SEO分析を有効活用することで、ウェブサイトのアクセス数を大幅に増やすことができます。無料で分析できる手段も数多くあり、SEO対策はマーケティング戦略の一環として不可欠と言っても過言ではないでしょう。

この記事では、SEO競合分析を効果的に実施する方法を紹介します。情報記事を執筆・編集している方は特に有用だと感じていただけると思います。

SEO分析とは?

SEO分析

SEO分析とは、特定のウェブサイトやウェブページをSEOの観点から評価する手法のことです。キーワードやレイアウトが最適化されているか、モバイルフレンドリーかなどの項目をチェックすることで、検索順位で競合サイトよりも優位に立つための戦略立てを可能にします。

SEO分析は、検索順位を上げるためのウェブサイト診断

自身が運営するホームページに対してだけでなく、競合サイトに対してもSEO分析を用いることがあります。競合相手がどのようなキーワードを使っているか、広告のクリック率(CTR)はどうかなどの項目を調べ上げることで、トレンドや改善点を探るのが主な目的です。

調査用のツールも利用可能で、無料で使用できるものもたくさんあります。Googleアナリティクスなどは典型的な例で、YouTubeやInstagramなどのSNSを対象としたツールも開発されています。

ディスプレイ広告などを展開している場合は必須とも言えます。SEO対策分析はそれだけではアクセス増加を促しませんが、既存のページを改善したり、将来の記事執筆や広告展開をより効果的にすることができます。分析項目は多岐にわたりますが、主なものを以下にまとめました。

  • キーワード選定
  • サイトの構造分析
  • コンテンツ品質のチェック
  • 見出しの最適化
  • ページ速度の評価
  • 被リンクプロファイルの分析
  • 検索順位の監視
  • 競合サイト分析
  • モバイルフレンドリー性の確認

このうち、【キーワード選定】【サイトの構造分析】【コンテンツ品質のチェック】は特に優先度が高いと言えます。Googleの検索アルゴリズムやクローラーの性質を理解していると改善が容易なため、これらに対する理解を深めるのもSEO競合分析の一部と言えるかもしれません。

SEO競合分析

SEO競合分析

SEO競合分析を行うことで、自身のサイトと競合サイトの優劣を比較したり、流行りの話題を把握したりすることができます。主な評価項目を以下にまとめました。

被リンク分析 被リンク数や外部リンクの種類
アクセス数 競合サイトのアクセス数
コンテンツ内容 トピック、レイアウト、文字数、メディアタイプ(画像、動画、テキストなど)
キーワード使用状況 キーワード順位やページ内でのキーワード出現頻度など
検索順位 検索結果ページでの順位
ページ表示速度 競合サイトの表示速度

・被リンク分析

現在のGoogleアルゴリズムでは、被リンク(バックリンク)数が多いほど検索順位で優位に立ちやすいと言われています。競合相手の被リンク数や外部リンクの種類を調べることで、自身のサイトの被リンク数を増やしたり、特定のサイトにリンク設定するように働きかけることができます。

・アクセス数

SEO競合分析において、アクセス数は最も基本的な評価指標のひとつです。一定期間内のアクセス数の推移を調べることで、競合サイトの集客状況を時系列で把握することができます。

・コンテンツ内容

どのようなコンテンツを提供しているか、自分がカバーしていないコンテンツはあるかなどのを調べます。トレンドを把握するのに役立つほか、文字数(多い方がいいとされています)やメディアごとの人気を把握するのにも有用です。

・キーワード使用状況

キーワードの種類や使用頻度などを調べ上げ、コンバージョンに至ったかなどをチェックします。競合相手と同じキーワードを使ったり、逆に相手が使用していないキーワードを使ったりするなどの戦略立てが可能となります。

・検索順位

SEO順位ツールを使うと、検索順位を自動で取得できます。SEO競合分析では最も頻繁にチェックする指標のひとつでもあります。

・ページ表示速度

競合サイトの方が高速という場合は、自身のサイトの軽量化を図る必要があります。ページ表示速度とコンテンツ内容を比較することで、バランスの良いページ作りが可能となります。

SEO分析を無料で実行

SEO分析 無料

SEO分析を無料で実行する方法もあります。Google Analyticsなどのツールを使用するのが最も一般的で、有料版を購入しなくても高度な解析が可能です。

以下に、無料SEO分析のポイントをまとめました。

キーワードリサーチ

無料で行う方法 ⏩⏩⏩ キーワードプランナーやGoogleトレンドを使う

キーワード調査には無料SEO分析ツールが必要不可欠となります。人気の検索ワードは時間とともに変化しますので、一度キーワードを実装した後も定期的にキーワードを調査して適用するのがポイントです。

【ポイント】ページ作成後はアクセス解析でどんな関連キーワードがあるかチェック

サイト評価

無料で行う方法 ⏩⏩⏩ Google Search Console、PageSpeed Insightsなどを使う

クロールエラー、インデックス状況、検索クエリデータなどを確認し、最適化の余地があるかどうかを判断します。また、ページの表示速度を測定して高速化に取り組むのも無料SEO分析に含まれます。

【ポイント】画像を圧縮すると表示速度アップ

コンテンツ評価

無料で行う方法 ⏩⏩⏩ ahrefsなどのSEO分析無料版を使う、またはウェブサイトを閲覧する

ターゲット顧客の求めるコンテンツを提供しているか、キーワードが適切に使用されているかなどを評価します。また、キーワードなどが重複しているコンテンツを検出した場合はページの統合や削除を検討するのも重要なポイントです。

【ポイント】カニバリゼーションは順位下降の主な原因のひとつ

リンクプロファイル分析

無料で行う方法 ⏩⏩⏩ Google Search ConsoleなどのSEO分析無料ツールを使う

被リンクを確認し、品質の高いリンクや問題のあるリンクを特定します。有害な被リンクは検索順位の下落につながることもあるため、そうしたリンクを特定した場合はリンク解除を働きかけるといった対策を講じる必要があります。

【ポイント】リンク元に要請する他、SEOツールを使って被リンクを拒否することもできる

モバイルフレンドリー性の確認

無料で行う方法 ⏩⏩⏩ モバイル端末でサイトにアクセスする、またはGoogle Search Consoleの機能を使う

ツールを使うと簡単ですが、手持ちのモバイル端末でサイトにアクセスするだけでもモバイルフレンドリーかどうかを確認できます。ページのレイアウトはもちろん、動画がモバイルで再生されるかなどもチェックするのがポイントです。

【ポイント】モバイル通信による表示速度も測定すると良し

検索順位の追跡

無料で行う方法 ⏩⏩⏩ GMO順位チェッカーなどを使う、または検索エンジンで検索する

検索結果は地域や言語などにより異なるため、正確な順位を把握するにはSEO対策分析ソフトの使用がおすすめです。できる限り毎日チェックするようにし、順位に変化があった際は原因の特定に努めるようにするといいでしょう。

【ポイント】競合サイトの順位変動も監視して比較分析する

SEO分析のリモートワーク

SEO分析 リモート

SEO分析はリモートでもできるため、在宅や移動しながら行うという人も多いようです。『求人ボックス』で「SEO」と検索したところ、合計1,035件の在宅求人が見つかりました。

今日掲載された新着分だけでも434件あり、需要の高さがうかがえます。平均年収は535万円で、1,000万円超えの求人もあります。過去1年間で一定して毎日1,100件ほどの求人があり、リモートのSEO分析は売り手市場だと言えます。

コンサルタント、マーケター、コンテンツディレクターが人気

肩書きとしては、コンサルタントからライターまで幅広い業種があります。雇用形態は正社員、派遣社員、フリーランスと様々ですが、正社員が全体の約半分を占めます。

学歴不問としているところも多く、実力重視の業界だと言えます。誰にでも採用のチャンスがある一方、実力や経歴を証明できない場合は就職が難しいというデメリットもあります。

リモートでSEO分析できることを証明できる資料(自分で運営するウェブサイトなど)があると有利

以下に、一般的なSEO分析のリモート求人情報をまとめました。実際の求人はケースバイケースで異なりますので、参考程度にお考えください。

給与

330万円〜1,000万円

業務内容

  • リモートのSEO分析、レポート作成
  • SEO記事の企画立案
  • ホームページの運用管理

必須スキル・経験

  • SEOの基本的な知識
  • Googleアナリティクスの使用経験
  • 編集業務に携わったことがある
  • ライティング経験またはライター育成経験
  • アクセス解析

歓迎スキル・経験

  • サービスや広告の改善に携わったことがある
  • SEO競合分析でn年以上の実務経験
  • デジタル広告の効果分析やレポート作成の経験
  • ウェブサイトの立ち上げ経験
  • HTMLコーディング

その他

  • 私服可
  • 学歴不問
  • 経験者歓迎

また、リモートの求人に応募するのではなくビジネスを立ち上げるという手もあります。通常、起業するにはそれなりの資金が必要ですが、SEO分析は人件費とツール使用料以外に費用が殆ど発生しないのがポイントです。そのため、初期費用(ウェブサイト作成費用など)を払った後は安定した運用が可能とされています。

SEO分析メリット

SEO分析 メリット

SEO分析のメリットについておさらいしてみます。

ウェブサイトの認知度を上げられる

サイト分析にSEOを取り入れることで、より多くの人にウェブサイトを知ってもらえるようになります。また、ユーザーが欲する情報を提供することは、リピーターの確保にもつながります。トラフィックを継続的に増やすことで、アクセス数が上昇し続けるサイクルを生み出すことが可能です。

競合サイトとの差別化を図れる

SEO競合分析により、競合他者の戦略を正確に把握することができます。独自のキーワードを用いたり、他のサイトが提供していない話題を提供することで、競争市場に強い独自のアプローチを身につけることが可能です。

収益が増加する

アフィリエイト広告などを展開している場合、サイトの訪問者が増えることで収益(クリック数やコンバージョン数)が増加するというSEO分析メリットもあります。また、広告にSEO対策分析を取り入れることで、広告のパフォーマンスそのものを改善することもできます。

顧客体験を改善できる

ページの読み込み速度の向上やモバイルフレンドリーなデザインを採用することで、サイトにアクセスする人により快適な体験を提供することができます。ウェブサイトそのものがサービスを提供している場合(ブラウザで動作するソフトなど)、顧客満足度に直結する要素だと言えるでしょう。

SEO分析メリット・デメリットまとめ

メリット

  • トラフィックの増加
  • ユーザー体験の改善
  • 広告収入の増加
  • 最新トレンドの把握
  • 市場動向や競合者の動向の把握
  • リモートでSEO分析できる

デメリット

  • コストがかさむことがある(SEO分析無料ソフトもあり)
  • 一度だけでなく継続して取り組む必要がある
  • 始めるには予備知識が必要

SEO分析まとめ

SEO分析は、使いこなせると絶大な威力を発揮する手法です。企業や広告収入で生計を立てている個人事業主にとっては、競争市場で生き残るために不可欠な手段だと言えるでしょう。

SEOの仕組みやコンテンツマーケティングSEOについて解説した記事もありますので、SEO対策分析について深く知りたいという人はそちらも合わせてご覧ください。