Lucky Block (ラッキーブロック)は、今年登場した仮想通貨(暗号通貨)の中で最も人気のある通貨の一つです。価値の上昇から利益を得る「値上がり利益」を得るチャンス以外にも、さまざまな魅力的なオーナーシップ特典を提供している通貨です。

また、近い将来、複数の有望なアップデートが予定されており、今がLucky Block をポートフォリオに追加する理想的なタイミングかもしれません。

このガイドでは、Lucky Block の購入方法について詳しく説明し、この注目すべき仮想通貨について知っておくべきことをご紹介するとともに、仮想通貨初心者でも購入できるようにLucky Block 購入方法を5ステップて簡単に紹介します。

Lucky Blockについてのキーポイント

  • Lucky Block は、バイナンス・スマートチェーン上で展開されている暗号資産ゲームプラットフォームである
  • ブロックチェーンの強みを生かし、より公平で透明性の高い賞金抽選を提供すると同時に、多くの参加者に対して当選確率を上げることを目指している
  • ネイティブトークンであるLBLOCKは、チケットの購入や賞金の分配に使用され、このプラットフォームのエコシステムの需要な要素を形成している
  • 開発チームは最近、ERC-20基準を用いた取引税が無料の「LBLOCK v2」をリリース
  • Lucky Blockの購入は、人気の分散型取引所であるPancakeSwapでの購入する他、USDTに対してトークンを取引することが可能

Lucky Blockの購入方法 – 5クイックステップ

Lucky Blockへの投資は、ビットコインを購入するときとは少し異なるプロセスを伴います。

ここでは、PancakeSwapをで、オリジナル版の仮想通貨(暗号資産)Lucky Block(LBLOCK)を購入するためのプロセスを、5つのクイックステップで紹介します。

ステップ1 : 仮想通貨ウォレットをセットアップする

MetaMaskやTrust Walletなど、BSC互換の暗号ウォレットを開き、BNBで資金を用意します

ステップ2 :PancakeSwapに接続する

PancakeSwapのホームページに行き、’Connect Wallet”をクリック。画面上の指示に従ってウォレットを取引所にリンクさせます

ステップ3 :LBLOCKコントラクトアドレスを指定する

Lucky Block(LBLOCK)のコントラクトアドレス( 0x2cD96e8C3FF6b5E01169F6E3b61D28204E7810Bb)を貼り付けると、関連するリストページに移動します

ステップ4:投資金額を確認する

注文欄にLucky Block(LBLOCK)と交換したいバイナンスコイン(BNB)の金額を入力し、取引を確定します

ステップ5 -Lucky Block(LBLOCK)を仮想通貨ウォレットへ送金する

Lucky Block(LBLOCK)を仮想通貨ウォレットに転送する必要があるかもしれません。その場合は、ステップ3で紹介したコントラクトアドレス(0x2cD96e8C3FF6b5E01169F6E3b61D28204E7810Bb)を使用してトークンを転送できます

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

以上の5つの簡単なステップを踏むことで、Lucky Blockを購入し、暗号通貨で利益を得る準備が整いました。同じステップでBattle Infinity(IBAT)などの他の暗号通貨を探すことも可能です。

Lucky Block購入方法チュートリアル

多くのトレーダーが長期保有をする仮想通貨の一つとして、Lucky Block(LBLOCK)トークンをポートフォリオに加えようとしています。

ラッキーブロックは中央集権的な取引所ではなく、分散型取引所に上場しているため、購入のプロセスは若干複雑です。

ステップ1 – 暗号通貨ウォレットのセットアップ

metamask

「Lucky Block v1」は、バイナンス・スマートチェーン(Binance Smart Chain:BSC)上でホストされています。そのため、Lucky Block v1を購入するには、BSCに接続しなければなりません。

そこで、はじめにLucky Block v1と互換性のある暗号資産ウォレットを、セットアップする必要があります。

多くの仮想通貨ウォレットがバイナンス・スマートチェーンと接続する機能を備えていますが、おすすめは、ウォレットを無料で使用できるMetaMaskとTrust Walletの2つです。この暗号資産ウォレットを使うことで、Lucky Block NFTを購入することも、可能になります。

ステップ2 – バイナンスコイン (BNB)を購入

次に、LBLOCKを購入するために、ブローカーや取引所を使用してバイナンスコイン (BNB)を購入します。

購入したコインは、簡単に、仮想通貨ウォレットに転送することが可能です。

ステップ3 – ウォレットをPancakeSwapに接続

PancakeSwapのホームページに移動し、”Connect Wallet”をクリックします。画面に表示されるボックスで接続したウォレットプロバイダを選択し、画面の指示に従って取引所に接続します。

ステップ4 – ラッキーブロック契約アドレスの設定

Swap」をクリックし、オーダーボックスの一番下のトークンをクリックします。

表示されるポップアップ画面に、Lucky Blockのコントラクトアドレス(0x2cD96e8C3FF6b5E01169F6E3b61D28204E7810Bb)を入力し、BNBからLBLOCKへの転送を設定します。

ステップ5 – Lucky Blockトークンを購入

最後に、LBLOCKに交換したいBNBの金額を注文欄の上部に入力、金額を確認した後、確定します。購入したLBLOCKトークンをあなたの暗号ウォレットに手動で転送する必要があるかもしれませんが、これは上記の契約アドレスを入力することによって簡単に完了します。

Lucky Block (ラッキー・ブロック)とは?

lucky block japan

Lucky Block(ラッキー・ブック)は、革命的な「暗号ゲーム」プラットフォームであり、参加者により良い経験を提供することを目指している仮想通貨(暗号資産)です。

最も過小評価されている暗号資産(仮想通貨)の一つであり、暗号資産の冬において、最高のトークンとも称されています。ラッキーブロックは、Binanceスマートチェーンの力を活用し、より公平で透明性の高いプロセスを提供することで、最高の仮想通貨の実現を目指します。

Lucky Blockのプラットフォームはブロックチェーン上でホストされているため、発生したすべての取引は公開台帳を通して参照できます。これにより、不正の発生する可能性を低減(除去)するだけでなく、大会勝者を明確にできるのです。

Lucky Block

Lucky Blockは、参加者の地理的制約がないプラットフォームであり、各応募者の当選確率を高めた抽選を毎日行うことが可能な、今年最高のERC20トークンです。そのため、投資すべき最高のアルトコインの1つであると考えられます。

ラッキーブロックのホワイトペーパーに記載されているように、プラットフォームは、Lucky BlockのネイティブトークンであるLBLOCKによって運営されています。このトークンは、チケットの購入や賞金の分配など、Lucky Blockのプラットフォームにおける多くの作業において使用されます。つまり、Lucky Blockのコインを購入すれば、LBLOCKに投資することになるのです。

Lucky Blockのネイティブトークン「LBLOCK」は、割り当てられたトークンが予定より2週間近く早く売り切れるという驚異的なプレセール段階を経て、2022年1月にPancakeSwapに上場されました。PancakeSwapでの上場後、LBLOCKの価格はプレセール価格から3,200%以上急騰し、完全希薄化後の時価総額は5億ドル超に達しました。

PancakeSwapに上場してからのLBLOCKの目覚ましい成功は、LBLOCKの数々の魅力的なアップデートへの道を開いているようです。Lucky Block のロードマップには、Binance、Crypto.com、FTXなど主要な中央集権的取引所(CEX)への上場申請計画が詳細に記されています。

また、ERC-20標準を使用しているので、LBLOCKは現在イーサリアムブロックチェーンとの互換性があります。ここの特製を生かした「LBLOCK v2」のリリースは、アクティブな取引を行うトレーダーにとって、このトークンをさらに魅力的な存在に位置づけたといってもよいでしょう。

Lucky Block を購入すべき理由

Lucky Blockへの投資を検討する理由は数多くあります。ここでは、今年LBLOCK保有するメリット5つを紹介します。

1. 革命的な暗号資産宝くじである

すでに上記でも説明した通り、Lucky Block 基盤は、さまざまな商品があたる宝くじを行うことです。そのため、現在このプラットフォームは、宝くじ体験の向上を重視して開発されています。

この点は、すでにメディアや小売トレーダーの注目を集めており、Lucky Block Telegramグループには、現在45,000人以上のメンバーが加入しているとのことです。

2. 将来の複数の取引所上場する可能性が高い

LBLOCKのPancakeSwapへの上場後、数週間で大幅な価格上昇が見られたことで、今後さらにエキサイティングな取引所への上場への道が開かれることになりました。ラッキーブロックの開発チームは、Binance、Crypto.com、FTXなどの最高の暗号取引所への上場を申請することに焦点を当てています。

7月25日にLBLOCK v2がHODL(ホドル)コインも上場しているLBankに上場されたように、このような上場の動きはすでに始まっています。また、LBLOCKは8月1日からMEXCでも利用できるようになり、今後数カ月でさらに5~6の中央集権型取引所(CEX)への上場が予定されている。

3. 魅力的な開発計画

Lucky Blockのコインを購入するもう一つの理由は、開発チームの優れたロードマップと、最高のステーキングコインの1つとしての強い存在感です。

ロードマップはLucky Blockのウェブサイトで紹介されており、Lucky Blockグッズの発売や大規模な資金調達イベントの開催など、数々の魅力的なプランが詳述されています。また、将来的にはメタバースへの組み入れも計画されています。

4. 不労所得の獲得への期待

Lucky Blockの仮想通貨アプリに接続された仮想通貨ウォレットにトークンを保管するLBLOCKホルダーは、定期的に支払いを受けとれます。

この支払いの金額は、宝くじの参加者数と直接相関しているというのが興味深い点です。つまり、Lucky Blockのプラットフォームが拡大すればするほど、LBLOCK保有者はより多くのパッシブインカム(不労所得)を受け取れることになるのです。

最近のプレスリリースでは、Lucky Block の保有者はトークンに対して年率約 19.2% の利回りを受け取ることができると推定されています。これは従来の預金口座に比べてはるかに高い利回りです。

5. デフレ要素が高い

Lucky Blockのトークンは、定期的に‘焼却’される仕組みになっています。LBLOCK保有者がトークンを売却する際には12%の取引手数料が発生し、手数料額の合計1%が燃やされて存在しなくなるというものです。最終的に、これは時間とともにLBLOCKの総供給量を減らし、残ったトークンの希少価値を高め、Lucky Blockの価格を上昇させる効果があります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Lucky Block の価格

Lucky Blockトークンを購入する前に、コインの価格履歴を調べ、価格変動や今後の見通しを理解する上で購入することが適切でしょう。仮想通貨市場全体の流れを把握できるサイトによると、CoinMarketCapによると、現在、Lucky Blockの価格は0.001050ドル付近で推移しています。

この動きから、トークンの時価総額は完全希薄化ベースで1億600万ドルとなると予測されています。

上の価格チャートからわかるように、まず、LBLOCKはPancakeSwapに上場された後急騰し、2月17日に史上最高値の0.009617ドルを記録しました。これは、ラッキーブロックが上場後1ヶ月で4万人以上の独自のトークン保有者を獲得することに成功し、強気の勢いを加速させたことが要因となりました。

ピークを迎えた2月中旬後、トークンの価格は現在のようなレベルまで引き戻されました。ただし、このような最初の強気相場後のプルバック(利益確定などにより相場が一時的に反対方向に動くこと)は、価格がまだ仕組みや補助・耐性レベルを作る過程にあるため、上場したばかりの新しいトークンでは、比較的よく見られる動きです。

しかし、その後LBLOCKの価格は「ウィックダウン」し、積極的な拒否反応を示す前に、3月15日に0.002100ドルに達したのです。このような価格動向は、トークン保有者に今後強気相場が始まるという希望を与えています。

Lucky Block の価格予測

PancakeSwapに上場してからのこのトークンの素晴らしいパフォーマンスと、その素晴らしい利用事例を合わせると、先数週間から数か月のラッキーブロックの価格予測はきわめて楽観的なものになると思われます。

開発チームによる取引所への追加上場申請は、価格チャート上においてより透明性の高い構造を作り出し、さらに多くの個人投資家にアピールするための流動性を提供するはずです。

多くの優れたWeb 3.0コインと同様に、過去の価格データがないため、LBLOCKがどの程度の価格まで上昇するかを予測することは困難です。しかし、LBLOCKがたった1回の取引所上場により0.0100ドルの大台に乗りかけたことを考えると、Lucky Blockチームの計画が実現すれば、史上最高値を更新する可能性があると期待が持てます。

0.0064ドル付近の抵抗レベルは、2月下旬に3度阻止されたため、突破が困難と思われます。しかし、1Hまたは4Hチャートで強いローソク足でこのエリアを通過することができれば、2月の史上最高値を超える勢いになる可能性も大いにあります。

Lucky Block のアプリ

Lucky Blockのアプリは、プレーヤーが大会のチケットを購入したり、配当金を受け取ったりするための中心的な役割を果たしています。Lucky Blockのアプリは、現在Androidバージョンのみが用意されています。アプリの他、専用ウェブサイトのプラットフォームももちろん利用できます。

アプリは、2022年5月Lucky Block の公式大会開催直前にリリースされました。ユーザーは、アプリのインターフェイスに慣れ、初回のロト抽選の前にロトチケット(価格5ドル)を購入できます。また、Lucky Blockアプリはジャックポット額をライブで確認できる他、対象となる配当利回りを、リアルタイムで更新できることもポイントです。

Lucky BlockのNFT

Lucky Blockのエコシステムで、さらに注目されるのが、ラッキーブロック独自のNFTコレクションである「プラチナ・ローラーズ・クラブ」(Platinum Rollers Club)です。このコレクションには10,000枚のNFTが含まれ、各NFTはLucky Blockのメインである宝くじの抽選とは別に毎日行われる「NFT賞の抽選」への参加権として使用できます。

このユニークな機能によりって、これらの資産価値を高めるとともに、さらなるメリットを得たいと考えている投資家にとって、購入すべき最高のNFTになる可能性があるともいえるでしょう。

プラチナローラーズクラブ(Platinum Rollers Club)には、25枚の「レア・エディション」NFTが含まれます。Lucky Blockの開発者は、毎日の抽選で約10,000ドルの賞金を獲得できると推定しており、希少価値の高いレアエディションNFTを所有することは大きな利益につながる可能性を持ち合わせています。

Lucky BlockのNFTshはミントプライス1,500ドルで、Binanceスマートチェーン上でホストされています。4万人以上の個性的なLBLOCKユーザーがいるため、これらのNFTは発売以来目覚ましい勢いで普及しています。

最近、ラッキーブロックのチームは、全く新しいNFTのコンペティション・プラットフォームを発表しました。このプラットフォームでは、車や家、バケーションやBTCなど、豪華な賞品が提供される予定です。これらの豪華賞品を獲得するには、まず、Lucky Block NFTを所有する必要があります。

この新しいプラットフォームの詳細は、ボイスチャットサービスであるLucky BlockのDiscordを通じて、近日中に発表される予定です。

Lucky Block V2

Lucky Blockの開発チームは、トークンを大幅に見直し、投資家にとって、より魅力的なものにすることを発表しました。

チームは、Lucky Blockのエコシステムにとって、重要な固有の課税プロセスに対するサポートが不足していることを考慮し、ついに「LBLOCK v2」トークンのリリースに至ったのです。V2トークンはオリジナルのV1トークンに直接リンクし、価格パリティを維持しながら、流通供給量を一定に保つことが可能です。

これは一定数のV2トークンが購入されると、同量のV1トークンがロックされる、というロックメカニズムによって実現しました。また、この仕組みは、V1トークンからV2トークンにも機能するため、2双方のトークンバージョンの安定性を確保しています。

「LBLOCK v1」「LBLOCK v2」の2つのLBLOCKトークンは、それぞれ異なる使用目的になる予定です。オリジナルのトークンである「LBLOCK v1」は、これまで通り、分散型取引所で利用でき、大会チケットの購入や賞金分配に使用される予定です。

「LBLOCK v2」トークンは、イーサリアムのブロックチェーンと互換性があるERC-20標準を使用しています。これによって、販売時に12%の手数料がかからないなど、デイトレーダーや 転売で稼ぐ人などのアクティブ・トレーダーとって、非常に魅力的なトークンともいえるでしょう。今後、より多くの人がこのトークンを取引しようとし、流動性が自然に高まるトークンになると予想できます。

「LBLOCK v2」 は主要な CEX に上場する準備が整っているため、今後さらに流動性が高まります。このトークンは7月25日にLBankに上場され、 これらに加え、ラッキーブロックのチームは近い将来、さらに5~6件の上場も計画しているようです。

「LBLOCK v2」は、仮想通貨取引所「LBank」に上場された後、取引量が35%急増し、トークンの新しい利便性を明らかにしました。LBLOCKの価格も10%上昇し、さらに上場を控えていることから、この傾向は長期間にわたって続く可能性があります。

Lucky Block の購入方法まとめ

「LBLOCK v2」は仮想通貨取引所「LBank」に上場された後、取引量が35%急増し、トークンの新しい利便性を明らかにしました。

LBLOCKの価格も10%上昇し、さらに上場を控えていることから、この傾向は長期間にわたって続く可能性があります。

この記事では、Lucky Blockの購入方法について詳しく説明し、トークンと投資プロセスについて知っておくべきことを紹介しました。

これまでの例外的な成功と、開発チームによって作成された魅力的なロードマップを総合すると、Lucky Blockの将来は、有望であることは疑いのないところでしょう。

今回の記事を読み、Lucky Blockの購入を検討される方は、Lucky Blockは、仮想通貨取引所「LBank」を通じて購入することが可能です。

投資家は、新しいLBLOCK /USDT取引ペアを取引手数料なしで取引できる他、Lucky Blockの値動きを迅速かつコスト効率よく把握することができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Lucky Block のよくある質問

Lucky Block仮想通貨(暗号通貨)とは?

Lucky Blockコインを入手するには?

Lucky Blockは、投資にお勧めの仮想通貨ですか?