オンラインでFX取引(外国為替取引)をしたいけれど、どこから始めればいいのかよくわからないこともありますよね?FX初心者の方はこの「FX取引ガイド」を読んで、知っておきたいことや必要事項を学びましょう。

Forex Trading

FXとは数秒ごとに変化する為替レートから利益を得ることを目的とした「通貨売買」のことを指します。毎日何兆ドルもの通貨が取引されるFX取引は、世界でも最大級の投資分野です。

FXを始めたいけどどうすればいいかわからないこともありますよね?それなら、当サイトのFX取引に関する完全ガイドをお読みになってください。FX取引とは何なのか?知っておきたい主要取引用語、米国のFXブローカーの選び方、取引方法のステップ・バイ・ステップガイド、さらにFX取引で必要なヒントや戦略など、正しいスタートを切るために知っておくべきことをすべて解説します!FX初心者の方は必見ですので、ぜひご覧になって下さい。FX初心者の役立つページとしてご活用いただけると幸いです。

FX取引とは?

FX取引とは

FX取引とは一言で言うと通貨を売買する「投資の場」です。つまり米ドル(USD)、英ポンド(GBP)、ユーロ(EUR)などの通貨に対して投資をするイメージですね。たとえば、通貨「ペア」の場合、為替レートが価格変動した時に利益を得るというのが包括的なコンセプトです。つまり、各外為ペアは、それぞれ競合する2つの通貨に対して投資するという意味です。FXとは初心者には難しいと解釈されがちですが、仕組みや流れは包括的には理解できると思います。

GBP/USDは、英国ポンドと米ドルの為替レートを取引していることです。ペアの現在の価格が1.31であった場合、これは1英ポンドにつき1.31米ドルを得ることを表します。次に、GBP/USD の価格が上昇するか、それとも下降するかを推測し、推測が正しければお金を稼ぐことができ、そうでない場合は損をするというシナリオです。FXが初めてでも、内容的には意外にシンプルですね。

FX取引の仕組みは?

FX取引の簡単な例を見てみましょう。

  • ユーロと米ドル(EUR/USD)の為替レートでの取引を例に挙げてみます。
  • EUR/USDの価格は現在1.10です。
  • あなたはユーロの価値が米ドルに対して上昇すると考え「買い」注文を出します。
  • あなたの取引額は$500です。
  • 数時間後、EUR/USDは10%上昇し、1.11になりました。
  • あなたは取引を終了し、$50($500の10%)の利益を確定しました。

上記の例からわかるように、あなたはEURの価値がUSDに対して上昇すると信じて「買い」注文を出しました。つまり、左側の通貨ペアが右側の通貨に対して上昇していれば、その通貨ペアの価値は上がるということです。

一方、米ドルの価値がユーロに対して実際に上昇すると思った場合「売り」注文を出す必要があります。これは、ペアの右側に表示されている通貨にブル相場が見られるためです。こうのような状況では、通貨ペアの為替レートが下がるのを望んでいると考えられます。

FX市場で最も取引されている通貨ペアは何ですか?

FX市場の通貨ペア日々の取引での一貫性と取引量の多さを考慮した上で「最大」だと思われる取引ペアは以下の通りとなります。(取引量の多さが日々変わるため順番は不同)

USD/CAD, EUR/USD, GBP/USD, NZD/USD, AUD/USD, USD/JPY, また、 EUR/JPY, EUR/CHF (スイスフラン), EUR/GBPや AUD/CADなどが取引量の多い通貨ペアとなります。

さて、FX取引とは何か?という基礎的な部分はご理解いただけたと思いますので、次はその始め方についてご説明します。FXとは初心者であってもいつでもスタートできる投資スタイルです。

ステップ1: FX取引プラットフォームを選ぶ

まず初めに、通貨を売買するための「外国為替取引プラットフォーム」を選択します。優れた取引プラットフォームは形や大きさもさまざまです。ぜひ、ご自身の要件を満たす最高のプラットフォームを見つけるようにしましょう。新しいFX取引プラットフォームに登録する際は、以下の項目を確認するようにして下さい。

FX取引プラットフォームの選び方

  • 規制 : FCAやCySECの規制があるブローカーを選びましょう。FX取引プラットフォームが規制されていないところは絶対に避けるようにしてください。
  • 決済方法 :入出金方法はブローカーによって異なります。ご自身が希望する決済方法をサポートしているプラットフォームを選択しましょう。
  • 投資できる通貨ペア:メジャー、マイナー、エキゾチック – 通貨ペアは3つのカテゴリに分割されています。取引したい特定のペアがある場合は、ブローカーがそれをサポートしているかどうかを確認しましょう。
  • 平均スプレッド:特に主要なペアを中心に、狭いスプレッドを提供するFX取引プラットフォームを探すようにしましょう。
  • 取引手数料:FXペアを売買するには、ほとんどの場合でその都度、手数料を支払う必要があります。通常、取引する金額の割合によりますが、可能であればゼロコミッションの取引ができるFXプラットフォームが望ましいです。
  • レバレッジ:リスクに賭けて大きく稼ぎたい方は選択したFX取引プラットフォームで利用可能なレバレッジレベルを調べてみましょう。
  • 顧客サポート:24時間365日のカスタマーサポートを提供しているFXブローカーを選択するのがベストです。さらに、Eメールの返信を待たなくて済むように、ライブチャットを提供しているブローカーに行くのも良いでしょう。

