仮想通貨おすすめランキング

仮想通貨おすすめ銘柄とは?

仮想通貨おすすめ銘柄とは、概して背後でサポートしているチームやプロジェクトが信頼に値する仮想通貨、あるいは価格の面で将来高騰が期待できるおすすめの仮想通貨です。

しかし、昨今、何千もの仮想通貨ブランドがあるので、どのおすすめの仮想通貨を選べばいいのか迷っている方が非常に多いようです。大抵の仮想通貨初心者の方は、「どれがいいかな、今買うべき仮想通貨なにか」と途方に暮れているでしょう。

当サイトBusiness 2 Communityでは、さまざまな仮想通貨に対して、ブロックチェーン関連の技術力、プロジェクトの実行力、そしてマーケティング力等を基準に、中立的な立場で評価しています。このような分析に基づいて、最新の仮想通貨おすすめランキングを作成しているので、参考にしていただけたら幸いです。

なお、このランキングは、読者の方が知識が少なくても読みやすいように配慮しているので、仮想通貨について初心者だとしてもご利用いただけます。

中には、公式リリースを控えているおすすめのプレセール仮想通貨も紹介しているので、お見逃しなく。きっと、仮想通貨の次に流行るものを探しているような人には、惹かれる記事となっているはずです。巷には、仮想通貨のまとめ記事が多くありますが、この記事は海外でいち早く出回った情報も取り扱っているので鮮度が高い情報が得られるはずです。

また、今後の仮想通貨 おすすめに対する選び方や、仮想通貨の狙い目銘柄の中でさらに有望なものや、おすすめの仮想通貨取引所3選も後のセクションで紹介しています。適宜、必要な情報を併せて確認することをおすすめします。

2023注目の仮想通貨おすすめ銘柄ランキング一覧

より詳細に見ていく前に、今年のおすすめ仮想通貨ランキングを一覧形式でご紹介します。

他のメディアではまだあまり取り上げられていない、知る人ぞ知るといった珍しいおすすめ仮想通貨も取り上げています。

日本のみならず、世界規模で仮想通貨業界を研究している当サイトだからこそ、このような注目銘柄を紹介できるのです。情報のエッジーさが当サイトの魅力ですので、見逃しのないようご確認をお願いします。

当サイトの仮想通貨おすすめ銘柄は以下の通りです。仮想通貨を一覧形式で確認できるので、知らない銘柄があれば、後続のセクションにて詳細をぜひチェックしてみてくださいね。

  1. Love Hate Inu – 匿名投票で報酬が得られる1番のVote to Earnおすすめ仮想通貨
  2. FightOut – 健康志向の人におすすめの仮想通貨はこれ
  3. Metropoly – バーチャル不動産投資で話題のおすすめ仮想通貨
  4. C+Charge – EVドライバーの報酬を提供する将来性のあるおすすめ仮想通貨
  5. Dash 2 Trade – 注目のおすすめ仮想通貨ベスト
  6. RobotEra – 20倍越えが期待されるメタバースの土地を開発する新しいプレセールNFTプロジェクト
  7. メタマスターズギルド – 病みつきゲームが盛りだくさん!ナンバー1のおすすめ仮想通貨
  8. IMPT – 環境に配慮された新進気鋭の仮想通貨
  9. Calvaria – トークン2枚で遊べる、おすすめのゲームです。
  10. Tamadoge – おすすめの仮想通貨プレセール
  11. Battle Infinity – 仮想通貨積立におすすめ
  12. Lucky Block – 仮想通貨初心者におすすめ
  13. Defi Coin – おすすめの未来志向の仮想通貨
  14. Avalanche – 仮想通貨投資としておすすめ
  15. Ethereum – 仮想通貨ステーキングにおすすめ
  16. Everdome – メタバース関連のおすすめ仮想通貨
  17. Monacoin – 日本発のおすすめ仮想通貨
  18. JasmyCoin – おすすめのERC20仮想通貨
  19. Solana – 仮想通貨で長期保有におすすめ

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

おすすめの仮想通貨 ランキング|個別徹底解説

数ある仮想通貨から今後投資に値する注目の銘柄を選定するためには、膨大な時間と労力を要するものです。当おすすめ仮想通貨ランキングでは、弊社の厳正な審査にてふるいにかけた、おすすめ仮想通貨のみを紹介します。誰でもわかりやすいように丁寧に詳細を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

当おすすめ仮想通貨 ランキングの特徴は、未来に焦点を当てた先進性のある仮想通貨 おすすめプロジェクトかつ、新しいIEOとIDO仮想通貨プロジェクトを優先してご紹介している点です。

これらのプロジェクトは、いずれも将来的に大きな可能性を秘めており、優秀なチーム、優れた実用性を持っていますので、有望な仮想通貨と見込んでおります。仮想通貨を選ぶにあたって、どれがいいかわからない方は、当仮想通貨ランキングを元に投資のご検討をされてみてはいかがでしょうか。

Love Hate Inu (LHINU)|仮想通貨のおすすめ1位

【匿名投票で報酬が得られる1番のVote to Earnおすすめ仮想通貨】

多くの仮想通貨プロジェクトが存在する中、情報を整理し、投資に最適な仮想通貨を特定することは困難なことですよね。たくさんの選択肢からリアルな悩みを解決するプロジェクトを見つけ出すことが重要となります。そこで、「Love Hate Inu」の出番です!

Love Hate Inuは、ミームコイン文化とブロックチェーン技術を組み合わせた革新的なプロジェクトで、世界初のVote-to-Earnプラットフォームを構築しています。

このユニークなプロジェクトLove Hate Inuでは、様々な投票に参加し、投票しながら、ネイティブトークンである$LHINUで報酬を得ることができます。プロジェクト最初のプレセールでは、すでに投資家の注目を集めており、開始後数時間で10万ドル以上の資金を集めています!

LoveHateInuトップ

ステージ1のプレセールでは、$LHINUトークンあたり0.000085 USDTの価格を提供しています。トークンの価格は、プラットフォームの8段階のプレセールが用意され、60日の間に段々と上昇する予定です。

最終段階では、価格は70.5%上昇し、0.000145ドルの見込みとなっています。購入者は、ETH/USDTまたはクレジットカードを使用したフィアットを使ってトークンを手に入れることが可能です。

Love Hate Inuとは?

Love Hate Inuは、ミーム投票に参加してトークンをステーキングしたり投票したりすることで、利用者に報酬を与える新時代のVote-to-Earn(投票報酬)プラットフォームです。

実用的なユースケースを持つこのおすすめ仮想通貨は、人々が一体となって重要な問題に投票することができるため、ソーシャルメディアで人気を集めています。

Dogecoin、Shiba Inu、Tamadogeといった同様のミームユーティリティトークンは大きな成功を収めており、Love Hate Inuもこれら同様の軌跡をたどる可能性が高いでしょう。

Love Hate Inuは、分散型台帳技術を使用して情報の透明性を確保する初のブロックチェーンベースの投票プラットフォームでオンライン調査に革命を起こしています。 安全で匿名性の高いイーサリアムベースの投票システムによって、このユーティリティ・ミームコインはオンライン調査市場で際立っています。

LoveHateInuの世論調査

Stake-to-Voteを解説

Stake-to-Voteは、コミュニティ主導のプラットフォームで、最近の話題に関する健全な議論を促し、ソーシャル・エンゲージメントを高めます。また、このプラットフォームでは、楽しくてシェアしやすい投票にするためにキャラクターイラストも用意されています。

コミュニティを守るために、プラットフォームの使い勝手を良くし、 投票の投稿、および管理ダッシュボードを使用して、有効な投票をすべて管理します。さらに管理ダッシュボードの投票を通じて、プラットフォームの収益をコミュニティーに還元することもできます。

Love Hate Inuのホワイトペーパーにあるように、参加者はトークンを賭けて投票することが可能です。このステークメカニズムは、スパムや不正行為を防ぎ、投票を匿名化することができます。報酬として、ステーキングと投票に使用したトークンを受け取れます。ステーキングの規模や期間に応じて投票力は増します。

Love Hate Inuは投資に向いているか?

