イールドファーミングは、手元に余っている仮想通貨を活用して利益を稼ぐ手段の一つです。簡単に言えば、手元のデジタル資産を流動性プール(分散型取引所に預けられた仮想通貨トークンの集合)へ融資することで、APY(年利)が得られる、というものです。

(つまり、スタートアップ状態の新興プラットフォームはより多くの資金をより多くの種類の仮想通貨で集めることによって流動性を高められるため、融資してくれた投資家への見返りとしてAPYを報酬として支払うよう仕組みとなっている、とイメージすると理解しやすいでしょう。)

このガイドでは、金利、セキュリティ、 ロックアップ、対応しているトークンなどの観点から、2022年で最高のイールドファーミング・プラットフォームについてご紹介しています。

【2022年版】仮想通貨で最高の利回りを狙う〜イールドファーミング向け仮想通貨プラットフォームリスト〜

仮想通貨のイールドファーミングで稼ぐための、最も優れたプラットフォームは以下の8種です 。

  1. OKX – 総合的観点から、2022年で最高のイールドファーミング向け仮想通貨プラットフォーム
  2. Battle Infinity – IBATバトルステークで年利12%のAPYを獲得
  3. Quint – スーパーステーキング・プールにエントリーすることで豪華景品をゲット
  4. DeFi Swap – DeFiコインで最大75%のAPYを獲得
  5. YouHodler – 世界中の取引所で利用可能なイールドファーミング向けプラットフォーム
  6. Crypto.com – ステーブルコインで高利回りを得るための優れたプラットフォーム
  7. BlockFi – ビットコインで利回りを得られる、人気のプラットフォーム
  8. Coinbase – 初心者でも安心の、最高クラスの利回りを誇るプラットフォーム

ハイリターンが狙える以上のイールドファーミングプラットフォームについて、以下で詳細に説明していきます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

トップクラスのイールドファーミング向け仮想通貨プラットフォームを徹底レビュー

私たちのチームが2022年中で最も優れたイールドファーミング・プラットフォームについて調査した結果、マーケットにおいてトップクラスのプラットフォームは「安全性」「魅力的なリターン」そして「妥当なロックアップ(定期預金のように一定期間使用できないようにすること)条件」などをバランスよく満たしている、という結論が得られました。

以上の要素に加えて、「ユーザーフレンドリー」「カスタマーサービス」そして「プラットフォームの中で使えるトークン」といった要素についても重要だと考えています。

1. OKX – 総合的観点から、2022年で最高のイールドファーミング向け仮想通貨プラットフォーム

手元にある仮想通貨から、配当金のような形でパッシブな収入を得たいとお考えであれば、OKX取引所がもたらすさまざまな種類の収入源は、総合的に見て2022年で最高のイールドファーミング向け仮想通貨プラットフォームと呼んで差し支えないでしょう。100ヶ国以上で利用可能なOKXの取引所には、世界中から2000万人以上ものユーザーが集まっています。

OKXを使えば、手元にある仮想通貨を使って「仮想通貨の売買」「スワップ(別の仮想通貨への交換)」「ステーキング(仮想通貨を預け入れること)を通じて利息を受け取る」といった選択が可能になります。

OKXに参加する投資家は、「デュアル投資(仮想通貨を一定期間預けることによってステーキング報酬を得るとともに、異なる仮想通貨でも報酬を得られる)」、「P2Pレンディング(ソーシャルレンディング)」、「ステーキング」などといった複数の利益獲得手段を使うことができる、ワンストップ型サービス「OKX Earn」にアクセスできます。OKExChain上に構築されているEarn programmeは、融資用DApps(分散型アプリケーション)や分散型取引所へのアクセスなど、複数のDeFi(分散型金融)製品を提供しています。

OKX Poolを利用することによって、複数のマイニングサービスを活用できるようになり、結果として仮想通貨の運用から得られる利回りを最大化できます。「Proof-of-Work(PoW)マイニング(仮想通貨の取引を失敗なく成功させるための仕組み)」は、ビットコインをはじめとした主要通貨9種で支えられています。

OKX Poolの主要な特徴には、日次清算、支払額の下限なし、そして安定的な収入のフローなども含まれます。

OKX

さらに、人気の仮想通貨であるTamadoge(ネイティブトークンの“TAMA”で知られる、昔流行った育成ゲーム“たまごっち”の影響を受けた、日本にもゆかりのあるプロジェクト)は、初の上場をOKXにて行うことを予定しています。1900万ドルの調達に成功したTamadogeのプレセールは、2022年で最高の投資機会の一つです。TamadogeがOKX取引所に上場するのはこれからであり、Tamadogeのトークンは今後、OKXが提供する集中型及び分散型の取引所で利用できるようになります。OKXの取引所には、利用に際しての地理的な制約がなく、地球上のどこからでも利用可能です。

OKXは中国に拠点を置いています。本稿執筆時点では、OKXのサイトは日本語対応をしておらず、また日本語によるサポートもありません。さらに、日本円を入金することができないことや円建ての通貨ペアが存在しない点なども、日本人の私たちにとっては不便な点です。とはいえ、OKXは日本人が利用できないというわけではありません。(バイナンスが受けたように)金融庁から警告を受けたこともなく、グループ傘下の法人として日本国内で業務を行う「オーケーコイン・ジャパン株式会社」は仮想通貨交換業者としての認可も受けています。

以上より、(日本語対応はなされていないものの)日本人がOKXに口座を開設し、仮想通貨の取引を行うことは可能かつ合法です。

すでにご説明した通り日本円で直接入金することはできないため、いったん仮想通貨を購入して、それを入金するという2段階の手順を踏んで入金することとなります。このような事情もあり、日本円で直接入金できる取引所と比較すれば迅速な取引を行いにくいという点については注意する必要があります。

OKXを利用するためのKYC(本人確認)手続きのプロセスは10分以内で終わります。その後は一回の取引あたり0.10%という低コストで仮想通貨取引を開始できます。

当サイトがOKXをおすすめする理由

  • 100か国以上から利用可能
  • 複数のやり方でイールドファーミングできる「OKX Earn」のシステム
  • 複数のDeFi(分散型金融)商品を提供
  • Tamadoge(TAMA)をはじめとした人気トークンを上場
  • 暗号通貨の取引手数料がわずか0.10%

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. Battle Infinity – IBATバトルステークで年利12%のAPYを獲得

Battle Infinity(IBAT)は、ゲームに参加することを通じて様々な報酬を得られるPlay-to-Earning(P2E)のエコシステムです。このプラットフォームではネイティブトークンであるIBATを代価として決済できるようになっており、P2Eとしてのさまざまな機能を使うことができます。

Battle Infinityの分散型取引所からIBATトークンにログインすることで、ステーキング用プラットフォームであるIBAT Battle Stakeを通じて(配当型の)パッシブ収入を得ることができます。IBAT Battle Stakeは2022年の9月24日、Battle Infinityの公式twitterアカウントにおいてサービス開始が発表されたばかりです。

IBAT Battle Stakeの2日後には、300万ドル以上の価値に相当する仮想通貨トークンがこのサービスへの預金として預けられました。IBATトークンの最大供給量100億トークンのうち、10%近くがステーキングされました。ステーキング・プラットフォームが短期間で成功をおさめる要因としては、投資家が受け取ることができるAPY(年利)の高さが関係しています。

IBATはおすすめのイールドファーミング仮想通貨

例えば、フレキシブルステーキング(仮想通貨を好きなタイミングで出し入れできる方式)では、IBATベースで12%という驚くべき水準のAPIを投資家へ提供します。さらに、投資家はIBATをロックアップすることによってさらに高水準のリターンを得ることができます。例えば30日間のロックアップであれば、投資家は14%のAPY得ることができます。ロックアップ期間が30日の場合のAPYは14%ですが、90日であれば17%、180日であれば20%、360日であれば25%と増えていきます。

IBATは、ステーキングの他にもIBATバトルゲーム(複数のP2E・NFTゲームを遊べるマルチプレイヤー式のゲームストア)など、他のP2Eへアクセスするためにステークすることも可能です。

IBATステーキングの利息以外にも、IBATと他のトークンをペアリングすることによっても利息を稼ぐことができます。Battle Infinityはさまざまな使い道のあるプラットフォームであり、プレイヤーはバトルアリーナ(ERC721準拠のスマートコントラクトを通じた契約によって、あらゆるアイテムやキャラクターがNFTとして鋳造される仮想のエコシステム)などのP2Eを利用することができます。

本稿執筆時点では、IBATはおよそ0.0023ドルで取引されています。

当サイトがBattle Infinityをおすすめする理由

  • フレキシブルステーキングで12%のAPYを獲得可能
  • ロックアップ期間があれば最大で25%のリターンを得られる
  • 全トークンの10%がロックアップ
  • P2E・NFTゲームも利用できる

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. Quint – スーパーステーキング・プールにエントリーすることで豪華景品をゲット

仮想通貨の利息と現実世界での特典とを組み合わせたQuintは、2022年に注目すべき最高のイールドファーミングプラットフォームのひとつです。

Quintのプラットフォームでは「スーパーステーキングプール」と呼ばれる2種類のプールが存在します。一つ目は「Luxury Raffle Pools」と呼ばれるプールです。ユーザーはこのプールにステークすることで、仮想通貨の利息を受け取ると同時に高価な時計や旅行パッケージのような豪華な景品が当たる抽選にエントリーできます。

Quintのスーパーステーキングプールの二つ目は 「Quintessential Pools」です。このプールでは、 保証付きの特典が提供されています。特典の種類としては、高級ホテルの宿泊割引や、航空券の割引、世界中の都市でのスーパーカー体験などがあります。得点は都度入れ替わりますが、このプールにステークするユーザーは仮想通貨の利息とQuintはおすすめイールドファーミング仮想通貨合わせて特典を受ける権利を持つことが保証されています。

Quintはまた、ユーザーがステークしたQUINTトークンにより、高い金利を得ることができる、従来のやり方に近いステーキングプールを用意しています。 QUINTを単体でステークすると、ユーザーは最大16.18%のAPYを得ることができ、さらにBNBとQUINTをあわせてステークすると、ユーザーは最大39.08%のAPYを得られます。暗号資産の利息は、Quintプラットフォームからいつでも手動で取り出し、 再投資することができます。ロックイン期間はなく、従来のステーキングプールとスーパーステーキングプールの間を簡単に移動することができます。

当サイトがQuintをおすすめする理由

  • QuintとBNBを組み合わせることで39%以上という魅力的な金利を獲得
  • スーパーステーキングプールでは豪華景品が当たる
  • ロックアップ期間なし
  • TechrateとCertikによる監査済み

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. DeFi Swap – DeFiコインで最大75%のAPYを獲得

DeFi Swapは最大75%のAPYのリターンを産み出す、仮想通貨取引所とイールドファーミングプラットフォームです。DeFi Swapが高いレートのリターンを産む秘密は、ネイティブトークンのDeFi Coinトークン(DEFC)です。これは、このプラットフォーム上でステーキングに利用できる唯一の暗号資産となっています。このプラットフォームでは、コインを最大1年間の範囲内でロックインする必要があります。30日のロックイン期間ではAPYレートは30%となり、1年間のロックイン期間であればAPYレートは75%となります。

DeFi Swapは比較的新しい会社ですが、2022年の新規プラットフォームの中で最も優れたものの一つとして、にわかに脚光を浴びつつあります。第一に、このプラットフォームは完全な分散型の取引所であり、DeFiサービスとして機能しています。ほとんどのステーブルコインを含む事実上すべての主要な仮想通貨を使ってDeFi コインにスワップすることができます。注目すべき点は、DeFi Swapは分散型金融の行われる場にしたいと公表していることです。初期に参入した投資家には、将来的により高い金利やより多くのイールドファーミング上のオプションが与えられる可能性があります。

現時点で、DeFi Swapはオンラインまた分散型のアプリとして利用できます。利用できるステーキングオプションと金利を確認するためには、ウォレットを接続する必要があります。

当サイトがDeFi Swapをおすすめする理由

  • 最大75%のAPYを獲得可能
  • 30日・90日・180日・365日のステーキング期間
  • ほとんどの仮想通貨をDeFiコインに交換可能
  • 完全なる分散型プラットフォーム

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

5. YouHodler – 世界中の取引所で利用可能なイールドファーミング向けプラットフォーム

スイスに拠点を置くYouHodlerは、魅力的なレンディングオプションと洗練されたインターフェース、透明性の高さなどの特徴で人気を集めています。2017年の設立以来、YouHodlerは200を超える国で15万人以上のユーザーを獲得しています。

YouHolderは優れたセキュリティを備えており、資金はホットウォレット(インターネットと接続した状態で仮想通貨を保管するウォレット)とコールドウォレット(インターネットとの接続がないオフラインの状態で仮想通貨を保管するウォレット)を組み合わせる方法で確保されており、さらにLedger Vaultテクノロジーが実装され、ユーザーにはより多くのカストディアルオプション(保管方法の選択肢)が提供されます。加えて、口座に1万ドル分以上を預けているユーザーであれば、「3ファクタ認証」を使用することで引き出しを停止することも可能です。

Youholderはおすすめイールドファーミング仮想通貨

YouHodlerは、その優れたイールドファーミングのオプションで有名です。主要な50の仮想通貨を預けることができ、金利についても、15%もの水準に達することがあります。ステーブルコインの報酬は最大で12.3%(複利の利息をのぞく)、ビットコインの場合は最大6.8%の利回りを得ることができます。

(もともとYouHodkerの名称の由来となった“Hodl”という言葉は英語の“Hold”のスペルミスからきています。仮想通貨の業界において“Hodl”は、主にビットコインを手放さずにホールドしつづけるという意味を表すスラングになっています。)

受け取れるリターンは預ける資産によって異なってくるのでレートについては登録前に再確認しておきましょう。

イールドファーミングのプラットフォームをお探しであればYouHodlerは素晴らしい投資先です。YouHodlerはスイスとキプロスに拠点を持つ企業で、米国領、ドイツ、中東のいくつかの国をのぞく、ほぼすべての国で利用できます。(日本でも口座開設可能です)。

預けられる資産の幅広さ、透明性の高い料金体系、そしてわかりやすい利用条件などが揃っているYouHodlerは、最高のイールドファーミング・プラットフォームの一角といって過言ではないでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

6. Crypto.com – ステーブルコインで高利回りを得るための優れたプラットフォーム

仮想通貨の投資で、価格が急変動する不安に悩まされることなく、可能な限り高いレートで金利を得たければCrypto.comを検討してみましょう。このトップクラスのプロバイダーでは、Tether や USDC などのステーブルコインをアカウントへ入金することで、最大14%のAPYを得られます。注意点として、受け取れるAPYの計算には特定の変数があり、やや複雑です。

例えば、Tetherで年率14%の利息を得るために必要なトークンのロック期間は14%です。また、40,000CROトークン(Crypto.comのネイティブトークン)を下回らないようにステークする必要があります。一方で、CROトークンをいっさいステークすることなく、いつでもフレキシブルに出金ができる状態だと、APYは6%に下がってしまいます。このように、Crypto.comではさまざまな条件や使い道に合わせて、さまざまなAPYを提供してくれます。

Crypto.comでは250種類以上のデジタル通貨で利用できるようになっています。そして、Crypto.comで利用できるデジタル通貨のほとんどは、ステーブルコインではありません。利用可能なコインの範囲には、ビットコインやEthereum、ライトコイン、ソラナや柴犬コイン、Decentralandなど、あらゆるものが含まれます。繰り返しになりますが、獲得できるAPYは「ロックアップ期間を設けるかどうか」と「CROトークンを合わせてステークするか」によっても変わってきます。また、Crypto.comは人気のモバイルアプリも提供しており、世界中のどこにいてもアカウントへアクセス可能です。

私たちがCrypto.comをおすすめする理由

  • 250以上のコインをサポート
  • 魅力的な利率
  • CROトークンをステークすることでAPYを増やせる。
  • 強固なセキュリティを備えた信頼できるプラットフォーム

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

7. BlockFi – ビットコインで利回りを得られる、人気のプラットフォーム

最も優れた仮想通貨取引所のひとつであるBlockFiは、仮想通貨投資に関連するさまざまなサービスを提供しています。利息を稼ぐという点において、このプラットフォームはステーブルコインと従来型のデジタル資産(ビットコインなど)の両方において納得できる水準のAPYを提供してくれます。前者について、BlockFiのアカウントにTetherを入金すると、最大9.25%のAPYを得ることができます。しかも、このレートは最初の入金額の20,000USDTにあたる額まで(ロックアップ期間なしで)適用されます。

ビットコインを投資することで利益を得たいと望んだ場合、最高レートは4.5%になります。このレートは最初の入金額の0.10BTC分まで適用されます。それ以降の入金分については、レートは1%に下がります。Ethereumは5%とやや競争力が高めですが、このレートが支払われるのは最初の1.5%のETHまでです。セキュリティ面に関して、BlockFiは顧客のデジタル資金の大部分をコールドストレージで保管しています。さらに、デジタルトークンはGeminiなどの先進的なサードパーティーの取引所に保管されているのもポイントです。

BlockFiはおすすめイールドファーミング仮想通貨

BlockFiは、潜在的なリモートハックの脅威をカバーするための保険契約も締結しています。 仮想通貨のイールドサービスに加えて、BlockFiは従来型の取引口座も提供しています。このため、デジタル通貨をよりリーズナブルな手数料で売買することができます。 このように、BlockFiのプラットフォームで仮想通貨を購入することで、すぐに利回りを得られるようになります。BlockFiは、電話によるサポートを含むトップクラスのカスタマーサービスでも定評があります。

当サイトがBlockFiをおすすめする理由

  • 仮想通貨による金利獲得に関するスペシャリティ
  • 膨大な種類のトークンに対応
  • ロックアップ期間の指定なし
  • ステーブルコインの中でもトップクラスのレート

8. Coinbase – 初心者でも安心の、最高クラスの利回りを誇るプラットフォーム

Coinbaseは世界で最も多くのユーザーアカウントを抱える仮想通貨取引所のひとつであり,

現在数千万人のトレーダーをサポートしているプラットフォームです。 このプラットフォームでは、デビットカードやクレジットカードで簡単にデジタル通貨を購入することができ、取引プラットフォーム自体も初心者にとって完璧なものとなっています。Coinbaseのアカウントを作りさえすれば、 すぐに利息を受け取るチャンスが巡ってきます。

このサービスは、自動化されたステーキングツール(ロックアップ期間なし)を通して提供されます。Coinbaseは最近になって仮想通貨におけるイールドファーミングの分野に参入してきたばかりなので、本稿執筆時点でこのプラットフォームで利用できるトークンの数は6つだけです。この6つには、Cosmos(5%)、Tezos(4.63%)、Ethereum(4.5%)、Algorand(4%) 、ステーブルコインではDai(2%)、USDC(0.15%)となっています。Coinbaseは初心者にとっては理想的なプラットフォームですが、 APYの水準はやや低めです。

セキュリティ面に関しては、Coinbseはコールドストレージ、2ファクタ認証、 IPアドレス/デバイスのホワイトリストなど、 この分野で最強のプロトコルを提供しています。さらに、Coinbaseは米国で規制を受けていることに加え、現在ではNASDAQ取引所で取引されています。Coinbaseのプラットフォームは50を超えるデジタルトークンをサポートしているため、多様な仮想通貨を含んだポートフォリオを作りたいと思うのであれば良い選択肢です。

私たちがCoinbaseをおすすめする理由

  • 米国の規制を受けている規制
  • 出金時のペナルティなし
  • 預けるデポジットは仮想通貨かUSドルで選べる
  • 初心者にとって完璧なプラットフォーム

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨のイールドファーミングとは?

仮想通貨によるイールドファーミングは、保有する仮想通貨をステーキング、またはレンディングすることによって配当型のパッシブリターン(不労所得)を生み出す手法です。分散型金融いわゆる「DeFi」は、流動性マイニングなどの新機能を提供していることもあり、近年人気を集めています。

イールドファーミングで仮想通貨を稼ぐやり方はどういうもの?

イールドファーミングという手法を通じて仮想通貨を稼ぐ上で、最も基本的なやり方は、「手持ちのデジタル資産を運用して利息を得る」というものです。

イールドファーミングは、預けた仮想通貨に対して利回り(APY)を受け取ることができます(銀行の普通預金口座にお金を預けると利息が付くようなイメージです)。

しかしながら、仮想通貨においてイールドファーミングを通じて利益を稼ぐやり方は、従来型の普通預金口座よりもはるかに複雑であるだけでなくリスクもかなり高くなっています。この点についてはくれぐれも認識しておきましょう。より詳しくは、 ベストな仮想通貨貯蓄用アカウントに関する私たちのガイドをお読みください。

以下では、このニッチなセクターがどのように動いているのかについてしっかりと理解して頂くために、 イールドファーミングを通じて仮想通貨から利益をあげるやり方について、基礎的な事項について説明していきます。

仮想通貨によるイールドファーミングについての解説 – 基礎編

仮想通貨・イールドファーミングの旅の始めに、任意のプラットフォームにデポジットとして預かり金を入金します。次に、デジタルトークンはスマートコントラクト(プロックチェーン上の契約で、あらかじめ決められたルールに従い、人間の手を介さず自動的に契約内容が実行される仕組みのこと)により、流動性プール・プロバイダに預けられます。

このスマートコントラクトは分散型のオペレーションとなっている(つまり特定の管理者がいない)ため、仲介者がいなくても自動的に利息を得ることができます。

つまり、仮想通貨を預けている流動性プールでは、(クラウドファンディングのような形で)資金を借りられるようになっています。(貸す側にとっては)それは登記目的かもしれませんし、多くの場合は資産を流動化する手段としても用いられています。

結局のところ、新しく発売されたデジタルトークンは、それぞれのプロジェクトの買い手と売り手がより円滑な市場環境にアクセスできるようにするために、 より高い流動性を必要とするようになることが多いのです。

APYs

仮想通貨のイールドファーミング向けプラットフォームからどれだけの利益を得ることができるのかに関しては、さまざまな要素によって左右されます。最も大きく影響するのが、あなたが投資対象とするデジタルトークンの種類です。

  • 例えば、新たにスマートコントラクトの提供が始められたばかりのまだ時価総額が小さい仮想通貨を投資対象とする場合、非常に魅力的なAPYを獲得できる可能性があります。
  • 実際、このようなトークンが100%以上の利回りを提供してくれることは珍しくありません。
  • 一方で、すでに地位を築いた大資本のプロジェクトを投資対象とする仮想通貨のイールドファーミングプールに資金を預ける場合、APYは低めの水準になることが予想されます。

これは古典的なリスクとリターンの関係性の法則に乗っ取っています。(リターンとしての)APYが高ければ高いほど、(リスクとしての)価格変動が大きくなることが予想されるからです。これについては後でより詳しく解説します。

イールドファーミングの取引ペアについて

仮想通貨によるイールドファーミング向けのサイトについて知っておくべきもう一つの重要なポイントは、それぞれの流動性プールが取引ペア(取引で売買する通貨の組み合わせ)として提供されていることです。

  • 簡単な例として、例えば、スマートコントラクトを介してBTC/ETHプールにデポジットを預けるケースを想定します。
  • これにより、ビットコインとEthereumの両方において流動性を提供することとなり、結果として、この取引ペアで十分な水準の資本が利用できるようになります。
  • この例において、流動性はBTC/ETHの取引市場を提供する取引所へ提供されているようです。

以上のことを念頭に置きながら、イールドファーミングの仮想通貨サービスに関わっていく場合、それぞれのペアのデジタルトークンのボラティリティ水準を意識することが必要です。

リワードコイン

従来型の普通預金口座に資金を預けると、それぞれの通貨で利息が支払われます。例えば、ウェルズ・ファーゴの普通預金口座にAPY1%で1000ドルを預けると、年間10ドル分の利息が発生します。

一方で、仮想通貨によるイールドファーミングのサイトの場合、考慮すべき明確な違いが存在します。

  • 一つ目は、利息の支払いが不換紙幣(ドルや円などの法定通貨)によってではなくデジタル資産によって分配される点です。
  • 二つ目は、あなたの元へ支払われるデジタル資産の利息が変動する可能性があるという点です。
  • あなたが仮想通貨・イールドファーミングに取り組むプラットフォームの種類によっても大きく異なってきます。
  • 例えばバイナンス・スマートチェーン上のデジタル資産に特化したサイトであれば、報酬の支払いはBNBとなるでしょう。
  • 一方で、イールドファーミングサイトは独自のネイティブトークンで報酬を支払う可能性もあります。

上記のポイントは、自分自身の求めるものにとって最適な仮想通貨・イールドファーミングプラットフォームを探し求める際に考慮すべき点です。

ロックアップ期間

この記事では、すでにロックアップ期間については何度か研究してきました。一言で言えば、売却などを通じてトークンを手放す前に、定期預金のような形でしばらく引き出せない期間を指します。

  • 例えばCrypto.comでは、少なくとも3か月間トークンをロックアップすることで年間最大14%の手数料をステーブルコインで受け取ることができます(CRO staking要件も適用されます)。
  • つまり従来の債券や定期預金と同じような性質でロックアップ期間が終了するまでは最初の投資元本元に戻って来る事はありません。
  • とはいえ、例えばQuintのように、フレキシブルなアカウントを提供しているプラットフォームもあります。
  • つまり、このようなフレキシブルなプラットフォームでは、トークンを最低何日、あるいは最低何週間ロックアップしなければならないという制約はありません。 いつでも好きなタイミングでプラットフォームから自分が付けたトークンを引き出すことができます。
  • ご自身が選ぶ仮想通貨・イールドファーミングのプラットフォームが定めるロックアップの条件については、サインアップする前に考慮すべき重要なポイントです。

たとえデジタル資産にアクセスする必要があるタイミングであっても、あなたのトークンがスマートコントラクトの契約に基づいてロックアップされてしまっている場合、最低限の償還期間が過ぎるまで引き出しを行うことはできなくなります。

分配の頻度

ベストな仮想通貨のイールドファーミングプラットフォームを探し求める際に意識すべきもう一つのポイントは、利息を分配する頻度についてです。

例えば、Quintのようなプラットフォームはいつでもユーザーが望むタイミングで支払いを行います。このルールのおかげで、分配された資金をファンドに再投資することを可能にし、複利の成長の恩恵を受けることが可能になります。

一方で、いくつかの仮想通貨・イールドファーミングのサイトにおいては、ロックアップ期間が終了した際に利息を分配するようになっています。つまり、ロックアップ期間が終了するまでは、報酬や初期投資の元本を含むあらゆる資金にアクセスできなくなることを意味します。

仮想通貨のイールドファーミングは儲かるのか?

仮想通貨のイールドファーミングサイトを利用しようとするメインの目的がお金を稼ぐことであることは言うまでもないでしょう。ところで仮想通貨によるイールドファーミングはどのような形で私たちに利益をもたらしてくれるのでしょうか?

この質問については、非常に多くの変数は関わってくるため、単純明快に答えることはできません。例えば、最初に考慮すべき点として、流動性プールにトークンを融資する際に支払う特定のAPYがあります。

最も単純なケースとして、2,000ドル相当の仮想通貨を10%のAPYという条件で融資した場合、12ヶ月後の時点では,あなたが持っているデジタル資産上のポートフォリオには200ドル以上の価値が存在することになります。

しかしながら、 仮想通貨によるイールドファーミングの世界では、あなたに支払われる報酬は不換紙幣ではなくデジタルトークンなので、上記したような単純な考え方をすることはできません。

投資した学園の利息として受け取るデジタルトークンのバリューは、マーケットの影響を受けながら変動することを考慮しなければなりません。

分かりやすくするために単純化した例を見てみましょう。

  • 年利6%のEthereumプールに投資するケースを想定します。
  • 合計で1ETHを投資し、入金時には1ETHに3,000ドルの価値があったとします。
  • 12ヶ月後、1ETHの投資により0.06ETHの利息が発生し、合計残高が1.06ETHになったとします。
  • 12ヶ月後前(投資開始時点)の価格が3,000ドルだったとすれば、(ETHの価値が変わらなかったと仮定した場合)1.06ETHの残高は3,180ドル相当の価値となります。
  • しかしながら、現時点でのEthereumの価値が1トークンあたり4,000ドルで取引されているとすれば、1.06ETHの残高は4,240ドル分の価値となります。

上記した例のように、仮想通貨によるイールドファーミングを行う上で重要なポイントのひとつは、高水準なAPYを得ることだけではなく、オープンマーケットにおいてトークンの価値がどれだけ上昇するかを見定めることです。

トークン価格の上昇が起これば、利息とキャピタルゲインの両方を通じて儲けを得られます。

一方で、仮想通貨のイールドファーミングを行なっている間にトークンの価値が下がってしまった場合、資金を引き出す際には損失が発生してしまっている場合があります。(後の章でより詳しく解説します。)

どのような仮想通貨のイールドファーミングができるか?

すでに触れたように、仮想通貨のイールドファーミングで利息を得るために使用できるデジタル資産の数には、事実上制限が存在しません。

これには、イールドファーミングのメインコンセプトが「特定の取引ペアに十分なレベルの流動性を与える」 ことであるから、という背景があります。

そして、全ての仮想通貨の取引が「十分な流動性を確保できている状態であってはじめて、最適なマーケット環境を提供できること」であることを踏まえると、トークンを選択する際には数多くの選択肢が存在することになります。

トークンを預け入れる流動性プールの選択は、その先どれだけの利益を得られるかという結果に大きく影響します。

例えば次のような例を見てみましょう。

  • 例として、ETH/BTCやBNB/ETHのような主要通貨のペアへ流動性を提供する場合、受け取れるAPYはやや低めとなるでしょう。
  • 一方で、AAVE/ETHのように、やや流動性が低めのプールに資金を追加する場合には、より高いレートの金利を受け取れることになります。
  • さらに、流動性プールが時価総額の小さい新たにローンチされたばかりのデジタルトークンに関わっているものの場合、3桁のAPYを得られる可能性もでてきます。

繰り返しになりますが、どの仮想通貨に投資するかという選択は、あなた自身が許容できるリスクの程度次第です。仮想通貨・イールドファーミングに投資するリスクを長期的なスパンで軽減する方法は、様々なペアに分散投資することです 。

仮想通貨のイールドファーミングで稼いだ利益に課せられる税金は?

ご存じの通り、仮想通貨関連で生じた利益について、 多くの国では株式等のキャピタルゲインと同じような形で課税されます(日本においても、給与所得や不動産所得などの所得と合算して課税される「総合課税」に含まれています)。つまり、1,000ドル相当のEthereumを購入し、その後1,500ドル相当で売却した場合、利益のうちの500ドルが課税対象となる可能性があります。

一方で、仮想通貨のイールドファーミングのように、金利を得る形で得られた利益についても税金を課せられる場合があります。居住国の税制によっては、口座預金の利息や配当金支払によって生じた利益と同じ方法で課税されます(日本においてもこの方式で課税されます。)

仮想通貨に関わる税金、特にイールドファーミングで稼いだ利益に課せられる税金は非常に複雑でデリケートです。したがって、デジタル通貨関連の税制に関する知識を持ったアドバイザーへ相談するのがよいでしょう。

仮想通貨・イールドファーミングとステーキングの比較

仮想通貨のイールドファーミングとステーキングはしばしば同じものを指しているかのように混同されます。どちらも、あなたの手元に余っている仮想通貨トークンに利息をもたらしてくれるという点では一緒ですが、いくつかの点で違いがあります。

一番の違いはトークンを預ける場所です。

  • イールドファーミングの場合、あなたの仮想通貨はスマートコントラクト上に預けられます。そしてスマートコントラクト上では、あなたの資金を流動性プールへ割り当てる処理が行われます。
  • ステーキングの場合、デジタルトークンは通常、それぞれのブロックチェーンのネットワーク上に預けられます。

仮想通貨・イールドファーミングとステーキングの両者にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、どちらがご自身の目標やリスク許容度にマッチしているか、考えてみる必要があります。

例えば仮想通貨のステーキングは、(セキュリティの観点からみれば)サードパーティーにあたるスマートコントラクトではなくブロックチェーン・ネットワーク上にトークンがロックされるので、イールドファーミングよりも安全である可能性があります。

裏返せば、仮想通貨のステーク時に受け取れる利回りは、イールドファーミングと比較すると低めです。さらに仮想通貨をステークする際、プルーフ・オブ・ステーク(仮想通貨取引にかかる電力などを節約する効果のある仕組み)コンセンサスを利用するブロックチェーン・ネットワーク上でしかステークできない、という欠点もあります。

一方でイールドファーミングは一般的にどの仮想通貨でもアクセスできる、という利点があります。

仮想通貨・イールドファーミングは安全か?

仮想通貨・イールドファーミングの旅を始める前に、リスクについても目を向けてみましょう。

多くの流動性プールは2桁、あるいは3桁のAPYを踏み出しているということは、裏返せば(そのリターンの大きさに比例する形で)損失を生じさせるリスクも高くなると考えられます。

私たちがここまで紹介してきた、最高の仮想通貨・イールドファーミングプラットフォームをレビューする際に認識した主なリスクとしては以下が挙げられます。

トークン価格のボラティリティ

仮想通貨のイールドファーミングを手掛ける際にまず考慮すべきリスクは、トークンの市場価値に関わることです。

例えば、以下のケースを想定してみましょう。

  • 新たに発売されたトークン の流動性プールに1,000ドルを投資し、その年間利回りが50%になるとします。
  • すると、1年目の終わりには、最初に持っていたトークンの50%増しになります。
  • 理論上は元々1,000ドルだった資金が1,500ドルに増えることになります。
  • しかしながらトークンの価値が80%下落してしまった場合、最初に投資した分よりもかなり価値が下がってしまうことになります。
  • つまり元々1,500ドルだったトークンの市場価値がたったの300ドルになってしまったということです。

以上のようなこともあり得るため、流動性プールに対する資金の投入は、 すでに評判が確立されたラージキャップ (大手の銘柄・優良銘柄)に限定するのが最善と言えるでしょう。

もちろん、ラージキャップの場合においても、トークンを預けている間に価値が下がってしまう可能性はないわけでありませんが、流動性が低いプロジェクトと比較すればそのリスクは低く抑えられます。

プラットフォームが抱えるリスク

今回の記事で紹介している最高の仮想通貨・イールドファーミング向けツールの多くは、 サードパーティーのプラットフォームによって提供されています。 プラットフォームが中央集権的か分散型かにかかわらず、資金は100%確実に保存されるわけではないことを認識しておく必要があります 。

  • 例えば集中型のイールドファーミング・サイトに資金を投入する場合、それぞれのプロバイダへ資金を預けることになります。
  • つまり、あなたは資金を預けたプロバイダがハッカーの遠隔操作による脅威から資金を守り、安全に管理してくれることを信任する必要があるのです。
  • また、中央集権的なプラットフォームがあなたに利息を払ってくれること、そして資金を引き出せないあなたの引き出し要求を満たしてくれることも信任する必要があります。

分散型プラットフォームの場合には、 契約内容はスマートコントラクトによって受け入れられます。スマートコントラクトは、その一貫性のある働きと透明性で知られてはいますが、必ずしも100%確実であるというわけではありません。

仮に、悪意のあるハッカーなどが(スマートコントラクトのプログラム上の)コード上に脆弱性を発見した場合、そこにつけこんでハッキングを行う可能性が否定できません。このような事があれば、顧客の資金が危険にさらされることも起こりえます。

ラグプル(詐欺を目的として立ち上げられたプロジェクト)

仮想通貨の世界において、ラグプルとは「当初から資金を盗むことを目的として計画されたデジタルトークン・プロジェクト」を指します。

このような事態は、プロジェクトの背後にいる開発者が資金調達キャンペーンによって集められたデジタル資産を持ち逃げすることによって発生する可能性があります。

高利回りのイールドファーミング・プロジェクトの皮を被ったラグプルに投資してしまうと、投資の元本を全て失う可能性が高くなります。

流動性リスク

仮想通貨のイールドファーミング・プールに資金を投入する前に考える必要があるリスクとして最後にご紹介するものが「流動性」に関するものです。

つまり、それぞれのプールに最低ロックアップ期間が定められている場合、償還期間が終了するまでの間は、投資した資金が動かせなくなってしまうということです。

つまり、すぐに現金が必要な場合であっても、資金が流動性プールにロックアップされていて引き出せない、ということが起こり得るため、場合によっては非常に重大な問題となるでしょう。

まとめ

仮想通貨・イールドファーミング初心者に向けたこの記事では、このニッチなセクターに存在するさまざまなベネフィットと潜在的な欠点についてご説明してきました。

重要なポイントは、この記事でご紹介してきたようなトップクラスのイールドファーミング・プラットフォームを活用することで、あなたの手元にある余剰のデジタル資産を運用し、安全かつフレキシブルな方法で利息を得られるということです。

OKXは、総合的観点から見て、このマーケットにおいて最高のプロバイダーであると言って過言ではないでしょう。OKXでは、「ステーキング」、「P2Pレンディング」、および「DeFi製品のもたらす収益オプション」などを通して、配当のような形で得られるパッシブな収入の機会を与えてくれます。2000万人以上の投資家に利用されているこの取引所では、2022年に仮想通貨のプレセールで1900万ドル以上の資金を集めた人気のある新興の仮想通貨であるTamadoge(TAMA)も購入することができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨のイールドファーミングに関連するよくある質問

仮想通貨のイールドファーミングとは何ですか?

仮想通貨のイールドファーミングには投資を検討するだけの価値がありますか?

仮想通貨・イールドファーミング向けプラットフォームの中でベストなものはどれですか?

仮想通貨を使ってどのように利益をあげるのですか?

イールドファーミングに適したベストな仮想通貨はどれですか?

仮想通貨のイールドファーミングはステーキングより優れた投資手法ですか?