NFTブームに乗りたいのであれば、NFTマーケットプレイスは、アートから音楽、仮想世界全体まで、デジタル資産の売買に参加するためのゲートウェイとなります。NFTマーケットプレイスは、デジタル界のAmazonのようなものだと考えてください。NFTマーケットプレイスは数多く存在し、その多くが特定の分野やニッチに特化しています。

どの取引所を使うか決める前に、何を見るべきなのか、どこから選べば良いのか。この記事では、おすすめNFTマーケットプレイスについて、その場でNFT取引所を確認しながら詳しく説明し、今日からNFTを購入する方法を、初心者にもわかりやすく解説していきます。

おすすめNFTマーケットプレイス

これらのデジタル資産を売買できる最新のNFTマーケットプレイス一覧はこちらです。

  1. OKX – NFTを鋳造、購入、販売、閲覧するためのおすすめNFTマーケットプレイス
  2. NFT Launchpad – 刺激的なコレクションが揃う新マーケットプレイス
  3. Binance – 手数料の安さが特徴のNFT取引所
  4. OpenSea – 豊富なアセットを誇るNFTトップマーケットプレイス
  5. Crypto.com – 人気のNFT販売サイト
  6. Nifty Gateway – レアドロップでおすすめNFTプラットフォーム
  7. Rarible – NFTアートマーケットプレイスの代表格
  8. WAX – 14万件以上の資産を持つ、広く利用されているNFTマーケットプレイス
  9. Foundation – 独占的なアートを提供するプレミアムなNFTマーケットプレイス
  10. GameStop – ブロックチェーンゲーム向けNFT取引所

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2023年におすすめのNFTゲームをお探しですか?NFT市場の比較を始める前に、新しいNFTPlay to Earnゲームをご紹介します。

RobotEraのプレセール開始

  • RobotEraは、プレイヤーがユニークなロボットNFTアバターとメタバースランドをカスタムツールで購入・構築できるPlay to Earnの暗号資産プロジェクトとして、2022年に購入すべきおすすめのNFTです。
  • Calvariaは、プレイヤーとエコシステム参加者に$RIAと$eRIAの2つのトークンで報酬を提供する新しいPlay to Earn型のカードゲームです。
  • IMPTは、最高のユーティリティ仮想通貨プロジェクトの1つであり、急速に成長する業界で大きな可能性を秘めているため、投資すべき新しいNFTプロジェクトです。多くの投資家がこのプロジェクトへの投資を急いでおり、わずか3週間で1,100万ドルを調達した後、予定より4週間早くプレセールの第1ステージを完了しました。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

おすすめNFTマーケットプレイス評判

上記のリストでお分かりのように、日本には数多くのNFT販売サイトがあり、それぞれが微妙に異なる機能と料金体系を提供しています。ここでは、各プラットフォームの特徴や料金体系をご紹介します。

1. OKX NFTマーケットプレイス

OKXは、急速に人気を集めている仮想通貨取引所です。100カ国以上で数百万人のユーザーがおり、仮OKX Logo想通貨の売買取引金額が最大級の取引所の1つとなっています。

2017年からサービスを開始し(仮想通貨としてはかなり確立されています)、以前はOKExと呼ばれていました。近年では、最高クラスの取引プラットフォームを開発したため、大変な人気となっています。さらに、手数料も最安の取引所1つです。

OKX NFT マーケットプレイスは、NFT関連の仮想通貨を含む、NFTのあらゆるニーズに対応するワンストップの取引所です。現在、OKC、イーサリアム、BSC、ポリゴンネットワーク上のNFTをサポートしています。

NFTマーケットプレイスで利用できる資産は以下の通りですが、これら以外にもあります。

  • GameFiとメタバースアセット
  • デジタルアートワーク
  • デジタルコレクティブル
  • ミュージック

OKX NFT マーケットプレイスは、仮想通貨業界で最も低コストのNFT販売サイトの一つです。OKXはセカンダリーマーケットの販売にプラットフォーム手数料を課さず、ユーザーはNFTを売買する際にネットワーク手数料を支払うのみです。OKCを使用して鋳造された資産は、安いガスネットワーク手数料と迅速な取引決済時間の恩恵を受けることができます。

NFTの最も革新的な特徴の1つは、クリエイターに力を与えることができる点です。つまり、誰でもOKX NFT Exchangeで資産を鋳造し、販売することができるのです。また、将来のロイヤリティ徴収率も自由に設定することができます。

OKX NFT マーケットプレイスは4つのセクションに分かれており、それぞれのセクションについて以下に説明します。各セクションには、画面上部のメニューからアクセスできます。

特集

OKX NFTマーケットプレイスにアクセスすると、まず製品の中心である「Featured」セクションが開きます。ここでは、新しいNFTコレクション、トップコレクション、トレンドのコレクションを見つけることができます。

ページ上部には、セカンダリーマーケットプレイスの検索と、NFTを鋳造するためのリンクがあります。また、「Recent Rockets」では、最近大きな伸びを見せたコレクションを詳しく紹介しています。その下には、ウォレット間で送金された回数に応じて、人気のあるNFTのリストが表示されます。

これらの注目のNFTプロジェクトの下には、カテゴリー別にNFTマーケットプレイス全体を閲覧することができます。例えば、アート、スポーツ、音楽、ドメイン名、コレクターズアイテムなどです。また、マーケットプレイスやその機能に関する一般的な情報も掲載されています。

マーケットプレイス

「マーケット」セクションは、NFTの取引が最も多く行われる場所です。非キュレーション品に加え、「Primary」コレクションは、最初の販売後、このセカンダリーマーケットで取引されています。

OKX NFT マーケットプレイスのセカンダリーマーケットの特長は、その手数料体系にあります。「マーケットプレイス」での販売手数料はゼロで、業界最安値水準です。

ユーザーは、NFTの所有権を新しいアドレスに移す際に必要なネットワーク取引手数料を支払うだけでよいのです。また、クリエイターは、新しいNFTを鋳造する際に独自のロイヤリティを設定できるため、今後セカンダリーマーケットで販売されるたびに利益を得ることができます。

Primary/IGO

「Primary/IGO」では、OKX NFTチームがキュレーションした、注目のNFTコレクションやクリエイターを紹介しています。アーティストやプロジェクトに関する情報、販売が行われる日時が表示されます。販売形態は固定価格とオークションの2つがあります。

Primary/IGOマーケット手数料は、販売価格のわずか1%から5%で、従来のコレクション販売の手数料よりはるかに低く抑えられています。オークションでは、買い手と売り手の双方が最終的な販売価格の15%から20%を請求することが多く、通常、これに販管費、送料、保管料などの追加手数料がかかりますが、NFTにはそのほとんどが必要ありません。

また、クリエイターとして応募し、NFTマーケットプレイスのPrimaryマーケットでコレクションを発売するためのリンクも用意されています。

統計情報

「Stats」セクションは、コレクションを閲覧し、主要なパフォーマンス指標を一目で確認できる場所です。取引量、取引量変化、フロア価格、フロア価格変化、取引数、流動性、所有者、コレクション内のアイテム数で分類されたグローバルNFTランキングを備えています。

使用するネットワーク/トークン Binanceスマートチェーン(BSC)+ポリゴン
ガス代 無し
コレクションの量 10,000+
取引量 N/A

特徴:

  • 簡単なミンティング処理
  • 膨大な種類のNFTカテゴリ
  • ミンティング時、クリエイターページを自分でデザインすることが可能
  • Ethereum、BSC、Polygon OKC NFTをサポート
  • 最安値のNFT取引プラットフォーム
  • MetaMaskウォレットに完全対応

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. LaunchPad – 刺激的なコレクションが揃う新マーケットプレイス

NFT LaunchPad logo

NFT LaunchPadは、2022年2月に開設されたばかりの新しいデジタルアセットマーケットプレイスですが、すでに投資家の間で人気を集め始めています。Binanceスマートチェーン (BSC)とPolygonブロックチェーンで鋳造されたNFTを提供しており、膨大な種類のアセットから選択することが可能です。

NFT LaunchPadの資産は、最も広く使用されている仮想通貨の1つであるWrapped BNB(WBNB)建てとなっています。このマーケットプレイスはウェブブラウザからアクセスでき、NFTの購入とミンティングのためのセクションが明確に示された使いやすいインターフェースを備えています。NFT LaunchPadでは、超人気のLucky Block NFTをはじめ、多数のトップクリエイターによるコレクションを提供しており、前者に興味がある方には特におすすめです。

LaunchPad - 刺激的なコレクションが揃う新マーケットプレイス

NFT LaunchPadでは、MP4を含む多数のフォーマットに対応しているため、ミンティングも簡単です。ユーザーはロイヤリティを設定し、コレクションをどのレアリティで設定するかを決めることができます。さらに、NFTに興味を持つ人々がフォローするための専用ページを作成し、経歴、プロフィール画像、カバー写真、ソーシャルメディアサイトへのリンクを設定することも可能です。

このマーケットプレイスでは、今後発売される様々なエキサイティングなNFTのドロップやコレクションが用意されており、NFTをフリッピングするのに最適な場所となっています。

使用するネットワーク/トークン Binanceスマートチェーン(BSC)+ポリゴン
ガス代 無し
コレクションの量 10,000+
取引量 N/A

特徴:

  • 簡単なミンティング処理
  • 膨大な種類のNFTカテゴリ
  • ミンティング時のクリエイターページを自分でデザインすることが可能
  • BSCとポリゴンNFTに対応
  • 数々の話題のコレクション
  • MetaMaskウォレットに完全対応

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. Binance – 手数料の安さが特徴のNFT取引所

binance logo

NFTの購入を検討している場合、もう1つの非常におすすめのNFT取引所は、Binance NFT マーケットプレイスです。CoinMarketCapによると、このマーケットプレイスは、その名前が示すように、世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceによって運営されています。Binanceは低い手数料が強みであり、これはNFTマーケットプレイスにも及んでおり、ユーザーはわずか1%の取引手数料でNFTを購入することができます。さらに、Binance NFT マーケットプレイスはBinanceスマートチェーンとEthereumブロックチェーン上のNFTを提供しており、取引可能な膨大な資産を確保しています。

Binanceのマーケットプレイスのインターフェースは操作しやすく、アート、スポーツ、エンターテイメント、ゲーム、コレクターズアイテムなどを含むコレクションのNFTが掲載されています。Binanceはまた、魅力的な「ミステリーボックス」機能を提供しており、ユーザーはボックスを購入し、非常に価値のあるNFTをランダムに購入することができます。素晴らしいのは、Binanceにすでにアカウントを持っている場合、同じ認証情報を使ってNFTマーケットプレイスを利用できることです。

Binance – 手数料の安さが特徴のNFT取引所

現在、Binance NFT マーケットプレイスのウェブサイトでは、仮想通貨を使用してNFTを購入することしかできませんが、デジタル通貨を所有していないユーザーは、Binance取引所を通じて簡単に購入することができます。NFTはオークションまたは固定価格で購入でき、外部のNFTウォレットに転送することができます。

最後に、Binanceのマーケットプレイスでは、ユーザーが独自のNFTを鋳造することもでき、プラットフォームのネイティブトークンであるBNBで安価な手数料で作成することができます。こちらでBinance NFTマーケットプレイスのレビューを読むことができます。

使用するネットワーク/トークン Binanceスマートチェーン
ガス代 有り
コレクションの量 100,000+
取引量 月額4,000万ドル以上

特徴:

  • 低い取引手数料
  • 革新的なミステリーボックス機能
  • EthereumとBinanceのスマートチェーン上でNFTを提供
  • NFT購入のためにBinance取引所で仮想通貨を購入可能

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. OpenSea – 豊富なアセットを誇るNFTトップマーケットプレイス

opensea logo

多くの人が、NFTを購入するならOpenSeaが最適だと考えています。理由は、このマーケットプレイスは、取引量に関して言えば世界最大であるためです。OpenSeaは、NFT取引を主流にした最初のプラットフォームで、立ち上げ以来、100万人以上のユーザーを獲得しています。このマーケットプレイスはイーサリアムブロックチェーン上に構築されており、アート、ドメイン名、ゲーム内アイテムなど、さまざまな種類のNFTを提供しています。

opensea japan

OpenSeaの最大の特徴は、プラットフォームが150以上の仮想通貨を支払い方法としてサポートしていることです。これにより、仮想通貨の残高を使ってNFTを簡単に売買することができます。手数料については、OpenSeaはアイテムが売れたときに売り手に2.5%の取引手数料を課し、買い手には(標準的なネットワーク手数料以外の)費用はかかりません。最後に、このおすすめNFT取引所は14種類の仮想通貨ウォレットをサポートしており、ユーザーは数回のクリックでウォレットをマーケットプレイスにリンクさせることができます。

OpenSeaの詳細なレビューについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

使用するネットワーク/トークン イーサリアム
ガス代 有り(アカウント登録時および決済時)
コレクションの量 1,000,000+
取引量 月50億ドル以上

特徴:

  • NFTの豊富な品揃え
  • 150種類以上の仮想通貨に対応
  • 14種類の仮想通貨ウォレットをサポート
  • NFTの幅広いカテゴリー

5. Crypto.com – トップコレクションを有する主要なNFTマーケットプレイス

crypto.com logo

NFTをどこで購入するかを決める際、もう一つの素晴らしい選択肢はCrypto.comです。この人気のNFT販売サイトは、世界でもトップクラスの仮想通貨取引所であり、1,000万人以上に利用されています。人気のある仮想通貨取引サービスの他に、Crypto.comは最近、独自のNFTマーケットプレイスを立ち上げました。このマーケットプレイスは2021年に設立され、アート、セレブ、ゲーム、スポーツ、NFTミュージック、そしてもちろん仮想通貨などのカテゴリでNFTを提供しています。

Crypto.comは、NFTの投資プロセス全体を簡単にすることを目的としています。NFTはオークションまたは固定価格で購入でき、ユーザーはクレジットカードまたはデビットカードを使用してNFTを購入できます。また、「Crypto.com Pay」ゲートウェイを通じて仮想通貨を使用してNFTを購入することも可能です。購入プロセスで最も魅力的なのは、Crypto.comでNFTを購入する際の取引手数料が無料であることです。これは他の多くのプラットフォームとは異なる点です。また、Crypto.comでは、市場で最も高価なNFTを見つけることができます。

crypto.com nft

NFTマーケットプレイス自体は利用しやすく、初心者だけでなく経験豊富な投資家もアクセス可能です。Crypto.comはすでにスヌープ・ドッグやボーイ・ジョージなど多くの著名人とコラボレーションしており、このプラットフォームのNFTの広告塔となっているのです。最後に、Crypto.comの最近のプレスリリースでは、同プラットフォームがイーサリアムベースのNFTをサポートするようになったと発表しており、投資家の選択肢が大きく広がりました。

さらに、Crypto.comは最高のNFTアプリも提供しており、モバイルデバイスから直接NFTを売買することができます。

使用するネットワーク/トークン Crypto.org チェーン&イーサリアム
ガス代 無し
コレクションの量 100,000+
取引量 50,000ETH/週以上

特徴:

  • ガス代無料
  • NFTを購入する際の取引手数料無料
  • NFT販売時の手数料は1.99%のみ
  • クレジットカードやデビットカードでNFTを購入することが可能
  • イーサリアムベースのNFTを購入可能

6. Nifty Gateway – Best NFT Platform for Rare Drops

nifty gateway logo

次のNFTマーケットプレイス一覧は、Nifty Gatewayです。Nifty Gatewayは、「プレミアム」NFTドロップと呼ばれる、限られた数のアセットがリリースされるNFTにフォーカスしています。このプラットフォームでは、様々な有名アーティストやクリエイターを起用しており、過去にはSteve AokiやGrimesといったアーティストがドロップしています。これらのNFTは非常に人気があるため、Nifty Gatewayのセレクションはよりハイエンドな投資家向けに提供されています。

Nifty Gatewayは、Winklevoss Twinsが設立した仮想通貨取引所のGeminiの一部となっています。日本在住の方は、Geminiのアカウントに保存されている仮想通貨を使用する必要があります。最後に、Nifty Gatewayは各NFTの売り手に対して、0.30ドルの取引手数料とともに5%の手数料を課しています。

使用するネットワーク/トークン イーサリアム
ガス代 NFTをNifty Gatewayに転送する場合のみ発生
コレクションの量 6,000+
取引量 月1億円以上

特徴:

  • Gemini関連の取引所
  • 「プレミアム」ドロップに注力
  • 数々の著名人を惹きつけてきた

7. Rarible – Leading NFT Art Marketplace

rarible logo

Raribleは投資家におすすめのNFTアートマーケットプレイスの1つです。このプラットフォームは、写真、ゲーム、音楽、ドメイン、さらにはメタバースアイテムとともに、膨大な種類のデジタルアートを扱っているためです。このNFT取引所では、買い手と売り手の両方に2.5%の手数料がかかり、コスト面では高い部類に入ります。しかし、Raribleはマルチチェーンをサポートしており、Ethereum、Flow、Tezosで構築されたNFTをホストすることができます。

rarible japan

Raribleの素晴らしい点は、ユーザーがクレジットカードやデビットカードを使用してNFTを購入できることです。190カ国以上に対応しており、世界中でRarible NFTを簡単に購入できるため、最大のNFTマーケットプレイスの1つとなっています。また、RaribleはMetaMaskやCoinbaseなど様々なウォレットをサポートしており、投資家は購入後の資産を安全に保存することができます。

使用するネットワーク/トークン Ethereum(FlowとTezosをサポート)
ガス代 有り(NFT購入時、平均0.010ETH)
コレクションの量 400,000+
取引量 週390,000ドル以上

特徴:

  • マルチチェーン対応
  • クレジットカードやデビットカードでNFTを購入可能
  • 世界190カ国以上で提供
  • 様々な仮想通貨ウォレットに対応

8. WAX – 140,000以上の資産を持つ人気のNFTマーケットプレイス

wax logo

WAXは、2017年に立ち上げられた、電子商取引の効率化を目的としたブロックチェーンネットワークです。EOSと互換性があり、ブロックチェーンの力を活用してイーサリアムに対抗し、この分野のリーディングネットワークを目指しています。WAX NFTのマーケットプレイス自体は「SimpleMarket」と呼ばれ、14万以上のデジタルアセットを取引することができます。

WAX – 140,000以上の資産を持つ人気のNFTマーケットプレイス

WAX NFTの大半は、ネットワークのネイティブトークンであるWAXで表示されています。しかし、AtomicHubではWAX NFTのセカンダリーマーケットが超人気であり、ガス代不要の交換サービスを提供していると謳っています。アタリやソニーなど、知名度の高いブランドがすでにWAXブロックチェーンを利用してNFTを鋳造しており、このプラットフォームにかなりの信頼性が加わっています。最後に、WAXはセカンダリー市場で2%の取引手数料を徴収していますが、最初のNFTのリリースでは料金体系が比較的不明瞭です。

使用するネットワーク/トークン WAXブロックチェーン
ガス代 無し
コレクションの量 140,000+
取引量 2021年後半に日量1,000万ドル超に到達

特徴:

  • 数々の有名ブランドで採用
  • イーサリアムベースのマーケットプレイスへの有力な代替手段
  • EOSに対応
  • 140,000以上のNFTを取引可能

9. Foundation – 独占的なアートを提供するプレミアムなNFTマーケットプレイス

foundation logo

NFTアートをどこで買うか悩んでいるなら、Foundationを検討する価値があります。Foundationは、主に独占的なアートドロップを提供することに重点を置いている大手NFTマーケットプレイスです。Foundationマーケットプレイスに出品されたNFTはオークションを通じて提供され、そのほとんどは最初の入札が行われた後24時間実行されます。イーサリアム・ブロックチェーン上に構築されたFoundationのインターフェースは非常に洗練されており、探しているデジタルアートを簡単に見つけることができます。手数料については、Foundationは各トランザクションで売り手に15%のサービス料を請求しており、これは今回のリストの中で最も高い方です。

Foundation - 独占的なアートを提供するプレミアムなNFTマーケットプレイス

しかし、このNFTアートマーケットプレイスでは、セカンダリーマーケットでの販売に対して10%のロイヤリティを提供することで、売り手はその一部を回収することができます。Foundationはイーサリアムでホストされているため、ユーザーはNFT購入の支払いにETHを使用する必要があります。現時点では、FoundationはMetaMaskまたはWalletConnectを介して設定されたウォレットのみをサポートしており、投資家のアクセスはやや制限されます。

使用するネットワーク/トークン イーサリアム
ガス代 有り – NFTを購入する場合
コレクションの量 100,000+
取引量 週60,000ドル以上

特徴:

  • 限定アートドロップに注目
  • セカンダリーマーケットで10%のロイヤリティを提供
  • MetaMaskとWalletConnectをサポート
  • ユーザーフレンドリーな取引インターフェース

10. GameStop – ブロックチェーンゲーム向けのNFTプラットフォーム

gamestop logo

GameStopマーケットプレイスは、今年ローンチ予定のNFT取引所の中でも最もエキサイティングなものの一つです。The Vergeの記事で言及されているように、GameStopは純粋なゲーム販売から拡大し、NFTゲームスペースにも足掛かりを作ろうとしています。NFTプラットフォームは、EthereumのLayer-2プロトコルであるImmutable X上に構築されており、代替品ではなくGameStopマーケットプレイスの使用を選択したゲーム開発者のための大規模なファンドを開発中です。

GameStop - ブロックチェーンゲーム向けのNFTプラットフォーム

予想通り、GameStopのマーケットプレイスは、デジタルプロパティ、武器、コスチュームなどのゲーム内アイテムに主に焦点を当てています。このプラットフォームの具体的な内容は、まだ明らかになっていません。しかし、多くの報道では、GameStopは巨大なビデオゲームデベロッパーと提携し、特定のフランチャイズのファン向けのコレクターズNFTを提供することを検討しているとされています。

使用するネットワーク/トークン Immutable X
ガス代 記載なし
コレクションの量 未発売
取引量 N/A

特徴:

  • レイヤー2のEthereumプロトコルで構築されていること
  • ゲーム系アイテムに注力
  • ゲーム開発会社との提携を視野に
  • ゲーム開発者向けファンドの創設

NFTマーケットプレイス比較

おすすめの仮想通貨取引所を探すときと同様に、各NFTマーケットプレイスが提供する機能と料金体系について概要を把握することが重要です。以下の表では、前のセクションで検討した各マーケットプレイスに関連する重要な情報の内訳をご紹介します

名称 NFTの概算数 NFTの種類 対応仮想通貨
OKX +160,000 アート、スポーツ、音楽、ドメイン名、バーチャルプレイス、トレーディングカード、トップコレクティブル、ユーティリティNFT Binanceスマートチェーン(BSC)+ポリゴン+α

イーサリアム+OKC

NFT LaunchPad 10,000+ アート、音楽、ゲーム、写真、その他 WBNB
Binance 100,000+ アート+音楽 BNB、BUSD、ETH
Crypto.com 200,000+ アート BTC、ETH、CRO
OpenSea 80m+ アート+音楽 150+
Nifty Gateway N/A (限定ドロップ) アート+音楽 イーティーエス
GameStop N/A ゲーム内アイテム N/A
Rarible 300,000+ アート ETH、XTZ、FLOW
WAX 140,000+ アート+音楽 WAX
Foundation 158,000+ アート イーティーエス

NFTマーケットプレイスとは

NFTマーケットプレイスとは、NFTを売買したり、鋳造したりできるオンラインプラットフォームのことです。NFTをどこで購入するか、または鋳造するかは、まずNFTマーケットプレイスをご覧ください。

NFTのマーケットプレイスは巨大なオンラインストアと考えることができ、ユーザーは販売されている商品のセレクションを閲覧し、購入することができます。NFTはブロックチェーン上でホストされているため、NFT取引所やNFT販売サイトの大半は、ユーザーが購入後にNFTを保管するための仮想通貨ウォレットを持つことを要求します。

nft marketplaces

NFTのマーケットプレイスは、上場資産をデジタル通貨で表示する傾向があり、イーサリアムが最も広く使用されています。NFTを購入すると、所有権は売り手から買い手に移転し、ネットワーク取引手数料が発生します。

NFTの驚異的な人気上昇のおかげで、新しいNFTマーケットプレイスが定期的に立ち上がり、それぞれが幅広い市場の中で「ニッチ」を見つけようと試みています。この記事では、おすすめのNFT市場の多くをレビューしていますが、さらに多くの市場が開発され続けています。

NFTのマーケットプレイスの仕組みは?

NFTはデジタルトークンであるため、これらのマーケットプレイスは他の資産とは少し異なる仕組みになっています。前述のとおり、購入後にNFTを保管するために仮想通貨ウォレットを事前にセットアップしておくことが不可欠です。NFTと仮想通貨の両方をサポートするウォレットもありますが、NFT専用ウォレットでも可能です。

また、NFT購入には、ウォレットとは別に、仮想通貨を所有している必要があります。ほとんどのマーケットプレイスはETHでNFTを利用していますが、Solana(SOL)、Tezos(XTZ)、FLOW、または他のデジタル通貨を使用するものもあります。

マーケットプレイスの仕組みとしては、主に3つのサービスを提供しています。

  • NFTの購入投資家は、オークションまたは固定価格でNFTを購入することができます。購入後、NFTの所有権は買い手に譲渡されます。
  • NFT鋳造多くのNFTマーケットプレイスでは、ユーザーが自身のNFTを鋳造することができます。これは、ユーザーが作成したものをブロックチェーン上でホストされるデジタル資産に変換することを意味します。
  • NFT販売最後に、NFTマーケットプレイスでは、売り手がNFTを出品することができます。販売されると、売り手は通常、受け取った金額の一部を手数料としてNFT販売プラットフォームに支払う必要がありますが、多くのプラットフォームは流通市場での販売に対してロイヤリティを提供しています。

NFTの鋳造にはコストがかかり、気候変動への懸念が高まる中、多くの投資家がNFTは環境に悪いのではと疑問を呈しています。

NFTマーケットプレイスの種類

NFTトークンの購入先を決定する際には、様々なタイプのNFTマーケットプレイスを総合的に理解することが重要です。以下に主な種類をご紹介しますので、ご自身のニーズに合ったものをお選びください。

NFTアートマーケットプレイス

その名の通り、NFTアートに特化したマーケットプレイスです。OpenSeaやRaribleが代表的なマーケットプレイスで、クリエイターがデジタルアートNFTを鋳造し、コレクターに販売することが可能です。

nft games

NFTの最新ドロップは、NFTカレンダーでご確認ください。

NFTミュージックマーケットプレイス

Forbesの最近の記事では、NFTは音楽の未来を形作る可能性があり、曲、アルバム、歌詞、サウンドのすべてをNFTとして構成することが可能であると述べられています。NFTミュージックマーケットプレイスはこの分野に特化しており、一流アーティストが提供するNFTミュージックを購入することが可能です。

イーサリアムNFTマーケットプレイス

これらのマーケットプレイスはイーサリアム・ブロックチェーン上に構築され、ETHで表記されるデジタル資産を提供しています。現在、最大のイーサリアムマーケットプレイスはOpenSeaで、最近、133億ドルという驚くべき価値があると推定されました

Solana NFTマーケットプレイス

Solana NFTアートマーケットプレイスは、Ethereumに代わる高速なSolanaブロックチェーン上でホストされています。さらに、Solanaはスケーラビリティに優れているため、ネットワーク手数料を低く抑えることができます。SolanartとSolseaが2大マーケットプレイスですが、現在、Solana上でホストされている重要なマーケットプレイスは多くありません。この仮想通貨を使用してNFTに投資したい場合は、Solanaを購入する方法についての記事をチェックしてみてください。

Algorand NFT マーケットプレイス

Algorandも最近リリースされたNFT関連のブロックチェーンネットワークで、複数のAlgorand NFTマーケットプレイスが誕生しています。Algorandは純粋なプルーフオブステーク(PPoS)ブロックチェーンであるため、投資プロセス全体が現在のイーサリアム構造よりも環境に優しく、スケーラブルであると考えられています

Tezos NFTマーケットプレイス

Tezosはオープンソースのブロックチェーンで、ネイティブトークンのXTZを使って機能します。Tezos NFTのマーケットプレイスは、この1年で人気が高まり、Raribleなどの大手マーケットプレイスでもTezosベースのNFTを提供するようになりました

BNB NFTマーケットプレイス

最後に、BNB NFTマーケットプレイスは、Binance仮想通貨取引所のネイティブトークンであるBinance Coinの人気を活用しています。最も著名なマーケットプレイスは、Binance NFT マーケットプレイスそのもので、ユーザーはBNBで表記されたNFTを購入することができます

NFTマーケットプレイス ガス代

イーサリアムNFTマーケットプレイスを利用する場合、ガス代に注意する必要があります。簡単に言えば、これらの手数料は、特定の取引を完了するために必要なコンピュータのエネルギー量を指しています。NFTに関連して、ガス代は、ブロックチェーンネットワーク上で行われるアクション(例えば、NFTの所有権を別の人に移すなど)が発生するときに発生します。

これらの手数料は、イーサリアムのブロックチェーンがビットコインと同様の「Proof-of-Work」コンセンサスアルゴリズムを使用しているために適用されます。これは、基本的にパワフルなコンピュータである「マイナー」が、特定のブロックチェーン取引を処理し承認することを意味します。この処理には多くのエネルギーが必要なため、市場参加者は対価としてガス代を支払う必要があるのです。

NFT gas fees

注意しなければならないのは、ガス代は一定ではなく、大きく変動する可能性があるということです。ガス代はネットワークの混雑状況によって変動するため、多くの人がネットワークを使用すると、コストが高くなります。さらに、取引を早く終わらせたい場合にも、ガス代が高くなることがあります。例えば、プラットフォームによっては、鋳造速度を「遅く」することで、手数料を安くすることができます。

NFTマーケットプレイスを利用する際、注意すべきガス代は大きく分けて2種類あります。

ガス代(一度限り)

一部のNFTマーケットプレイス(OpenSeaなど)では、仮想通貨ウォレットを初期化するために、ユーザーに1回限りの手数料を支払うよう要求しています。この手数料は、過去にマーケットプレイスで一度もNFTを販売したことがないユーザーに適用されます。これもまた、決まった料金はありませんが、かなり高額になる傾向があり、混雑度合いに応じて50ドルから300ドルの間で設定されます。

ガス代(都度)

一般的なネットワークタスクを行う場合にも、定期的な料金が発生します。これには、自分が出品したNFTのオファーを受ける、NFTの所有権を他人に譲渡する、NFTを購入する、NFTオークションに出品した入札を取り消す、などが含まれます。

NFTマーケットプレイスの利用方法

OKX Logo

日本で最もおすすめのNFT取引所であるOKX NFT マーケットプレイスを利用するためのガイドを以下でご紹介します。ブラウザの拡張機能でWeb3ウォレットをすでにセットアップしているユーザーを想定しています。仮想通貨ウォレットに不慣れでサポートが必要な場合は、こちらの記事をご覧ください。また、お客様のウォレットには資金が充填されているものとします。

まず、Web3ウォレットを使用してOKX Web3エコシステムに接続します。分散型であるため、NFTマーケットプレイスを利用するためにOKXの取引所アカウントは必要ありません。

ウォレットを接続するには、まずWeb3のウォレットハブにアクセスします。ホームページの左上隅にあるOKXのロゴの横に、「Exchange」と「Wallet」を切り替えるオプションが表示されています。Walletをクリックすると、Web3エコシステムに移動します。

NFTマーケットプレイスの利用方法

トップページで[Connect wallet]をクリックし、接続したいウォレットを選択します。OKX Walletは現在、OKX Web3ブラウザ拡張機能とモバイルアプリ、MetaMask、およびWalletConnectに対応したこれらのウォレットをサポートしています。このデモでは、OKX Web3ブラウザ拡張機能を使用しますが、手順はそれぞれほぼ同じです。

NFTの作成方法

Web3ブラウザの拡張機能でウォレットを開き、使用するアカウントを選択し、[Nextをクリックします。

次の画面で、サイトに付与された権限を確認し、[Connect]をクリックします。

ここで、ウォレットのナビゲーションバーにある「NFT マーケットプレイスをクリックします。

NFTの作成方法

NFTの作成方法

Web3ウォレットを接続した後、ブラウザ拡張機能内からNFTを鋳造するネットワークを選択します。ウォレットウィンドウの上部にあるメニューをクリックすると、利用可能なネットワークが表示されます。OKX NFT マーケットプレイスは現在、OKC、Ethereum、BSC、Polygonの各ネットワークをサポートしています。

次に、ホームページから「Create NFT」をクリックします。

表示される「Mint NFT」ポップアップで、NFTの関連情報をすべて入力します。まず、ファイルの種類を選択し、「ファイル」の見出しの下にNFTにしたいファイルを選択します。

「NFT Name」欄には、NFTマーケットプレイスに出品したいNFTの名称を記入し、オプションで説明を記入します。最後に、ロイヤリティとして受け取りたい将来の売上高の割合を入力します。0%から100%の間で任意の金額を選択できます。詳細を確認し、[Mintをクリックします。

Web3ウォレットでMintのリクエストを確認する必要があります。最初にOKX Web3に接続したネットワークが、NFTが鋳造されるネットワークとなります(この例では、OKC)。

Confirm]をクリックして、トランザクションを送信します。ミンティングでは、ネットワークのネイティブ通貨でガス代を支払う必要があります。例えば、OKCでミンティングを行う場合、OKTでガス代を支払います。

ウォレットでトランザクションを送信したら、ネットワークがそれを確認するまで待ちます。確認されると、ダッシュボードの「NFT」タブでNFTを確認することができます。

NFTの購入方法

NFTの購入方法

NFTは「Primary/IGO」セクションと「Marketplace」セクションの両方で購入することができます。「Primary/IGO」セクションで購入できるのは、OKX NFTチームが厳選したアーティストやプロジェクトによる限定品です。

一方、「Marketplace」では、「Primary/IGO」で過去に販売したコレクションのNFTや、キュレーター以外のクリエイターが鋳造・輸入したNFTを誰でも売買することが可能です。

機能は若干異なりますが、NFTを購入する手順は、どちらのセクションでも非常によく似ています。今回は、「Marketplace」からNFTを購入します。

上記の手順でWeb3ウォレットを接続し、NFT マーケットプレイスに移動したら、ナビゲーションバーで[Marketplace]をクリックします。

ここで販売中のNFTを閲覧することができます。販売状況、コレクション、ホストチェーン、NFTのカテゴリー、価格から閲覧することができます。各NFTには、価格、タイトル、クリエイターが表示されます。

NFTの詳細については、画像をクリックしてください。次の画面でアイテムの販売履歴、トークンID、コントラクトアドレス、ロイヤリティ率、データが保存されているブロックチェーンが表示されます。

どのNFTを購入するか決めたら、自分のウォレットが正しいブロックチェーンネットワークに接続されていることを確認します。上のNFTはOKC上にあります。したがって、購入するためにはOKCに接続する必要があります。

Buyボタンをクリックし、Web3ウォレットで購入します。[Confirm]をクリックし、オンチェーンでの取引が確認されると、ダッシュボードの「NFTs」セクションにNFTが表示されます。

または、[Make offer]をクリックして、NFT の現在の所有者に取引を提案します。NFTに支払いたい価格と入札を有効にする期間を入力し、支払い通貨を選択します。次に、[Make offer]をクリックします。最後に、自分のウォレットで取引に署名します。

現在の所有者が、あなたの提示した価格に満足すれば、オファーを受け入れ、関連するブロックチェーンで所有権移転が確認された時点で、NFTを受け取ることになります。

NFTの販売方法

NFTを「Marketplace」セクションに出品したい場合は、Web3ウォレットを接続した状態で「Dashboard」セクションに移動してください。

購入したNFTをすぐに販売用にリストアップすることができます。ただし、作成したNFTを審査に出す必要があります。これは、ポルノ、暴力、著作権を侵害する素材を含む有害な可能性のあるNFTの販売を防止するためです。

NFTの販売方法

販売する NFT を選択し、クリックすると追加オプションが表示されます。NFTがホストされているネットワークにWeb3が接続されていることを確認することが重要です。

正しいネットワークに接続されていない場合、Web3ウォレットを開き、接続されているネットワークを変更してください。ウィンドウの上部にあるドロップダウンメニューで利用可能なネットワークを見つけることができます。

自分のウォレットを売却したい NFT と同じネットワークに接続した状態で、[Sell]ボタンをクリックします。売却するNFTが自分で作成したものである場合、NFTをレビューのために提出する必要があります。ポップアップで、OKX NFTチームのレビュープロセス情報を読み、[Confirmをクリックします。審査には通常1~3営業日かかります。

作成したNFTが審査に合格した場合、または以前に購入した承認済みNFTを販売する場合に出品することができます。

Sell]をクリックすると、販売の詳細を入力する画面が表示されます。販売価格、販売通貨、出品期限などです。

詳細を入力し、[Confirm] をクリックします。最後に、ウォレットで取引に署名して、NFTを出品します。

確認後、NFTは「Markets」セクションに表示されるはずです。誰かがそれを購入した場合、売却を完了するためにそれ以上操作する必要はありません。手続きは自動的に行われます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

OKXでNFT用の仮想通貨を購入する方法

最適なNFTプラットフォームとは何か、NFTマーケットプレイスがどのように機能するかについてご理解いただけたところで、最初のデジタル資産を購入するためのプロセスを探ってみましょう。NFTはデジタル通貨建てであるため、NFTの購入を容易にするために仮想通貨を購入する必要があります。

NFT業界で最も人気のある仮想通貨はETH、USDT、BNB、OKBで、これらは適用されるネットワーク料金の支払いにも使用されます。

このステップバイステップガイドでは、以下のオプションを使用してOKXで仮想通貨を購入または売却する手順を説明します。

  • Express
  • P2P トレード

それでは、早速仮想通貨を始めましょう。

ステップ1:OKXのアカウントにログインする

OKXで仮想通貨の売買を開始する前に、まずOKXアカウントにログインする必要があります。これを行うには、OKXのホームページの右上にある[Login]をクリックします。

まだアカウントをお持ちでない方は、[Sign up]をクリックして登録手続きを行ってください。

OKXでNFT用の仮想通貨を購入する方法

画面右上の「 Login」をクリックする

ステップ2:購入/売却を選択する

OKXのアカウントにログインしたら、画面左上の[Buy Crypto]をクリックして開始します。

画面左上のBuy Cryptoをクリックします。

ステップ3:購入方法選択する

次のステップは、仮想通貨の売買方法を選択することです。OKXには2つの主要なオプションがあります。

  1. Express
  2. P2P trade

ここでは、それぞれについてご案内します。

Express

OKXで仮想通貨を購入する最も簡単な方法は、Expressオプションを利用することです。

購入したい仮想通貨と使用したいフィアット通貨を選択するだけです。次に、ご希望の支払方法を選択する前に、ご希望のフィアット通貨または仮想通貨の正しい金額を入力してください。

決済が確認されると、購入した仮想通貨は自動的にOKXアカウントに振り込まれます。

使用するフィアット通貨または購入する仮想通貨はの金額と、ご希望の支払い方法を選択してください。

P2P trade

サブメニューの「P2P trade」をクリックすると、P2P取引セクションに移動します。

次に、通貨のドロップダウンメニューをクリックし、希望の通貨を選択します。

Buy」または「Sell」をクリックして利用可能なオファーを確認するか、「Order Book」を選択して利用可能なすべての買いおよび売り注文を確認することができます。

最後に、取引内容を確認するだけです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

NFTマーケットプレイスを選ぶ際のポイント

まず、NFT(non-fungible token)は単に資産の所有権を表すものであることを覚えておいてください。NFTマーケットプレイスを選ぶ前に、まず、どのようなデジタル資産を売買、または作成することに興味があるのかを決めておく必要があります。

文字、ビデオ、ビデオゲーム、アート、コレクターズアイテムなど、デジタルなものであれば何でもトークン化できます。ブロックチェーン(NFTが構築される最も一般的なブロックチェーンネットワークであるイーサリアムなど上でトークン化できるため、興味のあるものを絞り込むことから始めるとよいでしょう。

もう1つ考慮すべき点は、マーケットプレイスでサポートされているトークンの種類です。多種多様なトークンをサポートしているところもあります。また、クローズドなマーケットプレイスで、特定の独自トークンを利用するものもあります。

NFTマーケットプレイスのアカウントを開設する際には、サイトに適切な仮想通貨またはトークンをブロックチェーンウォレットに移すようにしてください。アカウントを開設すると、ウォレットをNFTマーケットプレイスにリンクするよう促されます。また、マーケットプレイスがどのようなセキュリティを備えているか、過去に問題がなかったかどうかの確認も重要でしょう。

NFTへの投資

NFTマーケットプレイスは、デジタル資産、収集品、アートへの投資を開始するための1つの道ですが、そこには多くの選択肢があります。NFTの種類や取引に使用する仮想通貨に基づいて、購入や保管のニーズに合ったものを選ぶようにしましょう。

また、これは新しい業界であり、非常に投機的であることに注意してください。一部のNFTは価値が急上昇する可能性がありますが、保証はありません。デジタルアートやコレクターズアイテムの価値は、物理的なアートやコレクターズアイテムとほぼ同じです。価値は主観的なものであり、ユニークさや制作者の評判などの要素によって決まります。購入する場合は、投資戦略、純資産、投資期間を考慮した上で、購入するようにしてください。

最高のNFTマーケットプレイス – まとめ

最後に、この記事では、現在投資家が利用できるおすすめのNFT取引所についてその特徴を強調し、さまざまな市場の種類を説明してきました。初めてNFTトークンを購入する場所を決めるのは大変なことですが、この記事で紹介した情報を利用することにより、そのプロセスを大幅に効率化することができるでしょう。

OKXマーケットプレイスは最も安価な仮想通貨取引所の1つで、取引量も多く、高度な取引機能とツールを備えています。素晴らしいNFTマーケットプレイスとウォレットを提供しており、これ以上望むものはないでしょう。5つ星の素晴らしい取引所といえます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

よくあるご質問

NFTマーケットプレイスとは?

最大のNFTマーケットプレイスはどこ?

NFTを購入するのに最適な場所はどこ?

アーティストにとって最適なNFTのマーケットプレイスはどこ?

初心者にオススメのNFTマーケットプレイスは?