イーサリアムを始めたい、そう思った時にまずは始め方から学んでいきましょう。始め方は至って簡単、わずか5分で所定のオンライン取引所からあなたのポートフォリオにイーサリアムを加えることができます。まずはアカウントを開設し、お持ちのクレジット/デビットカード、もしくは銀行振込でイーサリアムを買ってみましょう。

この記事ではイーサリアムの買い方について初心者にもわかりやすく順を追ってご説明していきます。

イーサリアムの買い方 – 簡単ステップ

5つのステップでイーサリアムのアカウントの作り方から購入までを見てみましょう。ここでは信頼性の高いブローカーで有名なOKXを例にとって説明していきます。

ウォレットの基本情報を抑えたところでイーサリアムウォレットの始め方について 紹介していきましょう。 

このセクションではわかりやすくするためオススメでもご紹介しました OKXを例にとって解説していきたいと思います。

ステップ1:OKXで口座開設 

OKX

最初のステップは、新しい口座開設することから始めます。OKXのウェブサイトの右上から、Sign upをクリックし、登録を開始しましょう。 

メールアドレスとパスワードを入力し、登録したメールアドレスに送られてくる認証コー ドを入力します。 

認証コード入力後、Nextをクリックし、「Welcome to OKX」と表示されたら、登録完了 です。 

ステップ2:本人確認登録 

口座の開設後、ホーム画面にある、アカウントマークをクリックし、「Verification」をク リックします。アカウントタイプが2つ表示されますが、1つはIndividual Account(個人用)、もう1つがCorporate account(法人用)になりますので適切な方を選択してくださ い。 

個人用をクリック後、以下の4つの情報を入力します。 

  • Nationality 国籍(Japan)
  • 名前(First and middle names:下の名前、Last name:苗字)
  • ID type IDタイプはパスポートのみ
  • ID number IDナンバーはパスポートナンバー
    これにて、本人確認登録(KYC)の1段階目の終了です。 この後、2段階認証と本人確認登録を行います。 

ステップ3: 2段階認証 

まず、ホーム画面のアカウントマークから「Security Setting」を選択します。 次に、「2-factour authentication」を選択します。これは2要素認証を意味しています。

選 択後、Google認証か電話番号を利用したSMS認証で設定を進めていきます。 

Google認証システムの登録方法は、「Authenticator app(認証システムアプリ)」を選択 し、Eメール認証コードを入力します。表示されるQRコードをGoogle Authenticatorアプ リで読み込み、表示されたコードをブラウザに入力したら登録完了です。 

SMS認証の場合は、Country(国番号)、New Mobile Number(電話番号)、SMS code (SMS認証コード)、Email code(Eメール認証コード)の4つを入力します。 

SMSとEメール認証のコードは「Get code(コードを取得)」をクリックして取得し、入 力して下さい。

ステップ4:ファンズパスワード設定

このパスワードは取引や、出金時に必要なパスワードです。これを設定しておくことで、 

不正なアクセスを受けた際も、資金の安全性を保つことができます。 

最初に、アカウントマークを選択し、「Security(セキュリティ)」を選択します。次に、 「Funds password」の「Set」を選択し、パスワードを設定します。「Confirm funds password」に同じパスワードを入力します。最後に、Google認証を行い、「Confirm」を クリックします。 

ステップ5:イーサリアム購入 

 全ての設定が終了したら、ログインし、画面右上にある「Account」をクリックします。 「My Wallet」の中から、「Funding account」を選択します。ここで、仮想通貨の決済用 のアドレスを取得します。購入したい仮想通貨がビットコインの場合、「Search Token」 をクリックし、銘柄名を入力してで検索します。 

次に、「Token Deposit」をクリックします。ここで、Tokenの名前がイーサリアムのETHであることを確認し、入金用アドレスにある小さなタブをクリックします。クリックをす ると、自動的に入金用アドレスがコピーされます。小さなタブの横にカーソルを合わせる とQRコードが表示されますが、スマートフォンで送金を行う際に利用すると非常に便利 です。 

アドレスがコピーされたら、送金元の取引所やウォレットへ移動し、決済の手続きを行います。 

ほんの数秒のうちに取引は実行され、口座から引き落とされた分のETHトークンがあなたのポートフォリオへ追加されます。

もしあなたがイーサリアム以外に web 3.0上の暗号資産を検討している場合は本ガイドの後半でより幅広く某投資に関して扱っているので、今回が初めての方はそちらも併せてご覧ください。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

イーサリアム、どこで買える?

