仮想通貨 種類一覧のバナー

仮想通貨の種類(暗号資産の種類)とは?何種類あるの?

数多くの仮想通貨が存在するので、「仮想通貨 何種類存在るの?」疑問に思っていた方のために、こちらでその疑問を解決します。

仮想通貨の種類(暗号資産の種類)とは、大きく分けて2つに分けられます。1つがビットコインで、もうひとつがアルトコインです。アルトコインとは、ビットコイン以外の全ての仮想通貨のことを指しています。

場合によっては、アルトコインの各銘柄も仮想通貨の種類と見なす場合もあり、アルトコインの仮想通貨には多様な特徴を持つ何種類もの仮想通貨銘柄が存在します。

世界初のブロックチェーン技術を基盤とした仮想通貨、ビットコインは仮想通貨の種類として第一に上がるでしょう。ビットコインが普及するにつれて、仮想通貨の種類、銘柄も急増しました。その結果、仮想通貨取引を行いたいけど、どの銘柄を購入すればいいかわからない、という方も多いのではないでしょうか?

この記事では、仮想通貨の種類、銘柄について、ビットコインなどの既に有名なものから、今後価値が上昇すると期待されているアルトコインまで、日本で買えるたくさんの仮想通貨の種類について紹介します。

この記事を読めば、将来有望なコインを先取りして、仮想通貨取引を優位に行えるようになります。

仮想通貨の銘柄の種類とは?

上でも紹介した通り、仮想通貨は、ビットコインとアルトコインに分けられます。そしてアルトコインの銘柄も細分化できます。この世に「仮想通貨種類辞典」のようなものがあれば良いのですが、まだまだ新しい産業なのでそのようなものは存在しません。ですので、ここでは一つ一つの詳細まで踏み込まずとも、全体感が掴めるような形で紹介します。

2022年12月時点で、アルトコインにはなんと、20,000以上の仮想通貨の銘柄種類があと言われています。

2022年4月時点では約18,000の銘柄が存在していたと言われていることから、毎日何種類もの仮想通貨 種類が増えていることがわかります。

また、アルトコインは開発されるブロックチェーンプラットフォームごとにも分類することができます。

仮想通貨のブロックチェーンの種類で分けられる

仮想通貨の普及に欠かせない技術が、ブロックチェーンです。

その技術に精通している方でなければ、なかなかブロックチェーンが何なのか理解している方は少ないのではないでしょうか?簡単に説明するとブロックチェーンとは、暗号技術を用いた改ざんが非常に困難な仕組みのことです。「分散型台帳」とも呼ばれるブロックチェーンでは、中央となる管理者が存在せず、参加者全員で管理をします。

ブロックチェーンは単なる「仕組み」であり、いくつかの種類が存在します。例えばビットコインや、イーサリアム、Polygon、他にも世界最大級の取引所であるバイナンスが提供するブロックチェーン、BNB Chainなどがあり、その特徴も様々です。

ここで1つ注意したい点があります。それは、仮想通貨は、異なるブロックチェーンプラットフォームで開発された仮想通貨を購入できないということです。

例えば、イーサリアムのネイティブトークンであるETHを購入したとします。ETHはもちろんイーサリアム上で開発されています。次に、ETHを購入後、メタバース体験をより豊かにすると期待されているエバードーム(Everdome/DOME)が欲しいとなっても、ETHでは購入することができません。これは、エバードームがBNB Chain上で開発され、ETHとは異なる基盤、メカニズムを用いて開発されているため、相互に運用ができないからです。そのため、エバードームを購入するためには、一度BNB ChainのネイティブトークンであるBNBに変換をする、という作業が必要となります。

しかし、この煩わしさを解消できる方法があります。それが仮想通貨取引所なのです。OKXなどの仮想通貨取引所を利用することで、現金で直接欲しい仮想通貨を手に入れられるようになります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨の種類 一覧を銘柄別でまとめて紹介

上記の通り、仮想通貨の種類は、銘柄ベースで実に20,000種類以上あると言われています。

このセクションではその中でも有名で、今後有望とされている仮想通貨の種類について紹介します。下記が今回紹介する仮想通貨 種類 一覧です。仮想通貨の種類には、それぞれ特徴がありますので、詳細は以下のセクションで確認してください。仮想通貨 銘柄 種類系のトピックを扱う日本のメディアでは、まだ取り上げられていないような銘柄も、この暗号 資産 種類一覧に含まれていますが、海外だけでなく日本の方も購入可能ですのでご安心ください。