前述の項目を軸にブローカーを分析した結果、最高のFX取引プラットフォームはAvatradeであることがわかりました。ここをクリックして、今すぐ口座を開設しましょう。

AvaTrade: 初心者に最もおすすめのトップFXブローカー

AvaTrade(アヴァトレード)は全国約380の金融機関に対応し、クイック入金が可能なことで知られる一流ブローカーです。非対称スリッページ規制を国内で最も早急に取り入れ、1,000通貨から10,000,000通貨以上の大口トレードを実施。世界中で信頼されているメタトレーダー4を採用し、世界レベルの取引環境を確保しています。また2012年には「Global Banking &Finance Review Awards 」やMost Trusted Forex Broker」「World Finance Exchange&Brokers Awards」といった名誉ある賞を獲得しています。

そもそもAvaTradeは年間約5,000億ドルの取引量を誇り、世界に18万以上の口座を所有する「Avaグループ」が運営するブローカーです。AvaTrade ジャパンは金融庁(免許番号:1662 )、金融先物取引業協会(免許番号:1574 )から認可を受け規制されています。

気になる取引手数料についてですが、売買手数料は無料。しかし、取引値の売値と買値で開きがある場合はスプレッド手数料がかかります。入金時の振込手数料は自己負担になりますのご留意ください。

また、AvaTradeではFX取引での郵送や転送などは一切不要です。気軽にラインやスマホを使ってトレードに参加してみましょう。国内では業界初のシストレ「AMMA」や「アヴァDupliTrade」を導入し、真摯な投資家に利益をもたらす画期的なシステムを提供しています。

AvaTradeはコピー取引やソーシャル取引でも有名です。サイト内にはツイッターといったSNSやプロトレーダーの言葉など、今知りたい情報や生の声が盛りだくさんです。初心者でも簡単に理解できる動画マニュアルやFX/自動売買のデモ口座も開設できます。また、遠隔サポートを含めたライブチャットを24時間365日展開しており、顧客との距離も非常に近いため安心です。間違いなくFX初心者 おすすめサイトと言えます。

AvaTrade - 当社が一押しするFXプラットフォーム

avatrade_logo
  • 初心者に優しいプラットフォーム(マニュアル動画あり)
  • FSA、ASICで規制されている
  • 取引が迅速、クイック入金あり
  • 24時間365日ライブチャット、遠隔サービスあり
  • 国内380の金融機関に対応
avatrade_logo
為替取引 個人投資家アカウントの71%が、このプロバイダーでCFDを取引する際に資本を失っています。

IG – 実績と安心度で最も選ばれる優良FXブローカー

PIG(アイ・ジー)はFCA、ASIC、FSCAで規制を受けている優良FXブローカーです。1974年にロンドンで創立し、以来45年を超える実績と歴史を誇ります。世界で31万人以上が利用!17,000以上のCFD銘柄を提供していますが、FXを除いた収益ベースでは2020年にCFD分野で世界一となっています。

IG証券はIGグループの日本の金融を支える拠点として、FXの他個別株や株価指数、債権などを取り扱っています。とくにトルコリラやイスラエル種蹴るといったエキゾチック通貨、ブラジルレアルといった新興国通貨を含め、約100種類の通貨ペアを提供しています。また、気になる最大レバレッジは30倍となっています。IGの特徴でもある「ノックアウトオプション」では通貨ペアや株価指数、金などの投資アイテムを少額で、しかもリスク限定のオプション付きでトレードできます。

さらに、新規アカウント開設者から常連顧客まで、すべての層に対して一定のキャッシュバックキャンペーンを開催中。プロのトレーダーも満足の高機能取引プラットフォームや学習ビデオや分析リポートなどの学習コンテンツを提供し、経験豊富な専属担当者がFX取引でのナビゲーションを行ってくれます。

また、興味深い話題としては「IGストックミュージック」という音楽番組をTOOKYO FMで放送しており、アーティイストとAIの協賛により「株価チャートの変曲化」についてお届けしています。為替 投資 の初心者でも興味を持ちながら投資に参加できるでしょう。

IG

IG logo
  • レバレッジは30倍
  • 高度機能取引プラットフォームや学習コンテンツ、専属担当者による手厚いサポートを提供
  • 約100種類以上のペア通貨を提供
  • ノックアウトオプションあり(少額・リスク限定取引)
  • 45年以上の実績と歴史、信頼がある
IG logo
このプロバイダーでCFDを取引した個人投資家アカウントのうち75%に損失が出ています。

Forex.com : MT4 プラットフォームを装備するグローバルブランド

Forex.com(フォレックス・ドット・コム)はFXやCFDなどをワールドクラスで取り扱っているグローバルブランドです。株価指数CFDでは日経、NYダウ、ナスダック等の有名株価指数に対し、CFDとノックアウトオプションを利用して取引ができます。世界の主要銘柄17通貨を取り扱い、「買い」のみならず「売り」からでもトレードを始めることが可能であるため、ベア相場を収益獲得のチャンスに変えることも夢ではありません。

また、レバレッジは最大10倍、スプレッド以外の取引では手数料が無料です。ぜひ、カスタマイズできる取引プラットフォームや効果的な分析・パフォーマンスツールも提供。ウェブ版はもちろん、スマホアプリを使って気軽にFX取引に参加しましょう。さらに、ステージ制の「プレミアムキャッシュバックプログラム」という上限なしの画期的なシステムがあり、月の取引量の割合に応じでキャッシュバックを受け取ることができます。

取引できる通貨ペアはEUR/USD、GBP/JPYなど84!初心者の方は無料のデモ口座を試してみるのもおすすめです。もちろん、FCA(英国金融行為規制機構)で規制されているため、FX取引 初心者でも安心に取引できます。

Forex.com-Logo
  • 取引量に応じてキャッシュバックを受け取れる
  • 84通貨ペアの取引が可能
  • FXA規制あり
  • 「売り」からの取引も可能
  • レバレッジは最大10倍
  • 分析・学習、パフォーマンスツールなどが豊富で高度である
Forex.com-Logo
このプロバイダーでCFDを取引した個人投資家アカウントのうち69%に損失が出ています。

ステップ2:FXの用語を覚えよう

FXブローカーを選択したら、主なFX用語をマスターしましょう。資金を預ける前には投資全体がどのように機能していくのかしっかりと理解する必要があります。

FX用語への理解を深めるのは非常に重要です。早速、いくつかを紹介しましょう。ぜひ、FX初心者の外為入門マニュアルとしてご活用下さい。

アスク/オファー価格

アスク:オファー価格「アスク」はトレーダーが特定の通貨ペアを売る際に「この金額で売りますよ」という希望金額のことです。例えば、EUR/USDのビッドアスクの通貨レートが1.0884/1.0885の場合、トレーダーはこのペアを1.0885で買うことになります。


ビッド価格

ビッド価格ビッド価格はトレーダーが通貨ペアに対し「これだけ支払ってもよいですよ」と売り手に求める希望価格です。例えば、EUR/USDのビッド/アスクの通貨レートが1.0884/1.0885の場合、トレーダーはこのペアを1.0885で売ることができます


スプレッド

スプレッドFXスプレッドとは、通貨ペアのビッドとアスクのギャップのことです。たとえば、EUR/USDのビット価格/売値の通貨レートが1.0884/1.0885の場合、スプレッドは0.0001、つまり1ピップであることを意味します。


手数料

成行注文手数料は通貨ペアを購入する際に発生する料金のことです。ほとんどのFXブローカーでは取引の際に手数料はかかりませんが、その代わりに、マーケットメーカーとしてのビッド/アスク・スプレッド手数料が必要となります。


成行注文

指値注文成行注文とはある通貨ペアを最良の価格で直ちに購入する注文方法です。


指値注文

ストップロス注文指値注文は通貨ペアを指定された価格以上で売買する注文方法です。トレーダーは指値注文を行うことで、特定の価格で市場より低い価格で買ったり、市場より高い価格で売ったりすることができます。


ストップロス注文

レバレッジストップロス注文(逆指値注文)は通貨ペア取引から生じる可能性のある損失に制限を設けるために使用されます。ストップロス注文は、トレーダーが通貨ペアのポジションを特定の価格に達したときに購入したり、また売却する時に使われます。


レバレッジ

レバレッジレバレッジはトレーダーが自己資金よりもはるかに大きなポジションを建てることができる取引ツールです。例えば、レバレッジが50:1の場合、必要な最低証拠金は2%となります。


マージン

マージン証拠金とはトレーダーがレバレッジをかけたポジションを建てるために必要な金額です。例えば、トレーダーが100,000ドル相当のEUR/USDを購入したい場合、レバレッジが1:50であれば、トレーダーは2000ドルを支払う必要があります。


ピップ

ピップPoint In Percentage(ポイント・イン・パーセンテージ)はpip(ピップ)とも呼ばれ、通貨ペアの変化を表す最小の指標を意味します。


ロット

ロットロットとは外国為替市場における取引ポジションの大きさを表す取引用語です。標準ロットは10万通貨単位でミニ、マイクロ、ナノロットがあり、それぞれ1万、1千、100単位で用いられます。


エキゾチック通貨ペア

エキゾチック通貨ペアエキゾチック通貨ペアはメジャーやマイナー通貨ペアの組み合わせを含まない通貨ペアを指します。例としては、USD/TRY、EUR/HKD、HKD/SGDなどがあります。


ロングポジション

ロングポジションロングポジションはある通貨ペアを購入し、後で高い価格で売却することを念頭に取引することを指します。


ショートポジション

ショートポジションショートポジションはある通貨ペアを売り、後でより高い価格で購入することを意図したアクションを指します。トレーダーが通貨ペアの価格が値下がりすると予測した場合に使用されます。


スワップフリー口座

スワップフリー口座スワップフリー口座は、イスラム口座とも呼ばれ、オーバーナイト(ロールオーバー)金利の支払いや受け取りができないトレーダーのための口座を表します。


スタンダード口座

スタンダード口座スタンダード口座はFX市場で最も一般的な口座タイプです。ユーザーは標準ロット10万ドル、標準レバレッジ比率1:100で取引を行うことができます。


ミニ口座

ミニ口座FXミニアカウントは、より小さなポジションサイズとレバレッジを使用してFX市場に参入したい初心者に適しています。ミニアカウントではトレーダーは基本通貨の10000単位に相当するミニロットを使用することができます。


マイクロ口座

マイクロ口座マイクロ口座では、トレーダーが最初に少額の資金を入金し、標準か、もしくはミニ講座よりも小さいサイズを取引することができます。マイクロ口座では、トレーダーは基本通貨の1000単位のポジションを開くことができるのが特徴です。


マネージドアカウント

マネージドアカウントマネージドFXアカウントは「PAMM/MAM」としても知られ、口座の所有者が自分に代わって取引を行う権利を口座管理者に許可する取引口座です。


ミラートレーディング

ミラートレーディングミラートレーディングは経験の浅いトレーダーが成功したトレーダーの取引をリアルタイムでコピーすることができる革新的な取引戦略です。


スリッページ

スリッページスリッページとは、取引の予想価格と実際の約定価格との差を表す言葉です。スリッページは、ボラティリティが高い時に多く発生します。


スキャルピング

スキャルピングスキャルピングとは通貨ペアの小さな値動きを利用して、日中に大量の取引を行うことを目的とした取引戦略です。


デイトレード

デイトレードデイトレードはトレーダーが取引日の終わりにすべてのポジションをクローズする取引戦略です。流動性やボラティリティが高く、商品の選択が豊富なため、外国為替市場では一般的なトレーディングパターンとなります。外貨 投資 が初心者の方はミラートレーディングで感覚を養ってから挑戦しましょう。

ステップ3:FXの取引戦略を決める

次にどのような取引戦略を採用するかについて考えてみましょう。とにかく、お金を失っている90%以上のトレーダーの一人にならないようにするためにも、明確なシステムを持つ必要があります。 

どのような戦略を取るべきかについては、誰一人と同じトレーダーがいないため、正しい答えはありません。しかし、戦略を立てる際に考慮すべき重要な要素はいくつかあります。

  • 取引時間帯を考慮する
  • リスクレベルを決める
  • エントリーポイントとエグジットポイントを設定する
  • テクニカル指標を使用する
  • ファンダメンタルズ・リサーチを行う
  • ニッチ・ダウンを行う
  • 様々な外国為替取引の戦術について学ぶ

ステップ 4: 取引開始

それでは取引を開始する手順を説明しましょう。ここでは当社が推奨するFX取引プラットフォームの一つ「AvaTrade」を例に説明します。以下の手順はほとんどのFXブローカーに幅広く適用されるため、ぜひご活用いただければと思います。

FXブローカーにサインアップする

まず、FXブローカーにサインアップするには、ブローカーを選んで登録をする必要があります。個人か法人を選んで、登録する電話番号を入力して下さい。

FXブローカーにサインアップする

2.名前や生年月日などを入力する

姓、名、ユーザー名、生年月日、Eメール、電話番号、強力なパスワードなどの個人情報を入力する必要があります。それが終わったら、ブローカーの認証プロセスを経て、口座に資金を入金しましょう。

名前や生年月日などを入力する

3. KYCに関する書類やマイナンバーを提出する

本人確認のための書類およびマイナンバーに関する書類を提出しましょう。口座開設には審査がありますので、そのプロセスが全て終了するまでしばらくお待ちいただく形となります。進捗状況や結果は登録済みのEメールに送付されますので、ご確認下さい。

ちなみに、Avatradeの場合、口座維持費用はとくにかかりません。

KYCに関する書類やマイナンバーを提出する

4. 実際の取引開始:投資金額を設定する

審査に通過したら、取引をスタート。自分の口座を開いて取引の準備を始めましょう。step-by-stepまず、どの通貨ペアにいくら投資したいかを考えます。例えば、500ドル分のGBP/USDを購入したい場合、注文フォームに500ドルと入力します。

実際の取引開始:投資金額を設定する

5.レバレッジをかけるかどうかを決める

取引にレバレッジを利用するというオプションもあります。AvaTradeでは個人登録の場合で、最大最大25倍のレバレッジを利用することができます。また、多くのブローカーにおいて、マイナーとエキゾチック通貨に対し20倍のレバレッジを適用しています。

6.ストップロスとテイクプロフィットを設定する

これは必須ではありませんが、基本的にはストップロス注文を設定することをお勧めします。こうすることで、失敗した取引を自動的に終了させ、損失を軽減することができます。

加えて、テイクプロフィット(利食い注文)を設定することをお勧めします。これは逆指値注文のようなもので、取引を自動的に終了させる前に、どれだけの利益を上げたいかを選択することができるものです。利食い注文がヒットすれば、パソコンの前に座っていなくても利益を確定することができます。こうすれば、どこにいても利益を確保することができます。

7.成行注文または指値注文を選択し、取引を開始する

次にエントリー価格について考えましょう。単に市場価格を取得したい場合は「成行注文」を選択します。しかし、特定の価格でGBP/USDを購入したい場合は「指値注文」を使用することもできます。そうすることで、より有利な価格で市場に参入できる可能性があります。すべてのパラメータが選択されたら「OK」をクリックして取引を開始します。

8.ポジションを閉じる

ストップロスとテイクプロフィットを設定する場合、いずれかの制限に達すると自動的にポジションがクローズされます。しかし、赤い「クローズ」ボタンを押せば、いつでも手動で取引を終了することができます。取引が終了すると、履歴エリアで確認することができ、発生した利益は口座残高に入金されます。

ビデオについて

以下の動画まとめで、FX取引のステップを説明します。次のビデオはFX取引の基礎と簡単なチュートリアルでまとめてあります。

取引プラットフォームにはどのような種類がありますか?

FX取引のプラットフォームについては、大多数のFXブローカーや取引所などで 「メタトレーダー 」を使用する傾向があります。むしろ、メタトレーダーのサポートを提供していないブローカーを見つけるのが大変なくらいです。

メタトレーダーとして最も広く知られているのはMT4(メタトレーダー4)で大ブレークしました。このプラットフォームはすべてのトレーダーが為替取引に安らぎを見出せるよう、合理的でグローバルな機会を提供した画期的なものです。その後、メタトレーダーは以前にリリースしたプラットフォームの「改良版」をリリースしようと、メタトレーダー5(MT5)をリリースしました。どのプラットフォームが優位に立つかについては、為替取引界全体でも様々な意見があるようです。ちなみに、MT4/MT5はブローカーではありません。ブローカーと連携し、迅速かつ効率的な取引を可能にするプラットフォームとなります。

MT4

最適な外国為替取引プラットフォームとして多くの人に利用されているMT4は、ブローカーとの連携による取引を可能にしてくれます。このプラットフォームは世界の通貨市場向けに調整された高度なチャートツールを備えています。 

MT5

MT4で世界的に大成功を収めた後、メタトレーダーブランドは、多数の新機能を搭載した「メタトレーダー5」でプラットフォームを再定義することを決定しました。これは複雑な注文タイプや株式取引(株式取引アプリの株式取引を含む)を取り扱むグローバルブローカーによって積極的に導入されています。MT5は全体的には言うとやや複雑になってしまいました。例を挙げれば、MT5ではMT4では可能な機能であるFXポジションのヘッジを行うことができません。そのため、使用するのに高度なテクが必要になる場合もあり、これこそ「昔からある外国為替取引の知識がなければ使いこなせない」とも言われています。

 ところで、どちらを選ぶべき?

外国為替市場で取引するのであれば、MT4はより基本的なオプションと言えますが、より複雑な注文タイプを利用したい場合は、MT5のほうが良いでしょう。

FXの口座にはどのような種類がありますか?

FX取引は専用に作られた様々なオーダーメイドのFX口座を通して行われます。最も一般的なタイプのFX口座を2つ挙げてみます。

スタンダード口座

この口座では1ロットあたり10万ドル相当の取引をごく標準的な形で行うことができます。

ミニ口座

この口座では「ミニ」と呼ばれるロット単位でのFX取引ができます。それ以外の場合は1ロットあたり1万ドルの額面が設定されています。

FXのチャートを理解する

チャートは非常に重要で役に立つな存在です。FX取引においては極めて有用なツールとなるためしっかり理解しておきましょう。

チャートの読み方と、それを使ってどのように取引を行うかを学ぶ前に、外国為替市場のチャートで何が起こっているかを正確に理解しておきましょう。

基本的な理解があれば、「この取引ペアは2ヶ月以上前から価格が下落している」「この取引ペアは3週間も上昇した後、今日下落している。だから今が上昇取引の良い時期かもしれない」というように、簡潔で予備的な推論が感覚的にできるようになるはずです。

以下では、最も一般的なFXチャートとその読み方について概説します。

FXのチャートを理解する

価格チャート

FX取引で最も一般的なチャートは、一定期間に見る通貨ペアのパフォーマンスです。この場合、通貨ペアの価格が時間の経過とともにどのように変化するのかを示しています。ここで使用しているパラメータは以下の通りです。

  • 取引ペア
  • 取引ペアの為替レート(価格)
  • 取引ペアの為替レートが記録されている期間。

このタイプのチャートで最もよく使われる標準的なフォーマットでは次のように使われています。たとえば、Y軸には、取引ペアが以前に取得した価格を示すスケールがあります。X軸には、データの記録を開始する開始日と、データの記録を終了する終了日があります。

価格チャートを詳しく見る

価格チャートを詳しく見る

ローソク足チャート

ローソク足チャートとは、通貨のパフォーマンスを時系列に沿って「ローソク足」という形で表したチャートの一つです。ローソク足は通貨の始値、終値、前日比の値動きを視覚的に表したもので、ある程度経験がないと、身につかない概念かもしれません。

ローソク足は設定した時間との相対的な「時間軸」を表します。たとえば、長期的な取引を開始する場合は1日、1週間、1ヶ月のものが一般的な時間枠となります。また、短期取引の場合は15分、1時間、4時間、1日が最も人気のある時間枠です。ローソク足チャートは、どの時間軸を使うかによって、それぞれ違った見え方をします。例えば、「1日」または「日足」チャートを使用すると、24時間ごとに新しいローソク足が形成され、1日の値動きを表現します。

ロウソク足チャートを詳しく見る

ローソク足チャート

ラインチャート

2番目のチャートは基本的なラインチャートです。ローソク足チャートで得た知識で(うまくいけば)基本的なラインチャートを理解することは簡単でしょう。ラインチャートはFX取引において、主に「プライスアクション」を把握するのに役立ちます。トレーディングデスク上に4つの取引画面がある場合は、ローソク足が提供する価格行動に関連する情報は特に必要ないと思うでしょう。時には単に一般的な価格の方向性だけを知りたいこともあります。そのような状況でラインチャートは威力を発揮します。

ラインチャートを詳しく見る

 チャートを分析する能力は、あらゆる金融市場を操るために必要なスキルです。ローソク足チャートの機能と基本を学ぶことは、トレード全般において非常に重要です。

はじめてのFX取引の方法

はじめてのFX取引に最適なのは、サポートライン(支持線)とレジスタンスライン(抵抗線)を利用することです。支持線と抵抗線のようなテクニカル分析を使用することで、FX取引にも比較的に楽に参加できるでしょう。もし、ロングポジション(価値が上がることを期待して通貨を買うこと)を持ちたいのであれば、サポートレベルでロングビッドを設定することも中々のテクニックだと言えます。下のUSD/JPYチャートで最初の取引をどのようにセットアップするかを見てみましょう。

はじめてのFX取引の方法

1:サポートレベルを見つけ、そこにロングビッドを置く1

サポートとは、その価格で通貨を購入したい買い手が大勢いるろいう「最も需要のある価格水準」のことです。この取引では114.000から1115.0000.75がサポートレベルであることがわかりますので、そこにロングビッドを設定します。あくまでポートフォリオとして活用する範囲に留め、1つの取引に過度のリスクをかけないようにしましょう。

2: ストップロスを設定する

ストップロスを設定するのに最適な場所は、サポートレベルのすぐ下です。なぜなら、サポートがブレイクした場合、その後に(次のサポートまで)急落する可能性があるからです。

3: 最初の利益確定ポイントを探す

取引を実行する前に、どのレベルで最初に利益を取りたいかを知っておきましょう。一番良い方法は最初のレジスタンスラインを見つけて、その周辺に最初の利益確定をすることです。

4: 2つ目の利食いポイントを探す

取引が順調で通貨ペアが上昇し続けているなら、2つ目の利食いポイントが必要です。次のレジスタンスラインを選び、そこを2つ目の最終利益確定ポイントにします。ここで取引を終了し、利益を受け取りましょう。

FX取引のヒント

ぜひ、以下で説明する「ヒント」にも目を通してみましょう。そうすることで、90%以上のトレーダーが犯すのと同じ間違いを避けることができます。

1: 戦略を綿密に練り、取引を急がない

取引を実行する前に、エントリーポイントとエグジットポイントをチャートにマークしておきましょう。取引開始後に感情が取引の邪魔をしないように、取引前に希望する利益確定ポイントをメモしておくことが重要です。 取引を決してFOMO(Fear of missing out=何かを逃してしまっていないか?という恐れの感情)せず、計画に沿って行動してください。

2: 適切なリスク管理とストップロスの使用

一度の取引で投資金全体をリスクにさらさないよう、あらかじめリスクを計算しストップロスを使用してリスクを限定しましょう。FX取引で損切り注文をすれば、損失を限定し利益を確定させることができます。また、ストップロスは取引に不可欠です。コンピュータや携帯電話を使っていないときでも作動する頼もしい味方です。

3:デモ口座を現実の小さな賭け金で置き換えてみる

多くのオンラインFX講座では、最初にデモ口座を開設するようアドバイスします。これによって、自分のお金をリスクにさらすことなくFX取引を行うことができます。ここではFX取引が実際にどのように行われるかを知ることができますが、1つの重要な要素が欠けています。つまり、デモ口座を使っていると、損をしたときの感覚を理解することができないのです。

これは、オンライン取引を行う上で最も重要な要素の1つであり「お金を失う」という感情的な側面が不本意に働くこともあります。そのため、超小額ではありますが、リアルマネーの取引口座を使用することをお勧めします。取引に慣れてきたら少しずつ賭け金を増やしていきましょう。

4:FX取引に十分な時間を割くこと

もし、あなたがちょっとした空き時間にだけFX取引をしようと考えているのなら、いっそのことFX取引を忘れた方が無難です。この分野で成功する唯一の方法は「十分な時間を割くこと」です。例えば、何時間もかけて様々なチャートを読み、分析し、その結果をもとに自分で取引しなければ成功はしません。

また、絶好の取引チャンスが訪れたときは、それに飛びつく準備も必要です。しかし、これもテクニカル指標やシグナルサービスがあってこそといえます。 最終的にはFX取引を学ぶことにすべてをかける必要があるということになります。

5:初心者のうちはレバレッジを避ける

レバレッジは魅力的かもしれませんが、FXトレーダーとしての能力に自信が持てるようになるまで、全面的に避けることをお勧めします。ここで重要なのはレバレッジ取引に一度でも失敗すると、残高がゼロになる可能性があることです。例えば、EUR/USDを25倍のレバレッジで取引したとします。証券会社の口座には300ドルしかありませんが、これによって7,500ドルで取引することができます。

しかし、レバレッジ25倍の場合、注文を清算するには取引額の4%(1/25=0.04)の不利益が生じます。つまり、300ドルの賭け金をすべて失うことになってしまうということです。逆に、レバレッジなしの取引では、特に変動が少ない主要通貨ペアを選択した場合、損失は最小限に抑えられます。

6: 最初は主要なFXペアにこだわる

オンラインFX取引の世界で初心者の方は、最初は主要なペアにこだわることをお勧めします。なぜなら、メジャーペアはマイナーペアやエキゾチックペアに比べて、変動が少ないからです。さらに、メジャーペアはスプレッドが最も低いので、初期費用を最低限に抑えることができます。

これは、ボラティリティの高いエキゾチックペアとは対照的です。また、エキゾチックは巨大なスプレッドを生む性質があります。ということは、損益なしのちょうど分岐点に到達するためだけに、大きな利益を作らなければならないということになります。これでは骨折り損のくたびれ儲けです。

7:メモを取り、自分のトレーディングジャーナルを始める

損失が出ても利益が出ても、トレードから学ぶことは常にあります。取引中や取引後に、何がうまくいき、何がうまくいかなかったかをメモしておきましょう。失敗から学び、次のトレードをより良いものにしていくことが大切です。

8 : 世界の出来事を追う

外国為替市場は、世界的な出来事と比較的関係が深いと言えます。米国経済が不況に陥った場合、歴史によると、一般的に米ドルの価値は、より通貨の強い国々と比較して「低下する」可能性が高いことが分かっています。世界の動きを常に把握することで、ポジションの精度と収益性を高めることができます。

9 : 自分に合った戦略を見つけ、それを継続する

成功するトレーダーは、自分の得意なことを見つけそれに集中するため、間違いなく成功します。様々な手法を試し、リスクなどの観点から、どの手法が自分のスタイルに最も適しているかを確認しているのです。10種類の取引ペアで平凡なトレーダーになるより、USD/JPYの絶対的な専門家になる方がより多くの利益を得られるからです。

 ご存知ですか?FXをパートタイムで取引したいだけなら、シグナルサービスを利用してみる価値はありますよ。これを利用すれば、手動でチャートを読む必要なく、リアルタイムで取引提案を受け取ることができます。

FX取引でお金を稼ぐことは可能ですか?

FX取引でお金を稼ぐことは可能ですか

FX取引では、ある通貨を購入すると同時に、別の通貨を売却することになります。どちらか一方でも儲けることが可能です。

  • 価値が増加するポジションを購入し、利益を得るためにそのポジションを売却します。
  • 価値が下がる取引ペアのポジションを売り(空売りに似ている)、価値が下がった後にそのポジションを買い戻すことで利益を得ることもできます。

このように、お金を稼ぐことは可能ですが、FX取引では多くのトレーダーが損をしていることも念頭に置いておきましょう。

例を挙げて説明しましょう。

  • 1000ドルのFX取引口座を開設します。取引ペアAUD/USDを.71 AUDで500ドル分購入します。
  • マージンが有効でないと仮定し、またAUD/USDの価格が1.4%の上昇に相当する.72に上昇したとします。翌日、この上昇を見て、500ドル分のポジションを売却します。500ドルは1.4%増加し(手数料を考慮しない)、合計で約507ドルになります。これで7ドルの利益が残りました。
  • 難しいのは、損切りや利食いのタイミングなど、口座で取るべきポジションの大きさを決めることです。

自分のポートフォリオで利益を上げるためには、どのポジションを取ればよいのでしょうか?

FX取引で利益を上げるには、この質問を非常に主観的な視点で見る必要があります。特にこれほど大規模な市場においては、FX取引で利益を証明できる秘策は一つもありません。

市場はまさにゼロサムゲームです。誰かが損をすれば、誰かが儲かり、その逆もまたしかりです。しかし、献身的な努力と真摯な態度は、FX取引で利益を生む環境を整え、利益を生むポジションを持つ頻度を高めてくれます。

もっと学ぶ FX取引コースと書籍

FX取引の知識をさらに深めたいとお考えですか?もしそうなら、インターネットをフルに活用しましょう。長期的で目標あるFX取引に役立つ有益な情報が満載で、しかも無料です!

とはいえ、オンライントレーディングコースや書籍など、FXに関する他の資料もチェックしてみる価値はあるかもしれません。

  • 7日でマスター FXがおもしろいくらいわかる本【ソーテック社】FXについてまっ得知識のない方でも一週間で「FXとは何?」がおおむね理解できる優れ本。多彩でコミカルなイラストで構成され、会話形式で進めていくため飽きずに完読することができます。FXの入門書、またはバイブル本として活用できます。外国為替の仕組みをはじめ、テクニカル分析や取引方法、資金管理など、FX取引で知っておきたい項目を網羅しています。著者は元為替ディーラーの鈴木拓也氏。日本や香港で敏腕ディーラーとして名をはせた人物です。
  • ずっと使えるFXチャート分析の基本(シンプルなテクニカル分析による売買ポイントの見つか方)【自由国民社】
  • FX取引の基礎に関する本をじっくり読み方方におすすめの一冊です。著者の田向宏行氏は2007年からFX取引を始めた専業トレーダーです。この本では為替取引のキャリアで成功するために知っておくべき全てのことをわかりやすく説明しています。テクニカル分析、ファンダメンタル分析における欠点にも触れながら「値動きが全て」と豪語する著者の実践チャートを学び取ることができます。相場の勝ち組になる秘訣、レンジの賢い活用法、ローソク足の正しい読み方など、ポイントごとにまとめてあります。
  • マネユニ・アカデミー【FXコース】スマホでFXコースを受講したい方はマネユニ・アカデミーの「FXコース」がおすすめ。自宅のパソコンのみならず、スマホでも学べます。充実した教科書やウェブ動画を用い、FX業界で著名な講師陣(元外銀ディーラー、テクニカルアナリスト、経済アナリストなど)を招いて、実践的なFX講座を開催しています。投資の可能性を広げたい方は無料の体験講座もありますので、お試しください。

まとめ

このガイドを最初から最後まで読んでいただくことで、FX取引とは何か?そしてFXの仕組みや長期的な投資目標に合致しているかどうかを確認する術をしっかりと理解していただけると思います。このようにFX取引は非常に複雑で、ほとんどの人が克服できていない分野であることがお分かりいただけたと思います。

つまり、テクニカル分析、ファンダメンタルズ研究、FX用語、独自の取引戦略の構築など、重要な指標についてよく勉強する必要があるということです。資金を投資する前に、オンラインFX取引のリスクを十分に理解し、手頃な手数料と以下のプラットフォームのように、充実した教育リソースがあり、評判がよく、規制されているブローカーを選ぶようにしてください。

AvaTrade - 当社が一押しするFXプラットフォーム

avatrade_logo
  • 初心者に優しいプラットフォーム(マニュアル動画あり)
  • FSA、ASICで規制されている
  • 取引が迅速、クイック入金あり
  • 24時間365日ライブチャット、遠隔サービスあり
  • 国内380の金融機関に対応
avatrade_logo
為替取引 個人投資家アカウントの71%が、このプロバイダーでCFDを取引する際に資本を失っています。

よくある質問

FX取引でお金持ちになれますか?

FX取引はどのような方法がありますか?

取引に最適なFXのペアは何ですか?

FX取引は日本では合法ですか?

FX取引はその国の経済を代表するものですか?

メタトレーダーはすべてのブローカーと統合できるのでしょうか?

FXを始めるにはいくら必要ですか?

接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます