仮想通貨 これから伸びる銘柄のバナー

仮想通貨は非常に価格の伸びが高い資産といえます。多くのプロジェクトの目標のひとつは、特定のセクターの現状を革新することです。そのため今後伸びる有望な仮想通貨を見つけられれば、投資家は今後数ヶ月または数年間、有利な立場にいることができるのです。しかし、言うは易く行うは難しで実際今後伸びるそしてこれから上がると思われるものや、仮想通貨の次に流行るものをピタリと探すのは簡単ではありません。

現在、仮想通貨は1万種類以上あり、どの仮想通貨が今後伸びる、これから来るのかを予想するのは非常に重要です。

この記事では、2023年これから伸びる仮想通貨の有望な銘柄を取り上げ、「仮想通貨 これから伸びる 2023年版特集」として紹介します。(「仮想通貨 これから伸びる 2023年版特集」から大幅アップデート済み)

さらに、その見つけ方を説明し、さらに仮想通貨の10年後を見据えたランキングで紹介していきます。それでは、次に来る仮想通貨の一覧をご覧ください。

仮想通貨これから伸びる2023年版今後リスト

以下、より詳細に見ていく前に、これから上がる、これから伸びるおすすめの仮想通貨をざっと紹介します。

仮想通貨 これから伸びる 2023年版特集」から新規で追加した銘柄もいくつかありますので、ぜひチェックしてみてください。

  • メタマスターズギルド – これから伸びる仮想通貨ゲームの筆頭
  • C+Charge – EVドライバーの報酬を提供する将来性のあるおすすめ仮想通貨
  • FightOut – 960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略する最高のMove-to-Earn
  • Dash 2 Trade – 2023年に投資すべきトップアルトコイン
  • RobotEra – 20倍越えが期待されるメタバースとNFTを融合させた新感覚ゲーム
  • IMPT – これから伸びると予想されるベスト仮想通貨
  • Calvaria – Crypto-Gamingの機能を持つトップアルトコイン
  • Tamadoge – これから来る2023年に上場予定の仮想通貨
  • Battle Infinity – 2023年、最高のPlay-to-Earnの仮想通貨
  • Lucky Block – 仮想通貨ゲーム界の中で最もニッチで今後伸びる仮想通貨
  • DeFi Coin – これから伸びる分散型取引所の主要コイン
  • Avalanche – Ethereumに代わる有効なブロックチェーンはこれから来る
  • The Sandbox – Play-to-Earnゲームの構築と展開を加速させる仮想通貨
  • Ethereum – No.1スマートコントラクトプラットフォーム(スケーラブルなProof of Stakeプロトコルに移行)
  • Enjin – NFTとゲーム内アイテムの取引におけるパイオニアはこれから来る
  • ApeCoin – 次に来る仮想通貨、大きな可能性を秘める人気の「ミームコイン」
  • Curve – 効率的なステーブルコイン取引を促進するために設計されたEthereum上の流動性プール

仮想通貨これから伸びる2023年版個別解説

これから来る仮想通貨となると、かなりの種類の中から調査をする必要があります。そこで、正確にリストを提供するために、先進性のある10年後を見据えたプロジェクトや、新しくIEO(取引所が間に入って資金調達を行う方法)、IDO(分散型取引所が間に入って資金調達を行う方法)の仮想通貨プロジェクトも含めて、次に来る仮想通貨を紹介します。  今回取り上げたプロジェクトは、いずれも先進的で大きく伸びる可能性があり、優れたチームと優れた実用性を持っています。

メタマスターズギルド|仮想通貨のこれから伸びる銘柄1

【これから伸びる仮想通貨ゲームの筆頭】

メタマスターズギルド ロゴメタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。熱中度の高い白熱のゲームプレイが楽しめるため、これから伸びる仮想通貨の筆頭として投資家から注目を集めています。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、仮想通貨業界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。また、MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供することで、プラットフォームのリピーター率を高めているようです。プレイヤーは時間が経つのを忘れるほどゲームに熱中することができ、結果としてより多くの報酬を獲得することができる仕組みとなっています。

メタマスターズギルド ゲーム

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのゲームが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取るゲームです。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

仮想通貨の今後を担う存在、MMGの詳細情報を知りたいという方は、テレグラの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

MEMAGの買い方はこちらを参照お願いします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

C+Charge|仮想通貨のこれから伸びる銘柄2

【EVドライバーが注目のこれから来る仮想通貨】

C+Chargeのホーム

2023年の最も将来性のある暗号通貨に選んだのは、報酬を提供し、EVの運転をより便利にさせ、化石燃料から電気自動車(EV)への切り替えを後押しすることを目指しているC+Chargeです。EVを題材にするなんて、次に来る仮想通貨の中でも異質な感じがすると思った人は多いのではないでしょうか。

CCHGトークンのプレセールはまだ始まったばかりで、トークンは0.013ドルで販売されています。プレセールの最終段階となる第4段階までに、トークンは80%増の0.0235ドルになる見通しです。伸び幅を見ても、これから来る仮想通貨銘柄です。

C+Chargeは、自動車を充電している間、ドライバーにカーボン・クレジットを報酬として提供することで、EV所有のインセンティブを高めることを目的としています。

カーボン・クレジットは、グリーン・プロジェクトに資金を提供することで二酸化炭素排出量を相殺できる許可証で、1クレジットが1トンの二酸化炭素に相当するものです。

C+Chargeのグラフ

C+Chargeは、Flowcarbonとの主要なパートナーシップを経て、Goodness Nature Token(GNT)の形でドライバーにクレジットを提供します。GNTは検証済みの炭素再生プロジェクトに1対1で支援され、Flowcarbonは、Samsung Nextやa16zなどの主要VC企業を惹きつける7000万ドル投資ラウンドを完了したところです。

また、このプロジェクトは、これまでほとんどが大企業の手に委ねられていたカーボンクレジットの所有権を民主化するものでもあります。例えばテスラは、炭素排出量の多い他の企業にカーボンクレジットを販売し、年間数十億ドルを稼いでいます。

C+Chargeのモバイルアプリは、カーボンクレジットを提供するだけでなく、電気自動車の運転を現在よりずっと便利で効率的にするためのものです。このアプリは、最寄りの充電スタンドのジオロケーター、料金情報、待ち時間、充電スタンドが実際に機能しているかなどの重要な情報を備えています。

化石燃料の自動車やトラックは地球を最も汚染するものの一つであり、EVへの転換は地球の気候変動との闘いにおいて重要な意味を持ちます。

C+Chargeは、DOXとKYCで検証されたチームを持ち、Perfect Solutions Turkeyと提携しています。

CCHGトークンのプレセールは始まったばかりで、最大供給量10億個のうち40%が販売される予定です。プレセールトークンには権利確定期間がなく、ハードキャップは660万ドルとなっています。興味のある方は、C+Chargeのホワイトペーパーを読むか、テレグラムグループに参加して、より詳しい情報を確認してみてください。

また、C+Chargeの買い方を解説した過去記事もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

プレセール開始日 12月16日
購入方法 ETH, USDT, Transak
プラとおフォーム Binance
最小購入額 なし
最大購入額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

FightOut|仮想通貨のこれから伸びる銘柄3

【960億ドルの健康&フィットネス市場でこれから来る仮想通貨】

FightOutの日本語ページ

健康&フィットネス業界は、世界の統計データを収集するStatistaによると2023年に960億ドルという巨額の市場規模を誇っていますが、その規模は近年伸び悩んでいます。そこで、Move to Earn (M2E : 動いて稼ぐ)アプリとジムクラブを融合したFightOutが、業界の火付け役となるかもしれません。

最大1億ドルという大規模な資金調達により、FightOutアプリ&ジムクラブはこの世界で最も注目される産業の一つをひっくり返そうとしているのです。FightOutは、これまで主流であったWeb2.0の仕組みを変革し、STEPNなどのプロジェクトで実装されているWeb3.0のM2Eの弱点を克服することを目標としています。

STEPNのようなM2Eプラットフォームは、ユーザーの活動を計測してフィットネス目標に対しアプリ内通貨で報酬を与えるというアイデアを広く普及させました。しかし、FightOutはこれから紹介する数多くの機能により、それら既存のM2Eより優れたプロジェクトになる可能性があります。

まず、FightOutは歩数だけでなく、ジム内にセンサーを置くなど、新しいテクノロジーを駆使しあらゆる形態のフィットネス活動を計測します。また、このプラットフォームを利用するにあたって高価なNFTを購入する必要はありません。

FightOutのM2Eは、単にフィットネスの目標を達成するためだけのものではなく、総合的に健康的なライフスタイルを送ることにより報酬を得ることを目的としています。

FightOutの男性アバター

プラットフォームの軸となるのはFightOutのスマートフォンアプリで、アプリではスマホやスマートウォッチによって身体的パフォーマンスを測定・追跡します。FightOutはサブスクリプションサービスで、アプリ内の2つのトークン($FGHTとREPS)は通常の通貨と同様、FightOutに登録するために使用することができます。

運動の報酬はREPSで獲得でき、パーソナルトレーナーやFightOut独自のコーチとの遠隔コンサルティング、グッズ、アバター用のコスメなどのあらゆるアプリ内商品やサービスを、REPSで買うことができます。

$FGHTは現在0.01665002ドル(1 USDT = 60.06トークン)で販売中で、最小購入額や最大購入額の設定はありません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Dash 2 Trade|仮想通貨のこれから伸びる銘柄4

【ダッシュ2トレード、トレーダーの為に、全ての概念を中央のプラットフォームに集約】

Dash2TradeのロゴICO コインには、その価値を決定する様々な側面があります。中央集権的な取引所でどのように取引されているか、プロトコルは何か、特定の国での採用率はどうか、クジラの活動(仮想通貨や株式の価格に直接影響を与えることができるほどの大きな資金と力を持つ個人または企業のことで、通常はネガティブな方法で影響を与えること)に関する力学などです。これらの指標はすべて、急速に変化する市場におけるトークンの概念に反映されます。

Dash 2 Tradeはダイナミックな市場で次のステップを踏み出すために、業界全体のユーザーが使用する多くの指標を提供します。以前は経費APIや専門家が作成する必要があった指標を、使いやすい単一のプラットフォームで提供しています。

Dash 2 Tradeのプレセール画面

多くの投資家たちが10月20日に開始したばかりのプレセールに早くから参加しようと急いでいて、開始後24時間以内で既に50万ドル(日本円で約7000万円以上)近くの資金を獲得しています。

ユーザーがD2Tのプラットフォームドを利用してトレードを上達させることで、Dash 2 Tradeとその仮想通貨であるD2Tトークンは、アルトコインNo. 1になることを目指しています。

Dash 2 Tradeのダッシュボードは多数の機能を取り揃えています。例えば、さまざまなデータポイントや推察力を活用して取引のシグナルを提供することで、ユーザーが購入するべきタイミングや、利益が得られる最適なタイミングを教えてくれる機能。他にも、ソーシャルメディアのセンチメントを追跡し、オンチェーン分析を使用することでユーザーの傾向を事前に把握してくれる機能などを備えています。

更にDash 2 Tradeは、バックテスターという戦略構築ツールを備えているので、トレーダーは資本を危険に晒さずにリアルタイムで取引戦略を試せるという特徴があるんです。これから上がる仮想通貨の予感を感じるなら、今がチャンスかもしれません。

※Dash 2 Tradeのプレセールは見事成功し、最終資金は総額15.42ミリオン米ドル(約10億円超)にも及びました。トークンであるD2Tは、現在取引所にて購入可能でこれから上がる仮想通貨と考えられているので、高騰しすぎる前に確保しておくことが得策でしょう。

Dash 2 Tradeの買い方など詳細が気になる方は、左記のリンクから確認しましょう。

RobotEra|仮想通貨のこれから伸びる銘柄5

【20倍越えが期待されるメタバースとNFTを融合させた新感覚ゲーム】

robotera japan

RobotEraはブロックチェーン技術を活用し、多彩な手段で収益を得られることができる興奮度の高いGameFiプロジェクトです。ヘッジファンドのLBank LabsのプロジェクトでもあるRobotyEraは、破壊された惑星Taroを再建することを重要ミッションとしています。

新メタバースとPlay to Earn(P2E)が融合したプロジェクト「RobotEra」は、大々的にリリースされ、暗号資産アナリストを熱狂させています。RobotEraは当サイトが購入すべき最高の新NFTプロジェクトとして選んだ一つですが、プレイヤーは単にゲームで報酬を得るだけでなく、エコシステムで複数の収益を得ることができるようになります。例えば、収益源にはNFTの所有権、メタバースの土地構築などがありますが、P2Eの要素を併せ持つ魅了的なプロジェクトだけに、プレイヤーが殺到することは間違いないでしょう。

仮想通貨の専門家やアナリストは、RobotEraをはじめとするGameFiトークンが2023年の弱気相場に耐え下落負けせず、まだ割安感があることから、このプロジェクトに多大な期待を寄せています。

ロボットNFT はゲームをプレイする上で欠かせない存在ですが、アップグレードやカスタマイズができるので魅力はさらに高まるでしょう。ロボットをゲーム内で使用することもできますが、オープンマーケットを利用して任意で 売却することもできます。

土地さえあれば、ゲーム内での行動範囲がが広がり可能性は無限に広がります。実際、RobotEraにはゲーム内にカスタムエディターが用意されており、プレイヤーは自分の好きなように土地を開発することができます。その他、博物館やコンサートなどの入場料や広告の販売などを通して収益化を図ることもできます。

ぜひ、RobotEraのホワイトペーパーをチェックして、Telegramグループに参加してみましょう。RobotEraの詳しい情報や気になるニュースなどが盛りだくさんですよ。次に来る仮想通貨やこれから上がる仮想通貨に備えましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

IMPT|仮想通貨のこれから伸びる銘柄6

【仮想通貨 今後の環境系銘柄、エコロジー重視必見】

IMPTは、カーボンクレジットの使用と、人々がカーボンフットプリント(商品の原材料の調達から、廃棄・リサイクルまでのサイクルの間に排出される温室効果ガスの総量)を削減する目的として作成されたプロジェクト。

革新的なソーシャルメディアプラットフォームを介して、カーボンクレジットの売買などを行うことが可能となります。このような特性は、これから来る仮想通貨に相応しいのではないでしょうか。

ブロックチェーン技術の使用により、透明性が高く定量化可能な炭素クレジットを提供。

IMPTはすでに10,000を超える世界の主要ブランドと提携し、その信頼性の高さも担保されています。

IMPTはまた、1211日に終了しプレセールで1900万ドル(約26億円)以上の資金調達に成功しました。今後IMPTトークンは1214日にLBankChangellyUniswapに上場しました。これから上がる仮想通貨の代表格です。

購入方法など更に詳しく知りたい方は「IMPTトークンの購入方法 – 初心者向け完全ガイド」に詳細が記されているので、こちらもあわせてご参照ください。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Calvaria|仮想通貨のこれから伸びる銘柄7

【仮想通貨 今後はゲームで成長すると見込むならこれ!】

Calvaria は、プレイヤーとエコシステムの参加者に、報酬として$RIAと$eRIAの2種類のトークンを提供する新しいカード獲得ゲームです。トーナメントで優勝したプレイヤーは、報酬としてeRIAトークンが与えられます。プレイヤーは、eRIAを使用して同じ強さのカードを組み合わせることで、より高いレベルのカードを新たに購入することも可能です。

Calvariaプレセール画面

投資家は今すぐ参加しないと、フェーズ1のプレセール中と同価格でRIAトークンを再び購入することはできません。現在RIAトークンの価格は$0.01ですが、フェーズ2のプレセールには価格が上がり、今後も上がり続けていくことが予想されます。

eRIAトークンはゲーム内で購入されたり、ゲームの報酬として使用されますが、一方でRIAトークンは、エコシステムの経済的安定性を保証しています。これを達成する方法の1つにステーキングが挙げられます。投資者は、自分のコインをステーキングすることでRIAトークンを利益として受け取れる仕組みになっています。

典型的な次に来る仮想通貨とは言い難いですが、こんな変わり種に備えておくのも良いのではないでしょうか。

皆さんもNFTコレクションは、ゲーム界の発展に大きな役割を果たしているのはご存知かと思います。購入にはeRIAトークンが必要ですが、取引税が0%なので、プレイヤーは気軽に購入できる様になっています。Calvariaは、更に今後もコインに機能を追加してトークンのユースケースを拡大することで、価値がこれから上がるはずです。確実に今後も発展していく注目のトークンとなっています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Tamadoge|仮想通貨のこれから伸びる銘柄8

【今後上がる仮想通貨?ミームコインファン必見】

Tamadogeのロゴ

DogecoinやShib Inuなどの人気ミームコインは、その人気の裏付けにより成功を収めることができましたが、最近はユーザーに実益を提供するミームトークンが増えてきています。Tamadogeはマルチユーティリティトークンで、2023年これから伸びる仮想通貨の1つであると言ってよいでしょう。価格だけでなく、人気もこれから上がる仮想通貨と言えるでしょう。

Tamadoge(TAMA)は、ユーザーがユニークなTamadogeペットを作成し、育て、競争することができる、近日公開予定のP2Eメタバースゲーム「Tamaverse」の中心となる通貨です。

ユーザーは、Tama StoreからTamadogeペットを購入することができます。各アイテムやペットはNFTとして鋳造され、固有のステータス、強さと弱さを持ちます。また、Tama Storeでは、ペットの餌や世話に必要なアイテムも販売されており、これらはTAMAトークンで購入することができます。

Tamadoge画面

TAMAはDogecoinと異なり、デフレ資産(通貨の価値が上がる)であり、最大供給量は20億トークンです。  投資家がTAMA Storeから商品を購入するたびに、全購入額の5%がバーンされ、30%がマーケティング目的に使用されます。残りの65%はP2Eプールに還元されるのです。

2023年第3四半期のTamadogeのロードマップの一部として、チームは他のメタバースパートナーとの提携を模索する方向で動いています。また、長期的なロードマップでは、ウェブ版と同様にP2Eのダイナミクスを維持したARアプリのリリースも視野に入れています。TAMAは2023年7月にプレセールを開始しました。プレセール後は、これから上がる見込みです。
最小投資額 1,000 TAMA (〜$10 + ガス代)
最大投資額 N/A
購入方法 ETH, USDT, デビットカード/クレジットカード(Transak経由)
チェーン イーサリアム
プレセール終了 2023年 3月

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Tamadogeはなぜ伸びるのか?これから来る理由を解説

仮想通貨への投資を検討しているリテールトレーダーは、大きなリターンを得られるという理由から、ミームコインに注目する傾向があります。Tamadogeは間違いなく魅力的なコインですが、このトークンには他にも多くの利点があります。

これから来る、あるいはこれから伸びる仮想通貨として推奨されるTamadogeを購入すべき理由を詳しく見てみましょう。

魅力的な報酬

Tamadogeというこれから来ると思われる仮想通貨が伸びる主な理由の1つは、このプロジェクトの魅力的なPlay to Earn (P2E) メカニズムです。これらの仕組みにより、利益を得られるだけでなく、このゲーム自身の親しみやすさが、投資家にとって魅力的なものとなっています。

これは、魅力的なコミュニティを構築する上で非常に重要であり、Tamadogeのチームは、初心者から経験豊かな投資家までが親しみやすいエコシステムを構築しています。さらに、報酬はTAMAで提供されるため、ゲーム内アイテムを追加購入することで、ユーザー体験を深めることができます。

DOGEのコミュニティを活用

2021年にShiba Inuを購入した人は、このコインのコミュニティの後ろ盾により大きな利益を獲得できました。そんな人は次に来る仮想通貨を嗅ぎつける不思議なパワーを備えているかもしれません。Shiba Inuはソーシャルメディア上で何百(何千とは言わないまでも)もの投稿を受け、トークンの価格が数週間のうちに1,200%以上急騰しました。

Dogecoinドージコインのロゴ

TAMAは、DOGEデザインのパワーを生かしたエコシステムとして、Tamadogeのチームは同様のことを実現しようとしています。TAMAの公式Twitterのフォロワー数は12,000人を超えており、すでにその効果は現れています。

メタバースとの連携

優れたメタバースプラットフォームの多くは、没入型体験が拡大傾向にあるため、恩恵を受けています。Tamadogeのチームは、様々なコミュニティのニーズに応えるため、「Tamaverse」と呼ばれる独自のメタバースプラットフォームを立ち上げる計画を持っています。

また、Tamadogeのペットは3Dモデルとしてレンダリングされるため、既存のメタバースプラットフォームへの移行も可能です。まだ提携は発表されていませんが、このコンセプトは魅力的で、プレイヤーとペットの絆がより深まることは間違いありません。

説得力のあるロードマップ

長期的なTamadogeの価格は、プロジェクトのロードマップに大きく影響されるでしょう。幸いなことに、Tamadogeのロードマップは非常にエキサイティングで、投資家に大きなリターンをもたらす可能性のある数々のプランがあります。

今後、他のメタバースプラットフォームとの提携、CEXへの上場、P2Eアーケードゲーム、報酬、さらにはARアプリの投入などを計画しています。

TAMADOGE NFTとトークン説明画面

NFTとの融合

最後に、ペット(およびゲーム内アイテム)はすべてNFTとして構成されているため、NFTに投資したい人はTamadogeのエコシステム内で投資することができます。NFTはTamadoge Storeを通じて取引することができ、TAMAが基軸通貨として機能します。

また、ペットのアクセサリーやフードなど、様々なアイテムを販売する予定です。また、「Tamadoge」ペットを買い増すことも可能で、一人当たりの保有数に制限はありません。そのため仮想通貨やメタバース銘柄、NFTを購入したことのないこれから来る仮想通貨に興味のある初心者にとって良心的と言えます。ただし、イールドファーミングには向いていないかもしれないので、投資の位置づけには注意しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2023年上場予定の仮想通貨「Tamadoge」 – ベータ版プレセール実施中
  • TAMAのベータ版プレセール終了間近 – 2023年9月2日までです。
  • TAMAの価格はプレセール終了後、25%上昇する見込みです。
  • 一般プレセール期は2023年3月までです。
  • TAMAのベータ版プレセール価格は、わずか1セント(つまり0.01ドル)。100ドルで10,000TAMAを購入できます。
  • プレセールで購入できれば、TAMAが2023年3月までに中央集権型仮想通貨取引所に登場した後に、投資家が高値でコインを買う必要が無くなります。
Tamadoge – 次に来る仮想通貨高いセキュリティを備えている
  • セキュリティ対策は万全で、TamadogeのプラットフォームはCoinsniper社がKYCを実施しています。
  • TamadogeのスマートコントラクトはSolid Proof社の監査を受けています。
最大投資額 1,000 TAMA (〜$10+ガス代)
最大投資額 N/A
購入方法 ETHまたはUSDTなら数分、法定通貨なら数十分。
ブロックチェーン イーサリアム
ベータ版セール終了 2023年9月2日
プレセール終了 2023年 3月

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Battle Infinity|仮想通貨のこれから伸びる銘柄9

【今後伸びる仮想通貨 – Battle Infinity】

Battle Infinityロゴ

Battle Infinityは、メタバース業界で投資すべき最高の仮想通貨になるために必要なすべての機能を備えており、開発者のロードマップには、今後伸びると考えられるようなさらなるエキサイティングな計画も記されています。このことを念頭に置いて、Battle Infinityがこれから伸びる主な理由を探ってみましょう。これから来ると言えるにも納得いただけるでしょう。

次に来る仮想通貨は大きなリターンの可能性

投資家がBattle Infinityという仮想通貨が伸びると予想する主な理由の1つは、IBATが提供できる潜在的なリターンです。新しい仮想通貨プロジェクトにおいて初期段階で購入すれば、トークンは最も下落リスクが少なく、最も利益を享受できる傾向があります。従って、これから来る傾向を備えた仮想通貨と予想できるので、注目に値するでしょう。

その後、コインが主要な中央集権型取引所であるCEX(例:Binance)に上場すると仮定すれば、かなりのリターンを得られる可能性があります。次に来る仮想通貨の条件としては、大きなリターンは必須ですよね。

