メタバースのNFT特集

メタバースがベースとなっている仮想通貨プロジェクトは、業界の中でも魅力的な存在となっています。著名な投資家や大企業までもが、この新しいデジタルリアリティ投資に対して大きな賭けに出ています。ブロックチェーン技術を利用してメタバースとNFTを導入することにより、仮想通貨プロジェクトは投資家に多くのユースケースを提供し、仮想通貨、NFT、メタバースは今やほとんど同義語となっています。

しかし、一部の投資家の皆さんにとって、NFTメタバースゲームやその他のプロジェクトを自分たちで調査し、何が一番良いのかに関して評価するのは簡単ではありません。

この記事では、そんな初心者の皆さんにもわかりやすく2023年に投資するべき最高のメタバースNFTをレビューし、分析していきます。

2023年版|メタバースのNFTランキング一覧

より良い投資先を投資家の皆さんにご紹介するために、おすすめメタバースNFTプロジェクトについて、それぞれ簡単に概要を記載しました。このセクションのすぐ後では包括的なレビューも掲載しています。

  • メタマスターズギルド – 病みつきゲームが特徴のメタバースNFT
  • RobotEra -20倍超えの期待が高いメタバースの土地を開発する新しいメタバースNFTプロジェクト
  • Tamadoge – おすすめミーム系メタバース NFT
  • Battle Infinity – トップメタバース NFT
  • Lucky Block – 最高のNFTゲーム
  • DeFi Coin -大きな可能性を秘めたエキサイティングなメタバースNFT
  • The Sandbox – いわずと知れたNFTのメタバースワールド
  • Souls of Nature – 人気メタバースNFTプロジェクト
  • Decentraland – 最大のメタバースバーチャルワールド
  • Real Estate Investment Club – 不動産投資に関するメタバース
  • MetaCity – 確立されたチームによるNFTコレクション
  • Adidas into theメタバース – あの2大スポーツブラントのメタバースNFTプロジェクト

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

おすすめNFTゲームを探す際には、まず、そのタイトルを楽しんでプレイできるかどうかが重要です。次に、提供されているゲーム内の報酬と、どのNFTを獲得できるかを確認します。中には、NFTの景品を提供しているところもあります。メタバースへの投資方法に関する記事もお読みください。

メタバースのNFT|個別詳細解説

10つのおすすめメタバースNFTプロジェクトをざっと見てきましたが、さらに深く掘り下げて、各プロジェクトを個別に見ていくことにしましょう。

メタマスターズギルド|メタバースのNFT No.1

メタマスターズギルド ロゴメタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。熱中度の高い白熱のゲームプレイが楽しめるため、メタバースNFTの中でも一際注目を集めています。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、メタバースNFT業界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。また、MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供することで、プラットフォームのリピーター率を高めているようです。時間が経つのを忘れるほどゲームに熱中することができるため、長期投資を引きつけやすいメタバースNFTであると言えるでしょう。

メタマスターズギルド ゲーム

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのゲームが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取るゲームです。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

注目のメタバースNFTであるMMGの詳細情報を知りたい方は、テレグラムの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

Meta Masters Guildの始め方は解説記事にて詳細を紹介しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

RobotEra|メタバースのNFT No.2

【20倍超えの期待が高いメタバースの土地を開発する新しいプレセールNFTプロジェクト】

robotera japan

RobotEraは新型のメタバースとNFTを融合させたプロジェクトです。RobotEraではプレイヤーがロボットとなり、NFTベースの土地を管理しながらRobotEraのバーチャルワールド構築に貢献していきます。そもそもサンドボックス型のゲームなので、プレイヤーはゲーム世界の資源を獲得しながらロボット仲間を作り、クエストに参加します。バーチャルコンサートといったイベントにも参加することができるので、興奮度はかなり高いでしょう。

RobotEraのチームは、このタイムスケジュールで順調に進めばプレセールが新年までに終了すると考えています。すなわち、TAROが最初に取引所で上場する可能性が高い時期と重なります。すでにLBANK Labsから資金提供を受けていることから、LBANKがこのコインを上場する最初の取引所となることが予想されます。

RobotEraは、プレイヤーがユニークなロボットNFTアバターとメタバースランドをカスタムツールで購入・構築できるPlay to Earnの暗号資産プロジェクトです。NFTの鋳造と売却は、プレイヤーがこのゲームから収入を得るための2つの方法であり、ネイティブトークン$TAROの所有が必要です。このトークンはプレセールの第一段階を開始したばかりで、2023年に買うべき新しいトップ仮想通貨の1つに選ばれています。

robotera 1

このメタバースNFTは、Sandboxより良い選択肢として、プレイヤー自体が個性的なロボットのNFTアバターを作成し、メタバース上の土地を開発します。プレイヤーはロボット自体をアップグレードし、ユニークなロボットを設計し、NFTとして取引所で販売することができます。

プレイヤーはメタバース上で土地を購入し、インフラを整備して惑星「Taro」を開発します。このゲームでは、鉱物の採掘、建物の建設、広告用ブランドへのビルボードの貸し出しが可能で、土地を収益化するにはロボットの所有が必要となります。

もう一つの特徴は、RobotEraのゲーム内報酬の多様性です。御神木を育てる、NFTを売る、TAROトークンを賭けるなど、惑星Taroの開発に貢献することで報酬を得ることができるのです。

この機会にRobotEraのTelegramチャンネルに登録し、NFTやその他のゲーム内アセットに関する最新情報を入手しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Tamadoge|メタバースのNFT No.3

【おすすめミーム系メタバースNFT】

Tamadogeは、現在TamaverseをベースにしたNFTゲームですが、このゲームはメタバースプロジェクトに進化する予定です。このたび、本作の開発者がTamadogeのプレセールを開始しました。コインは割引価格で手に入れることができるので今がチャンスです。もちろん、価格が安いからというだけではありません。プレセール期間中に総供給量の50%を販売する計画もあるそうです。

Tamadogeは、DOGEのエコシステムに追加された単なるコインではなく、実用性を兼ね備えています。プレイヤーはペットを育てることで楽しみながら報酬を得ることができるのです。プレイヤーはNFTを購入してペットに食事を与えたり、おもちゃを購入したりしてペットを育成します。この仮想通貨ゲームプラットフォームでは、ペットの成長度合いに応じて、プレイヤーがリーダーボードにランク付けされます。ペットを最も成長させたプレイヤーは、賞金プールから最も高い報酬を受け取ることができます。

tamadoge

また、TamadogeがDogecoinなどと異なる点として、Dogecoinが供給量を増やしているのに対し、Tamadogeはデフレ型のコインであることが挙げられます。Tamadogeの供給量が減少するのは、使われた全トークンの5%が永遠にバーンされるです。残りの95%のトークンのうち、65%は賞金プールに入り、30%はプラットフォームの宣伝に使われます。

開発者は、コイン販売が非課税であることを保証するためにERC-20トークンを導入し、コインは主要な中央集権型取引所に上場しています。Solid Proof社はこのプロジェクトを監査し、CoinSniper社はそれを検証しています。投資家の皆さんは、このNFTプラットフォームに参加する意義を見出すことができるでしょう。

最小投資額 1,000 TAMA (〜$10 + ガス代)
最大投資額 N/A
購入方法 ETH, USDT, デビットカード/クレジットカード(Transak経由)
チェーン イーサリアム
ベータ版セール終了 2022年9月2日
プレセール終了 2023年3月

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Battle Infinity|メタバースのNFT No.4

【トップメタバースNFT】

Battle Infinity

2023年にメタバースに投資する方法をご存知ですか?Battle Infinityの開発者は、メタバースとゲーム要素を組み合わせてNFTファンタジースポーツゲームを作ることで、多くの機能を提供する予定です。例えば、報酬を得る以外にも、プレイヤーはチームを作り、VRヘッドデバイスを使ってメタバースの中を歩き、他のプレイヤーと出会ってリアルタイムでチャットすることができます。 2023年の市場で最高のメタバースゲームの一つとして、プレイヤーはバトルステーク、バトルアリーナ、Battle Swapなど6つのプラットフォームを利用することができます。このエコシステムを利用するためには、プレイヤーはプラットフォームのトークンであるIBATを購入する必要があります。それをBattle Swapで行うことで、プレイヤーはプラットフォームで得た報酬を他の通貨に交換することができます。プラットフォームでの取引手数料の一部は、アクティブなプレイヤーに報酬を分配するグローバルステーキングに充てられます。

トップメタバース NFT

Battle Marketは、ゲーム業界が行わないような資産やキャラクターをこのプラットフォームで評価するため、プレイヤーは報酬を得ることができます。最新情報はTelegramグループから得ることができます。

残念なニュースとしては、Battle Infinityのプレセールがすでに完売してしまったことです。発売後24日で完売ということで、予想よりかなり早いぺ―スでした。IBATはPancakeSwapに上場する予定です

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Lucky Block|メタバースのNFT No.5

【メタバースのトップNFTゲーム、毎日ジャックポット抽選を実施】

2023年のメタバースNFTゲームのもう一つは、Lucky Blockです。Lucky Blockのプラットフォームは、仮想通貨業界の中で最も熱望されているものの1つで、便利なモバイルアプリを通じて毎日、抽選を実施しています。この仮想通貨賞金抽選プラットフォームは完全に分散化されており、バイナンスのスマートチェーン(BSC)上でホストされているため、報酬が公正かつ透明性を持って分配されることを保証しています。

lucky block

Lucky Blockのアプリを通じて、ユーザーは毎日の懸賞のチケットを購入することができ、ジャックポット・プールはチケットの収益とLucky BlockのネイティブトークンであるLBLOCKの各販売に組み込まれた取引税によって賄われます。当選者は、Chainlink VRF サービスと連動してランダムに選ばれ、Lucky Block はすべての規制要件を遵守することを保証します。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

DeFi Coin|メタバースのNFT No.6

【大きな可能性を秘めたエキサイティングなメタバースNFT】

2023年にプレイすべき最高のNFTゲームのもう一つは、Defi Coinです。このトークンは、仮想通貨を中心とした様々なサービスを提供する分散型取引所であるDeFi Swapエコシステムの燃料となります。

以下詳細です:

  • 仮想通貨の交換は、第三者を介することなく、瞬時に可能
  • DeFi Swapで発生する取引手数料と引き換えに流動性を提供
  • イールドファーミングによる魅力的なAPY(年率利回り)の獲得

重要なのは、DeFi Swapで仮想通貨を購入する場合、完全に分散化された非公開の方法で行うことができるということです。DeFiコインの保有者であるという点で、これは様々なメリットをもたらします。

deficoin

例えば、すべての売買取引に10%の税金がかかります。これは、投機筋にDEFCの短期トレードを思いとどまらせるためです。その代わり、長期保有者を呼び込むことを目的としています。

さらに、おそらく最も重要なことは、各取引から得られる税金の50%がDEFCの保有者に分配されることです。トークンを多く保有すればするほど、その取り分は大きくなります。残りの50%はその後、DeFi Coinの流動性プールに追加されます。

DeFi Coinのもう一つの注目点は、2023年の最高のアルトコイン投資になる可能性を持っていることです。その理由は、DeFi Coinの時価総額は現在微々たるものであり、大きな上昇のポテンシャルを持っているためです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

The Sandbox|メタバースのNFT No.7

【いわずと知れたNFTのメタバースワールド】

The Sandboxは、現在のメタバースの中で最も有名なものの1つです。仮想通貨コミュニティの著名人や有名企業からも注目されています。The Sandboxのエコシステムには、ウェアラブルや仮想土地のプロットなど、膨大な数のNFTが存在します。

The Sandboxは(初期インフラを除いて)ほぼユーザーによる創造であるため、唯一の制限はプレイヤーの想像力です。The Sandboxでは、NFTメタバースカジノからインタラクティブゲーム、さらには遊園地の乗り物まで、ほとんど何でも可能です。このため、The Sandboxのニーズは非常に高く、ユーザーが長期的にSANDを購入する理由にもなっています。

sandbox japan

The Sandboxは、プラットフォーム上で制作するために必要なツールをユーザーに提供しています。つまり、プレイヤー自身がゲームの経済を活性化させることができ、ゲーム内のコンテンツも増え続けるということです。ユーザーは、建物やアトラクション、ジャンパーなどのウェアラブルを作ることができるので、大きな可能性があります。

The Sandboxをメタバースとして選択したクリエイターへの報酬として、ゲーム内のマーケットプレイスで作品を販売し、その資金をフィアット通貨に交換することができます。さらに、ユーザーはアトラクションを収益化することができます。例えば、入場料を徴収したり、自分のミニゲームにPlay to Earnの要素を加えたりすることも可能です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Souls of Nature|メタバースのNFT No.8

【人気メタバースNFTプロジェクト】

Souls of Natureは、現在のメタバースの状況を変革を目的とした、近日公開予定の新しいNFTプロジェクトです。また、2023年現在、市場に出回っているユーティリティNFTプロジェクトの中でも最高レベルのものです。メタバース内でアバターとして機能する9,271体のNFT動物で構成されています。

souls of nature

Play to Earnゲームは急速に人気を集めていますが、ほとんどのタイトルはどれも似通っており、UXの面ではほとんど改善されていません。Souls of Natureは、Unreal Engineを使用して他に類を見ない体験を実現することで、現状を打破することを目指しています。市場をリードする技術をプロジェクトに導入することで、Souls of Natureはユーザーが真に没入できるような体験を実現しようとしています。この体験では、絶滅の危機に瀕した世界を救うためにユーザーが冒険を繰り広げ、この種のものとしては初のHDメタバースとなる予定です。2023年に最高のメタバースコインへ投資をしたい方は引き続き記事を読んでみて下さい。

Souls of Natureは世界を救い、母なる自然を守ることに焦点を当てているため、チームは最初のコレクションで集まった資金の一部を、絶滅の危機にある生態系の保護に寄付することを約束しています。NFTや電力使用に対する否定的な意見がある中、これは私たちを取り巻く世界を改善する素晴らしいシステムのように思われます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Decentraland|メタバースのNFT No.9

【最大のメタバースバーチャルワールド】

DecentralandはThe Sandboxの最大のライバルです。非常によく似たモデルで、NFTメタバースベースの仮想世界をユーザーが探索し創造できるようになっています。Decentralandのネイティブ通貨であるMANA をどこで購入できるのかご興味のある方はぜひご覧ください。

decetraland

Decentralandのエコシステムには10万以上のNFTがあり、ウェアラブルや土地のプロットという形で提供されています。ユーザーは土地を購入し、The Sandboxと同様にその上に経験を構築することができます。しかし、Decentralandは、The Sandboxと比較して、より多くの企業がこの地を本拠地としているため、やや法人向けの雰囲気があります。

Decentraland経済が再びプレイヤーによって盛り上げられ、賑わいを見せています。MANAがCoinMarketCapで33番目に大きい仮想通貨であることから、投資家がNFT不動産系メタバースに大きな期待を寄せていることは明らかです。価格的にはThe Sandboxより若干高額ですが、どちらも投資に値する有力なメタバースです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Real Estate Investment Club|メタバースのNFT No.10

【不動産投資に関するメタバース】

Real Estate Investment Clubは、GTAとRed Dead Redemptionチームのデザイナーによって作成されたNFTコレクションです。NFTは、不動産教育と投資を目的としたメタバースであるREIC – MetaCityへのアクセスおよびアバターとして機能します。また、NFTはデジタルアセットプロパティグループ(DAPG)へのアクセスを可能にします。

REICの開発チームは、独自のMetaverse-as-a-Service(MaaS)を構築し、すべてのREICメンバーの仮想都市として機能させる意向です。プレイヤーは、メタバース内で自分の資産やサービスを収益化し、ゲーム内の経済を作り出し、お金を稼ぐことができるのです。

reic

メタバースの中心には、建築家と開発者のチームによって設計されたREICの本部ビルが置かれます。そこでは、定期的なミートアップや教育サービスの提供、将来の投資機会の提供、不動産投資における個人的な指導のための業界エリートへのアクセス権をREICメンバーに付与する予定です。

REIC NFTを保有することで、メタバースそのものにアクセスする以外にも、ある種の利便性を得ることができます。例えば、REICのメンバー向けに、プレミアムな場所でプライベートなリアルイベントを開催する計画があり、その第一弾としてエジンバラで開催されます。

REIC – MetaCityの主な目標は、不動産投資をブロックチェーンにもたらすパイオニアとして活動することです。チームは、不動産の所有権がブロックチェーン上で表現され、まもなく広くトークン化されると考えています。そのため、不動産投資における主要なコミュニティとなるために必要なインフラを提供するつもりのようです。

MetaCity|メタバースのNFT No.11

【確立されたチームによるNFTコレクション】

MetaCityは、Humans of the MetaCity NFT(HOTM)コレクションの一部で、HOTMホルダーが$HOTMを使用し、他のユーザーとエキサイティングに交流することができる仮想世界です。このコレクションは、ユーザーがその上に構築することができる仮想プロットで構成されています。

The SandboxやDencentralandと同様に、MetaCityはユーザーがプラットフォーム上で独自の体験を創造することを可能にし、このプラットフォームが無限に近い可能性を持っていることを意味します。

metacity

2023年の第1四半期に、MetaCityはユーザーが建築できる区画の土地の販売会を開催しました。すぐに売り切れましたが、OpenSeaなどのセカンダリーマーケットで土地を購入することは可能であり、新しいユーザーを受け入れる余地はまだ十分にあることを意味しています。都市が拡大するにつれ、チームは分散型自治組織として機能する「銀行」や、新進気鋭のアーティストが名声を得るためのNFT発射台として機能する「美術館」など、一連の新機能を追加する予定です。

すでにプロジェクトは本格化しており、年内に開始される明確なロードマップもあることから、開発チームは今後の計画をしっかりと立てているようです。さらに、このチームには素晴らしい実績があります。オリジナルのHumans of the Metaverseコレクションはわずか14分で完売し、メタバースのNFTの価格の下落を懸念する投資家のために、コレクションはわずか0.013ETHからスタートします。

MetaCityは、かなり新しいプロジェクトですが、非常にエキサイティングなプロジェクトともいえます。まだ開発の初期段階ですが、物事は急速に進んでおり、将来は明るいと思われます。

Adidas into the Metaverse|メタバースのNFT No.12

【あの2大スポーツブラントのメタバースNFTプロジェクト】

Adidas into the NFT Metaverseコレクションは、リリースの際にメディアの見出しを飾りましたが、その理由は当然です。このプロジェクトは、Board Ape Yacht Club、CryptoPunks、そしてもちろんAdidasを含む、最も高価なNFTのコラボレーションとして作成されたためです。このような影響力のある名前がコレクションを支えているにもかかわらず、1.2ETHの底値圏で推移しているのは少し驚きです。

adidas metaverse

このプロジェクトがリリースされた当初は、所有するNFTに関連した物理的なマーチャンダイズが所有者に付与されていました。しかし、Adidasはこのプロジェクトの第2段階に入っており、コレクションに新たな命を吹き込むことになるでしょう。

Adidas into the Metaverseコレクションは、現実世界の商品とともに、所有者にメタバースでのバーチャル体験やウェアラブルを提供しました。このコレクションの第2弾は第1弾を上回るパフォーマンスを発揮する可能性が高いといえます。

メタバースNFTとは?

メタバースNFTとは、メタバース空間のNFTのことで、通常世界のNFTと同様に資産価値があり、購入できたり、売ったりできます。具体的には、メタバース上のキャラクターやアイテム、衣装、土地などがNFTのように扱われることがあります。

メタバースは1つではありません。プロジェクトごとに独自の仮想世界があり、それぞれで多くの違いがあります。そのため、NFTメタバースは幅広いカテゴリーに分類されます。

メタバースカジノNFT、AR、そしてNFT不動産メタバースも含まれます。これらのプロジェクトはそれぞれ非常に異なる目的を果たすものですが、その中核には何らかのインタラクティブな仮想世界が含まれており、それがメタバースNFTを定義するものです。

メタバースとNFTの関係

メタバースは仮想空間であり、メタバース上のNFTは当該の仮想空間で資産価値があるものを指します。

暗号通貨と同様に、NFTは物質ではないため、仮想空間のようなバーチャルの世界で相性が良いため、メタバース関連のビジネスをしていく上で、メタバースとNFTの関係は切っても切れないような関係になっています。

今後もメタバースとNFTの関係は強くなっていき、ブロックチェーン関連のトピックの中では、暗号通貨に次ぐ主要なコンポーネントと、これからも見られていくでしょう。

メタバースNFTは良い投資なのか?

NFTとメタバースは、パンとバターのように相性が良いといえます。例えば、Souls of Natureなど、可能性を秘めた素晴らしいプロジェクトがたくさん生まれています。

残念ながら、非常に多くのプロジェクトがあるため、すべてのメタバースNFTが良い投資であると言い切ることはできません。しかし、これから来るNFTゲームが投資に値するかどうかを判断するために、誰でも分析できる要素がいくつかあります。

実績 – NFTメタバースが生き残る可能性を判断する最も簡単な方法の1つは、その背後にあるチームを確認することです。プロジェクトを運営する人々が、主張を実現し、投資家に価値を創造してきた実績があれば、それはプロジェクトの有効性を示す良い指標となります。

ロードマップ – 最高のメタバースNFTプロジェクトは、常に明確に定義されたロードマップを持っています。これは、チームが事前に計画を立て、開発にかかる時間を見積もり、そして最も重要なことは、プロジェクトについて透明性があることを投資家に伝えることです。

tamadoge nft

将来の計画 – ロードマップとリンクしていますが、プロジェクトが将来的に何を計画しているのかを常に確認する価値があります。今にとらわれがちですが、最高のメタバースNFTプロジェクトは、長期的な価値を提供します。チームが長期的にどのようにプロジェクトを発展させていくかを見ることで、それが実際に長続きするのか、それともすぐに衰退してしまうのか、良い洞察が得られるでしょう。

技術 – NFTもメタバースもまだかなり新しい新興技術なので、プロジェクトの主張が可能性の範囲内にあるかどうかを確認する価値はあります。もちろん、ほとんどのプロジェクトは、ある程度独自の技術を開発しており、何かがあまりにも野心的に聞こえる場合は、おそらくそうです。

1. NFT LaunchPad

NFT LaunchPad logoNFT LaunchPadは、2022年2月にローンチされた、かなり若いプラットフォームです。しかし、ローンチされたばかりであるわりに、このプラットフォームはよく設計され、魅力的ないくつかの素晴らしいNFTコレクションを持っています。特に、Lucky Block Platinum High Rollers Clubは、保有者に毎日大きな賞金を獲得するチャンスを提供しています。

NFT Launchpad市場は、Binance Smart Chain(BSC)とPolygon(MATIC)ネットワークの両方を使用して作成されたコレクションをサポートしています。このため、安価なNFTプロジェクトが数多く存在し、その中から選ぶことができます。

launchpad japan

NFTコレクションを様々なフォーマットで鋳造することが可能です。つまり、ユーザーはアニメーション、オーディオ、静止画のNFTを作成することができるのです。また、レア度の設定やロイヤリティの変更など、コレクションを作成する人が自由にコントロールできます。さらに、クリエイターは、キーリンクやプロジェクトの説明などの重要な情報を含む、コレクション専用のNFTページを作成することができるという利点もあります。

NFT LaunchPadの成長速度からすると、NFT分野のリーディングカンパニーになるのは時間の問題でしょう。NFT LaunchPadは直感的に操作でき、ナビゲーションも簡単です。直感的に操作でき、ナビゲーションもシンプルなので、すぐに使い始めることができます。すべてのキーボタンが明確に表示され、重要な情報を簡単に見つけることができます。全体として、買い手、売り手、作り手のための優れたマーケットプレイスです。NFT Launchpadは、どのようなニーズにも対応できる優れたマーケットプレイスです。

長所

  • 複数のネットワークに対応
  • 低料金
  • 素晴らしいコレクションがたくさん
  • 急成長中
  • シンプルな操作性
  • 強力なクリエイターツール

短所

  • イーサリアムに対応していない

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. OKX

OKX は、市場で最高の仮想通貨取引所の1つとして有名ですが、2021年、NFTの世界に進出することを決定しました。この取引所はCrypto.com NFTマーケットプレイスを立ち上げ、予想通り、すぐに人気を集めました。

OKX NFTマーケットプレイスの大きな魅力の一つは、その極めて低い手数料にあります。実際、マーケットプレイスでNFTを購入する際の手数料は全くかかりません。ただし、プラットフォーム上で造幣・販売を行いたいクリエイターには、二次販売手数料としての手数料がかかります。

OKXのマーケットプレイスでは、多種多様なNFTを入手することができます。このプラットフォームは複数のフォーマットをサポートしているので、通常のNFTアートからより複雑なアニメーションコレクションまで、何でも見つけることが可能です。マーケットプレイスは現在、イーサリアム、ポリゴン、ソラナ、クロノス、OKXチェーンで作成されたNFTをサポートしているので、多くの選択肢があります。

okx nft

このマーケットプレイスは、シンプルで見やすいインターフェースで、おなじみのOKXのカラースキームを使用しています。特定のNFTを検索するのも簡単で、多様なフィルターが用意されているため、特定の要件を満たすコレクションを簡単に見つけることができます。

全体として、OKXのマーケットプレイスには多くの魅力があります。PSG x Jay Chouコレクションのような注目すべきコレクションを含め、プラットフォーム上で利用できるNFTは数千に上ります。これらの要素と優れたユーザー体験を提供するブランドの実績を組み合わせると、OKXマーケットプレイスは最高のメタバースNFTプロジェクトをお探しの方にとって素晴らしい選択肢となります。

長所

  • シンプルな操作性
  • 数千のNFTを提供
  • 低料金

短所

  • ミンティングの手続きは少しわかりにくい
[/su_list]

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

メタバースNFTの購入方法

メタバースNFTの買い方は難しいかもしれませんが、以下のステップを踏めば、どんな投資家でも素早く、面倒な手続きなしに購入することができます。

ステップ1:ウォレットを作成する

 NFTを購入する前に、まず仮想通貨ウォレットを作成する必要があります。ありがたいことに、このプロセスは簡単で、数分しかかかりません。ウォレットアプリや拡張機能をダウンロードするだけで済みます。中でも、MetaMaskをお勧めします。そして、画面上の指示に従ってウォレットを作成します。

metamask jp

ステップ2 – 仮想通貨を購入する

ウォレットが作成されたら、仮想通貨を購入します。これは、取引所または規制ブローカーのいずれかを介して行うことができます。仮想通貨の購入プロセスは簡単ですので、 Binance CoinやEthereumの購入方法 を確認してみると良いでしょう。または仮想通貨を購入した後、新しく作成されたウォレットがネットワークに設定されていることを確認し、その後、資産を転送します。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ステップ3 – ウォレットを接続する

MetaMaskウォレットに資金が到着したら、次はNFT LaunchPadに接続します。NFT LaunchPadのWebサイトにアクセスし、ウォレットアイコンのある紫色のボタンを押し、MetaMaskのアイコンを押して、MetaMaskウォレットで接続を確認するだけです。

ステップ4:メタバースNFTの購入

MetaMaskウォレットがNFT LaunchPadに接続されたことで、NFTを購入することが可能になりました。検索バーをクリックし、コレクション名を入力してNFTを選び、紫色の「購入」ボタンを押し、詳細を再確認して「PAY」を押すだけです。資金が引き落とされ、NFTは接続されたウォレットに転送されます。

まとめ

いかがでしたか。メタバースとNFTの関係は非常に深く、今後の発展は容易に想像できたのではないでしょうか。メタバースと仮想通貨のコンビネーションは、NFTとの組み合わせよりも一足早く発展していますが、今後はリアルな世界での企業が積極的に参入して、メタバースとNFTの組み合わせもどんどん発展していくのではないでしょうか。

この記事を通じて、おすすめのメタバースのNFTやその他のプロジェクトを取り上げ、NFTの購入方法をわかりやすく解説してきました。今回取り上げたコレクションはそれぞれ長所がありますが、中でも際立っているのはTamadogeです。

Tamadogeは、最新のメタバースNFTコレクションは、この分野を大きく有名にする可能性を秘めています。このプロジェクトには、素晴らしいチームと明確なロードマップがあり、近々デモが行われる予定です。

メタバースは比較的新しいものなので、メタバースのやり方からつまずいてしまう人もいるようですが、仮想通貨のおすすめ銘柄や、新しい仮想通貨などトレンドを追っていくうちに、ブロックチェーンの知識がつき理解が追いついていくでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Meta Masters Guilds - 新世代のブロックチェーンゲーム

当サイトの評価

MEMAGのロゴ
  • トップレベルのゲーム開発から支援あり
  • 現在、絶賛プレセール中
  • 発行枚数上限あり、ベスティングなし
  • NFTで遊べる!さらに報酬やステーキングあり
  • Solid ProofやCoinsniperによって承認済み
MEMAGのロゴ

メタバースNFT – FAQ

NFTはメタバースの一部なのでしょうか?

メタバースNFTのベストプロジェクトは何?

メタバースNFTの入手方法は?

メタバースNFTで儲けられるの?