テラ/ルナはシンガポールに本社のある技術企業テラフォームラボ(Terraform Labs)の暗号プロジェクトです。ここでのプロトコルはDeFi(ディーファイ)取引に必要な一連のアルゴリズムによる分散型安定コインを作りし、暗号通貨の普及を目指すものとなっています。とおろで、ルナは一体、何がどう特別なのでしょうか?デジタル資産は将来的にもまだ有利なのでしょうか?なぜ2022年5月にその価値の99%を失ってしまったのでしょうか?

このガイドでは、これらの疑問への答えをはじめ、ルナ価格予測の詳細、安定コインに特化したプロトコルの成長軌道の可能性など、投資家が知りたいことを全てまとめて説明していきます。

更新 – LUNAの価格はさらに下がり続けています。更新後の「LUNAは回復するのか」の記事をぜひご覧になって下さい。

2022年 テラ/ルナ価格予想

ルナの価格はデジタル資産のトップである「ビットコイン」によって大きく左右されてきました。実際、BTCとアルトコインの数通貨は、年初に時価総額の相当の割合を失っています。しかし、これらのコインの価値はわずかに持ち直し、新興産業の総評価額を2兆ドル台に押し戻すことに成功しています

その結果もむなしく、先週は予想外にも有望なプロジェクトがその価値の90%以上を失うというドラマがありました。そして、最も影響を受けた通貨の一つが「テラ/ルナ」だったのです。このデジタル資産は、過去1週間で115ドルの価格ペグで100%に近い97%を失ってしまいました。しかしながら「クリプトスペース」については確実に回復することが予想されているのでご安心下さい。さっそく、タイムラインでのルナ価格予測を見てみましょう。

  • 2022年末 – テラフォームラボが暴落したテラ/ルナとステーブルコイン(UST)を自己的に修正し、投資家の信頼を回復しました。ルナの価格予想としては「50ドル以上で取引されるだろう」と予想しています。
  • 2023年末 – 暗号通貨市場はさらに普及し続けて、早々にも分散型金融(DeFi)が盛り上がりを見せるでしょう。エコシステムにおけるテラとしての役割を果たすべく、200ドルといった強力な価格ペッグに達する見込みです
  • 2025年末 – 金融商品全体が徐々に成熟し、ルナの価格予想は今後3年間でなんと500ドルに到すると見られています。

テラ/ルナ価格推移

テラルナ 価格

テラ/ルナの価格は新興産業の他のアルトコインと同じで、トップデジタル資産であるビットコインの入札に左右されます。このような状況の中で、デジタル資産全体が強烈な成長を遂げているのはまったく不思議なくらいですが、早速、発売以来これまでのデジタル資産の動向を下記で見ていきましょう。

まず、2019年7月下旬、LUNAの価格はその年の長期的な停滞が原因となり、1.29ドルに設定されています。実際、ユーティリティ・トークンが0.17ドルの価格ペグでサポートを求める、といった珍しい動きがが暗号通貨の市場統合後に起こっています。

そして、2021年後半にデジタル資産が瞬く間に脚光を浴びるようになり、LUNAは価格が急騰します。2021年前半には限界とも思える上昇を繰り返した後に、何と0.1ドルから21.4ドルへ1,000%以上の急騰をマークしています。ほんの少しの修正で2021年7月に5.95ドルまで落ち込んだ後、劇的に再び上昇に転じたのです。

今回、注目のデジタル資産が2021年12月下旬に、何と52週間ぶりの高値となる99.72ドルまで急騰しています。まさに、テラブロックチェーンはその可能性を大々的に示したと言えます。

今年はデジタル資産のエコシステムを取り巻く環境が整い、利益と損失が同居する年となりそうです。ルナは、2月中旬に54ドルまで上昇分の45%を失い、2022年をスローな足取りでスタートさせています。暗号市場の上昇により、ルナトークンは4月5日に119.18ドルの史上最高値(ATH)まで急騰したのは記憶に新しいのではないでしょうか?

テラ・ルナ・クリプトティッカー

Terra Luna© Cryptoticker

昨今、プレスリリースでテラルナ価格は、一連の市場パフォーマンスの低下に影響され、生き残りをかけた戦いに直面していると報道されています。それは、このデジタル資産がATH値の95%以上を失い、現在の価値として1ドル以下で市場取引されているからです。

ルナの驚くべき価格下落は、広範な市場の急激な落ち込みと、USTステーブルコインのドルからの「デペッグの組み合わせ」が主な原因だと言われています。テラのステーブルコインプロジェクトは、LUNAのパフォーマンスと根本的につながってことは明確でしょう。ご承知の通り、このステーブルコインはルナ資産の燃焼、鋳造をベースとし、米ドルとのペグを維持するように創意工夫されていました。最近あった大規模なUSTの出金騒動を考えても、すでにベアー相場となっているテラ/ルナ価格に逆影響を与えつつも、結果的にはステーブルコインのデペッグにつながっていたことがわかります。

テラ

投資家にとってはガッカリする話かもしれませんが、プロジェクトの創設者は現在、USTステーブルコインのドルへの再ペッグに終始意気込みをかけていると伝えられています。これは、実際、Do Kwon(ド・クォン)氏が5月11日のツイートで話していたことですが、暴走したステーブルコインへを再度、軌道修正しコントールするために、ブロックチェーンプロトコルによる一連の救済措置が必要だと述べています。

その1つが、ベースプールを5000万SDRから1億SDRに増やすことを目標とする「コミュニティプロポーザル1164」の始動でしょう。また、PoolRecoveryBlock(プールリカバリーブロック)を36から18に減少させることも、この先に予定されています。こうすることで、造幣容量は2億9300万ドルから約12億ドルへと大幅にジャンプアップします。他の格好のオプションと組み合わせれば、USTを元の1ドルの評価額に戻すのも夢ではないでしょう。

2022年 テラ/ルナ 価格予想

テラは現在直面している大災難にもかかわらず、強力で有望な通貨として、暗号業界で唯一安定したコインを扱うプロジェクトであり続けています。ここで、投資家が一般的な暗号資産よりも、より穏やかでボラティリティの低いデジタル資産を求めていることを考えると、このプロジェクトは将来的にも多くの投資家が興味を示す人気通貨になる可能性があります。もちろん、現在の落ち込みをすぐには忘れることは難しいと思いますが、ルナ価格予想はこれからも良好なものが続くと信じています。

ここでは、ルナの上昇を告げる、期待の月次予想を挙げてみます。

  • 2022年6月 – 改善措置が開始されたため、ルナを取り巻く繊細で興味深いな動きがあるでしょう。ここでデジタル資産はごく自然に0.5ドルの価格ペグを上回る水準になると予想されています。
  • 2022年7月:さらなる上昇トレンドが続くでしょう。ルナが1.5ドルの価格をマークできるのも想定内です。
  • 2022年8月 – ここで若干の修正が入るため、デジタル資産のグリップが失われる可能性が多少あります。これは一時的な動揺に過ぎませんが、当サイトのルナコイン価格予測ではデジタルトークンが1.9ドルの価格ペッグの上でクローズすると見ています。
  • 2022年9月 – 前月からの強気相場が続き、ルナは前月の2倍となります。つまり、4ドル台に向けて価格が上昇すると考えています。
  • 2022年10月 – 暗号世界の迷宮を抜け出したルナは、より積極的な上昇に向けた準備をスタートします。これにより、10ドル台に突入することが現実的になると予想しています。ぜひ、良い日が訪れますように!みなさん、祈りましょう。
  • 2022年11月 – さらにテラ/ルナの11月の価格予想はまだまだ強気相場続きそうです。おそらく価格は30ドル前後になるでしょう。
  • 2022年12月 –冬休みやロングホリデーが入るため、ルナはおのずと取引活動が少なくなります。若干の成長を阻害する可能性がありますが、およそ10ドルの押し目買いで50ドルになったとすれば、ドラマチックな1年の締めくくることができるでしょう。

テラ/ルナの長期的価格予想と展望

テラ/ルナは2023年のスタート地点で、予想外に価格が少し失速する可能性が見られます。しかし、弱気相場から脱却すれば、ルナはもう一度高値の更新するチャンスはあると言えます。

テラ・ルナ社の見通しと展望

しかし、弱気相場の反撃をくらい、60ドルの価格帯で抵抗が生まれる可能性も無きにしも非ずです。繊細な暗号市場はビットコインの値動きに大きく左右されるため、こういったパフォーマンスが予想されるのです。しかし、BTCが上昇する背景を観察すると、LUNAに影響を与える可能性が大きくあります。そのため、後半で回復が見込まれるとも考えられますね。

テラはDeFiとノンファンジブルトークン(NFT)の両方の温床になっていることをご存じでしょうか?低い取引コストとネットワークでのスケーラビリティがあるため、ディーファイラマ=DeFiLlama(DeFi(分散型金融)向けの最大のTVLアグリゲーター)データを有効的に利用すれば、17億ドルのTVL(Total Value Locked)を抱えながらも、最も価値のあるDefiプロトコルトップ10に入ることも可能なのです。

しかも、テラ/ルナの価格が大台の100ドルを超える可能性を秘めているため、将来的に有益となることも大いにあり得るのです。

暗号資産はボラティリティの高い非規制投資商品です。

テラ/ルナ価格チャート

更新 – LUNAの価格はさらに下がり続けました。ぜひ、更新後の「LUNAは回復するか」の投稿をチェックしてみて下さい!

プレスリリースの際、LUNAは0.00990ドルで取引され、過去24時間でほぼ100%ともいえる99.%の下落をマークしています。

ルナ価格表

LUNA/BTCの価格チャートでは、デジタル資産は強烈な弱気景気を示しています。そうとは言いながら、その移動平均収束・発散(MACD)は、徐々に買いシグナルを表しているのがわかります。また、相対力指数(RSI)11.17は、LUNAが売られ過ぎの領域にあることを示しています。

つまり、デジタル資産のテクニカル分析(TA)では、過去数日間、ベラー相場の引きが強くなっていると言えます。

暗号資産はボラティリティの高い非規制の投資商品です。

テラ/ルナは2022年に買うべき暗号なの?

購入する暗号をルナ

テラには華々しいイメージがあるため、暗号市場でもちょくちょくスポットライトを浴びる存在となっていますよね。それに伴って、ユーティリティ・トークンである「LUNA」も大きな恩恵を受けています。このブロックチェーンが急激に進歩したおかげで「2022年に買うべき通貨はLUNAである」「LUNAが暗号通貨のトップの座につくのではないか?」と投資家をワクワクさせているのは事実でしょう。テラが秘める無限の可能性を無視することはできませんが、もう一つ、その条件を満たす暗号プロジェクトがあります。それは「DeFi コイン」です。

DeFi コインは、ブロックチェーンと暗号の普及を助長することを目指す、フェアでコミュニティ主権の暗号プロジェクトです。競争の激しい環境に新規で参入したこのプロトコルは、DeFiのメリットを投資家に学んでもらうことを目指し、近年で輝かしいばかりの大旋風を巻き起こしました。

投資家は新しいプロジェクトのフレームワークが「キャッシュ&グラブ(商品は自然に利益を生むものであると考えること)」であると捉えがちですが、DeFiコインは違います。このプロトコルは長期的な視点に重きを置いておることから、結果的に報酬分配システムにも反映されていることがわかります。また、DEFCの取引やトークン販売にはすべて10%の税金が課されます。そして、総額の50%が現在のDEFC保有者に再分配され、残りは多数のプールに流動性として提供されます。これは、暗号で利息を得るための方法でもあるわけですね。

また、DeFi コイン (DEFC)は、リフレクション、マニュアルバーン戦略、流動性プロバイダーの獲得という3つの柱で運営されています。そして、これら3つの方法は、特に投資家にできるだけ多くの収入をもたらすことを目的としています。これからのデジタルコレクタブルやNFTの発売においても、重要な役割を果たすと期待されているのがDefiコインなのです。

DEFCはメディアの注目をすぐには集めないかもしれませんが、審美眼のある投資家はこの暗号資産を急ぎ足で購入しているようです。人気の分散型取引所(DEX)PancakeSwapでの発売や社内スワッピングプロトコルDeFi Swapの展開後、DEFCは300%以上急騰し、現在の52週で高値0.56ドルを記録しました。

実際、このデジタル資産は現在0.32ドルで取引されており、過去24時間で18%ダウンしています。多くの投資家が1ドル以下の暗号の1つとして、DEFCは潜在的な成長の可能性があると期待度を高めています。

暗号資産はボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Defi コインの購入方法

投資家の方は、年内に起こりうる価格破壊の可能性を考慮しながら、暗号通貨に投資するようにしましょう。以下で購入での手順でご紹介します。

1. Defiスワップに行く

デフィコイン

Defi Swapにアクセスして取引を開始します。

2. ウォレットを接続する

ウォレットコネクト

Defi Defi SwapはWeb 3の取引プラットフォームです。つまり、このプラットフォームを使うには非保護のデジタルウォレットが必要となります。早速「Connect Wallet(ウオレットに接続)」アイコンをタップして、「Connect(接続)」ボタンをクリックしてください。暗号ウオレットをお持ちでない場合は、Metamask(メタマスク)が便利です。

3. 入金する

入金する

Difi Difi Swapで最も普及しているデジタル資産はバイナンスコイン(Binance Coin =BNB)です。もちろん、他のデジタル資産でも簡単にDEFCを購入することができるのでご安心ください。ここではウォレットに入金し、中央の取引所でサポートしている取引ペアを購入しましょう。そして、ウォレットに転送して下さい。

4. DEFCを購入する

DEFCを購入する

次に「From」の部分をタップし、取引したいデジタル資産を選択し「To」の欄で「DEFC」を選択します。そして、スリッページ比率を設定し「Swap」をクリックすれば完了です。

まとめ

テラは、ここ数日間荒れ模様でしたが、まだまだこの暗号プロジェクトはDeFiスペースで認識されている優良通貨です。プロジェクトのアルゴリズムステーブルコインは、急成長するスペースにユーザーを取り込む上で重要な役割を果たしていますが、2022年に投資するべき暗号通貨の1位はDeFiコインとなります。

DeFiコインのファンダメンタルズはかなり強力です!最近発表されたDeFi Swap V1も、DeFi空間における主要勢力になることが明らかにされているほどです。さらに、DEFCトークン保有者は、プラットフォーム上で行われる取引から簡単に受動的な収入を得ることができます。さらにこのデジタル資産は、プラットフォーム上でのデジタルコレクタブルの利用において重要な役割を果たすと言われているため、将来的にも有望な通貨と考えらえます。

さらに、DEFCはDefi Swapへの上場後、300%という驚愕の急騰を遂げました。これは、昨今の弱気市場の中で目を見開くほどの異常値とも言えます。また、まだ成長の余地があるDeFiコインの低価格ペッグは、価値重視の投資家に「安く買って市場とあわせて上昇する」というユニークな投資機会を与えてます。ぜひ、テラ/ルナの今後の動向とあわせて、Defi コインの動きにも着目していきましょう。

暗号資産はボラティリティの高い非規制の投資商品です。

よくある質問

LUNAの価格は?

なぜ、テラは暴落したの?

なぜ、LUNAはこんなに下落してしまっているの?

2022年、LUNAの価値はどうなる?

接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます