2020年後半に発生した仮想通貨バブルから興味を抱き、仮想通貨への投資を検討している方は数多くいるでしょう。しかし、現在では仮想通貨を取引するために数百以上の仮想通貨 アプリを利用することができ、あなたにぴったりのビット コイン アプリを見つけることは容易ではありません。

このガイドでは、2022年に選ぶべき仮想通貨 アプリのトップ10を紹介し、iOSやAndroidで仮想通貨取引を始める前に知っておくべき事を全て解説します。仮想通貨の購入、ステーキング、取引など多種多様なサービスを提供するアプリを比較します。

さらに仮想 通貨 始め 方 スマホや仮想 通貨 管理 アプリ おすすめも紹介するので、ビット コイン アプリ 無料 おすすめの情報をここでゲットしましょう!

2022年の暗号通貨アプリ トップ10

仮想通貨アプリを利用するなら、以下の一覧から検討してみましょう。

  1. Crypto.com – 2022年でトップ評価の仮想通貨アプリ
  2. Binance – 世界最大の取引所で、流動性と上場コイン数はナンバーワンのアプリ
  3. Coinbase – 現物売買に特化した取引アプリ
  4. Defi Swap App – 分散型取引所のアプリ
  5. Lucky Block App – 仮想通貨宝くじのアプリ
  6. Everyone’s Coin – シンプルに利用できることに特化した、初心者向けのアプリ
  7. FTX – トレーダーのための、トレーダーによるアプリ
  8. Pancake Swap – ステーキングとスワップに特化した仮想通貨 アプリ
  9. Okex – アジアで多くの利用者を獲得している取引アプリ
  10. Gemeni – 仮想通貨で老舗の取引アプリ
  11. Kraken – 欧州で高い評価を得ている取引アプリ
  12. Huobi – 中国ナンバーワン取引所のアプリ

上記の仮想 通貨 アプリ 比較 おすすめを以下のセクションで詳細に紹介するので、あなたにピッタリの仮想通貨 アプリを見つけましょう!

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

最高の仮想通貨アプリのレビュー

ビット コイン アプリ 比較を編集する際に、料金、規制、カスタマーサービス、使いやすさなどを比較しました。

あなたのニーズにあったビット コイン アプリ 無料 おすすめを選択するために、詳細なレビューを読みましょう。

1. Crypto.com – 2022年トップの仮想通貨アプリ 

Crypto.com – 2022年トップの仮想通貨アプリ 

Crypto.comは、2022年のトップビット コイン アプリです。2016年に創業し、キプロス証券取引委員会のライセンスを取得、現在では183か国以上で数十万人の顧客を抱えています。さらに、英国、キプロス、オーストラリア、ベラルーシの規制に適合し、サービスのセキュリティ、資金の保全、企業財務の健全性など厳しい基準に合格しています。

提供サービスは、主に外国為替証拠金取引、商品・株価指数先物取引がメインとなりますが、仮想通貨の取引にも力を入れており、ビットコインやイーサリアムなどメジャーな仮想通貨がドル建て、ユーロ建てで利用できます。

2022年のトップビット コイン アプリ 無料 おすすめに選出された理由として、トレーダーに有利な手数料体系を採用していることが挙げられます。Crypto.comでは、ほぼ全ての取引ペアにおいて、取引手数料が0、ビッドプライス・アスクプライスの差となるスプレッドも0.1%以下で実質的な手数料は、業界最低水準です。さらに、入出金時の手数料や口座維持の手数料も無料であり、業界でも競争力のあるサービスを提供しています。

Crypto.comでは20ドルが最低入金額となりますが、取引は10ドルから注文を出すことができるため、比較的少額で投資を検討しているユーザーでも気軽に利用することができます。注文方法も成行と指値に対応しており、トレード戦略に合わせて柔軟に調整できます。

投資の初心者がトレードを行う上で、売買のタイミング、戦略、注文方法など迷う場面は数多くありますが、Crypto.comではトレードのプロフェッショナルをチームに抱えており、マーケット分析やニュースをアプリ内で配信しており、トレードの際には参考にすることができます。仮想通貨 アプリ おすすめに選ばれたCrypto.comのモバイルアプリは、簡単に操作できることを念頭に置いて設計されており、アプリを立ち上げてからワンタップで売買を行えます。

仮想通貨の種類 476種類
取引手数料 スプレッド(取引手数料は無料)
ビットコイン購入の手数料 無料
最低入金額 20ドル

メリット:

  • 仮想通貨に加えて、FX、CFDや商品先物のトレードも可能
  • 最低取引単位は10ドル
  • イギリス、キプロス、オーストラリア、ベラルーシの規制に適合
  • 多くのトレーダーから評判を集めているビット コイン アプリ
  • 取引手数料が無料

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

2. DeFi Swap App –ブロックチェーン技術をフルに活用した分散型取引所

logo2013年にイーサリアムが開発されて、開発言語Solidityのスマートコントラクト機能を活用し、様々なアプリケーション(Dapps)がブロックチェーン上にデプロイされ、その中でも仮想通貨の交換(スワップ)に特化しているのがDeFi Swap Appです。DeFiとは、Decentrized Financeの頭文字を取っており、日本語では分散型金融を意味します。

DeFiでは数多くのアプリケーションを利用することができ、その中でもDeFi Swapが時価総額と預け入れ資金の総額でトップクラスとなっています。DeFi Swapは2018年にDeFi Swap Labsによって開発され、現在に至るまで様々なバージョンアップが行われています。

サービス名のSwapが示すように、DeFi Swapの主なサービスは仮想通貨、またはトークン同士の交換です。通常の交換であればBinanceやFTXなどの取引所を利用すれば完結しますが、DeFi Swapを利用するメリットとして他の取引所で上場されていない仮想通貨・トークンが取引できることです。サービスの管理者がいる伝統的な中央集権型取引所では上場前に厳格な審査があり、審査に合格しなければ取引可能とはなりません。しかし、このDeFi Swapでは中央に管理者がおらず、上場審査の仕組みがありません。つまり、流動性をプールに提供するユーザーさえいればどのような仮想通貨・トークンを交換できます。

defiswap

利用手数料として、主にガス代が挙げられます。ガス代とは、イーサリアムのスマートコントラクト機能を利用するための手数料のことで、この手数料はイーサリアムの価格やネットワークの混雑状況など様々な要素によって変動します。場合によっては、50ドル相当のスワップに50ドルの手数料が要求されることもあります。

DeFi Swapはイーサリアムネットワーク上に構築されているため、ネットワークのプロトコルが異なる仮想通貨・トークンを流通させることはできません。そのため、ビットコインの取引に対応していませんが、BTCをステーブルコインとしてERC-20に対応させた仮想通貨のwBTC(Wrapped Bitcoin)は流動性が提供されているため、イーサリアムやその他の仮想通貨をwBTCに交換し、wBTCとBTCの取引を提供している取引所でBTCに交換することができます。

ビットコインを入手するだけであればDeFi Swapを利用するメリットはありませんが、中央集権型取引所に未上場のトークンや仮想通貨を交換で入手できることに多いなメリットがあります。さらに、サービスを利用することでガバナンストークンのUniが配布され、今後のサービス改善の投票を行うこともできます。

仮想 通貨 アプリ 比較で紹介されることもありますが、現時点ではモバイルアプリは提供されておらず、コミュニティの貢献を通じて開発されることが期待されています。

仮想通貨の種類 1000種類以上
取引手数料 イーサリアムの価格により変動
ビットコイン購入の手数料 取り扱いなし
最低入金額 なし

メリット:

  • 珍しい仮想通貨やトークンを入手できる
  • イールドファーミングで利子を受け取れる
  • 多くの流動性プロバイダー
  • ガバナンストークンを受け取れる
  • 1000種類以上のトークンが流通

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

3. Lucky Block –宝くじに特化したアプリ

luckyblock logoLucky Blockは、バイナンススマートチェーンのネットワーク上に構築されたDappsの一つで、宝くじがメインのサービスとなります。現時点では宝くじの購入機能のみが実装されており、今後の展開については計画が待たれています。サービストークンのLBLOCKは、Pancake Swapで流通しており、手持ちの仮想通貨をPancake Swap上でLBLOCKと交換し、LBLOCKをくじのチケットに交換することで抽選に参加することができます。特に難しい用語や取引は必要なく、仮想 通貨 アプリ 初心者にオススメです。

くじの番号は全て乱数発生器で選ばれ、チケットの販売代金の約70%が賞金に当てられ、残り30%はLBLOCKの保有者やコミュニティを通じて還元されます。

手数料など詳細な情報については発表されていませんが、LBLOCKの購入手数料はPancake Swapの購入手数料に基づくため、0.25%となります。

現在進行形で開発が行われているプロジェクトであり、新規に実装される機能やサービスで仮想通貨 アプリ おすすめやビット コイン おすすめ アプリとして改善されることが期待されています。

仮想通貨の種類 1種類
取引手数料 該当なし
ビットコイン購入の手数料 ビットコインの取り扱いなし
最低入金額 該当なし

メリット:

  • 宝くじを購入できる
  • ユーザーフレンドリーなモバイルアプリ
  • カードを使用して即座に暗号を購入できます
  • CROで支払うことにより、メーカー/テイカーの料金を削減できます

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

4. Binance –世界最大の仮想通貨取引所

binance logo

Binanceは、2017年に中国系カナダ人のChanpeng Zhaoによって設立されました。仮想通貨取引所としては比較的後発となりますが、サービス開始から約半年で世界最大の取引高を誇るようになりました。2022年現在では、1000種類以上の現物取引、100種類以上の先物取引、その他サービスを提供し、1日の出来高は10兆円以上にも上ります。

独自仮想通貨のBNB(Binance Coin)を発行しており、この仮想通貨を保有することで取引手数料の減額、BNBのスマートコントラクト機能を利用しトークノミクスに参加することもできます。Binanceを利用する大きなメリットは、従来の取引所機能だけでなく、NFTマーケット、ステーキング、レンディング、マイニングなど多種多様なサービスが提供されていることから、仮想通貨の保有にインセンティブが付与されることです。

binance app

Binanceは現物と先物の両方で世界最大の出来高を誇っており、個人投資家だけでなく多くの機関投資家のユーザーも抱えています。出来高が多い事はマーケットの流動性が極めて高い事を意味し、どのようなタイミングでも有利な価格で注文を出すことができるでしょう。

仮想通貨 アプリ おすすめにも選ばれたBinanceのアプリはiOSとAndroidの両方でインストールすることができ、入出金とトレード、相場分析、ステーキングなどあらゆるサービスを手軽に利用できます。Binanceでは、厳重なセキュリティを搭載しており、ログインや入出金の際にSMSとメールでの2段階認証が求められます。

仮想通貨の取扱数 1000種類以上
取引手数料 0.1%(現物取引)
ビットコイン購入の手数料 0.1%
最低入金額 50ドル

メリット:

  • 1000種類以上の現物取引
  • オプション、無期限先物、ボラティリティなど多種多様なデリバティブ商品
  • ビット コイン アプリ 比較でもトップ評価を獲得
  • 極めて高い流動性
  • シンプルな操作性で仮想 通貨 アプリ 初心者にも最適

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

5. Coinbase – 10年以上の歴史を誇る老舗の取引所

coinbase logo Coinbaseは、2012年にアメリカのカリフォルニアで設立されました。仮想通貨取引サービスを提供する企業として唯一、ニューヨーク証券取引所に上場しています。日本では2021年からサービスを開始しており、金融庁から認可を取得しています。

日本版Coinbaseでは機能やサービスが大幅に制限されており、取り扱い仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ソラナ、カルダノの4種類、レバレッジ取引は提供されておらず、現物取引を行うユーザーに限定されています。購入方法は、1回限りだけでなく毎日、週に1回、月に1回など繰り返しの注文を指定できることも大きな特徴です。取引手数料は約1.99%と頻繁に売買を繰り返すと手数料負けの可能性が高まるので、長期的に保有するトレーダーに向いているでしょう。

coinbase app

入出金は三菱UFJ銀行の口座と連動させることで入金手数料は無料、出金時は3万円未満が110円、3万円以上が330円となります。クレジットカードや三菱UFJ銀行以外の口座を利用できません。

コインベースのビット コイン おすすめ アプリは、シンプルに売買できるようユーザーインターフェイスが設計されています。アプリは、iOSとAndroidの両方に対応しており、入金から購入までスムーズに進みます。

取引の際に、最低注文単位はありませんが1000円以下の注文では99円の手数料が課されるため、少額での取引では実質的な手数料が割高になります。しかし、コインベースはアメリカの証券取引所に上場できる企業としての財務健全性とシステムの頑丈なセキュリティを実装しており、長期的に資産として仮想通貨を保有する場合に利用するべきと言えるでしょう。

仮想通貨の種類 4種類
取引手数料 約1.99%
ビットコイン購入の手数料 約1.99%
最低入金額 なし

メリット:

  • 日本の仮想 通貨 アプリ 比較で常にトップクラス
  • 入金手数料無料
  • 出金手数料も比較的低水準
  • 使いやすいモバイルアプリ
  • 繰り返し注文に対応

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

6. FTX –トレーダーのためのトレーダーによるアプリ

ftx logoFTXは、ウォール街のクオンツトレーダーであったSam Bankman-Friedによって2018年に設立されました。設立当初からデリバティブ商品を充実させることそ目標としており、ボラティリティ、仮想通貨指数、オプション、無期限先物などをトレードすることができす。2022年には仮想通貨取引所のLiquidを買収し、FTX Japanとしてサービスを開始しました。FTX Japanはグローバル版FTXと異なる部分が多くあり、オプションやボラティリティ、指数をトレードすることができず、レバレッジも最大2倍、取引できる現物の種類も8種類と大幅に制限されました。2022年以前は日本からでもグローバル版FTXを利用することができたので、使いにくくなったと感じるトレーダーもいることでしょう。

ftx app

FTX Japanは金融庁から認可を受けており、日本の銀行口座を利用して入出金を行うことができます。銀行からの入金手数料は無料、出金手数料は700円、仮想通貨入金は手数料無料、出金はネットワーク手数料の負担となっています。トレードの際は、指値注文が0.02%、成行注文が0.07%ですが、トレード出来高の条件を達成することで手数料が減額されます。他の取引所と比較して0.02%は最安水準であるためビットコインやイーサリアムを日本円で購入するのであれば、FTX Japanは間違いなく唯一の選択肢となるでしょう。

グローバルな取引所として機関投資家向けのサービスも提供していることから、資金保全やサーバーのセキュリティは強化されており、安全に利用することができます。日本の銀行口座から直接入出金を行うことができるため、使い勝手も十分です。

仮想通貨の種類 8種類
取引手数料 0% - 0.07%
ビットコイン購入の手数料 0% - 0.07%
最低入金額 該当なし

メリット:

  • 取引する幅広い市場
  • 低い取引手数料
  • 豊富なチャートオプション
  • BNBで支払うことで取引手数料を削減できます

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

7. Pancake Swap –イールドファーミングとスワップに特化した分散型取引所

Pancake Swapは、Binanceが発行する独自仮想通貨BNBのネットワーク上に展開された分散型取引所(DEX)です。2020年後半からサービスを開始し、平均的な1日の出来高は数千億円以上に上ります。

利用できる機能としては、保有する仮想通貨を流動性プールに預けて金利を受け取るイールドファーミング、仮想通貨を他の仮想通貨と交換するスワップです。イールドファーミングとは、流動性マイニングとも呼ばれており、異なる2種類の仮想通貨で取引ペアを構築し資金を預けることで、取引所に流動性をもたらします。この際に、資金をロックするためのインセンティブとして金利が付与されます。金利はLPトークンのペアによって大きく異なり、年利換算で10%から1000%以上まで様々です。しかし、年利が高いほど価格変動のリスクが高いため、予め理解しておきましょう。

pancakeswap app

Pancake Swapは取引所ですが、ここでは仮想通貨を購入することはできません。BinanceやFTXなど中央集権型の取引所でBNBのネットワークに対応した仮想通貨を購入し、Pancake Swapへ送金する必要があります。さらに、モバイルアプリは2022年現在でも登場しておらず、モバイルサイトから利用できるもののトランザクションの承認で頻繁にウォレットを開く必要があるため、モバイルからのアクセスは推奨されていません。

イールドファーミングや珍しい仮想通貨を交換する以外に、分散型取引所を利用する必要はあまりないように思われます。しかし、Pancake Swapでは中央集権型の取引所とは異なるプラシングのアルゴリズムを採用しており、そのシステムはAMM(Automated Market Maker)とも呼ばれています。プライシングのアルゴリズムが異なるということは、他の取引所と比較して同一の仮想通貨でも価格差が生じる場合があります。そのため、この価格差を利用したアービトラージ(裁定取引)の機会が頻繁にあるということです。

仮想通貨の種類 500種類以上
取引手数料 0.2%
ビットコイン購入の手数料 該当なし
最低入金額 該当なし

メリット:

  • 他の取引所に未上場の仮想通貨を取引できる
  • 極めて高い年利でイールドファーミング
  • アービトラージの機会が多い
  • 手数料が安い

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

8. Okex –中華圏でトップの人気を誇る仮想通貨アプリ

okex logoOkexは、ブロックチェーンテクノロジー企業のOX Groupの創設者Star Xuによって2017年に設立されました。日本では知名度は高くはありませんが、中国や台湾など中華圏で数多くのユーザーを獲得し、中国の3大取引所の一つでした。現在では、香港の金融当局から認可を受け、北米を除く地域で利用することができます。

取引所では、仮想通貨の現物、マージン取引、先物、無期限先物、オプション取引を行うことができ、レバレッジも最大100倍まで対応していることから、比較的資金が少ないトレーダーが大きなリターンを狙う際にOkexを利用することが望ましいでしょう。

手数料は直近1か月の取引高によって異なりますが、基本的に現物のメイカー手数料であれば0.1%、テイカーであれば0.15%と定められており、注文を出す際は成り行きではなく、取引板に指値を出すことで手数料を抑えられます。

okex app

Okexは過去に、ハッキングによって数百枚以上のビットコインが流出しましたが、上記で述べたように、Okexは香港の規制当局から認可を受けているためセキュリティは頑丈です。ログイン時の2段階認証に、出金時のウォレットパスワードを設定することができるため、実質的な3段階認証となります。

取引する前の入金方法としては、クレジットカードと仮想通貨が挙げられます。カードを用いる場合に手数料はありませんが、日本円ではなくドルやユーロに両替されて入金されるため、やや不利なレートで換算されます。仮想通貨の場合は手数料不要で、入金額の上限もありません。取引は指値注文が0.1%、成行注文が0.15%となっており、手数料を抑えるために指値注文を利用するよう心がけましょう。

その使いやすさから、ビット コイン おすすめ アプリとして推奨されているOkexのアプリをダウンロードすることで、いつでもスマートフォン一つでトレードが完結します。

仮想通貨の種類 100種類以上
取引手数料 0.1 - 0.15%
ビットコイン購入の手数料 0.1 - 0.15%
最低入金額 10ドル

メリット:

  • 中華圏最大の取引所
  • 厳重なセキュリティ
  • 100種類以上のアルトコイン
  • クレジットカード入金に対応

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

9. Gemini –資金の安全性はトップクラス

gemini logo Geminiは、2015年にアメリカ・ニューヨークで設立された仮想通貨取引所です。全世界にユーザーを抱えており、ニューヨークの金融取引委員会(NYSDFS)から認可を受けており、他の取引所と比較して厳格な規制の基で運営されています。2022年現在でも、日本のユーザーからの登録は受け付けておらず、国外に住所を保有していることが登録の為の条件となります。

取り扱い仮想通貨の種類は9種類と、海外取引所の中でも決して多くはありません。しかし、Geminiを利用する大きなメリットして預かり資産に保険が掛けられており、万が一の盗難の際にも保険の上限まで投資家の資金が払い戻されます。

gemini app

入金方法は、仮想通貨入金と法定通貨の決済方法が提供されており、法定通貨の決済方法ではドルのみを入金することができます。入金の際に手数料は課されません。出金は仮想通貨と法定通貨を出金でき、仮想通貨出金の手数料はそれぞれのネットワーク利用料に応じて変動、法定通貨の出金手数料は無料です。月に10回まで、仮想通貨と法定通貨の両方で手数料無料の出金が利用できます。

取引手数料は、Coinbaseとほぼ同じ手数料体系を採用しており、基本的に1.49%ですが、取引量に応じて変動します。特に10ドル以下の注文では、99セントの手数料が課される為、少額での取引には向いていません。

預かり資産に保険を掛け、投資家が安心して利用することができる取引所ですが、日本の金融規制の問題により、今後も日本でのサービス展開、または日本からのユーザー登録を受け付けていません。

仮想通貨の種類 9種類以上
取引手数料 1.49%
ビットコイン購入の手数料 1.49%
最低入金額 10ドル

メリット:

  • 北米の仮想 通貨 アプリ 比較でトップにランクイン
  • 預かり資産への保険
  • 月に10回まで出金が無料
  • ニューヨーク当局より認可された

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

10. Kraken – 2011年より運営され、仮想通貨取引所として長い歴史を誇る

kraken logoKrakenは、2011年に北米で設立された仮想通貨取引所です。既に10年以上の運営経験があり、欧州でトップクラスの出来高を誇っています。2020年に金融庁から認可を受け、Kraken Japanのサービスが開始しました。

現在では、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどメジャーな10種類の仮想通貨取引がKraken Japanでサポートされています。取引手数料は、直近30日間の取引量によって異なり、0%から0.26%です。入金は日本円+サポートされている10種類の仮想通貨で行うことができ、手数料は無料、最低入金額が日本円は1000円、仮想通貨はそれぞれ異なります。出金も同様に日本円と仮想通貨がサポートされ、手数料は日本円出金で250円、仮想通貨出金ではネットワーク利用料となります。

kraken app

Kraken Japanは日本の仮想通貨取引所としては珍しく、ドルとユーロ建てでの取引もサポートされています。日本円を入金してから両替する必要がありますが、ドル建てでの取引には一定の需要があり、ユーザーからの希望に応えています。

Krakenは、Kraken Intelligenceと呼ばれるリサーチのチームを抱えており、仮想通貨マーケットやテクノロジーに関して機関投資家も参考にするクオリティの高いレポートを発行していることで知られています。このレポートは日本語にも翻訳されており、マーケット展望など仮想通貨に投資する際に参考になる情報を得られる事でしょう。

もしビット コイン アプリでモバイルトレードに興味があるあら、Kraken Proをあなたのスマートフォンにダウンードしましょう。

仮想通貨の種類 10種類
取引手数料 0% - 0.26%
ビットコイン購入の手数料 0% - 0.26%
最低入金額 1000円

メリット:

  • 10年以上の運営実績
  • 仮想通貨に関する詳細なニュースを発表
  • 欧州に多くのユーザーを抱えている
  • 最低手数料は0%

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

11. Huobi –中国3大取引所の一つ

huobi logo Huobiは2013年に中国で設立され、Okexと同様に中華圏で多数のユーザーを抱えています。2016年に金融庁より認可を受け、Huobi Japanのサービスが開始しました。Huobi Japanでは、15種類の仮想通貨で36の取引ペアが上場しており、日本国内ではトップクラスです。さらに、少額から仮想通貨取引を始めるユーザーを後押しするために、最低取引単位は2円、入金は1000円から行うことができます。

入金方法は銀行送金以外にも、コンビニでの払い込みも利用できます。銀行送金では手数料無料ですが、コンビニでの払い込みには手数料が課される為、銀行送金で入金することが好ましいでしょう。もちろん仮想通貨での入金もサポートされており、こちらも手数料は無料です。出金時、仮想通貨出金の場合はネットワーク利用料が手数料、銀行送金の場合は金額に関わらず一律330円です。

huobi app

仮想通貨取引の手数料は、ビットコインは指値と成行が0%、その他は0.08%から0.2%です。上記でも説明したように、最低取引単位は2円、手数料も比較的安い部類であるため、Huobi Japanでは気軽に仮想通貨へ投資することができるでしょう。

現物取引以外のサービスでは、最大2倍までレバレッジに対応したレバレッジモード、APIを利用することで取引データの自動取得、トレードの自動化を行うことができます。

先物などデリバティブ商品の取り扱いはありませんが、低水準の手数料と最低2円からの取引で、少額で仮想通貨取引を始めるユーザーに推奨できる取引所です。

仮想通貨の種類 15種類
取引手数料 0% - 0.2%
ビットコイン購入の手数料 0% - 0.2%
最低入金額 1000円

メリット:

  • 最低2円からの注文
  • ビット コイン アプリでレバレッジ取引に対応
  • 日本の取引所では取扱数がトップ
  • 低水準の手数料

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

比較されたトップ暗号アプリ

上でレビューした9つの最高の暗号アプリの概要については、以下の比較表を確認してください。

アプリ 取り扱い仮想通貨数 手数料 カード手数料
Crypto.com 467種類 取引あたり0.5% 0%
DeFi Swap App 1000種類以上 イーサリアム価格により変動 該当なし
Lucky Block 1種類 該当なし 該当なし
Binance 1000種類以上 0% - 0.5% 1.5%
Coinbase 4種類 1.99% 該当なし
FTX 100種類以上 0% - 0.07% 該当なし
Pancake Swap 500種類以上 0.2% 該当なし
Okex 100種類以上 0.1% - 0.15% 0%
Gemini 9種類 1.49% 該当なし
Kraken 10種類 0% - 0.26% 該当なし
Huobi 15種類 0% - 0.2% 該当なし

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

あなたにぴったりな仮想通貨アプリの選び方

あなたにぴったりな仮想通貨アプリの選び方

現在では仮想通貨の取引所や販売所のビット コイン アプリ 無料 おすすめは数百以上が利用可能で、あなたのニーズに合致したアプリを選ぶことは簡単ではないでしょう。

アプリを選ぶ基準として、規制、手数料、売買可能な仮想通貨の数、提供されているツールなどが主に挙げられます。

以下でそれぞれ解説しているので、あなたにとって必要であると判断したものを選びましょう。

規制

規制とはその取引所が合法的に運営されていることを示すだけでなく、企業として安全か否か、預かり資産の保全状況など第3者、または規制機関からの審査に合格している事を意味します。

仮想通貨取引を認可している機関は複数ありますが、日本では関東財務局や金融庁が挙げられます。日本で認可を受けている取引所では、サービスの不全や預かり資産の流出などが起こってしまった場合に、日本の法律に則って対応が行われますが、日本で無認可の海外取引所では資産の流出が起こってしまった場合に、資産の回収が困難になる可能性があります。

もちろん、海外のライセンスや認可でも厳しい審査を実施しているものもあり、安心して利用できる海外取引所もあります。どの規制を信頼し、どの取引所を利用するかはあなたの判断に委ねられています。

仮想 通貨 アプリ 初心者には難しい選択となるでしょうが、不安であれば日本の規制に適合した取引所を利用しましょう。

提供されている仮想通貨の数

いくつかの仮想通貨アプリでは、ビットコインやイーサリアムなどメジャーなコインに鍵って提供されている場合もあれば、FTXやBinanceのように数百種類以上のコインが上場している場合もあります。

さらに、一部の取引所では先物やオプション、スワップ取引などデリバティブ商品も市場が整備されており、ユーザーのニーズに合わせてトレードを行うことで、損失のリスクを減らし、利益を最大化することができます。

利用料金

それぞれのビット コイン アプリ 無料 おすすめでは、利用する場合に、入出金の手数料、取引手数料、両替手数料など様々な利用料金が課されます。アカウントを開設し、利用する前に利用料金について確認しておきましょう。

取引手数料

ほとんどの仮想通貨アプリでは、取引の際に手数料が必要です。この手数料は、プラットフォームによって大きく異なり、Binanceの現物取引手数料は0.1%ですが、他のプラットフォームでは1%の手数料が課される場合があります。

手数料が高ければ高いほど、取引の利益を圧迫するので、有利な手数料体系を採用しているプラットフォームを利用することは重要です。

入金手数料

取引アプリに資金を入金する際に、手数料が請求される場合があります。多くの場合では、仮想通貨による入金は手数料無料ですが、クレジットカードで入金する場合は1.5%前後の手数料が一般的です。

スプレッド

取引所の板取引を利用する場合はスプレッドを気にする必要はありませんが、相対取引の場合にはスプレッドが狭いほど取引コストが小さい事を意味するため、取引の前にスプレッドを確認しておきましょう。

スプレッドは、通常時では0.1%以下ですが、価格が急変動を起こした際に1%以上など極めて広いスプレッド幅まで拡大する場合があります。

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

使いやすさ

仮想 通貨 始め 方 スマホで気になることが、モバイル端末での使いやすさです。スマートフォンを使用すると時間と場所を選ばずにトレードすることができますが、画面のサイズがネックとなり得られる情報量が限定されます。

それぞれの取引所では、独自のアプリが提供されているため、使いやすい仮想 通貨 管理 アプリ おすすめを見つけるためにデモ機能を利用して、試してみることが重要です。多くのアプリでは、プロモードやクラシックモードなど、仮想 通貨 アプリ 初心者に合わせた機能も搭載されているため、多くのトレーダーが利用しています。

ツールと機能

Binance、FTX、CoinbaseとKrakenでは、個人投資家だけでなく資金が数十億円以上の機関投資家も利用しており、プロの投資家が用いるツールを利用することができます。ほとんどの場合で、TradingViewのチャートが取引画面に組み込まれており、移動平均線やMACD、Volumeなど相場分析のためのインジゲーターを設定できます。

一部のトレーダーは、高度なプログラミング技術を持っていることもあるでしょう。上記の取引所では、APIを利用することができるため、プログラムを利用した自動取引や高頻度取引を行うことができます。

ツールや機能が充実していることで、トレードの戦略に役立てることができるため、よりトレーダーに有利な環境であることを意味します。

カスタマーサービス

仮想 通貨 始め 方 スマホやビット コイン アプリ 比較で疑問が生じた際に、頼りになるカスタマーサービスを利用できることは重要です。ほとんどの仮想 通貨 管理 アプリ おすすめで、有人のカスタマーサービスが提供されています。カスタマーサービスの利用方法はプラットフォームによって異なり、電話やライブチャットが利用できる場合もあれば、メールのみの対応である場合もあります。

さらに一部のカスタマーサービスでは、日本語非対応である場合もあり、英語が苦手である方は利用を避けた方がいいでしょう。

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

HODLに最適なアプリ

仮想通貨のニュースやフォーラム投稿を見ていれば、「HODL」という単語を見かける場合が多いでしょう。HODLとは、短期的な価格変動を気にせずに長期的に保有する事を意味します。

HODLする場合には、自身の仮想通貨ウォレットで保持すること、ステーキングやレンディングを通じて、外部に仮想通貨を貸し出し利子収入を目的とすることがあります。

仮想通貨ウォレットで保持する場合には、攻撃から守るために厳重なセキュリティを搭載したアプリを利用する必要があり、ステーキングやレンディングでは、有利な利率(APY)を提供する仮想 通貨 管理 アプリ おすすめを利用することが好ましいでしょう。

ビット コイン アプリ 比較で2位にランクインしたBinanceでは、ほとんどの仮想通貨をネットワークから切り離したコールドウォレットで管理しており、安全に保持することができ、さらにステーキングのサービスも提供していることから、HODLに最適なアプリであることに間違いはありません。

レンディングアプリ

上記でBinanceが、レンディングに最適であると紹介しました。レンディングとは、保有する仮想通貨を他人に貸し出し、貸出期間に応じて利子を得ることです。

利率は仮想通貨によって異なり、ボラティリティが高い仮想通貨ほど利率が高い傾向があります。

  • Binanceでは、ビットコインで年利4%、ステーブルコインのバイナンスドルで10%、イーサリアムで2.4%の利率を提供しています。

最高のステーキングアプリ

もし仮想通貨を貸し出すことで利子を得ることができるなら、小さな収入を得るための手段としてきっといい方法になることでしょう。ステーキングとは、主に分散型取引所や仮想 通貨 管理 アプリ おすすめで流動性をマーケットに提供するために保有している仮想通貨を流動性プールにロックすることです。

  • 予め定められた日数、または任意の日数で資金がロックされます。
  • マーケットに流動性を提供します。
  • 資金がロックされている期間に応じて、金利が支払われます。

仮想通貨のステーキングであれば、Pancake Swapが最も最適なプラットフォームでしょう。現在では1000億円以上の資金が預けられ、取引高は数兆円と多くのユーザーが利用していることは明らかです。ユーザーフレンドリーな設計で、簡単にステーキングを開始することができます。

アルトコイン取引に最適なアプリ

仮想通貨へ投資する場合、10%や20%のリターンではなく、数百倍や数千倍のリターンを狙って投資する方もいるでしょう。もし、そのようなリターンを狙うならアルトコインに投資することが必須です。

Binance、FTX、Coinbaseでは数百以上のアルトコインを売買することができ、最小取引単位は10ドルと、少額で莫大なリターンを狙うことも不可能ではありません。さらに、手数料も0.1%と最安水準です。

アルトコインを売買するなら、上記にあげた3つのビット コイン おすすめ アプリを利用しましょう。

トップ評価の仮想通貨ウォレットアプリ

もし仮想通貨に投資し、ポートフォリオとして保有する場合、ハッキング、暗号鍵流出の危険から保護するために、安全な仮想通貨ウォレットアプリを利用する必要があります。

仮想 通貨 アプリ 初心者でも有名なBinanceは、世界最大の取引所として常にハッカーから攻撃を受けていますが、頑丈なセキュリティーでサーバーと資金が保護されているため、仮想通貨ウォレットアプリを探しているならBinanceを利用する事を推奨します。

仮想通貨価格アラートアプリ

仮想通貨に投資することを検討している場合、価格を把握することは必要です。アプリのアラート通知機能を利用することで、価格が上昇・下落した場合にいち早くマーケットの動向を知ることができます。

Crypto.comのアプリをダウンロードすると、価格の通知機能を利用できます。

  • 保有している仮想通貨で、大幅な価格変動が短期間で生じた場合
  • 特定の仮想通貨が指定した価格に達した場合

アラート機能を有効にしておくことで、あなたのスマートフォンに表示されます。

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

仮想通貨取引アプリの利用方法

ここでは、2022年にトップ評価を獲得したCrypto.comのアプリの利用方法について、アカウント開設から仮想通貨の購入まで開設します。ビット コイン おすすめ アプリではアカウントの登録から購入まで、要する時間はたったの10分です。早速、仮想 通貨 始め 方 スマホを見ていきましょう!

ステップ1 – Crypto.comでアカウントを開設する

crypto.com

Crypto.comのページにアクセスし、「Open Account」をクリックします。メールアドレスとパスワードを設定、または各種ソーシャルメディアのアカウントを利用してアカウント開設手続きを始めます。

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

ステップ2 – Crypto.comのアプリをダウンロードする

ウェブサイトで、AppStoreまたはGooglePlayのボタンをクリックし、Crypto.comのモバイルアプリをダウンロードします。ダウンロードとインストールが完了すると、アカウントを開設時に設定したログイン情報を使用してログインします。

ステップ3 – アカウントを認証する

セキュリティ上の理由で、Crypto.comを利用する全てのトレーダーは、取引を開始する前にアカウント認証を行う必要があります。「Complete Registration」ボタンをクリックすると、国籍を選択する画面が表示されるので、日本を選択して名前、生年月日、住所を入力して利用規約に同意すると完了です。

ステップ4 – 入金する

「Fund Account」をクリックすると、入金を行う画面が表示されます。Crypto.comでは、4種類の決済方法を利用することができるので、いずれかを選択して入金のプロセスを進めます。入金が完了すると、あなたのアカウントに資金が加算されます。

ステップ5 – 仮想通貨を購入する

仮想通貨 アプリからアカウントに資金を入金すると、仮想通貨を購入するための準備は完了です。マーケット一覧で、購入したい仮想通貨を検索欄に入力し、トレード画面で購入数量を設定することで購入できます。購入の際には、指定の価格で購入、または現在のマーケットプライスで購入するオプションが利用できます。

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

結論

この記事ではビット コイン アプリ 比較を行い、2022年のトップアプリ12選を紹介しました。

テクノロジーが進化した現在では、数多くの仮想通貨 アプリの中でトップ評価を獲得しているアプリを利用し、手軽に仮想通貨のトレードを行うことができます。私達が調査し、厳格な基準で順位付けした仮想 通貨 アプリ 比較では、Crypto.comが2022年のトップアプリとなりました。

Crypto.comの仮想通貨 アプリ おすすめでは、10以上の主要な仮想通貨を取引することができ、手数料も最安水準、20ドルの資金から開始できます。仮想 通貨 始め 方 スマホを確認して、仮想通貨投資への第一歩を踏み出しましょう!

暗号通貨はボラティリティに大きな規制がない投資商品です

接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます