no rows foundno rows found

リップル(XRP)は暗号資産市場のパイオニアの一つで2017年に大幅な価格上昇をしています。それ以来、多くの規制問題が浮上し成長を阻み、必ずしも順風満帆とは言えませんでしたが、今年においてはこれは過去のものとなり、持続的に上昇する勢いに期待が集まっています。

このガイドでは、今後数ヶ月、および数年のXRPの価格予測を行い、コインの価値がどのように影響を受けるかを強調し、低い取引手数料で現在のXRPに投資する方法を紹介します。

リップル(XRP)価格予測

2022年11月現在のリップル価格はトークンあたり0.43ドルとなっています。今後数年間のXRP予測をまとめましたので、コイン価格の今後の展望を見ていきましょう。

  • 2022年末:リップル(XRP)の価格は主に規制問題とマクロ経済要因により、この一年間はとても不安定となりました。しかし、今年に入ってからのわずかな強気傾向によりリップル(XRP)は2022年末までに1.99ドルレベルに達する可能性があると推定しています。
  • 2023年末:1.99ドルの価格は、特に前回、このレベルに近づいた際に価格が急落したため、リップル(XRP)が突破するのは難しそうです。リップル(XRP)がこの抵抗レベルを超えることができれば、2023年末までに3ドルに向かって押し上げられる可能性があります。
  • 2025年末:リップル(XRP)の価格が3ドルに達すると仮定すると、これはコインが2017年の史上最高値をわずかに下回るレベルとなります。リップル(XRP)がこの価格を突破した場合、年末までに5.50ドルへ向かう可能性が大きくなってくると期待が高まっています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

リップル(XRP)の価格履歴

暗号通貨を購入する際は、最新の価格履歴と市場の動きをチェックすることが重要です。最新情報に基づいて決定をし、最高の長期暗号資産投資へのできるかぎりの情報確保を行ってください。

暗号資産の投資をなさっている方は、コインが数年前に「仮想通貨(暗号資産)革命」の最前線にあったため、間違いなくリップルについて聞いたことがあるかと思います。リップルは一貫して世界トップ10の暗号資産に入っていますが、最近には不安定な時期もありました。こうした流れを踏まえ、リップルがどのようにして現在の状況に達したかを見ていき、将来の方向性について可能性を見ていきたいと思います。

XRPについて話す際に「リップル」と呼ばれることがよくありますが、よく誤解されるのは、XRPとリップルは同じものではないということです。簡単に説明すると、リップルはブロックチェーンベースの支払いプロトコル(リップルラボによって作成された)であり、これにより迅速な国際送金を行うことができます。XRPは実際にはリップルネットワークのネイティブ暗号資産であり、こうした送金がどのように行われるかにおいて重要な役割を果たしています。

リップルは2004年に発案されましたが、暗号資産のコンセプトが主流になるずっと前のことでした。ジェド・マケーレブ氏がブロックチェーン技術を使用してリップル暗号通貨の開発をした2011年にリップルは実在する存在になりました。リップルは2012年に正式に売り出され、すぐに銀行や金融会社から注目を集めました。

その後数年の間にリップルは、銀行セクターで変革の可能性が見出され、市場で最高のアルトコインの一つになりました。銀行の多くがリップルネットワークの迅速で、費用効果の高い、国境を越えた決済を容易に行う可能性に関心を抱きました。一般的に使用されているSWIFTネットワークが時代遅れになっていることを考えると、リップルネットはセクター全体にとって自然の成り行きで起こった進歩と思われるようになりました。

リップルの最初の強気相場は2017年12月に始まり、価格が数週間で1200%以上急騰しました。これにより、史上最高値の3.84ドルを記録し、この記録はまだ現在も破られていません。価格はこの高さからすぐに下落し、2020年11月まで上下を繰り返しましたが、この期間に目立った上昇はありませんでした。

リップルの価格チャートを見ると、2020年後半に勢いをつけ、184%の上昇に続き795%急騰しました。しかし、暗号資産史上が2022年に入って弱気史上となったため、この強気の勢いを維持することはできませんでした。3.84ドルの高値以来、リップルは88%修正され、トークンあたり0.43ドルの現在の値段に至っています。

これが、リップルのこれまでのライフスパンに起こった重大イベントの概略です。

  • 2011年にプログラマーのジェド・マケーレブ氏の開発がスタートし、2012年に正式に取引を開始
  • 銀行や金融企業から大きな注目を集め、2017年に急騰
  • 2018年1月に史上最高値の3.84ドルを記録するものの、この後すぐに下落
  • ボラティリティーが上昇した2020年後半まで価格は横ばいに
  • 2022年に入り、上昇を維持することができず、値段は不安定に

XRP価格予測2022年

暗号資産を購入するには、短期的および長期的な暗号資産の見通しを理解することが重要です。リップルについては、ここ数ヶ月で不安定な動きをしており、価格がどう動くかを予測することは困難です。この状況を念頭に置いて、リップルの価格の可能性について、どう予測ができるか詳しく見てみましょう。

ここで、リップルが直面している規制問題に触れておきたいと思います。米ネットワークのCNBCが報道したように、SEC(米国証券取引委員会)はリップルに対して、13億ドル相当の未登録証券を販売したと、訴えを起こしています。これは長引きそうな法廷論争を巻き起こし、リップルの立場は技術的には販売した商品は証券ではなく、リップルは法を侵していないというものです。

つまり、SECはリップルにこの13億ドルを罰金(利息を加え)として支払ってもらうことを望んでいるのです。過去1年半にわたって、両者は和解するはずだと一貫して言われてきましたが、いまのところ実現していません。現状では、訴訟は今年中に裁判が行われる可能性があり、様々な憶測が飛び交い、リップルの価格は激しい変動を引き起こしています。

こうした変動は最終的に、リップルを購入したいものの、価格変動で資本を失いたくない投資家に不安をもたらします。SECが勝訴した場合、リップルに課せられる多額の罰金は、SECのリソースに大きなインパクトを与えるものになります。しかし、リップルが勝った場合、プロジェクトが拡大する道が拓け、リップルにとって極めて強気な相場となるでしょう。

こうした要因を考慮して、2022年のリップル価格予測は、年末までに1.90ドルまで上がる可能性があると予測を立てています。

リップル価格2023年

暗号資産市場で効果的な長期投資となるのは、現実の世界で有用価値のある暗号資産です。リップルネットワークは、現在の決済システムに代わる実行可能で、より魅力的な代替手段となる必要がありますが、リップルには確かにこうした要素があります。先進国のほとんどの銀行が依然としてSWIFTネットワークを使用している現状を考えると、リップルが満たすことのできる市場ギャップが存在することは間違いありません。

第一に、リップルネットを使用した国境を跨いだトランザクションの平均速度はわずか5秒です。対照的にも、SWIFT送金の平均速度は30分ですが、最大24時間かかる場合があります。当然のことながら、リップルネットワークへの移行は、現在の経済スピードを考えれば、経済に関わるほとんどの人にとって有益です。

リップルは各取引にわずか0.00001XRPがコストであるため、手数料の面でも優れています。これは数セントに相当し、コストが非常に低いため、リップルの価格が10倍に上がったとしても、わずかなものです。一方で、国際決済を行う際に3%以上の手数料を請求するSWIFTネットワークよりもあるかにやすいのです。

この決済システムにおけるリップルの役割は「ブリッジ通貨」であり、FX取引をより低価格で行うことが可能になります。銀行がドルをユーロに換金したい場合は、まずリップルを購入し、リップルでユーロを購入できるため、為替手数料がかかりません。これをリップルネットの高速処理時間と組み合わせると、この暗号資産が非常に高く評価される理由は明らかです。

リップルが訴訟の危機を乗り越えて再び成長し始めれば、多くの金融機関がリップルネットワークを使用しはじめるでしょう。これが起こると仮定すると、リップルの価格予測は2023年末までに3ドルに達する可能性があります。

リップル価格予測の長期展望―2025年の予測

ここまでの情報を整理して考えると、リップルは現在、市場で最も過小評価されている暗号資産の一つであると考えるのは当然と言えます。リップルネットには、訴訟問題を考慮しても、すでに多数の主要パートナーがいるため、多くのアナリストが評価に納得がいくでしょう。

リップルのサイトによると、このネットワークは55か国以上の何百もの企業で使用されています。これらの企業には、サンタンデール、バンク・オブ・アメリカ、イタウ・ウニバンコなどが含まれており、最終的には、リップルに絶大な信頼が寄せられ、将来的にさらなるパートナーシップにつながっていく可能性があります。

リップルの技術は、ビットコインのようにコンセンサスをまとめるためのプルーフオブワーク(PoW)アルゴリズムを使用しないため、コインが未来に利益をもたらすことができるもう一つの理由です。代わりにリップルは独自のコンセンサスプロトコルを使用し、ネットワークの検証ソフトが提案するトランザクションをレビューし、大多数がそれを受け入れると認証されます。

このコンセンサスへのアプローチは、プルーフオブワークプロトコルよりもはるかにエネルギー消費が少なく、リップルは環境にやさしい投資家にとって最適な暗号資産になる可能性があります。ただし、議論のバランスを取るためにも、リップルはリップルラボによって管理されていることを考えると、依然として「集中型」とみなされます。そのため、多くの暗号資産愛好家は、コインが完全に分散化されていないために投資を見送ってきました。

しかしながら、全体としてリップルには刺激的な未来が待っているようであり、2025年のリップル価格予測は、5.50ドルまで上昇する可能性があるでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

リップルの潜在的な高値と安値

ビットコインを購入者は、暗号資産市場固有のボラティリティーがあることをよく知っているはずです。これはリップルでも例外とは言えず、価格は劇的な高値になったかと思えば、その後急落するという、多くの場合、数日の間に発生することがあります。

このリップルの価格予測の調査を行うさいに、価格チャートの支持ラインと抵抗ラインのいくつかの重要エリアに注目しました。これらの領域は重複もしくは反転が起こり、短期的なボラティリティーが大きくなります。

以下の表はこれらのエリアを示しており、今後数年で何に注意すべきかがわかります。

潜在的高値 潜在的安値
2022 1.90ドル 0.50ドル
2023 3ドル 1.40ドル
2025 5.50ドル 2ドル

リップルはどう使用されるのか?

リップルには現実の世界で価値を持つ実用ケースがあり、今後数年で価格が上昇する可能性があります。ただし、リップルを保有する理由は、決済処理能力以外にもあります。それを念頭に置いて、コインの実用ケースを詳しく見ていきましょう。

迅速で費用対効果の高い送金

送金はリップルのメインとなる実用ケースです。最終的にリップルと同じ規模のプロジェクトはほかにはなく、多くの人が1ドル未満の最高の暗号資産とみなる理由となっています。ステラなどの暗号資産も同様のサービスを提供していますが、リップルネットワークほどの注目は浴びていません。

さらに、リップルはスケーラビリティの点でも優位に立っており、ネットワークは毎秒最大1,500トランザクションを処理することができます。リップルはまだ比較的中央集権化されていますが、これはマーケティングとパートナー獲得においてリップルラボからのサポート恩恵を受けることを意味します。

投機

すべての暗号資産と同様に、投資家はリップルを投機として使用することができます。過去数年間のコインの成長を考えると、リップルは流動性が高いため、すぐにほぼすべての暗号資産取引所で購入することができます。

リップルの価格チャートを見ると、特にロングポジションとショートポジションの両方を取りたがるトレーダーにとって、コインがリターンする可能性があるとわかります。価格は過去たった数週間で43%以上上昇しましたが、2021年半ばには165%という驚くべき急上昇を遂げました。こうしたリターンは他の資産クラスではなかなか達成されません。

銀行口座のない人を救う

最後に、リップルは開発途上国でも、銀行口座を持っていない住民を支援するために使用することができるのです。こうして金融包摂を加速し、こうした人々に迅速かつ簡単に送金できるようになります。この傾向が加速すると、当然リップルの需要が高まり、長期的に投資家のリターンが大きくなります。

リップルの価格を左右する要素は何ですか?

ここまでは、リップルの価格変動とコインの実用ケースについて説明してきました。しかし、実際にリップルの価格を左右するものは何なのでしょうか? 以下に詳述するのは、短期的および長期的にリップルの価格に影響を与える3つの主な要因です。

進行中の訴訟

前述のように、SECとリップルラボの間で行われている法廷闘争は、リップルの価格の主な推進力の1つです。当然のことながら、リップルは将来の進歩に深刻な影響を与えるかなりの罰金を支払わなければならない可能性があるため、投資家はリップルのポジションに巨額の資本を投入することを躊躇しています。

ヤフーファイナンスサイトによると、両者は何らかの合意があることを期待して、今月申し立てを提示しなければなりません。ただし、合意に達しない場合、訴訟は2022年後半に法廷が開かれる可能性があるとしています。

暗号資産市場への意識

ほとんどのアルトコインと同様に、リップルは依然として、暗号資産市場への意識や好感度の影響を受けています。その規模の大きさのため、小規模のコインほど影響を受けませんが、リップルは依然として全体的な傾向に影響を受けます。過去数週間、暗号資産ニュースの影響を受けることはありませんでしたが、マクロ経済的要因(ウクライナ侵攻など)は、暗号資産全体に対する興味を弱め、投資家を「安全な避難所」の資産に追いやっています。

コイン供給の減少

最後に、リップルの仕組みには独自に「焼却」され、各トランザクションの後に0.00001XRPが焼却されるようになっています。XRPトークンは1,000億であるため、このバーンはごくわずかであり、価格に大きな影響を与える可能性は低いです。しかし、リップルのCEOであるブラッド・ガーリングハウスは、エスクローに保管されているコインを燃やすことに反対はしていないと述べており、もしそうしたことが行われれば、総供給量とコインの価格に劇的な影響を与えるでしょう。

リップルを購入できる場所

短期的および長期的なリップルの価格予測を包括的に理解したところで、投資プロセスに焦点を当てましょう。今日リップルを購入したい場合は、おすすめのベスト暗号資産取引所の中から選んでアカウントを開設してください。多くの選択肢がありますが、オーケーエックス(OKX)暗号資産取引所をお勧めします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ユーザーは2つの方法で入金することができます。一つ目はOKXで直接クレジットカードでリップルを購入する方法です。OKXで使えるクレジットカードは VISA、Mastercard、Applepayなど130種類の支払い方法を取り扱っています。クレジットカードでリップルを購入する場合、カードで支払う場合、手数料がかかります。日本円もしくはリップルの数量を入力すると手数料が表示されます。特定の国や期間限定で手数料無料のキャンペーンを行なっている場合があります。もう一つの国内の取引所から暗号資産をOKXに送金する方法もあります。

メリット

  • アルトコイン数が多い
  • 流動性や取引量が多い
  • 取引方法が豊富
  • 口座開設が簡単
  • 円滑な売買のためのIEOを定期的に実施

デメリット

  • 完全な日本語カスタマーサービスがない
  • ロスカット率が高い
  • 日本円入金ができない
  • セキュリティが不透明

リップルは投資するのに最適な暗号資産ですか?

リップルは今後数年で成長する可能性がありますが、2023年に投資するのに最適な新しい仮想通貨はまだ色々あります。リップル以外にも将来価値の伸びが期待できる仮想通貨をポートフォリオに加えてみるのもいいでしょう。

以下で当サイトで一押しのこれから伸びる仮想通貨を紹介します。

メタマスターズギルド

メタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。熱中度の高い白熱のゲームプレイが楽しめるため、特にスマホと相性が良いNFTのゲームだと言えるでしょう。

リップルのようなアルトコインよりも、プレセール中に人気を集めた実績のある仮想通貨の方が予想価格ははるかに高くつくと見込めます。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、NFTゲームおよび、デジタル通貨業界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。また、MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供することで、プラットフォームのリピーター率を高めているようです。時間が経つのを忘れるほどゲームに熱中することができるため、「楽に稼げるゲーム」を体現するような存在だと言えます。

メタマスターズギルド ゲーム

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのゲームが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取るゲームです。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

日本で人気のNFTゲームとなる可能性を秘めたMMG。詳細情報を知りたい方は、テレグラムの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

メタマスターズギルドのやり方は解説記事にて詳細を紹介しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

C+Charge

C+Chargeのホーム

リップル(XRP)に替わる仮想通貨の中でも、最も環境志向の高いのがC+Chargeです。C+Chargeは、報酬を提供することでEVの運転をより便利にするプロジェクトで、化石燃料から電気自動車(EV)への切り替えを促進しています。EVを題材にするなんて、仮想通貨の中でも異質な感じがすると思った人は多いのではないでしょうか。

CCHGトークンのプレセールはまだ始まったばかりで、トークンは現在0.013ドルで販売されています。トークン価格は、プレセールの最終段階となる第4段階までに80%増の0.0235ドルになる見通しです。伸び幅を見ても、リップル(XRP)の代替として特におすすめできる仮想通貨です。

C+Chargeは、自動車を充電するドライバーにカーボンクレジットを報酬として提供することで、EV所有のインセンティブを高めることを目的としています。カーボンクレジットは、グリーンなプロジェクトに資金を提供することで二酸化炭素排出量を相殺できる許可証で、1クレジットが1トンの二酸化炭素に相当するものです。

C+Chargeのグラフ

C+Chargeは、Flowcarbonとの主要なパートナーシップを経て、Goodness Nature Token(GNT)の形でドライバーにクレジットを提供します。GNTは検証済みの炭素再生プロジェクトに1対1で支援され、Flowcarbonは、Samsung Nextやa16zなどの主要VC企業を惹きつける7000万ドル投資ラウンドを完了したところです。

また、このプロジェクトは、これまでほとんどが大企業の手に委ねられていたカーボンクレジットの所有権を民主化するものでもあります。例えばテスラは、炭素排出量の多い他の企業にカーボンクレジットを販売することで、年間数十億ドルの利益を上げています。

C+Chargeのモバイルアプリは、カーボンクレジットを提供するだけでなく、電気自動車の運転を現在よりずっと便利で効率的にするものです。このアプリは、最寄りの充電スタンドの位置、料金、待ち時間、充電スタンドが実際に機能しているかなどの重要な情報を提供しています。

化石燃料を使用する自動車やトラックは地球を最も汚染するものの一つであり、EVへの転換は地球の気候変動との闘いにおいて重要な意味を持ちます。

CCHGトークンのプレセールは始まったばかりで、最大供給量10億個のうち40%が販売される予定です。興味のある方は、C+Chargeのホワイトペーパーを読むか、テレグラムグループに参加して、より詳しい情報を確認してみてください。

また、C+Chargeの買い方を解説した過去記事もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

プレセール開始日 12月16日
購入方法 ETH、USDT、Transak
プラットフォーム Binance
最小購入額 なし
最大購入額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

FightOut

FightOutは、アクティブなライフスタイルを送るユーザーへの報酬として提供される、最高のリップル(XRP)代替物の1つである$FGHTを開発しました。FGHTは、ユーザーがフィットネスを向上させるために行う動作やステップに対する報酬トークンであることで、ほとんどのアルトコインと一線を画しています。

ユーザーは、ワークアウトやチャレンジを完了し、コミュニティを成長させ、バッジを獲得することでトークンの報酬を得ることができます。ユーザーが体力をつけると、それがアバターに転送され、メタバースで他のプレイヤーとの戦いに使用され、さらにトークンを獲得することができます。

Fightout XRP 代替

アプリ内通貨はREPSで、商品、NFT、トレーナーとの遠隔コンサルティングなどに交換できます。さらにREPSは$FGHTで購入でき、FightOutが主要都市に開設を予定している現実のジムへのアクセスに使用することができる。

FGHTコインの最大の魅力は、現在、最も低い価格で販売されていることだ。

トークンの価値はプレセール期間中も変わりませんが、投資家は投資額と権利確定期間に応じてボーナストークンを受け取ります。また、FightOutは上限供給量の10%のみを流動性に割り当てているため、$FGHTは取引所に到達した際に急騰する可能性が高いです。

投資家は、テレグラムチャンネルに参加し、ホワイトペーパーを読むことで、このアルトコインの詳細を知ることができます。

100億のトークン供給のうち、90%はプレセール用です。取引所よりも多くのトークンが現在入手可能であり、投資家は、コインがより希少になった後でより高い価格を支払うことに驚くべきではないでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Dash 2 Trade

D2T

2022年に投資するのに最適な暗号通貨として D2T をお勧めします。現在プレセール中のD2T は、暗号分析およびソーシャル取引プラットフォームである Dash 2 Trade のネイティブ暗号資産です。 D2Tは、トークン所有者にDash 2 Trade プラットフォームのさまざまな専用取引ツール、機能、シグナルへのアクセスを提供します。

D2T を使用すると、投資家は排他的な取引競争に参加することで、無料の D2T トークンの報酬を競うことができます。 また、Dash 2 Trade は、各トレーダーのリスクプロファイルを分析し、リスクプロファイラーを通じてリスク選好度を評価します。

Dash 2 Trade は、ソーシャルインジケーターを通じて、SNSのエンゲージメントレベルなど、社会文化的な価格変動に基づいた取引シグナルを提供します。 Dash 2 Trade ホワイトペーパーによると、このプラットフォームは、自動取引ボット、プレセールプロジェクトのスコアリングシステム、バックテスト ツールなどの特別な機能を導入して、ユーザーの取引体験を向上させることを目指しています。

D2Tの総供給量は 10億で、その70%がプレセールに割り当てられています。 現在、9期目のプレセールのステージ 3で、D2T トークンの価格は $0.0513 です。 このトークンは、プレセールの開始以来、560 万ドル以上を調達しています。9期が終了すると、ユーザーは スターターおよびプレミアム枠のパッケージを購入できるようになります。これにより、Dash 2 Trade ダッシュボードの特別な取引機能にアクセスできます。

※Dash 2 Tradeのプレセールは見事成功し、最終資金は総額15.42ミリオン米ドル(約10億円超)にも及びました。トークンであるD2Tのおすすめ仮想通貨は、現在取引所にて購入可能です。リップルの価格予想よりも高くなる可能性があるので、高騰しすぎる前に確保しておくことが得策でしょう。

Dash 2 Tradeの買い方など詳細が気になる方は、左記のリンクから確認しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

IMPT―トークンでカーボンクレジットNFTを購入

IMPT logo

IMPT は、炭素クレジットをトークン化した持続可能な暗号資産プロジェクトです。これは、大気から除去される 1トンの 二酸化炭素排出量に相当します。炭素クレジットは、イーサリアムブロックチェーンで NFT として発行されます。

これらの NFT は、ネイティブの暗号通貨である IMPT で購入できます。 IMPT のホワイトペーパーによると、このプロジェクトで買い物客と企業をつなぐショッピングプラットフォームが開発されます。 IMPT は、有害な産業活動によって排出された炭素排出を削減しようとする何千もの大手小売企業と提携しています。

買い物客は、ショッピングプラットフォームで IMPT トークンでキャッシュバックを受け取ります。これは、企業が販売マージンから割り当てるものです。 トークンは、IMPT のプラットフォームで 炭素クレジットNFT と交換することができます。主な目的は、これらの NFT を市場から取り除くことです。つまり、NFT が表す排出量をなくし、ブロックチェーンからその存在を無効にすることです。NFT を削除することで、ユーザーは流通市場で取引できる新しい NFT を受け取ることができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

リップル価格予測―結論

要約すると、このガイドでは、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、マクロ経済分析を通じて出されたリップル価格予測を提示しました。リップルは間違いなく、SECとの進行中の法廷闘争が主な原因で、ここ数か月間困難な時期になりました。ただし、リップルがこれを乗り越え、成長へと向かうことができれば、コインが前進する大きな可能性があります。

もう一つのおすすめとして、新しい暗号通貨のトップの1つとしてDash 2 Trade (D2T) をお勧めします。 現在プレセール中の D2T は、トークンあたり 0.0513 ドルで購入できます。 もう1つのおすすめ暗号資産は、IMPTです。これは、NFT とe コマースの要素を取り入れて、炭素クレジットセクターに実用性をもたらすこれからの暗号資産です。

Meta Masters Guilds - 新世代のブロックチェーンゲーム

当サイトの評価

MEMAGのロゴ
  • トップレベルのゲーム開発から支援あり
  • 現在、絶賛プレセール中
  • 発行枚数上限あり、ベスティングなし
  • NFTで遊べる!さらに報酬やステーキングあり
  • Solid ProofやCoinsniperによって承認済み
MEMAGのロゴ

リップルが1ドルに達する日は来るのか?

2025年のリップルの価値は?

現在のリップルの現在の価格はいくらですか?

リップルの開始価格はいくらでしたか?

リップルの最高価格は?