現在、AI要素を取り入れたユニークな犬系ミームコイン「WienerAI(WAI)」が、注目を集めています。プロジェクト開始から短期間で多くの注目を集め、執筆時点で25万ドル以上を調達しています。

この記事では、WienerAIの購入方法、他のミームコインとの差別化ポイント、プレセール後の長期的な価値、投資対象としての適正性などを詳しく解説していきます。

【WienerAI購入方法クイックガイド】

WienerAIは、マルチステージのプレセール販売形式で、早期投資家には最大限の利益を提供します。

  1. ステップ 1: 公式サイトにアクセス
    まず、WienerAIの公式サイトにアクセスしてください。
  2. ステップ 2: ウォレットにETH、USDT、またはBNBを用意
    WienerAIを購入するには、ETH、USDT、またはBNBのいずれかのトークンをウォレットに用意する必要があります。これらのトークンは、バイナンスなどの仮想通貨取引所で簡単に購入できます。
  3. ステップ 3: ウォレットを接続
    メタマスクウォレット、トラストウォレット、またはWienerAIプラットフォームで利用可能なDeFiウォレットのいずれかをプラットフォームに接続します。
  4. ステップ 4: WienerAIを購入
    プラットフォーム上でWAIトークンを購入すると、自動的にステーキングされ、投資家に追加の利益が得られます。

WienerAIとは?

WienerAIは、犬、AI、ソーセージのハイブリッドをモチーフにしたユニークなマスコットを持つ新しい仮想通貨(ミームコイン)です。ミームコイン界の頂点を目指す史上初のAI、ソーセージ、犬のハイブリッドとして、投資家に毎日報酬を提供するステーキング報酬を利用して成長を目指しています。

開発者は、シリコンバレーで最も優秀な科学者の一人である建築家という設定です。彼は市場で最高のAIを世界に贈りたいと考え、忠実な子犬に実験を行いました。しかし、一連の不幸な出来事により、ソーセージも混ざってしまいました。このミスにより、最も強力でありながら最も風変わりなAIが誕生したというストーリーです。

WienerAIの特徴は、以下になります。

  • 毎日報酬を提供するステーキング報酬
  • 無限に伸びることができる忠実な子犬のイメージ(ブロックチェーンのあらゆる隙間や割れ目を活用する能力を象徴)
  • ホワイトペーパーでは、犬が自分自身を複製することもできることが示されており、このプロジェクトの仮想通貨空間に対する包括的なビジョンをさらに物語っている
  • イーサリアムブロックチェーン上に構築されており、非常にアクセスしやすい
  • AI機能と組み合わされることで、「無限の可能性」を秘めたプロジェクト

WienerAIは、ユニークなコンセプトと強力な機能を備えた、将来性のあるミームコインと言えるでしょう。

WienerAI購入方法 – 完全ガイド

WienerAIは、段階的に資金調達を行う「段階的プレセール」の一部です。価格は各段階で上昇しますが、各段階は2日間しか続きません。つまり、現在の段階は2日後に終了し、次の段階ではトークンの価格が上昇します。

プレセールに参加する手順は、以下になります。

ステップ1:公式サイトへアクセス

最初に、WienerAIの公式サイトにアクセスします。購入前に、ホワイトペーパーを分析し、提供内容を理解し、その可能性を見ることをお勧めします。

ステップ2:ウォレットにETH、USDT、またはBNBを用意する

WienerAIは、ETH、USDT、またはBNBの3種類の通貨のいずれかを使用して購入できます。投資家は、スワップを行うために十分な量のこれらのトークンを持っている必要があります。WAIは1ドル未満の仮想通貨であり、ほとんどの人にとって手頃な価格である可能性が高いですが、目立った利益を得るためには、大量のWAIトークンを購入する必要があります。

そのため、バイナンスからのETH、USDT、またはBNBの保有量を増やすことを推奨します。 バイナンスは、法定通貨を使用して仮想通貨を購入する最も手頃な方法の一つを提供しています。

ステップ3:ウォレットを接続する

次のステップは、ETH、USDT、またはBNBトークンが保存されているウォレットを接続することです。アクセスしやすく、あらゆる仮想通貨を簡単に購入できることから、メタマスクが最もおすすめです。トラストウォレットも選択肢の一つですが、セキュリティ上の欠点があります。代わりに、投資家は最高のイーサリアムウォレットのリストをチェックし、そこから選択することができます。

ステップ4:WienerAIを購入する

投資家は、WAIトークンと交換したいETH、USDT、またはBNBの数を入力する必要があります。トークンは購入され、それらの投資家名の下で予約されます。ただし、ステーキング特典を利用したい人は、BNBを使用してWienerAIを購入するとステーキング報酬が得られないため、ETHまたはUSDTのみを使用する必要があることに注意してください。

WienerAIトークノミクス(早期参入者に優遇される仕組み)

WienerAI開発者は、プレセール終了後にプロジェクトの可能性がさらに高まると確信しています。そのため、早期参入者を最大限に優遇するトークノミクスを設計しました。

総供給量690億枚のうち、以下の通り分配されます。

  • プレセール:30%(207億枚)
    早期参入者への報酬として、プレセール参加者に30%のトークンが割り当てられます。
  • ステーキング報酬:20%(138億枚)
    長期的なプロジェクトへの貢献を促進するため、20%のトークンがステーキング報酬として割り当てられます。
  • コミュニティ報酬:20%(138億枚)
    開発者がソーシャルメディアを通じてステーカーにトークンを配布します。具体的な活動内容はまだ明らかになっていませんが、コミュニティへの貢献に対して報酬が与えられる可能性があります。
  • マーケティング:20%(138億枚)
    プレセール期間中に、WienerAIの存在感を高めるためのコミュニティアウトリーチプログラムやプレゼント企画などに20%のトークンが割り当てられます。
  • 流動性確保:10%(69億枚)
    WienerAIが仮想通貨取引所に上場する際に、DEXおよびCEXの流動性を確保するために10%のトークンが使用されます。

このトークノミクスは早期参入者を優遇し、コミュニティの成長を促進することで、WienerAIプロジェクトの成功を支えることを目的としています。

主なポイントは以下になります。

  • プレセール参加者は、総供給量の30%という大きな割合のトークンを獲得できます。
  • ステーキング報酬やコミュニティ報酬を通じて、長期的なプロジェクトへの貢献が奨励されます。
  • マーケティング活動に十分な資金が割り当てられることで、WienerAIの認知度向上とユーザー獲得が期待できます。
  • 流動性確保のための資金が確保されているため、上場後のスムーズな取引が期待できます。

WienerAIトークノミクスは、プロジェクトの長期的な成功に向けた戦略的な設計と言えるでしょう。早期参入を検討している方は、このトークノミクスを参考に、投資判断を行うことをおすすめします。

WienerAIは投資対象になるか?

ビットコインを指差して斜め上を見る女性

WienerAIは、クールなウェブサイト、魅力的なAI駆動の特典、そして面白いミームコインをユーザーに提供しています。しかし、ステーキング以外の機能はまだ開発中であり、実際に投資する価値があるかどうかは判断が難しいです。

ミームコインは依然として人気?

CoinMarketCapによると、全てのミームコインの合計時価総額は540億ドルを超えており、多くのトークンは弱気な価格を示す「下降トレンド」を形成していますが、全体的なパフォーマンスは依然としてポジティブです。

市場をリードするミームコインには、digwifhatやPEPEなど、それぞれ3位と4位にランクインしているものもあります。これらのトークンは最近リリースされたばかりで、まだコミュニティの注目を集めています。

WienerAIもDegen投資家や長期的な利益を求める投資家の注目を集める可能性があるので、今後爆上げする仮想通貨になる可能性も十分あります。

ステーキングで長期的な利益を提供

WienerAIは、市場でトップクラスのステーキングコインとして地位を確立しています。ミームコインとしてのルーツを持ちながらも、長期的な視点で投資家へメリットを提供します。

ステーキングとは、仮想通貨を一定期間保有することで、定期的な利息を得られる仕組みです。仮想通貨で収益を得る最も簡単な方法であり、特別な技術知識は必要ありません。WienerAIは受動的で手間がかからないため、初心者向けの仮想通貨を探している人にとって魅力的な選択肢となります。

AIトレンド、盛況が続く

2023年初頭のインド・エクスプレスの記事によると、「人工知能」というキーワードの検索数が100%も増えていることが明らかになりました。さらに、2023年3月14日にリリースされたGPT-4の登場により、AIへの関心はさらに高まっています。

GoogleトレンドでもAIは依然として最も注目されているトピックの一つであり、「生成AI」という用語の検索数は3050%も増加しています。このことからも、AI技術への関心の高さが伺えます。

WienerAIは、プロジェクト名からAIとの関連性が明確であるため、投資家にとって魅力的な存在です。AI関連の仮想通貨として認識されることで、人気がさらに高まる可能性があります。

さらに、WienerAIは将来的にAIベースの特典を導入する予定であり、これが市場における競争力をさらに強化するものと期待されます。

AIを活用した特典

WienerAIは、現在AIを活用した特典を正式に発表していませんが、将来的に導入される可能性があります。この楽観的な見通しの根拠となるのが、WienerAIのトークノミクスです。トークン保有者によるガバナンス体制により、コミュニティがプロジェクトの方向性を決定できる仕組みになっています。

具体的には、以下のようなAI活用特典が期待されます。

  • チャットボットやインタラクティブなペット: WienerAIのエコシステム内に、ユーザーと会話したり、一緒に遊んだりできるAI搭載チャットボットやペットが登場する可能性があります。
  • ユニークなサービス: GPTツールの登場により、アプリケーション開発が容易になったことから、WienerAIコミュニティからは独創的なサービスが続々と誕生する可能性があります。

これらの特典はWienerAIコミュニティをより活性化させ、トークン価値の向上にも繋がるでしょう。今後の展開に注目です。

WienerAIロードマップ

WienerAIのロードマップは、3段階に分かれています。すでに最初の段階が始まっており、今後の展開が期待されています。

第1段階:知名度向上

  • プレセール開催:WienerAIはコミュニティ向けにプレセールを実施し、知名度向上に取り組みます。
  • 世界的なマーケティングキャンペーン:WienerAIの認知度を高めるために、世界的なマーケティングキャンペーンを実施します。

第2段階:トークン機能向上

  • 初のアップグレード:WienerAIはトークンの最初のアップグレードを発表します。アップグレード内容は現時点では未公開ですが、購入者にとってより魅力的なユースケースを提供する可能性があります。詳細は、WienerAIのソーシャルメディアをフォローしてください。
  • KOL Blast:KOL(Key Opinion Leader)によるWienerAIの紹介や宣伝が行われます。

第3段階:グローバルミームコインコミュニティへの参入

  • グローバルミームコインコミュニティへの上場:WienerAIはグローバルなミームコインコミュニティに上場し、注目を集めます。
  • DEX上場:WienerAIは最初にDEX(分散型取引所)、できればユニスワップに上場される予定です。
  • CEX上場:その後すぐに複数の集中型取引所(CEX)にも上場される予定です。
  • CEX選定:WienerAIがどのCEXに上場されるかは、IDO(Initial DEX Offering)としてのプロジェクトのパフォーマンス次第です。

WienerAIプレセールに関するよくある質問

最後に、WienerAIプレセールに関する、よくある質問をまとめます。

WienerAIプレセールの特徴

WienerAIトークンの購入方法

まとめ

このガイドでは、WienerAIについて知っておくべきことについて解説しました。

  • WienerAIトークンの購入方法
  • ユニークなAIミームコインの特徴
  • 利点の詳細

WienerAIは、シンプルなファンダメンタルズと将来的なAI駆動の特典を約束する、おすすめの仮想通貨です。過剰な期待はせず、着実に成長していく可能性を秘めています。そして、包括的なトークノミクスにより、投資家にとって多くの利点が提供されています。

執筆時点では、25万ドル以上を調達しており、0.000306ドルというディスカウント価格で入手可能です。WienerAIへの投資に興味がある方は、仮想通貨への投資方法と、公式サイトを訪問して詳細情報をご確認ください。

また、他の仮想通貨にも興味がある人は、アルトコイン一覧を参考にしてみて下さい。