2022年ベスト仮想通貨ステーキングプラットフォーム-仮想通貨のステーキング方法

ステーキングとは、簡単に表現すると銀行預金の利息のような位置づけにあり、仮想通貨を取引所に預けておくことで一定の報酬が生まれる方法です。ステーキ ング 意味には仮想通貨を保有するだけではなく、ネットワーク上に預け入れ(ロック)する必要があります。

ロックすることで資産は安全に守られ、利息も同時に得ることができます。仮想通貨 ステーキングの魅力でもありますね。

ここでは、2022年に向けて、おすすめの仮想通貨ステーキングプラットフォームを紹介する他、ブロックチェーン業界でどのような役目をするのかなど、初心者の方にもわかり易いように仮想通貨 ステーキング やり方についてもご案内していきます。

仮想通貨 ステーキング用おすすめプラットフォーム

現在、市場で最も人気の高いおすすめのステーキング 仮想通貨プラットフォームを紹介します。実践する前に参考にしましょう。

  1. Crypto.com – 迅速な出金で人気の仮想通貨 ステーキングプラットフォーム
  2. DeFi Swap – 高金利が特徴の仮想通貨 ステーキングプラットフォーム
  3. Prime XBT – スマートな取引が可能な仮想通貨 ステーキングプラットフォーム
  4. Binance – 最大の取引所でありステーキ ング 報酬としても名高いプラットフォーム
  5. FTX – 仮想 通貨 ステーキ ングのステップを優しく教えてくれる
  6. OKX – アジア圏の取引所で仮想 通貨 ステーキ ングに定評がある

ステーキング 仮想通貨プラットフォームのレビュー

2022年に最もオススメしたいステーキング 仮想通貨プラットフォームを紹介するにあたって以下のような条件で選出していきます。

  • 投資面:オファーの利回り、ロックアップ条件、取扱いトークン数など
  • 安全面:各プラットフォームがライセンスを保持しているか、ステーキングサービスが安全な環境下で行われているか、それをするのにどのようなシステムを導入しているのか

早速、仮想通貨 ステーキングにおける、各プラットフォームの特徴を見ていきましょう!

1.Crypto.com – 迅速な出金機能付きステーキングプラットフォーム

Crypto.comは2016年から開始されて以降、ユーザー数も数百万に昇り、世界最大の仮想通貨取引所として成功を収めています。Crypto.comは主に、250以上のトークンの取扱いとシンプルで低コストの取引サービスを提供し続けています。仮想通貨 ステーキングで最もおすすめの取引所です。

他にも多くのサービスがあり、デジタル資産ローン、Cryptoクレジットカード及びデビットカード、NFT市場に加え、Crypto.comはCrypto Earn機能を通してステーキングサービスの提供も行っています。端的に言うと、仮想通貨を預けると、Crypto.comは資金を割り当て、資本を借りたいアカウント所有者にローンを提供します。その後、最終借入人は、追加利息をしながら資金返済をしていきます。これは毎日受け取ることになります。

クリプト・アーン

支払い金額に関しては3つの内容で異なります。1つ目に、APYレートは各トークンによって異なります。例えばUSDCやTrueGBPのような安定コインは12%APYを集めますが、ビットコインとイーサリアムの場合、6.5%になります。2つ目に、特定レートは、トークンを1か月又は3か月間ロックできる、もしくは償還条項が全くないかによって異なります。 詳細については、Crypto.comクレジットカードレビューをご覧ください。

そして最後に、Crypto.comのネイティブデジタル資産であるCROトークンをステークすることができれば、より高いAPYを受けられます。 どのトークンをどの条件でステークするかに関わらず、Crypto.comが資金を貸し出すため、トークンが利息を生み出していきます。 とはいえ、Crypto.comでは、わずか2.99%でデビットカードで購入できるデジタルトークンもあるので精力的な投資家におすすめです。

ステーキ ング 報酬 – ステーブルコイン(USDT、USDC、DAIなど) – 最大14%まで

– ステーブルコイン以外(BTC、ETH、CRO、LTCなど)-最大14.5%。

最小/最大ステーキング – 最低額 – コインにより異なる(例:0.005BTC、0.15ETH)

– 最大 – 500,000ドル(米ドル相当額)

ロックイン期間 13か月、3か月、カスタマイズ可能
安全面・規制 – Tier4評価NISTサイバーセキュリティによる

– クーデルスキー・セキュリティによるストレステスト済み

追加報酬の提供 APRは、CROのステークが増えるほど高くなる
支払い頻度 毎週

暗号資産クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です

2.DeFi Swap – 高金利で大注目!ステーキングプラットフォーム

DeFi Swap

DeFi Swap LogoDeFi Swapは、中央管理者不在の新しい分散型暗号通貨取引所であり、イールドファーミングのプラットフォームでもあります。特にDeFiコイン(DEFC)をメインにステーキングができるシステム構築がなされています。ステーキング期間も30日、90日、180日、365日の 4つに分類され、コインロックする期間に応じて30〜75%のAPYの金利を得ることができます。言うまでもなく、仮想通貨 ステーキングにおすすめの取引所です。

DeFiコインを扱うならDeFi Swapを利用しましょう。ビットコイン、イーサリアム、BNBなどのほとんどの主要な仮想通貨スワップが可能です。もちろん、DeFi Swapは安定したDeFiコインの購入ができ、USDCやUSDTなどのトークンで高利息を得ることもできます。

DeFiスワップレート

DeFi Swapは、誕生したばかりでビットコインなどと比較すると認知度は低いですが、仮想通貨業界では大注目を浴びています。従って、このプラットフォームが拡大するにつれ、より多くのステーキングオプションと、更なる高レートを提供する可能性を秘めています。

ステーキ ング 報酬 DeFi コイン-30-75%APY
最小/最大ステーキング 最小上限なし/最大上限なし
ロックイン期間 30日、90日、180日、365日
安全面・規制 分散型取引所
追加報酬の提供 DEFC購入時の手数料はトークン所有者に還元
支払い頻度 月毎

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です

3.Prime XBT– スマートに取引できるおすすめのステーキングプラットフォーム

Prime XBT

Prime XBT(プライム・エックス・ビー・ティ)ではイーサリアム、USDテザー、USDコインなどの人気のステーキングコイン3種に受動的な報酬を提供しています。Prime XBTでのステーキングは非常にシンプル。まず、Prime XBTで無料アカウントを開設します。このプロセスにかかる時間もほんの40秒程度と非常にスピーディ。次に資金を入金し、希望の賭け金を選んで「今すぐ賭ける」を押します。あとは、何もすることはありません。自動的に収入が入ってきますので、ある程度貯まったら引き出すことも可能です。ステーキング報酬を簡単に得ることができるわけですね。ステーキングファンにはもってこいの取引所です。

Prime XBTアカウントを通して、多数のDeFiイールド生成アプリケーションにつなげて、投資に参加することができますが、特にステーキングアイテムは、アイドル状態の通貨に対して高い変動利回り(APY)が期待できます。これがボラティリティが高い通貨の魅力でもあります。暗号資産が多いほど、またステーキングしている期間が長期であるほど、受動的な収入は増えてきます。

増えてきます。

さっそく、暗号ウォレットにトークンを保有して報酬を受け取りましょう。仮想通貨を購入したい場合はデビットカードやクレジットカードで購入できます。Prime XBTは大人気の仮想 通貨 ステーキ ングプロバイダーとして日本でも信頼度が高く、初心者から上級投資者まで、あらゆる層から選ばれている人気のブローカーです。

また、Prime XBTは数々の受賞歴を誇り、幅広いマーケットを提供しています。低料金、高度機能の採用、スピーディな注文執行を実施しています。その他、コピートレーディングにおいては、そのパフォーマンスや質の高さにおいて受賞歴があり、ビギナー投資家は成功しているトレーダーの動きをそっくりまねることができます。Prime XBTではCovestingと呼んでいますが、コピートレードは無料となり、利益を得た場合はその一部を手数料として提供するシステムとなっています。お互いに利益をもたらす画期的な試みです。