  1. メタマスターズギルド – 病みつきゲームが特徴の仮想通貨
  2. C+Charge – EVドライバーの報酬を提供する種類の仮想通貨
  3. Dash 2 Trade – トレードに必要な全ての機能を搭載するダッシュボードを提供
  4. RobotEra – 機密性の高いメタバース空間を築き上げるGameFiプロジェクト
  5. IMPT – 大気中の二酸化炭素削減を目的とするエコフレンドリーな仮想通貨
  6. Calvaria– 2023年に人気爆発が予想されるP2Eゲーム
  7. Tamadoge – 実用性を兼ね備え、他のコインと一線を画すミームコイン
  8. Battle Infinity – プレセールはわずか24日で完売。NFTとP2Eを組み合わせたプロジェクト
  9. DeFiコイン – 最大75%のAPYを提供する眠れる巨人
  10. イーサリアム – 時価総額第2位を誇る仮想通貨
  11. ビットコイン – 世界初の仮想通貨
  12. DOGECOIN – 世界初のオンラインチップとしてユースケースを持つミームコイン

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨の種類&銘柄種類を個別徹底解説

以降では、上で紹介した今買いの仮想通貨の種類一覧の銘柄をそれぞれ詳しく解説していきます。

日本で知れ渡っているものだけで開く、海外で注目されている仮想通貨の種類も多く含まれているので、ぜひ参考にしてみてください。それぞれの仮想通貨の種類で特徴が大きく異なるので、値段だけでなく、仮想通貨の種類の特徴の違いを理解するとより一層仮想通貨投資が面白くなりますのでおすすめです。

メタマスターズギルド | 仮想通貨の種類1

メタマスターズギルド ロゴ【病みつきゲームが特徴の仮想通貨】

メタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。仮想通貨の種類は様々ですが、MMGは熱中度の高い白熱のゲームプレイを特徴とする点で他とは一線を画しています。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、仮想通貨業界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。また、MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供することで、プラットフォームのリピーター率を高めているようです。MMGはこうした点でも、他種類のおすすめ仮想通貨を寄せ付けない人気を博す可能性を秘めています。

メタマスターズギルド ゲーム

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのゲームが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取るゲームです。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

他の種類の仮想通貨にはない特徴を持つMMG。その詳細情報を知りたいという方は、テレグラムの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

メタマスターズギルドの始め方はこちらを参照お願いします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

C+Charge|仮想通貨の種類2

【EVドライバーの報酬を提供する種類の仮想通貨】

C+Chargeのホーム

2023年に最も環境志向の暗号通貨は、報酬を提供し、EVの運転をより便利にさせ、化石燃料から電気自動車(EV)への切り替えを後押しすることを目指しているC+Chargeです。EVを題材にするなんて、仮想通貨の種類の中でも異質な感じがすると思った人は多いのではないでしょうか。

CCHGトークンのプレセールはまだ始まったばかりで、トークンは0.013ドルで販売されています。プレセールの最終段階となる第4段階までに、トークンは80%増の0.0235ドルになる見通しです。伸び幅を見ても、仮想通貨の種類の中では期待できる銘柄です。

C+Chargeは、自動車を充電している間、ドライバーにカーボン・クレジットを報酬として提供することで、EV所有のインセンティブを高めることを目的としています。

カーボン・クレジットは、グリーン・プロジェクトに資金を提供することで二酸化炭素排出量を相殺できる許可証で、1クレジットが1トンの二酸化炭素に相当するものです。

C+Chargeのグラフ

C+Chargeは、Flowcarbonとの主要なパートナーシップを経て、Goodness Nature Token(GNT)の形でドライバーにクレジットを提供します。GNTは検証済みの炭素再生プロジェクトに1対1で支援され、Flowcarbonは、Samsung Nextやa16zなどの主要VC企業を惹きつける7000万ドル投資ラウンドを完了したところです。

また、このプロジェクトは、これまでほとんどが大企業の手に委ねられていたカーボンクレジットの所有権を民主化するものでもあります。例えばテスラは、炭素排出量の多い他の企業にカーボンクレジットを販売し、年間数十億ドルを稼いでいます。

C+Chargeのモバイルアプリは、カーボンクレジットを提供するだけでなく、電気自動車の運転を現在よりずっと便利で効率的にするためのものです。このアプリは、最寄りの充電スタンドのジオロケーター、料金情報、待ち時間、充電スタンドが実際に機能しているかなどの重要な情報を備えています。

化石燃料の自動車やトラックは地球を最も汚染するものの一つであり、EVへの転換は地球の気候変動との闘いにおいて重要な意味を持ちます。

C+Chargeは、DOXとKYCで検証されたチームを持ち、Perfect Solutions Turkeyと提携しています。

CCHGトークンのプレセールは始まったばかりで、最大供給量10億個のうち40%が販売される予定です。プレセールトークンには権利確定期間がなく、ハードキャップは660万ドルとなっています。これらの事柄により、CCHGは、これから環境を維持していくには必須の仮想通貨の種類と言えるでしょう。

興味のある方は、C+Chargeのホワイトペーパーを読むか、テレグラムグループに参加して、より詳しい情報を確認してみてください。

また、C+Chargeの買い方を解説した過去記事もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

プレセール開始日 12月16日
購入方法 ETH, USDT, Transak
プラとおフォーム Binance
最小購入額 なし
最大購入額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Dash 2 Trade|仮想通貨の種類3

【トレードに必要な全ての機能を搭載するダッシュボードを提供】

仮想通貨の種類の中でもおすすめ銘柄Dash2Trade

Dash 2 Tradeは、暗号資産の取引レベルを引き上げることを目的として開発された、仮想通貨取引に必要となるテクニカル指標やシグナルを提供するプラットフォームです。

トレードで利益を出すために必要となる、上場アラートやプレセール、テクニカル指標が提供されています。シグナルを提供するプラットフォームは多く存在しますが、Dash 2 Tradeが他と大きく異なるのは、ソーシャル分析指標も搭載されている点です。例えば、TwitterなどのSNS上での発言に呼応した値動きなど、仮想通貨の社会文化的要因を起因とした価格変動について追うことができるようになります。つまり、ダッシュボードを活用することで、現在どの仮想通貨の種類が「ホット」なのか、把握できるようになるのです。

Dash 2 Tradeのエコシステムでは、ネイティブトークンであるD2T(dash 2 trade)が利用されています。トレーダーはD2Tを保有することでダッシュボードが利用でき、実用的な洞察に基づいて意思決定ができるようになります。そのため、まだ仮想通貨のトレードの経験が浅い、初心者トレーダーの方には特におすすめできるプラットフォームです。

また、自動化されたソフトウェアでは、評価しきれない指標を評価するためにスコアリングが手動で行われるという点もおすすめできるポイントとなっています。

現在D2Tはプレセールにて購入することができます。総発行枚数10億枚のうち、全9つのステージによるプレセールでは、70%に相当する7億枚が提供される予定です。現在進行中の第3ステージでは、D2T1枚あたり0.0513ドル(約6.9円)で販売されています。

※Dash 2 Tradeのプレセールは見事成功し、最終資金は総額15.42ミリオン米ドル(約10億円超)にも及びました。トークンであるD2Tという仮想通貨の種類は、現在取引所にて購入可能なので、高騰しすぎる前に確保しておくことが得策でしょう。

D2Tの買い方など詳細が気になる方は、左記のリンクから確認しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

RobotEra|仮想通貨の種類3

【機密性の高いメタバース空間を築き上げるGameFiプロジェクト】

RobotEraは、11月中旬に開始されたばかりのGameFIプロジェクトです。2022年に最も注目を浴びた業界の1つである「メタバース」空間でプレイされたゲームで、プレイヤーは、大災害によって破壊された惑星「Taro」の再建をミッションとしてプレイします。P2E(Play to Earn)でもこのゲーム上でプレイヤーは、様々な方法を用いてお金を稼ぐことができます。

プレイヤーはまず初めに、自分自身のアバターである、NFT化されたロボットを作成します。その後、メタバース空間に土地を購入して、インフラや建物を建てて再建を目指します。共に行動するロボットNFTは、アップグレードやカスタマイズが可能。さらに、アップグレードやカスタマイズによって価値が高まったロボットは、オープンマーケットを通して売却することもできます。

RobotEraの仕組み

他のメタバースと大きく異なるのは、プレイヤーが例えば、コンサートやナイトクラブ、美術館など、様々な社会的経験をすることができる点です。プレイヤーはイベントへの参加だけではなく、イベントを主催することもできます。他のプレイヤーはそのチケットを購入することでイベントに参加可能で、主催者は売上分の収益を上げることができるのです。

RobotEraのエコシステムは、ネイティブトークンである「TARO」という仮想通貨の種類によって構築されています。TAROは現在、プレセールを通じて購入可能です。ステークすることで不労所得を得ることもできます。また、DAO(分散型自立組織)によるガバナンスや投票にも参加できるようになります。

3回に分けて行われるプレセールでは、総供給量の18億トークンのうち、2億7,000万枚(各ステージ9,000万枚)が供給される予定です。現在進行中のプレセール第1ステージでは、1枚0.02ドル(約2.7円)で販売されています。第2ステージでは、0.025ドル(約3.3円)、第3ステージでは、0.032ドル(約4.3円)まで上昇します。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

IMPT|仮想通貨の種類4

【大気中の二酸化炭素削減を目的とするエコフレンドリーな仮想通貨】

impt

IMPTは、大気中の二酸化炭素を削減するために開発された、省エネの仮想通貨プロジェクトです。IMPTプロジェクトには、買い物ができるショッピング・プラットフォームが組み込まれており、買い手と企業が繋がることで二酸化炭素排出量を削減できる仕組みとなっています。

詐欺まがいの行為が蔓延しているカーボンクレジット業界において、NFT化していることで透明性の高い取引が可能である点も注目を集めている理由の1つです。

買い手である個人は、IMPTを活用して、待機中から除去すべき一定量の二酸化炭素排出量を表す、カーボンクレジットを購入できます。NFT化された1つのカーボンクレジットは、およそ1トンの二酸化炭素排出量に相当。このクレジットは、投資として取引することはもちろん、焼却して、ブロックチェーンから削除することもできます。

IMPTは既に、アディダスやボス、ヒューゴなど数千を超える企業と提携。利益の一部は、エコフレンドリーな活動に提供されます。また、IMPTのWebサイトを通して上記のようなブランドの製品を購入した買い物客には、ネイティブトークンであるIMPTが、キャッシュバックとして配られます。意識が高い人は、こういったはいコンセプトは仮想通貨 種類の銘柄を支援すると良いでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Calvaria|仮想通貨の種類5

【人気爆発が予想されるP2Eゲーム】

calvariaのイメージ

Calvaria: Duels of Eternityは、NFT(非代替性トークン)を取り入れた、「死後の世界」をテーマとするゲームプラットフォームです。プレイヤーは、NFTであるカードを集めながら、最強のデッキを作り、他のプレイヤーとの対戦で勝利を目指します。勝者には、Calvariaで利用されている2つのデジタルアセットの内の1つ、eRIAが与えられます。eRIAは、NFTカードの購入、アップグレードの際に利用可能です。

もう一つのトークンであるRIAは、Calvariaのメインメインエコシステムトークンであり、所有者はプロトコルに固定することで、より多くの収益を目指せるようになります。また、RIAをステーキングすることで、DAO(分散型自立組織)へのアクセスが可能になるなど、ゲームを進める上で大きな鍵となること間違い無いでしょう。

Calvariaがこれまでに注目を浴びるゲームとなったのには、無料版が提供されているという背景があります。通常、ゲームを進めるために必要なNFTや仮想通貨を購入するには、まとまった費用が必要で、これが参入障壁となり、参加者を遠ざけてしまっていました。しかし、Calvariaは、AppStoreやGoogle Playでダウンロードできる無料版を提供することで、その参入障壁を取り除くことに成功。そこから、ゲームの可能性を感じたプレイヤーや、有料版であるブロックチェーンゲームへ興味をもったプレイヤーを誘導するように工夫をしたのです。また、ゲームの操作自体も非常にシンプルで、誰もが簡単に楽しめる点も多くの人を惹きつける要因となっています。

Calvariaプレセール画面

Calvariaはプレセールを通じて、ネイティブトークンであるRIAという仮想通貨の種類を提供しています。プレセールは元々、全10ステージで、総額3億RIAを提供する予定でした。しかし、開発チームはその人気から、プレセールを全5ステージで終了、さらには供給量を1億5,000万枚へと半減することを決定。現在は第4ステージを進行中で、1枚0.025ドル(約3.3円)で販売されています。最終の第5ステージでは0.035ドル(約4.7円)まで上昇する予定です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Tamadoge|仮想通貨の種類6

【実用性を兼ね備え、他のコインと一線を画す仮想通貨 種類】

Tamadogeとは、独自のメタバース空間「Tamaverse」のネイティブトークンとして機能するデフレ型トークンです。また、SNSなどのインターネット上で広がっているミーム(ジョーク)などをモチーフとして作られたコインである、ミームコインの1つでもあります。DogecoinやShiba Inuに代表されるミームコインはその利便性や技術よりも、コミュニティを重視しているのが特徴。その分、話題を生み出して、トレンドになりやすいのもミームコインの特徴です。

多くのミームコインは、その実用性に欠けています。しかし、Tamadogeは、P2E(Play-to-Earn)ゲームのメカニズムを掛け合わせることで、その価値を伸ばし続けています。多くのP2Eゲームと同様にTamadogeは、ユーザーがゲームを進めれば進めるほど、報酬が得られる仕組みとなっているのです。プレイヤーは、「Tamadogeペット」を作成して、お世話をしながら他のプレイヤーとバトルすることで報酬を獲得できるというシステムとなっています。

さらにホワイトペーパーによると、Tamadogeは今後、拡張現実(AR)アプリも作成予定であり、プレイヤーはTamadogeペットと会話できるようになる予定です。

Tamadogeは、プレセールで1900万ドル(約25億6,700万円)の調達に成功。すでに複数の取引所で購入することができます。Tamadogeは、これまで実用性に乏しかったミームコインというある種冗談系の仮想通貨の種類に、P2Eゲームのメカニズム、メタバースを掛け合わせたことで、今後もその価値を伸ばし続けることでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Battle Infinity|仮想通貨の種類7

【プレセールはわずか24日で完売。NFTとP2Eを組み合わせたプロジェクト】

Battle Infinityは仮想通貨の種類の中でも有力

Battle Infinityとは、世界初の分散型メタバースゲームシステムを誇るゲームプラットフォームです。Battle Infinityは、6つの異なるプラットフォームから構成されています。Battle Infinityの代表的な機能であるIBAT Premier Leagueでは、プレイヤーは選手を獲得してチームを作ることで、その実際のパフォーマンスに応じてポイントを獲得可能。最も高いポイントをマークしたプレイヤーは、IBATという仮想通貨の種類を報酬としてゲットできます。さらに、選手は全てNFTとしても機能するため、プレイヤーはマーケットプレイスにて取引が可能です。

Battle Infinityのプレセールは90日間に設定されていましたが、わずか24日で完売しました。現在は、複数の仮想通貨取引所にて購入可能です。

Battle Infinityのホワイトペーパーによると、プレイヤーは、バーチャルリアリティ(VR)ヘッドセットを利用することで、より没入感のある体験ができるようになります。Battle InfinityのネイティブトークンであるIBATは、エコシステムを円滑に機能させるために機能します。エコシステムには、スワッピング機能や、ステーキング機能といったDeFiサービスが搭載されています。こういった優れたNFTとP2Eのメカニズムを結びつけることで、一線を画すプロジェクトとなっており、今後も大きく価値を伸ばすことでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

DeFiコイン|仮想通貨の種類8

【最大75%のAPYを提供する眠れる巨人】

deficoinは仮想通貨の種類のなかでもDefiと呼ばれる分野で有力

DeFiコインは、ブロックチェーン領域において、眠れる巨人(スリーピングジャイアント)と表現される仮想通貨です。その理由はDeFiコインをネイティブトークンとする、分散型取引所(DEX)DeFi Swapを提供しているからです。その名の通り、今後も成長し続けるとされる分散型金融(DeFi)内にしっかりと根付いた仮想通貨の種類でもあり、スワッピング、ステーキング、イールドファーミングを提供します。

DeFi Swapでは、30日・90日・180日・365日間のステーキング期間を設けており、365日間ロックインすることで、最大で75%のAPYを獲得可能です。

DeFi Swapではアカウントを登録する必要がなく、匿名で分散型サービスにアクセスできる点も大きく注目を浴びている理由となっています。DeFiコインは現在、BitMart、Pancakeswap、DeFi Swapで購入可能です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

イーサリアム|仮想通貨の種類9

【時価総額第2位を誇る仮想通貨の種類】

Ethereumは代表的な仮想通貨の種類

イーサリアムは、スマートコントラクトの機能を備えるプラットフォームです。スマートコントラクトとは、「ユーザーがトランザクション(取引)などの行動を取った際に、あらかじめ設定されたルールに基づいて自動的に実行するプログラム」を意味します。さらに、イーサリアムではブロックチェーン技術を用いているため、データの改ざんなどの不正が非常に困難であるのも大きな特徴です。

イーサリアム上で使用されるネイティブトークンである「ETH」は、後述する世界で1番の暗号資産の種類であるビットコインに次いで、時価総額第2位を誇る仮想通貨の種類となっています。

イーサリアムは仮想通貨の世界だけでなく、NFT(Non-Fungible Token)の分野でも注目されているプラットフォームです。デジタル上ではすぐにデータが複製されてしまう点から、アート品など、唯一無二のものを所有することはほとんど不可能でした。

しかし、「非代替性トークン」と訳されるNFTでは、唯一無二であることを証明する、他のものと変えが効かない「トークン」が振り分けられます。つまり、改ざんが困難なイーサリアム上でNFTであるデジタルアートを作成することで、複製が非常に難しくなるのです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ビットコイン|仮想通貨の種類10

【世界初&世界一の仮想通貨の種類】

BTC Price Preidiction

「仮想通貨の代名詞」としても使用されるのがビットコインです。2008年にサトシ・ナカモトの名で構想と論文が発表され、翌2009年にリリースされました。世界初のブロックチェーンを基盤としたデジタル通貨で、その特徴は何といっても管理者が存在しないことです。従来の中央銀行のような管理者がいないビットコインでは、取引に参加する端末が個別で相互に繋がるP2P(Peer to Peer)ネットワークを構築して、参加者それぞれが管理者の一部として役割を果たしています。

また、ブロックチェーンを用いたセキュリティの高さの他に、供給量が2,100万ビットコイン(BTC)と固定されているのも大きな特徴。つまり、需要が増えれば増えるほど、ビットコインの価値が向上していくのです。そのため、将来的な値上がりを期待して、投機として保有するトレーダーも多くいます。

ビットコインは執筆時現在(2022年12月2日)、16906.90ドル(約220万円)で取引されています。2021年11月9日には、一時6万8,000ドル(約770万円)を記録したことから、現在は大きく価格が下がっているのがわかります。しかしビットコインは、今後も大きく価値を上昇させると予測されており、暴落した今が「買い」だと考える投資家も少なくありません。

今後の動向を踏まえて、今のうちに買っておくのも仮想通貨の種類の1つではあります。しかし下落が継続する可能性も大いにありますので、引き続き情報を集めていくことが大切です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

DOGECOIN|仮想通貨の種類11

【世界初のオンラインチップとしてユースケースを持つミームコイン】

DOGECOINは、ミームコインである「DOGE」というに似た柴犬顔の仮想通貨の種類で、「決済手段」として作成されたミームコインです。2013年に作られたDOGECOINは、ローンチ後まもなく、その価値を300%以上伸ばしました。そして2018年には時価総額で初の20億ドル(約2,700億円)を突破。前述したように、ミームコインは話題性はあるものの、実用性に欠けるコインです。決済手段として作成されたDOGECOINでしたが、SNS上で爆発的な人気を獲得したことから、現在では世界的有名企業でも導入されています。その中には、EV業界で圧倒的なシェアを誇るTesla、世界最大級のコンピューターゲーム小売店であるGameStopなどが含まれています。

さらに、TeslaのCEOであるイーロン・マスクがTwitterを買収後、Twitterのサブスクリプションの決済方法としてDOGECOINが導入されると期待されており、価格が上昇しました。

さらに、DOGECOINはネット上における世界初の「オンラインチップ機能」としてのユースケースがあります。手数料の安さや、少額決済からでも利用できる点から、Redditでは既にDOGEを使ってチップを渡すことができます。Twitterでもチップを送ることができる機能が開発されたと噂されており、実際にローンチされれば、価格が上昇することは間違い無いでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ビットコインに類似した仮想通貨の種類銘柄

仮想通貨取引を行っている方、もしくは開始しようと考えている方であれば、次のビットコインになり得る通貨、ビットコインに類似した銘柄は何なのか、また存在するのか気になることでしょう。ビットコインが登場した当初は、そもそも通貨としての価値が認められておらず、実質0円でした。

しかし、2021年には約770万円という高値を記録。当初からその将来性を見出して保持していた人は、きっと大金持ちになっていることでしょう。このように、ビットコインに類似した仮想通貨の種類銘柄を見つけ出すことで、大きく利益を上げることが可能となります。

さて、ビットコインしか仮想通貨の種類を知らなかった人は、類似した仮想通貨の種類の銘柄は存在するのか、あるおはどんな種類なのかここで確認していきましょう。

ビットコインに匹敵する類似したシステムを持つ銘柄はない

結論として、ビットコインに匹敵する類似したシステムを持つ仮想通貨の種類銘柄はおそらくありません。

やはり、仮想通貨のパイオニアとして広がっただけに、規模感が全く違います。分散型システムの参加者は日増しに増えており、この規模感と肩を並べる仮想通貨の種類は存在しません。

ただし、仕組みに関しては、ビットコインは仮想通貨の基本的なものなので、似た仕組みのものはいくらでもあるでしょう。ですが、後発で立ち上がったプロジェクトは、長く続かないことも多々あるので、その点でビットコインほどの規模には到底追いつかないじょうけようです。

ある種、イーサリアムはビットコインとは異なるプラットフォームとして使われるようになることで、全く違う仮想通貨の種類として、ビットコインと同レベルの価値になる可能性はあるかもしれません。

特に一押しの仮想通貨の種類

それでも、その機能性などから将来的にビットコインのように爆発的に価値が上昇して大きな利益を狙える仮想通貨の種類が2つあります。それが上記でも紹介をした、Dash 2 Tradeと、RobotEraです。

D2Tのロゴ プレセール

一つ目の今一押しの仮想通貨の種類はDash 2 Tradeです。Dash 2 Tradeは、仮想通貨がもっと一般に広がり、普段使いされるようになればなるほど、価値が上昇することでしょう。暗号資産が日常から使用されるようになれば、多くの人が仮想通貨取引にも流れると予想できます。そのため、多くの初心者トレーダーがトレードで利益を上げることを考えると、トレードに必要な重要な指針となるシグナルなどの機能を備えるダッシュボードを提供するDash 2 Tradeが注目をされない理由がないのです。

二つ目の今一押しの仮想通貨の種類はRobotEraです。RobotEraは、メタバース空間で社会的経験ができる点が他のP2Eゲームと一線を画しています。イベントに参加するだけではなく、イベントを開催してチケットを売ることで収益をあげたりできる点も特徴的です。11月中旬に開始したばかりのGameFiプロジェクトで、今現在プレセールにて0.02ドル(約2.7円)で販売されているTAROが、2030年には20倍の0.40ドル(約54円)に達すると予想する投資家も多く存在します。

海外だけでなく日本でも買える仮想通貨は何種類?

OKX

日本で買える仮想通貨の種類は何種類も存在し、何種類あるのかは、実際の数は不明です。公式ホームページから購入できるものや、OKXなどの仮想通貨取引所で購入できる仮想通貨もあります。OKXは、マルタに拠点を置く、世界でも最大級の仮想通貨取引所であり、仮想通貨を購入するのにおすすめです。

OKXは、2017年に設立されたばかりのまだ新しい仮想通貨取引所ですが、デリバティブ取引においては世界第4位にランクイン。さらに世界中に2,000万人以上のユーザー数、500以上の銘柄を取り扱っているなど、中国の仮想通貨3大取引所と呼ばれるまでに成長しています。

OKXでは、ネイティブトークンであるOKBを保有することで、定期的に開催されるIEO(Initial Exchange Offering)に参加できるようになるのも大きなポイントです。他にも、ユーザーからも非常に好評なアプリが提供されている他、口座開設も容易である点も、世界中で多くのユーザーを惹きつける理由となっています。

OKXのアカウント設定方法

OKXでアカウントを開設するにはまず、OKXの公式サイトにアクセスします。ホーム画面右上にある、「Sign Up」をクリックすると登録画面が表示されますので、メールアドレスか、電話番号のいずれかを選択して、パスワードを設定します。

okx marketplace

次にセキュリティ認証を行う必要がありますので、画面に従ってパズルのピースを適切な場所にはめます。認証完了後、登録したメールアドレス、または電話番号に認証コードが表示されますので、入力をしてください。これで、OKXの口座開設は完了です。

新しい仮想通貨 種類のDash 2 Trade(D2T)買い方ガイド

今後も価値が上昇すると期待されている、将来有望なDash 2 Tradeも日本で買える仮想通貨の1つです。全5ステップで購入することができます。

  1. ステップ1 – 仮想通貨ウォレットを作成
  2. ステップ2 – ETH、またはUSDTを購入
  3. ステップ3 – ウォレットと、Dash 2 Tradeの公式サイトと接続
  4. ステップ4 – D2Tを購入
  5. ステップ5 – トークンの請求

ステップ1 – 仮想通貨ウォレットを作成

D2Tを購入するためにはまず初めに、仮想通貨ウォレットを作成します。仮想通貨ウォレットとはその名の通り、仮想通貨を安全に保管できる、オンライン上に存在する財布のことです。取引所などでも仮想通貨を保持することはできますが、突然閉鎖してしまう可能性があります。閉鎖すると、仮想通貨は引き出すことができません。一方、ウォレットで管理していれば取引所閉鎖後も自由に引き出すことができるのです。

metamask jp

おすすめの仮想通貨ウォレットは、MetaMask。MetaMaskではデスクトップで使いやすいだけでなく、iOSやAndroidにもダウンロード可能です。MetaMaskの公式サイトへ行き「Download」をクリック。その後は、ガイダンスに従ってダウンロードを完了させます。

ステップ2 – ETH、またはUSDTを購入

buy eth

次に、仮想通貨取引所でETHまたはUSDTを購入します。どちらの仮想通貨もほとんどの仮想通貨取引所で取り扱われていますので、現在利用している取引所があればそちらで購入ください。もしまだ取引所を利用したことがなければ、上記で紹介したOKXでアカウントを作成して購入できます。

購入後は、ステップ1で作成した仮想通貨ウォレットに転送されます。

ステップ3 – ウォレットと、Dash 2 Tradeの公式サイトと接続

Dash 2 Tradeのプレセール画面

ウォレットに購入した仮想通貨が転送されれば、次にDash 2 Tradeの公式サイトにアクセスして「Colletct Wallet(ウォレットと接続)」をクリックします。ポップアップが表示されれば、ウォレットのプロバイダを選択肢、画面の指示に従ってウォレットと、プレセールダッシュボードにリンクします。

ステップ4 – D2Tを購入

接続が完了すれば、D2Tのプレセールダッシュボードにて、注文ボックスを入力していきます。入力する項目は2つ。まず、先ほど購入したETH、またはUSDTのいずれかを支払い方法として選択します。

D2T purchase

次に希望する投資額を入力。D2Tの最低購入額は1,000D2Tですので、それ以上の金額を入力する必要があります。2つの記入が済めば、最後に内容をダブルチェックして、ウォレットプロバイダーのガイダンスに従って確認します。

ステップ5 – トークンの請求

購入したトークンは、プレセールが終了するまで反映されません。Dahs 2 Tradeのプレセール終了後、トークンジェネレーションイベント(TGE)が開催されますので、その後、トークン保持者はホームページにアクセスして「Claim(請求)」ボタンから、トークンを請求する必要があります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Meta Masters Guilds - 新世代のブロックチェーンゲーム

当サイトの評価

MEMAGのロゴ
  • トップレベルのゲーム開発から支援あり
  • 現在、絶賛プレセール中
  • 発行枚数上限あり、ベスティングなし
  • NFTで遊べる!さらに報酬やステーキングあり
  • Solid ProofやCoinsniperによって承認済み
MEMAGのロゴ

まとめ

仮想通貨の種類は20,000以上あると言われています。その多さゆえ、どの銘柄を購入すればいいのか、どの仮想通貨が今後伸びるのか、サーチに莫大な時間がかかってしまいます。特に最近は、仮想通貨ゲームなどは目まぐるしい勢いで、増えているので、基礎知識がない人には選ぶのは難しくなってきています。

当記事では、仮想通貨の種類一覧で、特におすすめの仮想通貨の種類を紹介しましたが、皆さんは投資の対象の仮想通貨の種類を定められましたでしょうか。

そこで最後に、再度1つおすすめできる仮想通貨の種類の銘柄をおさらいさせていただきます。まさにその仮想通貨の種類はというと、Dash 2 Tradeです。Dash 2 Tradeは、仮想通貨取引に必要となる機能が搭載されたダッシュボードを提供しています。シグナル、テクニカル指標、上場アラート、さらにはソーシャル分析指標を搭載。将来有望な仮想通貨の種類です。

仮想通貨がもっと一般に普及した数年後には、多くの人がなんらかの仮想通貨の種類を保持していることでしょう。このような社会になった際には、仮想通貨取引ももっと頻繁に行われることとなります。その際、特に初心者トレーダーはDash 2 Tradeを利用することで、利益を生み出すチャンスを大きくできるでしょう。Dash 2 TradeのネイティブトークンであるD2Tは現在プレセールにて、1D2Tあたり、0.0513ドル(約6.9円)で取引されています。今後の値上がりも期待できるので、ぜひご参考にしてみてください。

今後もたくさんの仮想通貨上場予定銘柄、これから伸びる仮想通貨、などの新しい仮想通貨爆上げする仮想通貨がいくつも出てくるはずですので、注意が必要です。特に新しいものは、割安の仮想通貨が多いので、プレセールやICOでタイミングよく獲得すると仮想通貨投資で、勝てるはずです。