インド国内における仮想通貨の取り扱い禁止の懸念は去りましたが、税金は高くなりました。2022年の今、買うべき仮想通貨やNFTのプロジェクトはあるのでしょうか。

インド国民が仮想通貨を売買するたびに課されるインドの源泉徴収税(TDS)1%案に対抗するには、仮想通貨のプレセールによる長期的なバイ&ホールドが最善の投資戦略かもしれません。

この記事では、今、検討すべきインドの仮想通貨NFTプロジェクトベスト5をご紹介します。

2022年に投資すべきインド発仮想通貨ベスト5

これまでに調査したインド発の仮想通貨プロジェクトベスト5を以下の通りご紹介します。

  1. Tamadoge – アジアンスタイルのたまごっち系P2Eゲーム(NFTと仮想通貨の報酬型)
  2. Battle Infinity – インド発の新しいメタバースとファンタジースポーツの仮想通貨プロジェクト
  3. DeFi Coin (DEFC) – 不労所得の可能性を秘めた新しいDAOプロジェクト
  4. Lucky Block (LBLOCK) – 注目すべき革新的なNFTコンペティションプラットフォーム
  5. NEO – 高性能なスマートコントラクトブロックチェーン

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

[/su_button]

今回はインド発で特に大きな支持を得ているプロジェクトもリストアップしました。

仮想通貨プロジェクト一覧の詳しい分析については、以下をご覧ください。

インドのおすすめ仮想通貨プロジェクトに迫る

市場でおすすめのインド発仮想通貨プロジェクトを紹介するにあたり、より幅広い要因を考慮しました。

例えば、プロジェクトの包括的なビジネスモデルや目的、どのようなソリューションを提供するのか、それぞれの仮想通貨に魅力的な上昇要因があるか、などです。

以下、2022年のベストなインドの仮想通貨プロジェクトについて、より詳しく見ていきます。

1. Tamadoge – NFT と 仮想通貨 の報酬を提供するたまごっち P2E ゲーム

Tamadogeは、最高の未来志向仮想通貨プロジェクトの1つで、現在、ネイティブ仮想通貨トークン「TAMA」をプレセールキャンペーンで提供しています。このプロジェクトは、たまごっちのようなエコシステムに焦点を当てた、Play to Earnのゲームを構築しています。

しかし、90年代のクラシックなゲームとは異なり、Tamadogeはブロックチェーン、仮想通貨、NFT、さらにはメタバースといった新しい技術を取り入れることで、次のレベルへと進化しています。簡単に言うと、ユーザーはTamadogeゲームに参加すると、仮想ペットに代表されるユニークなNFTを作成することができるようになるのです。

Tamadogeのペットは様々な特性を持っており、それぞれに希少性設定されています。レア度が高いペットほど、Tamadogeの生態系の中で価値が高くなります。プレイヤーは、P2P(Player to Player)方式で、Tamadogeのペットとバトルをすることができます。バトルに勝つと、TAMAトークンを獲得することができます。

プレイヤーは、従来の「たまごっち」と同じように、ペットの「Tamadoge」を大切にすることができます。そして、ペットの世話がうまくいけばいくほど、バトルで勝つチャンスが増え、その結果、報酬を得ることができるのです。ロードマップを確認することにより、開発チームが没入感のある体験を提供しようと考えていることがわかります。

ゲームを進めると、ユーザーはAR(拡張現実)を通じてTamadogeのペットを見たり、関わったりすることができるようになります。これにより、ユーザーのペットNFTと一緒に、仮想世界で現実であるかのような体験をすることができます。また、iOSとAndroidに対応した「Tamadoge」アプリを提供し、移動中もペットの世話をすることができるようになる予定です。

Tamadogeは、この分野で最も急速に成長している仮想通貨の1つで、すでにソーシャルメディアで大きな注目を集め、今週初めにベータ版のプレセールを完了しています。

さらに、Tamadogeはイーサリアムのブロックチェーンの上に構築されており、Uniswap(分散型取引所)で最高のコインの1つになると予想されています。この記事の後半でTamadogeの購入方法を説明しますが、プレセールの詳細は以下の通りです。投資家は自分のイーサリアムウォレットをウェブサイト上のダッシュボードに接続し、少なくとも10ドル相当のETHまたはUSDTをTAMAにスワップするだけでいいのです。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. Battle Infinity – インド発の新しいメタバースとファンタジースポーツ    の仮想通貨プロジェクト

Battle InfinityBattle Infinityは、今年注目すべき最高のインド発仮想通貨プロジェクトの1つです。インドを拠点とするこのプロジェクトは、プレセールキャンペーンをわずか24日で完売し、16,500BNB(執筆時点では約500万ドル)を調達しました。

このエキサイティングなゲームプラットフォームの次のステップは、8月17日予定の分散型取引所PancakeSwapへのネイティブトークンIBATの上場です。IBATは、その巨大なエコシステムとメタバース世界により、おすすめの新興仮想通貨の一つといえます。

このエコシステムでは、Battle Infinityプラットフォームを通して多くのマルチプレイヤーゲームが登場し、そのすべてに報酬やトークンによるインセンティブが用意されています。例えば、このプロジェクトでは、ファンタジースポーツゲームであるIBATプレミアリーグを提供しています。

これにより、ユーザーは、サッカー、バスケットボール、クリケットなど、特定のスポーツ選手で構成されたオーダーメイドのチームを作ることができるようになります。IBATプレミアリーグでチームを編成した後は、各選手が実際の試合でどのような活躍をするかが、各ユーザーの勝敗を左右することになります。

ibat

例えば、ユーザーがハリー・ケイン(イングランド代表)を含むファンタジーサッカーチームを作ることにしたとします。ケインが次の試合で2ゴールを決めると、プレイヤーにポイントが与えられます。Battle Infinityのユーザーによってポイントが蓄積されると、これがIBATトークンで支払われる現実世界の報酬に反映されます。

Battle Infinityのエコシステムでは、NFTという形でリワードも提供されます。各NFTは特定の目的に使用され、プレイヤーのゲーム活動を支援します。NFTとIBATトークンはいずれも、メタバースと連動し、Battle Infinityのエコシステムで取引することが可能です。

Battle Infinityのエコシステムのツールには、IBATトークンにAPY(年率利回り)を提供するステーキング機能が含まれています。Battle Infinityはまだ始まったばかりのプロジェクトであることを念頭に置いても、長期投資家にとって最高の仮想通貨プロジェクトの1つであることがわかります。

ホワイトペーパーについてはBattle Infinityのウェブサイトでお読みください。また、Battle InfinityのTelegramグループでも最新ニュースを配信しています。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. DeFi Coin (DEFC) – 不労所得の可能性を秘めた新しいDAOプロジェクト

DEFC logo

DeFi Coinは、2022年半ば、待望のDeFi Swapのローンチに続いて登場しました。DeFi SwapはBNBチェーン上に存在する分散型取引所(DEX)で、ユーザーはBEP-20トークンをスワップし、ステーキングやイールドファーミングによって利回りを生み出すことができます。

DEFCはDeFi Swapのエコシステムにおいて重要な役割を担っており、トークンのスワップ時に交換媒体として使用することができます。DeFi SwapはDAOに近い形で運営されているため、投資家はDEFCを購入し利子を受け取ることができます。利回りは365日のロックアップ期間で年間75%に達します。利回りは平均より高いままにして、より柔軟な選択肢も用意されています。

DEFC price chart

DeFiコインがインドで最高のDEXコインの一つとして浮上したもう一つの理由は、トークン保有者がプロジェクトの「不労報酬」メカニズムを通じて受動的な収入源を生み出すことができることです。これらの報酬は、他の投資家がDeFiコインを売買するたびに課される10%の税金によって賄われます。最終的に、この受動的収入と高い利回りの組み合わせにより、DeFiコインは今年ローンチする最高のDAOプロジェクトの1つであるといえるでしょう。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. Lucky Block (LBLOCK) – 注目すべき革新的なNFTコンペティションプラットフォーム

lucky block logo

Lucky Blockは、さまざまな賞品を抽選形式で提供する革新的なNFTコンペティション・プラットフォームです。ブロックチェーンプロトコルの上で動作し、インドを含むすべての地域のための包括的なプラットフォームであることを目指しています。

主なコンセプトは、Lucky Block NFTを購入する必要があるということです。例えば、あるユーザーが、100万ドルの賞金を提供するLucky Blockのコンペティションに参加するとします。

Lucky Block review

ユーザーは、まずNFTを購入する必要があり、それによって初めてコンペティションに参加することができます。その後、コンペティションの開催前、開催中、終了後に、NFT保有者は保有するだけで、報酬を獲得することができます。Lucky Blockのエコシステムでは、報酬はデジタルトークンであるLBLOCKで配布されます。

LBLOCKは、2022年1月にプレセールキャンペーンを実施し、11日前に割り当て分を完売しました。Pancakeswapに上場した後、LBLOCKは6,000%以上の利益を生み出しました。これは、取引開始から1カ月足らずで達成されたものです。仮想通貨業界の下降サイクルに従って調整局面に入ったため、現在、LBLOCKトークンを大幅な割安価格で購入することが可能です。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. NEO – 高性能なスマートコントラクト・ブロックチェーン

neo

NEOは、もともと2014年に設立された老舗の仮想通貨プロジェクトです。中国にルーツを持つNEOは、Da HongfeiとErik Zhangによって作成されました。これは、成長するスマートコントラクトのエコシステムに関心がある投資家にとって、最高のアジア発の仮想通貨プロジェクトの1つといえます。

NEOブロックチェーンは、Delegated Byzantine Fault Tolerance (dBFT) と呼ばれる合意形成メカニズムを利用しており、高速で拡張性のある取引を提供します。例えば、NEOは1秒間に最大10,000件のトランザクションを処理できると推定されています。さらに、NEOの取引手数料は、特に主な競合相手であるイーサリアムと比較した場合、非常に競争力があります。

CoinMarketCapによると、NEOは2016年に初めて公開取引所に登場したとき、0.39ドルで取引されていました。2018年初頭、NEOは約187ドルの史上最高値に達しました。 これは47,000%以上の利益を生んだことを意味します。NEOは2021年に約120ドルでピークを迎え下落サイクルに入りました。執筆時点では、NEOは2018年の高値より95%程低い水準で取引されています。

まとめ

最も成功した仮想通貨プロジェクトの何個かは、インドで生まれました。その主な理由の1つは、インドのコミュニティが新興のテクノロジーや革新的なコンセプトを受け入れる能力があるためです。この記事では、今すぐ検討すべきインドの仮想通貨プロジェクトベスト5を紹介しました。

プレセール中の「Tamadoge」や、8月17日からPancakeSwapで開始される「Battle Infinity」などがおすすめといえるでしょう。

免責事項

関連するすべてのリスクを認識して、常に責任を持って投資することが重要です。 市場は非常に不安定になる可能性があるため、投資する前に広範な調査を行う必要があります。 私たちのサイトは定期的な更新を提供し、推奨するすべてのプラットフォームを入念に検証しますが、自分の意見を形成し、失う余裕があるものだけに投資する必要があります. 投資収益率を保証するものではありません。