大きな報酬ゲットのチャンス

Battle Infinityは、ユーザーが収入を得るためのさまざまな方法を提供しており、最高のPlay to Earnゲームの1 つになる素質を備えています。中でもIBATプレミアリーグは、スポーツファンがファンタジーチームを結成し、選手の実際の成績に応じてポイントを獲得できる魅力的なものです。

Battle Infinityロゴ

最高得点を獲得したチームには、IBAT建ての報酬が与えられます。また、IBATはBattle Swap機能により他のトークンと交換することができるため、ゲーム内の報酬を現実の商品やサービスの購入資金に充当することも可能です。

NFTの融合

NFT市場はここ数カ月で沈静化しましたが、これらの資産には、ブロックチェーンベースのゲームに不可欠なさまざまなユースケースがあります。Battle Infinityのゲーム内アセットはすべてNFTとして構成されており、ユーザーは完全に所有権を保持することになります。これはまた、Battle Marketを通じて取引できることを意味しており、所有者はNFTの価値の上昇から利益を得ることができます。

スポーツファンを惹きつける魅力を備えた次に来る仮想通貨

最後に、Battle Infinityのファンタジースポーツリーグは、ブロックチェーンゲームに関わることに興味を持つスポーツファンに魅力的でしょう。スポーツとその選手について深い知識を持つプレイヤーは、チームを作ってリーグに参加することで、収益化することができます。選手はNFTとして構成されているため、ゲームで成功することによって報酬を得られる一方、現実世界のパフォーマンスによって価格上昇の恩恵を受ける余地があります。

IBATトークノミクス

活発なコミュニティの一員へ

多くの優れたメタバースNFTプロジェクトと同様に、この成長中の仮想通貨は、ユーザーが他のユーザーと出会い、交流するためのプラットフォームを提供しています。このような交流は、新型コロナウィルス(COVID-19)の大流行以来、より一般的になっていますが、Battle Infinityは、ユーザー同士がチームを組んで一緒にプレイすることを可能にし、この流れをより活発にしています。

エコシステムの成長に伴い、ユーザーはコミュニティ形成のために追加機能を利用することができます。最も顕著なものの1つは、仮想の土地を購入する機能で、他のユーザーに貸し出したり、広告スペースとして使用したりすることができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Lucky Block|仮想通貨のこれから伸びる銘柄10

【ギャンブル一体型の今後上がる 仮想通貨として注目】

LBLOCKのロゴ

Lucky Block は簡単に言えば革命的な「仮想通貨ゲーム」プラットフォームであり、ユーザーに驚くような体験を提供することを目指しています。

最も過小評価されている仮想通貨の一つであり、仮想通貨冬の時代に購入するトークンとしては期待できます。Lucky Blockはバイナンススマートチェーンの力を活用し、より公正で透明性の高いプロセスを提供しています。Lucky Blockのプラットフォームはブロックチェーン上で運用されているため、発生したすべての取引は公開台帳を通して見ることができます。これにより、不正が発生する可能性を低減(除去)するだけでなく、コンペティションの勝者が明確であることを保証してくれます。

Lucky Blockの画面

仮想通貨「Lucky Block」はなぜ伸びるのか?

ビットコインを購入するときと同様に、今後伸びる仮想通貨「Lucky Block」への投資を検討する理由は数多くあります。以下でご紹介するのは、今年LBLOCKを所有する主な5つの利点です。ユニークなポイントが多数あるので、これから来る仮想通貨と予想できるのも納得いただけるでしょう。

宝くじ業界に革命を起こす

以前にも触れましたが、Lucky Block プラットフォームの基盤は、現在の宝くじ体験の革新にあります。すでにメディアの注目を集めており、Lucky Blockの Telegramグループには現在45,000人以上のメンバーがいます。この側面から、世界中の人がこれから来る仮想通貨であると認識していることが伺えます。

今後の取引所上場予定

LBLOCKのPancakeSwapへの上場後の数週間で見せた大幅な価格上昇は、さらなる取引所上場への道を開いたと言えるでしょう。Lucky Blockの開発チームは、Binance、仮想通貨.com、FTXなど、最高の海外仮想通貨取引所への上場申請に照準を定めています。

7月25日にLBLOCK v2がLBankに上場したように、このような上場はすでに始まっています。しかし、LBankはHODLコインも上場しています。さらに、LBLOCKは8月1日からMEXCにも上場され、今後5~6社のCEXへの上場が予定されています。次に来る仮想通貨と世間にもてはやされるのも、時間の問題でしょう。

エキサイティングな今後伸びる計画

Lucky Blockという仮想通貨が伸びるもう一つの理由は、開発チームの優れたロードマップと、最高のステーキングコインの1つとしての強い存在感です。ロードマップはLucky Blockのウェブサイトで紹介されており、Lucky Blockグッズの発売や大規模な資金調達イベントの開催など、数々の魅力的なプランが詳述されています。また、今後はメタバースへの組み入れも計画されています。こういった時代を先取りしている点は、これから来る仮想通貨として非常に有望といえます。

不労所得の可能性

Lucky Blockアプリに接続された仮想通貨ウォレットにトークンを保管するLBLOCKホルダーは、定期的に支払いを受けることができます。興味深いことに、これらの支払い額は、宝くじの参加者数に直接相関しています。つまり、Lucky Blockのプラットフォームが拡大すればするほど、LBLOCK保有者はより多くの受動的収入を受け取ることができるのです。さらに、Lucky Block の最近のプレスリリースでは、保有者はトークンに対して年率約 19.2% の利回りを受け取ることができると推定されており、これは従来の銀行の普通預金よりもはるかに高い利回りです。

デフレの要素

Lucky Blockのトークンは、その一部が定期的に「バーン(供給量を減らす)」される仕組みになっています。LBLOCK保有者がトークンを売却する際には12%の取引手数料が発生するため、手数料の合計1%がバーンされ、消えてなくなります。最終的に、これは時間とともにLBLOCKの総供給量を減らし、残りのトークンを希少なものにします(デフレ)。需要と供給の法則によれば、これは必然的にLucky Blockの価格を押し上げることになります(需要が変わらないか、増加すると仮定した場合)。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

DeFi Coin|仮想通貨のこれから伸びる銘柄11

【仮想通貨 これから伸びるのはDiFi系と見るなら、これ!】

DeFi Coinのロゴ

DeFi Coinは2023年これから伸びる仮想通貨なのでしょうか?この仮想通貨は、バイナンススマートチェーンの上に構築された仮想通貨です。先行き不透明な10年後を見据えると、DeFiのリスク分散は非常に魅力があるのではないでしょうか。このユーテリティトークンは、仮想通貨を中心とした様々なサービスを提供する分散型取引所であるDeFi Swapのエコシステムで基軸通貨として使用されます。

「DeFi Coin」という仮想通貨が伸びる、これから来る理由とは?

何百ものDeFiトークンが購入・保有可能であるため、どの仮想通貨が伸びるのか、また一般的にDeFiへの投資をどのように行えばよいのかを把握するのには時間がかかります。DeFiエコシステムは比較的新しい通貨であるため尚更です。

そのため、以下のセクションでは、長期的な投資ポートフォリオのために、次に来る仮想通貨の一つと予想できるDeFi Coinを購入すべき主な理由を説明しています。

DeFi Swapのロゴ

分散型取引所は先進性に満ちている

多くの市場関係者は、分散型取引所(DEX)がいずれBinanceやCoinbaseのような中央集権型のプラットフォームに取って代わると予想しているようです。

仮想通貨が分散型であるならば、交換プロセスも分散型であることが理にかなっているのです。こういった点で、投資目的としてもこれから来る仮想通貨と推測できます。

  • DeFi Swapは、革新的かつシンプルなプラットフォームにより、ユーザーが仲介業者を通さずに仮想通貨を交換することを可能にします。
  • その代わり、すべてのスワップは、基盤となるスマートコントラクトによって実行されます。
  • しかし、DEXはまだ発展途上であり、特に取引量は中央集権型取引所と比較しても非常に少ないということに注意が必要です。

しかし、これはメリットでもあり、業界がまだ若いうちにDeFi Swapのような新進気鋭のDEXに触れることができるのです。そして、ひいてはDeFi Swapが成長し続けることで、DeFi Coinの価値にも大きな好影響を与える可能性があるのです。

ローコストトークン

DeFi Coinを購入するもう一つのメリットは、ローコストの仮想通貨であることです。つまり、少ない資金でも、大量のトークンを購入することができるのです。次に来る仮想通貨は、リターンだけでなくコストにもアドバンテージを兼ね備えているというわけです。

例えば、執筆時点では、1BNBで727DEFCトークンが手に入ります。為替レートで換算すると、1枚のDeFi Coinが1トークンあたり約0.45ドルで取引されていることになります。つまり、100ドルで45枚のDEFCトークンを手に入れることができるのです。

それに比べ、多くの仮想通貨は現在、数千ドルで取引されています。このシナリオでは、少額の投資では1トークンも購入できない計算になります。

時価総額の小ささ

賢い投資家は、時価総額が小さい仮想通貨を好みます。そうすることで、将来的に大きな上昇を手にすることができるのです。

DeFi Coinの場合、執筆時点で5,000万ドル以下の時価総額で取引されています。したがって、このプロジェクトの成長性がまだ非常に高く、この仮想通貨はこれから成長していくでしょう。

短期トレーダーの意欲を削ぐ仕様

先ほど、売買のたびにDeFi Coinのスマートコンタクトから10%の税金が差し引かれることをお伝えしました。

例えば、こんな感じです。

  • 例えば、トレーダーが10,000ドル分のDEFCトークンを売ったとします。
  • このうち、10%が課税されます。
  • つまり、投機家は9,000ドルを受け取ることになります。
  • 残りの10%は、プロジェクトの流動性プールとともに、既存のDEFC保有者に分配されます。

さて、ご存知のように、短期トレーダーは取引回数を重ねて利益を得ようとします。しかし、10%が課税されているため、DeFi Coinの取引では、そのプロセスが成り立たなくなってしまうのです。

その代わり、DeFi CoinはDEFCトークンを長期的に保有する長期投資家に魅力的なのです。つまり、DeFi Coinの経営陣は、不安定で乱高下をする値動きとは対照的に、ゆっくりと着実な成長を好む傾向にあるのです。

定期配当収入

前述の通り、DEFCの取引には10%の税金がかかります。このうち半分が配当として既存のトークン保有者に分配されます。

  • 例えば、1万円の取引をした場合、1,000円がDeFi Coinのエコシステムに税金として徴収されることは先に述べたとおりです。
  • つまり、1回の取引で500円がDeFi Coinの保有者に分配されることになります。
  • したがって、仮にDeFi Coinの供給量の1%を所有すると、500円の配当報酬を受け取ることになるのです。

DeFi Coinの1日の取引量が増えれば、この配当金はあっという間に増えていきます。そのため、長期的にDeFi Coinを保有するとインセンティブが働きます。安定性も備えてる点で、これから来る仮想通貨の素養があることが伺えます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Avalanche|仮想通貨のこれから伸びる銘柄12

【仮想通貨 これから伸びるのはマルチバース系と見るならこれ】

Avalancheは、スケーラビリティに独自のアプローチを採用したブロックチェーンネットワークであり、仮想通貨空間内の現在の「勝者」であると言っても過言ではないでしょう。標準的に1つのブロックチェーンを使用する代わりに、Avalancheは3つの独立したチェーンを使用します。各チェーンは特定のタスクに使用され、Avalancheは1秒間に最大50,000件のトランザクション(TPS)を処理することが可能です。

これは、イーサリアムの非常に高いガス代にうんざりしているdApp開発者の注目を集めました。Avalanche Consensus Protocolを使用することで、ネットワークは高いスケーラビリティを維持しながら、より安価な取引手数料を提供することができます。

AvalancheのネイティブトークンはAVAXで、ネットワーク料金の支払いやステーキングに使用されます。AVAXをステーキングしてネットワーク・バリデーターになる人は、最大10%のAPYを得ることができ、これは従来の銀行セクター内で提供されるレートよりもはるかに高いものです。全体として、AVAXの価格は昨年の水準から大幅に下がっていますが、専門家によれば、この仮想通貨は先進的でこれから来る、伸びるとされています。

AVALANCHEの画面

The Sandbox|仮想通貨のこれから伸びる銘柄13

【メタバースで仮想通貨 今後がワクワク!上がることも十分あり得る】

Sandboxプラットフォームは、プレイヤーがNFTとユーティリティ・トークンSANDを利用して、自分の活動を創造、所有、収益化することができるエコシステムです。NFTは、事実上、所有権のデジタル証明書です。

プレイヤーはNFTを利用して、デジタル資産に検証可能な所有権を割り当て、ゲームに組み込んだり、マーケットプレイスで取引したりすることができます。The Sandboxはゲームメーカーなどのツールを提供し、プレイヤーが楽しむことを可能にします。このような斬新な特徴は、次に来る仮想通貨として勘定するのに最適ではないでしょうか。

また、The Sandboxの仮想世界(メタバース)は、LANDトークンで購入できる不動産で構成されており、プレイヤーはデジタル不動産の開発者となり、他のプレイヤーと交流することができます。

FacebookのオーナーであるMetaなどの企業は、人々が働き、遊び、交流し、買い物をする、インターネットの次の世界としてのメタバースに大きく賭けており、そこにはお金が集まっています。

ラッパーで実業家のスヌープ・ドッグのThe Sandbox上の「家」に隣接する仮想の土地の一画に、最近、見知らぬ買い手が45万ドルを支払ったのです。ラッパー界のトップに君臨するスヌープドッグも次に来る仮想通貨と認めたのなら、なんだか信じたくなりませんか?

The Sandboxは、トレーダーがメタバースに投資できる上、これから伸びる優れた10年後を見据えると期待できる仮想通貨です。これから来る系を狙っている仮想通貨ファンには、夢をみさせてくれる代物です。

Sandboxの画面

イーサリアム|仮想通貨のこれから伸びる銘柄14

【イーサリアム上のスマートコントラクトが仮想通貨 今後のニューウェーブ】

イーサリアムは、ビットコインの次に来る仮想通貨であり、ここ数年でブランド力を高めている仮想通貨で、ブロックチェーンネットワークが世界中の分散型アプリケーション(dApp)開発者の御用達になっていることから、もはや詳しく紹介する必要はないでしょう。イーサリアムのネットワークは、そのスマートコントラクト機能により、これらのアプリケーションの基盤を提供します。このスマートコントラクトは、特定の取引から仲介者を排除し、プロセスを完全に分散化させます。イーサリアムのユースケースとこれまでの暴騰を考慮すると、これから注目を集めていく仮想通貨の一つと言えるでしょう。

イーサリアムのガス代は何ヶ月も高額だと批判されてきましたが、近々リリースされる「Ethereum 2.0」のおかげで希望が見えてきたかもしれません。このアップグレード(Ethereum マージ)は、早ければ2023年8月に実施される予定で、Ethereumは「Proof of Stake」プロトコルに移行する予定です。これにより、そのブロックチェーンのスケーラビリティが大幅に向上し、手数料も削減されます。このアップグレードが実現すれば、イーサリアムを購入する人が今まで以上に増えるかもしれません。

イーサリアム(ETH)の価格チャート

Enjin|仮想通貨 これから伸びる銘柄14

【拡大中ゲームコミュニティーで仮想通貨 これから伸びる!】

Enjin コインは、ゲームに特化したメタバース関連の仮想通貨で、トークンをゲーム内のアイテム購入のためのデジタル資産として利用することに特化しています。Enjinは「オンライン最大のゲームコミュニティプラットフォーム」を目指しており、すでに25万のゲームコミュニティと合計1,870万人のゲーマーが参加しています。

Enjinの開発チームはNFT分野のイノベーターであり、彼らが発明したトークンは、特殊なNFTのためのイーサリアムトークン規格であるERC-1155として承認を得ています。

Enjinは、The Sandboxと同様に、ゲームへの統合を加速するため、開発者向けにソフトウェア開発キット(SDK)を配布しています。

Enjinの画面

ApeCoin|仮想通貨のこれから伸びる銘柄15

【NFT界の重鎮、仮想通貨 今後はNFTにかけたいならコレ!】

ApeCoinは、その名の通り、市場で最も高価なNFTの1つであるBored Ape Yacht Clubと密接に関連するERC-20トークンです。BAYCの作者はApeCoinプロジェクトに直接関与していませんが、このトークンはNFTコレクションの代名詞となっており、今後予定されているメタバースプロジェクト「Otherside」でも使用される予定です。

2023年3月にApeCoinがリリースされたとき、BAYC保有者にエアドロップされ、これは実質的に無料で提供されるに等しいものでした。NFTコレクションの人気のおかげで、個人投資家がトークンを買ったため、APE価格はすぐに急上昇しました。

しかし、APEの価格は、このコインのユースケースがあまり無いため、3月の高値から下落しています。ApeCoinはBenji Bananasのような特定のブロックチェーンベースのゲームに実装されており、ある程度の実用性を提供しています。とはいえ、BAYC(とApeCoin)が持つ巨大なコミュニティのバックアップにより、専門家によれば、この仮想通貨は今後伸びる可能性が高いとのことです。今後上がる 仮想通貨を追っている人は、すでにチェック済みかもしれませんが、再確認をお願いします!

Ape Coinのロゴ

Curve|仮想通貨のこれから伸びる銘柄16

【仮想通貨 これから伸びる銘柄、最後のノミネートでも今後に期待!】

Curve protocolは、分散型金融(DeFi)分野で急成長してきた企業です。当初、安定したコインの流動性を活用し、より安定した利回りを作ることに重点が置かれていました。Curveの市場にはオーダーブックがなく、代わりにマーケットメイキングは流動性プールの取引ペアを中心に構築されています。

現在では、Curveはイーサリアム以外のブロックチェーンで稼働するいわゆるラップトークンなど、ペッグ価値(価値が下がったり、乱高下したりしない)を持つあらゆるコインを取引する場へと拡大しました。

Curveは分散型取引所(DEX)でスワップ可能なペアに122種類の流動性プールを持ち、その競争力のある取引手数料、高い流動性、スリッページの低減などを特徴としています。

2023年以降、今後伸びる暗号資産の購入方法例(D2T

Dash2Tradeのロゴ

これから伸びる仮想通貨を購入する方法を考えているのであれば、先進的な暗号資産が多く取引されている中央集権型取引所が良いでしょう。当サイトで推奨しているの仮想通貨取引所はこちらです。

Dash2Tradeはまだプレセール真っ最中です。これは、これから伸びる仮想通貨に初期の段階で入っておきたいと考えている投資家にとって良いニュースです。D2Tは2023年に上場予定の仮想通貨で、分散型取引所や中央集権型取引所ではまだ購入できません。しかし、D2Tのオンラインプラットフォームから直接入手することができます。

これから伸びる10年後も期待できるの仮想通貨「D2T」の購入は、5つの簡単なステップで可能です。

ステップ1 – 仮想通貨ウォレットのセットアップ

MetaMaskウォレットは、あらゆる種類の仮想通貨(新しいコントラクトアドレスを持つ新しい仮想通貨を含む)に対応できるため、D2Tの購入に適したウォレットと言えます。

MetaMaskの画面

ステップ2 – イーサリアム(ETH)またはテザー(USDT)の購入

イーサリアムETHのロゴ

D2Tが中央集権型取引所で発売されると、投資家やプレイヤーはDash2Tradeプラットフォームで法定通貨を使って購入できるようになります。それまでは、メジャーな仮想通貨のイーサリアムやテザーを使ってD2Tトークンを購入することができます。

Dash2Tradeは、D2Tを購入するために、ユーザーが最低15ドルのいずれかの仮想通貨をウォレットに持つことを推奨しています。USDTまたはイーサリアムを購入する方法はたくさんあります。

それ以外の場合、Metamaskのユーザーは、ウォレット内からさまざまなサードパーティプロバイダーからイーサリアムを購入したり、他の場所からインポートしたりすることができます。

ステップ3 – ウォレットをDash2Tradeプレセールプラットフォームにリンク

MetaMaskの画面

ステップ4 – 「Dash2Trade(D2T)」の購入

  • 希望するD2Tの数を入力(最低取引数は1,000D2Tです。)
  • 100ドルで10,000D2Tを購入
  • 「ETHを変換する」または「USDTを変換する」をクリック
  • 取引内容を確認

ステップ5 -Dash2Tradeの請求(2TD)

2023年にDash2Tradeのプレセールが終了すると、投資家はD2Tを受け取ることができます。

MetaMaskウォレットをお持ちの方は、以下のコントラクト情報を使って、すぐにD2Tを確認ができるようプログラムすることができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2023年、これから伸びる仮想通貨の今後について総まとめ

仮想通貨市場は、株や外貨以上に世の中の事象が値動きに大きく影響することがあるものなので、今後の投資には注意が必要です。ただし、その特徴はネガティブな面だけでなく、ポジティブな面でも作用します。

仮想通貨の今後の注目銘柄が影響力のある投資家の目に留まり、サポートを受けるようなことがあれば、10倍はたまた1000倍の仮想通貨になることだってあり得るのです。

WEB3.0仮想通貨の価格がいつ本当に底を打つのか、もし現在の動きが単なる弱気市場の綾戻しで、ビットコインが新たな安値をつけるのか、といった話題が多く聞かれるようになりました。仮想通貨暴落時にはあからさまな目減りが気になって仕方ない人が多いのは理解できることです。

そんな時にこそ当サイトで紹介している以下の特集リストは、毎年良い評判いただいているので、お役に立つはずです。今後の仮想通貨の投資には、日本国内では得られない情報がカギを握っています。当サイトでは、独自の世界中につながるネットワークを駆使して得た情報を惜しみなく紹介しているので、今後上がる仮想通貨の種類を見つけるのに最適です。

  • 「仮想通貨 これから伸びる 2023年版特集」
  • 「仮想通貨 これから伸びる 2022年版特集」
  • 「仮想通貨 これから伸びる 2021年版特集」
2023年に上場予定の仮想通貨で、全体的にこれから来る仮想通貨として、FightOutをお勧めします。また、もう一つのこれから伸びる新たな仮想通貨として、Dash 2 Tradeが最適です。プレセールICOIDOは弱気な市場環境でもうまくいく傾向があります。これら2つの仮想通貨は、複数のユースケースを提供し、プレイヤーにそれぞれのプラットフォームでメタバースゲーム内仮想通貨の報酬を得る機会を与えてくれる、先進性のあるプロジェクトです。

なお、DAOという体制でプロダクトが開発されているケースが多く見られ、若年層から指示を集めているので、DAO仮想通貨関連はこれからも期待できそうです。

また、これから伸びる仮想通貨である「Tamadoge」や「Battle Infinity」も検討してみてください。特に最近は仮想通貨ゲームは注目されています。NFTゲーム新作タイトルのプロジェクトからネイティブコインが発行されるなど、このような通貨は増えてきています。その中には、今後爆上げの仮想通貨になると予測されている銘柄もあるくらいです。

FightOut - 100倍の成長を見込む次世代のMove to Earn

OUR RATING

FightOutのロゴ
  • LBank LabsとTransakの全面支援!
  • ワークアウトで報酬を稼げる!
  • メタバースでレベルアップとコンテスト実施
  • プレセール中 100万ドル以上の資金調達に成功!
  • 現実世界でのコミュニティと触れ合える
FightOutのロゴ

Meta Masters Guilds - 新世代のブロックチェーンゲーム

当サイトの評価

MEMAGのロゴ
  • トップレベルのゲーム開発から支援あり
  • 現在、絶賛プレセール中
  • 発行枚数上限あり、ベスティングなし
  • NFTで遊べる!さらに報酬やステーキングあり
  • Solid ProofやCoinsniperによって承認済み
MEMAGのロゴ

仮想通貨 これから伸びる 銘柄- よくある質問

これから伸びる仮想通貨はどれ?

2023年これから伸びる仮想通貨は?

2023年に上場が予定されている仮想通貨は?