仮想通貨 上場予定 一覧のバナー

「上場予定の新しい仮想通貨に投資したい」という人のため、注目の最新コインをランキング形式で紹介します。大手取引所も注目するプレセール通貨からアルトコインまで、CEX上場通貨を一挙大公開。メリット・デメリットや買い方も合わせてご覧ください。

  • プレイ・トゥ・アーン×たまごっち風ドージミーム
  • 2024年夏注目!40ステージのセールで利益ゲット
  • プレセール終了後、バイナンス上場予定か
プロジェクトローンチ
2024年5月
メタ
ミームコイン、P2E
  • アップグレード可能!AI搭載の犬系ミーム通貨
  • ローンチ開始から高利回りのステーキング報酬!
  • 2日おきにプレセール価格上昇!格安購入するなら今
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
ミームコイン、ステーキング
  • エアドロップ販売方式が話題!注目のソラナコイン
  • アメコミ「サウスパーク」発のアザラシミーム
  • 有名ミームSLERFを手掛けたチームが関与の噂も
プロジェクトローンチ
2024年5月
メタ
ミームコイン
  • Baseチェーン発!最新のマルチチェーン犬系ミーム
  • ステーキング報酬あり、シェアして稼げる新機能が◎
  • コンテンツシェアでポイント獲得、DAWGZと交換
プロジェクトローンチ
2024年6月
メタ
Share-to-Earn、ミームコイン
  • 業界初!カジノゲームの結果に基づくデイリー報酬
  • DICEトークン紹介でアフィリエイト収益25%
  • カジノプレイヤーにエアドロップ報酬225万ドル超
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
GameFi
  • 学んで稼げる!最新の"Learn-to-Earn"プロジェクト
  • 99BTCトークンのステーキングで受動的報酬を獲得
  • 専門家の暗号取引シグナルで優位に立つ
プロジェクトローンチ
2024年4月
メタ
Learn-to-Earn
  • 100倍仮想通貨スポンジボブトークンの後継
  • 1カ月で価格が10倍に上昇、バイナンス上場も
  • ステーキング+ブリッジ合計額2500万ドル超
プロジェクトローンチ
2023年12月
メタ
ミームコイン
  • EVトゥクトゥクで二酸化炭素排出量を削減
  • 仮想通貨セキュリティ企業Coinsultの監査済
  • 年間利回り145%のステーキング報酬を提供
プロジェクトローンチ
2023年6月
メタ
ブロックチェーン

新しい仮想通貨上場予定一覧|2024年のおすすめ

大手取引所にはBinance(バイナンス)、Coinbase(コインベース)、CoinCheck(コインチェック)、OKXなどがありますが、これらに上場予定の新しい仮想通貨をまとめてみました。今なら特別価格で購入できますので、公式サイトでバイナンス上場情報も合わせて確認してみてください。

  • PlayDoge – プレセール開始後すぐに20万ドルの資金を集めた新しい仮想通貨
  • WienerAI – AI×犬系ミームコイン!取引所への上場を計画中
  • Sealana – 固定価格でのプレセールが特徴の新しい仮想通貨!プレセールの初速も◎
  • Base Dawgz – 様々な形で収益を得られるCEX・DEXへ上場予定のミームコイン
  • Mega Dice Token – 新しい仮想通貨カジノプロジェクト!オンラインギャンプル最注目
  • 99Bitcoins – 非常に手頃なプレセール価格で、学びながら収益を上げることができる新しい仮想通貨
  • Sponge V2 – 100倍ミームコイン「スポンジボブトークン(SPONGE)」の後継。仮想通貨上場予定一覧のトップ銘柄
  • eTukTuk – EVトゥクトゥクで発展途上国の交通向上・大気汚染解消を狙う新しい仮想通貨

新しい仮想通貨上場予定一覧|日本でバイナンス上場予定も

ここからは、バイナンス上場予定の仮想通貨銘柄を一つずつ紹介していきます。現在の販売状況や上場情報は、リンク先のプリセールページで確認してみてください。上場前の仮想通貨の買い方は、個別レビューの後で解説していきます。

PlayDoge – ゲームとミームを融合した仮想通貨

仮想通貨市場に新たな波を起こす「PlayDoge(PLAY)」が、プレセールを開始してから数時間で20万ドル以上を調達し、仮想通貨界に衝撃を与えています。PlayDogeは、ドージコインのモチーフを採用し、バーチャルペットを育成しながらトークンを稼ぐことができる新しい仮想通貨プロジェクト。特に90年代の「たまごっち」を彷彿とさせるゲーム性が、幅広い層に支持されています。

コインに投資すべき理由は以下のとおり。

  • 注目のプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)モデル:プレイしながら直接報酬を獲得できます。
  • ミームコインとしての人気:ドージミームを活用し、幅広い認知度と支持を集めています。
  • プレセールの成功:初期段階で高い資金調達を達成し、プロジェクトは高評価。

PlayDogeの公式初期セールは2024年5月28日にスタートし、初期セール終了後に上場予定。主要なDEX(分散型取引所)での上場が計画されており、投資家からのPlayDogeの今後が非常に高まっています。

PlayDogeの購入方法を確認して、次世代のゲーム体験を支持しませんか?下記から公式サイトへアクセスし、プレセールに参加できます。

メリット

  • 遊びながら稼げる新時代の収益率
  • ミーム愛好家が注目している
  • 初期投資家には大きなリターンのチャンス

デメリット

  • プロジェクトの新規性に伴うリスク
調達上限額 未定
総供給量 94億トークン
セール供給量 28億2000万トークン
チェーン BSC
最低購入額 なし
購入方法 BNB、USDT、ETH、クレカ

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

WienerAI – AI系とミーム系を組み合わせた新しい仮想通貨

WienerAI(WAI)は、AIと犬系ミームコインを融合させたユニークな爆上げの仮想通貨。AI(人工知能)を活用し、データ処理や分析の速度を向上させることで、ブロックチェーン内での効率性、精度、セキュリティを強化。

WienerAIの上場予定は、現在のプレセールフェーズの完了後、中央集権型(CEX)および分散型取引所(DEX)に進む予定です。WienerAIの価格予想によれば、プレセールで先行投資の機会をゲットすることで価格上昇によるリターンが得られる可能性があります。ステーキングによる収益も得られます。

WienerAIのプレセールは、ERC-20互換のETHまたはUSDTトークンを使用して参加できます。投資家はウェブサイトにアクセスし、「ウォレットを接続」から取引開始。当プレセールは非常に人気があり、すでに多額の資金が集められています。

今すぐWienerAIのプレセールに参加し、将来の大幅な成長に備えましょう。WienerAIの買い方を参考にして、公式ウェブサイトでプレセールに参加してください。

メリット

  • AIとブロックチェーンの融合
  • 高いセキュリティと透明性を実現
  • 初期投資者に高いリターンの可能性

デメリット

  • ミームコインゆえのボラティリティ
調達上限額 未定
総供給量 690億トークン
セール供給量 207億トークン
チェーン イーサリアム
トークンタイプ ERC-20
最小投資額 なし
購入方法 USDT、ETH、BNB、MATIC、クレカ

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Sealana – ソラナ系最新ミームコイン

Sealana(SEAL)は、ソラナブロックチェーン上でローンチされた動物をモチーフにしたミームコインです。ユーモラスなキャラクター、革新的なプレセール方式、そして有望なソラナブロックチェーンという3つの強みを持つ新しい仮想通貨です。

Sealanaへの投資を検討すべき理由は、以下になります。

  • 希少性を高める総供給量の未公開: Sealanaの総供給量は公開されていません。一般的なミームコインは総供給量が公開されているため、希薄化や管理されていないトークン発行のリスクが懸念されます。しかし、Sealanaは総供給量を公開していないため、希少性が保たれ、投資家にとって魅力的な存在となります。
  • 柔軟性を生み出すロードマップの不在: ロードマップは、プロジェクトの将来像を示す重要な要素です。しかし、Sealanaはあえてロードマップを作成せず、その代わりにコミュニティからのフィードバックや市場のトレンドに基づいて柔軟に変化していくことを選択しています。
  • トークン配布モデル: ウォレットに直接SOLを送信するSend-to-Presales方式は、先行販売への参入障壁を大幅に低くします。同方式を採用したソラナミームSlothana(SLOTH)は、4週間で1500万ドル以上の売上を記録。Sealanaも発売初日に13万ドルを超える資金を集めています。

Sealanaの価格予想では、2024年末にはプレセール時の約14倍の0.0002SOL、2025年は成長が緩やかになるようです。緩やかと言っても「2024年と比較して」という意味で、大幅な上昇には変わりません。

新しい仮想通貨を見逃したくない人は、今すぐSealanaの購入方法をご確認ください。

メリット

  • シンプルな仕組みのSend-to-Presales方式
  • 総供給量未公開の希少性

デメリット

  • 現時点でホワイトペーパーが不明
  • ミームコイン特有の投機性
調達上限額 未定
総供給量 未定
セール供給量 未定
チェーン ソラナ
最小投資額 なし
購入方法 SOL

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Base Dawgz – DEXとCEXへの上場を予定しているミームコイン

Base Dawgz(DAWGZ)は、コインベースが開発したBaseネットワークを基盤にした新しいミームコインです。柴犬をモチーフにしたデザインと、複数のブロックチェーンでの相互運用性が特徴のため、Base Dawgzの買い方も多様です。

Base Dawgzに投資すべき理由は以下のとおり。

  • Baseネットワークの急成長:コインベースによって開発されたため、信頼性と技術的基盤が非常に強固。
  • クロスチェーンの相互運用性:Ethereum、Solana、BNB Chainなど、複数のブロックチェーンに対応。
  • 初期段階での割引価格:初期セール中に投資することで、通常よりも低価格で購入できるため、将来的な利益が期待。

Base Dawgzは、2024年内に主要なDEXやCEXに上場予定の仮想通貨。上場が実現すると、流動性が大幅に向上し、さらなる価格上昇が期待されます。

初期セールは現在進行中で、段階的にトークン価格が上昇します。早期に投資することで、将来的に高いリターンを期待できる可能性があります。初期セールは公式ウェブサイトから参加可能です。Base Dawgzの今後を確認し、下記からサイトをチェックしてみましょう。

メリット

  • ステーキングや価格上昇による収益可能性
  • 多様なブロックチェーンへの対応
  • SNSでシェアすることでトークン獲得可能

デメリット

  • 新しいプロジェクトのためリスクがある
調達上限額 未定
総供給量 84億5300万トークン
セール供給量 16億9060万トークン
チェーン Base(ベース)
最低購入額 なし
購入方法 ETH、USDT、SOLなど

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Mega Dice Token – 上場に近しいオンラインカジノの仮想通貨!

Mega Dice Token(DICE)は、ゲームの楽しさと経済的利益を組み合わせた、仮想通貨を使用するオンラインカジノ。2023年に少規模なカジノから始まり、現在では4000種類を超えるゲームを提供し、月間アクティブプレイヤー数は1万人を超えています。

DICEトークンは現在プレセール中で、複数の主要な仮想通貨取引所に上場予定です。これにより、流動性が増し、投資家にとってのアクセシビリティが向上します。

DICEのプレセールは成功を収めており、すでに約36万5000ドルの資金調達に成功。仮想通貨カジノとしての地位を固めつつあるMega DiceのDICEトークンは、さらに注目を集めるでしょう。仮想通貨市場の新たな動きを見逃さないためにも、Mega Diceの今後に注目してください。

新たな仮想通貨の稼ぎ方として注目です。興味のある方は、Mega Diceの購入方法と公式サイトをチェックし、プレセールに参加してみてください。

メリット

  • バイナンス等への上場が期待
  • プレセール参加者への特典あり
  • 高い流動性と取引可能性が期待
  • ゲームプレイの拡張と独占ゲームへのアクセス

デメリット

  • 仮想通貨の価値が、カジノの業績に依存するリスクがある
調達上限額 未定
総供給量 4億2000万枚
セール供給量 1億4700万枚
チェーン ソラナ
最小投資額
購入方法 SOL、ETH、BNB

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

99Bitcoins – 教育と報酬を組み合わせた新トークン

99Bitcoins(99BTC)は、仮想通貨に関する知識を学びたいと考えている人々に向けた教育プラットフォームです。10年以上にわたりビットコインやその他の仮想通貨について情報発信しており、YouTubeで70万人以上の登録者を持っています。

99BTCは、イーサリアムブロックチェーン上でERC-20トークンとして発行され、将来的にはビットコインブロックチェーン上のBRC-20トークンへと移行する予定です。2024年末までにいくつかの主要な仮想通貨取引所に上場予定があり、この上場がコインの流動性と公共性を高めることが期待されています。

近い将来に予定されているビットコインの半減期や、プレセール中の特典などが投資家の関心を集めています。99BTCがプレセールの目標額1100万ドルに到達するのは時間の問題でしょう。

99BTCのプレセール参加は、初期段階でトークンを割引価格で購入するチャンスです。99Bitcoinsの将来性を期待する方は、下記から99Bitcoinsの公式サイトをチェックしてください。

メリット

  • 新しいトークンモデルで期待大
  • 初期投資家への高い利回りの提供
  • 教育と報酬を組み合わせたトークンエコノミー
  • 複数の仮想通貨で購入可能(ETH、USDT、BNB)

デメリット

  • BRC-20移行に技術的な課題が伴う可能性
調達上限額 未定
総供給量 990億枚
セール供給量  148億5000万枚
チェーン イーサリアム
最小投資額 1ドル
購入方法 ETH、USDT、クレカ

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Sponge V2 – 仮想通貨上場予定一覧ランキング首位のミームコイン

Sponge V2(SPONGEV2)は、2023年を代表する草コイン「スポンジボブトークン(Sponge V1/SPONGE)」の系譜を継ぐ新しい仮想通貨です。Sponge V1は人気のアメリカンコミック主人公、スポンジ・ボブをモチーフとし、仮想通貨上場予定一覧のトップリストに。2023年5月、上場から数日で時価総額1億ドル、100倍超の投資リターンをもたらし、話題となりました。

トークン保有者1万3000人超、仮想通貨インフルエンサーの参入、仮想通貨上場予定一覧からバイナンス上場など、強固なコミュニティ基盤を構築してきました。こうした運営ノウハウやコミュニティ基盤を活用し、アルトコインブームの再来を狙うのがSponge V2となります。Sponge V2も、初代スポンジボブトークンと同様、仮想通貨上場予定一覧リストからバイナンス、バイビットなど大手仮想通貨取引所への上場を見据えています。

現在開催中のプレセールでは、以下の方法でSPONGEV2トークンを入手可能。

  1. Sponge V1(SPONGE)を購入、ステーキングして、その報酬として入手
  2. Sponge V1からSponge V2トークンにブリッジして入手

当サイト独自のSponge V2価格予想によると、今後1年間で100倍の上昇曲線を描く可能性も。仮想通貨上場予定一覧のトップ銘柄として日本でも話題のSponge V2ですが、リスクヘッジの観点からプレセールは余剰資金で参加するようにしましょう。

興味のある方は、Sponve V2の買い方を参考に、下記リンク先からプレセールにご参加ください。

メリット

  • 人気ミームキャラクター「スポンジボブ」を起用
  • 初代Sponge V1は100倍のリターンを記録し、その上昇気流に乗る可能性も
  • 話題性の面で右に出るものなし

デメリット

  • ミームコインであるため、ハイリスク・ハイリターン
調達上限額 650万ドル
総供給量 1500億枚
セール供給量 1050億枚
チェーン イーサリアム
トークンタイプ ERC-20
最小投資額 10ドル
購入方法 USDT、ETH

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

eTukTuk – アジアの交通事情を変革!EVトゥクトゥク仮想通貨の次世代プロジェクト

eTukTuk(TUK)は、電気自動車(EV)技術を取り入れた三輪タクシー「EVトゥクトゥク」によって交通問題と環境問題を解決する、仮想通貨上場予定一覧の有力プロジェクト。「発展途上国のテスラ」を目指すeTukTukは、アジアの発展途上国を中心に世界で2億7000万台以上が稼働するとされるトゥクトゥクに注目。eTukTukは独自のEVトゥクトゥク開発に取り組み、5年以上の開発期間を経て、2024年からスリランカで導入を開始。

そんなeTukTukの新しい仮想通貨「TUK」は、プレセール初週で売上44万5000ドルを記録。new仮想通貨「TUK」は、EVトゥクトゥク専用の充電ステーションの利用決済に用いられるなど、新しい経済圏を構築する予定です。仮想通貨上場予定一覧の有望株として日本でも認知を高めつつあります。

新しい仮想通貨TUKのプレセールは、価格が段階的に上がる複数ステージ制。プレセールで販売されるのはトークノミクス全体の6%に相当する1億2000万枚のみ。早期完売の可能性もあるため、仮想通貨上場予定コインに先行投資して爆益を上げたい方は、eTukTukのメリット・デメリットを考慮した上で、下記リンク先のeTukTukプレセールにご参加ください。

メリット

  • 発展途上国の交通問題と大気汚染を、EVトゥクトゥクによって解決する広大な構想を持つ
  • ブロックチェーン技術を介して、仮想通貨の新しいコイン「TUK」のエコシステムを構築する予定
  • EVトゥクトゥクはスリランカで間もなく実用化

デメリット

  • 仮想通貨上場予定一覧リストに載るが、あくまで上場前の新しいコインなので、ハイリスクな側面も
総供給量 20億枚
セール供給量 1億2000万枚
チェーン BNBチェーン
トークンタイプ ERC-20
最小投資額 なし
購入方法 USDT、BNB、クレカ

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

新しい仮想通貨上場予定銘柄で稼ぐコツ

世界規模で見ると、実は話題になって入るものの、バイナンスの上場予定スケジュールに入っておらず、一部の人の間で購入され億り人を輩出しているプロジェクトは多数あります。

そういった案件は、ある程度値段が上がってから、大手の仮想通貨 上場 一覧に追加されるので、日本にいる人には、不利になりがちです。

したがって、海外の新しい仮想通貨が、話題になりすぎる前に確保しておくことが、仮想通貨上場予定銘柄で稼ぐコツです。

過去には、当記事の仮想通貨 上場 一覧から、バイナンスやコインチェック 上場銘柄が出たので、その際に購入された方は市場価格をゆうに下回る金額で買っています。

仮想通貨で大きな資産を築くための最も効果的な方法として、間違いなく言えることは、話題になる前や上場前の仮想通貨を早期に見つけて、低価格で購入することです。そのような取り組みを考慮している方々にとって、この新しい仮想通貨おすすめのリストは大変役立つ情報となるでしょう。

ビットコインや、イーサリアムなどメジャーな仮想通貨ばかりを転がしているだけでは、いつまで経っても桁違いの資産を手にすることはできないので、そういった人は、思考の変革が必要です。

新しい仮想通貨ランキングは信頼できるか

上場予定前の銘柄が多い新しい仮想通貨ランキングを取り扱ったサイトは、年々増えてきているため、迷っている人も多いでしょう。

当サイトの新しい仮想通貨ランキングは、日本ではまだ有名になっていないものも含めています。私たちは、海外に拠点を置いているため、世界で話題になっているプロジェクトをいち早く見つけ、投資に値するものかをチェックしています。

そして、それが皆様に紹介にするに値すると判断したものだけをランキングに掲載しているのです。

特に仮想通貨市場が飽和状態であることを考えると、どれが最高のアルトコインで、どれが避けるべきコインかを選択することは難しいかもしれません。

そこで、どの仮想通貨が将来性が高いのか、どのプロジェクトが良い見通しを持っているかを見分けるために重要なポイントをまとめました。仮想通貨 上場予定の銘柄を見定めるには、非常に役立つのでぜひご確認いただければ幸いです。

まず、リテールトレーダーが注目している仮想通貨プロジェクトについて、ソーシャルメデ ィアを徹底的に調査しました。その多くは「ミームコイン」であったり、実際のユースケースがないものであったりしましたが、いくつかの仮想通貨は突出していました(Lucky BlockやDeFiコインなど)。

次に、これらの仮想通貨の価格チャートを分析し、単なる「パンプ・アンド・ダンプ(投資家を欺いて人工的に価格を吊り上げたトークンを購入させる組織的な詐欺のこと)」方式でないことを確認しました。

新しいおすすめ仮想通貨のチャート

また、各プロジェクトのホワイトペーパーとロードマップを確認し、トークンの長期的な可能性を判断しました。さらに、プロジェクトを支える開発チームについても調査し、成功に必要な経験とスキルを備えているかどうかを確認しました。最後に、新しい仮想通貨の「トークノミクス」を検証し、長期的な価格上昇の可能性についてメカニズムや供給量の上限を調査しました。

なお、上場予定前の仮想通貨に投資する上での注意事項として、通常の上場仮想通貨と同様に新しい仮想通貨で得た収益は、一定量以上になると、仮想通貨の税金を払う必要がるので、確定申告が必要となります。

新しい仮想通貨は良い投資先となるか?

なぜ、具体的な上場スケジュールが公開されておらず、バイナンス新規上場が考えられるような、新しい仮想通貨が良い投資機会となり得るのか、その主な理由を説明します。ここは、仮想通貨上場予定一覧から選ぶ理由の肝となるので、特に初心者の方は精読することをおすすめします。

ハイリターン

新しい仮想通貨に投資する主な理由は、買う時点での評価額が低く、しばらくした後に価格が上がり売った場合に、高いリターンを期待できるためです。

これは、以前、仮想通貨上場予定一覧に一番として紹介されていたLucky Blockのプレセール価格からも明らかです。プレセール時は、非常に低い価格で購入可能でしたが、当プロジェクトのネイティブトークンがPancakeSwapに上場されると、初期の投資家は4桁のリターンを得ることができたのです。

一般的に、仮想通貨への投資はリスクが高いですが、経験豊富なトレーダーは、既存のコインでは通常得られないようなリターンを得ることができる場合が多いのです。

一方で、バイナンス上場予定スケジュール一覧など、巷ですでに話題になっている仮想通貨は、ある程度価格がすでに上がっていることが多いので、1000倍の仮想通貨レベルの銘柄に出くわす可能性はかなり低いでしょう。

従って、ハイリターンを狙うなら、当ページの仮想通貨上場予定一覧に掲載されている新しい仮想通貨から、検討すると良いでしょう。

成長するコミュニティーへの参加

多くのおすすめの仮想通貨はRedditで支持を得ており、投資家は誰でも成長するコミュニティの一員になれます。その好例がDogecoinで、その公式サブレディットには230万人以上のメンバーがいます。このようなコミュニティの一員であることの利点は、投資家同士の関係構築をし、投資に関する情報を入手できることです。

Dogecoin Redditのページ

革新的な使用例

最後に、新しい仮想通貨は、大衆から目を引くために説得力のあるユースケースを提供する傾向があります。Lucky BlockとDeFiコインはこのアプローチをとっており、過去数ヶ月間、これらのトークンの価値を高めることに成功しました。新しいユースケースを追加することは、トークンに多くの投資を呼び込むことにもつながり、さらなる価格上昇が見込めます。

新コイン発売の情報

この記事を含め、2022年にレビューしたおすすめの新しいコインの1つが、Battle Infinity(IBAT)です。当時、投資家からの早期資金調達額は100万ドルを突破しています。

このように新しいコインのリリース後、初期の時点(プレセール、プライベートセール、ICO)で投資家の関心が高いということは、利益を生むことができるという期待の現れです。

Gartner Hype Cycle New coin launches

新しいコインは、ガートナーのハイプサイクル(特定の技術の成熟度、採用度、社会への適用度を示す図)の初期段階にあり、最も期待が膨らんでおり、最も上昇する可能性がある時点です。

ガートナーのハイプサイクルは、多くのアルトコインのチャート、特に最初の「マニア(熱狂)」と「FOMO(取り残されることへの恐れ)」で表現され、その後、一定の調整が行われます。

ユースケースを実現した新しい仮想通貨化プロジェクトは、その実用性が評価された後、調整期間から回復して「生産性の台地( 安定的な上昇 )」段階に移行することができます。

最近では仮想通貨ETFなどといった金融機関による金融商品もあるので、社会的な信用も獲得してきているのではないでしょうか。

セキュリティトークンに関しては、初めはSTOで比較的に安価で手に入れることができるので、新しい仮想通貨を狙うにとにはお勧めです。

新しい仮想通貨 上場予定 一覧 日本版銘柄を上場前に買う方法

以下では、新しい仮想通貨 上場予定 一覧 日本版銘柄が、バイナンス上場やコインチェック上場、コインベース上場を果たす前に、購入するにはどうしたら良いかを紹介します。

さらに、日本で新規上場する前の仮想通貨への投資方法と、安全に投資するために注意すべき点を紹介します。

プレセールでの早期投資(バイナンス上場後は遅い)

そもそも、バイナンス上場やコインチェック上場などを果たす前の新しい仮想通貨を当該仮想通貨の運営元が販売することを界隈ではプレセールと呼びます。

初期投資家は、新しい仮想通貨の上場が実現する前に、プレセール段階で投資をすることで、仮想通貨上場一覧に載る前よりも安く購入できるのです。

低価格で購入した仮想通貨が、その後何倍にも跳ね上がることがあるので、こういった値段の振れ幅を利用した投資は仮想通貨投資の醍醐味と言えるのではないでしょうか。

なお、仮想通貨取引所にまだ上場していない新しい仮想通貨の詳細については、仮想通貨のプレセールに関する記事を参照してください。

プレセール時の投資は年々、人気が上昇しております。仮想通貨投資に対して経験豊かな人にとっては、バイナンス上場を果たしているような仮想通貨は利益率が低いため、もうすでに遅いと考えている人がいるくらいです。

なお、CoinMarketCap、CoinList、CoinGeckoなどのサイトが新しい仮想通貨プロジェクトのランキングを提供していますが、投資家はプロジェクトに投資する前に十分な調査とデューデリジェンスを行うことが重要です。

どのプレセール中の仮想通貨が儲かるというわけではありません。中には、価格が上がるどころか、上場すらせずに、プロジェクトが中断してしまうようなものもあるのです。

当サイトで紹介している仮想通貨 上場予定 一覧には、そのような危険性の高い新しい仮想通貨が入っている可能性は極めて低いです。なお、注意すべき仮想通貨は、ウェブサイトやロードマップがうまくまとめられていなかったり、チームが匿名であったり、ソーシャルメディアにおけるエンゲージメントが低かったりします。

仮想通貨上場予定一覧の確認

新しい想通貨市場は、何年にもわたる急激な成長を経て、「一息ついている」と言ってもいいでしょう。しかし、これは新しい仮想通貨の上場量が減速しているという意味ではありません。バイナンスをはじめとする日本のおすすめの仮想通貨取引所には、有望な価格の見通しを持つエキサイティングな多くの仮想通貨が上場しています。

仮想通貨上場予定一覧のリストで最新情報を入手しましょう。Coinmarketcap.comは、仮想通貨とブロックチェーンのエコシステムにおけるすべての主要イベントをリストアップしているため、常に情報を入手することができます。

また、バイナンスへの仮想通貨上場スケジュールを確認することができます。このリストには、最近バイナンスに上場したプロジェクトのうち、革新的なユースケースとエキサイティングなロードマップによって市場を席巻しているプロジェクトが含まれています。

プロジェクトのソーシャルチャネルに参加する

新しい仮想通貨の上場日と場所、つまりどの仮想通貨取引所に上場するかの通知を受けるには、特定のトークンがある場合、まずその仮想通貨プロジェクトのソーシャルメディアコミュニティに参加します。

彼らのTelegram、Discord、Twitter、Instagram、Facebook、Redditなどが良いでしょう。

一般的な注意点として、管理やモデレーターがむやみにフォロワーに対してダイレクトメッセージ(DM)を送ることはありません。勝手に送られてくるDMは、ほとんど詐欺まがいです。一対一のコミュニケーションはやめるようにしましょう。

オンライン上では誰かにパスコードを教えたり、「仮想通貨ウォレットを認証してください」というリクエストに応じたりしないでください。フィッシングリンクや、仮想通貨プロジェクトチームメンバーのプロフィール画像やユーザー名をコピーしたり、ソーシャルアカウントをハッキングしたりするなりすましには注意しましょう。

また、Tamadogeの場合、新しい仮想通貨上場のお知らせをメールで受け取ることも可能ですが、これは任意です。

新しい仮想通貨の市場動向の注視

次のバイナンス上場、次のCoinbase上場等、あるいは小規模な取引所への上場が噂されるコインは、しばしばソーシャルメディア上で最も検索される暗号資産となります。

経験豊富な新しい仮想通貨のトレーダーや投資家は、Googleトレンドデータを研究しています。例えば、私たちが上位にリストアップしている数々の新しい仮想通貨銘柄は、最近、次に来る仮想通貨ランキングの中でもトレンドになり、メタバース仮想通貨に対する投資と並んで、有望な銘柄となっています。

また、実用性、ロードマップ、トークノミクスなどの観点も、新しい仮想通貨を評価するためには重要なポイントと言えるでしょう。こういった観点は、購入すべきおすすめ仮想通貨の見つけ方の記事にも掲載しているので、興味がある方はリンク先の記事でご確認いただくと良いでしょう。

上場前の新しい仮想通貨を買う方法

以降で上場前の新しい仮想通貨で当サイトで最もおすすめのものの購入方法を紹介します。具体的な方法をステップバイステップで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

  • ✅ ステップ1:ポテンシャルの高い新しい仮想通貨のプレセールを探す
    当ページで紹介しているバイナンスなどの主要取引所で上場前の新しい仮想通貨の中から、プレセール中のものを選択します。
  • 💳ステップ2:仮想通貨ウォレットのダウンロード
    MetaMaskやTrust Walletなどの仮想通貨ウォレットをダウンロードし、選んだプロジェクトのプレセールサイトに接続します。
  • 🛒 ステップ3:仮想通貨トークンを購入
    最後に、プレセールのサイトの画面の手順に従い、ETHまたはUSDT、そして選択したプレセールトークンを購入します。

すると、プレセール期間完了後に、新しい仮想通貨の発行元からトークンが進呈されます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

詳細な新しい仮想通貨のプレセールトークンの買い方に関しては、各トークンの解説ページにて、詳しく紹介しているので、ぜひご確認をお願い致します。

最近では、日本でも文部科学省や総務省なども、ブロックチェーンの可能性を見越して、教育コンテンツを公開しています。こういった面からも、これからの新しい仮想通貨が増えていき、仮想通貨の需要も、伸びていくとが考えられます。

上で紹介したような、仮想通貨のこれから伸びる系の新しい銘柄を認識しておき、投資のポートフォリオに加えれば、 将来の資産形成に大きな影響を与えることは間違えないでしょう。また、仮想通貨の次に流行るものに興味がある人は、必見ですので漏れなく確認することをお勧めします。

仮想通貨上場予定 2024年版一覧を一読した後に、まだ詳細について知りたい方は、個別プロジェクトの解説記事、そして購入方法を確認いただくことをお勧めします。

まとめ

将来性に満ちた新しい仮想通貨がたくさんリストアップされていた仮想通貨 上場予定 2024年版の情報はいかがでしたか?当サイトは海外にて運営しているため、通常の日本語サイトが扱っている情報とは一味違った情報をお目にかかれたのではないでしょうか。

日本の仮想通貨市場は、非常に盛んですが、技術的な面では海外はかなり進んでいます。それに伴い、仮想通貨ゲームが人気を博し、さまざまな角度から新しい波が来ています。

きっと当ページの新しい仮想通貨 上場予定 一覧 日本版一覧を見るだけで、世界の仮想通貨の動向に対する知識も深められたはずでしょう。NFTゲームの新作タイトルのプロジェクトのネイティブコインが上場するなど、今年も上場前から注目を集める銘柄が多数登場しています。

バイナンスやコインベース、コインチェックなどの取引所で公開されている仮想通貨上場一覧、そして上場予定一覧を自分で確認して投資を検討するのも非常に学びが多いことです。バイナンス上場 スケジュールは公開されていないので、早めに注目しておくことは他と差がつく点なので今後も注意しておくと良いでしょう。

ですが、大手取引所の一覧に掲載されているものは、すでに運営側のフィルターにてふるいにかけられているので、一般的な日本の仮想通貨投資家の方がリーチできる情報は非常に限られています。そういった意味でも、当サイトの仮想通貨 上場予定 2024年版は、大手企業の思惑や不明確な採用基準にとらわれていないので、情報の鮮度や広さは他のメディアよりも秀でています。

当記事で得た情報を下に、有望な新しい仮想通貨を低価格で購入し、未来の資産拡大に役立ていただければ幸いです。

プレセールの段階で購入することは、他の投資家と大きな差をつける最も簡単な方法と言えるでしょう。

よくある質問

仮想通貨 上場予定 一覧はどこで確認できますか?

バイナンスの仮想通貨上場予定一覧はどこにありますか?

2024年上場予定の新しい仮想通貨、おすすめはどれですか?