省エネの仮想通貨のバナー

現代社会ではビットコインの「Proof of Work」プロトコルがすでに時代遅れになっています。過去数年間、ビットコインネットワークの膨大なエネルギー消費について、多くのことが語られてきました。この問題を解決するために、他の革新的なプロジェクトが仮想通貨市場に登場し「環境に優しい」ソリューションを提供し始めています。

今回は、最もエネルギー効率の良い仮想通貨プロジェクトをご紹介します。なぜ、エネルギー効率の良い仮想通貨が求められているのかをご説明しながら、それぞれのプロジェクトがどのように環境に貢献しているのかを解説します。今、仮想通貨 エコに焦点を当てた通貨が大注目です。

優れた省エネの仮想通貨プロジェクト9選【2023年版】

トップトレンドと呼ばれる仮想通貨は、「エネルギー消費」にも焦点を当てて、問題意識の高い投資家から注目を集めている新しい仮想通貨も出てきています。

仮想通貨の将来性を長期的な視点で見ると、省エネの仮想通貨は今後需要が徐々に伸びていくと考えられます。

以下に最もエネルギー効率の良い9つの仮想通貨プロジェクトを挙げています。今後注目の省エネを目指した仮想通貨は以下の通りです。以降のセクションで、それぞれについて詳しく説明していますので、気になる省エネの仮想通貨を適宜確認してみてください。

  1. C+Charge – EVドライバーの報酬を提供する省エネな仮想通貨
  2. IMPT – 全体的に最も省エネな暗号通貨
  3. Ethereum(ETH) – 2022年、最も人気のエネルギー効率の良い仮想通貨
  4. Hedera (HBAR) – ブロックチェーンに代わる最もエネルギー効率の良い仮想通貨
  5. Ripple (XRP) – 分散型決済を実施するニッチで最も低エネルギーな仮想通貨
  6. Chia (XCH) – 仮想通貨のエネルギー消費量が少ない新ブロックチェーンプロジェク
  7. Algorand (ALGO) – カーボンネガティブなレイヤー1ブロックチェーンネットワーク
  8. EOS (EOS) – 高スループットで最も低エネルギーの仮想通貨
  9. Cardano (ADA) – dApp開発者向け、低エネルギー消費量を誇る仮想通貨
  10. IOTA (MIOTA) – エネルギー効率抜群、かつてないエキサイティングなパートナーシップを誇るスケーラブルなネットワーク

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

最もエネルギー効率の良い仮想通貨に投資しよう

仮想通貨プロジェクトは環境に悪いのか?これは、2022年に多くの仮想通貨投資家の脳裏をよぎった課題の一つです。そもそも仮想通貨プロジェクトでは膨大なエネルギーが消費されます。おのずと、大量の電力を使うことで大量の温室効果ガスが大気中に放出されてしまうため、結果として、このプロセスが地球温暖化問題を深刻化させてしまっているのです。だからこそ、「省エネ仮想通貨」が今日の仮想通貨市場で最も求められているわけなのです。

この背景を念頭に置いて、前述したエネルギー効率の良い9つの暗号通貨プロジェクトにいて「どう環境に優しいのか?」を説明していきます。ぜひ、一緒に考えていきましょう。

C+Charge|省エネの仮想通貨No.1

【EVドライバーの報酬を提供する省エネな仮想通貨】

C+Chargeのホーム

2023年の最も省エネ志向の仮想通貨の一つは、報酬を提供し、EVの運転をより便利にさせ、化石燃料から電気自動車(EV)への切り替えを後押しすることを目指しているC+Chargeです。EVを題材にするなんて、省エネの仮想通貨の中でも異質な感じがすると思った人は多いのではないでしょうか。

CCHGトークンのプレセールはまだ始まったばかりで、トークンは0.013ドルで販売されています。プレセールの最終段階となる第4段階までに、トークンは80%増の0.0235ドルになる見通しです。伸び幅を見ても、省エネの仮想通貨銘柄の中でもビジネスとして成功しそうです。

C+Chargeは、自動車を充電している間、ドライバーにカーボン・クレジットを報酬として提供することで、EV所有のインセンティブを高めることを目的としています。

カーボン・クレジットは、グリーン・プロジェクトに資金を提供することで二酸化炭素排出量を相殺できる許可証で、1クレジットが1トンの二酸化炭素に相当するものです。

C+Chargeのグラフ

C+Chargeは、Flowcarbonとの主要なパートナーシップを経て、Goodness Nature Token(GNT)の形でドライバーにクレジットを提供します。GNTは検証済みの炭素再生プロジェクトに1対1で支援され、Flowcarbonは、Samsung Nextやa16zなどの主要VC企業を惹きつける7000万ドル投資ラウンドを完了したところです。

また、このプロジェクトは、これまでほとんどが大企業の手に委ねられていたカーボンクレジットの所有権を民主化するものでもあります。例えばテスラは、炭素排出量の多い他の企業にカーボンクレジットを販売し、年間数十億ドルを稼いでいます。

C+Chargeのモバイルアプリは、カーボンクレジットを提供するだけでなく、電気自動車の運転を現在よりずっと便利で効率的にするためのものです。このアプリは、最寄りの充電スタンドのジオロケーター、料金情報、待ち時間、充電スタンドが実際に機能しているかなどの重要な情報を備えています。

化石燃料の自動車やトラックは地球を最も汚染するものの一つであり、EVへの転換は地球の気候変動との闘いにおいて重要な意味を持ちます。

C+Chargeは、DOXとKYCで検証されたチームを持ち、Perfect Solutions Turkeyと提携しています。

CCHGトークンのプレセールは始まったばかりで、最大供給量10億個のうち40%が販売される予定です。プレセールトークンには権利確定期間がなく、ハードキャップは660万ドルとなっています。こうしたことから、CCHGは、これから環境を維持していくには必須の省エネの仮想通貨と言えるでしょう。

興味のある方は、C+Chargeのホワイトペーパーを読むか、テレグラムグループに参加して、より詳しい情報を確認してみてください。

また、C+Chargeの買い方を解説した過去記事もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

プレセール開始日 12月16日
購入方法 ETH, USDT, Transak
プラとおフォーム Binance
最小購入額 なし
最大購入額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

IMPT|省エネの仮想通貨No.2

【あらやる観点において最も省エネな仮想通貨】

2022年に最も環境に優しい仮想通貨に選ばれたのは、革命的なカーボンクレジット・エコシステムを誇るIMPTです。IMPTはブロックチェーンベースのエコシステムで、個人や企業にCO2排出量を削減するインセンティブを与え、不透明なカーボンクレジット市場を変革していこうというプロジェクトです。

IMPTでは、気候変動を乗り越えるためのカーボン・クレジットの獲得と取引のプロセスをミックスさせた合理的なプロジェクトです。IMPTの保有者は、大気中に一定量のCO2を排出することを認める権利が与えられますが、通常「1クレジット=1トンの二酸化炭素」という計算式で機能します。

impt

面白いことに、このカーボンクレジットは売買も可能で、価格は需要と供給の法則に基づいて決定されます。下記でわかりやすいプロセス例を挙げてみましょう。

  • 2023年にX社とY社はそれぞれ200トンの二酸化炭素を排出することが許されている。
  • X社は100トン、Y社は300トンを排出することを予定している。
  • X社はY社に100トンのカーボンクレジットを売ることができるため、Y社は合計で300トンを排出することができるようになる。
  • 両社の合計は400トンで全体の排出量は変わらず、かつY社は現行の規制を遵守していることになる。

IMPTのホワイトペーパーによると、世界で必要とされるカーボンクレジットの量は、2035年までに少なくとも20倍に増加すると予想されています。この数字を打破するためには、個人と企業が共通の目的を持って協力できる安全で透明性の高い市場が必要です。

IMPTのブロックチェーンベースのプラットフォームなら、カーボン・クレジット市場での「Doubel Selling(二重販売)」は発生しません。さらに、IMPTは個人が日常的な買い物を通じてカーボン・クレジットを取得できるため、簡単に環境に貢献することができます。

すでに、IMPTはアマゾンやマイクロソフトといった1万を超える家庭用ブランドと提携し、それぞれが売上マージンの一定割合を環境に優しいプロジェクトに貢献しています。また、IMPTユーザーはこれらのブランドから商品やサービスを購入するたびに、IMPTのネイティブERC-20トークンで報酬を得ることができます。

IMPTは注目のカーボン・クレジットと交換できる画期的なプロジェクトであるため、2022年最高のERC-20トークンになる可能性が高いでしょう。IMPTのカーボン・クレジットはNFTとして構成され、IMPTのマーケットプレイスで「カーボン・クレジット」として売買することができます。加えて、ユーザーは保有するクレジットを「リタイア(つまり、消滅させること)」させることもできます。そうすれば、大気からCO2を効果的に除去することもできます。IMPTはかなり興味深いプロジェクトと言えますね。

IMPTでユニークなデジタルアート作品「NFT」を使い、マーケットプレイスに出品して報酬を得てみましょう。また、IMPTのエコシステムはPolygonのブロックチェーン上にあるため、プロセス全体の存続がしっかりと保証されています。Polygonのウェブサイトでは、このネットワークのエネルギー消費量は、他のPoWブロックチェーンよりも数段低いと説明しています。

また、IMPTには「ソーシャルネットワーク(SNS)」が組み込まれており、環境への影響度に基づいて全員に「IMPTスコア」が与えられます。この数字を見れば、ネットワークの全ユーザーが「誰が最も環境に配慮しているのか」、そして個人や企業を問わず「誰が最も高いインセンティブを獲得しているのか」を簡単に確認することができます。

IMPTのプレセールは12月11日に終了し、1900万ドル(約26億円)以上の資金調達に成功しました。今後IMPTトークンは12月14日にLBank、Changelly、Uniswapに上場する予定です。IMPTの進捗状況を知りたい方は、公式テレグラムに参加して確認しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Ethereum(ETH)|省エネの仮想通貨No.3

【最も人気の高い省エネ仮想通貨】

仮想通貨に精通している人なら、Etherem(イーサリアム)が省エネ仮想通貨への移行を目指していることは周知ではないでしょうか?イーサリアムは依然としてエネルギー消費の激しい「Proof-of-Work」(PoW)プロトコルを軸としていますが、昨今、「Proof-of-Stake」(PoS)への切り替えが進められています。

実際、この切り替え「the Merge(マージ)」によって、イーサリアムのエネルギー消費量を劇的に削減することができます。Ethereum.orgによれば、PoSコンセンサスに移行すると、ネットワークのエネルギー使用量を99.95%減らすことができるそうです。この数字は驚異的として言いようがありません。

また、イーサリアムがマージを実施すれば、取引検証ベースの採掘に依存しなくても済むようになるため、環境エネルギーに対する効率の良い仮想通貨になります。加えて、電力を大量に消費する採掘装置が不要になり、イーサリアムのCO2排出量を大幅に削減することができます。

このように、エネルギー効率の良い仮想通貨に移行すれば、バリデーターがノートパソコンやPCといった日常的なデバイスを使用して取引を検証できるようになります。今後、イーサリアムは長期的に最も優れたPOSコインになる可能性が高いでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Hedera (HBAR)|省エネの仮想通貨No.4

【ブロックチェーンに代わる最高の省エネ仮想通貨】

Hederaは仮想通貨市場でユニークな位置を占めている通貨で、2021年に最も輝いた新興通貨プロジェクトの1つでした。仮想通貨の大半は、ブロックチェーンに依存して取引を検証していますが、Hederaは全く異なるアプローチを取っています。

Hederaは安全なエネルギー消費を保証する仮想通貨として、それを証明する台帳を一般公開していますが、Hederaが面白いのは「ブロック」の代わりに「ハッシュグラフ」を使用して取引を検証している点でしょう。このユニークな方法は共同設立者Leemon Bairdによって編み出されたものですが、実際、仮想通貨市場で採用しているネットワークはHederaのみとなっています。

また、HederaはProof-of-Workコインが依存する採掘の概念を取り払うため、特殊なアプローチを通じて優れた省エネ仮想通貨になることを目指しています。さらに、定期的にカーボン・オフセットを購入し、カーボンネガティブなネットワーク運営に取り組んでいます。このネットワークでは、高い透明性を保つために関連証明書を一般公開しています。

Hedraは、仮想通貨マイニングのエネルギー消費を取り除き、カーボンオフセットを積極的に購入しているため、最もエネルギー効率の良い仮想通貨プロジェクトと言えるでしょう。これに1秒に1万件のトランザクションを処理するネットワークを組み合わせれば、これこそ鬼に金棒です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Ripple(XRP)|省エネの仮想通貨No.5

【分散型決済、ニッチで最も省エネな仮想通貨】

Ripple(リップル)は決済処理での革命的な取り組みが功をなし、2010年代半ばに多くの投資家からおすすめの仮想通貨の1つだと考えられました。ご承知の通り、銀行での決済は最大5営業日をまたぐこともあり、コストがどうしてもかかってしまいます。その点、リップルはほんの数秒で決済が完了するのが魅力です。

さらに、リップルの決済手数料は1セント以下です。取引は独自のコンセンサスプロトコルによって検証され、ほんとどの場合、台帳に追加される前にバリデーターが取引を承認します。

リップルはこのプロセスを利用して、他の仮想通貨よりもエネルギー使用量が少ない仮想通貨として脚光を浴びました。XRP Ledgerのウェブサイトでも、リップルの登場で生態系の異常、光化学オゾンの生成、温室効果ガスの排出といった負の問題がすべて取り除かれると伝えています。

また、リップルはエネルギー効率の良い優れた仮想通貨であることをアピールするために、ウェブサイトに専用の「カーボン計算機」を設けています。ここで、ビットコインやイーサリアムなどのネットワークで使用されるエネルギー消費量を比較紹介しています。例えば、ETHは年間25.7億kWhのエネルギーを消費しますが、リップルは474,000kWhしか消費していません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Chia (XCH)|省エネの仮想通貨No.6

【エネルギー消費量の少ないブロックチェーン・プロジェクト】

Chiaは過去1年間に登場した最もエコな仮想通貨プロジェクトの1つです。Chiaは、「Proof-of-Space-and-Time」と呼ばれるエネルギー効率の良い暗号マイニングの代替手段を使って取引を検証するブロックチェーンネットワークとなります。

Chiaのコンセンサスプロトコルは、ネットワーク参加者のHDDやSDDの未使用領域を利用してネットワークを保護してくれます。「Farmer(ファーマー)」と呼ばれるデバイスの所有者は、デバイス上に100GBの「プロット」を書き込み、そこにハッシュを埋めていきます。そして、新しいブロックがネットワークに追加されると、それに最も近いハッシュを持つユーザーが検証報酬を獲得できる仕組みになっています。

もちろん、ビットコインと比較しても、Chiaなら消費電力を大幅に削減することができます。また、ストレージハードウェアを安全に再利用することを目指す「Circular Drive Initiative(CDI)」にも貢献しています。

このように、Chiaは匿名性を保ちながら、国境のない決済を行える「省エネ仮想通貨ネットワーク」の1つへと成長しました。もちろん、投資家は優良アルトコイン取引所からXCHトークンを購入することで、ネットワーク成長への箱舟に乗ることができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Algorand (ALGO)|省エネの仮想通貨No.7

【カーボン・ネガティブなレイヤー1ブロックチェーン・ネットワーク】

Algorandは、カーボン・ネガティブを維持するという誓約を通じて、仮想通貨市場で最もエネルギー効率の良い通貨になろうとしています。ちなみに、カーボン・ネガティブとは、ネットワークが排出する二酸化炭素がゼロ以下であること、つまり大気から二酸化炭素を効果的に「除去」するという意味です。

Algorandは、Climate Tradeのような企業と提携し、ネットワークが排出するCO2を相殺すり取り組みを実施しています。さらに、Climate TradeはAlgorandと共に、世界中の気候変動プロジェクトを支援しています。

Algorandは「The Southern Cardamom REDD+プロジェクト」や「Oaxaca Wind Project by ACCIONA」など、地球温暖化防止に積極的に取り組んでいるプロジェクトに協賛しています。さらに、Algorandは「Pure Proof-of-Stake」チェーンであるため、暗号マイニングのエネルギー消費による弊害もありません。

さらに、Algorandは、ビットコインが5TPSであるのに対し、6,000TPSを処理することができます。ビットコインに投資している方で環境問題への取り組みに興味がある投資家は、Algorandを検討するのも良いでしょう。また、Algorandは取引の即時終了が可能です。そのため、最も効率的なブロックチェーンの1つとなっています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

EOS (EOS)|省エネの仮想通貨No.8

【高スループットで最も省エネな仮想通貨】

エネルギー消費量が少ない仮想通貨として注目したいのがEOSです。EOSは2018年最もICOで成功した仮想通貨の1つで、40億ドルという驚異的な資金を調達しました。このネットワークの最大の特徴は、「Feeless(フィーレス)」という市場内でもユニークなトランザクションを採用していることです。

EOSのネットワークはEOSIOと呼ばれており、スマートコントラクト機能を提供すると共に、約4,000TPSもの処理を行っています。興味深いことに、EOSはスマートコントラクトにC++言語も使用しており、プログラマーや開発者が既存の知識を利用してdAppsを作成することもできます。

EOSのエネルギー消費量開発チームは、Delegated Proof-of-Stake (DPoS)の コンセンサスアルゴリズムを活用した「世界初の主要カーボンニュートラルブロックチェーン」であることを誇りにしています。省エネルギーの仮想通貨マイニングの代替手段としてもうってつけであり、かつEOSのCO2排出量がビットコインの0.01%未満であるのは魅力的でしょう。

また、EOSはClimateCareと連携し、ネットワークのCO2排出量を計算しています。ネットワークのチームは、EOSを「グリーン」にするために、CO2オフセットプロジェクトを選択しています。このように、EOS仮想通貨はビットコインのような電力を大量に消費するネットワークに代わる選択肢として注目されています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Cardano (ADA)|省エネの仮想通貨No.9

【DApp開発者向け、省エネ仮想通貨】

Cardanoも省エネルギーの仮想通貨プロジェクトの一つで、C開発者がDAppの作成に使用できるスマートコントラクトのブロックチェーンとなります。ピアレビュー(同業者の審査を受けた)されたデータに基づいているため、仮想通貨市場で最も信頼されるネットワークだとも言えます。

ところで、Cardanoがエネルギー効率の良い仮想通貨である理由は何でしょうか?それは、前述した他のプロジェクトと同様に、Cardanoがコンセンサスを得るためのPoSメカニズムを使用しているからでしょう。そのため、採掘の必要性もなくなり、電力消費量も削減されます。

また、エコフレンドリーなカルダノは、すでに毎年恒例のサステナビリティ・リポートを早々に一般に公開しています。ここには、ネットワークがネット・ゼロ・エミッションを目的とするコミットメント、そしてサステナビリティな投資アプローチを謡うカルダノの将来に向けた計画が綴られています。

さらに、CardanoはESGリスクを開発チームの全投資提案に組み込み、調達した資金が地球温暖化に寄与しないことを保証しています。こういったアプローチを実行しているからこそ、Cardanoは長期的に環境に優しい仮想通貨であり続けることができるのです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

IOTA (MIOTA)|省エネの仮想通貨No.10

【エネルギー効率の良いスケーラブルなネットワーク、素晴らしいパートナーシップが自慢】

地球に優しい仮想通貨の最後を飾るのはIOTAです。その名前が示すように、IOTAは、インターネットに接続された全デバイス間の通信を指す「Internet of Things」(IoT)に関係があるプロジェクトです。

IOTAはインターネット分野における「スケーラビリティ」を改善しようとするものです。マイニングでは何百万ものトランザクションを同時に処理できるネットワークが必要ですが、IOTAのネットワークでは採掘を必要としない「The Tangle」を活用しています。


IOTAは新しい仮想通貨プロジェクトではありませんが、最近のパートナーシップに注目が集まっています。例えば、気候変動対策に関するデータ・デジタル化を効率的にするClimateCHECKとの提携が挙げられますが、このアクションからもIOTAが環境問題に積極的に取り組んでいることが理解できます。

また、IOTAの背景や価格推移については、IOTAの価格予想記事で詳しく解説していますのでご参照下さい。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨のエネルギーをどのようにして効率化しているのか?

環境への前向きな影響は、今後数年間で非常に貴重になる可能性が高いです。そのため、サステナブルなプロジェクトは、長期的な仮想通貨投資に向いていると言えるでしょう。ところで、何が仮想通貨を「エネルギー効率の良い」ものにしているのでしょうか?

仮想通貨がどのようにエネルギー効率化されるかを理解するためには、プロジェクトの側面を理解することが重要です。仮想通貨が環境に与える影響についての議論は、おおむねビットコインで消費される膨大なエネルギーに関連しています。しかし、ビットコインの存在があまりにも大き過ぎるあまり、他の数百の仮想通貨がもたらすプラスの影響が隠れてしまっています。


そうとは言え、ビットコインのエネルギー消費は大きな問題であることには間違いありません。Forbesによると、ビットコインは年率127テラワット時(TWh)の電力を消費しており、例を挙げれば、ノルウェー全体の年間電力消費量を上回っているそうです。

一方で、エネルギー消費量が最も少ない仮想通貨は、ビットコインとは異なるアプローチでこの課題を改善しようと考えています。その試みの一つが、PoWのコンセンサスメカニズムに代わるものを使用することです。PoSは最もよく使われる代替手段ですが、その他、「Proof-of-Space and Time」や「Proof-of-History」など、独自の技術を使用しているネットワークもあります。


前述のアプローチを取ることで、取引を検証するためにマイニングに頼る必要がなくなります。つまり、取引に最適な仮想通貨の多くはエネルギー消費を削減することができるため、膨大な電力を消費する大規模なコンピューティング・ハードウェアも不要となるわけです。

さらに、PoWメカニズムに代わるものを使用するネットワークは、検証の観点から一般の人にとってより利用しやすいものとなっています。ビットコインの場合、検証者はマイニングプロセスに参加するために高価なハードウェアを所有しなければなりません。しかし、他のコンサス・メカニズムを使用するネットワークでは、検証者はラップトップやPCといったごく一般的なハードウェアを使用することができます。

エネルギー効率の良い仮想通貨が重要な理由

ブロックチェーンに投資する方法について考えている人は、常にキャピタルゲインについて関心があるのではないでしょうか?しかし、エネルギー効率の良い仮想通貨プロジェクトはキャピタルゲインを得るだけでなく、環境保護にも貢献することができます。そこで、仮想通貨市場で「エネルギー効率の良さ」がなぜ重要なのかを説明しましょう。

二酸化炭素排出量の削減に貢献

エネルギー効率の良い仮想通貨が重要である理由は、当然のごとく、大気中に放出される二酸化炭素の量を減らすことができるからです。これは地球温暖化の直接的な原因であり、北極の氷を溶かすなど多くの悲惨な結果を招いています。

おのずと「グリーン」な技術に焦点を当てた仮想通貨プロジェクトが増えれば、PoWといったエネルギー集約型のアプローチから続々と移行が進むと考えられます。その結果として、これらの「グリーン」ネットワークは自然に価値が高まっていき、プロジェクトチームとしてはサステナビリティを維持するための経済的インセンティブを投資家に提供できるようになります。

ESG重視型の投資家へ選択肢を提供

IMPT logo

例えば、ESG重視のトレーダーで5,000ドル(またはお好きな金額)を投資する術を考えている場合、今までは選択肢があまりありませんでした。しかし、昨今エネルギー効率に優れた仮想通貨プロジェクトが次々と登場し、こういった「エコ層」にも有効な選択肢を提供できるようになりました。

エネルギー使用量が少ない仮想通貨は、どのプロジェクトも長期に渡る可能性が高いため、間違いなく魅力的な投資先となるでしょう。

企業と個人を結びつける

今回ご紹介した仮想通貨プロジェクトは、企業と個人が共通の目標を達成するために「一つになれる」のが特徴です。今までは、企業と個人がこのような有意義な形で交流することはほとんどありませんでしたが、企業も本質的な利益を見据えての行動に出たことで成功への大きな一歩を踏み出したことになります。

こういった規模の新しいプロジェクトになると、世界を跨いで個人と企業間のコラボレーションがより一層、活発になってきます。例えば、AlgorandはClimateTradeとのパートナーシップを組み、ネットワークの炭素排出を相殺しようと試みています。すでにAlgorandはこのエリアではリーダー的存在となっています。

仮想通貨市場の評判を向上させる

省エネ自慢の仮想通貨は、市場全体の評判を向上させるために非常に貴重な存在です。仮想通貨を定期的に購入している人は、主流メディアが仮想通貨市場をつぶすためにあらゆる手段を講じていることを理解しているはずです。

驚くことに、最近の一部のメディアでは全暗号プロジェクトは環境に有害であるため、一般の人はできるだけ避けるべきだというシナリオを堂々と展開しています。しかしながら、エネルギー効率の優れた仮想通貨が当たり前になれば、このシナリオは消え去り市場全体の評判も改善されるでしょう。

エネルギー効率の優れた仮想通貨を見つける方法

現在、仮想通貨市場は飽和状態です。この状況で最もエネルギーを消費しない仮想通貨を特定することは難しいと言えます。そこで、投資家が省エネ仮想通貨を見つけるために利用すべき戦略をご紹介します。

パートナーシップとコラボレーションを軸に探す

エネルギー効率の優れた仮想通貨の多くは、気候変動の課題に取り組むために「組織」と提携しています。これは、仮想通貨プロジェクトがサステナブルであり、開発チームは環境保護のための有利なリソースを使用できるということです。

さらに、パートナーシップを組むと、それぞれ与えられたミッションへの意識が高めるため、両者において利益をもたらす可能性が高くなります。つまり、注目度の高いコラボレーションは、エネルギー効率の優れた仮想通貨を特定するための物差しにもなりえるということです。

プロジェクトのロードマップを確認する

プロジェクトのロードマップも、エネルギー効率が良いかどうかを判断するのに有効な手段です。そもそも仮想通貨プロジェクトは、まずウェブサイトでロードマップを発表し、将来の計画を詳細に説明しています。

例えば、AlgorandやCardanoといったネットワークのほとんどは、サステナビリティが約束されていたり、カーボンニュートラル(またはカーボンマイナス)になることをアピールしています。そのため、似たようなプロジェクトを探せば、環境にプラスの影響を与えるプロジェクトに出会うことができるでしょう。

基礎となる技術を調査する

仮想通貨ニュースサイトでは、市場における最新技術についての話題で溢れています。もちろん、処理能力の向上とセキュリティの強化がメイントピックとなりますが、現在はこの2つのテーマに「環境」を掛け算した総合的な技術革新についての議論が飛び交っています。

この点で最も注目されているイノベーションがPosチェーンとなりますが、Hedera社の「hashgraph」といった新技術のように、標準的なアプローチに代わる選択肢も登場しています。

SNSを活用する

最後はSNSです。Twitterの仮想通貨関連アカウントは、定期的に市場内で起きているエキサイティングなイノベーションについてアップデートをしています。更新内容は大幅な価値の上昇を経験している仮想通貨に焦点を当てていますが、その他、投資家の関心をそそるようなサスティナブルなプロジェクトにフォーカスすることも増えています。

また、仮想通貨ニュースをいち早くキャッチできるTikTokの仮想通貨アカウントも大人気です。TwitterとTikTokの両者を利用すれば、投資家はどのプロジェクトが積極的にCO2排出量を削減しようとしていて、どのプロジェクトがそうでないかがわかります。

最もエネルギー効率の優れた仮想通貨 – まとめ

このガイドでは、市場で最もエネルギー効率の優れた仮想通貨プロジェクトについてご紹介しました。省エネ仮想通貨がどのようなものであり、どのように環境に前向きなのかについてご理解いただけたのではないでしょうか?

最もエネルギー効率の良い仮想通貨プロジェクトにアクセスしたい方は、割引価格でトークンの購入ができるプレセールがおすすめです。

中でも、今注目を浴びているIMPTでは、ユーザーがエコプロジェクトに資金を提供してカーボン・クレジットを獲得できる興味深いプロジェクトです。注目の新グリーンプロトコルであり、最も省エネな仮想通貨として、当サイトでも一押しの銘柄となっています。下記でIMPTの購入方法を簡単にご紹介しましょう。

1000倍の仮想通貨に化ける可能性のある草コインや話題性のあるミームコインに投資するのも良いですが、環境を考慮し世の中のためになるプロジェクトに投資してみるのも良いかもしれませんよ。

IMPTトークンの買い方

IMPTは仮想通貨市場で最も地球に優しいエコかつSDGをアピールした仮想通貨です。現在、割引価格で購入できるプレセール中ですが、エコフレンドリーを推進する投資家にも積極的に選ばれており、調達金額も予想を超える数字となっています。完全購入方法はこちらから確認できます。

手順1:仮想通貨ウオレットの作成

まず、IMPTトークンを購入するには、イーサリアムベースの通貨を受け入れている仮想通貨ウオレットが必要となります。機能性の観点からMetamask、またはTrust Walletなどをおすすめします。

ウオレットを作成したら、リカバリーコードを書き写して保管しておきましょう。

手順2:ETH/USDTを購入

metamask

実際の購入プロセスに入ります。希望の取引所でETH/USDTを購入し、IMPT購入の準備をします。この時、ガス代とどれくらいの量のIMPTを購入するかを検討しておきましょう。

手順3:ウオレットに接続

次にIMPT公式サイトにアクセスし、「Connet Wallet(またはWallet Connect)」をクリックします。ここで、仮想通貨ウオレットに接続したことを確認して下さい。

手順4:IMPTを購入

最後にご希望のIMPTを購入します。最低購入単位は10IMPTです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

よくある質問

仮想通貨って省エネなの?

一番省エネな仮想通貨の銘柄は?