未来の仮想通貨銘柄としておすすめは、大抵信頼できるチームとプロジェクトが背後でサポートしているものです。しかし、何千もの膨大な量の仮想通貨ブランドがある中で、どのように投資するのにおすすめの仮想通貨を選べばいいのでしょうか?

Business 2 Communityでは、中立的な立場でブロックチェーン関連の技術力、進捗率、実行力、そしてマーケティング力を評価し、最新の仮想通貨おすすめリストを作成しました。

また、今後のおすすめ仮想通貨の選び方や、仮想通貨取引所もおすすめ3選も紹介しています。

仮想通貨2022 おすすめランキング

より詳細に見ていく前に、今年のおすすめ仮想通貨ランキングを簡単にご紹介します。

  1. Tamadogeおすすめの仮想通貨プレセール
  2. Battle Infinity – 仮想通貨積立におすすめ
  3. Lucky Block – 仮想通貨初心者におすすめ
  4. Defi Coin – おすすめの未来志向の仮想通貨
  5. Avalanche – 仮想通貨投資としておすすめ
  6. Ethereum – 仮想通貨ステーキングにおすすめ
  7. Everdome – メタバース関連のおすすめ仮想通貨
  8. Monacoin – 日本発のおすすめ仮想通貨
  9. JasmyCoin – おすすめのERC20仮想通貨
  10. Solana – 仮想通貨で長期保有におすすめ

クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

投資すべきおすすめの仮想通貨レビュー

おすすめの仮想通貨を選定するためには膨大な情報を選別する必要があります。そこで、正確なリストを提供するために、未来に焦点を当てたプロジェクトかつ、新しいIEOと IDO仮想通貨プロジェクトに焦点を当てご紹介します。今回取り上げたプロジェクトは、いずれも将来的に大きな可能性を秘めており、優秀なチーム、優れた実用性を持っています。

1. Tamadoge – おすすめの仮想通貨プレセール

Tamadogeは現在、そして未来の視点をもっても非常におすすめの仮想通貨といえます。現在プレセール中なので、大きなリターンが期待できる今が購入のチャンスです。今後、このプロジェクトを爆発的に発展させるいくつかの開発要素もあるため、未来志向の通貨としてもおすすめです。

その開発の1つは、メタバースへの統合です。プレイヤーはARヘッドセットを使って、犬の散歩や餌やり、さらには繁殖を行うことができます。そうすることで、プレイヤーはポイントを獲得し、リーダーボードにランク付けされます。上位にランクインしたプレイヤーは、Tamadogeコインの65%が保管されている賞金プールから最大の報酬を受け取ることができます。このように、このゲームはエンターテインメントであると同時に、プレイヤーが稼ぐことができるゲームでもあるのです。

ユーザーは、TamaストアからTamadogeペットを購入することができます。各アイテムやペットはNFTとして鋳造され、固有のステータス、強さと弱さが表示されます。また、Tamaストアでは、ペットの餌や世話に必要なアイテムも販売されており、これらはTAMAトークンで購入することができます。

Tamadoge

もう一つの大きな進展は、TamadogeアプリとP2Eアーケードゲームの導入です。さらには、主要な取引所への上場も予定しており、投資家へのコインの露出を増やすことになります。しかし、Tamadoge(TAMA)が取引所に上場する頃には、限られた量のトークンしか入手できません。これは、クリエイターがプレセール中に総供給量の50%を販売したいためです。

さらに、プラットフォームで使用されたTAMAコインの5%がバーンされるため、供給量を増やしたDogecoinとは異なり、デフレ型のコインとなっています。

タマバース(Tamaverse)では多くのサービスが開発されており、プレセールの割引価格で購入できるのは今だけです。そのため、投資家はクレジットカードやUSDTを使ってTAMAを購入してみるのも良いでしょう。また、イーサリアムとMetaMaskウォレットを使って、プレセール中のおすすめ仮想通貨であり、購入すべきおすすめの仮想通貨であるTamadogeに今すぐ投資することも可能です。

