券的な役割のトークンも増えてきているので、投資業界からの期待と将来性はかなり高いとみれます。

NFTの将来性

NFT(非代替性トークン)は2014年から存在していましたが、この斬新な技術がメインストリームになったのは2021年でした。

NFTは複製不可能な幅広い無形アイテムのデジタル所有権を表し、アメリカン・エキスプレスからグッチまで、セレブや大企業が注目しています。分散型アプリケーションを扱うアプリストア「DappRadar」が収集したデータによると、NFTの総売上高は2020年の9490万ドルから、2021年には250億ドルに達したとのことです。

NFTの将来性

しかし、NFTに将来性があるかどうかについては、依然として議論が続いています。 専門家の間でも意見が分かれており、「バブルだ」と叫ぶ人もいれば、NFTを支える技術(ブロックチェーン技術上のスマートコントラクト)こそが真の価値を提供すると主張する人もいます。一方、クリエイターやアーティストは、これこそが次のマネタイズの形だと主張しています。

NFTは2021年に爆発的な伸びを見せましたが、この伸びは停滞し、2022年は今のところ横ばいになっています。

投資の観点からは、NFTの購入仮想通貨の購入よりも「リスクが高い」と言えます。なぜなら、NFTは仮想通貨にレバレッジをかけたようなものだからです。

DeFiの将来性

仮想通貨に投資している人なら、”DeFi “という言葉を目にしたことがあるのではないでしょうか。これは「分散型金融」の略で、仮想通貨とブロックチェーン技術を利用した代替金融サービスのオンライン世界を指します。

DeFiは、銀行や金融機関といった従来の仲介業者を「スマートコントラクト」で置き換えます。基本的に、私たちが毎日やりとりして財務を管理している企業は、ソフトウェアに置き換わります。このため、DeFiの空間には報告する中央機関が存在しないのです。

しかし、DeFiはまだ比較的初期段階にあります。インターネットにも黎明期があったのと同じです。やがてDeFiの世界にも、将来性のAmazonやGoogleのような存在が現れるかもしれないと、専門家は語っています。

ブロックチェーンの専門家によれば、DeFiの次の重要なステップはコードのさらなる洗練です。具体的には、より良いコードの作成方法を見つけ出し、すべてを一段と向上させることです。

イーサリアムの将来性

イーサリアムは、市場で2番目に大きな仮想通貨であり、最もよく知られたアルトコインです。ビットコインと同様に、仮想通貨市場の良い指標にもなります。過去6年間で、2015年の発売時の0.311ドルから、昨年末の最高値の約4,800ドルまで、その価値は非常に大きくなっています。

史上最高値にはほど遠いものの、イーサリアムの価格は2022年の残りの期間で大きく上昇する可能性を秘めています。

イーサリアムの将来性

イーサリアムの将来性

専門家は、仮想通貨の将来性は、9月19日に実施されたイーサリアムの大規模なアップグレードの成功次第であると述べました。イーサリアムは、内部関係者が “The Merge”と呼ぶ、よりエネルギー集約度の低いバージョンに技術を移行しています。また、このアップグレードは、ネットワークをより効率的に、より速く、より安く使えるようにすることを約束しています。

イーサリアムの将来はどうなるのでしょうか。イーサリアムがこの”The Merge”で約束を守れば、イーサリアムは再び4,000ドルを突破し、12,000ドルまで行く可能性もあると専門家は述べています。投資家はこの”The Merge”の一歩一歩を注意深く見守り、場合によっては急落時に購入することで現在の市場の低迷を利用することもできます。とはいえ、専門家でも、イーサリアムの価格は上昇を続けるのか、それとも以前の安値まで下落するのかは、時間が経ってみないと分からないといいます。

2023年はイーサリアムにとって非常に重要な年になり、一種の勝負の年であり、仮想通貨の将来に大きな影響を与える可能性があります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ビットコインの将来性

仮想通貨ビットコインに将来性はあるのでしょうか。ビットコインは、時価総額が最大の仮想通貨であり、他の市場もその動向に従う傾向があるため、仮想通貨市場全般の良い指標となります。

ビットコインの価格は2021年に乱高下を繰り返し、昨年11月には6万8,000ドルを超えて再び史上最高値を更新しましたが、2022年になると暴落してしまいました。

ビットコインの将来性
ビットコインの将来性

ビットコインと仮想通貨市場は、主に急激なインフレ、不安定な株式市場、金利上昇、不況懸念によって引き起こされた継続的なマクロ経済の不確実性の中で、今年は下落し続けています。ビットコインは昨年11月以降、価値の3分の2以上を失い、2022年の最後の四半期には17,500ドルまで落ち込んでいます。ビットコインが底を打ったのかどうかについては、専門家の間でも意見が分かれています。すでに底を打ったと言う人もいれば、2022年にビットコインが1万ドルまで下落する可能性があると言う人もいます。また、ビットコインが流行り始める前から、当該仮想通貨を長期保有していた人は楽観視している傾向があります。

ビットコインの将来はどうなるのでしょうか。ビットコインにとっては不安定な年となりましたが、専門家は依然として10万ドルを達成する、そしてそれは「もし」ではなく「いつか」の問題であると述べています。そんな中、ビットコインの過去の値動きは、今後何を期待すべきかのヒントを与えてくれるかもしれません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨の将来性 – まとめ

この記事を見ると、仮想通貨/ビットコインにはもう将来性がないのか?と思う人もいるでしょう。

しかし、仮想通貨の決済利用・開発・投資が世界規模で進んでいることから、長期的には仮想通貨の将来は明るいと考えられています。

「仮想通貨の冬」を迎えている今、FightOut、Dash 2 Trade、RobotEra、IMPT、Calvariaのようにプレセールとして堅実なプロジェクトに目を向けることが推奨されます。なお、最近は仮想通貨ゲームなども注目されているので、注意してみると良いでしょう。

最近では、メタバースとNFTを組み合わせたプロジェクトも注目を集めており、今後の発展が期待されています。またそれ以上にメタバースと仮想通貨の組み合わせも伸びてきています。このようなメタバースゲーム系などの新規プロジェクトが絶え間なく発展していることは、仮想通貨の将来性を考える上では、非常に頼もしいと感じませんか。

FightOut - 100倍の成長を見込む次世代のMove to Earn

OUR RATING

FightOutのロゴ
  • LBank LabsとTransakの全面支援!
  • ワークアウトで報酬を稼げる!
  • メタバースでレベルアップとコンテスト実施
  • プレセール中 100万ドル以上の資金調達に成功!
  • 現実世界でのコミュニティと触れ合える
FightOutのロゴ

Meta Masters Guilds - 新世代のブロックチェーンゲーム

当サイトの評価

MEMAGのロゴ
  • トップレベルのゲーム開発から支援あり
  • 現在、絶賛プレセール中
  • 発行枚数上限あり、ベスティングなし
  • NFTで遊べる!さらに報酬やステーキングあり
  • Solid ProofやCoinsniperによって承認済み
MEMAGのロゴ

よくあるご質問

仮想通貨に将来性はあるのか?

仮想通貨に将来性はないのか?

仮想通貨の価値はどうなるのか?

ビットコインに将来性はないのか?