仮想通貨 1000倍銘柄特集バナー

仮想通貨投資の醍醐味は、爆発的に価値が高騰することです。過去には、仮想通貨 1000倍銘柄が幾度となく誕生しています。全体として2023年は、仮想通貨市場が大きく弱気相場になっているにもかかわらず、新しいプロジェクトは増え続けています。

新しいコインが登場する中、ニーズに対応するため古いコインも進化し続けています。そのため、来年に向けて、大きな利益を得られる可能性があるのです。

以上を踏まえて、2023年に1000倍になる仮想通貨をご紹介します。また、成長銘柄を選ぶ際に注意すべきポイントや、1000倍になる仮想通貨をどの取引所で買えばいいのかについても解説します。

1000倍もあり得る仮想通貨のリスト

過去の分析結果から、仮想通貨 1000倍銘柄になる有望な仮想通貨は以下の11種類です。

  1. メタマスターズギルド – 病みつきゲームが特徴のおすすめ度ナンバー1仮想通貨
  2. C+Charge – EVドライバーの報酬を提供する1000倍銘柄
  3. FightOut – 960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略する最高のMove-to-Earn
  4. Dash 2 Trade (D2T) – 最適な分析トラッキングツール
  5. RobotEra(TARO) – 新しいメタバースプラットフォーム
  6. IMPT – 環境に優しい仮想通貨プロジェクト
  7. Calvaria(RIA) – 手数料が安価のP2Eブロックチェーンゲーム
  8. Tamadoge(TAMA)– OKXに上場した新しいミームコイン
  9. Battle Infinity(IBAT) – 革新的なメタバースゲームを搭載した新しい仮想通貨
  10. Lucky Block (BLOCK) – Web 3.0プラットフォームで今すぐ収益を獲得可能なプロジェクト
  11. Defi Coin – Pancakeswap(DEX)に対抗する分散型取引所
  12. OKB – OKXが発行するユニークな仮想通貨
  13. Binance(BNB) – 1000倍仮想通貨銘柄

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨 1000倍銘柄の個別詳細解説

将来の1000倍仮想通貨銘柄へ投資をする最良のタイミングは、プレセール時点で参入することです。仮想通貨のプレセールでは、有望な新プロジェクトが一般に公開される前に、投資家にそのプロジェクトに参加する機会を提供しています。

仮想通貨のプレセールでは、投資家は将来1000倍になる可能性のある仮想通貨を非常に割安な価格で購入できます。しかし、一方で投資する価値のあるプロジェクトを見つけるのは難しいものです。

メタマスターズギルド | 仮想通貨の1000倍銘柄1

メタマスターズギルド ロゴメタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。熱中度の高い白熱のゲームプレイが楽しめるため、今年1000倍成長が見込まれる仮想通貨銘柄として注目を集めています。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、仮想通貨業界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。また、MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供することで、プラットフォームのリピーター率を高めているようです。プレイヤーは時間が経つのを忘れるほどゲームに熱中することができ、結果としてより多くの報酬を獲得することができる仕組みとなっています。

メタマスターズギルド ゲーム

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのゲームが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取るゲームです。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

過去に1000倍成長した仮想通貨との類似性が指摘されている「MMG」。その詳細情報を知りたいという方は、テレグラムの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

メタマスターズギルドのやり方はこちらを参照お願いします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

C+Charge|仮想通貨の1000倍銘柄2

【EVドライバーの報酬を提供する1000倍銘柄】

C+Chargeのホーム

2023年に1000倍になりそうな仮想通貨の一つに選ばれたのは、報酬を提供し、EVの運転をより便利にさせ、化石燃料から電気自動車(EV)への切り替えを後押しすることを目指しているC+Chargeです。EVを題材にするなんて、1000倍の仮想通貨銘柄の中でも異質な感じがすると思った人は多いのではないでしょうか。

CCHGトークンのプレセールはまだ始まったばかりで、トークンは0.013ドルで販売されています。プレセールの最終段階となる第4段階までに、トークンは80%増の0.0235ドルになる見通しです。伸び幅を見ても、1000倍が期待できる仮想通貨銘柄と見れます。

C+Chargeは、自動車を充電している間、ドライバーにカーボン・クレジットを報酬として提供することで、EV所有のインセンティブを高めることを目的としています。

カーボン・クレジットは、グリーン・プロジェクトに資金を提供することで二酸化炭素排出量を相殺できる許可証で、1クレジットが1トンの二酸化炭素に相当するものです。

C+Chargeのグラフ

C+Chargeは、Flowcarbonとの主要なパートナーシップを経て、Goodness Nature Token(GNT)の形でドライバーにクレジットを提供します。GNTは検証済みの炭素再生プロジェクトに1対1で支援され、Flowcarbonは、Samsung Nextやa16zなどの主要VC企業を惹きつける7000万ドル投資ラウンドを完了したところです。

また、このプロジェクトは、これまでほとんどが大企業の手に委ねられていたカーボンクレジットの所有権を民主化するものでもあります。例えばテスラは、炭素排出量の多い他の企業にカーボンクレジットを販売し、年間数十億ドルを稼いでいます。

C+Chargeのモバイルアプリは、カーボンクレジットを提供するだけでなく、電気自動車の運転を現在よりずっと便利で効率的にするためのものです。このアプリは、最寄りの充電スタンドのジオロケーター、料金情報、待ち時間、充電スタンドが実際に機能しているかなどの重要な情報を備えています。

化石燃料の自動車やトラックは地球を最も汚染するものの一つであり、EVへの転換は地球の気候変動との闘いにおいて重要な意味を持ちます。

C+Chargeは、DOXとKYCで検証されたチームを持ち、Perfect Solutions Turkeyと提携しています。

CCHGトークンのプレセールは始まったばかりで、最大供給量10億個のうち40%が販売される予定です。プレセールトークンには権利確定期間がなく、ハードキャップは660万ドルとなっています。興味のある方は、C+Chargeのホワイトペーパーを読むか、テレグラムグループに参加して、より詳しい情報を確認してみてください。

また、C+Chargeの買い方を解説した過去記事もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

プレセール開始日 12月16日
購入方法 ETH, USDT, Transak
プラとおフォーム Binance
最小購入額 なし
最大購入額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

FightOut |仮想通貨 1000倍銘柄3

【病みつきゲームが特徴のおすすめ度ナンバー1仮想通貨】

FightOutの日本語ページ

健康&フィットネス業界は、世界の過去統計データを収集するStatistaによると2022年に960億ドルという巨額の市場規模を誇っていますが、その規模は近年伸び悩んでいます。そこで、Move to Earn (M2E : 動いて稼ぐ)アプリとジムクラブを融合したFightOutが、業界の火付け役となるかもしれません。

最大1億ドルという大規模な資金調達により、FightOutアプリ&ジムクラブはこの世界で最も注目される産業の一つをひっくり返そうとしているのです。

フィットネスは私たちの健康や幸福に密接に結びついており、日々の運動目標を達成したり維持したりすることをサポートする機能は、より長く充実した生活を送るために求められています。そのため、このような分野に投資するベンチャー企業も経済的に成功する見込みがあります。

FightOutは、これまで主流であったWeb2.0の仕組みを変革し、STEPNなどのプロジェクトで実装されているWeb3.0のM2Eの弱点を克服することを目標としています。

なぜ、FightOutが次の1000倍銘柄になるのか?

STEPNのようなM2Eプラットフォームは、ユーザーの活動を計測してフィットネス目標に対しアプリ内通貨で報酬を与えるというアイデアを広く普及させました。しかし、FightOutはこれから紹介する数多くの機能により、それら既存のM2Eより優れたプロジェクトになる可能性があります。

まず、FightOutは歩数だけでなく、ジム内にセンサーを置くなど、新しいテクノロジーを駆使しあらゆる形態のフィットネス活動を計測します。また、このプラットフォームを利用するにあたって高価なNFTを購入する必要はありません。

FightOut アプリ app

プラットフォームの軸となるのはFightOutのスマートフォンアプリで、アプリではスマホやスマートウォッチによって身体的パフォーマンスを測定・追跡します。FightOutはサブスクリプションサービスで、アプリ内の2つのトークン($FGHTとREPS)は通常の通貨と同様、FightOutに登録するために使用することができます。

また、$FGHTトークンの経済圏を広げるため、$FGHTでサブスク料を払う人には25%の割引が適用されます。一方REPSは、FightOutのオフチェーンアプリ内通貨です。運動の報酬はREPSで獲得でき、パーソナルトレーナーやFightOut独自のコーチとの遠隔コンサルティング、グッズ、アバター用のコスメなどのあらゆるアプリ内商品やサービスを、REPSで買うことができます。

REPSは$FGHTを使って追加購入することができ、$FGHTトークンの価値を別の角度から支えます。$FGHTは現在0.01665002ドル(1 USDT = 60.06トークン)で販売中で、最小購入額や最大購入額の設定はありません。

FightOutは、Transak、LBank Labs、BlockMedia Labs、Cryptonews.comなど様々な有名暗号資産(仮想通貨)企業によって支援されています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Dash 2 Trade (D2T)|仮想通貨の1000倍銘柄4

【960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略する最高のMove-to-Earn】

best crypto to invest in - dash 2 trade logo

Dash 2 Tradeは、エキサイティングな新しい暗号資産であり、1000倍になる仮想通貨としてトップの銘柄になっています。Dash 2 Tradeは、プレセールで大成功を収めただけでなく、トレーダーや投資家がより多くの情報に基づいた意思決定を行い、利益を最大化できるよう、様々なデータや分析を提供する予定です。

D2Tは仮想通貨と向き合うトレーダーを支えるべく、リサーチと分析のニーズに応えるオールインワンのポータルを提供しています。Dash 2 Tradeは、まさにこの分野のパイオニア的プラットフォームとなりますが、70,000人以上のメンバーとTrustpilotの4/5スコアを誇る世界トップの暗号資産教育プラットフォーム「Learn 2 Trade」が運営しているとなれば、その力強さはお墨付きです。

Dash 2 Trade プレセール4ステージ目

Dash 2 Tradeはトレーダーがより良い判断を下せるよう、膨大な数のツールやサービスを提供しています。その一例をご紹介しましょう。

  • 絶好の売買チャンスを示す取引シグナル
  • トレンドコインを特定する社会的センチメント指標
  • オンチェーン分析機能
  • バックテスト機能を備えた包括的ストラテジービルダー
  • 革新的な仮想通貨プレセールスコアリングシステム
  • 新規CEX/DEXリスティングのリアルタイムアラート
  • Dash 2 Tradeユーザーのための定期的なトレーディングコンペティション

こういったサービスを提供することで、Dash 2 Tradeは世界中のトレーダーや投資家に最高の仮想通貨プロジェクトとなることを目指しています。また、Dash 2 Tradeのプラットフォームにあるの全ツールと機能は、各経験レベルに合わせて使用することができます。つまり、初心者であっても、経験豊富なトレーダーであっても、公平に恩恵を受けることができるのです。さらに、Dash 2 Tradeにはトレーダー同氏が交流し、市場へのアプローチを共有するためのソーシャル機能も搭載されています。

Dash 2 Tradeが誇るエコシステムの軸となるのは、ネイティブERC-20トークンの「D2T」です。D2Tは他の優れたERC-20トークンと同様に、多彩なユーティリティを内蔵しています。もちろん、プラットフォームでは「Starter tier(スターター層)」と「Premium tier(プレミアム層)」の両方にアクセスできるため、使用に際しての投資経験値はほぼ関係ありません。

Dash 2 Tradeが提供する優れた機能にはDiscordの取引競争チャンネル、ホエールウォレット監視機能、専門的な市場指標、また最大100のウォッチリストなどがあります。Dash 2 Tradeのトップ機能は有料会員にのみ提供されますが、プラットフォームには基本的な取引ツールが使えるFree Tier(無料層)もあります。このチャンスを利用してPremium tierで提供しているサービスを体験できます。

なぜDash 2 Tradeは次の1000倍銘柄になるのか?

Dash 2 Tradeの仮想通貨取引プラットフォームのネイティブトークンであるD2Tトークンはプレセールからわずか24時間で500,000ドルを調達し、その後5日間で2,000,000ドルを超えました。現時点では、このトークンは今回のプレセールステージで計画された5,166,000ドルのうち4,142,466ドルを調達しています。

現在D2Tの価格は、0.0513USDTで1D2Tに上昇するまで、供給量は、20,470,680D2Tしか残されていません。将来を予測するのは難しいとしても、多くの専門家はD2Tトークンが1000倍になる大きな可能性を持っていると考えています。D2Tはプレセール終了後、仮想通貨取引所への上場を予定しています。

※Dash 2 Tradeのプレセールは見事成功し、最終資金は総額15.42ミリオン米ドル(約10億円超)にも及びました。トークンであるD2Tは、現在取引所にて購入可能で、1000倍の仮想通貨銘柄になる可能性もあるので、高騰しすぎる前に確保しておくことが得策でしょう。

D2Tの買い方など詳細が気になる方は、左記のリンクから確認しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

RobotEra|仮想通貨の1000倍銘柄5

【新しいメタバースプラットフォーム】

RobotEra logoRobotEraは、NFTを取り入れた新しいメタバースワールドにおいて、プレイヤーにゲーム内で報酬を獲得する機会を提供します。ネイティブ仮想通貨であるTAROは、現在プレセールで購入可能なERC-20トークンで、今後、1000倍になる可能性があります。

RobotEraのメタバースの中では無限の可能性が広がっているのです。例として、ユーザーは仮想の住所を購入することができます。購入した土地には、ユーザーが100%所有権を持つ不動産を建設可能です。RobotEraのメタバース内の土地や不動産の所有権は、固有のNFTによってセキュリティを守られ、識別されます。

さらに、ユーザーはメタバースの中の土地から資源を得たり、ユーザーと同じようにバーチャルロボットの形をした仲間を作ることができます。RobotEraのメタバースではコンサートや博物館、ナイトクラブ、カジノ、サロンなども揃った独自の世界を運営できるようになります。

なぜRoboteraは次の1000倍銘柄になるのか?

ここにも無限大の可能性があります。プレイヤーは仮想の不動産だけでなく、ゲームや没入体験を通して、自分専用の仮想世界を建設することができる、という点も重要なポイントです。そして最も重要なポイントは、上記したことはコーディングの知識がまったくなくとも可能だということです。逆に言えば、RobotEraはユーザーフレンドリーな手段で創造力を発揮する手段を提供しているのです。

RobotEraエコシステムが持つもうひとつの興味深い特徴は、このシステムには中心となってメタバースを管理する組織が存在しないということです。代わりに、この管理の役割はすべてのトークン保有者が出資して参加する「DAO」と呼ばれる自律的なコミュニティによって担われます。この仕組みのおかげで、RobotEraは平等なコミュニティであり続けるのです。

なぜRoboteraは次の1000倍銘柄になるのか?

RobotEraは、2023年にリリースされるメタバース銘柄の中で最もエキサイティングなものの1つであると言われています。仮想通貨業界全体が苦戦しているにもかかわらず、メタバース業界は成長しており、2030年には10兆円以上の規模になると予想されています。

業界の成長に伴い、RobotEraが、エキサイティングなメタバースビジョンを提供すれば、そのトークンであるTAROの価値の上昇により利益を得ることができます。

さらに、RobotEraは近未来的な設定で、ロボットがユーザーのイメージ通りに惑星を再建することを任務としています。このようなメタバースはまだリリースされておらず、その革新的なデザインにより人気を博す可能性が高いといえます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

IMPT|仮想通貨の1000倍銘柄6

【環境に優しい仮想通貨プロジェクト】

IMPT.ioIMPTは、各ユーザーが様々な方法でカーボンクレジットを取得できるという非常にユニークなコンセプトを持っています。例えば、IMPTのマーケットプレイスで購入したり、買い物のついでに取得したりすることができます。そのため、今後1000倍に成長するかもしれない仮想通貨と言われています。このように、大企業や団体だけでなく、個人でも気候変動の危機に対するキャンペーンに貢献することができるのです。

IMPT.ioはカーボンクレジットをトークン化し、NFTという形でユーザーに提供することで、業界を再構築しようとしています。これにより、IMPTが販売するすべてのカーボンクレジットは透明性が高く、定量化可能なものとなり、IMPTは業界で最も信頼できるプラットフォームの1つとなる可能性を秘めています。

なぜIMPTが次の1000倍銘柄になるのか?

IMPT.ioのカーボンクレジット取得方法は3つあります。

  • IMPT.io からカーボンクレジットの直接購入。
  • IMPT.io は、10,000 以上の主要ブランドと提携。小売業者から商品を購入してIMPTトークンを獲得し、それをカーボンクレジットに変換できます。
  • 企業がカーボンオフセットしたい場合は、その店舗をIMPT.io に接続。特定の売上マージンを割り当て、カーボンオフセットプロジェクトに使用することができます。

そしてカーボンクレジットを取得した後、ユーザーは認定された環境団体のリストを閲覧し、1トン分のカーボンをオフセットする団体を選択するのです。このシステムは、従来のカーボンオフセットよりもはるかに便利で安全です。このように、IMPTは、今後大きな成長が見込まれるカーボンオフセットのためのプラットフォームとなる可能性があります。

なぜIMPTが次の1000倍銘柄になるのか?

IMPTは、最近、世界的に有名なブランドを同社のショッピングプラットフォームに取り込むことで注目を集めています。これまでIMPTは、Samsung、Netflix、The North Face、Puma、Champion、Hugo Boss、Shop Disney、Microsoftなどのブランドを取り込んできました。これらのブランドの参加が表明されプレセールが終了した今、大きな成長が期待されています。

IMPTのプレセールは12月11日に終了し、1900万ドル(約26億円)以上の資金調達に成功しました。今後IMPTトークンは12月14日にLBank、Changelly、Uniswapに上場する予定です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Calvaria|仮想通貨の1000倍銘柄7

【手数料が安価のP2Eブロックチェーンゲーム】

Calvariaは、プレイヤーとエコシステムの参加者に$RIAと$eRIAの2つのトークンで報酬を提供する新しいPlay to Earnのカードゲームです。eRIAトークンは、トーナメントで優勝したプレイヤーへの報酬として使用されます。また、eRIAは、より高いレベルの新しいカードを購入するための支払いに使用することができます。

Calvaria: Duels of Eternityで使用する各カードは、闇の世界から登場した3Dキャラクターを表していて、ユニークなストーリー性があるのが特徴です。また、ゲーム内には3つの都市が存在し、キャラクターそれぞれに特性があるのも見どころとなっています。

Calvaria内のバトルカードは全てNFTになっていて、プレイヤーは獲得したカードを完全に所有できる権利を持つことができます。さらに、ゲーム内にはプレイヤー同士がカードを売買できるP2Pマーケットが組み込まれています。

Calvariaはかなり戦略に基づいたゲームなので、プレイヤーは勝つために必ずしも強いデッキを揃えている必要がありません。Calvariaは、Gods Unchainedや、Spellfire、Splinterlandsなど、他のP2Eゲームとの類似点がいくつかありますが、それと同時にCalvariaにはこれらのゲームにはない機能もいくつか取り揃えています。

Calvariaの特徴の1つに、無料でプレイできるという点が挙げられます。つまり、RIAトークンやNFTを買わずに、誰でもCalvariaに参加してスターターデッキを受け取ることが可能です。更に新規プレイヤーは、仮想通貨ウォレットすらなくてもCalvariaに参加できるので、仮想通貨ゲームの世界に慣れていないカードプレイヤーでも始めやすい環境となっています。

もう1つ押さえておきたい重要な点として、Calvariaは独自のDAOがあるということが挙げられます。これにより、RIAを所有するプレイヤーはDAOで投票を行い、Calvariaの将来を決めることができます。つまりプレイヤーは、今後のゲームの発展をコントロールできるというかなり重要な役割を担うことができるのです。

なぜ、Calvariaが次の1000倍銘柄になるのか?

$RIAのプレセールは非常に速いスピードで終了し、160万ドルを超えるシード資金を迅速に確保しました。この過去に見られらプレセールの実績は、この仮想通貨が1000倍になるという推測を裏付けるもので、個人投資家と大口投資家が価格上昇前にトークンを仕入れる良い機会となりました。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Tamadoge|仮想通貨の1000倍銘柄8

【OKXに上場した新しいミームコイン】

TAMA logo

過去にDogecoinやShibaIInu等の人気ミームトークンが人気を博し1000倍を達成しましたが、現在ではユーザーに実用性を提供する人気のミーム仮想通貨が増えてきています。Tamadogeはマルチユーティリティトークンであり、今後成長する仮想通貨の1つであると考えられています。

なぜ、Tamadogeが次の1000倍銘柄になるのか?

Tamadogeのプレセールは当初、2022年の第4四半期まで実施される予定でしたが、仮想通貨市場の状況が不安定でビットコインが暴落する中、8週間弱で完売し、合計で1900万USDTの目標値を達成し、プレセールを終了しました。

それが、ヤフーファイナンスの目に留まり、その有用性と魅力的なユースケースが評価されたのです。

なぜ、Tamadogeが次の1000倍銘柄になるのか?

Tamadogeは、いわゆるミームコインとは異なり、実際の利用を想定して設計されています。仮想ペット「Tamadoge」が登場するゲームプラットフォームのネイティブ通貨として機能します。Tamadogeのオーナーは、Tamadogeを鋳造し、繁殖させ、バトルさせてレベルアップさせることができます。Tamadogeは、その他のP2Eゲームの失敗から教訓を得て、Play-to-Earnを楽しめるように設計されています。

9月27日、世界最大級の仮想通貨取引所OKXにTamadogeが上場することを発表しました。

OKXは、TamadogeのTAMAトークンがスポット市場に上場したことを発表します。

Tamadoge(TAMA)は、Tamaverseのゲートウェイ・トークンです。メタバースにおいて、Tamadogeペットを鋳造、繁殖、バトルさせることができるようになります。Tamadogeは、誰もが好きな犬を鋳造できるようになり、ユーザーは自分のTamadoge NFTを繁殖、トレーニング、戦闘させて、毎月リーダーボードのトップに立つことを目標にします。いずれは、拡張現実(AR)体験も可能になり、NFTを用いてTamaverseの仲間たちと一緒に遊べるようになる予定です。

  • 資産名:Tamadoge
  • ティッカーシンボル:TAMA
  • コントラクトアドレス: 0x12b6893cE26Ea6341919FE289212ef77e51688c8
  • 総供給量2,000,000,000

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Battle Infinity (IBAT)|仮想通貨の1000倍銘柄9

【革新的なメタバースゲームを搭載した新しい仮想通貨】

Battle Infinity

仮想通貨の未来は、魅力的なP2E(Play to Earn)要素に満ちたメタバースベースのエコシステムになる可能性があります。Battle Infinityのユーザーは、自分のアバターを作成し、Battle Infinityのゲームに参加して、多額の報酬を獲得することができます。

なぜ、Battle Infinityが次の1000倍銘柄になるのか?

投資家がBattle Infinityという仮想通貨が伸びると考える主な理由の1つは、IBATが提供できる潜在的なリターンです。新しい仮想通貨プロジェクトにおいて初期段階で購入すれば、トークンは最も下落リスクが少なく、最も利益を享受できる傾向があります。

その後、コインが主要な中央集権型取引所であるCEX(例:Binance)に上場すると仮定すれば、かなりのリターンを得られる可能性があります。

Battle Infinityは、ユーザーが収入を得るためのさまざまな方法を提供しており、最高のPlay to Earnゲームの1 つになる素質を備えています。中でもIBATプレミアリーグは、スポーツファンがファンタジーチームを結成し、選手の実際の成績に応じてポイントを獲得できる魅力的なものです。

なぜ、Battle Infinityが次の1000倍銘柄になるのか?

最高得点を獲得したチームには、IBAT建ての報酬が与えられます。また、IBATはBattle Swap機能により他のトークンと交換することができるため、ゲーム内の報酬を現実の商品やサービスの購入資金に充当することも可能です。

NFT市場はここ数カ月で沈静化しましたが、これらの資産には、ブロックチェーンベースのゲームに不可欠なさまざまなユースケースがあります。Battle Infinityのゲーム内アセットはすべてNFTとして構成されており、ユーザーは完全に所有権を保持することになります。これはまた、Battle Marketを通じて取引できることを意味しており、所有者はNFTの価値の上昇から利益を得ることができます。

最後に、Battle Infinityのファンタジースポーツリーグは、ブロックチェーンゲームに関わることに興味を持つスポーツファンに魅力的でしょう。スポーツとその選手について深い知識を持つプレイヤーは、チームを作ってリーグに参加することで、収益化することができます。選手はNFTとして構成されているため、ゲームで成功することによって報酬を得られる一方、現実世界のパフォーマンスによって価格上昇の恩恵を受ける余地があります。

IBATはBattle Infinityのネイティブトークンで、エコシステムが円滑に機能するためのキーとなります。このBEP-20トークンは、報酬の分配、取引、ステーキングに使用されますが、仮想世界のビルボードの広告スペースを購入するために使用することも可能です。これらの特徴を持ち合わせているIBATは今年リリースされるおすすめのアルトコインの1つになりそうです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Lucky Block (LBLOCK)|仮想通貨の1000倍銘柄10

【Web 3.0プラットフォームで今すぐ収益を獲得可能なプロジェクト】

LBLOCK logo

Lucky Blockは新しい仮想通貨ゲームプラットフォームで、特に現在の宝くじの透明性と信頼性の欠如を解決することによって、懸賞、景品、Play to Earnのゲームに関する3,300億ドルの世界的な産業に革命を起こすことを目的としています。Web 3.0の分散型ネットワークの力を応用して中央集権的な運営者の支配を打破することが、Lucky Blockが将来1000倍に成長する仮想通貨の1つになる上での計画です。

最も過小評価されている仮想通貨の一つであり、仮想通貨冬の時代に購入するトークンとしてはもっともオススメな銘柄です。Lucky Blockはバイナンススマートチェーンの力を活用し、より公正で透明性の高いプロセスを提供しています。Lucky Blockのプラットフォームはブロックチェーン上で運用されているため、発生したすべての取引は公開台帳を通して見ることができます。これにより、不正が発生する可能性を低減(除去)するだけでなく、コンペティションの勝者が明確であることを保証してくれます。

なぜ、Lucky Blockが次の1000倍銘柄になるのか?

なぜ、Lucky Blockが次の1000倍銘柄になるのか?

LBLOCKのPancakeSwapへの上場後の数週間で見せた大幅な価格上昇は、さらなる取引所上場への道を開いたと言えるでしょう。Lucky Blockの開発チームは、Binance、crypto.com、最高の仮想通貨取引所への上場申請に照準を定めています。

Lucky Blockという仮想通貨が伸びるもう一つの理由は、開発チームの優れたロードマップと、最高のステーキングコインの1つとしての強い存在感です。ロードマップはLucky Blockのウェブサイトで紹介されており、Lucky Blockグッズの発売や大規模な資金調達イベントの開催など、数々の魅力的なプランが詳述されています。また、将来的にはメタバースへの組み入れも計画されています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

DeFi Coin|仮想通貨の1000倍銘柄11

【Pancakeswap(DEX)に対抗する分散型取引所】

DEFC logo

Defi Coinは、現在最も過小評価されている仮想通貨の1つです。DeFiコインは当初2021年5月にローンチされましたが、DeFi Swapは革新的な新しい分散型取引所の待望のローンチにより、ここ数週間で注目されるようになりました。DeFiコインはこの取引所と密接に関係しているだけでなく、投機や収入創出の可能性もあり、過去1番の1000倍の仮想通貨銘柄となる可能性があります。

なぜ、Defi Coinが次の1000倍銘柄になるのか?

多くの市場関係者は、分散型取引所(DEX)がいずれBinanceやCoinbaseのような中央集権型のプラットフォームに取って代わると考えているようです。

なぜ、Defi Coinが次の1000倍銘柄になるのか?

仮想通貨が分散型であるならば、交換プロセスも分散型であることが理にかなっているのです。

  • DeFi Swapは、革新的かつシンプルなプラットフォームにより、ユーザーが仲介業者を通さずに仮想通貨を交換することを可能にします。
  • その代わり、すべてのスワップは、基盤となるスマートコントラクトによって実行されます。
  • しかし、DEXはまだ発展途上であり、特に取引量は中央集権型取引所と比較しても非常に少ないということに注意が必要です。

しかし、これはメリットでもあり、業界がまだ若いうちにDeFi Swapのような新進気鋭のDEXに触れることができるのです。そして、ひいてはDeFi Swapが成長し続けることで、DeFi Coinの価値にも大きな好影響を与える可能性があるのです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

OKB|仮想通貨の1000倍銘柄12

【OKXが発行するユニークな仮想通貨】

OKBは今後数年で1000倍になる可能性のある仮想通貨です。特に長期的な成長という点では、トップクラスのデジタル資産です。

OKBは、グローバルに運営されているおすすめの仮想通貨取引所およびNFTマーケットプレイスであるOKXが発行する独自の仮想通貨です。

OKBは今後数年で1000倍

OKBはイーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術を用いて発行された「ERC-20」と呼ばれるトークン規格のユーティリティトークンとなっており、OKX関連の様々なサービスでOKBが利用されています。

最も一般的な利用方法は「OKXでの取引手数料支払い手段」となっているため、OKBは”取引所トークン”とも言われていますが、OKBは取引所以外でも使用されており、一部のオンラインサービスなどでは”支払い手段”としてもOKBが採用されています。

また、OKBは日本居住者向けの暗号資産取引所である「OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)」でも2021年6月30日から取扱いが開始される予定となっています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Binance Coin|仮想通貨の1000倍銘柄13

【BNB – 1000倍仮想通貨銘柄】

Binance Coinは、世界で最も取引量の多い仮想通貨取引所のネイティブトークンで、設立以来、ビットコインとの相対的なパフォーマンスにおいて、最も急速に成長している仮想通貨です。

下図のBNB/BTCチャートは、あらゆる仮想通貨の中で最も強い形となっています。つまり、2022年における仮想通貨全体の弱気相場の影響を全く受けていないのです。BNBを保有することは、カジノゲームでハウスに賭けることに似ています。仮想通貨が存在する限り、Binance取引所は存在し、そのネイティブコインBNBはその価値を保持し続けます。

Binance Coin(BNB)

BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏(以下、CZ)は、現在、世界で19番目の富豪であり、純資産は650億ドル(約6.8兆円)です。

Binance Coinは、Binanceの取引プラットフォームで手数料を支払うために使用される仮想通貨で、手数料を割り引く仕組みの見返りとして、シンプルな実用性からCoinMarketCapで5位、ステーブルコインのTetherとUSD Coinを除けば3位の暗号資産になっています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2023年における次の1000倍仮想通貨銘柄を見つける方法

過去何千もの仮想通貨が存在してきたため、2023年に購入すべきおすすめの仮想通貨を見つけ出すことは困難です。仮想通貨を購入し、ホームランを打つ確率を高めるために一般的には、ある一定の法則があります。

ここからは、1000倍になる可能性の高い仮想通貨、あるいは草コインを選択し、成功率を上げるためのステップをご紹介します。

仮想通貨に関するニュースに敏感である

ニュースに敏感であれば、次の1000倍銘柄を見つけるのは簡単です。覚えておくべき重要な要素の1つは、ボラティリティが大きく、特定のニュースが相場の流れを大きく変える可能性があるということです。

例えば、取引所のハッキングや規制当局の取り締まりなどの不都合な出来事は、コインの価格に大打撃を与え、価格を急激に下落させる可能性があります。一方、ポジティブなニュースの場合は、上昇が始まる前に多くの投資家が参入しようと殺到し、価格が急騰することがあります。

市場を動かす可能性のある仮想通貨のニュースを特定する方法は、低資本のアルトコインやペニー通貨の動向を追跡することです。これらのあまり知られていないコインは、主要なメディアで報道された後に勢いを増して上昇していくことが多く、早期に参入することで、将来的に大きな利益を得ることが可能です。

ソーシャルメディアの力を活用する

次の1000倍仮想通貨銘柄を見つける際に、最良の戦略の1つは、ソーシャルメディアをフォローすることです。TwitterやRedditなどのサイトは、ユーザーが仮想通貨の世界に関する新しい開発情報やその他のニュースについての情報を共有できるプラットフォームであるため、リアルタイムでプロジェクトを追跡するのに理想的といえます。

ソーシャルメディアの力を活用する

さらに、これらのサイトには幅広い層のフォロワーや投稿者が集まるため、トレーダーや投資家が何を考えているかを知るための優れた情報源となるのです。

2023年に向けて、仮想通貨業界で優位に立ち回りたいのであれば、これらのサイトを注視することが賢明でしょう。新しいプロジェクトや技術にまつわる誇大広告が多い中、急速に変化するこの分野で自分のポートフォリオを適切に維持するために、すべての最新トレンドを把握することが極めて重要です。

1000倍になり得る仮想通貨を安く買える期間①

1000倍になり得る仮想通貨を買う機関としておすすめするのは、プレセール機関です。

プレセールは、投資家がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の前に仮想通貨を購入する方法です。開発チームにとって、プレセールの主な目的は資本を調達することです。しかし、実は、ICOの前に市場の反応を伺うテストとしても機能しています。2023年に上場予定の仮想通貨一覧はこちらで確認することができます。

投資家にとっては、仮想通貨のプレセールには大きな上昇の可能性があります。プレセール期間中、トークンは、多くの場合プラットフォームのウェブサイトを通じて、非常に割安な価格で販売されます。

トークンが取引所に上場すると、その価格が上昇する可能性があります。投資家はすぐにコインを売却して利益を得ることもできますし、トークンを保有し続け、価格が上昇し続けることを期待することもできます。

最終的には、プロジェクトや投資家のリスク選好度によって戦略が変わってきます。これに加えて、プロジェクトによっては、早期投資家にプレミアム会員権、追加トークン、限定機能へのアクセスなどの報酬を与えるものもあります。

仮想通貨のプレセールには、プロジェクトによってプライベートまたはパブリックの2種類があります。いくつかのプラットフォームでは、仮想通貨のプレセールにアクセスするために、事前に登録する必要があります。一方、Dash 2 Tradeのような、一般の投資家が簡単にアクセスできるプレセールもあります。

Dash 2 Trade プレセール4ステージ目

1000倍になり得る仮想通貨を安く買える期間②

プレセール期の次に、1000倍仮想通貨を手に入れやすいのはICO期です。

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)は、新しい仮想通貨プロジェクトに資金を集める簡単な方法です。ICOでは、開発者は投資家にトークンを大幅な割引価格で発行し、プロジェクトが市場に出たときに利益を得る機会を与えてくれます。これらのトークンは通常、プロジェクトのパフォーマンスと連動しています。

この意味で、ICO関連の仮想通貨は、開発者と投資家の双方にとってWin-Winのシナリオであると言えます。開発者はプロジェクトのための資金を簡単かつ効果的に入手することができ、投資家は高い可能性を秘めた投資先に低コストでアクセスすることができるのです。

ICOの段階で仮想通貨を購入することで、1000倍の恩恵を受ける可能性が高いといえます。現在市場にある最高のミームコインは、ICOの段階で入った人が最も利益を得ています。

ICOの唯一の欠点は、その多くが詐欺まがいであることです。そのため、仮想通貨に投資する前に、しっかりとしたデューデリジェンスが必要です。

過去に1000倍になった仮想通貨

時価総額上位300の仮想通貨のうち20%以上が2021年に1,000倍以上になりました。

DeFi関連の仮想通貨は、決済ソリューションや他の資産運用商品と並んで、多くの利息を得られるため、仮想通貨業界をリードする存在になっています。Anyswap(ANY)は10000倍になり、Terra(LUNA)、Telcoin(TEL)仮想通貨は5000倍に上昇しました。その他、13のDefi関連仮想通貨は1000倍に上昇しました。

ゲームやメタバース関連の仮想通貨はここ数ヶ月でブームになっており、それなりの数の仮想通貨が現れたことはあまり驚くことではありません。Galaは40000倍、有名なSandboxとAxie Infinity等の仮想通貨 ゲームNFT関連の仮想通貨は10000倍になりました。その他、2021年に1000倍を達成したゲーム/メタバース関連の仮想通貨は9種類あります。

過去に1000倍になった仮想通貨

仮想通貨取引所のトークンであるBinance Coinは、比較的良好なパフォーマンスを示しましたが、PancakeSwap(CAKE)は、強気市場の間に1000倍になりました。

Web3.0は、人々がますます口にするようになったテーマです。本質的にはインターネットの次の世代であり、ネットワークに参加するための報酬を提供する分散型仮想通貨である13のWeb 3.0関連の仮想通貨が、2021年に少なくとも1000倍になりました。

なお、仮想通貨銘柄がブランド化する前に(早く買う)だけでなく、仮想通貨 暴落期に買ってしまうのも、今後1000倍の仮想通貨獲得を目指すには有効です。

以上、2021年に1000%以上上昇した仮想通貨は68種類あります。

1000倍の仮想通貨銘柄の買い方

以下の仮想通貨は、購入すべき5個の新しい仮想通貨で、それぞれが魅力のあるユースケースと投資のチャンスを提供しています。

  • ✅ ステップ1:ポテンシャルの高い仮想通貨のプレセールを探す
    2022年を通して仮想通貨市場の各通貨が苦戦する中、仮想通貨のプレセールは比較的低いエントリー価格である上、上昇の余地が大きいため、初期の段階で投資をしたトレーダーに大きなリターンをもたらす可能性があります。
  • 🔎 ステップ2:今、投資を始めるべき人気の仮想通貨プロジェクトをリサーチする
    市場には多くの新しいプレセールが実施されていますが、中には詐欺のものもあれば、Dash 2 Tradeのように合法的でROIの高いものもあります。
  • 💳ステップ3:仮想通貨ウォレットのダウンロード
    MetaMaskやTrust Walletなどの仮想通貨ウォレットをダウンロードし、選んだプロジェクトのプレセールサイトに接続します。
  • 🛒 ステップ4:仮想通貨トークンを購入
    最後に、画面の手順に従い、ETHまたはUSDT、そして選択したプレセールトークンを購入します。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

プレセール以外で1000倍の仮想通貨を購入できる場所

オンラインで仮想通貨を始めるには、仮想通貨取引所に口座を持つ必要があるのは言うまでもありません。プレセールのようなポテンシャルはありませんが、上場後でも100倍になる可能性があるとして注目されています。

OKX – 2023年に仮想通貨を購入できるおすすめの取引所

OKX Logo

これから仮想通貨取引を始めるにあたって、おすすめの仮想通貨取引所をお探しなら、一番のおすすめは「OKX」です

100以上の国々にわたって2,000万人以上のユーザーを持つOKXは、世界最大の仮想通貨取引所の1つです。このOKXのレビューは、プラットフォームに特徴的ないくつかの機能があります。例えば、中央集権型および分散型交換、仮想通貨のローン、デジタル資産のマージン取引オプション等です。

OKXでアカウントを開設するためには公式サイトの「Sign up」をクリックします。ユーザー名や氏名、メールアドレスなど画面内の指示に沿って入力します。本人確認は運転免許証やパスポートをアップロードすることで完了します。

okx japan

OKXへの入金はクレジットカード (​​VISA,、MasterCard、ApplePay) およびPaypalから入金できます。また、他の取引所から仮想通貨を移動・送金することも可能です。

OKXはプレセール後すぐの仮想通貨も多数取り扱っているので、1000倍を狙える銘柄仮想通貨も手に入れられます。

OKXの取引手数料に関しては、1ヶ月の取引量やOKXトークン「OKB」の保有額によって異なりますが、出金に関しての手数料はかかりません。また、OKXにはスマートフォンアプリも用意されており、アプリを利用する場合は銀行振込とLINE Payの利用が可能となります

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

1000倍になる仮想通貨のまとめ

約20,000を超える新しい仮想通貨が存在する上、数十種類が毎日のようにリリースされているため、2023年に爆発的に伸びる次の仮想通貨を見つけるのは難しいことです。

正しい銘柄を選び、また有望な仮想通貨を見つけるのに費やす時間を削減するため、今回は市場を調査し、11種類に絞りました。

その上位が、FightOut、Dash 2 Trade、Robotera、IMPTです。

FightOut - 100倍の成長を見込む次世代のMove to Earn

OUR RATING

FightOutのロゴ
  • LBank LabsとTransakの全面支援!
  • ワークアウトで報酬を稼げる!
  • メタバースでレベルアップとコンテスト実施
  • プレセール中 100万ドル以上の資金調達に成功!
  • 現実世界でのコミュニティと触れ合える
FightOutのロゴ

Meta Masters Guilds - 新世代のブロックチェーンゲーム

当サイトの評価

MEMAGのロゴ
  • トップレベルのゲーム開発から支援あり
  • 現在、絶賛プレセール中
  • 発行枚数上限あり、ベスティングなし
  • NFTで遊べる!さらに報酬やステーキングあり
  • Solid ProofやCoinsniperによって承認済み
MEMAGのロゴ

1000倍になる仮想通貨に関するQ&A

仮想通貨は1000倍になるのか?

1000倍になる仮想通貨は?[/Q1]

次に1000倍になる仮想通貨は何?