仮想通貨 上場予定 一覧のバナー

仮想通貨上場予定一覧とは

仮想通貨上場予定一覧とは、バイナンスやコインベース、OKXなどの仮想通貨取引所における上場を果たしていない銘柄、さらにコインチェック 上場未定の仮想通貨も加えて、一覧形式で仮想通貨をご紹介している情報です。

一般的に、取引所に未上場の銘柄、つまり仮想通貨上場予定銘柄は、通常の市場価格よりも低い値段で購入できます。仮想通貨界隈では、プレセール価格と言われるもので、仮想通貨で1000倍を目指すような草コイン投資家なども注目しています。

要するに、仮想通貨の青田買いということです。

当記事で紹介する仮想通貨上場予定一覧を見れば、巷の仮想通貨投資家よりも早く、そして安く、仮想通貨おすすめ銘柄を手に入れられるので、ぜひ参考にしてみてください。

この仮想通貨これから伸びる系銘柄を認識しておき、投資のポートフォリオに加えれば、 将来の資産形成に影響を与えることは間違えないでしょう。また、仮想通貨の次に流行るものに興味がある人は、必見ですので漏れなく確認することをお勧めします。

以下では、仮想通貨上場予定 2023年版一覧を紹介した後に、個別の解説、そして購入方法、そしてプレセールの情報を詳しくステップバイステップで説明していきます。

仮想通貨上場予定 2023年版一覧|早わかりリスト

以下で紹介する仮想通貨 上場予定 2023年版一覧は、まだ大手の取引所、例えばBinance(バイナンス)、Coinbase(コインベース)、CoinCheck(コインチェック、OKXなどに仮想通貨上場していません。

一定期間過ぎると、バイナンス上場、コインベース上場、コインチェック 上場など、上場情報など順次大手取引所でも公開されると考えられます。

まだ大手の取引所の仮想通貨 上場 一覧に載っていない今だからこそ、チャンスに満ち溢れているのでお見逃しなくチェックすることをお勧めします。

  1. メタマスターズギルド – 年内に上場予定の仮想通貨ゲーム
  2. FightOut – 960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略する最高のMove-to-Earn
  3. C+Charge – EVドライバーの報酬を提供する上場予定の仮想通貨ゲーム
  4. RobotEra – 20倍超えが期待されるNFTとメタバースを融合させた新ゲーム
  5. Calvaria – トークン2枚で遊べるPlay to Earn型の新しいカードゲーム
  6. Dash 2 Trade – トレーダーのためのおすすめ仮想通貨
  7. IMPT – 今年もっとも期待できる環境に配慮された仮想通貨が上場予定
  8. Tamadoge – エキサイティングなメタバース系仮想通貨がOKXに上場予定
  9. Lucky Block – 宝くじ業界に革命をもたらす!MEXC、Gate.ioに上場予定
  10. Battle Infinity – LBank、Coin98、PancakeSwapでの最近の上場状況
  11. Adshares – ブロックチェーン技術を活用した広告の改善を促す仮想通貨が上場
  12. LooksRare – 人気のNFTマーケットプレイス発のトークンが登場
  13. Efinity Token – Enjinチーム発のプロジェクト
  14. Kromatika – これからの分散型取引所を創る
  15. Beefy Finance – 分散型イールドオプティマイザー
  16. Digipad – 投資をより安全にするために

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨上場予定一覧日本版の詳細説明|バイナンス上場はまだ

当セクションでは、バイナンス上場を果たしていない仮想通貨銘柄を一つずつ紹介していきます。

この仮想通貨 上場予定 一覧日本版には、日本ではそれほど話題になっていない知る人ぞ知る極秘銘柄を、組み込んでいるので、見たことがない仮想通貨が複数あるはずです。世界規模で見ると、実は話題になっていて大手の仮想通貨 上場 一覧に追加されることが予想されている銘柄もあります。

過去には、当仮想通貨 上場 一覧から、コインチェック 上場銘柄が出たので、その際に購入された方は市場価格をゆうに下回る金額で買っています。

ぜひ、詳細をお見逃しなく確認してみてください。

1. メタマスターズギルド|仮想通貨上場予定その1

【年内に上場予定の仮想通貨ゲーム】

メタマスターズギルド ロゴメタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。熱中度の高い白熱のゲームプレイが楽しめるため、上場予定の仮想通貨の中でも特に高い注目を集めています。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、仮想通貨業界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。また、MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供することで、プラットフォームのリピーター率を高めているようです。プレイヤーは時間が経つのを忘れるほどゲームに熱中することができ、結果としてより多くの報酬を獲得することができる仕組みとなっています。

メタマスターズギルド ゲーム

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのゲームが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取るゲームです。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

日本で上場予定の仮想通貨一覧にも登場したMMG。その詳細情報を知りたいという方は、テレグラムの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

Meta Masters Guildのやり方はこちらを参照お願いします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. FightOut|仮想通貨上場予定その3

【960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略する最高のMove-to-Earn】

FightOutの日本語ページ

健康&フィットネス業界は、世界の統計データを収集するStatistaによると2023年に960億ドルという巨額の市場規模を誇っていますが、その規模は近年伸び悩んでいます。そこで、Move to Earn (M2E : 動いて稼ぐ)アプリとジムクラブを融合したFightOutが、業界の火付け役となるかもしれません。

最大1億ドルという大規模な資金調達により、FightOutアプリ&ジムクラブはこの世界で最も注目される産業の一つをひっくり返そうとしているのです。FightOutは、これまで主流であったWeb2.0の仕組みを変革し、STEPNなどのプロジェクトで実装されているWeb3.0のM2Eの弱点を克服することを目標としています。

STEPNのようなM2Eプラットフォームは、ユーザーの活動を計測してフィットネス目標に対しアプリ内通貨で報酬を与えるというアイデアを広く普及させました。しかし、FightOutはこれから紹介する数多くの機能により、それら既存のM2Eより優れたプロジェクトになる可能性があります。

まず、FightOutは歩数だけでなく、ジム内にセンサーを置くなど、新しいテクノロジーを駆使しあらゆる形態のフィットネス活動を計測します。また、このプラットフォームを利用するにあたって高価なNFTを購入する必要はありません。

FightOutのM2Eは、単にフィットネスの目標を達成するためだけのものではなく、総合的に健康的なライフスタイルを送ることにより報酬を得ることを目的としています。

FightOutの男性アバター

プラットフォームの軸となるのはFightOutのスマートフォンアプリで、アプリではスマホやスマートウォッチによって身体的パフォーマンスを測定・追跡します。FightOutはサブスクリプションサービスで、アプリ内の2つのトークン($FGHTとREPS)は通常の通貨と同様、FightOutに登録するために使用することができます。

運動の報酬はREPSで獲得でき、パーソナルトレーナーやFightOut独自のコーチとの遠隔コンサルティング、グッズ、アバター用のコスメなどのあらゆるアプリ内商品やサービスを、REPSで買うことができます。

$FGHTは現在0.01665002ドル(1 USDT = 60.06トークン)で販売中で、最小購入額や最大購入額の設定はありません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. C+Charge|仮想通貨上場予定その2

【EVドライバーの報酬を提供する上場予定の仮想通貨ゲーム】

C+Chargeのホーム

2023年の上場予定の仮想通貨の中でも、最も環境志向のプロジェクトはC+Chargeです。C+Chargeは化石燃料から電気自動車(EV)への切り替えを後押しすることを目指しており、EVの運転者に報酬を還元しています。EVを題材にするなんて、上場予定の仮想通貨の中でも異質な感じがすると思った人は多いのではないでしょうか。

CCHGトークンのプレセールはまだ始まったばかりで、トークンは0.013ドルで販売されています。プレセールの最終段階となる第4段階までに、トークンは80%増の0.0235ドルになる見通しです。伸び幅を見ても、上場予定の仮想通貨銘柄の中でも目立っています。

C+Chargeは、自動車を充電している間、ドライバーにカーボン・クレジットを報酬として提供することで、EV所有のインセンティブを高めることを目的としています。

カーボン・クレジットは、グリーン・プロジェクトに資金を提供することで二酸化炭素排出量を相殺できる許可証で、1クレジットが1トンの二酸化炭素に相当するものです。

C+Chargeのグラフ

C+Chargeは、Flowcarbonとの主要なパートナーシップを経て、Goodness Nature Token(GNT)の形でドライバーにクレジットを提供します。GNTは検証済みの炭素再生プロジェクトに1対1で支援され、Flowcarbonは、Samsung Nextやa16zなどの主要VC企業を惹きつける7000万ドル投資ラウンドを完了したところです。

また、このプロジェクトは、これまでほとんどが大企業の手に委ねられていたカーボンクレジットの所有権を民主化するものでもあります。例えばテスラは、炭素排出量の多い他の企業にカーボンクレジットを販売し、年間数十億ドルを稼いでいます。

C+Chargeのモバイルアプリは、カーボンクレジットを提供するだけでなく、電気自動車の運転を現在よりずっと便利で効率的にするためのものです。このアプリは、最寄りの充電スタンドのジオロケーター、料金情報、待ち時間、充電スタンドが実際に機能しているかなどの重要な情報を備えています。

化石燃料の自動車やトラックは地球を最も汚染するものの一つであり、EVへの転換は地球の気候変動との闘いにおいて重要な意味を持ちます。

C+Chargeは、DOXとKYCで検証されたチームを持ち、Perfect Solutions Turkeyと提携しています。

CCHGトークンのプレセールは始まったばかりで、最大供給量10億個のうち40%が販売される予定です。プレセールトークンには権利確定期間がなく、ハードキャップは660万ドルとなっています。興味のある方は、C+Chargeのホワイトペーパーを読むか、テレグラムグループに参加して、より詳しい情報を確認してみてください。

また、C+Chargeの買い方を解説した過去記事もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

プレセール開始日 12月16日
購入方法 ETH, USDT, Transak
プラとおフォーム Binance
最小購入額 なし
最大購入額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. RobotEra|仮想通貨上場予定その5

【20倍超えが期待されるNFTとメタバースを融合させた新ゲームが仮想通貨上場予定一覧に新規追加】

robotera japan

RobotEraはブロックチェーン技術を活用し、多彩な手段で収益を得られることができる興奮度の高いGameFiプロジェクトです。ヘッジファンドのLBank LabsのプロジェクトでもあるRobotyEraは、破壊された惑星Taroを再建することを重要ミッションとしています。

新メタバースとPlay to Earn(P2E)が融合したプロジェクト「RobotEra」は、大々的にリリースされ、暗号資産アナリストを熱狂させています。RobotEraは当サイトが購入すべき最高の新NFTプロジェクトとして選んだ一つですが、プレイヤーは単にゲームで報酬を得るだけでなく、エコシステムで複数の収益を得ることができるようになります。例えば、収益源にはNFTの所有権、メタバースの土地構築などがありますが、P2Eの要素を併せ持つ魅了的なプロジェクトだけに、プレイヤーが殺到することは間違いないでしょう。

仮想通貨の専門家やアナリストは、RobotEraをはじめとするGameFiトークンが2023年の弱気相場に耐え下落負けせず、まだ割安感があることから、このプロジェクトに多大な期待を寄せています。

ロボットNFT はゲームをプレイする上で欠かせない存在ですが、アップグレードやカスタマイズができるので魅力はさらに高まるでしょう。ロボットをゲーム内で使用することもできますが、オープンマーケットを利用して任意で 売却することもできます。

土地さえあれば、ゲーム内での行動範囲がが広がり可能性は無限に広がります。実際、RobotEraにはゲーム内にカスタムエディターが用意されており、プレイヤーは自分の好きなように土地を開発することができます。その他、博物館やコンサートなどの入場料や広告の販売などを通して収益化を図ることもできます。

ぜひ、RobotEraのホワイトペーパーをチェックして、Telegramグループに参加してみましょう。RobotEraの詳しい情報や気になるニュースなどが盛りだくさんですよ。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

5. Calvaria|仮想通貨上場予定その7

【仮想通貨上場予定一覧のPlay to Earnと言えばコレ、カードゲーム通貨】

Calvaria は、プレイヤーとエコシステムの参加者に、報酬として$RIAと$eRIAの2種類のトークンを提供する新しいカード獲得ゲームです。トーナメントで優勝したプレイヤーは、報酬としてeRIAトークンが与えられます。プレイヤーは、eRIAを使用して同じ強さのカードを組み合わせることで、より高いレベルのカードを新たに購入することも可能です。

Calvariaプレセール画面

プレセールは既に始まっており、今すぐ参加しないとフェーズ1のプレセール中と同価格でRIAトークンを再び購入することはできません。現在RIAトークンの価格は$0.01ですが、フェーズ2のプレセールには価格が上がり、今後もどんどん上がり続けていくことが予想されます。

eRIAトークンはゲーム内で購入されたり、ゲームの報酬として使用されますが、一方でRIAトークンは、エコシステムの経済的安定性を保証しています。これを達成する方法の1つにステーキングが挙げられます。投資者は、自分のコインをステーキングすることでRIAトークンを利益として受け取れる仕組みになっています。

皆さんもNFTコレクションは、ゲーム界の発展に大きな役割を果たしているのはご存知かと思います。購入にはeRIAトークンが必要ですが、取引税が0%なので、プレイヤーは気軽に購入できる様になっています。Calvariaは、更に今後もコインに機能を追加してトークンのユースケースを拡大することで、価値を上げるていくことにしています。確実に今後も発展していく注目のトークンとなっています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

6. Dash 2 Trade|仮想通貨上場予定その4

【トレーダーに必要な全ての要素をプラットフォームに凝縮、今や仮想通貨上場予定一覧の定番】

Dash2Tradeのロゴ

新規上場このアルトコイン「Dash 2 Trade(ダッシュ 2 トレード)」は、最近プレセールが開始したばかりのプロジェクトです。Dash 2 Tradeは、現在投資家たちが殺到して購入しているプロジェクトで、ユーザーの利益を最大化できるダッシュボードなどからも注目を浴びています。

Dash 2 Tradeはダイナミックな市場で次のステップを踏み出すために、業界全体のユーザーが使用する多くの指標を提供します。以前は経費APIや専門家が作成する必要があった指標を、使いやすい単一のプラットフォームで提供しています。

Dash 2 Tradeのプレセール画面

多くの投資家たちが10月20日に開始したばかりのプレセールに早くから参加しようと急いでいて、開始後24時間以内で既に50万ドル(日本円で約7000万円以上)近くの資金を獲得しています。

ユーザーがD2Tのプラットフォームドを利用してトレードを上達させることで、Dash 2 Tradeとその仮想通貨であるD2Tトークンは、アルトコインNo. 1になることを目指しています。

Dash 2 Tradeのダッシュボードは多数の機能を取り揃えています。例えば、さまざまなデータポイントや推察力を活用して取引のシグナルを提供することで、ユーザーが購入するべきタイミングや、利益が得られる最適なタイミングを教えてくれる機能。他にも、ソーシャルメディアのセンチメントを追跡し、オンチェーン分析を使用することでユーザーの傾向を事前に把握してくれる機能などを備えています。そのため、D2Tは仮想通貨版のブルームバーグターミナルを目指すと宣言しています。

更にDash 2 Tradeは、バックテスターという戦略構築ツールを備えているので、トレーダーは資本を危険に晒さずにリアルタイムで取引戦略を試せるという特徴があります。

※Dash 2 Tradeのプレセールは見事成功し、最終資金は総額15.42ミリオン米ドル(約10億円超)にも及びました。トークンであるD2Tは、現在多くの取引所にて購入可能なので、仮想通貨上場予定一覧が見事的中しました。高騰しすぎる前に確保しておくことが得策でしょう。

D2Tの将来性など詳細が気になる方は、左記のリンクから確認しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

7. IMPT|仮想通貨上場予定その6

【仮想通貨上場予定一覧の逸材、今年もっとも期待できるエコ系銘柄】

IMPTは、カーボンクレジットの使用と、人々がカーボンフットプリント(商品の原材料の調達から、廃棄・リサイクルまでのサイクルの間に排出される温室効果ガスの総量)を削減する目的として作成されたプロジェクト。まさに省エネの仮想通貨というのがぴったりです。

革新的なソーシャルメディアプラットフォームを介して、カーボンクレジットの売買などを行うことが可能となります。

IMPT 仮想通貨

ブロックチェーン技術の使用により、透明性が高く定量化可能な炭素クレジットを提供。

IMPTはすでに10,000を超える世界の主要ブランドと提携し、その信頼性の高さも担保されています。

IMPTのプレセールは1211日に終了し、1900万ドル(約26億円)以上の資金調達に成功しました。今後IMPTトークンは1214日にLBankChangellyUniswapに上場する予定です。

購入方法など更に詳しく知りたい方は「IMPTトークンの購入方法 – 初心者向け完全ガイド」に詳細が記されているので、こちらもあわせてご参照ください。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

8. Tamadoge|仮想通貨上場予定その8

【仮想通貨上場予定一覧の愛されキャラ】

TamadogeTamadoge (TAMA)は上昇の可能性のあるP2E(プレイ・トゥ・アーン)のミームコインです。

この仮想通貨プロジェクトは最近、需要の高さからプレセールを早期に完売させ、2ヶ月弱で1,900万USDTを調達しており、TAMAに対する投資家の関心が高いことは明らかで、今年の日本で最も新しい仮想通貨上場となります。

「Tamadoge」のP2Eは、メタバースである「タマバース」という世界を舞台にしています。この世界で、プレイヤーはゲーム内のショップにあるフードやアクセサリー、おもちゃなどを使って「Tamadoge」ペットを育成します。ペットがレベルアップすると、飼い主はドッグポイントを獲得し、リーダーボードのランキングに載ることができ、報酬プールの分け前が増える仕組みになっています。

Tamadogeは、今年初めに月間110万人のプレイヤーを抱え、世界一のNFTゲームとなった「エイリアン・ワールズ」に照準を合わせています。

次の仮想通貨と呼ばれる他の大半のプロジェクトとは異なり、TamadogeはCoinSniper社によるKYC認証とSolid Proof社による監査を受け、プロジェクトに正当性を持ち合わせています。また、チームは公表されており、プレセール前の最も初期に投資をしたホルダーにも安心感を与えています。

このコインの特徴は、総供給量がわずか20億であることと、ペットショップ(プレイヤーがペットの成長のためにデジタルおやつやおもちゃを購入できるエリア)での取引ごとに5%のトークンがバーンされるデフレメカニズムがあることで、厳格なトークノミクスを実現しています。

ミームコインのライバルであるDogecoinは供給量無制限で流通量は1300億枚、Shiba inuは550兆枚とTAMAの27万5千倍もあるのです。

Tamadoge 仮想通貨

プレセールが終了した現在、TamadogeはOKXの中央集権型取引所と分散型取引所に上場しており、今後成長する仮想通貨と言えます。また、Tamadogeはおすすめ仮想通貨ランキングで1位を獲得しています。

Tamadogeは投資家に大きな実用性、明確なロードマップ、一貫したアップデートを提供し、次に来る仮想通貨となる可能性があります。Tamadoge Telegramに参加し、プロジェクトの最新情報を入手しましょう。

また、3つの取引所プラットフォームの取引量を統合する予定であるTamadogeは、仮想通貨上場予定のリストの中でも私たちの一押しです。また、TAMAはバイナンスの仮想通貨上場予定一覧においてもベストな存在といえます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

9. Lucky Block|仮想通貨上場予定その9

【宝くじ業界に革命をもたらす!仮想通貨上場予定一覧の唯一のギャンブル系】

Lucky Blockのロゴ

Lucky Block(LBLOCK)は、NFTを利用した高額賞金付きコンペティションの開催に特化したプラットフォームです。

Lucky Block のコンペティションは、特定のコンペティションにリンクした NFT を購入することでのみ参加できる、ユニークなものです。ジャックポット総額に応じて各NFTの価格が設定されており、予算に合わせて購入することができます。コンペティションが終了した後も、NFTは保有者に毎日賞金プールの一部が分配されます。

最近、このプロジェクトは、BEP20とERC20の両方のトークンをサポートするようにアップグレードされました。これにより、LBLOCK V2は中央集権型取引所(CEX)への上場が可能になりました。

lucky block 仮想通貨の画面

さらに、今回のアップデートでLBLOCKの取引にかかる税金も撤廃され、12%の手数料が0%になり、V1トークンよりもデイトレードに向いています。

チームは最近、コインのイーサリアム(V2)バージョンとBNBスマートチェーン(V1)バージョンの間を移動するためのイーサリアムブリッジソリューションが2022年10月3日から稼働し、保有者は1 V1トークンを0.88 V2トークンに交換できることを発表しました。

2022年8月にMEXC(CEX)に上場し、LBLOCKの価値は約400%上昇し、弱気相場の中でも急上昇した最高の仮想通貨の1つとなりました。9月にGate.ioに上場したこの最新のトークンは、早晩以前の高値を回復する可能性があります。

Lucky Blockは、9月30日に3250万枚の供給を削減するという、もう一つの強気な要素を持っています。毎月の流通供給量の1%をバーンすることを発表し、さらに次の新しいコイン上場に向け交渉中であることも発表しています。これまで、LBLOCK V1はPancakeSwapに上場され、LBLOCK V2はLBANK、MEXC、Gate.ioで購入することが可能です。

Lucky Blockの Discordに参加して、次の新しい仮想通貨取引所への上場と、他の市場に先駆けてバイナンスへの上場する可能性について情報収集をしましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

10. Battle Infinity|仮想通貨上場予定その10

【人気のファンタジースポーツが仮想通貨上場予定一覧に!】

Battle Infinityのロゴ

メタバース、P2Eゲーム、DeFiはおそらく仮想通貨で最もホットな分野であり、Battle Infinity(IBAT)はその3つを融合させています。

このプロジェクトは6つのコアプラットフォームで構成され、それぞれが相互接続されたエコシステムの中でユニークな役割を果たしています。ファンタジースポーツリーグ、NFTマーケットプレイス、プレイヤー対プレイヤーのP2Eゲーム、メタバースアリーナ、分散型取引所(DEX)、ステーキングプラットフォームがあります。

Battle Infinityは、多くの機能を備えたプラットフォームを構築することで、幅広いユーザーを獲得することを目的としたのです。この戦略は功を奏し、プレセールと最初のDEX上場時に驚異的な数字を叩き出しました。

Battle Infinityの画面

Battle Infinityは、プレセール期間中のわずか25日間で16,500BNBを調達し、すでに投資家の間でヒットしていることが証明されています。プレセールが終了した後も、この仮想通貨はPancakeSwap(DEX)への上場で約400%も上昇した上、さらに新しい取引所への上場も控えており、Battle Infinityは長期投資すべきおすすめの仮想通貨のひとつと評されています。

Battle InfinityはバイナンスのBEP20規格を採用し、活発なコミュニティを誇り、多くの投資家を惹きつけています。これらの要素を考慮すると、今後CEXへの新規上場が発表されるにつれ、IBATが新しい仮想通貨として成長していく可能性がありそうです。

これまでIBATはCoin98とLBankに上場しており、さらなる新しい仮想通貨交換所への上場発表が噂されています。IBATトークンは現在、2023年に仮想通貨が弱気市場に入っているもかかわらず、プレセール価格の0.0015ドルよりも100%以上高い価格で取引されています。

Battle Infinity Telegramに参加し、プロジェクトの最新情報を入手することができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

11. Adshares|仮想通貨上場予定その11

【広告業界に新風を巻き起こす!仮想通貨上場予定一覧唯一のアドテク】

ads jp

Adshares(ADS)は、ブロックチェーン技術の活用により、広告の再構築を目指すプロジェクトです。Adsharesは、分散化を簡略化することで、誰よりも早く知名度の高い広告主と提携することを目指しています。

また、クリエイターが仮想通貨内のプラットフォーム(メタバース、仮想通貨ゲームなど)をマネタイズすることも可能になる予定です。

12. LooksRare|仮想通貨上場予定その11

【NFTマーケットプレイス発!仮想通貨 上場予定 一覧で躍進中】

looksrare

LooksRareは、業界最高のNFTをホストすることに特化したコミュニティ主導のNFTマーケットプレイスです。LooksRare (LOOKS) 仮想通貨は、プラットフォームを形成するユーザーへの報酬として作成されました。

他の仮想通貨プロジェクトとは対照的に、LooksRareはプラットフォームの取引手数料を100%ユーザーに還元しています。

13. Efinity Token|仮想通貨上場予定その12

【Enjinチーム発のプロジェクト!仮想通貨 上場予定 一覧に新規追加】

efinity_jp

Efinity(EFI)は、Enjinチームによって作られた新しいプラットフォームです。このプロジェクトは、PolkadotベースのNFTプラットフォームとして構築されました。Enjinと同様に、ゲーマーや開発者がトークン化されたゲームアイテムを売買、作成、取引できるようにするために作られました。

このプロジェクトでは、ポルカドットのパラチェーン技術を使い、DOTブロックチェーン上で運用します。

また、バイナンスやその他の主要な中央集権型仮想通貨取引所に新たに上場した仮想通貨を複数含むおすすめのメタバース仮想通貨ランキングでEnjin(ENJ)をレビューしました。

14. Kromatika|仮想通貨上場予定その13

【これからの分散型取引所を創るプロジェクト!仮想通貨 上場予定 一覧で注目】

kromatika

Kromatika (KROM) は、投資家にスリッページを減らし、最高の価値を提供するために設計された革新的な新しいDEXアグリゲーション・プラットフォームです。

現状では、DEXによって価格やスリッページ率が異なることが多く、仮想通貨の購入がかなり面倒になっています。

Kromatikaは、異なるDEXを一つのプラットフォームに束ねることで、その問題を解消することを目指しています。

独自のネイティブトークンKROMを持つだけでなく、日本での仮想通貨の新規上場の多くはクロマティカのプラットフォーム自体で行われ、イニシャルDEXオファリング(IDO)はCEXでのイニシャルコインオファリング(ICOS)を上回ることもしばしばあります。

15. Beefy Finance|仮想通貨上場予定その14

【仮想通貨 上場予定 一覧の中でのテック系といえばコレ。分散型イールドオプティマイザー】

beefy finance

Beefy Finance(BIFI)は、マルチチェーン利回り最適化を提供するプラットフォームです。これにより、ユーザーは多数のネットワーク(Ethereum、バイナンススマートチェーン、Avalancheなど)上に構築された暗号資産を単一のプラットフォームでステークすることができます。

さらに、Beefy Financeは自動的に利回りを最適化し、投資家に最適なリターンをもたらします。

BIFIは、CoinMarketCapデータによると、時価総額がわずか2500万ドル未満で、まだ比較的低資本の暗号資産です。その総供給の90%はロックが解除され、循環しています。その循環により、買い手の数が増えるため、次に爆上げする仮想通貨になる可能性があります。

16. Digipad|仮想通貨上場予定その15

【仮想通貨 上場予定 一覧の注目株|投資をより安全にするために必要】

デジパッド画面

Digipad (DGP) は、仮想通貨投資家にとってより安全なエコシステムの構築を目指すBEPベースのプロジェクトです。このプロジェクトは、投資家にイニシャル・コイン・オファリングを立ち上げて投資するためのオールインワン・プラットフォームを提供します。今年投資しておきたい新しい通貨についてはこちらご覧ください。

さらに、Digipadでは、デジスワップと呼ばれる独自のDEXと、専用のステーキングプラットフォームを備えています。

長い調整の後、DGPは現在ペニー仮想通貨となっており、価格は約2セントです。深い調整期間を経て、新しい取引所への上場が発表されれば、次に来る仮想通貨となる可能性があります。

仮想通貨 上場予定 一覧 日本版銘柄を上場前に買う方法

以下では、仮想通貨 上場予定 一覧 日本版銘柄が、バイナンス上場やコインチェック上場、コインベース上場を果たす前に、購入するにはどうしたら良いかを紹介します。

さらに、日本で新規上場する前の仮想通貨への投資方法と、安全に投資するために注意すべき点を紹介します。

プレセールでの早期投資(バイナンス上場後は遅い)

そもそも、バイナンス上場やコインチェック上場などを果たす前の仮想通貨を当該仮想通貨の運営元が販売することを界隈ではプレセールと呼びます。

初期投資家は、新しいコインの上場が実現する前に、プレセール段階で投資をすることで、仮想通貨上場一覧に載る前よりも安く購入できるのです。

低価格で購入した仮想通貨が、その後何倍にも跳ね上がることがあるので、こういった値段の振れ幅を利用した投資は仮想通貨投資の醍醐味と言えるのではないでしょうか。

なお、仮想通貨取引所にまだ上場していない新しいコインの詳細については、仮想通貨のプレセールに関する記事を参照してください。

プレセール時の投資は年々、人気が上昇しております。仮想通貨投資に対して経験豊かな人にとっては、バイナンス上場を果たしているような仮想通貨は利益率が低いため、もうすでに遅いと考えている人がいるくらいです。

なお、CoinMarketCap、CoinList、CoinGeckoなどのサイトが新しいプロジェクトのランキングを提供していますが、投資家はプロジェクトに投資する前に十分な調査とデューデリジェンスを行うことが重要です。

どのプレセール中の仮想通貨が儲かるというわけではありません。中には、価格が上がるどころか、上場すらせずに、プロジェクトが中断してしまうようなものもあるのです。

当サイトで紹介している仮想通貨 上場予定 一覧には、そのような危険性の高い仮想通貨が入っている可能性は極めて低いです。なお、注意すべき仮想通貨は、ウェブサイトやロードマップがうまくまとめられていなかったり、チームが匿名であったり、ソーシャルメディアにおけるエンゲージメントが低かったりします。

仮想通貨上場予定一覧の確認(プレセールも要確認!)

仮想通貨市場は、何年にもわたる急激な成長を経て、「一息ついている」と言ってもいいでしょう。しかし、これは新しい仮想通貨の上場量が減速しているという意味ではありません。バイナンスをはじめとする日本のおすすめの仮想通貨取引所には、有望な価格の見通しを持つエキサイティングな多くの仮想通貨が上場しています。

仮想通貨上場予定一覧のリストで最新情報を入手しましょう。Coinmarketcap.comは、仮想通貨とブロックチェーンのエコシステムにおけるすべての主要イベントをリストアップしているため、常に情報を入手することができます。

また、バイナンスへの仮想通貨上場スケジュールを確認することができます。このリストには、最近バイナンスに上場したプロジェクトのうち、革新的なユースケースとエキサイティングなロードマップによって市場を席巻しているプロジェクトが含まれています。

プロジェクトのソーシャルチャネルに参加する

新しいコインの上場日と場所、つまりどの仮想通貨取引所に上場するかの通知を受けるには、特定のトークンがある場合、まずその仮想通貨プロジェクトのソーシャルメディアコミュニティに参加します。

彼らのTelegram、Discord、Twitter、Instagram、Facebook、Redditなどが良いでしょう。

一般的な注意点として、管理やモデレーターがむやみにフォロワーに対してダイレクトメッセージ(DM)を送ることはありません。勝手に送られてくるDMは、ほとんど詐欺まがいです。一対一のコミュニケーションはやめるようにしましょう。

オンライン上では誰かにパスコードを教えたり、「仮想通貨ウォレットを認証してください」というリクエストに応じたりしないでください。フィッシングリンクや、仮想通貨プロジェクトチームメンバーのプロフィール画像やユーザー名をコピーしたり、ソーシャルアカウントをハッキングしたりするなりすましには注意しましょう。

また、Tamadogeの場合、新コイン上場のお知らせをメールで受け取ることも可能ですが、これは任意です。

仮想通貨の市場動向の注視

次のバイナンス上場、次のCoinbase上場等、あるいは小規模な取引所への上場が噂されるコインは、しばしばソーシャルメディア上で最も検索される暗号資産となります。

経験豊富な仮想通貨トレーダーや投資家は、Googleトレンドデータを研究しています。例えば、私たちが6番目にリストアップしたBattle Infinityは、最近、ランキングで次に来る仮想通貨としてトレンドになり、Metaverseに投資するうえで有望な銘柄のひとつであるといえます。

また、実用性、ロードマップ、トークノミクスなどの観点から、購入すべきおすすめ仮想通貨の見つけ方とランキングについての記事をご覧ください。

上場後すぐに仮想通貨を買う方法~例D2T

こちらで紹介した仮想通貨の購入は、5つのシンプルなステップで可能です。ここではDash 2 Tradeを例にやってみましょう。

ステップ1 – 仮想通貨ウォレットを作成しましょう。MetaMaskなどの暗号ウォレットをダウンロードし、Dash 2 Tradeのウェブサイトに接続します。

metamask

ステップ2 – ETH/USDTを購入し、ウォレットを接続します。D2TはUSDTやEthereumなどの他のERC-20トークンとスワップすることができますが、適切な仮想通貨取引所から購入し、それぞれの暗号ウォレットに転送するか、Transak経由でDash 2 Tradeのウェブサイトから直接購入するようにして下さい。トークンを購入したら、Dash 2 Tradeのウェブサイトへ行き、「Connect Wallet」をクリックします。buy eth

ステップ3 – D2Tの購入:ウォレットを接続した後、イーサリアムまたはUSDTのいずれかでD2Tを購入することを選択します。購入したいIMPTの数を選択し、「Convert」を選択してプロセスを完了します。最低1,000 D2Tトークンを購入してください。

ステップ4 – D2Tコインを請求しましょう。Dash 2 Tradeのプレセールが終了した後、トレーダーはプラットフォームのウェブサイトからトークンにアクセスできます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

まとめ

仮想通貨 上場予定 2023年版の情報はいかがでしたか?

当サイトは海外にて運営しているため、通常の日本語サイトが扱っている情報とは一味違った情報をお目にかかれたのではないでしょうか。

日本の仮想通貨市場は、非常に盛んですが、技術的な面では海外はかなり進んでいます。それに伴い、仮想通貨ゲームが人気を博し、NFTゲームの新作タイトルのプロジェクトのネイティブコインが上場するなど、さまざまな角度から新しい波が来ています。

きっと当ページの仮想通貨 上場予定 一覧 日本版一覧を見るだけで、世界の仮想通貨の動向に対する知識も深められたはずでしょう。

バイナンスやコインベース、コインチェックなどの取引所で公開されている仮想通貨上場一覧、そして上場予定一覧を自分で確認して投資を検討するのも非常に学びが多いことです。

ですが、大手取引所の一覧に掲載されているものは、すでに運営側のフィルターにてふるいにかけられているので、一般的な日本の仮想通貨投資家の方がリーチできる情報は非常に限られています。そういった意味でも、当サイトの仮想通貨 上場予定 2023年版は、大手企業の思惑や不明確な採用基準にとらわれていないので、情報の鮮度や広さは他のメディアよりも秀でています。

当記事で得た情報を下に、有望な仮想通貨を低価格で購入し、未来の資産拡大に役立ていただければ幸いです。

プレセールの段階で購入することは、他の投資家と大きな差をつける最も簡単な方法と言えるでしょう。

Meta Masters Guilds - 新世代のブロックチェーンゲーム

当サイトの評価

MEMAGのロゴ
  • トップレベルのゲーム開発から支援あり
  • 現在、絶賛プレセール中
  • 発行枚数上限あり、ベスティングなし
  • NFTで遊べる!さらに報酬やステーキングあり
  • Solid ProofやCoinsniperによって承認済み
MEMAGのロゴ

FightOut - 100倍の成長を見込む次世代のMove to Earn

OUR RATING

FightOutのロゴ
  • LBank LabsとTransakの全面支援!
  • ワークアウトで報酬を稼げる!
  • メタバースでレベルアップとコンテスト実施
  • プレセール中 100万ドル以上の資金調達に成功!
  • 現実世界でのコミュニティと触れ合える
FightOutのロゴ

よくあるご質問

仮想通貨 上場予定 一覧はどこで確認できますか?

バイナンスの仮想通貨上場予定一覧はどこにありますか?

2023年上場予定の仮想通貨、おすすめはどれですか?