Love Hate Inuは、その革新的なブロックチェーン搭載の投票プラットフォームの展開により、オンライン調査市場に大きなインパクトを与える可能性を秘めています。その分散型台帳技術により、不正のない透明性のある情報であることが保証されます。さらに、仮想通貨ミームを活用したコミュニティ主導のアプローチにより、このプラットフォームは、仮想通貨投資の選択肢の1つとなっています。

トークンの供給量は1000億であり、90%がプレセールで販売されるため、ラグプル(詐欺行為)から守られた投資先といえるでしょう。

LoveHateInu

このおすすめ仮想通貨のプラットフォームは、取引所へのリスティングの資金提供、コミュニティへのインセンティブの提供、流動性の維持のために、トークンの10%のみを保持します。最新情報を知りたい方は、Love Hate Inu Telegramグループに参加することが可能です。

なお、Love Hate Inuの買い方に関する説明は、当サイトの解説ページにて詳しく説明しています。

プレセール開始 2023年3月8日
購入方法 ETH、USDT、クレジットカード
チェーン イーサリアム
調達上限額 10,068,750ドル
最小投資額 なし
最大投資額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

FightOut|仮想通貨のおすすめ2位

【健康志向の人におすすめの仮想通貨はこれ】

FightOutの日本語ページ

健康&フィットネス業界は、世界の統計データを収集するStatistaによると2023年に960億ドルという巨額の市場規模を誇っていますが、その規模は近年伸び悩んでいます。そこで、Move to Earn (M2E : 動いて稼ぐ)アプリとジムクラブを融合したFightOutが、業界の火付け役となるかもしれません。

最大1億ドルという大規模な資金調達により、FightOutアプリ&ジムクラブはこの世界で最も注目される産業の一つをひっくり返そうとしているのです。FightOutは、これまで主流であったWeb2.0の仕組みを変革し、STEPNなどのプロジェクトで実装されているWeb3.0のM2Eの弱点を克服することを目標としています。

STEPNのようなM2Eプラットフォームは、ユーザーの活動を計測してフィットネス目標に対しアプリ内通貨で報酬を与えるというアイデアを広く普及させました。しかし、FightOutはこれから紹介する数多くの機能により、それら既存のM2Eより優れたプロジェクトになる可能性があります。

まず、FightOutは歩数だけでなく、ジム内にセンサーを置くなど、新しいテクノロジーを駆使しあらゆる形態のフィットネス活動を計測します。また、このプラットフォームを利用するにあたって高価なNFTを購入する必要はありません。

FightOutのM2Eは、単にフィットネスの目標を達成するためだけのものではなく、総合的に健康的なライフスタイルを送ることにより報酬を得ることを目的としています。

今買うべき仮想通貨と呼ぶのに、ふさわしい銘柄と言えるでしょう。

FightOutの男性アバター

プラットフォームの軸となるのはFightOutのスマートフォンアプリで、アプリではスマホやスマートウォッチによって身体的パフォーマンスを測定・追跡します。FightOutはサブスクリプションサービスで、アプリ内の2つのトークン($FGHTとREPS)は通常の通貨と同様、FightOutに登録するために使用することができます。

運動の報酬はREPSで獲得でき、パーソナルトレーナーやFightOut独自のコーチとの遠隔コンサルティング、グッズ、アバター用のコスメなどのあらゆるアプリ内商品やサービスを、REPSで買うことができます。

$FGHTは現在0.01665002ドル(1 USDT = 60.06トークン)で販売中で、最小購入額や最大購入額の設定はありません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Metropoly(METRO)|仮想通貨のおすすめ3位

【バーチャル不動産投資で話題のおすすめ仮想通貨】

Metropolyのロゴ今後数年で盛り上がりそうな、実世界で裏付けのある仮想通貨プロジェクトをお探しの投資家の方にとっては必見です。Metropoly(メトロポリー)はその代表的な銘柄で、このプロジェクトは、現実世界に存在する不動産物件に100%裏付けられた仮想通貨資産を購入できる世界初のNFTマーケットプレイスなのです。

Metropolyのブロックチェーンプラットフォームでは、ローマにある高級別荘のビラやドバイのビーチハウス、ロサンゼルスのマンションなどに1000ドル(約13万円)以下で投資することができます。

MetropolyのWebサイト画面

なぜそんなことが可能なのでしょうか?

Metropolyでは世界中の不動産物件をブロックチェーン技術によるNFT(非代替性トークン)にトークン化しています。これらの不動産物件をさらに分割化されたNFTにし、多くの一般個人投資家が分割化したNFTを保有することで、不動産物件の一部を保有できることを可能にしたのです。分割化したNFTは最低100ドル(約1万3000円)という非常に手頃な価格で購入することができます。

つまり、NFTを所有することで、現実世界の不動産を所有することができるわけです。そのため、銀行からお金を借りたり、さまざまな手数料を支払ったり、現場に行って下見や管理をしなければならないなどの面倒なことをせずに、世界中の不動産に分散投資をすることができます。

このような先進性のあるおすすめ仮想通貨プロジェクトは、今後の価格上昇が非常に期待できるので、今の段階で知れることは非常にお得と言えるでしょう。

月々の家賃収入も支払われ、不動産物件の価格が今後長期的なスパンで上昇すればNFTの保有者はそれに応じた利益を得ることができます。まさにリアルな不動産オーナーになったのと同じ利益を得られるのに、ペーパーワークやメンテナンス、新しい入居者を探さなければいけない…などの面倒な作業を全くせずに不動産所有者になれるのが最大のメリットです。

さらに、MetropolyのNFTマーケットプレイスでは瞬時に不動産NFTの購入が可能なのです。通常不動産を購入しようと思うと数週間や数ヶ月、ひいては一年以上もかかってしまうものですが、NFT化されているため取引が一瞬で完了するのも強みです。Metropolyマーケットプレイスのベータ版は現在利用可能になっています。

Metropolyのスマホアプリ説明画面

Metropolyに投資する一番良い方法は、現在実施中のおすすめ仮想通貨であるMETROのプレセールに参加することでしょう。METROはMetropolyのネイティブトークンで、プレセールではMETROがディスカウント価格で購入することができます。早期の段階でプレセールに入るほどトークンを安い価格で購入することができますが、今後プレセールが進むにつれてトークン価格は引き上げられていくので早ければ早いほど得られるリターンは大きくなります。Metropolyは本稿執筆時点ですでに総額63万ドル(約8500万円)もの資金調達に成功しています。

プレセールのトークンは割安価格で販売されているため、取引所に上場すると大きく上昇するのが通常です。Metropolyは上場後、最大で300%もの価格上昇が予想されているので、現在のプレセールで購入価格が安ければ安いほど、リターンも大きくなります。

Metropolyのプレセールが話題となっている理由はほかにもあります。Metropolyでは、世界一高いビルとして知られているドバイのブルジュ・ハリファの総額100万ドル・ギブアウェイを行います。METROトークンをたったの最低100ドル(約1万3000円)分購入するだけで、ギブアウェイに参加することができます。ブルジュ・ハリファにあるアパートは年間10万ドル(約1300万円)もの家賃収入を稼いでいる大型物件なため、当選するとその時点で大きなリターンを得られることになります。

さらにMetropolyの有望さがわかるのは、ChainAdoption(チェーンアダプション)やTenset(テンセット)などビッグネームなプロジェクトと提携しているところです。これらの大手インキュベータープロジェクトとコラボすることで、Metropolyは市場においてすでに足場を固めつつあります。

ChainAdoptionはPolkadotやTron、EOSなどとのコラボで知られており、TensetはMetahero(メタヒーロー)や日本の仮想通貨業界でも有名なEverdome(エバードーム)のプロジェクト立ち上げ・プロデュースに携わっており、これらのプロジェクトはローンチ後20倍越えのリターンを生み出したことで一躍有名になりました。

ここまで情報が得られれば、Metropolyがかなり手堅い、有望なプレセールで購入できる仮想通貨であることが納得できたかと思います。Metropolyのプレセール情報については、Metropolyの買い方完全ガイドをご覧ください。

トークン METRO
ブロックチェーンの種類 イーサリアム(ERC-20)
総供給量 10億トークン
購入できる仮想通貨 USDT、ETH、BNB
最低購入額 100ドル
トークンのローンチ プレセール完売後、もしくは2023年4月1日

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

C+Charge|仮想通貨のおすすめ4位

【EVドライバーの報酬を提供する将来性のあるおすすめ仮想通貨】

C+Chargeのホーム

2023年の最も将来性のある暗号通貨に選んだのは、報酬を提供し、EVの運転をより便利にさせ、化石燃料から電気自動車(EV)への切り替えを後押しすることを目指しているC+Chargeです。EVを題材にするなんて、仮想通貨ランキングの中でも異質な感じがすると思った人は多いのではないでしょうか。

CCHGトークンのプレセールはまだ始まったばかりで、トークンは0.013ドルで販売されています。プレセールの最終段階となる第4段階までに、トークンは80%増の0.0235ドルになる見通しです。伸び幅を見ても、このようにおすすめできる仮想通貨銘柄です。

C+Chargeは、自動車を充電している間、ドライバーにカーボン・クレジットを報酬として提供することで、EV所有のインセンティブを高めることを目的としています。

カーボン・クレジットは、グリーン・プロジェクトに資金を提供することで二酸化炭素排出量を相殺できる許可証で、1クレジットが1トンの二酸化炭素に相当するものです。

C+Chargeのグラフ

C+Chargeは、Flowcarbonとの主要なパートナーシップを経て、Goodness Nature Token(GNT)の形でドライバーにクレジットを提供します。GNTは検証済みの炭素再生プロジェクトに1対1で支援され、Flowcarbonは、Samsung Nextやa16zなどの主要VC企業を惹きつける7000万ドル投資ラウンドを完了したところです。

また、このプロジェクトは、これまでほとんどが大企業の手に委ねられていたカーボンクレジットの所有権を民主化するものでもあります。例えばテスラは、炭素排出量の多い他の企業にカーボンクレジットを販売し、年間数十億ドルを稼いでいます。

C+Chargeのモバイルアプリは、カーボンクレジットを提供するだけでなく、電気自動車の運転を現在よりずっと便利で効率的にするためのものです。このアプリは、最寄りの充電スタンドのジオロケーター、料金情報、待ち時間、充電スタンドが実際に機能しているかなどの重要な情報を備えています。

化石燃料の自動車やトラックは地球を最も汚染するものの一つであり、EVへの転換は地球の気候変動との闘いにおいて重要な意味を持ちます。

C+Chargeは、DOXとKYCで検証されたチームを持ち、Perfect Solutions Turkeyと提携しています。

CCHGトークンのプレセールは始まったばかりで、最大供給量10億個のうち40%が販売される予定です。プレセールトークンには権利確定期間がなく、ハードキャップは660万ドルとなっています。興味のある方は、C+Chargeのホワイトペーパーを読むか、テレグラムグループに参加して、より詳しい情報を確認してみてください。

また、C+Chargeの買い方を解説した過去記事もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

プレセール開始日 12月16日
購入方法 ETH, USDT, Transak
プラとおフォーム Binance
最小購入額 なし
最大購入額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Dash 2 Trade|仮想通貨のおすすめ5位

【トレーダーによる、トレーダーの為のプラットフォーム – ダッシュ 2 トレード】

おすすめの有望な仮想通貨の中でもどれがいいか迷っている方に、狙い目であり、今一番のおすすめは「Dash 2 Trade」です。は、最近プレセールが開始したばかりの注目仮想通貨プロジェクトです。このDash 2 Tradeは、現在投資家たちが殺到して購入しているプロジェクトで、ユーザーの利益を最大化できるダッシュボードなどからも注目を浴びています。

Dash 2 Tradeはダイナミックな市場で次のステップを踏み出すために、業界全体のユーザーが使用する多くの指標を提供します。以前は経費APIや専門家が作成する必要があった指標を、使いやすい単一のプラットフォームで提供しています。

Dash 2 Tradeのプレセール画面

多くの投資家たちが10月20日に開始したばかりのプレセールに早くから参加しようと急いでいて、開始後24時間以内で既に50万ドル(日本円で約7000万円以上)近くの資金を獲得しています。

ユーザーがD2Tのプラットフォームドを利用してトレードを上達させることで、Dash 2 Tradeとその仮想通貨銘柄であるD2Tトークンは、アルト通貨No.1になることを目指しています。No.1のアルト通貨になってからでは遅いので、今買うべき仮想通貨と言えるのではないでしょうか。

Dash 2 Tradeのダッシュボードは多数の機能を取り揃えています。例えば、さまざまなデータポイントや推察力を活用して取引のシグナルを提供することで、ユーザーが購入するべきタイミングや、利益が得られる最適なタイミングを教えてくれる機能。他にも、ソーシャルメディアのセンチメントを追跡し、オンチェーン分析を使用することでユーザーの傾向を事前に把握してくれる機能などを備えています。そのため、D2Tは仮想通貨版のブルームバーグターミナルを目指すと宣言しています。

更にDash 2 Tradeは、バックテスターという戦略構築ツールを備えているので、トレーダーは資本を危険に晒さずにリアルタイムで取引戦略を試せるという有望な特徴があります。いま安値で買っておきたいまさにオススメの銘柄ですし、「どれがよくて、どの仮想通貨銘柄がいいのかな」と悩みがちな初心者の方にピッタリです。まさに仮想通貨界の狙い目と言えるのではないでしょうか?

※Dash 2 Tradeのプレセールは見事成功し、最終資金は総額15.42ミリオン米ドル(約10億円超)にも及びました。トークンであるD2Tのおすすめ仮想通貨は、現在取引所にて購入可能なので、高騰しすぎる前に確保しておくことが得策でしょう。

Dash 2 Tradeの買い方など詳細が気になる方は、左記のリンクから確認しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

RobotEra|仮想通貨のおすすめ6位

【メタバースの土地を開発する新しいプレセールNFTプロジェクト】

robotera 1

RobotEraは新型のメタバースとNFTを融合させたプロジェクトです。RobotEraではプレイヤーがロボットとなり、NFTベースの土地を管理しながらRobotEraのバーチャルワールド構築に貢献していきます。そもそもサンドボックス型のゲームなので、プレイヤーはゲーム世界の資源を獲得しながらロボット仲間を作り、クエストに参加します。バーチャルコンサートといったイベントにも参加することができるので、興奮度はかなり高いでしょう。

RobotEraのチームは、このタイムスケジュールで順調に進めばプレセールが新年までに終了すると考えています。すなわち、TAROが最初に取引所で上場する可能性が高い時期と重なります。すでにLBANK Labsから資金提供を受けていることから、LBANKがこのコインを上場する最初の取引所となることが予想されます。

RobotEra は、プレイヤーがユニークなロボットNFTアバターとメタバースランドをカスタムツールで購入・構築できるPlay to Earnの注目の暗号資産プロジェクトです。NFTの鋳造と売却は、プレイヤーがこのゲームから収入を得るための2つの方法であり、ネイティブトークン$TAROの所有が必要です。このトークンはプレセールの第一段階を開始したばかりで、注目の新しい仮想通貨の1つに選ばれています。

robotera 1

このメタバースNFTは、Sandboxより良い選択肢として、プレイヤー自体が個性的なロボットのNFTアバターを作成し、メタバース上の土地を開発します。

プレイヤーはロボット自体をアップグレードし、ユニークなロボットを設計し、NFTとして取引所で販売することができます。

プレイヤーはメタバース上で土地を購入し、インフラを整備して惑星「Taro」を開発します。このゲームでは、鉱物の採掘、建物の建設、広告用ブランドへのビルボードの貸し出しが可能で、土地を収益化するにはロボットの所有が必要となります。

もう一つの特徴は、RobotEraのゲーム内報酬の多様性です。御神木を育てる、NFTを売る、TAROトークンを賭けるなど、惑星Taroの開発に貢献することで報酬を得ることができるのです。

この機会にRobotEraのTelegramチャンネルに登録し、NFTやその他のゲーム内アセットに関する最新情報を入手しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

メタマスターズギルド|仮想通貨のおすすめ7位

【病みつきゲームが盛りだくさん!ナンバー1のおすすめ仮想通貨】

メタマスターズギルド ロゴメタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。熱中度の高い白熱のゲームプレイが楽しめるため、特に初心者におすすめの仮想通貨銘柄だと言えます。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、仮想通貨業界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供しており、プラットフォームのリピーター率を高めています。プレイヤーは時間が経つのを忘れるほどゲームに熱中することができ、結果としてより多くの報酬を獲得することができる仕組みとなっています。

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのゲームが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取るゲームです。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

おすすめ仮想通貨ランキングの上位に食い込んだメタバースギルド。その詳細情報を知りたいという方は、テレグラムの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

Meta Masters Guildのやり方はこちらを参照お願いします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

IMPT|仮想通貨のおすすめ8位

【環境に配慮された新進気鋭、注目の仮想通貨おすすめ銘柄】

IMPTは環境問題に配慮された新しい注目の仮想通貨銘柄であり、今年もっとも期待できる、注目銘柄と言っても過言ではありません。

優れたプラットフォーム上で、カーボンクレジットの売買をすることが可能な新進気鋭の狙い目、有望な仮想通貨です。

環境問題を用いた詐欺行為などがはびこっている昨今ですが、革新的なブロックチェーン技術の使用により不正が回避され、極めて安全です。

IMPTはすでに10,000を超える世界の主要ブランドと提携し、その信頼性の高さも担保されています。

また、IMPTトークンのプレセールは12月11日に終了し、1900万ドル(約26億円)以上の資金調達に成功しました。12月14日にはLBank、Changelly、Uniswapに上場する予定です。

今後、期待できる注目の仮想通貨だけに、できるだけ早く購入しておきたいところ。

購入方法やその概要など更に詳しく知りたい方は「IMPTトークンの購入方法 – 初心者向け完全ガイド」に詳細が記されているので、こちらもあわせてご参照ください。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Calvaria|仮想通貨のおすすめ9位

【ウズウズするほど遊びたくなるPlay to Earn系、仮想通貨のおすすめ銘柄】

新しいブロックチェーンゲームは、市場にはあまりありませんが Calvariaは、まさにそれを実現しています。このゲームの最も魅力的な特徴のひとつは、死後の世界を表現する宇宙で、しっかりとデザインされたキャラクターたちが繰り広げる物語体験です。チームはそのミッションについて、このプロジェクトが現実世界と仮想世界の間になることを目指しており、ビジョンは「持続可能で報酬の高いトークノミクスモデルでゲーム業界の巨人に匹敵する、楽しくてアクセスしやすいゲームを作ること」だと述べています。

Calvariaプレセール画面

このゲームの重要な設計思想の1つは、仮想通貨初心者の方も含めて、すべてのユーザーがアクセス可能かつ利用できるようにすることです。そのため、Play to Earn(P2E)とFree-to-Playの両方のバージョンがあり、後者ではブロックチェーンベースの機能は提供されません。他の多くのP2Eゲームとは異なり、アセットを購入したり、ウォレットをインストールしたりする必要がないことが、多くのユーザーから支持される理由です。また、デバイスは、PC、Android、iOSで提供される予定です。

投資家は今すぐプレセールに参加しないと、フェーズ1と同価格でRIAトークンを再び購入することはできません。現在RIAトークンの価格は$0.01ですが、フェーズ2のプレセールには価格が上がり、今後も上がり続けていくことが予想されます。

eRIAトークンはゲーム内で購入されたり、ゲームの報酬として使用されますが、一方でRIAトークンは、エコシステムの経済的安定性を保証しています。これを達成する方法の1つにステーキングが挙げられます。投資者は、自分のコインをステーキングすることでRIAトークンを利益として受け取れる仕組みになっています。ゲーム好きの初心者の方にはおすすめなP2E型の銘柄です。これからこの業界を盛り上げたい方は、なおさら今買うべき仮想通貨と言えるでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Tamadoge|仮想通貨のおすすめ10位

【愛くるしい仮想通貨のおすすめ銘柄、プレセール中】
Tamadogeのロゴ

Tamadogeは現在、そして未来の視点をもっても非常におすすめの仮想通貨銘柄といえます。現在プレセール中なので、大きなリターンが期待できるため、仮想通貨界隈でも注目に値し、有望ですので今が購入のチャンスです。今後、このプロジェクトを爆発的に発展させるいくつかの開発要素もあるため、未来志向の通貨としてもおすすめです。

その開発の1つは、メタバースへの統合です。プレイヤーはARヘッドセットを使って、犬の散歩や餌やり、さらには繁殖を行うことができます。そうすることで、プレイヤーはポイントを獲得し、リーダーボードにランク付けされます。上位にランクインしたプレイヤーは、Tamadogeコインの65%が保管されている賞金プールから最大の報酬を受け取ることができます。このように、このゲームはエンターテインメントであると同時に、プレイヤーが稼ぐことができるゲームでもあるのです。

ユーザーは、TamaストアからTamadogeペットを購入することができます。各アイテムやペットはNFTとして鋳造され、固有のステータス、強さと弱さが表示されます。また、Tamaストアでは、ペットの餌や世話に必要なアイテムも販売されており、これらはTAMAトークンで購入することができます。

Tamadoge

もう一つの大きな進展は、TamadogeアプリとP2Eアーケードゲームの導入です。さらには、主要な取引所への上場も予定しており、投資家へのコインの露出を増やすことになります。しかし、Tamadoge(TAMA)が取引所に上場する頃には、限られた量のトークンしか入手できません。これは、クリエイターがプレセール中に総供給量の50%を販売したいためです。

さらに、プラットフォームで使用されたTAMAコインの5%がバーンされるため、供給量を増やしたDogecoinとは異なり、デフレ型のコインとなっています。

タマバース(Tamaverse)では多くのサービスが開発されており、プレセールの割引価格で購入できるのは今だけです。そのため、投資家はクレジットカードやUSDTを使ってTAMAを購入してみるのも良いでしょう。また、イーサリアムとMetaMaskウォレットを使って、プレセール中のおすすめ仮想通貨であり、購入すべきおすすめの仮想通貨でこれから伸びるであろう代物のTamadogeに今すぐ投資することも可能です。仮想通貨に注目していて、数ある仮想通貨のかなでどれがいいか迷っているなら、この狙い目と言える仮想通貨銘柄を検討してみると良いでしょう!

最小投資額 1,000 TAMA (〜$10 + ガス代)
最大投資額 N/A
購入方法 ETH、USDT、デビットカード/クレジットカード(Transak経由)
チェーン イーサリアム
ベータ版セール終了日 2023年9月2日
プレセール終了日 2023年 3月 末日

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Battle Infinity|仮想通貨のおすすめ11位

【仮想通貨積立におすすめIBAT】

Battle Infinityロゴ

仮想通貨でおすすめの積立銘柄として、その可能性と実用性の点で右に出るプロジェクトはほとんどありません。言い換えるとBattle Infinity (IBAT)に匹敵するプロジェクトはほとんど無いのが現状です。このプロジェクトは、ファンタジースポーツ、NFT、メタバース、Play to Earnのような人気のあるセクターからそれぞれの要素を融合させることを目的としています。様々な分野の要素を取り入れることで、Battle Infinityは、あらゆる関心を持つ投資家にアピールするオールインワンのエコシステムを作り出しました。これにより、Battle Infinityの潜在的なユーザー層は大きく広がり、このプロジェクトが仮想通貨市場の注目のまと、そして最前線に立つ明確な理由となります。

Battle Infinityのプレセール

Battle Infinityは、6つのユニークなプラットフォームに分かれており、それぞれが独自の機能を提供しているため、Battle Infinityのエコシステムは非常に直感的なものとなっています。IBAT Premier League(ファンタジースポーツ)、IBAT Battle Swap(分散型取引所)、IBAT Battle Market(NFT市場)、IBAT Battle Games(P2Eゲームプラットフォーム)、IBAT Battle Area(メタバースの世界)、最後にIBAT Battle Stake(ステーキングプラットフォーム)です。

Battle Infinityのエコシステムを動かしているのは、BEP-20のIBATトークンです。総供給量100億で、トークンはたくさんありますが、狙い目を狙う仮想通貨投資家の需要の多さから考えると、早めに参加するのが良いでしょう。また、IBATトークンは、ステーク報酬、プレイヤーへの報酬、取引の円滑化など、様々な用途に使用できるため、IBATが公開されれば、高い需要が見込まれ、価格もかなり高くなるはずです。

IBAT のトークノミクス

全体的に、おすすめの仮想通貨であるBattle Infinityはユーティリティが満載で、開発チームは明らかに先を見据えており、購入すべき最高の有望な仮想通貨と言えるでしょう。頻繁にアップデートをリリースしているので、Battle Infinityの市場に参加する価値は十分あります。 Telegramグループ(管理者が最初にDMを送ったり、シードフレーズを聞いたりすることはありません)に参加して、最新の情報を入手することをお勧めします。

更新 – Battle Infinityのプレセールは、24日間でハードキャップ(ICOの上限額)に達し、完売となりました。しかし、発売日にPancakeSwapでIBATを購入することができます。

最小投資額 0.1 BNB
最大投資額 500 BNB
チェーン バイナンススマートチェーン
プレセール開始日 2023年7月11日
プレセール終了日 2023年10月10日

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Lucky Block|仮想通貨のおすすめ12位

【仮想通貨のおすすめランキングの新人ホープ!LBLOCK】

宝くじの人気は急上昇中。 Lucky Block (LBLOCK)は、ブロックチェーン技術を宝くじ分野に導入することで、より公平で効率的な宝くじシステムを構築しました。ブロックチェーン技術を宝くじ分野に導入することで、Lucky Block は、公平さを完全に証明可能であるとともに、これまでよりもはるかに効率的なシステムを作り出しました。

lucky blockは初心者におすすめ

Lucky Blockチームは毎週2種類の賞金抽選を開催しており、1種につき2回(年間100回以上)当選のチャンスがあることを意味します。賞金は2つの賞金プールに分けられ、1つはコンペティションへの参加チケットを購入した人のための抽選、もう1つはLucky BlockプラチナNFTコレクションを保有する投資家のための抽選です。流通効率を高めることで、Lucky Block は手数料の一部を報酬という形で投資家に還元しています。また、LBLOCKトークンの保有者は、どのチャリティに寄付されるかを決める投票に参加することで、この報酬を受け取ることができます。

Lucky Blockは、宝くじのファンにとって、狙い目でもあり、購入すべきおすすめの仮想通貨銘柄です。実用性があり、保有者に報酬も提供しており、今後数カ月、数年にわたり大きな可能性を持っているといえます。さらに、プレイヤーが報酬を得る手段として複数の方法も提供しており、Lucky Blockは他の仮想通貨市場と同様に成長し、改善し続けられる可能性があります。

日本はギャンブルが盛んな国なので、この注目銘柄は今買うべき仮想通貨と言えます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

DeFi Swap/DeFi Coin|仮想通貨のおすすめ13位

【未来志向の仮想通貨のおすすめ銘柄】

DeFi Coinのロードマップの重要な要素であり、長期にわたって計画されたDeFi SwapというDEX(分DeFiコインロゴ散型取引所)での利用が現実のものとなり、現在、強気なムードに包まれています。DeFi取引所は年々注目が増しているので、DeFiの先進的なサービスであるDeFi Coinが人気なのも無理はありません。

DeFi Coinは天文学的な価格上昇を記録しました。これは、DeFi Swapが、自動流動性プールや、10%の取引税(その50%がDEFCトークン保有者に還元される)を含む機能を発表したためで、14日間で462%という上昇を演じました。

このような強い価格パフォーマンスが示す通り、今のDEFCは有力な2023年に保有すべき最高のDeFi Coinの候補の1つといえます。

How to buy DeFi Coin

DeFi CoinイールドファーミングがDeFi Swapで利用可能に – 期間に応じて30%(30日)~75%(365日)のAPYのプランがあります。

創業者のスコット・ライダーは、今後数日から数週間のうちに将来の計画を発表する予定であり、そのすべてが「市場を動かす」インパクトを与える可能性があり、「最も高い可能性を持つ仮想通貨」の1つであると述べています。

PancakeSwapに加え、BitMartという中央集権型取引所(CEX)にも上場していますが、他のCEXへの上場を加速させる計画が進められています。

DeFi Coinの創設者であるスコット・ライダー氏はこう説明しています。「私たちは、メインウォレットを3つに分割する予定です。その目的は、メインウォレットが、私たちが上場を予定している主要な中央集権型取引所全てに流動性を提供するためです。」

「我々は、独立したマーケティングウォレットと、取引所の開発作業の資金調達に特化した第3のウォレットを持ち、DeFi Swapでできるだけ多くのトークン・ペアに大きな流動性を提供できるようにします。」

また、ライダー氏は、マーケティングウォレットは、1時間あたり500円の料金でDEFCを販売設定がされるが、プロジェクトには、自動バーン機能も含まれていると述べました。

DEFCは、取引量や保有者数から見ると、小さなコインです。しかし、4ドルの史上最高値から下落した後でも、高い潜在的な上昇力を持つおすすめの割安な狙い目仮想通貨であるといえます。これもまたおすすめの仮想通貨の一つと認識して良いでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Avalanche|仮想通貨のおすすめ14位

【全ての人に推奨できる仮想通貨のおすすめ銘柄】

Avalancheは、拡張性を考慮した相互運用性のある環境で、DeFiアプリケーションやエンタープライズブロックチェーンの展開を開始するプラットフォームです。

AVALANCHEの画面

アプリケーションやカスタムブロックチェーンを作成する開発者は比較的早く開発を進めることができます。このプロトコルは2021年に力を発揮し、トップコインのランクに躍り出ました。

AVAXは2023年は下落基調ですが、依然として2023年以降に投資するべきおすすめの仮想通貨の一つであり、長期的には強気で有望であると見られています。

Ethereum|仮想通貨のおすすめ15位

【ステーキングにもってこい仮想通貨のおすすめ銘柄-ETH】

ethereum

ブロックチェーンネットワークが世界中の分散型アプリケーション(dApp)開発者に支持されていることから、超おすすめの仮想通貨ブランド「イーサリアム」は紹介するまでもないでしょう。イーサリアムのネットワークは、スマートコントラクト機能により、これらのアプリケーションの基盤を提供しています。このスマートコントラクトは、特定の取引から仲介者を排除し、プロセスを完全に分散化させることに強みをもっています。イーサリアムのユースケースとこれまでの上昇を考えると、間違いなくイーサリアムは今、購入すべき最も熱い仮想通貨です。

イーサリアムのガス代は何ヶ月も批判されてきましたが、近々リリースされる「Ethereum 2.0」のおかげで希望が見えてきたかもしれません。このアップグレード(イーサリアムマージ)は、早ければ2023年8月に実施される予定で、イーサリアムは「Proof of Stake」プロトコルに移行する予定です。

これにより、ブロックチェーンのスケーラビリティが大幅に向上し、手数料も低減されます。このアップグレードが実現すれば、これまで以上に多くの人が “Ethereum “を選択し、購入するようになるかもしれません。これらの理由から、私たちはイーサリアムをおすすめのステーキング仮想通貨としてランク付けしました。マニアックな仮想通貨ファンには意外に狙い目かもしれません。

インドの仮想通貨技術者からも注目を受けており、今後スマートコントラクトのプラットフォームとして活躍すること間違いありません。

Everdome|仮想通貨のおすすめ16位

【有名企業も注目の仮想通貨のおすすめ銘柄】

Everdome coin

Everdomeは、Metaheroエコシステムに属するメタバース銘柄関連の期待されている仮想通貨としておすすめです。Metaheroの超高精細アバターと現実世界のスキャンオブジェクト機能により、Everdomeで魅力的なメタバースの世界を構築しています。Everdomeは、超リアルなグラフィックスでユーザーを魅了する、ユビキタスなWeb3体験の創造を目指しています。

Everdomeは、Facebook、Microsoft、Nikeなどの企業が乗り出したメタバース業界の注目の高まりに乗じています。このプロジェクトでは、ソーシャルインタラクション、ゲーム、ビジネスなどの領域でメタバースをグローバルに導入することを想定しています。また、メタバースにおける土地の創造は、現実世界と同じような論理であると考えられています。

つまり既に仮想不動産そのものが需要の高い上、希少性があり、高値を追っていくと予想されています。Everdomeのビジョンである超リアルなメタバースにより、同社のメタバースはそのような希少価値の高い仮想通貨銘柄となることを目指しています。

MonaCoin|仮想通貨のおすすめ17位

【日本発 – Made in Japan仮想通貨のおすすめ銘柄】

日本で生まれたおすすめの仮想通貨、MonaCoinは、分散型決済ネットワークを持ち合わせています。特に2013年に設計され、高速で安全なピアツーピアの取引を提供します。

おすすめ仮想通貨Monacoinの画面

MonaCoinのシステムは、ビットコインの遠い子孫です。MonaCoinはLyra2Revというアルゴリズムをベースにしています。これはLitecoinのハードフォークをベースにしているため、元を辿るとBitcoinのフォークなのです。

つまり、MonaCoinの取引は、電力消費量の少ない最新のPoS(Proof-of-Stake)アルゴリズムではなく、PoW(Proof-of-Work)コンセンサスアルゴリズムを使用して認証されるのです。

MonaCoinはPoWベースであるため、ステーキングに適したコインの1つとは言えません。MonaCoinがおすすめの仮想通貨ランキングに入った理由は他にあるのです。

これは、ステーキングがその検証プロセスに含まれていないためです。しかし、代わりにMONAをおすすめのマイニングコイン1つと考える人もいます。仮想通貨を選ぶ上で、どれがいいかは人それぞれですが、こういったハイコンセプトな仮想通貨銘柄を選ぶのもおすすめです!

JasmyCoin|仮想通貨のおすすめ18位

【技術力に定評のある仮想通貨の銘柄】

jasmycoin

JASMYトークンは、Jasmy Internet-of-Things (IoT) プラットフォームで使用するために設計されたおすすめのERC20仮想通貨です。分散型であるJASMYプラットフォームは、大規模なデータ漏洩に対する脆弱性や統計の不正確さなど、中央集権的な消費者データに関連する問題を解決することを目的としています。このプラットフォームの目標は、JASMYトークンを交換媒体として使用すること以上に、企業とユーザーがそれぞれの条件で自由かつ安全にデータを共有できるIoTエコシステムを構築することです。ユーティリティトークンとしてビジネス利用を前提としたJASMYトークンは、価値交換や決済サービスの証明として、デジタルデバイスを用い、トークンを移動させることが可能です。

JASMYの背後には、非常に優秀なチームがいます。元ソニー第7代社長の安藤国威氏、元ソニースタイル代表取締役の佐藤一雅氏、1971年からソニーに在籍した盛田氏など、元ソニー社員が集まって結成されたのです。

この分散型プロジェクトは、プラットフォームと同時に、開発者や企業のためのコミュニティ「JASMYリーグ」を立ち上げました。その目的は、ジャスミープラットフォーム上でのイノベーションを支援し、刺激することです。このウェブサイトでは、学習教材、革新的な開発者への賞、コミュニティの交流の場などを提供しています。

JasmyCoin(JASMY)トークンは、このIoTデバイスのための分散型ネットワークを動かすものです。その主な用途は、ネットワークの支払いソースとしてです。このおすすめの仮想通貨は、様々なデバイス間で転送することができます。

Solana|仮想通貨のおすすめ19位

【長期保有にぴったりの仮想通貨のおすすめ銘柄】

solana japan

2021年初頭、NFTブームの中で台頭したもう一つのおすすめの仮想通貨がSolana(SOL)です。Solanaは、ネットワークのスケーラビリティ、印象的なスループット、革新的なPoH(proof of history)合意メカニズムにより、イーサリアムの競合として地位を確立しています。

2021年にSolanaがこれほど指数関数的に成長した理由は、NFTとdAppsの開発のために低コストでエネルギー効率の高いトランザクションを提供するネットワークが必要だったからです。このプロジェクトはこの目標を達成し、現在ではNFTの量において市場最大のネットワークの1つになっています。2021年に大成功を収めたものの、ネットワークは停止や集中化の問題に悩まされてきました。しかし、ネットワークの検証者の数が増えるにつれて、これらの問題は少なくなっていくはずです。

Solanaはここ数カ月でやや下落していますが、それでもこのネットワークは大量の取引を促進している上、NFT愛好家の間では依然として人気があります。ETH2.0のリリース後、Ethereumを超越することに成功すれば、Solanaは仮想通貨の将来的なおすすめの銘柄に値することは間違いないでしょう。

これからの仮想通貨のおすすめの選び方

上記の仮想通貨おすすめランキングでは、多数の今注目すべき銘柄を紹介しましたが、世の中にはまだ他にも仮想通貨おすすめランキングに入りうる銘柄は存在するでしょう。

仮想通貨の歴史を振り返ると、ビットコインが発売されたとき、その価値は今とは比べものになりませんでした。やがて、マイナーがブロックを検証し報酬を得るために競争したため、その価値は上昇しました。今や当然のようですが、ビットコインは仮想通貨の礎を築き、価値も非常に高い銘柄です。

そして、イーサリアムは、ビットコインに次いで市場で2番目に大きな仮想通貨です。イーサリアムは、プルーフオブワークシステムに変化をもたらしています。

さらに、イーサリアムのプラットフォーム上で開発者が気兼ねなく新たなアプリケーションを開発できたり、スマートコントラクトを実装できたりと、仮想通貨としてだけでなく社会やビジネスに変革をもたらす可能性を秘めています。それが故に、ビットコインの次に注目されるような存在になったのです。

こういった流れを受け、未だかつてないほどに、狙い目を探る多くの投資家が、おすすめの仮想通貨に投資するために動き出しているのです。

しかし、仮想通貨は技術面やビジネス面など、専門知識を要する分野なので初心者の方は、どこにどのように投資したらよいかわからないことでしょう。そうです。仮想通貨の稼ぎ方はそんなにシンプルなものではないのですから。なので、仮想通貨おすすめランキング通りに投資をするのもいいですが、自分で研究し知識を積み上げていくことも、仮想通貨投資では非常に重要です。

ここではおすすめの仮想通貨を選定するための重要なヒントを紹介します。当サイトも仮想通貨 購入に役に立つおすすめランキングを目指して、これらの判断基準をもとにしています。

上記のおすすめの仮想通貨には掲載されていない気になる仮想通貨があれば、ぜひ、以下の評価基準を参考にしていただけると、仮想通貨の購入に役立つはずです。

プロジェクトサイトとソーシャルメディア

専門家は、プロジェクトの概要をチェックすることが重要であると述べています。仮想通貨プロジェクトのウェブサイトやソーシャルメディアチャンネルをチェックし、プロジェクトがどれだけ社会的に活発であるかを感じ取り、プロジェクトやチーム、そのコミュニティについてより深い学びを得ることもできます。プロジェクトのウェブサイトが、説明が簡単で、機能的であること。そしてプロジェクトやその背後にある開発チームやホワイトペーパーやロードマップに関する詳細をオープンに共有している必要があります。

チーム

おすすめの仮想通貨プロジェクトの背後にいるチームの信頼性と経験は、その成功/失敗に大きな影響を及ぼすことがあります。チームがオープンに開示されていない場合、それは危険信号でしょう(ビットコインは例外です)。また、チームの仮想通貨市場に関する過去の経験や、彼らが手がけた他のプロジェクトも見ておきたいところです。例えば、このプロジェクトが彼らの最初のプロジェクトなのか、それとも成功した仮想通貨プロジェクトを開発した確かな実績があるのかを知りたいところです。さらに、プロジェクトチームの幹部にも注目しましょう。評判の良い幹部がいるプロジェクトや、確立された企業とのパートナーシップも、ポジティブな兆候です。

ホワイトペーパーとロードマップ

おすすめ銘柄ランキングの中の仮想通貨や、将来性のある仮想通貨銘柄に投資する前に、コインやトークンの長期的な価値を評価するために重要な要素は、そのプロジェクトのホワイトペーパーとロードマップです。堅実な仮想通貨プロジェクトは、強力かつ明確に定義されたホワイトペーパーとロードマップを有しています。ホワイトペーパーは、仮想通貨プロジェクトが作成・公開する文書で、そのコンセプトに関する技術情報を提供し、メリットがあるかどうかを判断するのに役立ちます。一方、ロードマップは、仮想通貨プロジェクトがその希望に満ちたコインがどのように成長し進化する計画なのか、期待値を把握するのに役立ちます。

主要投資家

プロジェクトにすでに投資家がいるかどうか、いるとしたら誰なのかを見極めます。そのプロジェクトが、有名な投資会社や大手の投資家からすでに投資を受けている場合は、良い兆候です。それは、彼らがデューデリジェンスを行い、プロジェクトの長期的な実行可能性を信じているためです。最近では仮想通貨ETFなどもあり、投資商品としての地盤も固まっているので、投資会社、投資家、金融機関からの信頼を得ていることは間違いありません。

コミュニティ

多くのおすすめの仮想通貨プロジェクトでは、プロジェクトをサポートするコミュニティが、その仮想通貨の可能性を左右することがあります。コミュニティの熱意と規模は、プロジェクトの初期および継続的な成功に大きな役割を果たしますが、コインやトークンを評価する際には、この要素に注意する必要があります。

時には、誇大広告が、プロジェクトの実用性や価値を上回り、本来の価値を覆い隠してしまうことさえあります。だからこそ、誇大広告だけに基づいてコインやトークンに投資するのではなく、時間をかけて上記のすべての要素を熟知してから、そのコミュニティに信頼を置くべきなのです。

主観的ではありますが、その資産が割高なのか割安なのか、という視点に着目することが大切です。これらを念頭に置くことで、おすすめの仮想通貨を選んで投資することができます。ファンダメンタルズを押さえた上で、仮想通貨チャートとおすすめのテクニカルインジケーターを補足的に利用することで、仮想通貨投資の判断材料にすることができます。

今では、通常の企業とは異なるDAOという組織体制をとっているコミュニティもあるので、尖ったプロダクトが生まれやすい環境になっている点にも注目です。さらには、AIが仮想通貨に対して介入するプロジェクトもあり、プロジェクトの多様性も広まっています。

おすすめの仮想通貨が取引できるサイト人気ランキング

仮想通貨のおすすめランキングにリストアップされている仮想通貨は、ウォレットにコネクトしてから購入できる銘柄もあれば、取引所に上場していれば取引所ですぐに買えるものもあります。

まだ、取引所のアカウントをお持ちで無い方は、仮想通貨を購入できる環境を整えることからがスタートとなるでしょう。

ですが、仮想通貨業界のプロバイダーは200社以上あり、取引要件に合った仮想通貨取引所を自分自身で選ぶことは非常に困難です。

安全性、対応トークン、手数料などの要素だけでなく、カスタマーサービス、ウォレットの安全性、最低口座残高なども評価する必要があります。

当サイトでは、日本で利用可能で、おすすめの仮想通貨を取り扱っているサイトを紹介するにあたって、厳格な基準を設けた上で、それに基づいて調査を行っています。

特に優先しているのは、低い手数料、安全・安心、優れたカスタマーサポート、そして利用可能なマーケットの数です。

その結果、おすすめの仮想通貨を買えるサイト人気ランキングを制作しました。仮想通貨おすすめランキングと合わせて、ご確認お願いします。

以下の人気ランキングの中で、ご自分の要件にあったサイトを選びましょう。

※プレセール中のものは、取引所に未上場ですので、上記仮想通貨おすすめランキングのリンクからウォレットと接続の上購入をお願いします。

Coinbase|1位|仮想通貨おすすめ銘柄が買えるサイト

【初心者におすすめの仮想通貨が買えるサイト】

coinbase logo

Coinbaseはほとんどの地域で提供されていますが、このプラットフォームは仮想通貨初心者に優しく、特に米国でおすすめの仮想通貨が買えるサイトの1つです。このサイトは現在、7,000万人以上のクライアントにサービスを提供しており、シンプルで負荷の少ない投資プラットフォームであるためCoinbaseが選ばれています。実際、数分でアカウントを開設し、デビットカードやクレジットカードで即座に仮想通貨に投資することができます。つまり、数分でイーサリアムやその他の通貨、例えばXRPを購入することができます。

主な欠点は、すぐに始めることができますが、デビット/クレジットカードの取引は3.99%の手数料が発生すること点です。他のオプションとしては、ACH経由で資金を入金することです。この場合資金が入金されると、仮想通貨の購入を完了するために1.49%手数料だけで済みます。しかし、これでも他のおすすめの仮想通貨と比較すると、まだ高価であると考えられています。仮想通貨を買うサイトをどれがいいか選ぶのもまた重要ですので、手数料についてもよくご検討を。

ポジティブな点に戻ると、Coinbaseは市場で最も安全な仮想通貨が買えるサイトの1つであるといえます。最強のセキュリティプロトコルにより、顧客のデジタル資金の大部分をコールドストレージに保管し、すべての新規顧客の身元を確認し、各アカウント保有者に2FA(2段階認証)の設定を要求します。さらに、Coinbaseには、24時間体制で働くセキュリティチームがあり、お客様のアカウントを安全に保つためにフル稼働しています。仮想通貨のステーキングやローンに興味があるのであれば、Coinbaseは2023年に検討すべきおすすめの仮想通貨イールドファーミングプラットフォームでもあります。

おすすめする理由:

  • ユーザーフレンドリーなモバイルアプリを提供
  • クレジットカードやデビットカード、PayPalを使って仮想通貨を購入することが可能
  • 素晴らしい教育コンテンツを提供
  • モバイルアプリで2段階認証を提供

Crypto.com|2位|仮想通貨おすすめ銘柄が買えるサイト

【総合的良い、おすすめの仮想通貨を買えるサイト】

Crypto.comは、近年、広告にマット・デイモンを起用したり、F1のスポンサーになったりして人気を博crypto.com logoしています。このウェブサイトは、仮想通貨で報酬を得るため、ユーザーにエキサイティングな方法を幅広く提供しています。

DASHや仮想通貨、アルトコイン250種類以上のおすすめ有望銘柄を購入でき、仮想通貨1000倍レバレッジによるおすすめの信用取引、「Crypto Earn」プログラムで仮想通貨の利息を得る方法、店舗で仮想通貨銘柄を使用するためのメタルVISAカードも提供されています。

デビットカードでDASHを購入する場合、Crypto.comは2.99%の手数料が必要となります。ただし、このプラットフォームでは、アカウントを作成してから最初の30日間はこの価格が免除されます。

Crypto.comは、仮想通貨、アルト通貨を含む100種類以上のおすすめ銘柄に対応したモバイルウォレットも持っており、おれはDeFiウォレットでもあり、多くのDeFiトークンをサポートしています。

おすすめする理由:

  • 250種類の仮想通貨を提供
  • コインへの出資が可能
  • NFTマーケットプレイスを提供
  • 低い取引手数料
  • 無料の仮想通貨預金
  • VIPの取引手数料優遇
  • ユーザーフレンドリーなモバイルアプリ
  • 取引手数料は取引量の増加に伴い減少

Binance|3位|仮想通貨おすすめ銘柄が買えるサイト

【手数料が安い、おすすめの仮想通貨を買えるサイト】

(*2023年末より、日本からの新規利用をストップしているようです。そのため、新規でご利用のかたは上述のサイトをご利用いただくことをおすすめします。)

Binance

低手数料という要素だけでなく、おすすめのP2P関連の仮想通貨を扱うサイトを探している場合、Binanceは検討する価値があります。この人気のあるオンライン取引サイトでは、ETH/BTCなどの仮想通貨ペアをわずか0.10%で取引することができます。つまり、合計100ドルで、手数料はわずか0.10ドルということです。

仮想通貨の購入を法定通貨で希望する場合は、追加の手数料が適用されます。例えば、ACHと銀行電信送金では手数料無料で処理されますが、最終的には0.5%の購入手数料を支払う必要があります。さらに、VISAやMasterCardでの入金を希望する場合は、この手数料にさらに4.5%が加算されます。

このウェブサイトからサインアップしたユーザーは、100ドルのBinanceボーナスを受け取ることができます。

その結果、これはBinanceをUSD等の法定通貨以外で仮想通貨を取引したい人にとっては割高となります。Binanceについて注意すべきもう一つのことは、eToroやWebullとは異なり、このプラットフォームはSEC(米国証券取引委員会)によって規制されていないことです。実際には、Binanceは単一の法域で規制されていないため、資金の安全性は十分であるとは言えません。Binanceアカウントにアクセスするには、メインのオンラインウェブサイトを使用するか、iOS / Androidアプリをダウンロードすることができます。

Binanceは最大の仮想通貨を買えるサイトの一つで、以下のことが可能です。 Terra Luna、AAVEの購入、その他の新しいトレンドの仮想通貨を低額の取引手数料で購入できます。

仮想通貨だけでなく、Binanceでは、NFTマーケットプレイスでおすすめNFTに投資することもできます。それでも尚、Binanceに満足していない人のために、市場にはいくつか代わりのサイトが市場にあります。

おすすめする理由:

  • 取引可能な仮想通貨の種類が豊富
  • 低い取引手数料
  • 初心者から上級者まで対応できる取引プラットフォーム
  • 専用ステーキングサービス

仮想通貨 ランキングのおすすめ銘柄が買えるサイトの選び方

さて、仮想通貨 ランキングのおすすめ銘柄が買えるサイトのランキングがわかったところで、次は自分に合ったプロバイダーを選ぶ際に注目すべき主要な指標を解説していきます。

  • 規制
  • 取引可能な仮想通貨
  • 手数料
    – 入金・出金
    – 取引手数料
    – スプレッド
  • ウォレット
  • ツール&機能
    – パッシブ取引ツール
    – プライシングアラート
    – チャートツール
    – 支払い方法
  • カスタマーサービス
  • モバイルアプリ

例)Tamadoge(TAMA)の購入方法~詳細チュートリアル

この仮想通貨おすすめランキングでおすすめのされている仮想通貨の購入を考えている投資家は、上記の仮想通貨のおすTamadoge logoすめの取引サイトを含む多くの中央集権型取引所で購入できるので安心してください。

しかし、TAMAは異なります。というのもTamadogeは現在、ベータ版のプレセール段階だからです。この成長が見込まれる仮想通貨おすすめ銘柄に早い段階で購入したい投資家さんは、多大な利益を得るための準備として、数ステップの事前作業が必要となります。

プレセール中のTAMAはまだ分散型取引所や中央集権型取引所には上場しているないため、運営元から直接購入しなければならないのです。しかし、さほど込み入ったことではないので、以下に紹介するステップを参考にすればどなたでもご購入いただけます。

具体例として、仮想通貨おすすめランキングにあるTAMAの購入方法を紹介します。5つのシンプルなステップで購入可能です。

プレセール中、仮想通貨 どれがいいかのおすすめ銘柄の買い方

ステップ1 – 仮想通貨ウォレットの設定

MetaMaskウォレットは、あらゆる種類の有望な仮想通貨(新しいコントラクトアドレスを持つ新しい仮想通貨を含む)に対応できるため、TAMAの購入に適したウォレットと言えます。仮想通貨 どれがいいかのおすすめ銘柄を買うためには以下の手順に従って購入すると良いでしょう。

MetaMask wallet

ステップ2 – イーサリアム(ETH)またはテザー(USDT)の購入

ETH logo

2023年3月にTAMAが中央集権型取引所で発売されると、投資家やゲーマーはTamadogeプラットフォームで法定通貨を使って購入できるようになります。それまでは、大手仮想通貨銘柄のイーサリアムやテザーを使って有望なTAMAトークンを購入することができます。

Tamadogeは、TAMAを購入するために、ユーザーが最低15ドルのいずれかの仮想通貨をウォレットに持つことを推奨しています。

USDTまたはイーサリアムを購入する方法はたくさんあります。投資家はサードパーティのサプライヤーTransakを介してTamadogeプレセールプラットフォームでクレジットカード/デビットカードでイーサリアムを購入できます。

それ以外の場合、Metamaskのユーザーは、ウォレット内からさまざまなサードパーティプロバイダーからイーサリアムを購入したり、他の場所からインポートしたりすることができます。

ステップ3 – ウォレットをTamadogeプレセールプラットフォームにリンク

画面上の指示に従って操作

Tamadoge presale

ステップ4 – 「Tamadoge(TAMA)」の購入

  • 希望するTAMAの数を入力(最低取引数は1,000TAMAです。)
  • 100ドルで10,000TAMAを購入
  • 「ETHを変換」または「USDTを変換」をクリック
  • 取引内容を確認

ステップ5 – Tamadoge(TAMA)の受取

2023年3月にTamadogeのプレセールが終了すると、投資家はTAMAを受け取ることができます。

Tamadoge tokens

MetaMaskウォレットをお持ちの方は、以下のコントラクト情報を使って、すぐにTAMAを見つけられるようにプログラムすることができます。

アドレス:0x12b6893cE26Ea6341919FE289212ef77e51688c8
小数点以下の桁数:18
トークン:TAMA

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

※その他のプレセール中の仮想通貨おすすめ銘柄に関しても、同様の手順で購入できますので、上記のステップをご参照の上ご購入をお願いいたします。

なお、仮想通貨で得た収益は一定量以上になると、仮想通貨の税金を払う必要がるので、確定申告をしましょう。

まとめ~2023年に仮想通貨のおすすめ銘柄~

いかがでしたがか。他のサイトで見るような仮想通貨の人気ランキングとは一味違った内容でお楽しみいただけたのではないでしょうか。

仮想通貨市場の価格は、金融引き締めがリスク資産に影響を与えるため、投資のタイミングは非常に重要です。ですがそれと同じくらい、どの仮想通貨に投資するかも明暗が分かれる大きな要素です。

今買うべき仮想通貨はどれがいいか、特定するのは難しいことではありますが、ランダムな事象に賭ける純粋なギャンブルとは異なり、知識を見つけていくことである程度、着実に資産を増やせます。

当記事で紹介したようなおすすめ仮想通貨のランキングに掲載されている注目銘柄は、将来有望視されているので、投資の先として検討いただくには最適と言えるでしょう。どれがいいかは当人のアセットポートフォリオにもよるかと思いますが、低価格でも購入でき、ボラティリティが高めなので、ガチホ向きの仮想通貨や国債、不動産など手堅い資産と併せて持っておく形がおすすめです。

おすすめランキングの中には、1000倍となる仮想通貨、言わば化ける草コインも出る可能性はありますので、上述の仮想通貨おすすめ銘柄をご認識いただいて損はないでしょう。

2023年に最も有望な暗号通貨の1つであるLove Hate Inuは、将来的に大きなリターンをもたらす可能性を秘めています – この投票によって得られる暗号通貨は、ユーザーが最も重要な問題に安全に投票することで報酬を得ることができるようになるのです。

ネイティブ暗号通貨である$LHINUは、2023年5月8日まで実施されているプレセールで現在購入することができます。わずか2週間で約150万ドルを調達したLHINUトークンは、現在開催中のステージ2において、それぞれわずか0.00009ドルの割引率で購入することができます。

Love Hate Inu - 史上初WEB3のVote-to-Earnミームコイン

lovehateinu_logo
  • 話題の最近の事柄に投票し、$LHINUトークンをもらおう
  • 初のWEB3 Vote-to-Earnプラットフォーム
  • 安全でかつ信頼でき、そして匿名性で投票可能
  • 資金の持ち逃げ防止 - 90%のトークンがプレセール
  • $LHINUのトークンのステーキングで、投票力を蓄積しよう
lovehateinu_logo

FAQ

今、仮想通貨おすすめは何ですか?

仮想通貨おすすめのポテンシャルは?

今年の仮想通貨おすすめは何ですか?

初心者におすすめの仮想通貨は何ですか?

仮想通貨おすすめに投資する方法を教えてください。