仮想通貨おすすめランキング

仮想通貨 おすすめ銘柄とは、当該プロジェクトやチームが信頼に値する仮想通貨、あるいは価格の面で将来高騰が期待できる仮想通貨、または有用性に長けた仮想通貨銘柄です。

昨今は、何千もの仮想通貨ブランドがあるので、どのおすすめの仮想通貨を選べばいいのか迷っている方が非常に多いようです。大抵の仮想通貨初心者の方は、「どれがいいかな、今買うべき仮想通貨なにか」と途方に暮れているでしょう。

当サイトでは、さまざまな仮想通貨に対して、ブロックチェーン関連の技術力、プロジェクトのレベルや実行力、トークンの有用性、そしてマーケティング力等を基準に、中立的な立場で評価しています。

このような客観的な分析に基づいて、最新の仮想通貨おすすめランキングを作成しているので、信頼に値する情報となるでしょう。

また、今後の仮想通貨 おすすめに対する選び方や、仮想通貨の狙い目銘柄の中でさらに有望なものや、おすすめの仮想通貨取引所3選も後のセクションで紹介しています。

適宜、必要な情報を併せて確認することをおすすめします。

  • イーサリアムL2発!最新PEPEミーム
  • ステーキングで高利回りの受動的収入!
  • 元祖ぺぺコインを再現!独自エコシステムを構築
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
ミーム通貨
  • MGMESトークン購入で、ミーム界のパリ五輪に参加
  • GameFiイベントに勝利すると、ボーナス報酬あり!
  • ボーナス報酬はスマートコントラクト請求&ステーキング
プロジェクトローンチ
2024年7月
メタ
ミーム通貨
  • アップグレード可能!AI搭載の犬系ミーム通貨
  • ローンチ開始から高利回りのステーキング報酬!
  • 2日おきにプレセール価格上昇!格安購入するなら今
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン、ステーキング
  • プレイ・トゥ・アーン×たまごっち風ドージミーム
  • 2024年夏注目!40ステージのセールで利益ゲット
  • プレセール終了後、バイナンス上場予定か
プロジェクトローンチ
2024年5月
メタ
ミームコイン、P2E
  • 西部劇にインスパイアされた柴犬ミーム最新銘柄
  • 友人紹介プログラムでボーナス報酬を獲得!
  • ステーキングで最大2000%超の利回りを提供中
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン
  • Baseチェーン発!最新のマルチチェーン犬系ミーム
  • ステーキング報酬あり、シェアして稼げる新機能が◎
  • コンテンツシェアでポイント獲得、DAWGZと交換
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
Share-to-Earn、ミームコイン
  • 業界初!カジノゲームの結果に基づくデイリー報酬
  • DICEトークン紹介でアフィリエイト収益25%
  • カジノプレイヤーにエアドロップ報酬225万ドル超
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
GameFi
  • 学んで稼げる!最新の"Learn-to-Earn"プロジェクト
  • 99BTCトークンのステーキングで受動的報酬を獲得
  • 専門家の暗号取引シグナルで優位に立つ
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn-to-Earn
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ合計額2500万ドル超
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ミームコイン

2024年注目の仮想通貨おすすめ銘柄ランキング一覧

おすすめ仮想通貨の詳細に見る前に、2024年のおすすめ 仮想通貨ランキングを一覧形式でご紹介します。他のメディアではまだあまり取り上げられていない、珍しいおすすめ仮想通貨も取り上げています。

それもそのはず、当サイトは、世界規模で仮想通貨業界を研究しているため、このような海外の注目銘柄を紹介できます。情報のエッジーさが、当サイトの魅力ですので、見逃しのないようご確認をお願いします。当サイトの仮想通貨おすすめ銘柄は以下のとおりです。もし知らない銘柄があれば、後続のセクションにて、詳細をぜひチェックしてみてください。

  1. Pepe Unchained – ペペのミームパワーとレイヤー2技術を融合、高速取引と高報酬ステーキングで注目を集める新星
  2. The Meme Games – パリオリンピックの興奮をミームコインで体験できる
  3. WienerAI – AI系おすすめ仮想通貨!犬系ミームの流れも継ぐ将来性ありの最新銘柄
  4. PlayDoge – ゲームで稼ぎながらステーキング報酬も得られる将来性がある仮想通貨
  5. Shiba Shootout – 友達紹介で報酬が得られるなど、コミュニティの成長を促進するミームコイン
  6. Base Dawgz – クロスチェーンの相互運用性があるおすすめ仮想通貨
  7. Mega Dice Token – オンラインギャンブルを牽引するおすすめ仮想通貨カジノ
  8. 99Bitcoins – 学んで稼ぐ(Learn 2 Earn)をコンセプトにした新しいおすすめ仮想通貨
  9. Sponge V2 – 100倍上昇を達成した「スポンジボブトークン(SPONGE)」続編となるおすすめ仮想通貨

