更新 – ルナ(LUNA)は「ブラックスワン現象」により99%下落し、ハードフォークが実施されました。旧コインはテラクラシック(Terra Classic =LUNC)に改名されました。ぜひ、ルナが暴落した理由新しいLUNAのローンチについて知っておきましょう。

テラ/ルナ2.0は比較的新しいブロックチェーンを採用した暗号通貨であるため、多くの暗号通貨投資家から熱い視線を浴びています。暗号通貨を購入して利息を得ることができる上、新しい安定コインを簡単に作成できることもあり、DeFiコミュニティの間で注目を集めました。最近テラにデペッグが行われましたが、まだ有効な投資先だといえるのでしょうか?

それを念頭に置いて、当スタッフはテラ/ルナを購入する方法についてご説明したいと思います。ルナを提供するトップ暗号取引所をレビューしますのでご覧になって下さい。また、テラ/ルナ2.0が良い投資先かどうかを判断し、このコインの最近の値動きも取り上げていますので、ぜひ投資にお役立て下さい。

テラ/ルナ2.0の購入方法 – クイックステップ

テラ/ルナ2.0を今すぐ購入しませんか?たった4つの簡単なステップで始められます。

  • ✅ ステップ1:Crypto.comなどで口座を開設する。Crypto.comはテラ/ルナ2.0を購入できるトップクラスの暗号化取引所です。Crypoto.comのウェブサイトで、無料のアカウントを作成しましょう。
  • 💳 ステップ2:入金。 Crypto.comeは最低10ドルの入金が必要です。また、クレジットカード、デビットカードで入金ができます。
  • 🏣 ステップ3:テラ/ルナ2.0を検索:LUNAを検索し、表示されたらトレードをクリック。新しい注文フォームを開いてください。LUNAを検索し、表示されたらTradeをクリックし、新しいオーダーフォームをいて下さい。
  • 🚲 ステップ4:購入。購入したいテラ/ルナの数量を入力し、[取引開始(Open Trade)]をクリックします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

テラ/ルナ2.0の購入先は?

まず、ルナを購入するには、この新しい暗号通貨「LUNA」を提供している暗号化取引所を探す必要があります。とは言っても、その人気を考えると、現在、ほとんど取引所がテラ/ルナを提供しているのでご安心下さい。ここでは、価格、投資ツール、使いやすさなどに基づいて、最高の取引所を選ぶようにしましょう。当スタッフは。テラ/ルナ2.0への投資にピッタリな4つ暗号取引所をレビューしていきたいと思います。

1. Crypto.com – LUNA購入で最安値の手数料を提供

crypto.com logoCrypto.comはルナコインを購入する場所として、もう一つの素晴らしい取引所です。Crypto.comでは250以上の人気暗号通貨を非常に低い取引手数料で売買することができます。また、Crypto.comに暗号を入金する際、そして暗号間のスワップを行う際にも、手数料は必要ありません。

ルナコインをクレジットカードで購入する場合、取引手数料は2.99%です。

crypto.com アプリ

Crypto.comはコインを所有したら、iOSとAndroidデバイスで無料利用できるCrypto.comのモバイルウォレットにコインを保管することができます。また、テラステーブルコイン(Terra stablecoin)を貸し出して最大3%のAPY(年換算利回り)を得ることも可能です。さらに収入を得たい場合は、Visaの報酬型暗号クレジットカードを提供しており、どのレベルに属しているかによって、取引量の最大8%の配当が支払われる仕組みになっています。

 長所:

  • 250以上の人気暗号を取引
  • 比較的低い取引手数料を提供
  • APY3%の統合貸出プラットフォームあり
  • 8%のクリプトバックがあるVisaリワードクレジットカードあり

短所:

  • ペイパル、Eウオレットでの支払い対応無し

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. PrimeXBT– LUNA購入が初めての人に優しい取引所

Prime XBTロゴPrimeXBT(プライム・エックス・ビー・ティー)は次世代の暗号通貨プラットフォームとして多くの顧客から信頼を得ている取引所です。話題のLUNAをはじめ、ビットコイン、イーサリアム、USDテザーなど100種類以上の魅力的な資産を取引し、暗号通貨投資での魅力的なリターンを受け取ることができます。また、パフォーマンスの高く成果を出しているトレーダーのアクションをコピーして、投資の基礎を学ぶことができる「Covesting Copy-tradingModule」を採用し、初心者トレーダーを応援しています。また、インターナショナルな暗号通貨市場で権威ある「Best Crypto and Forex Broker」や「Best Platform for Margin Trading」など、数々の受賞歴があり信頼と実績についてもお墨付きです。

PrimeXBTでLUNAを購入する

PrimeXBTへの登録も簡単で、ほんの5分程度でクイック登録が完了!大切な資産はフルコントロールで管理されているため、ロックされる心配なくいつでも引き出せます。また、PrimeXBTの最大の魅力は収益性を高めてくれることです。低料金を提供することはもちろん、迅速に注文を決行して、高度なプラットフォーム機能をフル活用しながら、顧客の利益を高める努力を欠かせません。また、卓越したカスタマチームが24時間休みなく取引でのサポートをしています。もちろん、現代には欠かせないモバイルアプリもありますので、旅行先や出張先でもいつでも取引を行うことができます。

 長所:

  • 受動的に収入を受け取れるシステムがある
  • クレジットカード/デビットカード採用
  • 成果の高いトレーダーのパフォーマンスをコピーできる
  • 統合された暗号化ウオレットあり

短所:

  • 現物取引手数料が平均より高め

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. Binance – LUNA取引に最適な取引所の一つ

Binanceロゴテラ/ルナを積極的に取引して利益を得たいのであれば、Binance(バイナンス)が最適な取引所でしょう。なぜなら、Binanceが非常に高度な暗号取引プラットフォームを提供し、最も低い暗号スポット取引手数料を設定しているからです。

Binanceの取引プラットフォームは、数十の組み込みインジケータを備えたカスタマイズ可能なテクニカルチャートを提供しています。価格アラートを設定し、暗号市場のニュースに目を光らし、さらにテラ/ルナのオーダーブックを追跡して取引の勢いの変化を先取りすることができます。

BinanceでLUNAを購入する

Binanceでは売買注文ごとに発生する手数料はわずか0.10%です。これは今までの中で最も低い取引手数料の一つですが、取引量での割引や、Binanceのネイティブ暗号通貨で「BNB」を保有していることで割引の対象となることもあります。

また、バイナンスには、分散型金融のための機能も数多くあります。ルナのステーク、テラステーブルコインの貸し出し、バイナンストラストウォレット内での分散型アプリの実行が可能です。

 長所:

  • 総合的な暗号取引プラットフォーム
  • テラ/ルナのオーダーブックにアクセス可能
  • 手数料はスポット取引で0.10%から
  • ルナのステーキングをサポート

短所:

  • 初心者向けではない

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. OKEx – LUNAが購入できるの中国三大取引所の一つ

OKExロゴOKEx(オーケーイーエックス)は中国の最も強力な三大取引所の一つで、仮想通貨の他、さまざまな取引を利用できます。2019年からは人気のオプション取引も始動し活気に湧くOKExですが、日本人のトレーダーにも高い支持を得ていることが知られています。もちろん、期待のLUNAも購入できますので、ご安心を!

実際OKExは先物取引分野では取引量が世界トップクラスで、取り扱い仮想通貨は100種類を超えます。国内の取引所と比較しても手数料が安く、日本語サイトは構築されていないものの、日本国内での口座開設も可能です。また、OKExのオリジナルトークンは「OKB」で、保有者は手数料の割引や配バーンでの価格高騰も期待できます。

OKExでLUNAを購入する

OKExではその他、現物取引やレバレッジ取引のメリットを集めたパーペチュアルスワップも行っています。初心者でも気軽にトレードを始めることができますが、上級者やプロのトーレーダーもさまざまな投資を楽しむことができます。さらに、通貨ペア買いに限り、最大100倍のハイレバレッジを利用することが可能なので、大きなリターンを狙う投資家には朗報でしょう。日本語の利用はできませんが、アジア圏で最も実力の取引所なので、その信頼感と安全性は保証されていると言えますね。

 長所:

  • 暗号通貨100種類以上を購入可能
  • 世界トップクラスの取引所として君臨
  • 手数料が他社より安い
  • 充実したカスタマサービス

短所:

  • 日本語のサイトがまだ構築されていない
  • 日本円が使用できない

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Lunaと一体なに?

TERRA LUNAロゴテラはステーブルコイン暗号通貨を作成するために設計されたブロックチェーンプラットフォームです。これらの通貨は価格が安定しており、支払いや幅広い分散型金融アプリケーションに適しているのが特徴でしょう。

また、テラのブロックチェーンには、テラとルナの2種類の暗号通貨があります。

テラは、特定の不換紙幣に関係するステーブルコインです。実際、テラには複数のバージョンが存在するのにも驚いてしまいますが、TerraUSDは米ドルを追跡し、TerraGBPは英ポンドを追跡するなど、数十種類の不換紙幣に対応しています。

また、ルナはテラ・ブロックチェーンのガバナンストークンであり、テラブロックチェーン上で取引が検証される際に採掘されるコインでもあります。重要なのはルナがテラステーブルコインの価格を一定に保つのに一役買っているところでしょう。

テラブロックチェーン

このシステムは完璧に機能するように設計されており、実際テラは「アルゴリズムステーブルコイン」として知られています。当初、テラのネットワークはうまく機能していましたが、多くの市場関係者は、この種のステーブルコインはフィアット通貨や金のような現物資産に裏打ちされていないため、懸念を表明していました。

その代わり、アルゴリズムステーブルコインは、ルナを自動的に鋳造・燃焼させています。そして、テラのステーブルコインをパートナー通貨とペッグさせる高度なコンピュータプログラムによって安定性を保っているのです。たとえば、TerraUSDは理論上1ドルで評価されるはずなのですが、価格が0.95ドルまで下がると、プログラムは一定数のトークンを燃やして残りのトークンを希少化し、価格を1ドルまで戻します。

BinanceでのLUNA

しかし、2022年5月にルナの供給量が急増し、TerraUSDが「脱ペグ」したことで、システム全体が崩壊してしまいました。当然、ステーブルコインの背後にあるアルゴリズムは、この問題を解決することができず、投資家の間でパニックが起こりました。このパニックはルナの大規模な売りにつながり、その結果、コインはその価値の99%という驚くべき損失を被りました。

こうして、ルナは最高のアルトコインの1つから、暗号市場の歴史の中で最悪のパフォーマンスを示した通貨になってしまったのです。この状況は、テラエコシステムに対する投資家の信頼を永遠に損なった可能性が高く、たとえTerraUSDが再ペッグされたとしても、信頼は回復できないと言われています。この事実を踏まえ、多くの市場コメンテーターは、これがテラネットワークにとっての死の鐘になり得ると考えています。

テラ/ルナ2.0は投資に最適?

テラ/ルナ2.0は過去数年間、暗号投資家の注目を集めてきました。しかし、今すぐテラ/ルナに投資するのは良いアイデアなのでしょうか?このデジタル資産が際立つ理由と、多くの投資家が今すぐこの素晴らしい暗号通貨を購入しようとする主な理由をご紹介します。

価格変動効果

PrimeXBTでのLUNA

2021年、テラ/ルナ2.0は暗号市場で最もアツい暗号通貨の1つでした。1年の間におよそ14,000%も上昇し、これは急成長している暗号通貨の基準からしても驚くべきことです。

その爆発的な価値は、投資家がテラ/ルナ2.0にどれだけ興奮しているかを示しているとも言えます。ルナコインは過去数週間で99%まで暴落しましたが、TerraUSDが再ペッグすれば、ルナはその価値を取り戻せると信じている投資家もまだいます。これが実現するかどうかは時間が解決してくれるのでどうにもなりませんが、テラの評判については取り返しのつかないほど損なわれる可能性が高いと考えられます。

優れた相互運用性

テラ/ルナ2.0は、ブロックチェーンと決済システム間の相互運用性をプラットフォームの主な指針としています。テラは最近、Chainlink(チェーンリンク)と注目の契約を結んだばかりです。このことで、テラのスマートコントラクト開発者が信頼性の高い価格フィードやその他の重要なデータにアクセスしやすくなりました。

テラがこのような取引をすればするほど、ルナトークンは最高の分散型金融コインの1つとして世界中で重要視されるようになるでしょう。もちろん、テラが投資家の信頼を回復する一助となる可能性も十分あります。

分散型金融の成長

分散型金融といえば、テラ/ルナ2.0が大きな期待を寄せていた分野でもあります。テラステーブルコインは価格が安定するように設計されており、貸し借りを含む従来の金融用途に幅広く対応できます。最近の出来事を考えれば、DeFiセクターで活躍するテラの能力への信頼が揺らいでいます。テラが投資家の信頼を回復することができれば、トークンが再び成長することが期待できるでしょう。

ステーキングで利息を獲得

テラ/ルナの良いところは、投資家が儲けるためにルナトークンの価格が必ずしも上昇する必要がないことです。テラブロックチェーンはプルーフオブステイク(Proof of Stake=PoS)のトランザクション検証アルゴリズムを使って運用されています。ここではトランザクションを処理するためにルナをブロックチェーンにステイクする必要があります。

つまり、暗号通貨のステーキングにより、トランザクションが検証されるたびに報酬を得ることができるということです。事実上、ルナを保有しているだけでLunaトークンの利息を得ることができるのです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

アービトラージ(裁定取引)のチャンス

また、テラ/ルナ2.0の構造を利用して、アービトラージの機会を見つけることもできます。たとえばTerraUSDの価格がUSDの価格よりも上昇したとき、ルナを燃やしてTerraUSDを採掘し、額面以上の価格で売却することができるのです。

今となってわかることなのですが、このシステムは本当にバカにできないものでした。しかし、TerraUSDがまだ1ドルを大きく下回って取引されていることを考えると、再ペッグして1ドルに戻る可能性は確かにあると言えます。つまり、現時点ではアービトラージ(裁定取引)の機会があるのかもしれないということです。

ステーブルコインとアンカープロトコルの代替通貨から利息を得る方法については、こちらをご覧ください。

テラ/ルナ2.0の価格

テラ/ルナ2.0の価格は、この1年で乱高下しています。2021年の初め頃、ルナトークンの価値は1ドル未満でしたが、年末には1トークンあたり100ドル近くに達しています。

PrimeXBT-LUNAのお知らせ

その後、テラ/ルナ2.0は2022年のスタートを切るものの、1月末には1ルナあたり約47ドルの安値まで下落してしまいました。そして、4月上旬に上昇した後、TerraUSDのデペッグに伴い、LUNAの価格は99%も急落しました。2022年5月の記事執筆時点では、ルナは現在0.0119ドルで取引されています。

このことで、ルナの時価総額はわずか3億2800万ドルとなり、世界ランクで215位となってしまいました。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

テラ/ルナ2.0価格予想

テラ/ルナ2.0の価格予測は様々ですが、現在の状況を考えると強気のテーゼを語るのも非常にリスクが高いと言えます。実際、テラが2022年4月の高値を99%下回っていることを考えると、テクニカル分析に基づく想定は困難です。確かにルナが0ドルまで下がり、テラの生態系が蒸発する可能性も無きにしも非ずです。つまり、TerraUSDが再ペッグすれば急反発する可能性もあるため、「何が起きてもおかしくない」と考えるべきでしょう。

テラ/ルナ2.0の購入方法

LUNAの購入方法をご紹介します。

クレジットカード/デビットカードでLUNAを購入

ほとんど暗号通貨取引所では、クレジットカードやデビットカードを使ってテラ/ルナを購入することができます。しかし、その多くで、購入額の4%以上の高い手数料を徴収しています。今回ご紹介している取引所ではアプリを提供しており、支払いも簡単に行えるようになっています。

テラ/ルナ2.0のベストウォレット

テラステーブルコインやルナを安全に保管するためには、暗号ウォレットが必要です。暗号ウォレットは、従来の銀行口座と少し似ていて、暗号通貨をすべて保管し、暗号通貨を送受信するための集中ハブの役割をしています。さらに、多くの暗号ウォレットは、暗号の保存、貸出、ステーキングなどの分散型金融アプリケーションをサポートしています。

テラ/ルナの保管に使用できるウォレットには、いくつかあります。ホットストレージウォレットは、その多くがソフトウェアウォレットで、インターネットに接続されています。そのため、より簡単に使用することができます。すでに接続済みで多くの場合で暗号取引所と統合されているため、いつでも暗号の売買、送受信が可能なのです。しかし、ホットウォレットは常に接続されているため、ハッキングの影響を受けやすいのが難点でしょう。

crypto.com DeFIウォレット

コールドウォレットは、そのほとんどがハードウェアウォレットで。ほとんどインターネットから切り離されているため、より安全です。しかし、暗号通貨を扱う際にはいつでも接続する必要があるため、やや面倒な面もあります。

テラ/ルナ2.0を保管するのに最適なウォレットをお探しなら、Crypto.comのウォレットアプリをお勧めします。この無料ウォレットはiOSとAndroidデバイスで利用でき、テラ/ルナに限らず、その他多くの暗号通貨を保管することが可能です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

テラ/ルナの購入方法 – チュートリアル

テラ/ルナの購入先がわかったところで、いよいよ購入を始めましょう。2022年版の取引所としてトップクラスの人気を誇るCrypto.comでルナを購入する手順を説明します。

ステップ 1: アカウントを開設する

まず、Crypto.comのウェブサイトに行き、無料のアカウントを開設します。ご自身の電子メールを入力し、ユーザー名とパスワードを選択します。次に、名前、住所、電話番号などの詳細を入力します。また、本人確認のため、運転免許証またはパスポートのコピーをアップロードする必要があります。

Crypto.comログイン

ステップ 2: 入金する

Crypto.comは最低10ドルの入金が必要です。クレジットカードやデビットカードで入金することができます。

Crypto.comホームページ1

ステップ 3: テラ/ルナ2.0を検索する

Crypto.comのダッシュボードに行き、検索ボックスにLUNAと入力します。テラ/ルナが表示されたら「Trade」をクリックし、新しい注文フォームを開いてください。

ステップ4: テラ/ルナ2.0を購入する

購入したいルナコインの金額を米ドルで入力してください。ストップロスやテイクプロフィットを設定することもできますが、長期的にルナに投資する場合は空白にしてください。準備ができたら、[Open Trade(取引開始)] をクリックし、購入を完了します。

テラ/ルナ2.0の売り方

テラ/ルナ2.0は、購入したときと同じように、取引所を通じて売却することができます。ルナコインを購入できるすべての取引所でルナを売却することも可能なので安心ですね。

通常、購入と同じ手順ですが、購入ではなく売却を選択することになります。また、売却した資金は取引所の口座に入り、別の暗号通貨の購入や引き出しに使用できるので便利です。

まとめ

暗号通貨取引所ベスト12 - 最強のプラットフォームを見つけよう18今回はLUNAをどこで買うか、またルナは買いかどうかをレビューしてみました。 ルナ/テラは暴落後の低価格帯にもかかわらず、いまだ不安定なので、失っても良い資産だけを利用して投資するようにしてください。テラ/ルナ2.0に投資する準備ができたら、Crypto.comなどの手数料の低い海外取引所で購入するようにしましょう。

しかし、高いリターンが期待できる別の暗号通貨をお探しなら、DeFi コインを検討してみてはいかがでしょうか。DeFiコインは、今年ローンチした最もフレッシュな分散型取引所の1つで「DeFi Swap(ディーファイスワップ)」のネイティブトークンです。DeFi CoinのDeFi市場への大きな露出と受動的収入の可能性を考えると、このコインは今後数週間、長くても数ヶ月の間に成長を続けることは間違いないでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

テラ/ルナ2.0でよくある質問

テラ/ルナ2.0コインとは?

テラ/ルナ2.0はどこで買える?

テラ/ルナ2.0を購入すべき?

テラ/ルナ2.0の購入方法は?

テラ/ルナ2.0の価値はどうなる?

テラ/ルナ2.0の時価総額は?

接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます