このページでは、本人確認不要 カジノを日本のユーザー向けに比較しています。オンラインカジノ 本人確認不要 サイトのおすすめについては、下記を参考にしてください。

本人確認不要 カジノ ランキング

  • すべて
  • 仮想通貨
  • テレグラムカジノ

10ETHまでの200%ボーナス!

10ETHまでの200%ボーナス!

  • 第1位 テレグラム・カジノ
  • KYCなしの認可カジノ
  • 最も重要な暗号通貨をサポート
8.8
4 Stars TG.Casino
ボーナスをゲット
コード不要

200%最大€10,000+50スピン

200%最大€10,000+50スピン

  • 本人確認(KYC)不要・即時出金
  • あらゆる仮想通貨に対応
  • 世界のハイローラーに大人気
9.9
5 Stars LuckyBlock
ボーナスをゲット
コード不要

200%最大1BTC+50回スピン

200%最大1BTC+50回スピン

  • 世界初!公認テレグラムカジノ
  • 本人確認(KYC)不要・メール認証なし!30秒の簡単登録
  • スピーディーな出金+上限額/手数料なし
  • VPNでどこからでもアクセス可能!
7
3.5 Stars Mega Dice
ボーナスをゲット
コード不要

最大25,000ドルの200%入金ボーナス + 50 フリースピン & 10 フリーベット

最大25,000ドルの200%入金ボーナス + 50 フリースピン & 10 フリーベット

  • 膨大なゲームセレクション
  • エクセレント・テレグラム・カジノ
  • 手厚い歓迎オファー
8.9
4 Stars Wall Street Memes Casino
ボーナスをゲット
コード不要

最大360%ウェルカムボーナス

最大360%ウェルカムボーナス

  • 90種の仮想通貨対応
  • 豊富なキャンペーン
  • プレイヤーフォーラム
9
4.5 Stars BC Game
ボーナスをゲット
コード不要
さらに件表示+

オンラインカジノ 本人確認不要 トップ10

日本人プレイヤーから人気の高い本人確認不要 カジノTOP10はこちら:

  1. ラッキーブロック – 仮想通貨に特化した最先端の本人確認不要カジノ:最速出金と高額ボーナスが魅力
  2. メガダイス – 世界初テレグラム公認の本人不要カジノ:完全匿名&一切の無駄を排除した登録フローを実現
  3. ビーシーゲーム ‐ 業界最多120銘柄以上の仮想通貨に対応する本人確認不要カジノ:取扱ゲーム数もトップクラス
  4. Stake – 人気・知名度ともにNo.1 本人確認不要カジノの金字塔: 贅沢なVIPボーナスと独自路線の特典でファン多数
  5. Betfury – デジタル通貨特化型の新進気鋭の本人確認不要カジノ:日本のユーザー向けに充実のゲーム環境を提供
  6. k8 ‐ パチンコ&パチスロ4・5号機を搭載した唯一無二の本人確認不要カジノ:豊富なキャンペーンで人気急上昇
  7. ビットカジノ – 初めて仮想通貨を導入した元祖本人確認不要カジノ:豪華なロイヤルティクラブを完備
  8. スポーツベットアイオー – 抜群の安定感が光る定番の本人確認不要カジノ:スポーツからカジノまで守備範囲の広いサービスに定評
  9. Duelbits ‐ 暗号資産と法定通貨が使えるハイブリッド型本人確認不要カジノ:充実のVIP制度が話題
  10. クラウドベット ‐10年以上の運営実績を誇る堅実な本人確認不要カジノ: ゲームコレクションの充実度はピカイチ

近年、暗号通貨の普及により、本人確認不要 カジノの数が一気に増えました。

これらのオンカジは、確かに都合の良い選択肢ですが、安心して使えるものを選ぶことが肝心です。

オンカジ 本人確認不要 人気トップ6

オンカジ 本人確認不要 サイトを、日本のユーザーの視点から厳選しています。当サイトでは、ライセンス要件を満たした、日本人客が安全に利用できるオンカジのみを取り扱っています。

1.ラッキーブロックカジノ

オンカジ 本人確認不要

ラッキーブロックは、2022年に開設された仮想通貨に特化した本人確認不要カジノ。もとは仮想通貨を利用した宝くじゲーム用プラットフォームとしてスタートし、現在は仮想通貨専用ゲームが楽しめることで話題を集めています。

スロットからライブカジノまで2700以上のゲームが寄せ集められており、フルスポーツブックも完備。ネイティブトークン「LBLOCK」に加えて、暗号通貨各種で便利に決済できます。出金の速さでは比類がなく、ハイローラーから好まれている理由のひとつ。

Eメールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力するだけで登録作業は完了。好みの仮想通貨入金すれば、即時にゲームプレイが可能です。仮想通貨ベースのため、よっぽどのことがない限り本人確認は要求されません。

メリット

  • 12種類の仮想通貨に対応
  • 本人確認不要
  • 高速出金が可能
  • 高額ウェルカムボーナスを進呈
  • 独自の通貨「LBLOCK」を購入可能

デメリット

  • カジノアプリはなし
  • 仮想通貨以外の決済方法が使えない

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2.メガダイスカジノ

本人確認不要 オンラインカジノ

メガダイスは、テレグラムにより認可を受けたKYC不要カジノ。登録から出金まで匿名性を保持して、オンラインカジノやスポーツ賭けを楽しむことができます。登録に必要な情報は最低限で、出金もスピーディー。

スロット、ライブカジノ、ゲームショウやクリプトゲームを含む多種多様なカジノゲームを満喫できます。ビットコインやアルトコインなど主要な仮想通貨で入出金可能。出金は最速で処理されます。

Eメールの入力のみでアカウント登録でき、速やかにカジノゲームで遊び始められます。アカウントのアクティビティに不信や疑惑がない限り、運営側から本人確認を要請されることはありません。

メリット

  • KYC不要
  • 世界初のテレグラム認可カジノ
  • 主要な仮想通貨各種に対応
  • 出金がスピーディー
  • スポーツとカジノで選べるボーナス

デメリット

  • 決済手段は暗号通貨のみ
  • アプリは用意されていない

3.bcgame

本人確認不要 オンカジ

bcgameは、ユーザーコミュニティ機能を採用したユニークな本人確認不要カジノ。ビットコインを含む主要銘柄をはじめとして、業界最多90種もの暗号通貨が取り扱われています。独自の通貨BCDを使ってのゲームプレイも可能。

8000以上のカジノゲームが収集されており、定番から最新のものまで選り取り見取り。アプリにも対応しているのは嬉しいポイント。ウェルカムボーナスに加えて、ラッキースピンを含む多彩なプロモーションも大いに魅力的です。

登録はEメールまたは電話番号1つで完了します。アカウント登録後、直ぐに入金やゲームプレイが可能。本人確認は必要ありません。ただし、不審なアクションがあった場合などを除きます。

メリット

  • 本人確認無しで利用可能
  • 約90種類の仮想通貨で決済できる
  • サイト上で仮想通貨の購入が可能
  • 独自の通貨BCDを発行
  • アプリを提供

デメリット

  • ボーナスの利用条件が複雑
  • サポートは翻訳対応

4. ステークカジノ

KYC不要 オンカジ

Stakeは、暗号通貨カジノの人気ブランド。Eメールの入力だけでアカウント登録が可能です。通常、日本からもKYC不要で使えます。ただし、不審な点が見つかった場合などは例外として、運営から本人確認が要請が来る可能性があります。

サンクエンティン、シュガーラッシュ、スイートボナンザを含む3000以上のスロットを包含。ブラックジャック、ルーレット、バカラのライブテーブルも豊富に取り扱われています。VIP特典も充実しており、ビットコインを含む幅広い暗号通貨で便利に決済できます。

メリット

  • 本人確認無しで使える
  • 洗練されたサイト設計
  • 贅沢なVIPプログラム
  • 独特のプロモーションが多数

デメリット

  • アプリは提供されていない
  • ボーナスを受取る際に身元確認が求められる

5.クラウドベット

kyc不要 カジノ

クラウドベットは、10年以上の実績を誇る本人確認不要カジノ。日本サイトは2022年に開設されましたが、設立は2013年にさかのぼります。業界大手プロバイダーと提携して、3000以上のカジノゲームが取り揃っています。

ビットコインからドージコインまで20種以上の暗号通貨で決済可能。入出金の上限設定はなく、高額で遊びたいハイローラーからも好まれています。アカウント登録に必要なのは、Eメールのみです。Google、Github、Facebookのアカウント経由での登録も可能。

基本的にKYCプロセスは不要で利用できます。万が一、アカウントに不正などが発覚した場合は、運営側の判断により本人確認が要請されます。

メリット

  • KYC無しで利用できる
  • 10年以上の実績あるブランド
  • 出金額の上限がない
  • 出金が速い

デメリット

  • プロモーションの数がやや少ない

本人確認不要 カジノとは

本人確認不要 カジノ

本人確認不要カジノは、身分証明証や住所確認書類の提出なしに利用できるオンラインカジノの総称です。これらのオンラインカジノは、仮想通貨決済の特性により、本人確認要件が省かれています。

アカウント登録や出金時に個人情報の入力や本人確認書類の提出が不要なため、気軽に利用することができます。多くの場合、Eメールアドレスとパスワードのみで登録でき、出金も簡便、スピーディーかつ効率的です。

これらのカジノは、面倒な手続きが省かれているため、気軽に遊びたいプレーヤーに好まれる傾向があります。近年、暗号通貨決済に対応しているオンラインカジノが増えており、本人確認不要カジノも増加傾向にあります。

通常、これらのカジノの大多数は、仮想通貨カジノやビットコインカジノに限定されます。これらは、標準のオンラインカジノほど運営要件が厳しくない分、保証や規制面でのリスクを伴うことは否めません。

本人確認・KYC(Know Your Customer)とは?

法定通貨ベースの標準のオンラインカジノでは、本人確認が必須要件となっています。合法ライセンスを保有するオンラインカジノでは、原則として本人確認が義務付けられています。アカウント登録では、氏名、住所、電話番号などの個人情報の提供が求められます。

加えて、アカウント登録後の正式な本人確認の手続きでは、以下の書類の提出を要求されます。:

  • 顔写真付き身分証(パスポート、運転免許証、マイナンバーカードのいずれか)
  • 住所確認の可能な書類(クレジットカード会社や銀行からの明細書、電話料金の領収書、または光熱費の領収書など)

一般的には、最初の出金の前に本人確認を完了するよう要請されます。この手続きが必要なタイミングは各カジノによって異なるものの、完了するまで出金は処理されません。

他方、暗号通貨を主軸としたオンラインカジノでは、必ずしもその運営要件に本人確認が含まれていません。そのため、一部の仮想通貨カジノでは、メールアドレスや電話番号のみで登録でき、最初の出金時にも本人確認が要求されません。

本人確認不要 オンカジのメリットとデメリット

標準のオンラインカジノと比較して、本人確認不要 オンカジのメリット・デメリットとしては、以下の点が挙げられます。

メリット

  • 匿名性を保持できる
  • 出金処理が速い
  • アカウント登録が簡単
  • 本人確認に必要な書類を用意する時間と手間が省ける

デメリット

  • 安全面での不安が残る
  • 信頼性に欠ける
  • 規制がない=保証がない

本人確認不要 オンラインカジノは、便宜が良く、メリットも多く感知できるでしょう。

その一方で、その安全性や信頼性に関しては、やや懸念が残ります。

メリット・デメリットを十分踏まえた上で、その利用を検討しましょう。

本人確認不要 オンラインカジノを選ぶ理由

オンラインカジノ 本人確認不要

本人確認不要 オンラインカジノを選ぶ理由として、以下の点が挙げられます。:

  1. 本人確認準備の手間を省ける
  2. 登録手続きがシンプル
  3. スピーディな入金・出金
  4. プライバシーが守られる
  5. 柔軟なプレイ環境

上記、4つの理由をそれぞれ詳しく解説します。

1. 本人確認準備の手間を省ける

KYC不要カジノでは、書類準備にかかる時間と労力を節約できます。

一般的なオンカジにおける本人確認では、身分証明証と住所証明書の2種類を必ず用意しなければなりません。

これに加え、一部の決済方法や高額入出金を希望する場合には、クレジットカード明細書のコピー、資金証明書なども必要です。

カジノによって認められる書類にも差があり、準備には手間がかかります。

他方、本人確認不要カジノは、これらの工程をすべて省略。登録してすぐにカジノで遊べるのは、最大の利点でしょう。

2. 登録手続きがシンプル

本人確認不要 カジノの登録フォームは、可能な限り無駄を省いたシンプルなつくり。

一般的に、Eメールアドレスとログインパスワードのみで完結します。

最近は、Googleやテレグラム、メタマスクなど外部サービスとのアカウント連携に対応するオンカジも増えており、ワンクリックで登録が可能です。

3. スピーディな入出金

仮想通貨決済がメインのKYC不要カジノでは、入出金が短時間で処理される傾向にあります。

なぜなら、すでに仮想通貨取引所で本人確認が完了しており、カジノ側の審査プロセスを短縮できるからです。

KYC不要カジノでの入出金は、即時〜15分ほどでアカウントに着金します。

標準のオンラインカジノでは、本人確認審査に24〜48時間程度。さらに、海外電信送金(銀行振込)などの決済方法を選択した場合には、追加で3〜10営業日を要します。

快適なゲームプレイを楽しむためにも、入出金のスピードは非常に重要です。

4. プライバシーが守られる

本人確認不要 オンカジでは、個人情報を提供することなく、オンラインギャンブルを楽しめます。

オンラインカジノに興味があっても、海外カジノサイトに個人情報や顔写真を提出することに抵抗を感じる方もいるでしょう。

KYC不要 オンカジでは、氏名や住所、誕生日といった詳しい個人情報の入力項目はありません。

これにより、プレイヤーのプライバシーが守られ、個人情報の漏洩リスクが低減します。

5. 柔軟なプレイ環境

本人確認不要 カジノでは、比較的プレイヤーに対する制限が緩和されています。

特に入金・出金の金額制限は少なく、一部のオンラインカジノは限度額を設けていません。

少額から始めたい初心者プレイヤーから、高額ベットで楽しみたいハイローラーまで使いやすい、柔軟なプレイ環境が整っています。

KYC不要 オンカジの危険性

KYC不要 オンカジの危険性について、以下にまとめています。

  1. プレイヤー保護が不十分
  2. 不正利用や詐欺行為の増加
  3. マネーロンダリングの危険
  4. 流動的な法規制

本人確認不要 カジノは魅力的な選択肢ですが、安全性に関する懸念は無視できません。

それぞれの項目について、詳しく確認しましょう。

1. プレイヤー保護が不十分

KYC不要カジノは、プレイヤー保護の脆弱性を抱えています。

通常オンラインカジノでは、本人確認書類をもとに年齢確認および身元確認を実施します。

しかしながら、このチェック体制がなく、未成年者でも容易にアクセス可能です。

未成年者のギャンブル依存や経済的損失につながる危険性があるため、適切な管理と指導をおこなってください。

2. 不正利用や詐欺行為の増加

KYC不要カジノでは、詐欺行為や不正利用の危険性が高まります。

本来のメリットである匿名性を悪用し、第三者にアクセスされる可能性も排除できません。

アカウントが乗っ取られてしまった場合、ウォレット残高を不正に出金されるなどの損害が生じます。

ログイン情報の管理は、各自で徹底してください。

3. マネーロンダリングの危険性

KYC不要カジノは、マネーロンダリングの温床になりかねません。

マネーロンダリングは「資金洗浄」とも呼ばれ、犯罪行為によって得た資金の出所を隠蔽する手法です。

通常、本人確認はマネーロンダリングを未然に防ぐ、防波堤としての役割を果たしています。

だからこそ、大金が動くオンラインカジノという環境に加え、本人確認不要のシステムは格好の的になります。

気づかぬうちに巻き込まれないように、自分の資金とアカウントを管理しましょう。

4. 流動的な法規制

日本を含む多くの国や地域で、未だオンラインギャンブルの法整備は整っていません。

現在、日本でもオンラインカジノに対する規制強化の流れがあり、状況は流動的です。

今後、KYC不要カジノが規制対象になる可能性もゼロではないと理解しましょう。

こうした場合、突然の利用規約の変更やカジノの閉鎖といった最悪の事態も考えられます。

KYC不要 カジノの違法性・合法性

ライセンスされたKYC不要 カジノは、発行政府当局の認可のもと、合法的に運営されています。

しかしながら、一部の見解では、日本からの利用について違法性があるとする見方もあり注意が必要です。

日本の法律は、競馬、競艇、競輪などの公営ギャンブルなどを除いて、すべての賭博行為を違法と定めています。

ただし、本人確認不要カジノは海外に拠点を構える企業によって運営されており、こうした法律の適用外とも解釈されます。

現時点では、本人確認不要 カジノを含むオンラインカジノへの法規制はまとまっていません。

あくまで「グレーゾーン」という位置づけである点を理解し、自己責任の範囲でプレイするようにしましょう。

本人確認不要 オンカジでの例外事由

本人確認不要 オンカジであっても、以下のようなケースでは、例外的に必要書類の提出を求められることがあります。

例外事由が発生する主なケース:

  1. 高額入金・出金をおこなう
  2. 不正利用や違反行為の疑い
  3. アカウント情報の変更
  4. 法定通貨での出金を希望
  5. ボーナスやプロモーションに参加

それぞれの例外事由を、詳しく確認していきましょう。

1. 高額入金・出金をおこなう

一定の金額以上の入出金がおこなわれた場合、個別に書類の提出を求める本人確認不要 カジノもあります。

高額入金・出金の定義はカジノによって異なりますが、一般的に2,000ドル以上を指すことが多いようです。

本人確認依頼が届くと、全プロセスが完了するまで、入出金は保留となります。

2. 不正利用や違反行為の疑い

本人確認不要 オンラインカジノも、標準のオンラインカジノと同様、プレイヤー保護は最優先事項です。

アカウントに不審な動きが検知された場合、セキュリティ目的で本人確認が要求されます。

これには、通常と異なる地域からのログインやVPNの不正利用、複数アカウントの所持、他のプレイヤーとの不適切な連携などが該当します。

3. アカウント情報の変更・確認

原則として、オンラインカジノでは登録したメールアドレスや氏名の変更はできません。

やむを得ない理由で、アカウント情報の変更が必要になった場合、カスタマーサポートチームから本人確認を求められることがあります。

これは、虚偽の個人情報がないか、変更内容の正当性を確認するためのプロセスです。

4. 法定通貨での出金を希望

KYC不要 オンカジの中には、仮想通貨と法定通貨の両方に対応するハイブリッド型が存在します。

仮想通貨を利用する際には、原則として本人確認が省かれますが、日本円などで直接出金を希望する場合は例外です。

銀行振込やEウォレット経由で出金申請をおこなう前に、通常通り本人確認を完了しなければなりません。

5. ボーナスやプロモーションに参加

一部のプロモーションでは、複数アカウントを使ったボーナスの不正受け取りを防ぐために、KYC条件が設けられています。

本人確認不要カジノのキャンペーンやプロモーションに参加する際には、事前に利用規約を確認しましょう。

また、ボーナスを使って獲得した勝利金の出金にも、同様の条件が課されている場合があります。

本人確認不要 カジノの始め方

本人確認不要 カジノは、一般的なオンカジに比べ、登録や入出金にかかるプロセスが簡略化されています。

その始め方について、流れを追って見ていきましょう。

1. 本人確認不要 オンラインカジノに新規登録する

オンラインカジノ 本人確認なし

公式サイトにアクセスし「新規登録」ボタンをクリックします。

本人確認不要カジノの登録フォームは、基本的に以下の2点で構成されており非常にシンプルです。

  • Eメールアドレス(もしくは電話番号)
  • ログイン用パスワード

必要事項を入力したら、アカウント登録を完了してください。

2. カジノアカウントに初回入金する

オンカジ kyc不要

アカウントにログインし、入金に進みましょう。

本人確認不要カジノの大半が、仮想通貨をメインの決済方法に採用しています。

使用する銘柄を選び、指定の送金アドレス宛に暗号通貨ウオレットから入金してください。

一部の本人確認不要オンカジでは、仮想通貨に加え、円や米ドルなどの法定通貨入金も可能です。

3. 登録ボーナスを受け取る

オンカジ 出金 本人確認不要

多くのオンラインカジノが、新規登録者向けのウェルカムボーナスを用意しています。

ボーナス獲得タイミングや申請方法はカジノによって異なるため、必ず利用規約をチェックしましょう。

4. ゲームプレイを開始する

カジノ 本人確認不要

入金額がアカウント残高に反映されたら、ゲームプレイを開始できます。

ゲームを選び、ベット金額を設定して、早速賭けを始めましょう。

5. 勝利金を出金する

KYC不要

通常のオンラインカジノでは、初回出金までにKYC認証が求められますが、本人確認不要 カジノは例外です。

定められた出金条件を満たせば、いつでも出金申請をおこなうことができます。

出金ページから、希望する出金方法と出金額を入力しましょう。

本人確認不要 オンカジは、出金処理のスピードが速いのも特徴の一つ。

即時〜数時間程度で着金します。

本人確認不要 オンラインカジノでの決済

本人確認不要 オンラインカジノでの決済手段は、仮想通貨が主流です。

大多数のKYC不要カジノでは、ビットコイン、イーサリアム、リップルをはじめとする主要銘柄が取り扱われています。

本人確認不要 カジノで使える暗号通貨の種類:

BTC BCH ETH USDT
USDC PAX PAXG DAI
DOGE LTC DASH LINK
DOT ADA UNI FTM
SOL ALGO AVAX BUSD
MATIC SHIB BNB UST
LNA XLM XRP

KYC不要 オンカジでの決済時の注意点

KYC不要カジノならではの注意点をまとめました。

  • 仮想通貨送金時はネットワーク手数料がかかる
  • 送金ネットワークが指定される可能性あり
  • 入金・出金に同一銘柄を使用するルールはない

仮想通貨の送金は、銘柄別に指定されたネットワークを経由します。

銘柄によっては、ネットワークが限定されることもあるので注意しましょう。

このとき、ガス代と呼ばれるネットワーク手数料が徴収されます。

手数料は選択する仮想通貨銘柄によって異なるため、安価なものを選択して、手数料を抑えることも可能です。

標準的なオンラインカジノでは、入金と出金に同一の決済手段を利用するルールが設けられています。

ただし、暗号通貨を選択した場合には、銘柄は必ずしも同一である必要はありません。

本人確認不要 カジノで税金はかかる?

本人確認不要カジノも一般的なオンラインカジノと同様、勝利金は税金の対象とみなされます。

年間で稼いだ利益額が、規定の金額を超えると課税対象になる仕組みです。

一般的に、オンラインカジノで得た収益は「一時所得」に区分されますが、本人確認不要カジノで仮想通貨を利用した場合、2種類の所得が発生するので注意しましょう。

  1. 一時所得:オンラインカジノの賭けから得た利益
  2. 雑所得:仮想通貨の価格変動によって得た利益

それぞれの計算方法を、詳しく解説します。

1. 一時所得の税金

一時所得には、「50万円」の特別控除があり、原則として純利益が控除額を上回ると税金がかかります。

課税対象額の計算式:

(オンラインカジノの総利益額ー利益を得るためにかかった支出額ー特別控除50万円)÷2

基本的に免税になるのは「50万円まで」ですが、この上限額は職業によって異なる点に注意しましょう。

  • 個人事業主:50万円まで
  • 会社員/アルバイト:90万円まで
  • 無職/主婦:126円まで

自身がどの区分に該当するかを確認し、確定申告の準備を進めてください。

2. 雑所得の税金

KYC不要カジノから仮想通貨で出金した場合、勝利金を仮想通貨ウォレットに保管している限り税金はかかりません。

ただし、ウォレットから銀行などに引き出すと「雑所得」としてみなされ、課税対象になります。

雑所得の免税上限は一律「20万円」までです。

仮想通貨の購入時⇆換金時の相場に変動がある際は、雑所得の計算も忘れないようにしましょう。

本人確認不要 カジノの選び方

KYC不要カジノを選ぶ際には、以下のポイントに注目してください。:

1. ライセンスや安全性
ライセンスの取得状況は、オンラインカジノの安全性を見極める指標です。

審査には必ず、プレイヤー保護や安全対策などの要件が含まれています。

マルタやジブラルタルなど、取得難易度の高いKYC不要カジノを選びましょう。

2. 評判や口コミ
KYC不要カジノサイトの評判に目を通しましょう。

実際に利用したユーザーからの口コミは、新たな発見の宝庫です。

入出金やカスタマーサポートの対応など、評判の良好なものを選ぶようにしてください。

3. セキュリティ
高いセキュリティ対策を講じているKYC不要カジノを選択しましょう。

不正利用やプレイヤー保護のリスクが伴うからこそ、セキュリティは一層重要です。

二段階認証、SSL暗号化、コールドウォレットなどが導入されているか確認してください。

サイト情報だけでは判断しきれない場合は、カスタマサポートに問い合わせましょう。

4. 遊べるゲームの種類
KYC不要カジノは、ブランドごとに独自路線のゲームコレクションを完備しています。

好みやニーズにマッチしたゲームがあるかどうか、事前に確認しておきましょう。

提携ゲームプロバイダーや取り扱いゲームは、各カジノによって異なります。

スロット機種やライブカジノのの選択肢を把握しておいてください。

5. カスタマーサポート
カスタマーサポートは困った時の心強い味方です。

日本語サポートの対応時間や問合せ方法をチェックしましょう。

迅速丁寧ばカスタマサポートを完備するKYC不要カジノを選んでください。

上記の視点から、KYC不要 オンカジを比較し、安心して利用できるものを選びましょう。

本人確認不要 オンカジを使う際の注意点

今一度、本人確認不要 オンカジを利用する際の注意点には、以下が含まれます。:

  • セキュリティ対策は自己防衛
  • 資金はこまめに出金する
  • 責任あるギャンブルを心がける

セキュリティ対策は自己防衛

本人確認不要カジノでは、基本的に「自分の身は自分で守る」必要があります。

KYCは本来、カジノ側が適切なプレイヤー保護と公平な環境を提供しているという保証目的でおこなわれます。

この工数を省くことによって得た効率性と引き換えに、自分自身でセキュリティ面の責任を負わなければなりません。

ログインパスワードの管理やアカウントの2段階認証、公共の場でのアクセスなどには、各自十分に気をつけてください。

資金はこまめに出金する

KYC不要カジノにおいて、アカウントなりすましの危険性はゼロではありません。

残高の不正引き出し、アカウント凍結などのトラブルを想定して、カジノ内にあまりに多くの資金を保管しないようにしましょう。

仮想通貨を利用する場合、決まった額のみをカジノに入金し、勝利金はこまめに仮想通貨取引所や専用ウォレットに移動しておくのが懸命です。

責任あるギャンブルを心がける

本人確認不要カジノは手軽に始められ、使い方も簡便だからこそ、ギャンブル依存症になりやすい環境でもあります。

あらかじめ入金限度額やベット限度額を設定し、責任あるギャンブルを徹底してください。

自覚症状がある場合には、速やかに自己排除をおこなうほか、専門機関に相談することをおすすめします。

FAQ

本人確認不要 カジノに関するよくある質問と回答については、以下を参照してください。

本人確認不要 カジノは合法?

本人確認不要 カジノは怪しい?

本人確認不要 カジノでは法定通貨で決済可能?

本人確認不要 カジノは本当にKYCが無い?

本人確認不要 カジノでアカウントを複数作成できる?

本人確認不要 カジノで税金がかからない?