最小投資額 1,000 TAMA (〜$10 + ガス代)
最大投資額 N/A
購入方法 ETH、USDT、デビットカード/クレジットカード(Transak経由)
チェーン イーサリアム
ベータ版セール終了日 2022年9月2日
プレセール終了日 2022年 3月   末日

クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. Battle Infinity (IBAT) – 仮想通貨積立におすすめ

Battle Infinity

仮想通貨でおすすめの積立銘柄として、その可能性と実用性の点で右に出るプロジェクトはほとんどありません。言い換えるとBattle Infinity (IBAT)に匹敵するプロジェクトはほとんど無いのが現状です。このプロジェクトは、ファンタジースポーツ、NFT、メタバース、Play to Earnのような人気のあるセクターからそれぞれの要素を融合させることを目的としています。様々な分野の要素を取り入れることで、Battle Infinityは、あらゆる関心を持つ投資家にアピールするオールインワンのエコシステムを作り出しました。これにより、Battle Infinityの潜在的なユーザー層は大きく広がり、このプロジェクトが仮想通貨市場の最前線に立つ明確な理由となります。

Battle Infinity

Battle Infinityは、6つのユニークなプラットフォームに分かれており、それぞれが独自の機能を提供しているため、Battle Infinityのエコシステムは非常に直感的なものとなっています。IBAT Premier League(ファンタジースポーツ)、IBAT Battle Swap(分散型取引所)、IBAT Battle Market(NFT市場)、IBAT Battle Games(P2Eゲームプラットフォーム)、IBAT Battle Area(メタバースの世界)、最後にIBAT Battle Stake(ステーキングプラットフォーム)です。

Battle Infinityのエコシステムを動かしているのは、BEP-20のIBATトークンです。総供給量100億で、トークンはたくさんありますが、投資家の需要の多さから考えると、早めに参加するのが良いでしょう。また、IBATトークンは、ステーク報酬、プレイヤーへの報酬、取引の円滑化など、様々な用途に使用できるため、IBATが公開されれば、高い需要が見込まれ、価格もかなり高くなるはずです。

IBAT token

全体的に、おすすめの仮想通貨であるBattle Infinityはユーティリティが満載で、開発チームは明らかに先を見据えており、購入すべき最高の仮想通貨と言えるでしょう。頻繁にアップデートをリリースしているので、Battle Infinityの市場に参加する価値は十分あります。 Telegramグループ(管理者が最初にDMを送ったり、シードフレーズを聞いたりすることはありません)に参加して、最新の情報を入手することをお勧めします。

更新 – Battle Infinityのプレセールは、24日間でハードキャップ(ICOの上限額)に達し、完売となりました。しかし、発売日にPancakeSwapでIBATを購入することができます。

最小投資額 0.1 BNB
最大投資額 500 BNB
チェーン バイナンススマートチェーン
プレセール開始日 2022年7月11日
プレセール終了日 2022年10月10日

クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. Lucky Block (LBLOCK) – 仮想通貨初心者におすすめ

宝くじの人気は急上昇中。 Lucky Block (LBLOCK)は、ブロックチェーン技術を宝くじ分野に導入することで、より公平で効率的な宝くじシステムを構築しました。ブロックチェーン技術を宝くじ分野に導入することで、Lucky Block は、公平さを完全に証明可能であるとともに、これまでよりもはるかに効率的なシステムを作り出しました。

lucky block crypto

Lucky Blockチームは毎週2種類の賞金抽選を開催しており、1種につき2回(年間100回以上)当選のチャンスがあることを意味します。賞金は2つの賞金プールに分けられ、1つはコンペティションへの参加チケットを購入した人のための抽選、もう1つはLucky BlockプラチナNFTコレクションを保有する投資家のための抽選です。流通効率を高めることで、Lucky Block は手数料の一部を報酬という形で投資家に還元しています。また、LBLOCKトークンの保有者は、どのチャリティに寄付されるかを決める投票に参加することで、この報酬を受け取ることができます。

Lucky Blockは、宝くじのファンにとって、購入すべきおすすめの仮想通貨です。実用性があり、保有者に報酬も提供しており、今後数カ月、数年にわたり大きな可能性を持っているといえます。さらに、プレイヤーが報酬を得る手段として複数の方法も提供しており、Lucky Blockは他の仮想通貨市場と同様に成長し、改善し続けられる可能性があります。

クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. DeFi Swap /DeFi Coin (DEFC) – おすすめの未来志向の仮想通貨

DeFi Coinのロードマップの重要な要素であり、長期にわたって計画されたDeFi SwapというDEX(分散型取引所)での利用が現実のものとなり、現在、強気なムードに包まれています。

DeFi Coinは天文学的な価格上昇を記録しました。これは、DeFi Swapが、自動流動性プールや、10%の取引税(その50%がDEFCトークン保有者に還元される)を含む機能を発表したためで、14日間で462%という上昇を演じました。

このような強い価格パフォーマンスが示す通り、今のDEFCは有力な2022年に保有すべき最高のDeFi Coinの候補の1つといえます。

How to buy DeFi Coin

DeFi CoinイールドファーミングがDeFi Swapで利用可能に – 期間に応じて30%(30日)~75%(365日)のAPYのプランがあります。

創業者のスコット・ライダーは、今後数日から数週間のうちに将来の計画を発表する予定であり、そのすべてが「市場を動かす」インパクトを与える可能性があり、「最も高い可能性を持つ仮想通貨」の1つであると述べています。

PancakeSwapに加え、BitMartという中央集権型取引所(CEX)にも上場していますが、他のCEXへの上場を加速させる計画が進められています。

DeFi Coinの創設者であるスコット・ライダー氏はこう説明しています。「私たちは、メインウォレットを3つに分割する予定です。その目的は、メインウォレットが、私たちが上場を予定している主要な中央集権型取引所全てに流動性を提供するためです。」

「我々は、独立したマーケティングウォレットと、取引所の開発作業の資金調達に特化した第3のウォレットを持ち、DeFi Swapでできるだけ多くのトークン・ペアに大きな流動性を提供できるようにします。」

また、ライダー氏は、マーケティングウォレットは、1時間あたり500円の料金でDEFCを販売設定がされるが、プロジェクトには、自動バーン機能も含まれていると述べました。

DEFCは、取引量や保有者数から見ると、小さなコインです。しかし、4ドルの史上最高値から下落した後でも、高い潜在的な上昇力を持つおすすめの割安な仮想通貨であるといえます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

レイヤー2 でおすすめの仮想通貨

5. Avalanche (AVAX) – 仮想通貨投資としておすすめ

Avalancheは、拡張性を考慮した相互運用性のある環境で、DeFiアプリケーションやエンタープライズブロックチェーンの展開を開始するプラットフォームです。

アプリケーションやカスタムブロックチェーンを作成する開発者は比較的早く開発を進めることができます。このプロトコルは2021年に力を発揮し、トップコインのランクに躍り出ました。

AVAXは2022年は下落基調ですが、依然として2022年以降に投資するべきおすすめの仮想通貨の一つであり、長期的には強気であると見られています。

6. Ethereum(ETH) 仮想通貨ステーキングにおすすめ

ブロックチェーンネットワークが世界中の分散型アプリケーション(dApp)開発者に支持されていることから、超おすすめの仮想通貨ブランド「イーサリアム」は紹介するまでもないでしょう。イーサリアムのネットワークは、スマートコントラクト機能により、これらのアプリケーションの基盤を提供しています。このスマートコントラクトは、特定の取引から仲介者を排除し、プロセスを完全に分散化させることに強みをもっています。イーサリアムのユースケースとこれまでの上昇を考えると、間違いなくイーサリアムは今、購入すべき最も熱い仮想通貨です。

イーサリアムのガス代は何ヶ月も批判されてきましたが、近々リリースされる「Ethereum 2.0」のおかげで希望が見えてきたかもしれません。このアップグレード(イーサリアムマージ)は、早ければ2022年8月に実施される予定で、イーサリアムは「Proof-of-Stake」プロトコルに移行する予定です。これにより、ブロックチェーンのスケーラビリティが大幅に向上し、手数料も低減されます。このアップグレードが実現すれば、これまで以上に多くの人が “Ethereum “を選択し、購入するようになるかもしれません。これらの理由から、私たちはイーサリアムをおすすめのステーキング仮想通貨としてランク付けしました。

7. Everdome – 仮想通貨ステーキングにおすすめ

Everdomeは、Metaheroエコシステムに属するメタバース関連の仮想通貨でおすすめです。Metaheroの超高精細アバターと現実世界のスキャンオブジェクト機能により、Everdomeで魅力的なメタバースの世界を構築しています。Everdomeは、超リアルなグラフィックスでユーザーを魅了する、ユビキタスなWeb3体験の創造を目指しています。

Everdomeは、Facebook、Microsoft、Nikeなどの企業が乗り出したメタバース業界の注目の高まりに乗じています。このプロジェクトでは、ソーシャルインタラクション、ゲーム、ビジネスなどの領域でメタバースをグローバルに導入することを想定しています。また、メタバースにおける土地の創造は、現実世界と同じような論理であると考えられています。つまり既に仮想不動産そのものが需要の高い上、希少性があり、高値を追っていくと予想されています。Everdomeのビジョンである超リアルなメタバースにより、同社のメタバースはそのような希少価値の高い仮想通貨となることを目指しています。

8. MonaCoin – 日本発のおすすめ仮想通貨

日本で生まれたおすすめの仮想通貨、MonaCoinは、分散型決済ネットワークを持ち合わせています。特に2013年に設計され、高速で安全なピアツーピアの取引を提供します。

MonaCoinのシステムは、ビットコインの遠い子孫です。MonaCoinはLyra2Revというアルゴリズムをベースにしています これはLitecoinのハードフォークをベースにしているため、元を辿るとBitcoinのフォークなのです。

つまり、MonaCoinの取引は、電力消費量の少ない最新のPoS(Proof-of-Stake)アルゴリズムではなく、PoW(Proof-of-Work)コンセンサスアルゴリズムを使用して認証されるのです。

MonaCoinはPoWベースであるため、ステーキングに適したコインの1つとは言えません。MonaCoinがおすすめの仮想通貨ランキングに入った理由は他にあるのです。

これは、ステーキングがその検証プロセスに含まれていないためです。しかし、代わりにMONAをおすすめのマイニングコイン1つと考える人もいます。

9. JasmyCoin – おすすめのERC20仮想通貨

JASMYトークンは、Jasmy Internet-of-Things (IoT) プラットフォームで使用するために設計されたおすすめのERC20仮想通貨です。分散型であるJASMYプラットフォームは、大規模なデータ漏洩に対する脆弱性や統計の不正確さなど、中央集権的な消費者データに関連する問題を解決することを目的としています。このプラットフォームの目標は、JASMYトークンを交換媒体として使用すること以上に、企業とユーザーがそれぞれの条件で自由かつ安全にデータを共有できるIoTエコシステムを構築することです。ユーティリティトークンとしてビジネス利用を前提としたJASMYトークンは、価値交換や決済サービスの証明として、デジタルデバイスを用い、トークンを移動させることが可能です。

JASMYの背後には、非常に優秀なチームがいます。元ソニー第7代社長の安藤国威氏、元ソニースタイル代表取締役の佐藤一雅氏、1971年からソニーに在籍した盛田氏など、元ソニー社員が集まって結成されたのです。

この分散型プロジェクトは、プラットフォームと同時に、開発者や企業のためのコミュニティ「JASMYリーグ」を立ち上げました。その目的は、ジャスミープラットフォーム上でのイノベーションを支援し、刺激することです。このウェブサイトでは、学習教材、革新的な開発者への賞、コミュニティの交流の場などを提供しています。

JasmyCoin(JASMY)トークンは、このIoTデバイスのための分散型ネットワークを動かすものです。その主な用途は、ネットワークの支払いソースとしてです。このおすすめの仮想通貨は、様々なデバイス間で転送することができます。

10. Solana仮想通貨で長期保有におすすめ  

2021年初頭、NFTブームの中で台頭したもう一つのおすすめの仮想通貨がSolana (SOL)です。Solanaは、ネットワークのスケーラビリティ、印象的なスループット、革新的なPoH(proof of history)合意メカニズムにより、イーサリアムの競合として地位を確立しています。

2021年にSolanaがこれほど指数関数的に成長した理由は、NFTとdAppsの開発のために低コストでエネルギー効率の高いトランザクションを提供するネットワークが必要だったからです。このプロジェクトはこの目標を達成し、現在ではNFTの量において市場最大のネットワークの1つになっています。2021年に大成功を収めたものの、ネットワークは停止や集中化の問題に悩まされてきました。しかし、ネットワークの検証者の数が増えるにつれて、これらの問題は少なくなっていくはずです。

Solanaはここ数カ月でやや下落していますが、それでもこのネットワークは大量の取引を促進している上、NFT愛好家の間では依然として人気があります。ETH2.0のリリース後、Ethereumを超越することに成功すれば、Solanaは仮想通貨の将来的なおすすめの銘柄に値することは間違いないでしょう。

これからの仮想通貨のおすすめの選び方

ビットコインが発売されたとき、その価値は今とは比べものになりませんでした。やがて、マイナーがブロックを検証し報酬を得るために競争したため、その価値は上昇しました。イーサリアムは、ビットコインに次いで市場で2番目に大きな仮想通貨です。イーサリアムは、プルーフオブワークシステムに変化をもたらしています。多くの投資家が、これらのおすすめの仮想通貨に投資するために動き出しています。しかし、この世界に慣れておらず、どこにどのように投資したらよいかわからない場合のために、ここではおすすめの仮想通貨を選定するための10個の重要なヒントをご紹介します。

プロジェクトサイトとソーシャルメディア

専門家は、プロジェクトの概要をチェックすることが重要であると述べています。仮想通貨プロジェクトのウェブサイトやソーシャルメディアチャンネルをチェックし、プロジェクトがどれだけ社会的に活発であるかを感じ取り、プロジェクトやチーム、そのコミュニティについてより深い学びを得ることもできます。プロジェクトのウェブサイトが、説明が簡単で、機能的であること。そしてプロジェクトやその背後にある開発チームやホワイトペーパーやロードマップに関する詳細をオープンに共有している必要があります。

チーム

おすすめの仮想通貨プロジェクトの背後にいるチームの信頼性と経験は、その成功/失敗に大きな影響を及ぼすことがあります。チームがオープンに開示されていない場合、それは危険信号でしょう(ビットコインは例外です)。また、チームの仮想通貨市場に関する過去の経験や、彼らが手がけた他のプロジェクトも見ておきたいところです。例えば、このプロジェクトが彼らの最初のプロジェクトなのか、それとも成功した仮想通貨プロジェクトを開発した確かな実績があるのかを知りたいところです。さらに、プロジェクトチームの幹部にも注目しましょう。評判の良い幹部がいるプロジェクトや、確立された企業とのパートナーシップも、ポジティブな兆候です。

ホワイトペーパーとロードマップ

おすすめのプレセール中の仮想通貨やおすすめの将来性のある仮想通貨に投資する前に、コインやトークンの長期的な価値を評価するために重要な要素は、そのプロジェクトのホワイトペーパーとロードマップです。堅実な仮想通貨プロジェクトは、強力かつ明確に定義されたホワイトペーパーとロードマップを有しています。ホワイトペーパーは、仮想通貨プロジェクトが作成・公開する文書で、そのコンセプトに関する技術情報を提供し、メリットがあるかどうかを判断するのに役立ちます。一方、ロードマップは、仮想通貨プロジェクトがその希望に満ちたコインがどのように成長し進化する計画なのか、期待値を把握するのに役立ちます。

主要投資家

プロジェクトにすでに投資家がいるかどうか、いるとしたら誰なのかを見極めます。そのプロジェクトが、有名な投資会社や大手の投資家からすでに投資を受けている場合は、良い兆候です。それは、彼らがデューデリジェンスを行い、プロジェクトの長期的な実行可能性を信じているためです。

コミュニティ

多くのおすすめの仮想通貨プロジェクトでは、プロジェクトをサポートするコミュニティが、その仮想通貨の可能性を左右することがあります。コミュニティの熱意と規模は、プロジェクトの初期および継続的な成功に大きな役割を果たしますが、コインやトークンを評価する際には、この要素に注意する必要があります。

時には、誇大広告が、プロジェクトの実用性や価値を上回り、本来の価値を覆い隠してしまうことさえあります。だからこそ、誇大広告だけに基づいてコインやトークンに投資するのではなく、時間をかけて上記のすべての要素を熟知してから、そのコミュニティに信頼を置くべきなのです。

主観的ではありますが、その資産が割高なのか割安なのか、という視点に着目することが大切です。これらを念頭に置くことで、おすすめの仮想通貨を選んで投資することができます。ファンダメンタルズを押さえた上で、仮想通貨チャートとおすすめのテクニカルインジケーターを補足的に利用することで、投資判断の材料にすることができます。

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨業界のプロバイダーは200社以上あり、取引要件に合ったおすすめの仮想通貨取引所を自分自身で選ぶことは非常に困難です。

安全性、対応トークン、手数料などの要素だけでなく、カスタマーサービス、ウォレットの安全性、最低口座残高なども評価する必要があります。

私たちは、日本でおすすめの仮想通貨取引所をレビューする際に、厳格な基準を設けています。

優先するのは、低い手数料、安全・安心、優れたカスタマーサポート、そして利用可能なマーケットの数です。

その結果、2022年におすすめの仮想通貨取引所は、以下の3つであると判断しました。

1. Coinbase – 初心者におすすめの仮想通貨取引所   

coinbase logo

Coinbaseはほとんどの地域で提供されていますが、このプラットフォームは仮想通貨初心者に優しく、特に米国でおすすめの最高の仮想通貨取引所の1つです。この取引所は現在、7,000万人以上のクライアントにサービスを提供しており、シンプルで負荷の少ない投資プラットフォームであるためCoinbaseが選ばれています。実際、数分でアカウントを開設し、デビットカードやクレジットカードで即座に仮想通貨に投資することができます。つまり、数分でイーサリアムやその他の通貨、例えばXRPを購入することができます。

主な欠点は、すぐに始めることができますが、デビット/クレジットカードの取引は3.99%の手数料が発生すること点です。他のオプションとしては、ACH経由で資金を入金することです。この場合資金が入金されると、仮想通貨の購入を完了するために1.49%手数料だけで済みます。しかし、これでも他のおすすめの仮想通貨と比較すると、まだ高価であると考えられています。

ポジティブな点に戻ると、Coinbaseは市場で最も安全な仮想通貨取引所の1つであるといえます。最強のセキュリティプロトコルにより、顧客のデジタル資金の大部分をコールドストレージに保管し、すべての新規顧客の身元を確認し、各アカウント保有者に2FA(2段階認証)の設定を要求します。さらに、Coinbaseには、24時間体制で働くセキュリティチームがあり、お客様のアカウントを安全に保つためにフル稼働しています。仮想通貨のステーキングやローンに興味があるのであれば、Coinbaseは2022年に検討すべきおすすめの仮想通貨イールドファーミングプラットフォームでもあります。

おすすめする理由:

  • ユーザーフレンドリーなモバイルアプリを提供
  • クレジットカードやデビットカード、PayPalを使って仮想通貨を購入することが可能
  • 素晴らしい教育コンテンツを提供
  • モバイルアプリで2段階認証を提供

2. Binance – 手数料が安いおすすめの仮想通貨取引所

低手数料という要素だけでなく、おすすめの P2P関連の仮想通貨を扱う取引所を探している場合、Binanceは検討する価値があります。この人気のあるオンライン取引所では、ETH/BTCなどの仮想通貨ペアをわずか0.10%で取引することができます。つまり、合計100ドルで、手数料はわずか0.10ドルということです。Binance JPのウェブサイトでは、最高のDeFi Coinを含む、すべての投資すべき最適な仮想通貨60以上のペアがサポートされています。

仮想通貨の購入を法定通貨で希望する場合は、追加の手数料が適用されます。例えば、ACHと銀行電信送金では手数料無料で処理されますが、最終的には0.5%の購入手数料を支払う必要があります。さらに、VISAやMasterCardでの入金を希望する場合は、この手数料にさらに4.5%が加算されます。

このウェブサイトからサインアップしたユーザーは、100ドルの Binanceボーナスを受け取ることができます。

その結果、これはBinanceをUSD等の法定通貨以外で仮想通貨を取引したい人にとっては割高となります。Binanceについて注意すべきもう一つのことは、eToroやWebullとは異なり、このプラットフォームはSEC(米国証券取引委員会)によって規制されていないことです。実際には、Binanceは単一の法域で規制されていないため、資金の安全性は十分であるとは言えません。Binanceアカウントにアクセスするには、メインのオンラインウェブサイトを使用するか、iOS / Androidアプリをダウンロードすることができます。

Binanceは最大の仮想通貨取引所の一つで、以下のことが可能です。 Terra LunaAAVEの購入、その他の新しいトレンドの仮想通貨を低額の取引手数料で購入できます。

仮想通貨だけでなく、Binanceでは NFTマーケットプレイス最高の購入すべきおすすめNFTに投資することもできます。それでも尚、Binanceに満足していない人のために、市場にはいくつかの最高のBinanceに代わる取引所が市場にあります。

おすすめする理由:

  • 取引可能な仮想通貨の種類が豊富
  • 低い取引手数料
  • 初心者から上級者まで対応できる取引プラットフォーム
  • 専用ステーキングサービス

3. Crypto.com – 総合的におすすめの仮想通貨取引所

Crypto.comは、近年、広告にマット・デイモンを起用したり、F1のスポンサーになったりして人気を博crypto.com logoしています。このウェブサイトは、仮想通貨で報酬を得るため、ユーザーにエキサイティングな方法を幅広く提供しています。

DASHや仮想通貨、アルトコイン250種類以上のおすすめ銘柄を購入でき、仮想通貨1000倍レバレッジによるおすすめの信用取引、「Crypto Earn」プログラムで仮想通貨の利息を得る方法、店舗で仮想通貨を使用するためのメタルVISAカードも提供されています。

デビットカードでDASHを購入する場合、Crypto.comは2.99%の手数料が必要となります。ただし、このプラットフォームでは、アカウントを作成してから最初の30日間はこの価格が免除されます。

Crypto.comは、仮想通貨、アルトコインを含む100種類以上のおすすめ銘柄に対応したモバイルウォレットも持っており、おれはDeFiウォレットでもあり、多くのDeFiトークンをサポートしています。

Crypto.comはNFTのマーケットプレイスとしても機能しており、ユーザーはイーサリアムなどのNFT関連の仮想通貨への投資やNFTの取引も行うことができます。Crypto.com NFTマーケットプレイスはこちら。

おすすめする理由:

  • 250種類の仮想通貨を提供
  • コインへの出資が可能
  • NFTマーケットプレイスを提供
  • 低い取引手数料
  • 無料の仮想通貨預金
  • VIPの取引手数料優遇
  • ユーザーフレンドリーなモバイルアプリ
  • 取引手数料は取引量の増加に伴い減少

おすすめの仮想通貨取引所の選び方

さて、おすすめの取引所ランキングがわかったところで、次は自分に合ったプロバイダーを選ぶ際に注目すべき主要な指標を解説していきます。

規制
取引可能な仮想通貨
手数料
– 入金・出金
– 取引手数料
– スプレッド
ウォレット
ツール&機能
– パッシブ取引ツール
– プライシングアラート
– チャートツール
– 支払い方法
カスタマーサービス
モバイルアプリ

一番おすすめの仮想通貨 Tamadoge(TAMA)の購入方法~詳細チュートリアル

このランキングでおすすめのされている仮想通貨の購入を考えている投資家は、上記の仮想通貨のおすTamadoge logoすめの取引所を含む多くの中央集権型取引所で購入できるので安心してください。

しかし、TAMAは異なります。Tamadogeは現在、ベータ版のプレセール段階に入っています。この成長が見込まれるおすすめの仮想通貨に早い段階で参入したい投資家にとって、これはエキサイティングなニュースといえます。TAMAはまだ分散型取引所や中央集権型取引所では利用できません。しかし、Tamadogeのオンラインプラットフォームから直接入手することができます。

TAMAの購入は、5つのシンプルなステップで可能です。

ステップ1 – 仮想通貨ウォレットの設定

MetaMaskウォレットは、あらゆる種類の仮想通貨(新しいコントラクトアドレスを持つ新しい仮想通貨を含む)に対応できるため、TAMAの購入に適したウォレットと言えます。

MetaMask wallet

ステップ2 – イーサリアム(ETH)またはテザー(USDT)の購入

ETH logo

2023年3月にTAMAが中央集権型取引所で発売されると、投資家やゲーマーはTamadogeプラットフォームで法定通貨を使って購入できるようになります。それまでは、大手仮想通貨のイーサリアムやテザーを使ってTAMAトークンを購入することができます。

Tamadogeは、TAMAを購入するために、ユーザーが最低15ドルのいずれかの仮想通貨をウォレットに持つことを推奨しています。

USDTまたはイーサリアムを購入する方法はたくさんあります。投資家はサードパーティのサプライヤーTransakを介してTamadogeプレセールプラットフォームでクレジットカード/デビットカードでイーサリアムを購入できます。

それ以外の場合、Metamaskのユーザーは、ウォレット内からさまざまなサードパーティプロバイダーからイーサリアムを購入したり、他の場所からインポートしたりすることができます。

ステップ3 – ウォレットをTamadogeプレセールプラットフォームにリンク

画面上の指示に従って操作

Tamadoge presale

ステップ4 – 「Tamadoge(TAMA)」の購入

  • 希望するTAMAの数を入力(最低取引数は1,000TAMAです。)
  • 100ドルで10,000TAMAを購入
  • 「ETHを変換」または「USDTを変換」をクリック
  • 取引内容を確認

ステップ5 – TamadogeTAMA)の受取

2023年3月にTamadogeのプレセールが終了すると、投資家はTAMAを受け取ることができます。

Tamadoge tokens

MetaMaskウォレットをお持ちの方は、以下のコントラクト情報を使って、すぐにTAMAを見つけられるようにプログラムすることができます。

アドレス0x12b6893cE26Ea6341919FE289212ef77e51688c8
小数点以下の桁数18
トークンTAMA

クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

まとめ~2022年に買うべきおすすめの仮想通貨

仮想通貨市場の価格は、金融引き締めがリスク資産に影響を与えるため、現在冬の時代にあります。

プレセール中のおすすめの仮想通貨としてTamadoge(TAMA)、今すぐ積立てたいおすすめの仮想通貨としてBattle Infinity(IBAT)をおすすめしています。プレセールとICOは、弱気な市場環境でも良いパフォーマンスを発揮する傾向があります。これら2つの仮想通貨は、複数のユースケースを提供し、プレイヤーにそれぞれのプラットフォームでゲーム内仮想通貨の報酬を獲得する機会を与える今後伸びるおすすめのP2Eプラットフォームです。

 

免責事項

関連するすべてのリスクを認識して、常に責任を持って投資することが重要です。 市場は非常に不安定になる可能性があるため、投資する前に広範な調査を行う必要があります。 私たちのサイトは定期的な更新を提供し、推奨するすべてのプラットフォームを入念に検証しますが、自分の意見を形成し、失う余裕があるものだけに投資する必要があります. 投資収益率を保証するものではありません。