長期的な価値を見据えて割安な仮想通貨をご紹介します。

この記事では、今市場で最も過小評価されている5つの仮想通貨プロジェクトを詳しく見ていきます。

2022年の最も値ごろ仮想通貨5選

市場調査により、以下の5つのプロジェクトが2022年に最も過小評価されている仮想通貨であることがわかりました。

  1. DeFi Coin – 総合的にベストな仮想通貨
  2. Battle Infinity – 2022年のベストな仮想通貨
  3. Lucky Block – 暗号資産ゲームであり、魅力的な仮想通貨
  4. Tamadoge – 2022年の新しい値ごろなベスト仮想通貨
  5. Decentraland – メタバース技術を持ちながら最も過小評価されている仮想通貨

最も過小評価されている仮想通貨を詳しくチェック

投資家は、市場が回復後に利益を得るために最も値ごろな仮想通貨を探していることでしょう。投資すべき最も割安な仮想通貨には、10倍の可能性を秘めた仮想通貨トークンがあります。

1: Defi Coin – 総合的にベストな仮想通貨

DeFiコインは、分散型取引所であるDeFi Swapをバックアップする魅力的なセキュリティトークンです。このDEXは、中央集権的な取引所を介さないインスタントトークンスワップをサポートするだけでなく、イールドファーミング(DeFiサービスに仮想通貨を預け入れることで報酬を得る仕組み)と流動性の提供を通じて、仮想通貨資産から収益を生み出すことができます。

DeFi CoinとDeFi Swap取引所は、長期投資家に支持されています。各取引に10%の税金がかかるためです。投資家がDeFiコインを取引して短期的な利益を得ることは推奨されていません。

さらに各取引で課税された後、それぞれのスマートコントラクト(ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組みのこと)によって集められた収益の半分が、DeFiコイン保有者にトークンとして分配されます。これにより、長期保有者が利益を得ることが保証されます。

各取引後に課税されたら、回収金の残り半分は、DeFiコインの流動性プールに担保されます。これにより、DeFiコインは仮想通貨市場で売買できるようになります。

革新的なビジネス基礎によって保障された新たな仮想通貨プロジェクトの市場にあるDeFiコインは充分、選択肢に入れる価値があります。

クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2: Battle Infinity – 2022年のベストな仮想通貨

Battle Infinity

ブロックチェーンゲームは人気があり、この領域のプロジェクトは高い成長の可能性を持っています。Battle Infinityは、Axie InfinityやThe Sandboxのような初期のメタバースゲームプラットフォームの成功に触発されて誕生しました。画期的なゲームプレイ体験を導入したことで、先行企業の失敗から学んだ運営をしています。

Battle Infinityのエコシステムは、IBATトークンによって支えられています。IBATは現在プレセール中で、わずか11日間で76万5千ドルを調達しています。IBATトークンにはアンチダンピング機能があり、クジラ(大口)による操作を防止しています。このため、おすすめの仮想通貨の1つとなっています。

Battle Infinity

Battle Infinityは新しいプロジェクトとして、その確実なロードマップをユーザーに保証するために準備してきました。このプロジェクトは、Coin Sniper社によるKYC検証(「Know Your Customer」の略で、本人確認を行う手続き)を受けています。また、透明性を高めるために、Solid Proof社による監査も実施しています。

プレセールは一般的に市場がネガティブな状況であっても関係なく、好調であり、そのトークンは次の10倍仮想通貨、あるいは次の100倍アルトコインになる将来性があります。

クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3: Lucky Block – 暗号資産ゲームであり、魅力的な仮想通貨lucky block logo

LBLOCKは、市場で値ごろなもう一つの仮想通貨です。LBLOCKは、バイナンススマートチェーン上で動作する暗号ゲームプラットフォームであるLucky Blockのネイティブトークンです。Lucky Blockは、ブロックチェーン技術を統合して公平性と透明性を確立し、新しい宝くじのエコシステムを提供するために作られました。

Lucky Blockのチームは最近、ERC-20規格を使用し、取引税がかからない「LBLOCK V2」をリリースしました。

また、Lucky BlockのNFTコンペティションの開始は、同プロジェクトにとって大きな戦略的転換を意味します。Lucky Blockは10億ドルの時価総額を目標としており、これから上場することが予定されています。これらはトークンへのアクセス性を高めると同時に、需要と流動性を増加させるため、価格の大幅な上昇につながる可能性があります。

lucky price token

Lucky Block ERC20トークンは、すでにLBankで取引されており、8月1日にMEXC取引所に登場し、世界の中で1日の取引量が24番目の規模になりました。価格へのインパクトは衝撃的なものでした。

クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4.Tamadoge – 2022年の新しいベスト仮想通貨

ドージ(DOGE)コミュニティにもう一つ加わったのが、TamaverseのユーティリティトークンであるTamadoge (TAMA)です。

Dogecoinがソーシャルメディアに支えられて成功したのとは違い、TAMADOGEは、プラットフォーム内で利益を得られるP2E(Play-to-Earn)エコシステムを提供します。DeFiプロトコルやNFTの特徴を生かした分散型技術により、TamaverseではユーザーがTamadogeペットを育て、取引できるようになります。

Tamadogeペットは、NFTトークンとして作られたユニークなキャラクターで、「Tama Store」で入手することができます。このゲームは、個々のTamadogeペットを育て、最終的に他のコミュニティーのメンバーと競い合うことが魅力となっています。ランキング上位者はメタバースでDogeポイントを獲得し、報酬としてTAMAトークンを得ることができます。

TAMA burning

ERC-20トークンであるTAMAは、取引の決済、Tamadogeペットの購入、エコシステム上のユーザーへの報酬に使用されます。さらに、TAMAは20億トークンという限られた最大供給量を持つデフレコインです。プレイヤーがTamaストアからTamadogeペットやアイテムを購入する際、全消費額の5%が消費されます。開発者はトークンの供給量を減らし、長期的にTAMAの価値を高めようとしています。

TAMAは2022年第3四半期現在、プレセール期間中であり、全供給量の50%が購入可能です。Tamadogeのロードマップの一環として、全トークンの20%は分散型および中央集権型の取引所への上場用に確保されています。残りの30%は、今後10年間、Mint(新たに発行・作成すること)される予定です。

クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

5.    Decentraland – メタバース技術を持ちながら最も過小評価されている仮想通貨   

次に紹介する2022年の最も過小評価されている仮想通貨はDecentralandです。このプロジェクトにはメタバースコインであるMANA(Decentralandの仮想現実プラットフォームを動かすイーサリアムトークン)があり、Decentralandのゲーム世界をアクティブにしています。ユーザーはMANAトークンを使ってDecentraland内に作られた仮想の空間に投資し、不動産プロジェクトを設計することができます。

ここ数カ月でDecentralandの区画が1つ数百万ドルで売られていることに注目してみると、Decentralandのようなメタバースプロジェクトには、有望な市場であることがわかります。このような理由から、現在の価格水準では、Decentralandは間違いなく市場で最も値ごろな仮想通貨の1つだと言えます。

decentraland price prediction

クリプトアセットは、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

最も過小評価されている仮想通貨まとめ

仮想通貨市場は、昨年11月に到達した約3兆ドルの評価額から下落し続け、いわゆる仮想通貨の冬の時代を迎えています。

しかし、実用性がないわけでも、プロジェクトに根本的な弱点があるわけでもないため、ネガティブな経済状況によって価値が低下したコインは、大きく過小評価を受けている可能性があります。

2022年末までに投資家は、Defi CoinBattle InfinityLucky BlockTamadogeなどの魅力的なプロジェクトから10倍のリターンを得られる可能性があります。

免責事項

関連するすべてのリスクを認識して、常に責任を持って投資することが重要です。 市場は非常に不安定になる可能性があるため、投資する前に広範な調査を行う必要があります。 私たちのサイトは定期的な更新を提供し、推奨するすべてのプラットフォームを入念に検証しますが、自分の意見を形成し、失う余裕があるものだけに投資する必要があります. 投資収益率を保証するものではありません。