長期的に大きく成長する可能性のある値ごろな仮想通貨をお探しでしょうか。これから紹介する仮想通貨は、エコシステムを整えながらも、比較的低い価格帯で取引されています。

値ごろな仮想通貨トップ6

もし仮想通貨に投資する準備ができているなら、今後素晴らしいリターンを生み出す可能性のある以下の6つの値ごろな仮想通貨をチェックしてみてください。

  1. Battle Infinity – 2022年の総合ベスト仮想通貨
  2. Lucky Block – 仮想通貨ゲーム界でもニッチで人気のある値ごろな仮想通貨
  3. DeFi Coin – DeFiセクターとの強い関連性を持つ魅力的な仮想通貨
  4. Fetch.ai -今後、上昇の可能性を秘めた格安の仮想通貨
  5. XRP – 1ドル以下の大型仮想通貨
  6. Stellar – 強力なロードマップを持つ値ごろな仮想通貨

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

1.  Battle Infinity(IBAT)-2022年おすすめの1ドル以下の総合ベスト仮想通貨

1ドル以下のお手頃価格の仮想通貨といえば、Battle Infinity筆頭に挙げられます。まだリリースされていませんが、Battle Infinityは「Play-to-Earn」ゲーム機能とメタバースのユニークな組み合わせにより、すでに市場内で人気を博し始めています。このプラットフォームはNFTとDeFiアプリケーションも提供し、真の「オールインワン」エコシステムを実現しています。

Battle Infinityのプラットフォームには、6つの機能があり、それぞれが魅力的な方法で収入を得る方法を提供しています。IBATプレミアリーグは、ブロックチェーンベースで各プレイヤーがNFTとして構成されていることを除けば、通常のファンタジースポーツリーグとほぼ同様の機能を備えています。このため、Battle Infinityのユーザーは、このNFTを取引し、セカンダリーマーケットでの報酬獲得の恩恵を受けることができます。

Battle Infinity

ユーザーは、重要なアップデートが発表される公式テレグラムグループ参加することで、1ドル以下で取引が可能なこの魅力的な仮想通貨についてより知ることができます。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. Lucky Block – 仮想通貨ゲーム界でもニッチで人気のある値ごろな仮想通貨

2022年1月にローンチされたLucky Block、値ごろで新しい仮想通貨の1つです。簡単に言えば、このプロジェクトは仮想通貨宝くじのプラットフォームを構築しています。Binanceスマートチェーンで運用され、従来のような宝くじの抽選方法とは一線を画しています。また、2022年でおすすめの賞金受け取ることができる仮想通貨の1つです。

Lucky Blockは、従来の「オフライン」の方法ではなく、ブロックチェーン技術を使用して抽選を行うことで、透明性と公平性を飛躍的に高めることを意図しています。さらに、毎日行われる抽選会は世界中の誰でも参加できるため、より頻繁により高額な賞金を提供できるようになります。

Lucky Block Chart

史上最高値から約78%安値で取引されているLucky Blockは、仮想通貨の購入の機会を待っている人々にとって、掘り出し物になり得ます。この記事と合わせて、Lucky Blockの購入方法に関する完全なチュートリアルをチェックすることをお勧めします

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. DeFi Coin – DeFiセクターとの強い関連性を持つ魅力的な仮想通貨

最も過小評価されている仮想通貨の一つは、DeFiコインです。DeFi Coinは当初2021年5月にローンチされましたが、DeFi Swapという革新的な新しい分散型取引所の待望のローンチにより、ここ数週間で注目を浴びるようになりました。DeFiコインはこの取引所と表裏一体であるだけでなく、投機や収入源になる可能性を提供しています。

DEFC(Defi Coin)は、5月上旬のDeFi Swapの立ち上げ以来、トークン保有者にすでに3桁のリターンをもたらしているため、様々な可能性を持つコインの中でも最高のアルトコインの1つであると言えます。DEFCは取引所のネイティブトークンなので、投資家はDeFiコインをポートフォリオに保有することで、DeFi Swapの成長の恩恵を受けることができます。

Defi coin

DeFi Coinの供給量は1億トークンに固定されており、時間の経過とともに総供給量が減少するよう設計された「バーン(供給量を減らすことで、流通している一枚あたりの価値を高めること)」のメカニズムが組み込まれています。これにより、DEFCはデフレ資産となり、残りのトークンが「希少」とみなされるため、強気の買いが促進されます。この機能は、DeFi Swapエコシステム内でのトークンの使用と相まって、DeFiコインが投資するのに値ごろな仮想通貨の1つであることを証明する材料になっています。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. Fetch.ai 今後、上昇の可能性を秘めた格安の仮想通貨

Fetch.ai、2017年に設立されたブロックチェーンベースのAIおよび機械学習プラットフォームです。同社は「デジタルツイン」と呼ばれる新技術を提供しており、これはユーザーの生活をより豊かにすることを目的としたシステムを指します。デジタルツインは、Autonomous Economic Agents(外部からの命令がなくともアクションをすることができる自律型のソフト)と呼ばれることもあります。

このプロジェクトが提供するデジタルツインは、食事の準備や駐車といった日常的な活動を支援することができます。基本的にタスクを自動で完了させ、仲介を必要としないため、自分のデータの所有権を維持することができます。Fetch.aiのデジタルツインは、企業のための契約を構築したり、メタバースで広告を出したりするのに使うこともできます。

一部の市場アナリストは、Fetch.aiが今後5年間で2ドル以上に達すると予測しており、これは、今投資しようとしている人にとって、約325%の利益を示すことになります。

5. XRP – 1ドル以下の大型仮想通貨

XRPのコンセンサスプロトコル(二重支払いの問題を防ぐプロトコル)は、トランザクションを検証することができます。ある取引が受け入れられるためには、その取引を評価するバリデーターの過半数によって承認される必要があります。このようなメカニズムのおかげで、XRPは値ごろなコストと最小限のエネルギーで、数秒間で取引を行うことができるのです。このためより環境に優しい仮想通貨の1つとなっています。

1ドル以下のおすすめの仮想通貨の一つであると同時に、非効率的で時代遅れの国際送金システムに取って代わる可能性を持っています。200を超える金融機関とコネクションがあることは心強いといえます。さらに、その法的地位に有利な変化があれば、価格の上昇につながるかもしれません。

xrp chart

XRPの価格予想中には、2025年までに4ドルという高値を付ける可能性を示唆するものもあります。そのため、1ドル以下である現在、値ごろな仮想通貨を探している投資家にとって良いエントリーポイントとなっています。

6.ステラ(XLM)

ステラ(XLM)は独自の決済ネットワークで、そのネットワーク上の通貨としてステラルーメンを使用しています。このネットワークは誰でも使うことができますが、大きな取引を行う金融機関同士をつなぐことを想定しています。ステラのネットワークでは、従来のブロックチェーンのネットワークと異なり、この種の取引においてほとんどコストをかけずに瞬時に行うことができます。

stellar chart

また、最近では1ドル以下で取引されている最も値ごろな仮想通貨の1つといえます。多くの市場コメンテーターは、ステラは2025年までに1.75ドルの高値をつけることができると考えているので、今が投資のチャンスかもしれません。

次なる飛躍に向けて

仮想通貨はさらなる飛躍の初期段階にあるかもしれませんが、この業界を代表するいくつかの資産がすでに大規模になっていることは否定できません。Battle InfinityLucky BlockDefi Coin、投資家がブロックチェーン技術の長期的な成功に賭ける上で、比較的値ごろな位置にあります。

免責事項

関連するすべてのリスクを認識して、常に責任を持って投資することが重要です。 市場は非常に不安定になる可能性があるため、投資する前に広範な調査を行う必要があります。 私たちのサイトは定期的な更新を提供し、推奨するすべてのプラットフォームを入念に検証しますが、自分の意見を形成し、失う余裕があるものだけに投資する必要があります. 投資収益率を保証するものではありません。