なお、以降のおすすめ仮想通貨ランキングは、知識が少なくても読みやすいように配慮しています。

中には、仮想通貨取引所に上場前、つまりセール実施中のおすすめ仮想通貨も紹介しているので、お見逃しなく!きっと、仮想通貨の次に流行るものを探しているような人には、興味深いものとなるはずです。

金融庁によると、仮想通貨という表記よりも、暗号資産と記す統一しているようですが、当記事は既に認知度の高い「仮想通貨」と表記します。そして、投資で得た利益は、一定以上になると、税金を納めるように国税庁によって定められているので、法律に基づいた投資活動を行いましょう。

おすすめの仮想通貨 ランキング|上位銘柄を個別レビューで解説

数ある仮想通貨から今後投資に値する注目の銘柄を選定するためには、膨大な時間と労力を要するものです。当おすすめ仮想通貨ランキングでは、弊社の厳正な評価基準のふるいにかけた、おすすめ仮想通貨のみを紹介します。

さらに、仮想通貨について、あまり詳しくない方でも、理解しやすいように丁寧に詳細を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、当おすすめ仮想通貨 ランキングの特徴は、未来に焦点を当てた先進性のある仮想通貨 今後のおすすめプロジェクトかつ、新しいIEOIDO仮想通貨プロジェクトを優先してご紹介している点です。

Pepe Unchained|仮想通貨のおすすめ1位

ミームコイン市場が盛り上がる中、Pepe Unchained(PEPU)がプレセール開始から数日で20万ドル以上を調達し、注目を集めています。

Pepe Unchainedのおすすめポイントはこちらです。

  • イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するレイヤー2ブロックチェーン: 独自のレイヤー2ブロックチェーンを開発し、イーサリアムの遅いトランザクションや高額な手数料といった問題を解決します。「Pepe Chain」はイーサリアムより100倍速く、はるかに安価な取引を実現します。
  • ミームと技術の融合: 人気のあるペペのミームと最先端の技術を融合させることで、ミームコインの枠を超えた存在を目指します。
  • 高額なステーキング報酬: プレセールで購入したトークンをステーキングすることで、1万8000%APY以上の高利回りを提供します。

強力なコミュニティや、ミームコイン専用レイヤー2ブロックチェーンという試みは、Pepe Unchainedの将来性を期待させるものです。

また、PEPEコインが成功した一方ですでに飽和状態にある仮想通貨からのリターンは限定的ですが、Pepe Unchainedはミームコインとしての魅力に加え独自のブロックチェーン技術による実用性を持ち合わせており、今後の成長が期待できます。

今、プレセールに参加すれば割安で購入できます。ミームコイン市場の新たなトレンドに乗り遅れないように、Pepe Unchainedの買い方から購入してみてはいかがでしょうか?

メリット
  • 高いステーキング報酬
  • 活発なコミュニティ
  • 高速で安価な取引
デメリット
  • ミームコインのボラティリティ
調達上限額 未定
総供給量 80億トークン
プレセール供給量 16億トークン
チェーン イーサリアム
最小投資額 なし
購入方法 USDT、ETH、BNB、クレカ

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

The Meme Games|仮想通貨のおすすめ2位

The Meme Games(MGMES)は、2024年パリオリンピックをテーマにした注目のミームコインプロジェクトです。ミームコインの人気キャラクターたちがオリンピックさながらに競い合うという、エンタメ性の高いコンセプトが特徴です。

The Meme Gamesのプレセールでは、トークンを購入して好きなキャラクターを選ぶだけで、誰でも簡単にゲームに参加できます。選んだキャラクターが勝利すれば、ボーナスとして追加のトークンがもらえるという仕組みも魅力的です。

さらに、MGMESトークンはステーキングすることで、さらに増やすことも可能です。高利回りのステーキング報酬は、早期参加者にとって大きなメリットとなるでしょう。

The Meme Gamesは、ミームコイン市場の盛り上がりとオリンピックの熱気を背景に、大きな注目を集めています。プレセール開始直後から10万ドル以上の資金を調達しており、その勢いは増すばかりです。

The Meme Gamesの価格予想では、2025年には最低0.1ドル、最高で0.3ドルとなっています。

投資としての魅力だけでなく、ミーム文化とスポーツの興奮を融合させたエンターテイメントとしても楽しめるThe Meme Games。仮想通貨投資に興味がある方は、ぜひこの機会にプレセールへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。

2024年パリオリンピックの公式ミームコインを目指すThe Meme Gamesは、まさに今おすすめのプロジェクトと言えるでしょう。The Meme Gamesの買い方を見れば迷わず購入できるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

メリット

  • 第二弾プロジェクトの計画
  • オリンピックとの連携による注目度
  • スマートコントラクトの監査済み

デメリット

  • オリンピックとの公式な関係性がない
調達上限額 未定
総供給量 20億2400万トークン
セール供給量 7億6912万トークン
チェーン イーサリアム
最低購入額 なし
購入方法 ETH、BNB、MATIC、USDT、クレジットカードなど

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

WienerAI|仮想通貨のおすすめ3位

WienerAI(WAI)は、AI(人工知能)と犬の忠誠心を融合させた最新のおすすめ仮想通貨。AIの進歩を利用した新しい形のブロックチェーンの実用性を提供します。

WienerAIは、エンターテイメント性と実用性を兼ね備えています。その最大の特徴は、AI技術を活用してブロックチェーンのデータ処理速度を向上させ、更なるセキュリティと効率を実現している点です。

WienerAIは、プレセール段階で既に大きな注目を集め、価格の上昇が期待されています。現在の価格は非常に手頃で、WienerAIの価格予想によれば今後に価格が急騰する可能性があります。

WienerAIのプレセールは現在進行中で、初期段階での投資は特に価格が低いため、大きなリターンを期待できるチャンス。ステーキングによる収益機会もあります。プレセール参加方法は、WienerAIの購入方法の記事をご覧ください。早期投資がおすすめです。

メリット

  • AI活用の高速トランザクション
  • AI活用のセキュリティが強化
  • 将来的に高リターンを期待できる

デメリット

  • ミームコイン特有のボラティリティ
調達上限額 3,200万ドル
総供給量 40億トークン
初期セール供給量 28億トークン
チェーン イーサリアム
トークンタイプ ERC-20
最小投資額 10ドル
購入方法 USDT、ETH、BNB

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

PlayDoge|仮想通貨のおすすめ4位

PlayDoge(PLAY)は、スマホで遊べるプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲームに基づいたおすすめ仮想通貨です。プレセール開始から数時間で20万ドルを超える資金を集めるなど、市場からの期待が非常に高め。ドージミームをテーマにしたバーチャルペットが特徴で、ユーザーはゲームを通じてPLAYトークンを獲得できます。

この仮想通貨のおすすめポイントは以下のとおり。

  • 楽しみながら稼げる:ミニゲームやペットの世話をしながらPLAYトークンを獲得。
  • 親しみやすいデザイン:90年代の懐かしのたまごっちを彷彿とさせるユーザーインターフェース。
  • 幅広いアピール:ドージミームのファンからゲーマー、仮想通貨トレーダーまで対象が幅広い。

PlayDogeの価格予想は、プレセールの成功を受けて今後も上昇が期待されます。特に、2024年末には最大0.01ドル、2025年末には最大0.03ドル、2030年末には最大0.5ドルに達する可能性があります。

PlayDogeは、プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)という成長著しい市場に参入しており、その市場は今後も拡大が見込まれます。PlayDogeが提供する独特のゲーム体験は、ユーザーのエンゲージメントを促すでしょう。PlayDogeの購入方法を参考に、初期セールを利用してPLAYトークンを手に入れましょう。

メリット

  • 直感的なスマホゲームプレイ
  • ステーキングや価格上昇による収益機会
  • コミュニティ主導の開発

デメリット

  • 仮想通貨市場の変動性に強く影響される
調達上限額 未定
総供給量 94億トークン
セール供給量 28億2000万トークン
チェーン BSC
最低購入額 なし
購入方法 BNB、USDT、ETH、クレカ

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Shiba Shootout|仮想通貨のおすすめ5位

仮想通貨業界で注目を集める新しいミームコインプロジェクト「Shiba Shootout(SHIBASHOOT)」は、プレセール開始からわずか1週間で15万ドル以上を調達しました。 その成功の要因は、独特なユーティリティと西洋開拓時代の世界観を取り入れていることだと考えられています。

Shiba Shootoutは、ブロックチェーン技術に西部劇の要素を組み合わせたプロジェクトです。 Marshal Shiba(シバ元帥)とShiba Sharpshooters(シバ狙撃手)といったキャラクターが登場し、デジタルフロンティアの町Shiba Gulchでミームバトルを繰り広げます。

Shiba Shootoutの今後を左右する特徴は、なんといってもそのユーティリティです。他のミームコインとは差別化された以下の機能を提供しています。

  • Posse Rewards: 友達紹介でトークンを獲得できる機能
  • Campfire Stories: ユーザーがミームコイン体験を共有できるAMA
  • Token Governance: プロジェクト運営に参加できる機能
  • Lucky Lasso Lotteries: 定期的に景品が提供される宝くじ機能
  • Savings Saddlebags and Cactus Stakings: トークンを保有・ステーキングすることで報酬を得られる機能

Shiba Shootoutは、コミュニティとの交流を重視し、参加者に報酬を提供するプラットフォームです。 仮想通貨市場の低迷期においても、その将来性と成長の可能性に期待が高まっています。仮想通貨初心者の方にもおすすめのプロジェクトなので、ぜひShiba Shootoutの買い方を参考にして下さい。

メリット

  • 宝くじや貯蓄機能
  • コミュニティ重視の設計
  • 確かなビジョンと明確なロードマップ

デメリット

  • 新しいプロジェクトなので予測困難
調達上限額 未定
総供給量 22億トークン
セール供給量 7億7000万トークン
チェーン 不明
最低購入額 なし
購入方法 BNB、USDT、ETH、クレカ

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Base Dawgz|仮想通貨のおすすめ6位

Base Dawgz(DAWGZ)は、人気急上昇中の新しいミームコインプロジェクトです。ドージコイン(DOGE)や柴犬コイン(SHIB)の文脈に沿っているだけでなく、クロスチェーンの相互運用性を備えています。

Base Dawgzのおすすめポイントは以下のとおり。

  • Baseネットワークの支持:Baseネットワークはコインベースによって開発され、信頼性が高いとトレンドになっています。
  • クロスチェーン互換性:Ethereum、Solana、BNB Chainなど、複数のブロックチェーンで利用可能です。
  • 収益性が高い:価格上昇によるリターン獲得、ステーキング報酬、SNSでのエアドロップがあります。

Base Dawgzの価格予想では、2024年に最高0.07ドル、2025年に最高0.125ドル、2030年に最高0.5ドルへの大幅な価格上昇が期待されます。これにはミームコインブーム、仮想通貨取引所への上場、活発なコミュニティ活動、そして効果的なマーケティングが背景にあります。

おすすめ仮想通貨「Base Dawgz」への投資を考えている方は、今が最大のチャンスでしょう。まずは、Base Dawgzの買い方をご確認ください。下記のBase Dawgzの公式サイトから詳細もチェックしましょう。

メリット

  • 初期セールを通じて低価格でトークンを購入可能
  • 市場の先駆者としての先行者利益
  • ステーキング報酬やエアドロップ獲得あり

デメリット

  • ミームコインは価格が不安定になることが多い
調達上限額 未定
総供給量 84億5300万トークン
セール供給量 16億9060万トークン
チェーン Base(ベース)
最低購入額 なし
購入方法 ETH、USDT、SOLなど

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Mega Dice Token|仮想通貨のおすすめ7位

Mega Dice Token(DICE)は、Mega Diceカジノを支えるデジタル通貨で、2023年に少規模なカジノから始まり、仮想通貨ギャンブルエコシステムとして拡張しました。

DICEトークンは、長期保有者へのインセンティブだけでなく、全保有者がカジノの成功に応じて報酬を得られる設計が施されています。限定NFTの発行や、特定のゲームへのアクセス権を提供するなど、ゲームエコシステムと深く統合されています。

Mega Dice Tokenは現在プレセール中で、2023年には30万ドルを超える資金を調達しました。プレセールでは総供給量の35%が市場に提供されており、初期段階での投資者には様々な特典が用意されています。

Mega Dice Tokenの買い方を参考にトークンを購入することで、カジノ収益に基づく報酬のほか、先行者利益としてのプレセールボーナスを獲得できます。Mega Dice Tokenの価格予想も参考にしつつ、ぜひプレセールに参加してみてください。

メリット

  • 限定NFTの提供
  • 特定ゲームへのアクセス権付与
  • プレセールボーナスの獲得チャンスあり
  • カジノの成長に連動した報酬システムあり

デメリット

  • カジノの業績に依存する
  • 新しいプロジェクトで不安定
調達上限額 未定
総供給量 4億2000万枚
初期セール供給量 1億4700万枚
チェーン ソラナ
最小投資額
購入方法 SOL、ETH、BNB

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

99Bitcoins|仮想通貨のおすすめ8位

99Bitcoins(99BTC)は、「学んで稼ぐ(Learn 2 Earn)」をコンセプトにしたおすすめ仮想通貨です。BTC価格が過去最高値を更新し、ビットコイン半減期が目前に迫った2024年4月に登場しました。

そんな最新おすすめ仮想通貨99Bitcoinsは、YouTube登録者数70万人超、200万人以上の登録ユーザーを持つコミュニティ「99Bitcoins」発の仮想通貨トークン。99Bitcoinsが暗号資産(仮想通貨)に関する教育コンテンツを発信している背景から、同トークンもまた「学んで稼ぐ(Learn 2 Earn)」をコンセプトにしています。

また、同プロジェクトでは積極的なマーケティング戦略も打ち出しており、ビットコインの強気相場、半減期などの重要イベントに連動したギブアウェイイベントを随時開催予定。99BTCトークンはステーキング機能も提供予定で、仮想通貨に対する知識を深めつ、不労所得も手堅く得られます。

2024年に本格到来している仮想通貨ブルランに波乗りしたい方は、ぜひこの機会に99Bitcoinsもご検討下さい。

メリット

  • ビットコインが過去最高値を更新した2024年に登場したおすすめ仮想通貨
  • YouTube登録者数70万人超、200万人以上のユーザーを持つコミュニティ発トークン

デメリット

  • ビットコインが大幅下落となった場合、99Bitcoinsも下落リスクあり
調達上限額 未定
総供給量 990億枚
初期セール供給量 148億5000万枚
チェーン イーサリアム
最小投資額 1ドル
購入方法 ETH、USDT、クレカ

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Sponge V2|仮想通貨のおすすめ9位

Sponge V2(SPONGEV2)は、2023年に100倍仮想通貨の仲間入りをしたミームコイン「スポンジボブトークン(Sponge V1/SPONGE)」の系譜を継ぐおすすめ仮想通貨。

ちなみに初代スポンジボブトークンは米人気アニメキャラクターSponge Bob(スポンジ・ボブ)をモチーフにした仮想通貨おすすめミームコインとして一斉を風靡し、最大手取引所バイナンスに上場済み。

上場から数日で時価総額1億ドル、上昇率100倍、トークン保有者1万人といった数々のベンチマークを達成し、仮想通貨インフルエンサーも参入するなど、大きな成功を収めました。そんな初代スポンジボブトークンの運営チームがこのほどローンチしたのが、Sponge V2となります。

Sponve V2の買い方については、期間限定で開催しているプレセールで、以下の方法にて購入できます。

  1. Sponge V1(SPONGE)を購入、ステーキングして、その報酬として入手
  2. Sponge V1からSponge V2トークンにブリッジして入手

Sponge V2価格予想によると、2024年に同トークンは100倍上昇する可能性も。ステーキングとブリッジの合計金額は2000万ドルを突破しており、今後仮想通貨取引所に上場するタイミングでその価値はさらに高まるものと見込まれています。

「仮想通貨を今買うならどれがいい?」とお悩み中の方は、大船に乗った気分でプレセールに参加してみてください。

メリット

  • 人気キャラクター「スポンジボブ」モチーフのおすすめ仮想通貨
  • 初代スポンジボブトークンは上昇率100倍を達成しており、その再来が期待される
  • 高いステーキング利回りを誇る

デメリット

  • 値動きリスクがあるため、ハイリスク・ハイリターン銘柄
調達上限額 650万ドル
総供給量 1500億枚
初期セール供給量 1050億枚
チェーン イーサリアム
トークンタイプ ERC-20
最小投資額 10ドル
購入方法 USDT、ETH

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

これからの仮想通貨のおすすめの選び方

上記の仮想通貨おすすめランキングでは、多数の今注目すべき銘柄を紹介しましたが、世の中にはまだ他にも仮想通貨おすすめランキングに入りうる銘柄は存在するでしょう。

仮想通貨の歴史を振り返ると、ビットコインが発売されたとき、その価値は今とは比べものになりませんでした。やがて、マイナーがブロックを検証し報酬を得るために競争したため、その価値は上昇しました。今や当然のようですが、ビットコインは仮想通貨の礎を築き、価値も非常に高い銘柄です。

そして、イーサリアムは、ビットコインに次いで市場で2番目に大きな仮想通貨です。イーサリアムは、プルーフオブワークシステムに変化をもたらしています。

さらに、イーサリアムのプラットフォーム上で開発者が気兼ねなく新たなアプリケーションを開発できたり、スマートコントラクトを実装できたりと、仮想通貨としてだけでなく社会やビジネスに変革をもたらす可能性を秘めています。それが故に、ビットコインの次に注目されるような存在になったのです。

こういった流れを受け、未だかつてないほどに、狙い目を探る多くの投資家が、おすすめの仮想通貨に投資するために動き出しているのです。

しかし、仮想通貨は技術面やビジネス面など、専門知識を要する分野なので初心者の方は、どこにどのように投資したらよいかわからないことでしょう。そうです。仮想通貨の稼ぎ方はそんなにシンプルなものではないのですから。なので、仮想通貨おすすめランキング通りに投資をするのもいいですが、自分で研究し知識を積み上げていくことも、仮想通貨投資では非常に重要です。

ここではおすすめの仮想通貨を選定するための重要なヒントを紹介します。当サイトも仮想通貨 購入に役に立つおすすめランキングを目指して、これらの判断基準をもとにしています。

上記のおすすめの仮想通貨には掲載されていない気になる仮想通貨があれば、ぜひ、以下の評価基準を参考にしていただけると、仮想通貨の購入に役立つはずです。

プロジェクトサイトとソーシャルメディア

専門家は、プロジェクトの概要をチェックすることが重要であると述べています。仮想通貨プロジェクトのウェブサイトやソーシャルメディアチャンネルをチェックし、プロジェクトがどれだけ社会的に活発であるかを感じ取り、プロジェクトやチーム、そのコミュニティについてより深い学びを得ることもできます。プロジェクトのウェブサイトが、説明が簡単で、機能的であること。そしてプロジェクトやその背後にある開発チームやホワイトペーパーやロードマップに関する詳細をオープンに共有している必要があります。

チーム

おすすめの仮想通貨プロジェクトの背後にいるチームの信頼性と経験は、その成功/失敗に大きな影響を及ぼすことがあります。チームがオープンに開示されていない場合、それは危険信号でしょう(ビットコインは例外です)。また、チームの仮想通貨市場に関する過去の経験や、彼らが手がけた他のプロジェクトも見ておきたいところです。例えば、このプロジェクトが彼らの最初のプロジェクトなのか、それとも成功した仮想通貨プロジェクトを開発した確かな実績があるのかを知りたいところです。さらに、プロジェクトチームの幹部にも注目しましょう。評判の良い幹部がいるプロジェクトや、確立された企業とのパートナーシップも、ポジティブな兆候です。

ホワイトペーパーとロードマップ

おすすめ銘柄ランキングの中の仮想通貨や、将来性のある仮想通貨銘柄に投資する前に、コインやトークンの長期的な価値を評価するために重要な要素は、そのプロジェクトのホワイトペーパーとロードマップです。

堅実な仮想通貨プロジェクトは、強力かつ明確に定義されたホワイトペーパーとロードマップを有しています。ホワイトペーパーは、仮想通貨プロジェクトが作成・公開する文書で、そのコンセプトに関する技術情報を提供し、メリットがあるかどうかを判断するのに役立ちます。一方、ロードマップは、仮想通貨プロジェクトがその希望に満ちたコインがどのように成長し進化する計画なのか、期待値を把握するのに役立ちます。

戦略系のコンサルティングファームであるボストンコンサルティンググループ(Boston Consulting Group)は、2030年までに10億人の人々が仮想通貨の利用者になると予測しているので、将来的に利便性の高い銘柄は、流通し価値が上がると期待できるでしょう。従って、おすすめ仮想通貨に投資する際は、利便性に注目すると良いでしょう。

主要投資家

プロジェクトにすでに投資家がいるかどうか、いるとしたら誰なのかを見極めます。そのプロジェクトが、有名な投資会社や大手の投資家からすでに投資を受けている場合は、良い兆候です。それは、彼らがデューデリジェンスを行い、プロジェクトの長期的な実行可能性を信じているためです。最近では仮想通貨ETFなどもあり、投資商品としての地盤も固まっているので、投資会社、投資家、金融機関からの信頼を得ていることは間違いありません。

コミュニティ

多くのおすすめの仮想通貨プロジェクトでは、プロジェクトをサポートするコミュニティが、その仮想通貨の可能性を左右することがあります。コミュニティの熱意と規模は、プロジェクトの初期および継続的な成功に大きな役割を果たしますが、コインやトークンを評価する際には、この要素に注意する必要があります。

時には、誇大広告が、プロジェクトの実用性や価値を上回り、本来の価値を覆い隠してしまうことさえあります。だからこそ、誇大広告だけに基づいてコインやトークンに投資するのではなく、時間をかけて上記のすべての要素を熟知してから、そのコミュニティに信頼を置くべきなのです。

主観的ではありますが、その資産が割高なのか割安なのか、という視点に着目することが大切です。これらを念頭に置くことで、おすすめの仮想通貨を選んで投資することができます。ファンダメンタルズを押さえた上で、仮想通貨チャートとおすすめのテクニカルインジケーターを補足的に利用することで、仮想通貨投資の判断材料にすることができます。

今では、通常の企業とは異なるDAOという組織体制をとっているコミュニティもあるので、尖ったプロダクトが生まれやすい環境になっている点にも注目です。さらには、AIが仮想通貨に対して介入するプロジェクトもあり、プロジェクトの多様性も広まっています。

おすすめの仮想通貨が取引できるサイト人気ランキング

仮想通貨の今後のおすすめランキングにリストアップされている仮想通貨は、ウォレットにコネクトしてから購入できる銘柄もあれば、取引所に上場していれば取引所ですぐに買えるものもあります。

まだ、取引所のアカウントをお持ちで無い方は、仮想通貨を購入できる環境を整えることからがスタートとなるでしょう。

ですが、仮想通貨業界のプロバイダーは200社以上あり、取引要件に合った仮想通貨取引所を自分自身で選ぶことは非常に困難です。

安全性、対応トークン、手数料などの要素だけでなく、カスタマーサービス、ウォレットの安全性、最低口座残高なども評価する必要があります。

当サイトでは、日本で利用可能で、おすすめの仮想通貨を取り扱っているサイトを紹介するにあたって、厳格な基準を設けた上で、それに基づいて調査を行っています。

特に優先しているのは、低い手数料、安全・安心、優れたカスタマーサポート、そして利用可能なマーケットの数です。

その結果、おすすめの仮想通貨を買えるサイト人気ランキングを制作しました。仮想通貨おすすめランキングと合わせて、ご確認お願いします。

以下の人気ランキングの中で、ご自分の要件にあったサイトを選びましょう。

※プレセール中のものは、取引所に未上場ですので、上記仮想通貨今後のおすすめランキングのリンクからウォレットと接続の上購入をお願いします。

OKX|1位|仮想通貨おすすめ銘柄が買えるサイト

OKX まず始めに紹介する取引所は、おすすめの仮想通貨を気軽にかつ、スムーズに購入できるOKX(オー・ケー・エックス)です。

アカウント開設手続きには、電話番号かメールアドレスさえあれば、すぐに開設できてしまいます。最低1ドルから暗号通貨の取引ができるため、初心者の方でも気負いなくスタートできます。

ただ、OKXは日本円やドルなどの法定通貨に対応していないため、お持ちの暗号通貨(OKXの取り扱い通貨)を使って入金をすることになる点には注意が必要です。なお、手数料は全て無料です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Coinbase|2位|仮想通貨おすすめ銘柄が買えるサイト

【初心者におすすめの仮想通貨が買えるサイト】

coinbase logo

Coinbaseはほとんどの地域で提供されていますが、このプラットフォームは仮想通貨初心者に優しく、特に米国でおすすめの仮想通貨が買えるサイトの1つです。このサイトは現在、7,000万人以上のクライアントにサービスを提供しており、シンプルで負荷の少ない投資プラットフォームであるためCoinbaseが選ばれています。

主な欠点は、すぐに始めることができますが、デビット/クレジットカードの取引は3.99%の手数料が発生すること点です。

さらに、Coinbaseには、24時間体制で働くセキュリティチームがあり、お客様のアカウントを安全に保つためにフル稼働しています。

Crypto.com|3位|仮想通貨おすすめ銘柄が買えるサイト

【総合的良い、おすすめの仮想通貨を買えるサイト】

Crypto.comは、近年、広告にマット・デイモンを起用したり、F1のスポンサーになったりして人気を博 crypto.com logo しています。このウェブサイトは、仮想通貨で報酬を得るため、ユーザーにエキサイティングな方法を幅広く提供しています。

DASHや仮想通貨、アルトコイン250種類以上のおすすめ有望銘柄を購入でき、仮想通貨1000倍レバレッジによるおすすめの信用取引、「Crypto Earn」プログラムで仮想通貨の利息を得る方法、店舗で仮想通貨銘柄を使用するためのメタルVISAカードも提供されています。

Binance|4位|仮想通貨おすすめ銘柄が買えるサイト

【手数料が安い、おすすめの仮想通貨を買えるサイト】

(*2024年末より、日本からの新規利用をストップしているようです。そのため、新規でご利用のかたは上述のサイトをご利用いただくことをおすすめします。)

Binance

低手数料という要素だけでなく、おすすめのP2P関連の仮想通貨を扱うサイトを探している場合、Binanceは検討する価値があります。この人気のあるオンライン取引サイトでは、ETH/BTCなどの仮想通貨ペアをわずか0.10%で取引することができます。つまり、合計100ドルで、手数料はわずか0.10ドルということです。

仮想通貨の購入を法定通貨で希望する場合は、追加の手数料が適用されます。例えば、ACHと銀行電信送金では手数料無料で処理されますが、最終的には0.5%の購入手数料を支払う必要があります。さらに、VISAやMasterCardでの入金を希望する場合は、この手数料にさらに4.5%が加算されます。

このウェブサイトからサインアップしたユーザーは、100ドルのBinanceボーナスを受け取ることができます。

仮想通貨ランキングのおすすめ銘柄が買えるサイトの選び方

さて、仮想通貨 ランキングのおすすめ銘柄が買えるサイトのランキングがわかったところで、次は自分に合ったプロバイダーを選ぶ際に注目すべき主要な指標を解説していきます。

  • 規制
  • 取引可能な仮想通貨
  • 手数料
    – 入金・出金
    – 取引手数料
    – スプレッド
  • ウォレット
  • ツール&機能
    – パッシブ取引ツール
    – プライシングアラート
    – チャートツール
    – 支払い方法
  • カスタマーサービス
  • モバイルアプリ

おすすめ仮想通貨の購入方法

この仮想通貨今後のおすすめランキングでおすすめのされている仮想通貨の購入を考えている投資家は、上記の仮想通貨のおすすめの取引サイトを含む多くの中央集権型取引所で購入できるので安心してください。

しかし、プレセール中の仮想通貨は異なります。というのもプレセール仮想通貨は、取引所に上場していないからです。この成長が見込まれる仮想通貨おすすめ銘柄に早い段階で購入したい投資家さんは、多大な利益を得るための準備として、数ステップの事前作業が必要となります。

プレセール中のトークンは、まだ分散型取引所や中央集権型取引所には上場しているないため、運営元から直接購入しなければならないのです。しかし、さほど込み入ったことではないので、以下に紹介するステップを参考にすればどなたでもご購入いただけます。

以下でプレセールの購入方法を紹介します。

5つのシンプルなステップで購入可能ですので、ご安心を。

プレセール中、仮想通貨 どれがいいかのおすすめ銘柄の買い方

プレセールでトークンを購入する方法について、5つのSTEPでご紹介します。

STEP1:仮想通貨ウォレットを用意する。

おすすめ仮想通貨プロジェクトであるプレセールに参加する前に、ユーザーは仮想通貨ウォレットを作成する必要があります。

このおすすめの仮想通貨のプレセールのプラットフォームは、主流である2つの仮想通貨ウォレット、MetaMaskまたはWallet Connectに接続出来ます。

Launchpadのプレセール画面

接続したい仮想通貨ウォレットを選択し、その機能をダウンロードします。

STEP2:イーサリアム/USDTを購入する

ERC-20トークンであるプレセールプロジェクトは、イーサリアム(ETH)やテザー(USDT)などの他のERC互換トークンと交換することが可能です。そして、次に選択した適切な仮想通貨取引所から購入することができます。

これらの手順を終えた後に、当該の洗濯したトークンをそれぞれの仮想通貨ウォレットに送ることができます。

STEP3:ウォレットとプレセールを接続

そのあとは、プレセールWebサイトにアクセスし、利用する仮想通貨ウォレットを選択します。(MetaMaskまたはWallet Connect)ウォレットオプションを選択し、画面上の指示に従って手続きを行いましょう。

STEP4:トークンを購入する

その後、ウォレットの接続が完了すると、上記手順で選択した仮想通貨であるETHまたはUSDTでオススメの仮想通貨を購入出来ます。

その後に「ETHで購入する」または「USDTで購入する」のいずれかをクリックして購入手順の先に進みます。

そうしたら、購入金額を入力し、「Convert(変換)」を選択して、当該おすすめ仮想通貨の購入取引が完了です。

STEP5:トークンを受け取る

すると購入者の皆さんの元には、当該のプレセール期間が完了した後に、運営元からプレセールトークン、つまり最新のおすすめ仮想通貨トークンを受け取ることができるのです。

※その他のプレセール中の仮想通貨おすすめ銘柄に関しても、同様の手順で購入できますので、上記のステップをご参照の上ご購入をお願いいたします。

その他の詳しいおすすめ仮想通貨の購入方法を確認したい場合は、以下のリンクから確認が可能です。

なお、仮想通貨で得た収益は一定量以上になると、仮想通貨の税金を払う必要がるので、確定申告をしましょう。

仮想通貨を選ぶにあたって、どれがいいかわからない方は、当おすすめ仮想通貨ランキングを元に投資のご検討をされてみてはいかがでしょうか。

まとめ~2024年に仮想通貨のおすすめ銘柄~

いかがでしたがか。他のサイトで見るような仮想通貨の人気ランキングとは一味違った内容でお楽しみいただけたのではないでしょうか。

巷には、仮想通貨のまとめ記事が多くありますが、この記事では、海外でいち早く出回った情報も取り扱っているので、あまり目にしたことがないような銘柄もあったのではないでしょうか。

仮想通貨市場の価格は、金融引き締めがリスク資産に影響を与えるため、投資のタイミングは非常に重要です。ですが、それと同じくらい、どの仮想通貨に投資するかも明暗が分かれる大きな要素です。

今買うべき仮想通貨はどれがいいか、特定するのは難しいことではありますが、ランダムな事象に賭ける純粋なギャンブルとは異なり、知識を身につけていくことで、ある程度、着実に資産を増やせます。

当記事で、紹介したようなおすすめ仮想通貨のランキングに掲載されている注目銘柄は、将来有望視されているので、投資の先として検討いただくには最適と言えるでしょう。

どれがいいかは当人のアセットポートフォリオにもよるかと思いますが、低価格でも購入でき、ボラティリティが高めなので、ガチホ向きの仮想通貨や国債、不動産など、手堅い資産と併せて持っておく形がおすすめです。

おすすめランキングの中には、1000倍となる仮想通貨、言わば化ける草コインも出る可能性はありますので、上述の仮想通貨おすすめ銘柄をご認識いただいて損はないでしょう。

FAQ

今、仮想通貨おすすめは何ですか?

仮想通貨おすすめのポテンシャルは?

今年の仮想通貨おすすめは何ですか?

初心者におすすめの仮想通貨は何ですか?

仮想通貨おすすめに投資する方法を教えてください。