Terra(LUNA)=テラ(ルナ)は、拠点をシンガポールに置く技術企業であるTerraform Labs(テラフォームラボ)による暗号資産(仮想通貨)プロジェクトです。このプロトコルは、DeFi取引に必要な一連のアルゴリズムによるステーブルコイン(分散型安定コイン)を作成することで、暗号資産(仮想通貨)の普及を目指しています。さて、LUNAが特別なのはなぜなのでしょう?また、この暗号資産(仮想通貨)は未だに有利なのでしょうか?そして、2022年5月にその価値の99%を失ったのはどうしてでしょうか?

この記事では、これらの疑問に対する答えやLUNAの価格予測の詳細、そしてステーブルコインに焦点を当ててプロトコル成長軌道の可能性についてご説明さていただきます。

アップデート – LUNAの価格はさらに下落。更新された記事をお読みください。

2024年のTerra (LUNA)価格予測

LUNAの価格は、現在最高峰の暗号資産(仮想通貨)であるビットコインに大きく左右されいます。このBTCとその他いくつかのアルトコインは、時価総額のかなりの割合を年初に失いました。しかし、これらのコインの価値はわずかに改善し、初期の業界総評価額は2兆米ドル(約259兆円)台に押し戻しました。

それにもかかわらず、先週はベアが全面に出て、いくつかの有望なプロジェクトが90%以上の価値を失うことになりました。最も影響を受けたものの一つがTerra(LUNA)です。このデジタル資産は過去1週間で、115米ドル(約1万4千円)PEG(Price Earnings Growth=株を割安かどうか判断する指標の一つ)価格の97%の溶かしました。しかし、暗号資産の世界は顕著にカムバックがあることが知られています。ここでは、今後のLUNA価格予測をご紹介いたしましょう。

  • 2022年末 – Terra(LUNA)発行企業のTerraform Labs(テラフォームラボ)が、傾いた相場とステーブルコイン(UST)を自己修正して投資家の信頼を取り戻すでしょう。LUNAの価格予測は、今後3年間でデジタル資産が50米ドル(約6,400円)以上で取引されるはずであるとしています。
  • 2023年末 – 暗号資産市場はさらに普及し、DeFi(分散型ファイナンス)が盛り上がりを見せるはずです。このエコシステムにおけるTerraの極めて重要な役割によりによって、200米ドル(約2万5千円)という強力なPEGに到達すると思われます。
  • 2025年末 – 一連の金融商品群の成熟によって、LUNAの価格の予測は今後3年間でなんと500米ドル(約6万4千円)を達成すると見込まれます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

✏️ シンボルLUNC
💲 価格(米ドル)$0.0000875
📉 価格変動 (1h)7.44%
 📈 価格変動 (24h)8.7%
💵 時価総額$475,925,814
🏆 ランク132
🚀 24時間ボリューム$35,186,607
💸 循環供給5,441,102,373,265
💰 総供給量6,794,537,545,225

Terra (LUNA)の価格推移

TERRA LUNAロゴTerra(LUNA)の価格は、まだ新しい業界の他代替通貨(アルトコイン)と同様に、最も重要な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインの入札状況で決まります。しかし、それにもかかわらず、この暗号資産は爆発的な成長を遂げているのです。ここでは、発売されてからこれまでの、この暗号資産のパフォーマンスをご説明いたします。

2019年7月下旬に、LUNA の価格は1.29米ドル(約167 円)に設定され、その後年間を通じて安定したパフォーマンスを得ていました。より広範な市場統合の後、ユーティリティトークンが0.17米ドル(約22円)のPEGプライスでサポートを求めるような変化が起こりました。

2021年後半に暗号資産(仮想通貨)が脚光を浴びるようになり、それ以降LUNAも価格が急騰しました。2021年前半にLUNAは、断続的に上昇を繰り返した後、0.1米ドル(約12円)から21.4米ドル(約2,700円)まで、なんと1,000%以上急騰しました。その後わずかな修正が行われ、2021年7月には5.95米ドル(約770円)まで下落した後、再び上昇に転じました。

2021年12月下旬に暗号資産(仮想通貨)が、52週間ぶりの高値となる99.7米ドル(約12,800円)まで急騰して、Terraはその可能性を大いに見せつけました。

今年度、暗号資産(仮想通貨)のエコシステムを取り巻く幅広い情勢を鑑みると、利益と損失が混在する年と考えられます。2月中旬、利益の45%を54米ドル(約7,000円)に落とし、2022年にゆっくりとスタートしました。その後、4月5日に市場の反発があり、119.18米ドル約15,200円)の史上最高値(ATH)まで急騰しました。

TERRA LUNA価格

記者会見時、Terra(LUNA)の価格は、一連の市場パフォーマンス低下を受け、生き残りをかけた戦いに直面しました。この暗号資産(仮想通貨)はATH値(過去最高)の95%以上を失い、現在1米ドル(約128円)以下の価値で取引されています。

広い範囲の市場下落と、ステーブルコインUSTがドルからデペッグ(De PEG = 以前に設定された通貨のペグを削除すること)を行ったことの組み合わせが、天文学的なLUNA価格下落の主な原因でしょう。Terraのステーブルコインプロジェクトは、LUNAのパフォーマンスと本質的に結びついています。このステーブルコインは、暗号資産(仮想通貨)LUNAのバーンやマイニングに基づいて、米ドルへのPEGを維持するように設計されていました。しかし、最近の一連の大規模なUSTの売りによって、ステーブルコインのデペッグにつながり、同時に、すでに弱気相場となっているTerra(LUNA)の価格に影響を与えたのです。

テラルナ・ブロックチェーン

このことは一部の投資家たちを落胆させましたが、Terraの創設者は現在、USTステーブルコインのドルへの再PEGに取り組んでいます。この情報は5月11日に、創業者であるDo Kwon氏がツイートしたことで確認できます。Kwon氏はツイートの中で、暴走したステーブルコインのコントロールを取り戻すために、ブロックチェーンプロトコルに対して一連の是正措置があると述べています。

その一つが、ベースプールを5千万SDRから1億SDRに増やすことを目的とした、コミュニティ提案1164を開始することです。また、プールリカバリーブロックを36から18に減少させる予定とのこと。この減少により、マイニング能力は2億9300万米ド(約380億円)から約12億米ドル(1,550億)へと大幅に増加することになります。これは良さそうな他のオプションと組み合わせることで、USTを元の1米ドルの評価額に戻すことに役立つはずです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。暗号資産投資はボラティリティの高い非規制投資商品です。日本では利用者の資産保護のためのルール整備が行われている段階です。初めての暗号資産投資は余剰資金で行うことをおすすめします。

2022年におけるTerra (LUNA)の価格予測

現在、苦境に置かれているTerra。しかし、今後強力で有望なプロジェクトであると考えられます。まず、暗号資産業界で唯一ステーブルコインを扱うプロジェクトだからです。これは、投資家が純粋な暗号資産より、より穏やかでボラティリティの低いデジタル交換媒体を求めていることを考えれば、非常に重要なことです。現在の落ち込みを忘れることは容易くはないでしょうが、LUNAは今後好調が続くと予想します。

ここで、上昇を告げるいくつかの月次ニュースをご紹介いたしましょう。

  • 2022年6月 – 改善措置が開始されることで、暗号資産(仮想通貨)LUNAを取り巻く市場センチメントに変化が現れるはずです。これにより当然、暗号資産(仮想通貨)が0.5米ドルのPEGを上回り、自然と上向くことが予想されます。
  • 2022年7月:さらなる上昇トレンドが予想され、LUNAが1.5米ドルを付ける可能性もあります。
  • 2022年8月 – 若干の修正が入り、暗号資産(仮想通貨)のグリップが失われるかもしれませんが、一時的な混乱なはずです。当サイトはデジタルトークンが1.9米ドルのPEG上でクローズするはずだと、LUNAコイン価格予測しています。
  • 2022年9月 – 強気なコントロールが続き、前月のポジションを2倍にして4米ドル台に向けて上昇すると思われます。
  • 2022年10月 – ようやく暗号資産(仮想通貨)のジャングルを抜け出したLUNAは、より積極的な上昇に向けた準備を進めるでしょう。これにより、10米ドル台に突入することが予想されます。より良い日が待っているはずです!
  • 2022年11月 – Terra(LUNA)の価格予測は依然として強気で、LUNAの価格は30米ドルに迫るはずです。
  • 2022年12月 – 年末を迎え、この期間中の取引活動が少なくなるために、若干成長が阻害される可能性があるでしょう。10米ドルの押し目買いで50米ドルになれば、劇的で素晴らしい一年の締めくくりになることでしょう。

長期的展望によるTerra (LUNA)価格予測

2023年初頭、Terra(LUNA)価格は少し失速するかもしれませんが、これは通常の動きではないと予想されます。ベアから脱却すれば、LUNAがもう一度高値更新することを目にすることができるかもしれません。

LUNA価格

しかし、ベアの反発によって価格帯は60米ドルで抵抗が起きる可能性があります。暗号資産(仮想通貨)市場はビットコインの値動きに大きく左右されることが知られているため、これは確実に予想されます。その後のBTCの回復はLUNAに影響を与えるはずで、より早くカムバックが見られるはずです。

Terraは、DeFiとNFT(非代替トークン)の両方のスペースとなっているため、他の強力なファンダメンタルズのためにステーブルコインの提供をはるかに超えています。Terraの取引コストの安さとネットワークシステムの拡張性は、 DeFiLunaのデータごとに17億米ドルのトータルバリューロック(TVL)を持つ最も価値あるDeFiプロトコルトップ10に入る可能性があります。

これは、Terra Lunaの価格が100米ドルを超えることも示唆し、将来的に有益となる可能性があるということです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。暗号資産投資はボラティリティの高い非規制投資商品です。日本では利用者の資産保護のためのルール整備が行われている段階です。初めての暗号資産投資は余剰資金で行うことをおすすめします。

暗号資産投資はボラティリティの高い非規制投資商品です。日本では利用者の資産保護のた

めのルール整備が行われている段階です。初めての暗号資産投資は余剰資金で行うことをおすすめします。

Terra (LUNA)の価格チャート

アップデート – LUNAの価格はさらに下落。更新された記事をお読みください。

記者会見時、LUNAは0.00990米ドル(約1.2円)で取引され、過去24時間で99.%下落しました。

LUNA価格 PrimeXBT

LUNA/BTCの価格チャートでは、暗号資産(仮想通貨)は弱気のコントロールを見せています。そして、そのMACD(移動平均収束拡散及び発散手法)は、徐々に買いシグナル表します。RSI(相対力指数)の数値11.17は、LUNAが売られすぎの領域にあることを示してるのです。

暗号資産(仮想通貨)のテクニカル分析(TA)は、過去数日間でベアの引きが強くなっていることを示しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。暗号資産投資はボラティリティの高い非規制投資商品です。日本では利用者の資産保護のためのルール整備が行われている段階です。初めての暗号資産投資は余剰資金で行うことをおすすめします。

Terra Lunaは2024年に買うべき暗号通貨か?

Terraは急成長と繁栄により、多くの注目を集めており、そのユーティリティトークンであるLUNAは大きな利益を享受しています。ブロックチェーンの急速な発展と関連性から、投資家は2024年に仮想通貨おすすめの最高の暗号資産の一つとしてLUNAを購入すべきだと考えています。

Terra Lunaの価格予想をした後に、資金に遊びができそうな場合はそれを元手に新しい仮想通貨をポートフォリオに加えてみるのもいいでしょう。

以下で当サイトで一押しのこれから伸びる仮想通貨を紹介します。

メタマスターズギルド、病みつきゲームになっちゃう程の面白さ

メタマスターズギルド ロゴ メタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。熱中度の高い白熱のゲームプレイが楽しめるため、特にスマホと相性が良いNFTのゲームだと言えるでしょう。

Terra Lunaのようなアルトコインよりも、プレセール中に人気を集めた実績のある仮想通貨の方が予想価格ははるかに高くつくと見込めます。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、NFTゲームおよび、デジタル通貨業界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。また、MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供することで、プラットフォームのリピーター率を高めているようです。時間が経つのを忘れるほどゲームに熱中することができるため、「楽に稼げるゲーム」を体現するような存在だと言えます。

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのゲームが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取るゲームです。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

プレセール開始日 1月11日
購入方法 ETH, USDT, Transak
プラットフォーム イーサリアム
最低購入量 1000 $MEMAG
最大購入量 なし

日本で人気のNFTゲームとなる可能性を秘めたMMG。詳細情報を知りたい方は、テレグラムの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

メタマスターズギルドのやり方は解説記事にて詳細を紹介しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

C ChargeはEVドライバーに稼ぐ機会を提供する

C+Chargeのホーム

2023年にTerra(LUNA)に替わる選択肢としておすすめなのは、環境志向の仮想通貨「C+Charge」です。C+Chargeは、化石燃料から電気自動車(EV)への切り替えを促進するプロジェクトで、EVの運転者に報酬を与えることでカーボンフットプリントを削減することを目的としています。EVを題材にするなんて、Terra(LUNA)に替わる仮想通貨としては意外だと思われる方も多いのではないでしょうか?

CCHGトークンのプレセールはまだ始まったばかりで、トークンは現在0.013ドルで販売されています。トークン価格は、プレセールの最終段階となる第4段階までに80%増の0.0235ドルになる見通しです。伸び幅を見ても、テラ(ルナ)の替わりとして特におすすめできる仮想通貨です。

C+Chargeは、自動車を充電するドライバーにカーボンクレジットを報酬として提供することで、EV所有のインセンティブを高めることを目的としています。

カーボンクレジットは、グリーンなプロジェクトに資金を提供することで二酸化炭素排出量を相殺できる許可証で、1クレジットが1トンの二酸化炭素に相当するものです。

C+Chargeのグラフ

C+Chargeは、Flowcarbonとの主要なパートナーシップを経て、Goodness Nature Token(GNT)の形でドライバーにクレジットを提供します。GNTは検証済みの炭素再生プロジェクトに1対1で支援され、Flowcarbonは、Samsung Nextやa16zなどの主要VC企業を惹きつける7000万ドル投資ラウンドを完了したところです。

また、このプロジェクトは、これまでほとんどが大企業の手に委ねられていたカーボンクレジットの所有権を民主化するものでもあります。例えばテスラは、炭素排出量の多い他の企業にカーボンクレジットを販売することで、年間数十億ドルの利益を上げています。

C+Chargeのモバイルアプリは、カーボンクレジットを提供するだけでなく、電気自動車の運転を現在よりずっと便利で効率的にするものです。このアプリは、最寄りの充電スタンドの位置、料金、待ち時間、充電スタンドが実際に機能しているかなどの重要な情報を提供しています。

化石燃料を使用する自動車やトラックは地球を最も汚染するものの一つであり、EVへの転換は地球の気候変動との闘いにおいて重要な意味を持ちます。

C+Chargeは、DOXとKYCで検証されたチームを持ち、Perfect Solutions Turkeyと提携しています。

CCHGトークンのプレセールは始まったばかりで、最大供給量10億個のうち40%が販売される予定です。プレセールトークンには権利確定期間がなく、ハードキャップは660万ドルとなっています。興味のある方は、C+Chargeのホワイトペーパーを読むか、テレグラムグループに参加して、より詳しい情報を確認してみてください。

また、C+Chargeの買い方を解説した過去記事もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

プレセール開始日 12月16日
購入方法 ETH、USDT、Transak
プラットフォーム Binance
最小購入額 なし
最大購入額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Tamadogeも勢いが止まらない!ペットを育てて稼ぐゲーム

その他の仮想通貨プロジェクトとしてP2E系メタバースゲームのTamadogeへの購買熱が高まっています。

2024年の暗号資産プロジェクトに今すぐ参加したい投資家は、meme coin(ミームコイン)に魅力を感じているようです。Tamadogeの独自トークンであるTAMAは、数日前のベータセールで50万4000ドルを調達しています。

Tamadoge

AR(拡張現実)モバイルアプリでTamadogeペットの飼育、訓練、バトルができ、VRメタバースでは「tamaverse(タマバース)」と呼んでいます。それぞれのペットは、スマートコントラクト機能を用いてNFTとしてミントされ、無限に拡張できるエコシステムになっています。

Tamadogeのベータセールは、どなたでも参加可能です。このプロジェクトでは、プレセールで合計1000万ドルを集めることを目標としています。

最小投資額 1,000 TAMA (〜$10 + ガス代)
最大投資額 N/A
購入方法 ETH、USDT、デビットカード/クレジットカード(Transak経由)
チェーン イーサリアム
ベータ版セール終了日 2024年9月2日
プレセール終了日 2024年 3月 末日

Tamadogeを購入する方法

  • ステップ1 – TAMAトークンを保存できるように、MetaMaskなどのウォレットを用意します。
  • ステップ2 – TAMAトークンの購入には、ETHまたはUSDTが必要になるため、予め取得しておくようにしましょう。
  • ステップ3 – Tamadoge公式サイトの「購入」ボタンをクリック後、「ウォレットを接続」をクリックして、プレセール・ダッシュボードにリンクさせます。
  • ステップ4 – 購入したいTAMAトークンの数量(最低10,000)を入力し、「ETHを変換する」をクリックします。
  • ステップ5 – プレセール終了後、Tamadoge公式サイト上の「Claim」ボタンをクリックします。TAMAトークンを受け取ることができます。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

まとめ

Terraはしばらくの間荒れましたが、この暗号化プロジェクトはDeFi空間で今なお認められています。プロジェクトのアルゴリズムによるステーブルコインは、ユーザーを急成長する分野に参加させる上で重要な役割を果たします。その中で、2024年に最も投資すべき暗号資産プロジェクトは、MEMAGです。

暗号資産プロジェクトは、次世代のレベルへと進化を続け、大きな変貌を遂げています。相場低迷期にかかわらず、ベンチャーキャピタルはGameFiセクターへ積極的な投資を続けています。最近は草コインなどの割安 仮想通貨にあえて投資する人もいるので、ある種新しい投資スタイルも定番化しつつあります。

投資家にとってポートフォリオの多様化が必須となった現在では、質の高いトークンを安値で購入したい投資家の勢いは絶えません。

Meta Masters Guilds - 新世代のブロックチェーンゲーム

当サイトの評価

Meta Masters Guild
  • トップレベルのゲーム開発から支援あり
  • 現在、絶賛プレセール中
  • 発行枚数上限あり、ベスティングなし
  • NFTで遊べる!さらに報酬やステーキングあり
  • Solid ProofやCoinsniperによって承認済み
Meta Masters Guild

よくある質問

LUNAの価格は?

Terraが下落した理由はなんですか?

LUNAが驚くほど下落したのはなぜですか?

2024年、LUNAの価値はどうなりますか?