モナコインが生まれた日本での爆発的な人気のおかげで、モナコインは投資家の関心を集めています。2017年に史上最高値を記録したモナコインは、仮想通貨の冬から脱出するコインの1つかもしれません。

以下では、モナコインの将来を分析し、投資家にモナコインの買い方をご紹介します。また、より爆発的な可能性を秘めた2つの仮想通貨、TAMAとIBATについても見ていきます。TAMAは現在プレセールの段階で誰でも購入可能です。

モナコインの購入方法 – 5ステップ

  1. 取引所で口座を開設 – モナコインが上場しているトップクラスの仮想通貨取引所へアクセスします。
  2. 🔑本人確認 – Know Your Customer(KYC)を通じて本人確認を実施します。
  3. 💳入金 – ウォレット、法定通貨、クレジットカードで仮想通貨を入金します。
  4. 🔎 モナコインの検索 – 検索バーに’MONA’と入力します。
  5. 🛒 モナコインを購入 – 支払い方法を選択します。

モナコインを購入できる場所

モナコインを購入する方法を探しているのであれば、まず、オンラインブローカーまたは最高の仮想通貨取引所の1つにサインアップする必要があります。これらは、多くの取引所の中から選択することができます。以下では、モナコインの2つの取引オプションと安い取引手数料を提供するグローバルな取引所の1つをレビューしていきます。

Crypto.com – オールラウンドなトップクラスの仮想通貨取引所

crypto.com

2022年、「Crypto.com」は海外の仮想通貨取引所として最も優秀であると評価されました。この取引所は250以上のトップクラスの仮想通貨と新しい仮想通貨を取り扱っています。Crypto.comは2016年に立ち上げられ、「Monaco」という社名で運営されていました。「仮想通貨を世界へ流通させる」をモットーに、仮想通貨とブロックチェーンの優れた技術を活用し、信頼性の高い取引を行っています。

登録ユーザー数は1000万人を超え、欧米をはじめ、日本を含むアジア諸国、アフリカ諸国など、グローバルに利用されています。Crypto.comには、年会費無料のオリジナルプリペイドカード「Crypto.com Visa」があります。クレジットカード機能を搭載しているので、仮想通貨や日本円でチャージできるのが魅力です。5種類からお好きなタイプを選択できます。また、アプリ機能も充実しているので操作もとても簡単となっています。

モナコインとは

モナコインは、分散型決済ネットワークのことを指します。高速で安全なピアツーピア取引(第三者などを介さずに直接ユーザー同士で直接取引を行うこと)を提供するために、2013年に特別に設計されました。

モナコインのシステムは、ビットコインの遠い親戚にあたります。モナコインはLyra2Revというアルゴリズムをベースにしています。これはライトコインのハードフォーク(ブロックチェーンの分岐のこと)をベースにしており、ビットコインのハードフォークでもあります。

つまり、モナコインの取引は、電力消費量の少ない最新のPoS(Proof-of-Stake)アルゴリズムではなく、PoW(Proof-of-Work)コンセンサスアルゴリズムを使用して認証されるのです。

MONAをどのように購入するか考えている投資家は、モナコインのPoWが、ステーキングコインの1つではないことを心に留めておく必要があるでしょう。

これは、ステーキングがその検証プロセスの一部にないためです。しかし、MONAをマイニングをするのには最適なコインの1つだと考える人もいます。

  • モナコインの希薄化されていない時価総額は現在3600万ドルで、1日の取引量はおよそ5万ドルです。

モナコインと日本

グローバルなネットワークでありながら、発祥の地である日本にしっかりと根ざしているモナコインは、日本から生まれた最初のアルトコインであり、強い支持を得てきました。

モナコインは、以下のような日本の小売店で支払い方法として利用されています。

  • ビットコインモール:仮想通貨を受け入れるオンラインeコマース・プラットフォーム
  • アーク:家電量販店

また、MONAオンラインフォーラムやMonappyと呼ばれる仮想通貨アプリもあります。ここでは、ユーザーはMONAの保管や交換、物理的およびデジタルアイテムの購入が可能です。

そして、日本の金融庁は、このコインを承認しています。

モナコインは、「わたなべ」というペンネームにより設立されました。これは、ビットコインの創始者であるサトシ・ナカモトへのオマージュといえます。わたなべは日本で最も多い苗字の1つでもあります。開発陣の正体は今も謎のままです。

現在わかっているのは、MONAのロゴは、アスキーの猫キャラクター「モナ」をモチーフにしているということです。これは、日本のオンライン掲示板「2ちゃんねる」で人気を博したものです。

モナコインとASIC

ASICとは、「Application-Specific Integrated Circuit」の略で、「特定用途向け集積回路」のことで、一時期、GPU(General Processing Units)を使う仮想通貨の採掘者が不利になる恐れがあったマシンです。

  • ブロックチェーン上でのASICマイニングに対抗するため、モナコインはまずScryptアルゴリズムでリリースされました。
  • その後、ScryptアルゴリズムはASICマイニングに対して脆弱になったため、Lyra2Revアルゴリズムへアップグレードされました。

モナコインとセキュリティ

拡張されたMONAネットワークは、少なくとも2回ハッキングされています。

  1. 2018年、MONAブロックチェーンを一時的に掌握したマイナーによって9万ドルが失われました。その後、開発者によってセキュリティ上の欠陥が修正されました。
  2. 2019年、Monappyアプリから9万7000トークンが盗まれました。7,700人のユーザーが被害に遭いました。その後、窃盗犯は警視庁のサイバー犯罪対策課に捕まりました。

モナコインに将来性はあるのか?

モナコインの最盛期は過ぎ去ったのか?

  • MONAは2017年に天文学的な価格上昇を達成しました。しかし、それ以降、その価格の進行方向は概ね下向きになっています。
  • 決済用仮想通貨として、MONAは他の仮想通貨に取って代わられています。ビットコインよりも高速に取引を完了できますが、Dogecoinよりは高速ではありません。
  • 日本以外では、モナコインはほとんど知られていません。

MONAが眠れるヴィンテージ型の仮想通貨だといえるのは簡単で、2022年から2025年までのMONA価格予想を見ればわかります。

間違いなく今、投資すべき将来の仮想通貨は、プレセール段階のコインでしょう。

そのような希少なコインの一例が、次のDogecoinやShibaになるとも言われている、Tamadogeです。これは、Play-to-Earn/NFTプラットフォーム用の犬をテーマにした実用コイン、TAMAです。投資家は今、ベータ版のプレセールでTAMAを購入することができます(以下にその方法を示します)。

価格は1ヶ月で25%上昇する予定で、TAMAはオンラインで最高の仮想通貨プレセールの1つです。一方、モナコインはプレセールの段階をとっくに過ぎています。

MONAが市場に登場したのは2014年です。その後、2017年後半に30倍以上に値上がりした後、反落しています。再びその高みに到達するのでしょうか?ホットなMONAコインのニュースはありませんが、このアルトコインには、その価格を支える5つのポジティブな要因があることは確かです。

1: モナコインの未来 – 日本での強力な後ろ盾

最高のユーティリティトークンのどれもが、何かしらの拠り所を持っていて損はないでしょう。モナコインは、その発祥の地である日本で絶大な人気を誇っていることは間違いないでしょう。

MONAが日本で最初に人気を博したのは、2014年に日本を拠点とするビットコイン取引所「Mt.Gox」が悪名高いハッキングに遭った後のことでした。日本でのテレビ報道では、MONAをビットコインに代わる日本発の安全な通貨として紹介しています。

  • MONAユーザーは、MONAをベースにしたさまざまなWebアプリケーションを開発しています。
  • 日本ではMONAの神社が建立されています。
  • MONAは投げ銭の代名詞となり、「モナゲ」というダジャレが使われるようになりました。

2: モナコインの将来性 – 最近の価格推移は底堅い

仮想通貨、冬の時代にもかかわらず、モナコインは他のミームコインに続いて、最近強い回復を見せています。

過去の上昇率と比較すると、最近の上昇は目を見張るようなものではありませんが、モナコインが4週間足らずで20%上昇している事実は変わりません。

  • MONAは2022年7月14日に月間安値0.4659ドルを記録
  • その直後、2022年8月3日には、0.5606ドルに到達

つまり、2022年7月13日にMONAを1,000ドル購入していたとしたら1,200ドル(スプレッド手数料と取引にかかった手数料を差し引いた金額としても)を手にすることになります。

  • 以下は、2022年7月の1ヶ月間のモナコインの価格を示したチャートです。

3: モナコインの未来 – 仮想通貨版SWIFT(決済ネットワーク)

モナコインは、2つの技術的な強化により、取引を比較的早く行うことができます。

  • 開発者はレイヤー2上でライトニングネットワークを統合し、ビットコインの取引も高速化させました。
  • Segregated Witness(SegWit:ブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法)は、ソフトフォークによって実装されました。これはビットコインだけでなくライトコインでも使われており、取引を高速化するために利用されています。

モナコインは、多くの最新の決済コインほど高速ではないものの、ビットコインよりは高速といえます。ブロックタイム(ブロックチェーンで1ブロックが処理されるのに予定される時間のこと)が1.5分を誇っています。

4: モナコインの未来 – 国家から承認された正当な仮想通貨

モナコインは合法なのでしょうか?その答えは間違いなく「イエス」です。これは、違法な通貨ではありません。

何はさておき、モナコインは2014年から存在しています。しかも、日本の金融庁の認可を受けています。

そして、MONAの創設者たちは、モナコインのウェブサイトでこのように宣言しており、当初からMONAに自分たちに有利になる金銭的利害関係をもっていません。「モナコインの発売以来、モナコインは自分たち自身のためにコインを確保していません。言い換えれば、コインの開発者とそのユーザー全員が最初からコインを入手する条件を同じにしています(これはブロックチェーンを検査すれば誰でも確認できます

5: モナコインの未来 – 素晴らしいトークノミクス

現在の価格が0.5563ドルであるモナコインは、一部の投資家から1ドル以下のおすすめの仮想通貨の1つといえます。モナコインに関心が集まる理由の1つは、最大供給量がわずか1億500万枚という少なさです。現在、6500万枚が鋳造され、流通しています。このコインの少なさが、モナコインの時価総額が3,600万ドル強と低いことを物語っています。

MONAをどのように買えばいいか考えている投資家は、この点についてあまり興味を持っていないかもしれません。しかし、供給量が比較的少ないため、モナコインは突然の価格上昇の影響を受けやすくなっています。さらに、これはMONAがデフレ型であることを意味します。1億3000万枚という限られた供給量のため、供給過多で価格が急落することはないのです。

もちろん、長期的な上昇の恩恵を受ける唯一の方法は、今MONAを購入し、HODL:Hold on for Dear Life(危険を冒さずに、しっかりしがみついていること)をすることです。

モナコイン価格予想 – モナコインに未来はない?

2020年10月から2021年1月まで、コインの価格は1.30ドル前後で推移していました。しかし、2月に入ると上昇トレンドに転じ、2.82ドルに到達しました。変動し続けたとはいえ、その価格は最終的に2021年4月に4.02ドルの大台に乗りました。

その後、数カ月はうろうろしながらも、おおむね下落基調をたどっていきました。

2022年初頭には、再び1.00ドル前後で取引されるようになりました。しかし、5月にはさらなる下落が見られ、世界の仮想通貨市場の下落傾向を受けて、0.60ドルまで価格が急落しました。

本稿の執筆時点で、モナコインは0.5469ドルで取引されており、その時価総額は35,945,942ドルとなっています。

比較的、モナコインの総供給量は少なく1億512万トークンであり、そのうち62%がすでに採掘されており、これは約6600万トークンを占めています。モナコインはプレマイニングなしでローンチされたため、そのすべてが一般に流通しています。これは、開発者とユーザーが対等な立場でMONAを受け取れるということでもあります。

これまでのMONAの価格推移について、簡単に振り返ってみましょう。

  • 最初の4年間、つまり2013年~2017年の間、モナコインは1ドルを下回る状態が続きました。
  • 2017年12月には、史上最高値の16.61ドルを記録しています。
  • 2022年初頭には、再び1ドル前後で取引されるようになりました。
  • 2022年5月には0.60ドルまで下がり、その後も同じように切り下げ路線を歩んでいます。

2022年、モナコインの未来は?

2022年のモナコインの未来は、日本からのトークンのバックアップが前提になります。モナのイメージとミームは日本経済全体で広く使われているため、MONAの価格は安定的に推移し、上昇基調になる可能性もあります。

また、どちらもプルーフ・オブ・ワーク(PoS)メカニズムを使用しているにもかかわらず、ビットコインよりもモナコインの方が取引の実行速度がはるかに速いのです。これは、モナコインがブロックチェーンにSegWitのアップグレードを実装した最初のコインの1つであるためです。

これだけでなく、モナコインは、ビットコインやライトコインよりも最大供給量が多いのが特徴です。プルーフ・オブ・ワークというコンセンサスメカニズムによって採掘され、ビットコインと同様に採掘されるブロックごとに調整されるため、時間の経過とともに採掘の難易度は高くなります。

これらすべての機能性は、このコインが日本の仮想通貨ユーザーやマイナーの注目を集めるのに十分でした。そして最終的には、ミームコインとして生まれたにもかかわらず、日本で最も利用される仮想通貨の1つとなったのです。

その結果、モナコインの価格予想では、2022年末までに0.67ドルのレベルに到達する可能性があると予想しています。

2023年、モナコインの未来はどうなる?

来年のモナコインの未来は、やはり他の要素よりも日本での利用が継続されるかどうかにかかっています。というのも、モナコインの利用は日本だけに限られているためです。

この事実と日本との強い結びつきを考えると、モナコインは、アイスランドのオーロラコインのように、この国の国民的暗号資産として大きく関連づけられる可能性があります。

ビットコインや他の仮想通貨と同様に、MONAは日本での資金移動のための分散型決済システムとして利用されています。しかし、それはそれとしてこのプロジェクトは、日本における円などの不換紙幣の代替を目的としており、今後数年間も同様に注力していく予定です。

そのため、当社のモナコイン価格予想では、2023年末までに1ドルの大台を超える可能性があると予想しています。

2025-30年のモナコインの未来予測

最後に、2025年のモナコインの未来は、MONAのアクセシビリティやコミュニティなど、他のいくつかの要因に左右されるでしょう。

1つ目は、日本でのモナコインの採用が増えていることと、仮想通貨ユーザーの間で人気があることです。現在までに、このプロジェクトに関するRedditのメンバーは約2,823人、Githubのコミットは23,691以上に達しています。

しかし、ZaifやbitFlyerなど日本の仮想通貨取引所にはいくつか上場していても、日本以外の取引所ではほとんど利用できないのが現状です。

例えば、このミームコインが利用できる米国の取引所は、BittrexとCoinExだけです。このことからも、海外ではまだまだ未成熟な仮想通貨であることがわかります。

我々の調査と分析を考慮すると、MONAは2ドルの大台を超え、2025年末には2.5ドル近くに達するかもしれないと推測しています。

2030年のモナコイン価格予想については上昇傾向にあると見ています。しかし、モナコインが日本国内のみで利用される通貨であり続けるか、日本以外の国でも居場所を作るかどうかにかかっています。

モナコインの今後の高値・安値予測

モナコインの将来について、ここまで説明してきましたので、次のセクションに進みたいと思います。しかし、その前に、これから購入を希望する個人投資家のために、価格予想を以下のチャートで再確認しておきましょう。

ポテンシャルが高かった場合 ポテンシャル 低かった場合
2022 $0.67 $0.60
2023 $1.08 $0.93
2025 $2.43 $1.95

モナコインの今後 より良い代替案はあるのか?

仮想通貨冬の時代におすすめのトークンが証明しているように、仮想通貨自体を見捨ててしまうことは決して得策ではありません。

2014年に発売されたMONAは、ヴィンテージものです。2017年のように、また価格が高騰する可能性は十分にあります。

しかし、もし投資家が2022年に向けて最高の仮想通貨にいち早くアクセスし、恩恵を受けたいのであれば、新しいPlay to Earnの世界の中心にある、ミームコインとユーティリティコインのハイブリッドであるTAMAとIBATをチェックすることをお勧めします。

Tamadogeとは

Tamadogeは、次のDogecoinになるとあちこちで言われています。Dogecoinは犬をテーマにしたミームコインで、破天荒なテスラの Elon Muskが率いるカルト的なファンのおかげで、2021年に輝かしい投資リターンを実現しました。

Dogecoinに続いて、大成功を収めたShiba Inuや、Floki Inu、Kiba Inu、Baby Dogeなどの時価総額の低い仮想通貨である、犬の模倣品が続々と登場しました。

2021年の何ヶ月もの間、DogecoinとShibaが米国であらゆる種類の仮想通貨を差し置いてオンラインで最も広く検索されていることが調査で明らかになりました。

犬をモチーフにした仮想通貨はすべてミームコインです。ピアツーピアの決済ネットワークのトークンとして広く使われているものもあります。しかし、それを除けば、それらは実用性はありません。

TAMAが主要取引所に上場したときにも、価格が爆発的に上昇するという意見があるのも不思議ではありません。なぜなら、Tamadogeはかわいい犬の仮想通貨であるため、同じく人々の関心を呼び込むからです。しかし、それだけではありません。それ以上のものを提供しているのです。TAMAはTamadogeのメタバースの一部であり、魅力的なPlay to Earnの仕組みやNFT取引などを備えています。

なぜモナコインではなくTamadogeおすすめするのか?

仮想通貨への投資を考えているリテールトレーダーは、大きなリターンを期待できるミームコインに注目することが多いようです。この点で、Tamadogeは間違いなく魅力的な機会といえるでしょう。しかし、このトークンには他にも多くの利点があります。

モナコインではなく、Tamadogeを購入した方が良いと思われる理由をもう少し詳しく見てみましょう。

魅力的な報酬

Tamadogeを購入する主な理由の1つは、このプロジェクトのエキサイティングなP2Eメカニックです。この仕組みは将来、利益をもたらすだけでなく、このゲームの親しみやすさは、幅広い投資家にとって魅力的なものとなっています。

これは、魅力的なコミュニティを構築する上で非常に重要であり、Tamadogeのチームは、ビギナーからベテラン投資家までが親しみやすいエコシステムを保証しています。さらに、報酬はTAMAで分配されるため、ゲーム内アイテムを追加購入することで、ユーザー体験を深めることができます

DOGEのコミュニティを活用する

2021年にShiba Inuを購入した人は、このコインのコミュニティの後ろ盾もあり、大きな利益を得たことでしょう。Shiba Inuはソーシャルメディア上で何百(何千とは言わないまでも)ものサポートを受け、トークンの価格が数週間のうちに1,200%以上急騰しました。

TAMAは、DOGEデザインのパワーを生かしたエコシステムとして、Tamadogeのチームは同様のことを実現しようとしています。TAMAの公式Twitterのフォロワー数は12,000人を超えており、すでにその効果は現れています。

メタバースとの連携

優れたメタバース・プラットフォームの多くは、没入型体験が人々に受け入れられ始めていることもあり、大きな恩恵を受けています。Tamadogeのチームは、より広いコミュニティのニーズに影響される、「Tamaverse」と呼ばれる独自のメタバースプラットフォームを立ち上げる計画を持っています。

また、Tamadogeのペットは3Dモデルとしてレンダリングされるため、既存のメタバースプラットフォームへの移行も可能です。まだ提携は発表されていませんが、このコンセプトは魅力的で、プレイヤーとペットの絆がより深まることは間違いありません。

説得力のあるロードマップ

長期的なTamadogeの価格は、プロジェクトのロードマップに大きく影響されるでしょう。幸いなことに、Tamadogeのロードマップはエキサイティングで、投資家に大きなリターンをもたらす可能性のある数々のプランがあります。

今後、他のメタバースプラットフォームとの提携、CEXへの上場、P2Eアーケードゲーム、Tamadogeの物理的報酬、さらにはAR(拡張現実)専用アプリの投入などを計画しています。

NFTの融合

最後に、ペット(およびゲーム内アイテム)はすべてNFTとして構成されているため、NFTに投資したい人はTamadogeのエコシステム内で投資することができます。NFTはTamadogeストアを通じて取引することができ、TAMAが基軸通貨として機能します。

ペット用アクセサリーやフードなど、様々なアイテムを販売する予定です。また、「Tamadoge」ペットは複数購入が可能で、一人当たりの保有数に制限はありません。

Tamadoge – ベータ版プレセール中

  • TAMAのベータ版プレセール終了間近 – 2022年9月2日まで
  • TAMAの価格はプレセール期間終了後、25%上昇予定
  • プレセール期は2022年 3月まで
  • TAMAのベータ版プレセール価格は、1セント(0.01ドル)。100ドルで10,000TAMAを購入可能
  • 2022年 3月までに中央集権型仮想通貨取引所に上場

Tamadoge – 高いセキュリティ

  • TamadogeのプラットフォームはCoinsniper社がKYCを実施
  • TamadogeのスマートコントラクトはSolid Proof社が監査を実施
最小投資 1,000 TAMA (〜$10+ガス代)
最大投資額 NA
購入方法 ETH、USDT、法定通貨
ブロックチェーン イーサリアム
ベータ版セール終了 2022年9月2日
プレセール終了 2023年3月

Battle Infinityとは

IBAT logo

Battle Infinityは、メタバースに基づく革新的な最高のメタバースゲームプラットフォームで、NFT統合によるエキサイティングなP2E(プレイ・トゥ・アーニング)を提供します。今年最高のゲーム用仮想通貨として注目されているBattle Infinityは、ゲームをプレイすることにより収入を得ることができる一方、他の人とつながり、関係を築く方法を提供します。

なぜモナコインではなくBattle Infinityを購入するのか?

Battle Infinityは、メタバースというニッチな分野で投資すべき最高の仮想通貨になるために必要なすべての機能を備えており、開発者のロードマップには、将来的にさらにエキサイティングなプランが記されています。このことを念頭に置いて、モナコインと比較してBattle Infinityがよりよいと言える主な理由を探ってみましょう。

大きなリターンの可能性

投資家がBattle Infinityを購入すべき主な理由の1つは、IBATが提供できる潜在的なリターンです。新しい仮想通貨プロジェクトの初期段階では、トークンは最も下落リスクが少ない上、上昇の可能性が高いといえます。

その後、コインが主要なCEX(例:Binance)に上場すると仮定すれば、かなりのリターンを得られる可能性があります。

報酬ゲットのチャンス

Battle Infinityは、ユーザーが収入を得るためのさまざまな方法を提供し、最高のPlay to Earnゲームの1 つになる素質を備えています。中でもIBATプレミアリーグは、スポーツファンがファンタジーチームを結成し、実際の成績に応じてポイントを獲得できる魅力的なものです。

IBAT rewards

最高得点を獲得したチームには、IBATとして報酬が与えられます。また、IBATはBattle SWAP機能により他のトークンと交換することができるため、ゲーム内の報酬を現実の商品やサービスの購入資金に充当することも可能です。

NFTとの融合

NFT市場はここ数カ月で落ち着きましたが、これらの資産には、ブロックチェーンベースのゲームに不可欠なさまざまなユースケースがあります。Battle Infinityのゲーム内アセットはすべてNFTとして構成されており、ユーザーはその完全な所有権を保持することになります。これはまた、バトル・マーケットを通じて取引できることを意味し、所有者は価値が上昇することにより利益を得ることができます。

スポーツファンへの訴求

最後に、Battle Infinityのファンタジースポーツリーグは、ブロックチェーンゲームに興味を持つ全てのスポーツファンに魅力的といえるでしょう。スポーツとその選手について深い知識を持つゲーマーは、チームを作ってリーグに参加することで、この知識を収益化に繋げることができます。選手はNFTとして構成されているため、ゲームプレイの成功によって報酬を得られる一方、現実世界のパフォーマンスによって価値が左右され、価格上昇の恩恵を受ける余地があります。

Battle Infinity fantasy league

活発なコミュニティの一員になる

多くの優れたメタバースNFTプロジェクトと同様に、Battle Infinityは、ユーザーが他のユーザーと出会い、交流するためのプラットフォームを提供しています。このような形式のオンライン交流は、COVID-19の大流行以来、一般的になっていますが、Battle Infinityは、ユーザーがチームを組んで一緒に課題に取り組むことにより、これをより一層促進しています。

エコシステムの成長に伴い、ユーザーはコミュニティ形成のために追加機能を利用することができます。最も顕著なものの1つは、仮想の土地を購入する機能で、他のユーザーによってレンタルし、広告スペースとして使用することができます。

Tamadoge(TAMA)の買い方 – 詳細チュートリアル

モナコインを購入する方法を考えている投資家は、MONAが上記のBittrexを含む多くの中央集権型取引所で安心して利用することができます。

しかし、TAMAは異なります。Tamadogeは現在、ベータ版のプレセール段階にあります。これは、最も有望な仮想通貨を早期に入手したい投資家にとって非常に有益なニュースです。TAMAはまだ分散型、中央集権型取引所では利用できません。しかし、Tamadogeオンラインプラットフォームから直接入手することができます。

TAMAの購入は、5つのシンプルなステップで可能です。

ステップ1 – 仮想通貨ウォレットの設定

MetaMaskウォレットは、あらゆる種類の仮想通貨(新しいコントラクトアドレスを持つ新しい仮想通貨を含む)に対応できるため、TAMAの購入に適したウォレットと言えます。

画面の指示に従って操作

MetaMask wallet

ステップ2 – イーサリアム(ETH)またはテザー(USDT)の購入

ETH logo

2023年3月にTAMAが中央集権型取引所で発売されると、投資家やゲーマーはTamadogeプラットフォームで法定通貨を使って購入できるようになります。それまでは、大手仮想通貨のイーサリアムやテザーを使ってTAMAトークンを購入することができます。

Tamadogeは、TAMAを購入するために、ユーザーが最低15ドルのいずれかの仮想通貨をウォレットに持つことを推奨しています。

USDTまたはイーサリアム購入する方法はたくさんあります。投資家はサードパーティのサプライヤーTransakを介してTamadogeプレセールプラットフォームでクレジットカード/デビットカードでイーサリアムを購入できます。

それ以外の場合、Metamaskのユーザーは、ウォレット内からさまざまなサードパーティプロバイダーからイーサリアムを購入したり、他の場所からインポートしたりすることができます。

ステップ3 – ウォレットをTamadogeプレセールプラットフォームにリンク

Tamadoge presale

ステップ4 – 「Tamadoge(TAMA)」の購入

  • 希望するTAMAの数を入力(最低取引数は1,000TAMAです。)
  • 100ドルで10,000TAMAを購入
  • 「ETHを変換」または「USDTを変換」をクリック
  • 取引内容を確認

ステップ5 – TamadogeTAMA)の受取

2023年3月にTamadogeのプレセールが終了すると、投資家はTAMAを受け取ることができます。


MetaMaskウォレットをお持ちの方は、以下のコントラクト情報を使って、すぐにTAMAを見つけられるようにプログラムすることができます。

アドレス0x12b6893cE26Ea6341919FE289212ef77e51688c8
小数点以下の桁数18
トークンTAMA

まとめ – モナコインに将来性はないのか?

今回は、MONAを販売している主要ブローカーをレビューすることで、投資家がMONAの買い方についてご説明しました。Crypto.comは、取引ペアの一部としてMONAを提供する中央集権型取引所の1つです。一般的に、MONAは どこの取引所でも購入できるものではありません。

モナコインに代わるよりエキサイティングなものとして、TamadogeのTAMAに注目しています。これは、次のDogecoinまたはShiba Inuになると言われている実用性のあるミームコインです。この犬をテーマにした仮想通貨は、仮想ペット、NFT、Play to Earnの良いところを融合させ、楽しくてアクセスしやすいエコシステムにすることを目指しています。

Battle Infinityの新しいGameFiコインIBATと並んで、TAMAは今、優位性のあるプレローンチ(ベータ版)段階です。一方、モナコインは発売から8年が経過しています。

20,000以上ある仮想通貨の中で、モナコインや他の仮想通貨を購入する方法を調査することは、初心者にとっては容易ではありません。投資家は失うことができないお金を仮想通貨に使うべきではありませんし、仮想通貨投資を株式やETFなどの低リスクの資産とバランスを取ることをお勧めします。

モナコインの今後に関するFAQ

MONA仮想通貨を購入する方法は?

モナコインは何に使われるの?

モナコインに投資するにはどうしたらいい?

モナコインはいつ作られたのか?

モナコインに将来性はない?

免責事項

関連するすべてのリスクを認識して、常に責任を持って投資することが重要です。 市場は非常に不安定になる可能性があるため、投資する前に広範な調査を行う必要があります。 私たちのサイトは定期的な更新を提供し、推奨するすべてのプラットフォームを入念に検証しますが、自分の意見を形成し、失う余裕があるものだけに投資する必要があります. 投資収益率を保証するものではありません。

人気トピック

コンテンツが見つかりません、すぐに確認してください