リップルのネイティブ暗号資産通貨であるXRPで迅速な方法で海外送金が可能になりました。

暗号資産ポートフォリアに加えるため、リップルの買い方について知りたい方は、5分以内に暗号資産取引業者から購入を完了する方法をこのガイドで紹介します。

リップルの買い方 ― クイックステップ

リップルをなるべく早く、そしてやすく買う方法を探しているなら、このクイックステップガイドで、高い評価を得ている暗号資産取引所のオーケーエックス(OKX)から購入する方法を参考にしてください。

ステップ1:オーケーエックス(OKX)の口座を開設します。ホームページに行き、メールアドレスもしくは電話番号で口座登録を行い、パスワードを設定します。メールもしくは携帯に届いた6桁のコードを入力します。

ステップ2:入金。「Buy crypto(購入)」ボタンをクリックし、日本円とリップル(XRP)の組み合わせを選択し、日本円の投資金額を入力し「Buy XRP」を選択します。

ステップ3:日本円金額、リップルの送料、リップルの単価、手数料が表示されます。入力後下部にある「Verify」認証ボタンを押します。

ステップ4:リップル購入。スクリーンの右側にある注文ボックスからトレード種類、投資したい購入金額を入力し、「Buy」を押し購入します。追加個人情報を入力、クレジットカード情報を入力して認証後、「Pay」をクリックして購入することができます。その後個人情報と画像のアップロードで本人確認認証をします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

リップルが購入できる取引所

ここで取り上げているベスト暗号資産取引所はリップルを安全で低価格で購入できる場所です。さらに、デビットカードやクレジットカードなどの希望する支払い方法を取り扱っている取引所を選んでください。

個人的な条件を満たすために、リップルを購入できる場所を探している場合は、以下の事前審査されたプラットフォームを検討してみてください。

1. オーケーエックス(OKX)暗号資産取引所

okx cex

当サイトがおすすめするリップルを購入する暗号資産プラットフォームがオーケーエックス(OKX)です。

OKXは手数料がやすく、初心者にも経験豊かなトレーダーにも理想的な取引所と言えます。プラットフォームは2014年から運営されており、現在世界180か国以上で利用するトレーダーは2,000万人以上となり、取引規模では世界第2位の暗号資産取引所です。

OKXがリップルを含め、取り扱う暗号資産通貨は600銘柄以上を誇り、95%の顧客資産はオフラインのコールドウォレットで保管されているため、極めて高い安全性が確保されています。手数料に関してはOKXは、入金手数料は無料ですが、クレジットカードの手数料が発生します。各取引についても比較的安い手数料が魅力の一つです。

レギュラーユーザーの場合

メイカー手数料:0.060%(2,000 OKB以上保有、アセット$100,000以下、30日間取引額$10,000,000以下)
テイカー手数料:0.080%(2,000 OKB以上保有、アセット$100,000以下、30日間取引額$10,000,000以下)

入出金手数料

入出金手数料 入金手数料: 0
出金手数料:BTCは0.0004 BTC、ETHは0.003 ETH、XRPは0.1、BCHは0.0001、USDT-ERC20は0.88

OKXは電子決済サービスの、Simplex、Banxa、UTORGの三社からの入金もできます。取引の使いやすさですが、OKXはベスト暗号資産取引所の一つとして操作性で優れたアプリをダウンロードすることができ、シンプルなインターフェースと、早い動作が高い評価をユーザーから集めています。

また、OKXの特徴は、ファイナンスとしての機能も優れています。APR(年率)が5%と設定されている、一定期間暗号資産を預け入れて利息を増やすステーキングや、ユーザー同士で暗号資産の貸し借りができるローン、ネーティブ通貨を一定期間預け入れて利息を積むセービングなどが用意されています。

OKXでリップルを購入するメリット

  • OKBの評価の高い点はどの時間帯においても取引が活発で、成行取引がしやすい
  • 取引方法の種類(現物取引、レバレッジ取引、先物取引、パーペチュアルスワップ、オプション取引)が多い
  • 取引通貨数(300以上)が豊富に揃っている
  • スマホアプリの高い評価
  • 手数料が比較的安い

デメリット

  • 日本語サポートの対応が整っていない

OKXでははじめての人でもリップルを買いやすく、経験豊富なトレーダーでも簡単に暗号資産を購入して取引をはじめることができます。サイトは日本語表記がありませんが、以下のステップガイドからもわかるとおり、いたって簡単に登録ができ、使いやすいため、すぐに開始することができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. クリプト・ドットコム(Crypto.com)暗号資産取引所

Crypto.comのロゴ

クリプト・ドットコムは2016年に設立され、現在シンガポールを拠点としている暗号資産取引所で現在250を超える銘柄を取り扱い、その中にリップルも含まれています。「世界の暗号資産への移行を加速させる」を掲げ、クリプト・コムのユーザーを5年以内に1億人にする目標を目指しており、他のデジタル通貨市場にも分散投資できるプラットフォームを構築しています。

クリプト・ドットコムはVISAと提携しており、プリペイドカードの「クリプト・ドットコムVISA カード」を発行しています。このカードを使った暗号資産の購入、ATMで現金の引き出しなどが可能になっており、月間の引き出し金額やキャッシュバック、ネイティブ暗号通貨のステーキング数量などが5段階になっています。また、このデビットカードの使用はVISA取扱店でキャッシュバックが適用される仕組みになっています。

中でも、クリプト・アーン(Crypt Earn)は、取引所に暗号資産を預けることで金利を獲得できるサービスで金利を得ることができ、貯蓄用の口座を設けることができます。金利は銘柄や数量、期間によって変わってきます。高い利回りを得るには、クリプト・ドットコムのネイティブトークンCROの最低数を保有し、預金期間を最大の3か月に設定します。

また、サイバーセキュリティおよび個人情報の扱いに尽力しており、情報セキュリティマネジメント規格の認証ややクレジットカードの安全基準で最高評価を得ているため、利用者は安心して取引をすることができます。

11月13日には、32万のイーサリアムを別の取引所へ誤って取引処理をした報道があったものの、ユーチューブのライブストリーミングで質疑の機会を設けたCEOのクリス・マルスツァレクは、同取引所で保有するすべてのコインに見合う準備金を常に維持している旨を説明、監査済み準備金証明報告書を数週間以内に公表すると発表しています。

メリット

  • 暗号資産ステーキングで貯蓄用口座で金利を獲得できる
  • サイバーセキュリティと個人情報扱いに尽力
  • オリジナルデビットカードで迅速入金が可能
  • コールドストレージに保持されている顧客暗号資産は100%
  • 7億5000万ドルの保険

デメリット

  • 日本語情報が少ない
  • 運営やコンプライアンスに不安
  • 少額取引の取引手数料が高い

クリプト・ドットコムはサイバーセキュリティや個人情報などの扱いなどコンプライアンスに注意を払い、貯蓄用口座が開設できるなどのサービスを常に、利用者目線から提供しています。またプロスポーツチームや慈善団体などとパートナーシップを結び社会活動にも積極的に参加し、常に前進しつづける暗号資産取引所です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. Binance (バイナンス)暗号資産取引所

binance logo

バイナンスは世界で最大の暗号資産取引所です。1日に200億ドルの暗号資産取引を行い、週に2,100万人がサイトにアクセスしています。取り扱う通貨は600を超え、充実した取引方法や資金調達オプションが揃っています。

銀行送金で入金する際は、日本円での入金はできないため、ユーロで銀行振替(SEPA)かオンライン銀行(Giropay)、銀行カードを使う必要があります。SEPAの場合1〜3営業日で手数料は無料、Giropayの場合2〜3時間で手数料は1.5%、銀行カードの場合は1.8%の手数料がかかります。また、クレジットカードやデビットカード、もしくは暗号資産を入金するのが一般的になっています。

バイナンスでは入金前に口座を作っておく必要がありますが、会員登録には本人確認のため、身分証明証書が必要になり、2段階認証でSMSメッセージもしくはGoogle 認証アプリをスマホでダウンロードし、そこでバイナンスのコードを得て認証ページに入力する必要があります。日本の金融庁の暗号資産取引所リストには登録を受けていない点は注意が必要です。

クリプトドットコム同様、バイナンスは暗号資産ファイナンスに適しており、ステーキングは定期、DeFi、ETH2.0の3種類が用意されています。リップルはDeFiステーキングが利用でき、一定間預けることで高利率の報酬を得るロックタイプと、引き出し自由のフレキシブルタイプがあります。

リップルの場合、シンプルアーンで0.60%の利率で報酬を得ることができます。

バイナンスのアーニング画面

メリット

  • 低い取引手数料
  • 日本クレジットカードでADAを即座に購入する
  • バイナンス保険基金
  • 無料の暗号資産ウォレット
  • 幅広い取引方法と資金調達オプション

デメリット

  • 金融庁の暗号資産交換業者リストに登録されていない
  • 日本円入金ができない

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. コインベース(Coinbase)暗号資産取引所

コインベースは2012年にサンフランシスコで設立され、2021年にNASDAQ IPOで株式市場に上場した最初の暗号資産取引所として注目を浴び、現在顧客は8,900万人を抱え、100か国以上でサービスを提供しています。

コインベースでの口座開設には本人確認が必要になるため、パスポートや運転免許証などの身分証明書の画像をアップロードする必要があります。本人確認が認証され、口座が開設されると銀行口座の登録を行い、リップルなどの暗号資産の購入、そして取引が可能になります。

日本円ウォレットと暗号資産ウォレットを無料で提供しており、日本の銀行口座からの入金でリップルを購入することができます。ただし、手数料の高さに注意が必要で、取引回数が増えていくにつれて手数料の負担も大きくなります。暗号資産の購入・売却に最大で2%の手数料がかかります。さらに、日本円に出金する際にも、無料で提供する銀行が一行ありますが、3万円未満の出金の場合、110〜135円、3万円以上の出金の場合、135〜330円の手数料がかかります。

コインベースはNASDAQ上場企業で、厳しい監査の下運営を続けているため、安全面、信頼性においてトップレベルの暗号資産取引所と言えます。また顧客の暗号資産の98%をオフラインで保管するコールドウォレットを使用していることからセキュリティの高さも窺えます。

コインベースには教育リソースが容易され、学習モジュールの完了で暗号資産を獲得できるプログラムもあり、初心者にも適しています。リップルをはじめ、取引通貨は174を超え、初心者も上級トレーダーもコインベースの百科事典データベースから1万種を超える暗号資産の概要を閲覧することができます。

メリット

  • 日本の銀行口座から振込でリップルを購入できる
  • 無料のコインベース暗号資産ウォレット
  • 170を超える取引通貨
  • 無料学習プログラム

デメリット

  • 料金体系が少し複雑
  • 手数料が高い

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

リップル(XRP)とは?

2012年に取引がはじまったリップル(XRP)は、リップルブロックチェーンのネイティブ暗号資産です。リップルは銀行や金融機関に極めて効率的な決算ネットワークを構築し、低額手数料、迅速、かつ費用効果の高い方法で海外送金が可能になりました。

そのため、銀行や金融機関を通した送金は遅く、高額手数料であるだけでなく、形式に縛られたSWIFTネットワーク以外のオプションとして登場しました。さらに、リップルネットーワークはより広い市場で流動性が不足している新興通貨での取引を希望する銀行や組織にとって理想的な送金システムとなります。

これによって銀行サービスを利用するなく、流動性を促進し、取引間の決済を効率的かつ迅速に実行できるようになりました。とはいえ、リップルは銀行や金融機関を対象としていますが、実際には暗号資産市場で自由に取引されています。

そのため、オンラインでクリックするだけで誰でもリップルを売買することが可能になりました。暗号資産取引所で取引される他の暗号資産同様、リップルの値段は常に上下しています。そのため、ポートフォリオにリップルを購入し、リップルの価値が買値よりも上昇すれば利益が上がることになります。

注:リップルは米国で法人として運営されていますが、リップル株を購入することはできません。そのかわり、リップルに投資する唯一の方法はオンライン取引所でリップルのトークンを購入することです。

リップルは良い投資と言えますか?

リップルは業界でも最も確立された暗号資産の一つです。他の暗号資産と比べても、これほど頑強な基盤と実績があるトークンはほとんどありません。

ただし、リップルが今後さらに発展的な投資となるかはまだわかりません。今日、情報に基づいた投資決定を下すために、プロジェクトをあらゆる側面から細かくリサーチすることをおすすめします。

そのリサーチの参考になるよう、以下でリップルを購入すべきか判断する主な要因を列挙してみました。

銀行間トランザクション速度

リップルにより、銀行や金融機関は、1970年代から銀行間トランザクションを主に担ってきたSWIFTネットワークの代替策になると簡単に言及しました。

  • 現実に、何兆ドルもの資本が毎日SWIFTネットワークを行き来していますが、フレームワークは機能が遅く、費用がかかり、規制上においては官僚的な形式主義です
  • トランザクション速度に関しては、現在SWIFを経由する銀行間送金は、特に流動性の低い通貨が使用されている場合、決済に3〜5営業日かかる場合があります
  • しかしながら、リップルの場合、平均トランザクション時間はわずか3.86秒です
  • これは送信者と受信者の国や場所に関係なく、使用されている通貨にも関係ありません

さらに、リップルはSWIFTのようなレガシーネットワークとも言えるネットワークよりも早いだけではないのです。それどころか、リップルをトランザクションに10分もかかるビットコインと比較すると、業界で最速のブロックチェーンの一つがリップルなのです。

そのため、リップルはグローバルの決済をすべて担うことのできるネットワークになりえる効率性を持っています。

国境を越えた手数料

時間のかかるトランザクションに加えて、SWIFTやその他の元来の決済ネットワークは高額手数料でした。これは、銀行や金融機関が新興通貨の送金や受け取りに特に当てはまります。

後ほど詳しく説明しますが、新興国の通貨は流動性水準が低く、取引には対応する銀行サービスが必要となります。

しかし、リップルの場合、技術基盤により、取引当事者の場所や通貨に関係なく、低額の手数料で送金することができます。

実際にリップルネットワークがスタートしてから、平均取引手数料はわずか0.0008007ドルの低さです。これは、銀行や金融機関が、ほんのわずかな手数料を支払うだけで、多額の資金を送金できることになります。リップルの取引手数料も他のブロックチェーンと比較しても安価である点が重要です。

  • たとえば、ビットコインの前年の平均取引手数料は2ドルから60ドルです
  • イーサリアムも同様に高額で、ブロックチェーンは前年の平均料金を4ドルから70ドルの間となっています

こうしたことを念頭に置くと、リップルは小規模トランザクションにも適していますが、ビットコインイーサリアムはそうではありません。

スケーラビリティー

ブロックチェーン業界でスケーラビリティーという用語は、ネットワークが1秒間にいくつのトランザクションを処理できるか、を意味します。

  • たとえばビットコインは毎秒7トランザクションしか処理できません
  • ライトコインとドージコインの場合、毎秒平均56と33のトランザイションしか処理できません
  • 一方でリップルは、大幅にスケーラビリティーを広げることができ、リップルネットワークでは毎秒平均1,500のトランザクションを処理しています
  • しかも、リップルは必要に応じて、VISAのネットワークを反映して、毎秒最大65,000トランザクションを処理できるとしています

リップルが世界の銀行間取引でメインのネットワークになり得るか重要な点です。結局のところ、何兆ドルもの通貨が銀行と金融機関の間で毎日行き来しているのです。

流動性問題を解決

先ほど、銀行や金融機関が新興国通貨で取引する場合、市場では流動性が不足している点を取り上げました。そのため、取引を簡素化するには、銀行を利用する必要があり、その結果、高い手数料と長い処理時間がかかりました。新興国通貨がSWIFT経由で送金される場合、現在のプロセスの一般的な流れを次に説明します。

  1. タイの銀行がケニアの金融機関に送金したいとします
  2. この取引で使われているのはタイバーツとケニアシリングです。これらの通貨はどちらも世界規模では需要が低いため、市場の流動性はほとんどありません
  3. そのため、取引では最初にタイバーツに対応する銀行Aに送金されます
  4. その後、資金はケニアシリングを扱う銀行Bに送られます
  5. それから銀行Bがケニアシリングを受取人に送金します

ここでわかるように、SWIFTを経由する場合、新興国通貨の取引には、対応する銀行の形で仲介者二者を含む四者が必要となります。

ここが、おそらくリップルが極めて際立っているところです。ネットワークは取引通貨に関係なく、依然として超高速で低額手数料の取引を提供しているためです。

これはリップルが流動性を促進する機能を果たしているためで、前述した例は対応する銀行の必要性を軽減するだけでなく、平均手数料0.0008007ドルで4秒以内に完了します。

リップルの価格パフォーマンス

リップルの技術基盤を見たところで、投資の視点からリップルがオープンマーケットプレイスでどのように機能するかを見てみたいと思います。

  • リップルが10年近く前に最初に取引が開始された際、コインマーケットキャップは価格は0.0056ドルだったとしています
  • トークンの値段は数年間横ばいの状態でしたが、2017年に上昇線を描き、3.40ドルを超える高値を記録しました
  • 取引が始まった時点で投資し、2017年後半まで持ち続けた投資家は、60,000%を超える利益を得たことになります
  • そのため、わずか500ドルの初期投資は300,000ドル以上の価値と膨れ上がったことになります。

ただし、3.40ドル以上でピークに達して以来、リップルの価値はかなり下がっています。実際、リップルは2022年に入った時点でわずか0.84ドルで取引されていました。これは、2017年後半の最高値から75%以上の減少です。

一方、リップルプロジェクトが気に入り、確かな未来を約束していると信じている場合、この低価格でプロジェクトに大幅な割引で投資することが可能です。

リップルを購入するリスク

リップルが投資に適した商品であるかどうかについて決定する唯一の方法は、リスクと潜在的な利益の両方を考慮することです。

そのため、以下ではリップルの購入を決断するまえに考慮すべき主なデメリットについて説明します。

リップルのパフォーマンスと暗号資産市場

投資家にとって、より大きな暗号資産市場と比較して、リップルのパフォーマンスが高くないという点に注意する必要があります。より詳しく、2017年後半以降のピーク以降、リップルの価格動向について取り上げていきます。

たとえば、現時点で事実上すべての暗号資産が上昇成長を遂げ、2017年12月から2018年1月の間に多くのコインが史上最高値を記録しています。たとえば、ビットコインは20,000ドルを突破しましたが、これは新記録でした。

しかし、その後に続いたのは、ほとんどの暗号資産は長気にわたって弱気相場でした。そのため、リップルと同様に、暗号資産史上の価値は大きな打撃を受けています。

2021年に入ると、相場は上昇し、業界全体で史上最高値を更新しました。たとえば、ビットコインとイーサリアムは、それぞれ、68,000ドルと5,000ドルを突破しています。

しかし、重要な点は、リップルは他の暗号資産のように同じレベルの成功を収めることができず、2017年以前の最高値よりもかなり低いところにありました。

  • たとえば、2022年初頭、リップルの価格は0.84ドルで、2017年のピークである3.40ドルから75%ほど下がりました
  • それに比べて、ビットコインの値段は2022年初頭に44,000ドルで、2017年のピーク時よりも120%高くなっています
  • バイナンスコインなどの暗号資産は、同じ機関に2,000%以上成長しました

最終的に、リップルが深刻な成長問題を抱えていることを意味しますが、一方でそのほかの暗号資産はスイッチが入り、上昇しました。

銀行間トランザクションに4秒以内リップルが必要

リップルを購入する前にもう一つ考慮すべきリスクは、デジタルトークンが銀行間取引プロセスにほんの数秒間だけ必要になるということです。

これはリップルが流動性を提供する手段として、法定通貨とペアになっているためで、トランザクションが決済されると、トークンは送金に関与する銀行や記入機関には使用されません。

これがリップルの需要拡大を深刻に妨げる可能性があり、その結果、オープンマーケットプレイスでの価値を高める能力に大きな悪影響を与える可能性があります。

循環供給量

リップルチームがすべての未処理トークンの52%を保持および、管理している限り、リップル全体の供給に伴うリスクを考慮する必要があります。

リップルはネットワークが分散化されているとしていますが、これは暗号資産の観点からの問題で、チームが520億リップル以上を保有しており、これはドルベースでかなりの資本に相当します。

そのため、リップルが循環供給に追加トークンをリリース決定するたびに、値段に悪影響を及ぼします。

リップルの価格

デジタル通貨の取引が始まって以来、リップルの価格動向はすでに説明しましたが、評価が実際どのように決定されているかはまだ説明していません。

暗号資産についてまだ詳しくない場合、リップルの価格は伝統的なNYSEまたはNASDAQの株と実質的同じように機能すると理解してみてください。つまり、株式と同様に、リップルの価格は需要と供給の仕組みによって決定されます。

そのため、ますます多くの人がリップルプロジェクトに関心を抱き、ポートフォリオにリップルを購入追加するにつれて、価値はどんどんと上がっていきます。逆の場合は、多くの人の関心がなくなり、販売を検討する場合、リップルの価格は下落します。

リップル価格予測

リップルの価格予測に関して、最も重要になることは、以前の史上最高値の時を振り返るアプローチです。これは2017年後半の3.40ドル強です。

2022年初頭の価格0.84ドルから、最高値に達するには300%以上の上昇が必要になります。これは高いように思えるかもしれませんが、暗号資産にしてみると、たいしたことではありません。

結局のところ、暗号資産の多くは、2021年だけで10,000%以上も価値を上げることができました。リップルの価格予測をする際には、もう一つ考慮したい点は、0.84ドルの値段に基づくと、これは400億ドルの時価総額に相当するという点です。

そのため、このような大型銘柄の評価がすでに下されているため、リップル上昇の可能性は他の暗号資産と比較して、いくらか制限されていると言ってもいいかもしれません。

リップルを購入する方法

このガイドでは、以下のような主要トピックを紹介してきました。

  • リップルを購入する最適な場所。2022年のリップルを扱うトップ暗号資産取引所のレビューを含む。
  • リップルを買う理由
  • リップルに投資するリスク
  • リップルの価格行動と予測

次にリップルを購入する際の支払い方法について説明します。

クレジットカードもしくはデビットカードでリップルを購入する

自宅でリップルを購入するには、クレジットカードやデビットカードを使用すれば5分以内に購入することができます。

OKXのような低額手数料の暗号資産取引所に口座を登録し、カードの詳細と個人情報の提出でリップルが即座に購入できます。

クレジットカードもしくはデビットカードの支払い手数料は平均3〜5%であるため、口座開設する前にリサーチは必要です。たとえば、クリプト・ドットコムの場合、手数料は市場状況やプロモーションによって変動するとしていますが、日本からのアプリユーザーは初めの7日間は手数料が無料となります。

アップルペイでリップルを買う

暗号資産取引所にはApple Payアカウントを使って購入することが可能です。OKXでは、クレジットカードに加え、Apple Payでリップルを購入することが可能です。

リップルウォレットの選択

リップルを保管するウォレットに関しては、リップルは他の暗号資産とは仕組みが異なります。リップルを保管するにあたり、10 XRPの準備金が必要になります。ウォレットをアクティブなままにしたい場合、この10 XRPを引き出すことはできません。

リップルの価格が0.84ドルとすると、8.40ドル弱になります。最高値の3.40ドルの際にはこれは34ドルが引き出せなくなります。そのため、リップルは少額投資をしたい人には適していません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

リップル購入チュートリアル

このガイドではリップルに投資する前に必要な情報について紹介してきました。

実際にオーケーエックスでリップルをすぐに購入した場合は、以下のガイドに従って購入してみてください。

リップルをOKXで購入する方法

1.口座開設をメールアドレスもしくは電話番号で登録し、電話番号を入力する際は+国番号(81)、はじめのゼロを抜かした電話番号を入力します。例)090-1234-****の番号の場合は+81901234****となります。

okx でリップルを購入

2. 口座のためのパスワードを8文字以上のアルファベット(小文字、大文字ともに少なくとも1文字以上)と1数字、1特殊シンボル(?や%など)などすべて半角で入力します。

okxのアカウント作成画面

3. メールもしくはスマホのショートメールに届いた6ケタのコードを入力します。

OKXのコード入力画面

4. 暗号資産を購入する場合は「Buy crypto」を、暗号資産で入金する場合は「Deposit crypto」をクリックします。ここでは購入する方を押します。

OKXのBuy cryptoとDeposit crypto画面

5. 購入する場合、日本円とリップル(XRP)の組み合わせをドロップダウンメニューで選択します。支払い方法にはクレジットカードやApple Payなど100種類以上があります。日本円の購入金額を入力すると自動的にADAの数量が出てきます。その後、支払いページで決済を済ませます。

OKXで日本円とリップルXRPを交換する

6. クレジットカードで買う場合、たとえば5,000円分のリップルをクレジットカードで購入する場合、手数料は99.5円になります。

リップルXRPの購入画面

7. この後、追加個人情報を登録します。

8. 最後にクレジットカード情報を入力し、リップル購入数量(もしくは日本円金額)を入力して購入します。

リップルを売却する場所は?

リップルに投資をすると、2021年に数量が変わり、現在10 XRPの準備金が必要とされ、これを送金したり出金することはできません。これを差し引いた金額をポートフォリオに移動して売り注文を実行します。10 XRPを取り戻すにはアカウントを削除する際のみとされています。

結論

リップルは、銀行や金融機関が国際送金をするための極めて効率的なブロックチェーンネットワークを提供することができます。

SWIFTなどの従来の決済システムとは異なり、リップルは送信者や受信者の場所や通貨に関わらず、迅速で低額手数料のトランザクションを可能にしました。

このプロジェクトが長期的な投資として納得いく場合は、OKXなどの暗号資産取引所ですぐにリップルを購入することができます。低額手数料で、安全にリップルを購入することができ、取引をスタートすることができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

リップルを購入すべきですか?

リップルはどこで購入できますか?

リップルを購入するにはどうすればよいですか?

リップルを購入するのにベストなサイトはどこですか?

ビットコインとリップルのどちらを購入するのが良いですか?

リップルはどれくらい残っていますか?