イーサリアムの購入の第一歩は、どのプラットフォームから暗号資産を購入するのかというところからスタートします。

今日では仮想通貨投資市場において2番目の規模を誇っているイーサリアム。その勢いは留まることを知らず、ビットコインを超えるとまで言われています。CoinMarketCapに掲載されている200種類以上の仮想通貨もイーサリアムとの取引に対応しています。もしあなたがイーサリアムを使って投資や資産管理、またお気に入りのNFTを購入したいとお考えならばぜひとも最後までご一読ください。

さて、ここからはより具体的にどの取引所からイーサリアムを購入すべきか一緒に見ていきましょう。

1.OKX – 2022年 イーサリアムを買うならここ

okx_web3

最高の暗号通貨取引プラットフォームをお探しなら、OKXがおすすめ。OKXは2011年に サービスを開始し、業界で最も信頼される暗号通貨取引所の1つとして確固たる地位を築き上げて きました。ユーザーはリーズナブルな手数料で50以上の異なる暗号通貨に投資することが できます。 

また、手数料は取引ごとに0.50%とわずかなもので、月間取引量が$10,000を超えると0.25%に 下がります。 

クレジット/デビットカードを使って暗号通貨を購入できます。暗号通貨やFIATでの入金を避けた い初心者にとっては理想的ですが、別途で5%の取引手数料がかかります。OKXの最小レートは ほとんどのFIAT建てのペアでわずか$10です。 

また、紹介リンクを使用すると$20のOKXサインアップボーナスが進呈されます。 無料の暗号通貨でポートフォリオを構築することができるのは嬉しい限りですね。 

OKXの取引プラットフォームは、ウェブベースのプラットフォームとモバイルアプリから選択する ことができます。どちらも使いやすいので安心です。 

総じて、OKXはシンプルなインターフェースと使いやすい機能が特徴の初心者向けのプラット フォームですが、OKX Tradeviewは経験豊富なトレーダー向けに作られたものとなります。OKX モバイルについては、iOSまたはAndroidで無料でダウンロードできます。生体認証と選択可能な 注文タイプを備えていますので、ぜひご活用下さい。

OKX おすすめ取引所であるワケ

OKXは本当にイーサリアムを購入するのに最適な取引所なのでしょうか?この取引所が 忙しい仮想通貨市場で選ばれているのにはいくつかの理由があります。 

まず、OKXにはイーサリアム以外にも数多くの暗号資産取引を行なっています。 ビットコイン、ライトコイン、アプトスなど、最も人気のある30以上の仮想通貨を売買 できます。またOKXでは、イーサリアムとこれらの他のコインの間で簡単にスワップで き、世界中から暗号資産にアクセスすることができます。 

OKXの取引手数料は、1ヶ月の取引量やオリジナルトークン「OKB」の保有額によっ て異なりますが、出金手数料はかかりません。また、OKXにはスマートフォンアプリが あり、実用的でおすすめです。アプリを利用する場合は銀行振込とLINE Payの利用が可能です。こちらも送金料がかかりません。 

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. Crypto.com – イーサリアム ビザ、マスターカードユーザーにおすすめ

Crypto.com

続いては汎用性に定評のあるCrypto.comのご紹介です。このプラットフォームはただの取引所にとどまることなく、幅広い種類の暗号資産と関連性のある商品やサービスを提供しています。例えば、Crypto.comが紹介するイーサリアムで取引が可能なNFTs市場を活用すればあなた自身の暗号資産投資を簡単に実行でき、かつ Visaカードであればデビットでも決済に使用することができます。

そんな便利なCrypto.com、どうやってイーサリアムを購入するのか気になりますよね。ここでの一番スピーディな方法はVisa、もしくはMasterカードでの手続きです。カード決済が承認されれば速やかに購入は完了します。通常決済であればその際にかかる手数料は2.99%になります。その際ユーザーが初めてアカウントを開設してから30日以内の取引であればその手数料は免除されます。

またOKXと同様、Crypto.comはビギナー向けに使いやすい仕様となっています。アクセスは主にwebサイトや iOS/Androidからのモバイルアプリから行われ、安全なインターフェースはデバイスへの負荷も抑えます。さらに簡単にアカウントを開設でき、その際の*KYC認証プロセスもたったの2分ほどで完了します。また投資家にとって嬉しいのがCrypto.comは同プラットフォーム上で250種類以上の*暗号資産レンディングに対応しており、加えて比較的新しい仮想通貨も利用できる点にあります。

*KYC:「Know Your Customer」の略で、本人確認を行う手続きを指します。

*仮想通貨レンディング:仮想通貨のレンディングとは、保有している仮想通貨を貸し出しして金利(利息)を得る運用手法のことです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. Binance –ベテラントレーダーから愛される人気プラットフォーム

Binanceロゴ

OKX and Crypto.comが比較的ビギナーに易しい仕様なのに対し、 Binanceは自身が仮想通貨の取引所の扱いに関して明確なビジョンがあるユーザーにとっては最適のプラットフォームと言えます。バイナンスでは様々な用途に合わせた先進的プラットフォームから必要に合わせてカスタマイズすることができます。そこには高度な要求も含まれており、チャートのテクニカルな指標設定やツールを編集するなど要素の多いコンテンツになっています。

まずはバイナンスでの購入方法を見ていきましょう。最初はデビット、もしくはクレジットカードでトークンを購入します。その過程で簡単なKYC認証プロセスを行いますが、この時USドルでの手続きが望ましいですね。またこのプラットフォームでカード決済を行った場合は4.5%、購入に際しては0.5%が手数料として発生します。その反面、ACHや銀行引き落としなどに対しての手数料は免除されます。ついてはETH購入に踏み込む前に資金管理の見直しをおすすめします。

またバイナンスでは仮想通貨でイーサリアムを購入することもできます。取引の過程ではKYC認証を迅速に行えるだけでなく引き落としを行う時の手数料も発生しません。さらにBinanceではイーサリアム建ての豊富な数のペアトレーディングも対応しているため、USDT、BitcoinやBNBのように簡単に購入手続きを実行することができます。そのため仮想通貨とイーサリアムをスワップを行う際には人気の通貨であっても一度に発生する手数料はわずか0.10%です。

またBinanceは多くの仮想通貨に対応しているため、Celoをはじめとするトレンドのアルトコインを格安の手数料で手にいれることができるのです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. Coinbase –初めてのイーサリアムには最適

最後に登場するのは安全性と操作性に優れたCoinbaseのご紹介です。以前よりCoinbaseはとりわけイーサリアムを初めて購入するユーザーのスタータープラットフォームとして人気を博し、その使いやすい仕様に定評がありました。Coinbaseはそれまで仮想通貨に親しみがなかったユーザーでも簡単に始まることができ、わずか10分足らずでアカウントを開設することができます。

安全面に関してもCoinbaseは取引所として有名なNASDAQにも名を連ねており、公の場合でも信頼性を得ています。このプラットフォームは利用者からの約98%の資産をコールドストレージによって管理し、利用するユーザーは必ずKYC認証プロセスをパスしなければならず、またログインする際には2段階認証が義務付けられているなど十分なセキュリティを有しています。その点も含めCoinbaseはビギナーにとっては安心の仕様ではありますが、ただ一点、本取引所で発生する引き落としと手数料に関しては非常に高額となっています。

Coinbaseでイーサリアムを購入、売却する際に発生する手数料は1.49%です。ところが対応している支払い方法、デビット/クレジットカード、またはPaypalで即購入をする場合、3.99%以上の手数料が発生してしまいます。また決済方法によっても変動しますが引き出す場合にも同様に手数料は発生しますのでご注意を。

最後になりますが、他の銘柄トークンと並行してイーサリアムを購入したい場合でもCoinbaseは50以上の市場に対応しているので仮想通貨の見識を深める点においても非常に汎用性に優れたプラットフォームです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

そもそもイーサリアムとは?

イーサリアムとはブロックチェーン技術を利用して2015年に発行された仮想通貨トークンでメタバースコインの先駆け的な存在です。すべての仮想通貨がそうであるようにイーサリアムネットワークでは第三者管理機関を経由することなくデジタル資産の取引を行うことができます。取引は効率化されたエコシステムによりわずか16秒ほどで実行されます。

ブロックチェーンの初期稼働期に登場したビットコインやライトコインとは異なり、イーサリアムはスマートコントラクトシステムを実行することができます。スマートコントラクトとは、管理者の承認が排除され当事者同士の合意があれば取引が速やかに実行される仕組みのことを言います。賃貸契約や保険証券の際にも登場する契約、取り決めに関してはスマートコントラクト内に設定された秘密コードにより実行され、一度締結した取引内容の修正や複製はできずブロックチェーン上に保存されます。

スマートコントラクトは取引が実行される際にのみ適応されます。イーサリアムが世界第2位の暗号資産市場となった背景にはこのスマートコントラクトの登場が大きく作用しています。さらにイーサリアムを中心に*プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のコンセンサスメカニズムからより大規模に対応が可能でより効率化された*プルーフ・オブ・ステイク(PoS)への移行が予想されます。

*プルーフ・オブ・ワーク(PoW):マイニング作業によって取引を承認する仕組み。

*プルーフ・オブ・ステイク(PoS):通貨の保有量や保有期間に応じて、取引を承認する権限が割り当てられる仕組み。

イーサリアムは有望な投資先?

イーサリアムは2015年に登場して以来ビットコインを除けば最も利益を産んできた非常に流動性の高い暗号資産です。

当然、長期的なイーサリアムへの投資で良い結果が得られるかどうかについては投資者本人が日頃から市場の動向を把握する必要があります。

そんな話題の絶えないイーサリアム、購入する前にその魅力に迫ってみましょう。

イーサリアム 登場からの軌跡

イーサリアムが2015年に公式に登場する以前からICO(新規仮想通貨公開)で販売自体は行われていました。これは従来より活用されていたIPO(新規株式公開)と似たアプローチで、この手法を採用することでイーサリアムは資本を蓄えプロジェクトを成功させる一因となりました。

  • イーサリアムICO投資総額:$1,700万(約23億円)
  • 2015年に公開された際の1トークンあたりの取引額は約$0.75(日本円で約100円)
  • 2022年には暗号資産最高価格を上回る$5,000(約70万円)を記録
  • イーサリアムは稼働してわずか7年足らずで650%もの成長率を記録

つまり、プレセール段階で1イーサリアムを$500で購入していた場合、ピーク時の$5,000を記録した時の報酬金額はなんと$320万(約4億円)に達します。まさにイーサリアムドリームですね。

スマートコントラクトのパイオニア

2015年、イーサリアムがいち早くスマートコントラクトを導入してまもなく競合となる複数のプラットフォームも市場に参入しました。そのシステム自体は競合相手に多少見劣りはするものの、その拡張性やコスト面でイーサリアムは以前としてスマートコントラクト型ブロックチェーンとしての地位に君臨しています。

そして2018年を迎えてまもなくイーサリアムは仮想通貨市場において2番目に資産価値のある仮想通貨となりました。さらにイーサリアムの生みの親である若き天才Vitalik Buterinが組織する民間のマネージメントチーム存在がさらにイーサリアムの信頼性を後押ししています。

新たなステージへ イーサリアム2.0

前述にてイーサリアムのスマートコントラクト型ブロックチェーンの機能性は他のそれより劣っていると言及しました。

  • イーサリアムでは1秒につき最大で15の取引までしか処理できす、グローバル金融市場におけるデータ処理能力としてはあまりにも低い数値である。
  • トークン送金の際にその金額に関わらずイーサリアムの送金手数料は一回の取引に対して$4が固定で発生するため最低額との釣り合いが取れていない。

しかし悪いニュースばかりではありません。今までのブロックチェーンをさらにアップグレードさせたイーサリアム2.0が2022年まもなくリリースされます。

今回のアップグレードでは1秒間につき処理が可能な取引数をなんと100,000まで拡大します。これはVisaやMasterカード、Paypalをもしのぐ脅威の処理能力です。

また欠点でもあった高額な手数料の面でもイーサリアム2.0では無料に近い価格までコストダウンすると予想されています。

イーサリアムはオワコン?

時折、イーサリアムはオワコンではないか?という意見を耳にしますがそれは違います。

開発は順調に進行しており、ほとんどの仮想通貨メディアや予想サイトがイーサリアムの将来性に期待しています。

仮想通貨ブームが到来していた2017年から、2018年にかけて多少価格が見られました。

しかし今後は前述したようなイーサリアム2.0のアップグレードなど今後の市場をより活発化させる動きを見せています。また同時に実行できる取引が多くなるほどガス代の価格も抑えることができます。

むしろ今が安く購入できるチャンスなのかもしれません。なのでオワコンということはないでしょう。

タイミングが重要

今回の紹介では何度かイーサリアムの資産価値について触れましたが、改めてイーサリアムは過去最高時総額となる1トークン$5,000を記録しました。

もちろん数多の仮想通貨が群雄割拠する暗号資産市場ですのでその価値は常に一緒ではありません。2022年に入ってからは1トークンあたり$3,700まで値下がっています。

現在の価値はピーク時から比べるとおおよそ25%ほどの減少が見られます。がしかし別の視点から捉えれば今すぐ参入すれば通常時より25%安くイーサリアムを購入できると考えることもできますね。

35%の値上がりが期待されている今、再び$5,000に到達する日もそう遠くはないかもしれません。

ステーキング利益と利息口座

イーサリアムを購入する利益の一つとして投資によって得られる報酬が挙げられます。またそこに至るまでには2つの重要な道筋が存在します。

まず初めに、暗号資産投資プラットフォームを通じて所有するイーサリアムトークンの投資先を選択します。つまり投資者に金利が支払われている間は資産が第三者のプラットフォームに留まっているということを意味しています。

次に、Crypto.comやBinanceといったオンライン取引所では隔週で得た金利分のイーサリアムトークンを仮想通貨口座へ預け入れすることができます。この方法を活用すれば1年で最大8.5%ほどの金利を得ることができます。

イーサリアム投資について投資家の中にはイーサリアムをマイニングして生み出した利益をビットコインなど他の人気トークンに交換している人もいます。そうすることでたとえ市場が潰れたとしても資産は守られることになります。

イーサリアムはビットコインを超える?

結論から言えば、イーサリアムはビットコインを超える可能性を大いに秘めています。

比較的にいえばビットコインとは異なりイーサリアムは発行上限を定めていない点で成長率を歪めることなく数値を伸ばしていくことができます。

また取引の処理能力に関係が深いブロック生成時間はイーサリアムのほうが短くビットコインが10分かかるところ、イーサリアムはわずか15秒で実行します。

ご存知の通り、イーサリアムは2022年、歴代最高額となる1トークン$5,000という脅威の値を記録しました。もちろんその成長は偶発的なものではありません。仮想通貨に限らず、世間が商品を受け入れるには共感値が必ず存在します。

いち早くスマートコントラクトを導入し、ユーザーが求めるサービスを見事に実現した洞察力と実行力はこれからのさらなる成長を予感させます。

またイーサリアム2.0のアップグレードでさらに取引の絶対数が拡大し、今後の需要を順調に伸ばしていけば近い将来ビットコインを超えるその瞬間は訪れることでしょう。

イーサリアムの価値は?

イーサリアムの資産価値は他の仮想通貨と同様に秒単位で上昇と下降を繰り返します。仮想通貨(この場合イーサリアム)を購入する投資者たちの共通目標はその資産価値が十分な値に達した時に売却しそこから利益を得ることに他なりません。

例として、$3,500で購入したイーサリアムが$7,000にまで値上がったとします。この場合売却によって得られる利益率は100%となります。

綿密に言えば、イーサリアムの価格については各取引所によって分単位で多少のずれが生じる時もあります。詰まるところイーサリアムの価格設定は市場原理に委ねられる部分が大半を占めています。

またブロックチェーンをはじめとする取引、運営を行う上で要求される共益費、いわゆるガス代に関しても現在のETHの需要を鑑みるにそのコストパフォーマンスは非常に良い状態です。しかし逆に言えば需要が少ない銘柄になってしまうとかえってユーザーの首を絞めてしまうことになるので日頃からETHの動向には目を配っておきましょう。

当然ですがイーサリアムの需要が増えれば増えるほどその価値は上がり、また逆に需要が減少すればたちまちその価値を失うのです。

イーサリアムの今後は?

現在、誰もが技術的分析を駆使してイーサリアムの価格予想が短期的に行えるような公有環境を多くのいわゆる取引の場に求めています。

株式や外国為替など我々に馴染み深い市場は未だに健在ですが、イーサリアムをはじめとする暗号資産がこれからの市場を切り開いていきます。

ここで重要な点として、仮想通貨へのアプローチとしては未だ推測の領域を超えておらず数値的なデータからイーサリアムがどう変動するか、その予想は困難を極めます。現状イーサリアム価格予想については発展途上といったところでしょうか。

そこでイーサリアムを長期的な投資対象たりえるかを判断するためのベストな方法をご紹介します。イーサリアムの資産価値だけを予想するのではなく、ブロックチェーンにおけるPoSへの移り変わりや新たに加わる提携先など目にみえる変化から観察してみるのも一つのアプローチです。

ここでETHとBTCに絞って比較してみましょう。ある予想では2023年までにETHとBTCの間で資産価値がフリッピング、いわゆる価値の逆転現象が起こると言われているのです。

イーサリアムの購入方法

イーサリアムを購入する前に今一度どんな買い方があるのか見ていきましょう

クレジットカード、デビットで購入する

クレジットやデビットカードを利用したイーサリアムの購入は市場では非常にポピュラーです。

また以下の方法を使えばたったの5分で、それも入金手数料なしで手続きを行うことができます。

  • OKXでアカウントを開設する
  • 対応している入金方法からdebit/creditを選択する
  • $10以上から入金手数料が免除される

OKXのプラットフォームではクレジット、またはデビットカードからの入金でも手数料はかかりません。参考までにCoinbaseは3.99%、Binanceは4.5%が手数料としてそれぞれ発生します。

Paypalでイーサリアムを購入する

Paypalでイーサリアムを購入する場合は人気の取引所Coinbaseで入金を行うことができますがご紹介したように3.99%が手数料として発生します。また取引額が$200に満たない場合、さらに料金が上乗せされますのでくれぐれもご注意ください。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

イーサリアムウォレットを手に入れよう

イーサリアムの購入方法を理解したあとはそれを保管するための仮想通貨ウォレットについて学びましょう。

一口にウォレットと言ってもその種類はモバイルアプリ型、デスクトップ型、ソフトウェア型、もしくはハードウェア型など様々で、ユーザーはその中から最適なイーサリアムウォレットを選択します。それぞれに長所、短所がありますので使用目的に沿って慎重に選びましょう。

イーサリアムの売り方

イーサリアムトークンを売却したい、そんな時はOKXアカウントから手続きを行うことができます。

まずはあなたのポートフォリオへ向かい売却申請を行いましょう。OKXがわずか数秒のうちにあなたのトークンを最適な市場レートで売却を実行します。無事に取引が完了したら現金化するもよし、また別の仮想通貨を購入することも可能になります。

イーサリアム まとめ

2015年に登場して以来、イーサリアムはかつてないほどの利益を生み出してきました。ところがある期間において仮想通貨は資産価値を大幅に減少させました。巷ではビットコインに次いで第二の仮想通貨の種類と言われています。

  • 2021年半ば、イーサリアムはわずか数週間の間に$4,100から$2,800まで約30%ほど落ち込みを観測。
  • その後見事な復活を果たし、イーサリアムはそのわずか2ヶ月後に歴代最高額となる$5,000という数字を記録。
  • イーサリアムの扱いには注意が必要。

市場の動向が予想しづらいため集中的な投資は不利益を招く恐れがあります。ドルコスト平均法のように週末だけ$50分イーサリアムを購入するなど、定期的に時間を分散して買い続ける手法がむしろ効果的なのかもしれません。

とはいえ、イーサリアムのプラットフォームを用いたスマートコントラクトは仮想通貨の将来性を司る重要な要素ですので、イーサリアムの価値も将来は安定すると考えられます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

イーサリアムは買うべき?

イーサリアムの買い方は?

1ETHにつきいくらで買えるの?

イーサリアムの今は?

イーサリアムの創始者は?

イーサリアムコイン現在の総量は?

イーサリアムはCoinbaseからも購入できる?

イーサリアムに株ってあるの?