仮想通貨の税金特集バナー

仮想通貨に興味のある方の中には「仮想通貨の税金」について疑問に思うことはありませんか?もちろん、すでに投資家として経験があったり、これから投資を始めようとする方は、仮想通貨に税金がかかるのか、仮想通貨 税金 計算方法はどのようになっているのか、また仮想通貨 税金 払わない方法があるのかといった項目はしっかり押さえておきたいものです。

振り返れば、仮想通貨第一号である「ビットコイン」の発表があったのが2009年の正月明け。当時は影も形もない存在に多くの人が困惑しましたが、いまや決済のインフラになり得るパワーすら感じられるようになりました。

ここでは仮想通貨の税金をテーマに、仮想通貨の税金に対する計算の仕方や仮想通貨 海外取引所 税金などを含めてご紹介します。

仮想通貨の税金とは?

まず、仮想通貨の税金とはについて概要をご紹介します。

仮想通貨には所得税がかかる

日本では仮想通貨の取引で「所得税」がかかります。日本の国税庁は、仮想通貨がどのように課税されるのかをまとめたガイドラインを定めており、このルールに従って納税する必要があるのです。

基本的に、ビットコインやその他のアルト通貨に投資して利益を得た場合、それらを「財産」として考えます。そして、決済サービス法「Payment Service Act=PSA」または、金融商品取引法「Financial Instruments and Exchange Act=FIEA」により、所得税の「雑所得」区分で課税されます。

雑所得は利子所得や配当所得、また不動産所得、山林所得、キャピタルゲインといった項目が該当しますが、仮想通貨もこのカテゴリーに入ってきます。

社会人の方や学生の方、また年金生活をされている方など、社会的な立ち位置に関係なく、仮想通貨への投資で得た利益は課税対象となります。「仮想通貨利益=課税対象」と認識しておくと良いですね。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨関連で雑所得として課税される例

それでは、仮想通貨関連で雑所得として課税される一般的な例を具体的に挙げてみましょう。

  • 仮想通貨と仮想通貨を交換する場合
  • 仮想通貨を使って賞品やサービスを購入する場合
  • 仮想通貨で支払いを行う場合
  • 仮想通貨を誰かに贈与する場合

上記の他、仮想通貨取引所でステークを行い報酬を受動的に得た場合、また仮想通貨の流動性プールによって得た報酬も課税の対象となります。また、フォークから新しいコインを受信したり、仮想通貨の採掘で得た利益もこれに該当します。

加えて、新しい仮想通貨の場合、世界的なプロモーションを狙った豪華なエアドロップ(Air Drop)を行うことがあります。エアドロップは仮想通貨をランダムに保有者に進呈する画期的なギブアウェイ企画で、中には数万ドルレベルの通貨をばらまくこともある注目のプロモーションの一つです。そして、ここで獲得した仮想通貨も雑所得としてカウントされます。

また、Defiで得た利子、友達や家族に仮想通貨を紹介することで得られるリファラルボーナスも確定申告の対象となってきますので留意しておきましょう。

20万円以上の利益がある場合のみ条件付きで課税対象になる

それでは、仮想通貨への投資で1万円でも利益があると税金を納める義務が発生するのでしょうか?答えは「No」です。

昨年の会計年度(1月1日から12月31日まで)に仮想通貨を取引所で購入し、そのコインを通して「20万円以上」の利益が出た場合は税金がかかってきます。

つまり、1年間に20万円以上の儲けがあった時は所得税申告書に利益の合計を記入し、税務署に申告する必要があるということです。基本的に20万円以下は課税対象にはなりませんが、医療費控除やふるさと納税を行う場合は、仮想通貨で得た利益が20万円以下でも確定申告が必要になりますので注意しましょう。

ちなみに、NTA(Net Tangible Assets)では、仮想通貨における個人投資家と企業投資家の区別をまだつけていません。つまり、今のところは、個人投資家でも企業投資家でも、課税の対象になる利益額や条件の別はありません。

仮想通貨の購入や保有では税金はかからない

例えば、おすすめの仮想通貨を購入したり、購入した仮想通貨を保有するだけで税金がかかることはありません。もちろん、保有通貨を仮想通貨ウオレット間で移動した際も税金の対象にはなりません。

仮想通貨はFXや他の株式投資と比べて、まだまだ歴史が新しい分野に入りますので「税金」に対しての知識があやふやな点もあるでしょう。

また、仮想通貨への投資が初めての方は、購入するだけで課税の対象になるのでは?と不安になることもあると思います。仮想通貨での所得税は、あくまで仮想通貨が生み出した利益が対象となります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨の税金はどれくらいかかる?

前述で、仮想通貨で得た利益が20万円以上になると、雑所得がかかるというご説明をしました。それでは、具体的にどれくらいかかるか?という点について解説していきます。

仮想通貨の税金は個人所得によって異なる

仮想通貨の税金は「個人所得」によって異なります。日本で仮想通貨に投資している方は個人所得額をベースに、仮想通貨で得た利益に対し5%から45%、また最大55%の税金を払うことになります。

例えば、市町村税10%を加算する場合は、仮想通貨にかかる税率が55%まで跳ね上がります。下記の表は所得に対する税金の割合、そして控除額を示したものです。

<所得に対する所得税の割合>

所得額 所得税の割合 控除額
195万円未満 5% なし
195万円以上330万円未満 10% 97,500円
330万円以上695万円未満 20% 457,500円
695万円以上900万円未満 23% 636,000円
900万円以上1,800万円未満 33% 1,536,000円
1,800万円以上4,000万円未満 40% 2,796,000円
4,000万円以上 45% 4,796,000円

参照:国税庁 

また、所得税の付帯項目としては、平成25年から令和19年において、所得税と復興特別所得税をあわせて申告するという点が挙げられます。ぜひ、覚えておきましょう。

上記の表をご覧の通り、年間で4,000万円以上の所得がある場合は45%という驚異的な税金を払うことになることがわかりますね。

所得税にかかる割合を見ると、195万円以下に抑えると税率が5%と最も低いです。おのずと控除額もゼロとなりますが、1,800万円を超えると一気に40%に上がっていきます。支払わなければならない税金を把握しながら利益の行方を追っていくようにしましょう。

もちろん、仮想通貨は投資アイテムとしてもボラティリティが高く、リスクは避けられませんが、できるだけリスクを回避し、上手に運用をしてけば大きな利益を得ることも可能です。あとは、ご自身でどれくらいの所得税レベルまで許容できるかを考え、投資スケールの判断材料にしてみましょう。

仮想通貨の損金は所得から差し引くことはできない

仮想通貨で稼いだ利益が20万円を超える場合は、医療費控除やふるさと納税を行うことを除いて「雑所得」がかかってきますが、逆に「損失分」はどうなるのでしょうか?

仮想通貨で損失が出た場合、その損失額を所得や他の資産から差し引くことはできません。現段階では、不動産資産や事業資産、山林所得、資産譲渡いった場合のみ、損失額を所得から控除することが許されています。残念ながら、仮想通貨においては控除の対象にはなっていません。

仮想通貨の税金計算方法

仮想通貨で利益を得た場合は、所得税の中の「雑所得」として確定申告をする義務があります。ご紹介しています通り、日本には国税庁が定めたルールがあり、仮想通貨にも税金がかかるということは理解できたと思います。

しかし、いざ自分が保有している仮想通貨に利益が出てきた場合、実際にどれくらいの税金がかかってくるのかが気になります。、ここでは簡単な計算式を用いた、簡単な仮想通貨 税金 シミュレーションを挙げてみます。

例1:仮想通貨を売却した場合

ビットコイン1枚を100万円で購入し、300万円になった時に売却した例を見てみます。

  • 基本計算式:(売却時の価格x売却コイン数)ー(購入時の価格x購入コイン数)
  • 例に当てはめた計算(300万円x1BTC)ー(100万円x1BTC)=200万円が課税所得

例2:仮想通貨でショッピングした場合

ビットコイン1枚を100万円で購入し、ビットコインが300万円になった時に新車をビットコインで購入した時の例はこちらです。

  • 基本計算式:新車の値段ー(1BTCの購入価格x支払ったBTCの数量)
  • 例に当てはめた計算:300万円ー(100万円x1枚)=200万円が課税所得

ビットコインやイーサリアムといったアルト通貨への注目度が高まる中、現代ではクリプトタクトGtaxといった仮想通貨 税金 計算 ツール仮想通貨 税金 シュミレーター、また仮想通貨 自動計算ソフトなども続々登場しています。相性の合うツールがあれば、ぜひ活用してみましょう。

また、複数の仮想通貨に投資をしている方で、仮想通貨の税金がおかしい、または投資パターンが複雑で利益の計算の仕方がよくわからないという方は税理士に相談するのが一番です。

このように仮想通貨の税金シミュレーションをしてみるとどれくらいの資産が手元に残るかがよくわかるので、趣味レーションをしてみることは非常に重要です。流石に税金を払わないと、どこかで仮想通貨の税金の申告がおかしいのではないかと勘づかれて、国税にばれてしまうこともあります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨の税金を気にする前に買っておきたい銘柄リスト

上記の仮想通貨の税金に関する説明で概ねの内容は理解できたはずなので、詳細に入る前に緊急で購入する価値がある仮想通貨の銘柄を紹介しておきます。新しい仮想通貨プレセールICOで低価格で手に入れることができるので、お早めに購入することをお勧めします。

  1. Love Hate Inu – 匿名投票で報酬が得られる1番のVote to Earn
  2. FightOut – 健康志向の人にぴったりのコイン
  3. Metropoly – バーチャル不動産投資で話題のコイン
  4. メタマスターズギルド – 病みつきゲームが特徴のコイン
  5. C+Charge – EVドライバーの報酬を提供する種類のコイン
  6. Dash 2 Trade – トレードに必要な全ての機能を搭載するダッシュボードを提供
  7. RobotEra – 機密性の高いメタバース空間を築き上げるGameFiコイン
  8. IMPT – 大気中の二酸化炭素削減を目的とするエコフレンドリーなコイン
  9. Calvaria– 2023年に人気爆発が予想されるP2Eゲームコイン
  10. Tamadoge – 実用性を兼ね備え、他のコインと一線を画すコイン
  11. Battle Infinity – プレセールはわずか24日で完売。NFTとP2Eを組み合わせたプロジェクト
  12. DeFiコイン – 最大75%のAPYを提供する眠れる巨人
  13. イーサリアム – 時価総額第2位を誇る仮想通貨
  14. ビットコイン – 世界初の仮想通貨
  15. DOGECOIN – 世界初のオンラインチップとしてユースケースを持つミームコイン

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨の税金を気にする前に買っておきたい銘柄リスト詳細解説

Love Hate Inu (LHINU)|仮想通貨の税金を気にする前に買っておきたい銘柄No.1

【匿名投票で報酬が得られる1番のVote to Earn】

くの仮想通貨プロジェクトが存在する中、情報を整理し、投資に最適な仮想通貨を特定することは困難なことですよね。たくさんの選択肢からリアルな悩みを解決するプロジェクトを見つけ出すことが重要となります。そこで、「Love Hate Inu」の出番です!

Love Hate Inuは、ミームコイン文化とブロックチェーン技術を組み合わせた革新的なプロジェクトで、世界初のVote-to-Earnプラットフォームを構築しています。

このユニークなプロジェクトLove Hate Inuでは、様々な投票に参加し、投票しながら、ネイティブトークンである$LHINUで報酬を得ることができます。プロジェクト最初のプレセールでは、すでに投資家の注目を集めており、開始後数時間で10万ドル以上の資金を集めています!

LoveHateInuトップ

ステージ1のプレセールでは、$LHINUトークンあたり0.000085 USDTの価格を提供しています。トークンの価格は、プラットフォームの8段階のプレセールが用意され、60日の間に段々と上昇する予定です。

最終段階では、価格は70.5%上昇し、0.000145ドルの見込みとなっています。購入者は、ETH/USDTまたはクレジットカードを使用したフィアットを使ってトークンを手に入れることが可能です。

Love Hate Inuとは?

Love Hate Inuは、ミーム投票に参加してトークンをステーキングしたり投票したりすることで、利用者に報酬を与える新時代のVote-to-Earn(投票報酬)プラットフォームです。

実用的なユースケースを持つこのおすすめ仮想通貨は、人々が一体となって重要な問題に投票することができるため、ソーシャルメディアで人気を集めています。

Dogecoin、Shiba Inu、Tamadogeといった同様のミームユーティリティトークンは大きな成功を収めており、Love Hate Inuもこれら同様の軌跡をたどる可能性が高いでしょう。

Love Hate Inuは、分散型台帳技術を使用して情報の透明性を確保する初のブロックチェーンベースの投票プラットフォームでオンライン調査に革命を起こしています。 安全で匿名性の高いイーサリアムベースの投票システムによって、このユーティリティ・ミームコインはオンライン調査市場で際立っています。

LoveHateInuの世論調査

Stake-to-Voteを解説

Stake-to-Voteは、コミュニティ主導のプラットフォームで、最近の話題に関する健全な議論を促し、ソーシャル・エンゲージメントを高めます。また、このプラットフォームでは、楽しくてシェアしやすい投票にするためにキャラクターイラストも用意されています。

コミュニティを守るために、プラットフォームの使い勝手を良くし、 投票の投稿、および管理ダッシュボードを使用して、有効な投票をすべて管理します。さらに管理ダッシュボードの投票を通じて、プラットフォームの収益をコミュニティーに還元することもできます。

Love Hate Inuのホワイトペーパーにあるように、参加者はトークンを賭けて投票することが可能です。このステークメカニズムは、スパムや不正行為を防ぎ、投票を匿名化することができます。報酬として、ステーキングと投票に使用したトークンを受け取れます。ステーキングの規模や期間に応じて投票力は増します。

Love Hate Inuは投資に向いているか?

Love Hate Inuは、その革新的なブロックチェーン搭載の投票プラットフォームの展開により、オンライン調査市場に大きなインパクトを与える可能性を秘めています。その分散型台帳技術により、不正のない透明性のある情報であることが保証されます。さらに、仮想通貨ミームを活用したコミュニティ主導のアプローチにより、このプラットフォームは、仮想通貨投資の選択肢の1つとなっています。

トークンの供給量は1000億であり、90%がプレセールで販売されるため、ラグプル(詐欺行為)から守られた投資先といえるでしょう。 

LoveHateInu

このおすすめ仮想通貨のプラットフォームは、取引所へのリスティングの資金提供、コミュニティへのインセンティブの提供、流動性の維持のために、トークンの10%のみを保持します。最新情報を知りたい方は、Love Hate Inu Telegramグループに参加することが可能です。

プレセール開始 2023年3月8日
購入方法 ETH、USDT、クレジットカード
チェーン イーサリアム
調達上限額 10,068,750ドル
最小投資額 なし
最大投資額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

FightOut |仮想通貨の税金を気にする前に買っておきたい銘柄No.2

【健康志向の人にぴったりのコイン】

FightOutの日本語ページ

健康&フィットネス業界は、世界の統計データを収集するStatistaによると2023年に960億ドルという巨額の市場規模を誇っていますが、その規模は近年伸び悩んでいます。そこで、Move to Earn (M2E : 動いて稼ぐ)仮想通貨アプリとジムクラブを融合したFightOutが、業界の火付け役となるかもしれません。仮想通貨の税金対応で、運動不足だったあなたにはぴったりのプロジェクトとなるのではないでしょうか。

最大1億ドルという大規模な資金調達により、FightOutアプリ&ジムクラブはこの世界で最も注目される産業の一つをひっくり返そうとしているのです。FightOutは、これまで主流であったWeb2.0の仕組みを変革し、STEPNなどのプロジェクトで実装されているWeb3.0のM2Eの弱点を克服することを目標としています。

STEPNのようなM2Eプラットフォームは、ユーザーの活動を計測してフィットネス目標に対しアプリ内通貨で報酬を与えるというアイデアを広く普及させました。しかし、FightOutはこれから紹介する数多くの機能により、それら既存のM2Eより優れたプロジェクトになる可能性があります。

今買うべき仮想通貨と呼ぶのにふさわしい仮想通貨アプリ型の仮想通貨銘柄と言えるでしょう。

FightOutの男性アバター

プラットフォームの軸となるのはFightOutのスマートフォン仮想通貨アプリで、アプリではスマホやスマートウォッチによって身体的パフォーマンスを測定・追跡します。FightOutはサブスクリプションサービスで、この仮想通貨アプリ内の2つのトークン($FGHTとREPS)は通常の通貨と同様、FightOutに登録するために使用することができます。

$FGHTは現在0.01665002ドル(1 USDT = 60.06トークン)で販売中で、最小購入額や最大購入額の設定はありません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Metropoly(METRO)|仮想通貨の税金を気にする前に買っておきたい銘柄No.3

【バーチャル不動産投資で話題のコイン】

Metropolyのロゴ今後数年で盛り上がりそうな、実世界で裏付けのある仮想通貨プロジェクトをお探しの投資家の方にとっては必見です。Metropoly(メトロポリー)はその代表的な銘柄で、このプロジェクトは、現実世界に存在する不動産物件に100%裏付けられた仮想通貨資産を購入できる世界初のNFTマーケットプレイスなのです。

Metropolyのブロックチェーンプラットフォームでは、ローマにある高級別荘のビラやドバイのビーチハウス、ロサンゼルスのマンションなどに1000ドル(約13万円)以下で投資することができます。

MetropolyのWebサイト画面

なぜそんなことが可能なのでしょうか?

Metropolyでは世界中の不動産物件をブロックチェーン技術によるNFT(非代替性トークン)にトークン化しています。これらの不動産物件をさらに分割化されたNFTにし、多くの一般個人投資家が分割化したNFTを保有することで、不動産物件の一部を保有できることを可能にしたのです。分割化したNFTは最低100ドル(約1万3000円)という非常に手頃な価格で購入することができます。

つまり、NFTを所有することで、現実世界の不動産を所有することができるわけです。そのため、銀行からお金を借りたり、さまざまな手数料を支払ったり、現場に行って下見や管理をしなければならないなどの面倒なことをせずに、世界中の不動産に分散投資をすることができます。

このような先進性のある不動産投資コインプロジェクトは、今後の価格上昇が非常に期待できるので、今の段階で知れることは非常にお得と言えるでしょう。

月々の家賃収入も支払われ、不動産物件の価格が今後長期的なスパンで上昇すればNFTの保有者はそれに応じた利益を得ることができます。まさにリアルな不動産オーナーになったのと同じ利益を得られるのに、ペーパーワークやメンテナンス、新しい入居者を探さなければいけない…などの面倒な作業を全くせずに不動産所有者になれるのが最大のメリットです。

さらに、MetropolyのNFTマーケットプレイスでは瞬時に不動産NFTの購入が可能なのです。通常不動産を購入しようと思うと数週間や数ヶ月、ひいては一年以上もかかってしまうものですが、NFT化されているため取引が一瞬で完了するのも強みです。Metropolyマーケットプレイスのベータ版は現在利用可能になっています。

Metropolyのスマホアプリ説明画面

Metropolyに投資する一番良い方法は、不動産投資でコインであるMETROのプレセールに参加することでしょう。METROはMetropolyのネイティブトークンで、プレセールではMETROがディスカウント価格で購入することができます。早期の段階でプレセールに入るほどトークンを安い価格で購入することができますが、今後プレセールが進むにつれてトークン価格は引き上げられていくので早ければ早いほど得られるリターンは大きくなります。Metropolyは本稿執筆時点ですでに総額63万ドル(約8500万円)もの資金調達に成功しています。

プレセールのトークンは割安価格で販売されているため、取引所に上場すると大きく上昇するのが通常です。Metropolyは上場後、最大で300%もの価格上昇が予想されているので、現在のプレセールで購入価格が安ければ安いほど、リターンも大きくなります。

Metropolyのプレセールが話題となっている理由はほかにもあります。Metropolyでは、世界一高いビルとして知られているドバイのブルジュ・ハリファの総額100万ドル・ギブアウェイを行います。METROトークンをたったの最低100ドル(約1万3000円)分購入するだけで、ギブアウェイに参加することができます。ブルジュ・ハリファにあるアパートは年間10万ドル(約1300万円)もの家賃収入を稼いでいる大型物件なため、当選するとその時点で大きなリターンを得られることになります。

さらにMetropolyの有望さがわかるのは、ChainAdoption(チェーンアダプション)やTenset(テンセット)などビッグネームなプロジェクトと提携しているところです。これらの大手インキュベータープロジェクトとコラボすることで、Metropolyは市場においてすでに足場を固めつつあります。

ChainAdoptionはPolkadotやTron、EOSなどとのコラボで知られており、TensetはMetahero(メタヒーロー)や日本の仮想通貨業界でも有名なEverdome(エバードーム)のプロジェクト立ち上げ・プロデュースに携わっており、これらのプロジェクトはローンチ後20倍越えのリターンを生み出したことで一躍有名になりました。

ここまで情報が得られれば、Metropolyがかなり手堅い、有望なプレセールで購入できる仮想通貨であることが納得できたかと思います。Metropolyのプレセール情報については、Metropolyの買い方完全ガイドをご覧ください。

トークン METRO
ブロックチェーンの種類 イーサリアム(ERC-20)
総供給量 10億トークン
購入できる仮想通貨 USDT、ETH、BNB
最低購入額 100ドル
トークンのローンチ プレセール完売後、もしくは2023年4月1日

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

C+Charge|仮想通貨の税金を気にする前に買っておきたい銘柄No.4

【EVドライバーの報酬を提供する種類のコイン】

C+Chargeのホーム

2023年に最も環境志向の暗号通貨は、報酬を提供し、EVの運転をより便利にさせ、化石燃料から電気自動車(EV)への切り替えを後押しすることを目指しているC+Chargeです。EVを題材にするなんて、仮想通貨の税金を気にする前に買っておきたい銘柄コインの中でも異質な感じがすると思った人は多いのではないでしょうか。

CCHGトークンのプレセールはまだ始まったばかりで、トークンは0.013ドルで販売されています。プレセールの最終段階となる第4段階までに、トークンは80%増の0.0235ドルになる見通しです。伸び幅を見ても、仮想通貨の種類の中では期待できる銘柄です。

C+Chargeは、自動車を充電している間、ドライバーにカーボン・クレジットを報酬として提供することで、EV所有のインセンティブを高めることを目的としています。

カーボン・クレジットは、グリーン・プロジェクトに資金を提供することで二酸化炭素排出量を相殺できる許可証で、1クレジットが1トンの二酸化炭素に相当するものです。

C+Chargeのグラフ

C+Chargeは、Flowcarbonとの主要なパートナーシップを経て、Goodness Nature Token(GNT)の形でドライバーにクレジットを提供します。GNTは検証済みの炭素再生プロジェクトに1対1で支援され、Flowcarbonは、Samsung Nextやa16zなどの主要VC企業を惹きつける7000万ドル投資ラウンドを完了したところです。

また、このプロジェクトは、これまでほとんどが大企業の手に委ねられていたカーボンクレジットの所有権を民主化するものでもあります。例えばテスラは、炭素排出量の多い他の企業にカーボンクレジットを販売し、年間数十億ドルを稼いでいます。

興味のある方は、C+Chargeのホワイトペーパーを読むか、テレグラムグループに参加して、より詳しい情報を確認してみてください。

また、C+Chargeの買い方を解説した過去記事もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

プレセール開始日 12月16日
購入方法 ETH, USDT, Transak
プラとおフォーム Binance
最小購入額 なし
最大購入額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

メタマスターズギルド |仮想通貨の税金を気にする前に買っておきたい銘柄No.5

メタマスターズギルド ロゴ【病みつきゲームが特徴のコイン】

メタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。仮想通貨の税金を気にする前に買っておきたい銘柄コインの一つで、MMGは熱中度の高い白熱のゲームプレイを特徴とする点で他とは一線を画しています。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、仮想通貨業界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。また、MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供することで、プラットフォームのリピーター率を高めているようです。MMGはこうした点でも、仮想通貨ウォレットに入れたいコインで、今後も人気を博す可能性を秘めています。

レイドNFT仮想通貨は、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

メタマスターズギルドの始め方はこちらを参照お願いします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

その他にも仮想通貨の税金を気にする前に買っておきたい銘柄はたくさんありますので、必要に応じて関連ページを参照おねがいします。

仮想通貨の税金はやばいのか

ここで、仮想通貨を通して大きく稼いだら「仮想通貨 税金 やばいのでは?」と思う方もいるでしょう。例えば、投資家の中には国内の仮想通貨取引を利用している場合と、海外の仮想通貨取引所を利用している方の2パターンがあると思います。

もし、日本に拠点を持つ前者のプロバイダー(Crypto-asset Exchange Service Providers =CAESPs)に口座がある場合は、NTAの方ですでにデータを保有している可能性が高いです。そのため、たとえ高額の利益を得たとしても、一寸の迷いもなく正しい納税をすることが大切です。

もちろん、本来、納めるはずの税金を納めないとなると、後で調査や監査が入り、ペナルティを課せられることがあります。もっとも、日本はFATFの創立メンバーで、マネーロンダリングを監視する厳格なFATFのガイドラインを実施している国でもあります。税金を払わずにいて後で厄介なことにならないように、正しい形で税金を払うようにしましょう。たとえ、海外ベースの取引所を利用していても確定申告は必要です。

仮想通貨の税金を払わない方法

さて、それでは仮想通貨で税金をできるだけ抑える方法はあるのでしょうか?やはり、後で監査が入ってペナルティを課せられないように、正しく税金を収めることが大前提となります。

仮想通貨の税金を払わない方法というよりは、かからない条件として「医療費控除やふるさと納税を申請せず、かつ仮想通貨の利益が20万円以下の場合」が挙げられます。これ以外の場合は、確定申告を行う義務が発生してきます。申告漏れのないように、昨年の1月1日から12月31日までの利益計算を行っておきましょう。仮想通貨のウォレットを複数持っている人は、申告漏れがないように注意が必要です。

繰り返しとなりますが、利益の対象になるのは仮想通貨を売買した時や仮想通貨の譲渡、また仮想通貨を使って買い物をした時などです。また取引所でステーキングを行いパッシブインカムがあった時、エアドロップでコインを獲得した時、Defiで得た利子なども課税の対象になります。

法律に従って仮想通貨の税金を払いましょう

 日本で仮想通貨に投資をして20万円以上の利益を得た場合は、所得税区分の「雑所得」として税金がかかります。つまり、20万未満の場合は税金がかからないことになりますが、医療費控除やふるさと納税を申請している場合は、20万円以下でも課税対象になりますのでご注意ください。

また、仮想通貨の税金率は所得額によって異なります。195万円未満の場合は5%、それ以後は段階別に所得税率が上がっていきます。4,000万円以上の場合は45%の所得税がかかってきますので、ほぼ半分に近い金額を支払うことになります。

加えて、仮想通貨で利益を得る手段には、仮想通貨の売却や交換、譲渡の他、仮想通貨を使ってサービスや賞品を購入する、仮想通貨プロバイダーのステーキングで受動収入を得る、エアドロップで通貨を獲得する、またDefiで利子を得るといったものが挙げられます。仮想通貨を購入/保有しているだけ、また仮想通貨ウオレット間で移動しただけでは所得税の対象にはなりません。

仮想通貨は匿名性が高いため、税金を払わなくてもばれないと考える人も少なくありませんが、取引所の管理が進んでいるので、仮想通貨の脱税がばれないことはありません。

仮想通貨は変動率が高く、価格の浮き沈みが激しいこともありますが、リスクゆえに高額の利益を得られるチャンスがあるのも否めません。ぜひ、ご自身が今まで培ってきた経験や豊富な知識、そして信頼できる投資ツール、仮想通貨の税金自動計算ソフトなどを利用して、無理のない予算を組みながら、賢く投資を実践していきましょう。

Love Hate Inu - 史上初WEB3のVote-to-Earnミームコイン

LoveHateInuロゴ
  • 話題の最近の事柄に投票し、$LHINUトークンをもらおう
  • 初のWEB3 Vote-to-Earnプラットフォーム
  • 安全でかつ信頼でき、そして匿名性で投票可能
  • 資金の持ち逃げ防止 - 90%のトークンがプレセール
  • $LHINUのトークンのステーキングで、投票力を蓄積しよう
LoveHateInuロゴ