ステーキ ング 報酬 ETH、USDT、USDCは毎日異なる。
最小/最大ステーキング APY ETH=0.21%、USDT=0%、USDC=0.009%
ロックイン期間 なし
安全面・規制 CloudFare、SSL、DDoS、AWS、2段階認証など
追加報酬の提供 上級会員になると達成したステーク報酬の割合がより高くなる
支払い頻度 フレキシブル

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です

4.Binance – 世界最大取引所&高ステーキング報酬プラットフォーム

Binanceロゴ

Binanceは、高い報酬を狙うのに、とても適しているプラットフォームの一つです。100以上の異なるステーキングコインの取扱いがあり、APYを広くカバーしています。また、Binanceでは、トークンのロック期間を設定できるオプション機能があります。設定期間は10、30、60、90日間から選べます。

例えば、Moonbeam (GLMR) はBinanceのウェブサイトで10日間のロックアップ期間中に239%という超高利回りでステークすることができます。また、柴犬コインやSolanaは、8.78%(30日)、10.12%(10日)のAPYで提供されています。Binanceの特徴は、ロックアップ期間が短いと最高利回りが得られます。

バイナンス - 世界最大の取引所

この理由は、レートが日々変化するため、プロモーションのAPYを1ヶ月以上固定できることはほとんどないからです。更に、各ステーキングプールには最大割り当てがあるため、好条件の取引はすぐに売り切れてしまう可能性があるので注意が必要です。 ステーク条件に達したらBinanceを使ってデジタル通貨を取引しましょう。Binanceは1,000以上の市場(米国では60)を業界屈指の手数料で提供しています。

実際、Binanceで取引するための支払い額は、1スライドあたり0.10%です。これは、1,000ドルの取引に対して、たったの1ドルの手数料しかかかりません。Binanceが提供するもう一つのトップクラスである理由は、暗号普通預金口座です。資金を預金する際に、アイドル暗号資産に金利が支払われます。繰り返しになりますが、アクセス可能な特定のAPYレートは、暗号通貨とロックアップ条件に依存します。通常、柔軟性のある預金口座は最低金利を提供します。

ステーキ ング 報酬 安定したコイン-最大3.78%

特定の非安定コイン-最大150%

最小/最大ステーキング コインにより異なる
ロックイン期間 フレキシブル。10日間、30日間、60日間、90日間から選択可能
安全面・規制 – 英国トレーディングライセンスの申請

– 米国各州のマネートランスミッターライセンス

追加報酬の提供 なし
支払い頻度 毎日

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です

5.FTX – 仮想 通貨 ステーキ ングのステップを優しく教えてくれる

FTX

FTX(エフ・ティー・エックス)は2021年に入ってからオリジナルコイン「FTT」の高値が続いている注目の取引所です。そもそもFTXはデリバティブ取引所として世界的に有名ですが、取引高で最高位を占めているバイナンスを追い越す勢いで成長を続けています。FTXは初心者を含む個人投資家から機関投資家まで、あらゆる層で支持されている一流取引所です。ライセンス機関で規制はされていませんが、一日の取引量はおよそ3,000億円となっており、暗号資産市場では上位3位にランキングされています。

FTXのCEOサム・バンクマンは2021年のアメリカフォーブスの長者番付でもランクインを果たした成功者でもあります。もともと、FTXは2019年に創立され、香港を拠点に運営を続けていました。その後、暗号資産を広く受け入れる環境があるバハマに移転させ、急成長を遂げています。

仮想通貨FTX

ステーキングには紹介制の報酬があり、審判料として高い割引が支払われます。ステーキングを行う方はメーカー手数料リベートを受け取ることもでき、いつでもステーキングをストックすることもできます。(14日間前に要申請)

ステーキ ング 報酬 サービスによって異なる
最小/最大ステーキング コインにより異なる
ロックイン期間 フレキシブル
安全面・規制 なし
追加報酬の提供 紹介制によるに報酬あり
支払い頻度 毎日

暗号資産クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です

6.OKX- アジア圏の取引所で仮想 通貨 ステーキ ングに定評がある

OKX

OKX(オー・ケー・エックス)はアジア圏で最も認知される、中国3大取引所(BinanceとHuobi、そしてOKX)の一つです。企業名称もOKExからOKXへと変わり、ますます取引規模を拡大しています。OKXの最大の特徴は何といっても取引量が他取引所より多く、流動性が高いということでしょう。最先端の技術を駆使したアプリは使い勝手も良く、ビギナー投資家でも難なく使いこなせます。アプリは2段階認証と安心のFund passwordの設定付きです。追証もなく、入出金の手数料も設定されていません。

2017年に創立以後、ステーキングの人気も非常に高いです。OKXに’は4種類(定期、DeFi、フレキシブル、ETH2.0)のステーキングサービスがあり、運用利率が高いことも定評があります。他社に比べてローリスクで始められるのも魅力でしょう。

ステーキ ング 報酬 25%から40%
最小/最大ステーキング コインにより異なる
ロックイン期間 フレキシブルのみ可能
安全面・規制 なし
追加報酬の提供 紹介制によるに報酬あり
支払い頻度 毎日

OKXはステーキングの他、現物取引やレバレッジ取引、先物と取引やパーペチュアルスワップ、そして上級者向けのオプション取引をおこなっています。

OKXにはオリジナル通貨「OKB」があり、この通貨を保有している顧客はその保有量によって取引時の手数料が割引きされます。現在はマルタに拠点がありますが、中国政府の規制を受けているため非常に厳しい項目をクリアしなければなりません。取引通貨は165以上でレバレッジは最大125倍と業界屈指の倍率を誇ります。

暗号資産クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です

仮想通貨 ステーキングとは何か?

実際にステーキングを始める前に、ステーキング とは何かを知り、ステーキングそのものの仕組みを知る必要があります。トークンを投資する前にステーキ ング やり方を含めながら基本情報を紹介します。

仮想通貨 ステーキングの仕組み

ステーキングの仕組みを理解するには、仮想通貨のコンセンサス・アルゴリズムの知識が必要になります。そもそも仮想通貨は、銀行などの中央集権機関の管理下になく、参加者同士が協力して管理するスタイルです。そのため、ネットワーク運営をするにあたって「ブロックは誰が作成するのかステーキング、取引はどう承認するのか」などのルールが必要になりますよね。このルールをプログラム上で決めたものをコンセンサス・アルゴリズムと言います。代表的なものは<PoW、Pos、Poc、Pol>などがあり、ブロックチェーンごとに採用されています。その中で、PoS(Proof of Stake)を行うことを「ステーキング」と言います。

PoS上で安全かつ効率的な取引を行うために、ユーザーのデジタルトークンの一部をロックします。そうすることでステークしたトークンから利息が生まれる仕組みです。つまり、アイドル状態の仮想通貨投資を往来のウォレットにする代わりに、トークンの定期的な収入を得ることで仮想通貨でお金を稼ぐことができます

以下の例題を見てみましょう。

  • Cardanoネットワークで ADA をステークしたとします。
  • この場合のAPYは10%とします。
  • 5,000ドル相当のADAトークンを3ヶ月間ステークすることにします。
  • 1年間で、5,000ドルのステーキングで500ドルの報酬が得られるので、3ヶ月で125ドルの収入が入ります。

ここでの重要ポイントは、ステーキング金額の報酬は各トークンで支払われることです。つまり、上記の例では、125ドルのステーキング報酬はADAで支払われることになります。

最大の注目点は、通貨のロック時に通貨価格が上昇した場合、利益獲得のチャンスが巡ってきます。例えば、ADAの価値がステーキング開始時点で1ドル、ロックアップ期間が終了した時点で1.50ドルだった場合、そのトークンの価値は50%上昇することになります。このように、2つの側面から報酬を得ることができるのが、仮想通貨 ステーキングの魅力です。

ステーキングの仕組み

とはいえ、もともとステーキングは、各ブロックチェーンネットワークの台帳端末をデスクトップにダウンロードすることによって可能でした。つまり、サポートされているウォレットを介してブロックチェーンの端末に直接トークンをステーキングすることになります。

しかし、ステーキングはその後進化を続け、初心者から経験豊富な投資家まで、誰もが報酬を得ることができるようになりました。

今では、最高の仮想通貨 ステーキングプラットフォームはサードパーティプロバイダーにトークンを預けるだけで利息を得られるようになっています。また、主要なプラットフォームは預金口座を通じて利子を得られるので、ステーク報酬は非プルーフオブステークコインでも可能です。イールドファーミングとステーキングには、いくつかの相違点がありますがご存知ですか?

ロックアップ期間

ブロックチェーン端末を通じて直接暗号をステークする場合は、ロックアップ期間が必要です。これは、ロックアップ期間が終了するまで、暗号資産を引き出せないことを意味します。

トークンがロックアップされている間もステーク報酬を受け取ることができるため、従来の債券の仕組みに少々似た部分がありますが、契約終了まで元本投資が不要であるという違いがあります。

更に、最高の仮想通貨 ステーキング・プラットフォームの中には、低金利である代わりに、いつでもステーキングコインを引き出すことができるなどの柔軟なプログラムも提供しています。

マイニングとステーキング

マイニングとステーキングは同じだと誤解されていることがありますが、完全に異なるプロセスです。

  • マイニングとは、特定のブロックチェーンネットワークの新しいトランザクションを検証し確認するために使用されるプロセスです。
  • 多くの場合、採掘者は高価なハードウェアを専用のデバイスに繋ぐ必要があり、大量の電力を消費します。
  • しかし、採掘者はその見返りとして、新しいトークンが作られる時に報酬を得るチャンスがあります。例えば、ビットコインは10分ごとに6.25BTCの報酬が支払われます。

重要なのは、特にビットコインのような人気のあるネットワークでは、マイニングは非常に費用対効果が高いということです。そのため、ステークがより有利になります。仮に、仮想通貨をオンラインでステークする場合、外付け端末を購入する必要はありませんし、膨大な電力を消費する必要もありません。

条件に沿った仮想通貨 ステーキング・プラットフォームを使い、各トークンを入金さえしていれば、あとは座って待つのみ。自動的に収入が得られます。

オン・チェーンステーキングとオフ・チェーンステーキング

オンチェーンステーキングとオフチェーンステーキング

仮想通貨 ステーキング やり方のもう一つの重要点は、プロセスをオン・チェーンまたはオフ・チェーンのどちらで開始するか、です。基本的には、その名が示すように、オン・チェーンステーキングはトークンをそれぞれのブロックチェーンネットワークに直接ステークします。

先述したように、通常はブロックチェーン全体をデスクトップにダウンロードし、ウォレットを通じて端末に接続する必要があります。これによりブロックチェーンと直接関わることができますが、オン・チェーンステーキングはハイレベルな技術が必要なため、仮想通貨ステーキ ング やり方を知り尽くした投資家が多く利用しています。

もしあなたが初心者で、基本に準じた投資をしたいのであれば、オフ・チェーンステーキングプロバイダーを利用する方がよいでしょう。本記事のステーキング・プラットフォームレビューは、全てオフ・チェーンサービスについて記載しているので、特別な経験値は必要ありません。

ステーキング・プラットフォームや仮想通貨の種類、ロックアップ期間を決めたら、すぐに誰でも始めることができます。

仮想通貨ステーキングの利点

仮想通貨のステーキングは決して万人向けではなく、特にデジタル通貨トレーディングを頻繁にしたい場合は再検討をおすすめします。本当に、ステーキングがあなたの仮想通貨投資目標に適しているかどうかを以下の内容から判断しましょう。

アイドル暗号投資で利益を得る

ポートフォリオに従来の株式を保有している場合、毎月配当金を受け取ることができます。

しかし、そのポートフォリオに暗号通貨を保有することで、仮想通貨の価値が上昇し、出金する際に利益を得られます。 ただし、一流のステーキング・プラットフォームで長期的な暗号投資を保管する場合は別です。

これは、トークンをステークしている限り、金利が支払われるためです。 各デジタル資産の価値が上昇した場合でも報酬を得られるので、両方同時に暗号資産を増やすことができます。

複利戦略

以前からある株式投資を比較対象とした場合、配当株は複利の恩恵を受けるチャンスがあります。

四半期ごとに受け取る配当金は、即座に同じ銘柄に再投資することができるのです。

  • 例えば、Johnson & Johnsonから150ドルの配当金を受け取った場合、現時点の価格から計算すると、2株を追加で購入することができます。
  • この作業を繰り返すと、より多くの銘柄に配当が支払われていき、利殖能力が向上します。

この分野におけるステーキングの場合、仮想通貨プラットフォームは、日単位で報酬を配布しています。そのため、新しいトークンでステーキング報酬を受け取るたびに、全体的な保有量が増加します。さらに、トークンをステーキング・プラットフォームに再投資することで、毎日の支払額を飛躍的に増加させることができます。

仮想通貨価格下落に対するヘッジ

仮想通貨 ステーキングのもう一つの大きなメリットは、仮想通貨価格下落のリスクヘッジができることです。例えば、長期投資家が、現在ポートフォリオに5,000ドル相当のデジタル通貨を保有しているとします。

多くの市場が長期にわたって下落スパイラルに陥った場合、ポートフォリオの価値が下がっていく様は気が気ではありません。

しかし、暗号通貨トークンをステーキングすることで、それぞれのデジタル資産パフォーマンスに関係なく、報酬を得ることができます。

保管機能としての役割を持つステーキング

仮想通貨 ステーキングプラットフォームを使用してアイドル通貨の利息を得る場合、プロバイダー管理のウォレットに資金を預けます。

一見すると、多少リスクがあるように感じますが、ちゃんとした規制のあるプロバイダーは安全なので問題ありません。

  • SECを含む多くの信頼性の高い金融機関によって認可・規制されているので安心して資産保管ができます。
  • そのため、あなたのステークトークンが十分に守られていることを確認できます。
  • 信頼性の高いステーキングプラットフォームを選択すれば、秘密鍵の管理の心配もありません。
  • その代わり、ウォレットのセキュリティは、選んだステーキングサイトの責任となります。

とはいえ、全ての仮想通貨 ステーキングプラットフォームが安全であるとは言い切れないのも現実です。誰でもステーキングサービスのウェブサイトを利用できるので、事前に選択したプロバイダーを徹底的に調べましょう。

ベスト5・仮想通貨ステーキングコイン

どの仮想通貨 ステーキングするか、数え切れないほどの選択肢があるのが悩みどころです。この業界で最高のステーキングプラットフォームは、PoSプロジェクトでなくとも、アイドル通貨で報酬を得ることができます。

以下では5つのおすすめ仮想通貨 ステーキングコインを紹介します。

1. DeFi Coin (DEFC) – 総合満点!ステーキングコイン

一押しのステーキングコインはDeFi Coin (DEFC)です。先述した通り、DeFiコインは、膨大な数の取引サービスを可能にした、全く新しいDeFi Swapプラットフォームのネイティブトークンです。今年初めにDeFi Swapが待望のデビューを果たした時、DEFCの価格はわずか数時間で300%も急上昇しました。

DEFCは、ステーキングで収入を稼ぐのに最適です。DeFi Swapプラットフォームは、4つのステーキング「ティア」があり、独自のロックアップ期間とAPYが設定されています。DEFCの保有株から最高のリターンが’欲しい投資家のために、「プラチナ」層は年間75%の利回りとロックアップ期間は365日を提供しています。

DeFi ステーキングコイン

DeFiコインは、DeFi Swap取引所を通じて他のBEP-20トークンにスワップするためにも使える最高のDEXコインの1つです。これにより、取引所の流動性プール内でステークしたり、潜在的に使えるトークンの扉が開かれます。最後に、DEFCには「静的報酬」システムが組み込まれているため、投資家は仮想通貨ウォレットにトークンを保管するだけで、定期的な収入を得ることもできます。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です

2. USDC – ステークするのに最適なステーブルコイン

仮想通貨 ステーキングする時の主な点として、より大きな市場でボラティリティもなく、受動的な収入を得る場合、USDCのような安定コインがおすすめです。

他にも安定コインはありますが、USDCはCoinbaseによってバックアップされているため、信頼できるデジタル資産に投資ができます。更に、同じステーブルコインのTetherとは異なり、USDCはその準備金の監査を受けています。これは、流通している各USDCトークンが、1米ドルで1:1に裏付けられていることを意味します。

安定した硬貨

USDCはボラティリティを気にせずに利息を得られる他、このデジタルトークンは市場で最高のステーキング 報酬を提供しているのが最大の特徴です。

3. Crypto.com – 将来性のあるベスト仮想通貨ステーキング

価格上昇の見込みのある仮想通貨への投資を考えているのであれば、Crypto.comことができます。

これは、ブロックチェーンが不要なデータを自動的にオフ・チェーンに移動することを意味し、その後、ネットワークを適切な効率レベルで稼働させるためのスペースを確保することができます。そして、Crypto.comは多くの主要なプラットフォームで簡単にステークができ、数あるプロバイダーの一部では2桁のAPYを提供しています。

ベスト仮想通貨ステーキング

この暗号をステークしたい場合は、The Crypto.comを購入する方法をチェックしてください。

4. イーサリアム — オン・チェーンステークに最適な仮想通貨

イーサリアムはまだPoWからPoSに移行している最中ですが、オン・チェーンステークで直接報酬を得ることができます。一方、登録されたバリデータになるには、イーサリアムは最低32ETHのステークが必要です。現時点の価格では、85,000ドル以上(10,800,707.81円)の資本支出に相当します。

イーサリアム - 最高の仮想通貨

長所として、イーサリアムのブロックチェーンは、ステーキングプールに参加できることです。これは、他のトークン保有者と協力することで、少額からイーサリアムのステーキングができるようになります。報酬は、最終的にネットワークの混み具合や取引手数料の徴収状況によって変動します。

5. BNB – 手数料ゼロでステーキングできる最高の仮想通貨

仮想通貨 ステーキングプラットフォーム上で低価格の手数料を重要視しているなら、BNBを購入し、その上でステーキング 報酬を得ることをおすすめします。Trust Wallet仮想通貨アプリでBNBをステーキングする場合、一切の手数料が不要です。また、発生したステーキング 報酬は100%全てが得られます。

手数料ゼロのステーキング

更に、Trust WalletアプリでBNBトークンをステーキングすることで、11%のAPYを得ることができます。報酬は日割りで支払われるので、複利を稼ぐのに適しています。また、Trust Walletはロックアップ期間を必要としないので、いつでもBNBトークンを引き出すことができます。

暗号通貨のステーキングは課税されますか?

仮想通貨業界の課税はとても複雑です。住んでいる場所だけではなく、個人的情報や個人的環境なども関係してくるので、一概に課税対象云々と言い切れない部分があります。資格を持つ専門家に税金のアドバイスを求める方が賢明でしょう。

一部の国では、ステーキングによる収益に課税することを思案しています。

しかしながら、Coinbaseは次のように述べています。

「ステーク報酬はマイニング収益と同様に扱われ、税金は個人が報酬を受け取った日の報酬の公正な市場価値に基づいています。」

暗号通貨のステーキングの潜在的なリスク

一定の報酬が得られる反面、リスクも存在します。ステーキングもその例外ではありませんので、以下のようなリスクを考慮した上で進めましょう。

プラットフォームリスク

仮想通貨 テーキングの主なリスクは、サードパーティプラットフォーム自体に関するものです。

  • 例えば、選択したプロバイダーは、最初にトークンを独自のウォレットに入金し、ステーキングを開始するよう求めます。
  • お使いのプラットフォームはユーザーの利益を最優先した、信頼できるプロバイダーです。しかし、ステーキングプラットフォームがハッキングされ、資金が盗まれた場合、あなたは被害者になる場合もあります。
  • また、その契約は、ステーキングプラットフォームとの契約であり、各ブロックチェーンネットワークとの契約ではありません。
  • 従って、報酬の受け取りや出金の際には、プラットフォームがその義務を果たすことになります。

Crypto.comは、この面に関してとても厳しく規制されているので2022年で一番推奨できるプロバイダーです。

市場価値リスク

ステーキングで、収入を確実に確保できる、という勘違いをしている方もたまにいます。たとえ、お使いのステーキングプラットフォームがAPYを確保し、その後の各支払いを予定通りに行ったとしても、各仮想通貨の市場価値を考慮するべきです。

次のような例題があります:

  • 選んだ仮想資産に対して、年間50%の利回りを提供するステーキング・プラットフォームに登録すると仮定します。
  • あなたは$1,000のトークンを預けることにしました。
  • 1年間のステーキング後、50%に相当する暗号資産、つまり500ドルを獲得しました。
  • しかし、ステーキングから1年後、仮想通貨は80%価値が下がりました。
  • そのため、50%のトークンを追加で獲得したにもかかわらず、当初の投資額はわずか200ドルの市場価値しかありません。

上記の例を見ると、仮想通貨 ステーキングを実践する際には、できるだけ分散した方がよいでしょう。そうすることで大きなリスクを減らすことができます。

仮想通貨ステーキングプラットフォーム最新ニュース

仮想通貨市場は「伝統的な」金融市場と比べると新参者なので、仮想通貨 ステーキングプラットフォームの更新やニュースが頻繁に飛び交います。2022年5月23日から始まる注目トップニュースを紹介します。

  • Binanceは、Terraのエコシステムでホストのプロジェクト支援を約束し、BNBチェーンへの移行を可能にしました。この仮想通貨の巨人は、ここ数週間でTerraの劇的な崩壊に伴い、このプロジェクトに投資提供するファンドを展開しました。
  • FTXは先週、投資家が米国ベースの株式を購入できるように、その取引エコシステムを拡大すると発表しました。これは、投資家が暗号と株式をシームレスに取引できる一方で、USDコイン(USDC)で株式口座に資金を供給できることを意味します。
  • 仮想通貨取引プラットフォームの1つであるCrypto.comはスポット取引サービスを開始しました。このプラットフォームは当初、暗号デリバティブのみに焦点を当てていたものの、現在では投資家がBTC、ETHなど人気通貨へのエクスポージャーを得ることに成功しました。

まとめ

本記事は、仮想通貨 ステーキングの内側と外側の観点から紹介しました。2022年おすすめの仮想通貨プラットフォームの概要だけでなく、どのコインを検討すべきかも解説しています。

また、仮想通貨 ステーキングの利点とリスク、そしてオン・チェーンまたはオフ・チェーン契約のどちらを選ぶべきか、などの内容も含めました。

今すぐにでも報酬を得たいなら、初心者にも簡単に使えるCrypto,comが最高の仮想通貨 ステーキングプラットフォームであり、日本ユーザーにとってもCrypto,comがナンバーワンです。 以下のリンクをクリックして、今すぐ投資を始めてみましょう!

仮想通貨 ステーキングに関するよくある質問

仮想通貨 ステーキングとは何ですか?

仮想通貨 ステーキングはどのように機能しますか?

仮想通貨はどのようにステークするのですか?

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは?

仮想通貨 ステーキングに価値はありますか?

仮想通貨 ステーキングは安全ですか?

ステーキングされた暗号に税金は課せられますか?

おすすめステーキングコインは何ですか?

接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます