国内で、今月(2022年6月)投資すべき暗号通貨ベスト12を一挙にご紹介します。これらは金融市場だけでなく、クラウドコンピューティングやコンテンツ配信ネットワークなど、経済の他の分野でも大量導入に向けてスケールアップする可能性があるため必見です。仮想通貨 これから伸びる銘柄はどれなのか、仮想 通貨 今 買う ならどれを選ぶべきなのか、2022年の仮想通貨 おすすめを上げてきましょう。

Business 2 Communityは、ブローカーと仲介者の役割を果たすブロックチェーンとしての技術、採用の進捗、実行力、製品マーケティングをベンチマークとして暗号通貨のベスト12を選びました。今年、分散型台帳技術は、革新的で収益性の高い方法でSaaS空間の様相を変える可能性があります。仮想通貨 有望ブランド、仮想 通貨 狙い 目、そして仮想 通貨 初心者 おすすめなど、知りたいことがこの記事でわかると思います。

それぞれの通貨にはお互い引けをとらない強味や性質がありますが、当サイトスタッフはトークンを以下の4つのビジネスセクターにグループ化し、それぞれ3つの暗号資産で構成してご紹介しています。

  • Web 3.0 コイン
  • メタバース&ノンファンジブルトークン(NFTs)
  • 分散型金融(DeFi)
  • データ管理

2022年6月に買うべき暗号通貨トップ12

ここでは、上位にランクインした暗号を簡単に紹介し、以下でさらに詳しく解説します。仮想通貨 これから伸びる 期待の星たちを見ていきましょう。仮想通貨 将来性 ランキング 2022と称しても良いほど、一押しの12銘柄はこちらです。

  1. Lucky Block – Web 3 ゲームプラットフォームで収益源を確立
  2. Defi Coin – Pancakeswap DEXを模倣し、さらならう上昇を目指す分散型取引所。
  3. Tikka Token – 質の高い金融アドバイスと投資へのアクセスを民主化
  4. Polygon – EthereumのNo.1レイヤー2ソリューション
  5. The Sandbox – Play-to-Earnゲームの構築と展開を加速させるツール。
  6. Ethereum – No.1のスマートコントラクトプラットフォームが、スケーラブルなプルーフオブステークプロトコルへ移行
  7. Enjin – ゲームとゲーム内アイテムの取引にNFTを使用したパイオニア。
  8. Decentraland – 誰もがLANDを購入し、建築できるNFT技術による仮想世界で有名
  9. Curve – 効率的なステーブルコイン取引を促進するために設計されたEthereum上の流動性プール。
  10. PancakeSwap – 現在No.1のBinanceスマートチェーンベースの分散型取引所。
  11. Solana – レイヤー1プラットフォームは理論上700ktpsの速度を出すことに成功。日常的に3.5ktpsの速度を維持
  12. Chainlink – 市場をリードするセキュアなブロックチェーンオラクルサービス

クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2022年に投資すべき暗号通貨ベスト12を紹介

ぜひ、暗号通貨を購入する前に、当サイトスタッフが決定した2022年のおすすめ暗号通貨ベスト12をご覧ください。注目 仮想通貨をチェックしながら、じっくりと購入すべき仮想通貨 どれがいいのかを検討していきましょう。

1. Lucky Block (LBLOCK) – ブロックチェーン技術で暗号ゲームを変革

【日本版】2022年に投資すべき暗号通貨ベスト1210

Lucky Block(ラッキーブロック)は、5月30日(月)に待ちに待った一等賞抽選とNFT賞の抽選を開始します。これこそ仮想通貨 ランキングトップに相応しい銘柄でしょう。仮想通貨 将来性ランキングも高く、仮想 通貨 銘柄 おすすめとして自信をもってご紹介できます。

そもそも、Lucky Blockとは新しい暗号ゲームプラットフォームで、現在の宝くじ商品の透明性と信頼の欠如を解決することを目的とした暗号通貨です。懸賞や景品を中心とする「獲得型ゲーム」が抱える3300億ドルの世界的産業に革命を起こそうとしています。Web 3.0の分散型ネットワークの力を応用して中央集権的な宝くじ運営会社の支配を打破することが、ラッキーブロックが誇る成功の秘訣でしょう。ラッキーブロックは、2022年に爆発的に普及する最高の新暗号通貨の1つだと言われています。ご存知でしたでしょうか?

ラッキーブロックでは当選者は検証可能な方法でランダムに生成されるだけでなく、参加者がチャリティー寄付の行き先に投票することもできます。すべての取引がパブリックブロックチェーン上で見られるようになっています。

さらに、ブロックチェーン上で抽選を行うことで発生するコスト削減しているため、チケット購入者にとってより良いオッズを提供できています。メリットはこれだけにとどまりません。5月中旬にはデスクトップアプリが提供される予定です。Lucky Blockはトークン保有者全員にトークン分配を支払う予定で、すべてのジャックポットの10パーセントがトークン保有者に支払われます。

さらに、このプラットフォームのネイティブ・トークンである「LBLOCK」の販売には12%の取引手数料がかかります。これまでの暗号では一般的だった純粋な投機取引とは対照的に、長期投資のインセンティブとなるものです。

Lucky Blockの使命は、現在の業界既存企業の提供するサービスを、誰にでも開かれた真のグローバルシステムで置き換えること、そして補完することに他なりません。いわば、すべてを賭けることができる新しい通貨と言えます。Lucky Blockは、1ドル以下の暗号としては最高のものです。多くの海外投資家が注目する暗号 資産 おすすめの一つとなります。

下の表のデータは、分散型取引所PancakeSwapからのもので、2022年5月27日時点のものです。

LuckyBlock=ラッキーブロック (LBlock/WBNB)
価格: 0.002137ドル
ボリューム24時間 : 260,000ドル
保有者数: 55,163
取引: 266,000
プールされた LBlock: 1430億
プールされた WBNB: 10,010
流動性総額: 6160万ドル
希薄化後時価総額: 21億2800万ドル

表データおよびグラフは2022年5月27日時点のものです。

ローンチパートナー

  • The Manc Group
  • Finixio

クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. DeFi Swap /DeFi Coin (DEFC) – 分散型取引所とネイティブ・トークン

【日本版】2022年に投資すべき暗号通貨ベスト123

このコインを取り巻く強気相場はいつ起こったのか?それは、開発者がロードマップの重要な要素であるDeFi Swap「DEX」を実現するために尽力していた後のことでした。

DeFiコインは14日間で、462%という天文学的な価格上昇を記録しています。DeFi Swapが自動流動性プールや10%の取引税(その50%がDEFCトークン保有者に還元される)を含む機能セットを展開するにつれ、さらに上昇することが予想されています。

このような強力な価格パフォーマンスもあり、DEFCは現在、2022年に保有すべき最高のDeFiコインの1つとなっています。こちらも仮想通貨 これから伸びると期待される一つです。

DeFiコインのイールドファーミングは、現在DeFi Swapで利用可能です。期間に応じて、30%(30日)から75%(365日)のAPYを持つプランがあります。

また、創業者のスコット・ライダー氏は、今後数日から数週間の間に将来に向けての計画を発表する予定です。そのアナウンスが「市場を動かす」インパクトを持つことを期待しているとも述べています。

PancakeSwapに加え、前述の通りDEFCは現在、BitMartの集中型取引所(CEX)にも上場しており、他のCEXへの上場を加速させる計画が実行に移されているところです。

DeFi Coinの創設者であるScott Ryder氏はこう説明しています。「メインウォレットを3つに分割していく予定です。その目的はメインウォレットが、私たちが上場を予定している中央集権的取引所全てに流動性を提供しているからです。」

では、他の2つのウォレットは何に使われるのでしょうか?

「私たちは、独立したマーケティングウォレットと、取引所の開発作業に資金を提供し、DeFi Swapでできるだけ多くのトークンペアに大きな流動性を提供するために専用の第3のウォレットを作る予定です。」

Ryder氏によると、マーケティングウォレットは1時間あたり500ドルの割合でDEFCを販売するように設定されるが、プロジェクトには自動バーン機能も含まれている」と話しています。

また、DEFCは取引量や保有者数から見ると、小さなコインですが、0.82ドルの史上最高値から下落した後、このコインの関心が高まり、それに応じて価格も強く上昇する可能性は高いとも述べています。

投資利益率(USD – %)とバイタルスタッツ
24時間 0.88%
7日間 24.65%
現在の価格 0.3652ドル
流動性総計 311,000
保有者 2,005

表データおよびグラフは2022年5月27日時点のものです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. Polygon (MATIC) – レイヤー 2プラットフォーム”イーサリアム”dappのプラットフォーム

【日本版】2022年に投資すべき暗号通貨ベスト125

一般的にレイヤー2プラットフォームに分類されるPolygon(ポリゴン)は、イーサリアムの取引コストを削減する重要な役割を担っています。つまり、現在のWeb3インフラにとって重要な存在だと言えます。

Polygonはインフラ開発をサポートし、イーサリアムのスケールを支援するために設計されたプラットフォームです。そして、その中核となるコンポーネントはモジュール式の柔軟なフレームワーク(Polygon SDK)となります。開発者がPlasma、Optimistic Rollups、zkRollups、ValidiumなどのLayer2インフラと、プロジェクトの主力製品であるMatic POS(Proof of Stake)などのスタンドアロンサイドチェーンの構築・接続を可能にすることも魅力でしょう。Polygonは2021年2月にMatic Networkからリブランディングし、複数のLayer-2インフラをサポートする方向に主舵を変えました。

しかし、イーサリアムがEth 2.0に移行することで、Polygonのサイドチェーンアプローチの必要性がなくなるのではないか?といった疑問が残ります。実際、昨年末、PolygonはETH 2.0適用のZKロールアップを専門とするMir =whichを買収し、さらなるスケーリングの可能性を高めています。現在も、そしてこれからも、ポリゴンはWeb3の中心であり続けるのは間違いないでしょう。こちらも、仮想通貨 おすすめ 銘柄の一つです。

投資利益率 (USD – %)
24時間 -3.29
7日間 -5.42
1か月間 -52.37
3か月間 -60.51
1年間 -70.63

表データおよびグラフは2022年5月27日時点のものです。

機関投資家

  • Au21 Capital(AU21キャピタル)
  • Coinbase Ventures(コインベース・ベンチャーズ)
  • Binance Labs(バイナンス・ラボ)

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. Tikka Token (TIKKA) –ポリゴンを用いたWAT、トップレベルの資産運用を提供 

TIKKA Token(ティカトークン)は暗号世界の注目株で、今年中にも波紋を広げそうです。これはイーサリアムERC-20ネットワーク上に構築されたWealth Access Token(WAT)で、一般投資家の金融開発の改善を目的としています。

TIKKAはインドで最も優れたフィンテック企業の1つ「Cube Wealth(キューブウェルス」に由来しています。開発者チームは、Polygonがこの新しいトークンにとって完璧なスケーリングソリューションであることを認識し、Polygon上でTIKKAを構築しました。安定したエコシステムで繁栄するTIKKAは、メタバースにおける強力なウェルスアドバイザリー、NFT、高品質の暗号通貨、仮想財をアンロックする足掛かりとなっています。

一部の暗号通貨は取り扱いにおいて時間を要する場合がありますが、TIKKAは暗号投資をより簡単に扱うことができる上、時間節約機能とユーティリティ・ツールに重点を置いています。TIKKAはあらゆるマーケットや熟練アドバイザー、さらに資産に係る最高のグローバル投資にアクセスできるため、購入をご検討の方には特におすすめです。さらに、TIKKAは資金構築での投資プロセスを自動化しているため非常にシンプルです。トレーダーにとっては、TIKKAのプラットフォームがあれば、一定の富を築き上げるのも難しくありません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

5. The Sandbox (SAND) – メタバースとゲームのデジタルアセット収益化プラットフォーム

【日本版】2022年に投資すべき暗号通貨ベスト1211

Sandbox(サンドボックス)はゲーマーがNFT(non-fungible token)とユーティリティ・トークン「$SAND」を利用して、自己の活動を創造し、所有して収益化できるエコシステムです。事実上、NFTは、「所有権のデジタル証明書」のことです。

プレイヤーはNFTを利用して、デジタル資産に検証可能な所有権を割り当て、ゲームに組み込んだり、マーケットプレイスで取引したりすることができます。The Sandboxは「Game Maker」などのツールを提供し、プレイヤーの夢を実現させてくれます。

また、The Sandboxの仮想世界(メタバース)は、LANDトークンで購入した「デジタルロット」で構成されています。つまり、プレイヤーはデジタルロットの開発者となり、交流することができるわけです。

Facebookのオーナー「Meta」などの企業は、人々が働き、遊び、交流し、買い物ができる、インターネットの次の駅としてメタバースに大きく期待をかけています。実際、収益性は抜群だとささやかれているほどです。

最近、ラッパーで実業家のSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)が所有するサンドボックス内の「仮想土地」、見知らぬ人が45万ドル(約5000万円)を支払ったことでも話題となりました。

このように、Sandboxは有名人も御用達であるため、購入するのに最適な暗号通貨であるとも言えますね。仮想通貨 銘柄の中でも一気に名前が知れ渡った一つで、こちらも2022年のおすすめ仮想通貨となります。

投資利益率 (USD – %)
24時間 -2.01
7日間 5.9
1か月間 -46.80
3か月間 -56.58
1年間 298.7

表データおよびグラフは2022年5月27日時点のものです。

機関投資家

  • Binance Labs(バイナンス・ラボ)
  • HASHED(ハッシュド)
  • True Global Ventures(ザ・グローバル・ベンチャーズ)

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

6. イーサリアム (ETH) – スマートコントラクト機能を持つブロックチェーンネットワーク

【日本版】2022年に投資すべき暗号通貨ベスト127

Ethereum(イーサリアム)は世界中の分散型アプリケーション(dApp)開発者が利用するブロックチェーン・ネットワークです。イーサリアムのネットワークはスマートコントラクト機能によってよりスムーズで最適なアプリケーションを提供しています。スマートコントラクトは、特定の取引から仲介者を排除し、プロセスを完全に分散化させるものです。

イーサリアムのGAS料金は数カ月にわたって批判されてきましたが「イーサリアム2.0」のリリースが控えているため、やや希望の光がが見えてきているとも言えます。このアップグレード(Ethereum Merge)は、早ければ2022年8月に実施される予定で、イーサリアムEは「プルーフオブステーク(Proof-of-Stake)」プロトコルに移行します。この移行によって、ブロックチェーンのスケーラビリティが大幅に向上し、手数料も削減されます。このアップグレードが実現すれば、イーサリアムの購入する人が今まで以上に増えるかもしれません。仮想 通貨 どれがいいと悩んでる方はトップチョイスとしてイーサリアムを検討すべきでしょう。イーサリアムは日本国内のみならず、世界規模で仮想 通貨 人気 ランキングのトップを維持する実力銘柄です。

投資利益率 (USD – %)
24時間 -4.47
7日間 -8.21
1か月間 -37.85
3か月間 -35.41
1年間 -34.55

表データおよびグラフは2022年5月27日時点のものです。

機関投資家

  • Kingfisher Capital LLC(キング・フィッシャー・キャピタルLLC)
  • Arrow Capital Management, Inc(アロー・キャピタル・マネジメントInc)
  • Toroso Investments LLC(トロソ・インベストメントLLC)

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

7. Enjin (ENJ) – ゲームコミュニティプラットフォーム、バーチャルグッズマーケットプレイスで有名

【日本版】2022年に投資すべき暗号通貨ベスト124

Enjin (エンジン)コインは、ゲームに特化したメタバース製品ですが、今回はトークンをゲーム内アイテムとして使い、デジタルアセットとして機能させた暗号通貨製品となります。Enjinは「オンライン最大のゲームコミュニティプラットフォーム」を目指しており、すでに25万のゲームコミュニティと合計1870万人のゲーマーが参加しています。

EnjinチームはNFT分野のトップのイノベーターで、彼らが発明したトークンは特殊なNFTであるイーサリアムトークン規格「ERC-1155」として承認されています。

また、The Sandboxと同様に、Enjinはソフトウェア開発キット(SDK)を開発者に配布し、ゲームへの統合を迅速に展開しています。Enjinも2021年から一気に仮想通貨 人気ランキングに躍り出た、注目株の一つです。

ぜひ、投資プロセスの詳細については、Enjinコインの購入方法をお読みください。

投資利益率 (USD – %)
24時間 -4.09
7日間 -5.55
1か月間 -52.01
3か月間 -56.57
1年間 -63.75

表データおよびグラフは2022年5月27日時点のものです。

機関投資家

  • CoinFund(コイン・ファンド)
  • Coinbase Ventures(コインベース・ベンチャーズ)
  • DT Capital Partners(DTキャピタル・パートナーズ)
  • Digital Currency Group(デジタル・カーレンシー・グループ)
  • Framework Ventures(フレームワーク・ベンチャーズ)
  • Kilowatt Capital(キロワット・キャピタル)
  • LedgerPrime(レジャープライム)
  • Lemniscap(レム二スキャップ)
  • Multicoin Capital(マルチコイン・キャピタル)
  • ParaFi Capital(パラファイ・キャピタル)

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

8. Decentraland (MANA) – メタバース・バーチャルの世界を堪能

【日本版】2022年に投資すべき暗号通貨ベスト129

Decentraland(ディセントラ・ランド)は、仮想世界という点ではThe Sandboxと似ており、投資対象としても堅実な暗号通貨の一つです。こちらもイーサリアム・ブロックチェーン上で動作する「ERC-20」と互換性のあるMANAトークンとなり、購入する「LAND(ランド)」トークンが存在します。

ここでもNFTは、デジタル不動産に所有権を割り当てるために使用されます。そして、現実世界と同じように、最も価値のある「LAND」は最も人通りの多い場所で見つかります。

NFTに特化した企業「Tokens.com」は、仮想世界の「LAND」に250万ドル近くを費やし、メタバースとそのビジネスチャンスへの関心を示しています。

そして1月末には、メタバース初の抵当権が設定されました。1月29日、メタバースの統合企業である「TerraZero(テラゼロ)は、顧客1社に融資を行い、Decentralandの不動産を購入することができるようにしました。

マーク・ザッカーバーグの「Meta」が何十億もかけてメタバースを構築している一方で、暗号通貨は何年も前から「オープン」なメタバースを静かに、しかもはるかに少ないコストで構築してきたのです。驚きですね。

投資利益率 (USD – %)
24時間 1.01
7日間 3.76
1か月間 44.69
3か月間 -26.72
1年間 838.60

機関投資家

  • Animoca Brands(アニモカ・ブランズ)
  • Boost VC(ブーストVC)
  • Digital Currency Group(デジタル・カーレンシー・グループ)
  • Fabric Ventures(ファブリック・ベンチャーズ)
  • Fundamental Labs(ファンダメンタル・ラブズ)
  • HASHED(ハッシュド)
  • Kenetic Capital(ケネティック・キャピタル)
  • Kosmos Capital(コスモス・キャピタル)

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

9. Curve (CRV) – 分散型取引所

【日本版】2022年に投資すべき暗号通貨ベスト126

Curve(カーブ)は分散型金融(DeFi)分野で急成長してきた企業です。当初、安定したコインの流動性を活用し、より安定したローンの利回りを作ることに重点が置かれていました。興味深いことに、Curveの市場にはオーダーブックがなく、マーケットメイキングは流動性プールの取引ペアを中心に構築された自動化されたプロセスで行われます。

現在は、Curveが運営するイーサリアム以外のブロックチェーンで動作する「ラップトークン」など、価値の高いコインを取引する場へと成長しています。

現在Curveは、分散型取引所(DEX)でスワップできるペアに122種類の流動性プールを持ち、競争力の高い取引手数料、高い流動性、制約のあるスリッページ(取引開始時と終了時の価格がずれること)を特徴としています。

現時点では、Curveは投資対象として安全な暗号通貨であると評価しています。Curveの購入方法の詳細については、当社の便利なガイドを参照してください。

投資利益率 (USD – %)
24時間 2.55
7日間 -7.60
1か月間 -7.00
3か月間 -46.94
1年間 -7.78

機関投資家

  • Fuel Venture Capital(フュエル・ベンチャー・キャピタル)
  • Crowdcube(クロードキューブ)
  • CreditEase Fintech Investment Fund(クレジットイース・フィンテック・インベストメント・ファンド)
  • Outward VC(アウトワードVC)

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

10. PancakeSwap (CAKE) – 分散型取引所

【日本版】2022年に投資すべき暗号通貨ベスト121

PancakeSwap (パンケーキスワップ)は バイナンススマートチェーン(BSC) 上にある分散型取引所 (DEX) で、自動マーケットメイキングシステムをベースにしています。PancakeSwapはSushiSwap(スシスワップ)のフォークで、イーサリアムベースのDEXでもあります。

ちなみに、フォークは他の暗号とコードベースを共有しているコインのことを指しますが、追加機能を持つといった特徴もあります。追加機能を利用すると、DEXはバイナンススマートチェーン上で、より高速で安価な取引が可能となります。

また、BSCは世界最大の暗号取引所であるバイナンスが構築したものですが、わずか21人の検証者が取引を検証する、いわゆる「プルーフオブステーク(proof of stake)」というシステムで運用されています。

総じて、CAKEは投資対象として比較的新しい暗号通貨となり、DEXの分野ではさらに成長する可能性があると思われます。

投資利益率 (USD – %)
24時間 4.23
7日間 -4.21
1か月間 2.26
3か月間 -48.02
1年間 -53.86

機関投資家

  • LedgerPrime(レジャープライム)
  • Binance Labs(バイナンス・ラボ)

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

11. Solana (SOL) – スケーラビリティの高いブロックチェーンネットワーク

【日本版】2022年に投資すべき暗号通貨ベスト1212

Solana(ソラナ)はイーサリアムと同様に、スマートコントラクト機能を持つパブリックブロックチェーンネットワークです。しかし、Solanaはイーサリアムと異なり「プルーフオブヒストリー(Proof-of-History)」のコンセンサスアルゴリズムを採用しているため、毎秒数千の取引をを処理することができます。これだけでなく、Solanaは検証に必要な計算能力を大幅に削減しているため、「環境に優しい」と考えられています。

SolanaはdApp開発者やNFT作成者にとって、イーサリアムに代わる有力な選択肢として浮上しています。現在、購入に最適なNFTの多くがSolana上でホストされており、雪だるま式に多くのクリエイターがこのプラットフォームに視線を向けています。これはSolanaのネイティブトークンである「SOL」が、投資家にとってワクワクするようなネットワークの成長を見せていることを物語っています。

投資利益率 (USD – %)
24時間 -8.8
7日間 -24.4
1か月間 -49.8
3か月間 -43.83
1年間 7.6

機関投資家

  • Kosmos Capital(コスモス・キャピタル)
  • Blockwall Management(ブロックウオール・マネジメント)
  • CoinList(コインリスト)

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

12. Chainlink (LINK) – 分散型オラクルネットワーク

【日本版】2022年に投資すべき暗号通貨ベスト122

チェーンリンクの目的は、スマートコントラクトを実世界のイベントに安全に接続できるようにすることです。また、スマートコントラクトはビジネス理論を具体化したコードのことで、たとえば、ローンの利息をいつ支払うか?といったものを示したりするものです。

このように実世界における情報は「オラクル」が提供します。事実上、オラクルはチェーンの外に存在するある「データフィード」です。Chainlinkは独立したオラクルノードオペレーターのネットワークであるため、以前のオラクルサービスよりも安全性が高くなっています。

Chainlinkが提供するようなサービスは、ブロックチェーンの世界では必須の項目として叫ばれています。また、市場を賑わす可能性がある暗号通貨として、「1inch」がありますが、詳細が気になる方は1inchトークンの買い方ガイドをお読みください。

投資利益率 (USD – %)
24時間 4.52
7日間 -4.00
1か月 -3.73
3か月 -43.34
1年間 -55.27

機関投資家

  • Anmi OECD(アンミOECD)
  • Consensus Capital(コンセンサス・キャピタル)
  • Framework Ventures(フレームワーク・ベンチャーズ)
  • Outlier Ventures(アウトライヤー・ベンチャーズ)

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

暗号市場の価格は金融情勢の引き締めがリスク資産に影響しているため、現在苦戦している状態です。注目すべきは、アルトコインがビットコインを下回っていることです。こういった状況を踏まえると、過去に、仮想通貨 1000倍を超える10000倍を記録したVerge(バージ)という通貨が記憶に新しいですが、こういったジャンプ傾向は2022年にはあまり期待できないかもしれません。

ビットコインは現在、28~30万ドル台のサポートラインを維持するために戦っており、暗号通貨の価格がいつ底を打ち始めるかについても議論が飛び交っています。28,000ドルのサポートに違反した場合、BTCの価格は2万ドル台前半に突入する可能性があります。

もちろん、ここで下降気流の最悪期を見たかのように感じるかもしれませんが、不確実性を考えると、価格変動リスクを平準化するために、この時点で市場にドルコスト平均法を適用するのが賢明でしょう。

それでも、2017-18年に見られたような弱気相場「仮想通貨の冬(Crypto Winter)」では、最高のプロジェクトがトップに維持し、価格が最も魅力的になると暗号通貨全体が再編成する可能性が出てきます。

また、3年や5年といった中長期で保有する場合、サイクルの底値付近で購入した暗号資産は、優れたリスク・リターンの機会を提供することになります。

【日本版】2022年に投資すべき暗号通貨ベスト128

クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます