Everdome(DOME)という仮想通貨  は、今日の仮想通貨の世界で大きな成長を遂げており、関心を持つ投資家の数が多く、さらにその価値が高まっている新しいトークンです。

以下では、仮想通貨DOMEの未来を分析し、Everdomeを購入する方法を紹介します。また、より爆発的な可能性を秘めた2つのメタバース仮想通貨、TAMAとIBATについても見ていきます。TAMAは現在、プレセールの段階でお得に入手可能です

エバードーム(DOMEコイン)の買い方・購入手順

暗号資産の中には、購入が困難なものもあります。エバードームはそのような仮想通貨の1つで、Coinbase等では利用できませんが、心配する必要はありません。ここでは、あなたに合ったEverdomeの購入方法をご紹介します。

  • 取引所で口座を開設 – Everdomeが上場しているトップクラスの仮想通貨取引所へアクセス
  • 🔑 認証 – 取引所では、Know Your Customer(KYC)プロセスを通じてユーザー認証を実施
  • 💳 入金 – ウォレット、法定通貨、クレジットカードで入金
  • 🔎 Everdomeの検索 – 検索バーに「DOME」と入力
  • 🛒 Everdomeを購入 – 支払い方法を選択

暗号資産は非常に不安定な規制対象外の投資商品です。

仮想通貨Everdomeを購入できる場所

Everdomeを購入する方法は、オンラインブローカーにサインアップし、そのうちの1つを使用する必要があります。例えば、最高の仮想通貨取引所の中から選択することができます。以下では、安価な取引手数料で仮想通貨Everdomeを提供しているグローバルな取引所の1つをご紹介します。

OKX – 日本でEverdomeの仮想通貨を購入可能

OKExロゴ

DOMEを日本で初めて数分で購入できるオンラインブローカーはOKXです。こちらは日本でおすすめの仮想通貨取引所の1つです。

OKX(オー・ケー・エックス)は旧名称OKExで知られる日本国内でも人気取引所です。Binance(バイナンス)とHuobi(フォビ)と並ぶ中国三大取引所の一つで、世界規模の顧客を抱えています。アカウント開設には電話番号かメールアドレスがあればOK。本人確認のためのKYCではパスポートが必要になります。また、最低1ドルから暗号通貨の取引ができるため、初心者の方でも気負いなくスタートできます。OKXは日本円やドルなどの法定通貨に対応していないため、お持ちの暗号通貨(OKXの取り扱い通貨)を使って入金をすることになります。手数料は全て無料です。

OKXホームページ

OKXは2017年に設立されて以来、世界180カ国、2,000万人の顧客を抱えています。取引手数料はオリジナル通貨「OKB」の保有量のよって異なりますが、パーペチュアルスワップは自分が好むタイミングで決済を実施できるためお得です。

取り扱い商品には暗号通貨の他、現物取引、オプション取引、パーペチュアルすうぇアップ、レバレッジ取引、先物取引と取引量が極めて多いのも魅力でしょう。実際、世界第二位の取引量を誇り、レバレッジでは業界屈指の最大125倍取引を提供しています。

 仮想通貨の数  165種類以上
 料金体系  メイカー/テイカー手数料
F ビットコイン購入手数料 0.40%
 最低入金額 なし

おすすめポイント:

  • 165種類以上の暗号通貨を取引可能
  • 安全のための複数のセキュリティ設定が可能
  • 中国3大取引所の一つで、規模がとにかく大きい
  • 取引量が多く流動性が極めて高い

エバードーム仮想通貨(DOMEコイン)とは

EverdomeEverdomeは、Metahero(メタヒーロー)のエコシステムに属するメタバースコインです。Metaheroは超高精細アバターと現実世界の融合が持ち味であり、EverdomeのメタバースはMetaheroの技術をうまく利用しています。Everdomeは、超リアルなグラフィックスでユーザーを魅了する、ユビキタス(インターネットなどの情報ネットワークに、空間・時間を問わずアクセスが可能な環境や社会)なWeb3.0の体験を創造します。

Everdomeは、Facebook、Microsoft、ナイキなどの企業が乗り出したメタバースのトレンドの高まりに乗じようとしています。このプロジェクトでは、ソーシャル・インタラクション、ゲーム、ビジネスなどの領域でメタバースをグローバルに導入することを想定しています。また、メタバースにおける土地の創造は、現実世界と同じような論理であるといえます。つまり需要の高い仮想不動産は希少性が高いということです。Everdomeのビジョンである超リアルなメタバースにより、同社のメタバースは希少価値が高い仮想通貨となることを目指しています。

メタバースの詳しいロードマップでは、以下のようなマイルストーンを想定しています。

  • 2022年第2四半期:NFTコレクション販売v1、著名人との提携、Metahero 3Dマーケットプレイスの統合、VR体験
  • 2022年第3四半期:世界初のメタバース型株式・為替市場v1、Play-to-earn v1、VR体験v2
  • 2022年第4四半期:ファッションマーケットプレイスv1、NFTマーケット統合v1、専用AIアップグレードによるNPC(ゲームのプレイヤーが操作できないキャラクター)のリリース、多言語対応の追加

仮想通貨Everdomeの創設者は誰?

Everdomeは、ポーランドで最年少の自営業者としてForbesトップ100に選ばれたRobert Grynによって立ち上げられました。ヨーロッパで2番目に急成長したCodewise社の元CEOであるGrynのミッションは、ブロックチェーン技術の大量採用を加速させることです。彼を支えるのは、テック系スタートアップ、音楽・エンターテインメント、コーディング、ブロックチェーンなど、さまざまな分野での経験を持つ総勢25名のチームです。

Everdomeの特徴とは

Everdomeは、「超リアルなメタバース」を創造することで、他のメタバースプロジェクトとは一線を画すことを目指しています。そのターゲット層は、ブランディング、社会的・職業的交流、取引に利用することを目的とした高度にリアルなメタバースを求めている人々です。

Everdomeの重要な点は、NFTという形で仮想の土地にアクセスできることです。Everdomeでは、現実世界と非常によく似た方法で不動産を購入、賃貸、リースすることができるようになります。さらに、ブランドや個人は、自社のサービスや製品を宣伝したり、ネイティブマーケットプレイスで販売したりするために、仮想不動産を利用することができます。

さらにEverdomeは、Metascanningがメタバースにおいて重要な役割を果たし、現実世界との架け橋になると予測しています。これにより、誰もが自分自身や現実世界の物体の3Dアバターを超高精細に作成できるようになります。また、HEROトークンで購入・取引可能な3D NFTを作成することも可能になります。ウルトラHDカメラによる写真測量技術としても知られるこの技術は、ファッション、ミュージックビデオ、3Dプリント、アートワークのスキャンなどのユースケースで2017年から商業的に試行され、テストされています。

Everdome coin

最後に、Everdomeエコシステムのアクションは、HDアバターの目的地として機能するその名もEverdomeで行われます。このHQドームは火星に設置される予定で、アーティスト、ミュージシャン、ブランド、そして個人がバーチャル領域で自分のスペースを購入することができます。また、HQドームの周辺に移住を考えている人たちのためのコミュニティドームも用意され、各ユーザーが自律的に自分のプランを実行できるようになります。

エバードームのネットワークはどのように保護されているのか?

DOMEはBNB Chain上のBEP-20トークンです。Everdomeは、ゲームや映画で超リアルなグラフィックに使用されるUnreal Engineを使用してBinance Smart Chain上に構築される予定です。

BNBチェーンは、プルーフ・オブ・ステークというコンセンサスメカニズムによって安全が確保されています。妥当性の確認を行う21人のバリデーターが24時間ごとに選出され、取引を検証し、ブロックチェーンのセキュリティを維持します。これらのバリデーターは、Binanceに一定額のBNBコインを出資していなければ、資格を得ることができません。

エバードーム(DOME)コインの流通枚数は?

Everdomeは、総供給量1億DOMEのユーティリティトークン「DOME」によって運営される予定です。DOMEは以下のように配布されます。

  • ステーキングとデベロップ(24.5%):TGE(ホワイトペーパーを使って、広く投資家達から 仮想通貨で資金調達を行うこと)で20%、10ヶ月で増加
  • 上場・流動性(21.5%):TGEで20%、10ヶ月で直線的に推移
  • チーム(15%):20ヶ月でリニアに増加
  • 戦略的パートナー&アドバイザー(12%):20ヶ月で直線的に増加
  • 会社準備金(10%):TGEで10%、18ヶ月で直線的に増加
  • HERO独占プレセール(7.5%):TGEで10%、45週で直線的に増加
  • テンセットジェムローンチパッド(5%):TGEで10%、45週で直線的に増加
  • マーケティング(3%):ロック解除
  • テンセットパートナーシップ (1%):TGEで20%、10ヶ月で直線的に推移
  • プライベートラウンド(0.5%):TGEで10%、45週で直線的に推移

仮想通貨Everdomeに未来はあるのか?

このトークンはコインの世界では新しく、多くのサポーターやコミュニティからの支援は得られていませんが、Evedome トークンがコイン市場でさらに成功するためのいくつかの特徴をご紹介します。

DOMEは過去3ヶ月で84.79%下落しており、時価総額が小さいため、このような価格変動が続く可能性が非常に高いといえます。しかし、仮想通貨の世界では直近の3ヶ月の値動きで方向性を決めるのはまだ早いと考えられます。DOMEは、強固なチームを組織しており、彼らがホワイトペーパーで約束したものを提供していく場合は、反発する可能性もあります。したがって、トレーダーは注意深く、DOMEがしっかりとした開発チームに支えられているかどうか、DOMEの技術が成長する可能性があるかどうか、徹底的に調査する必要があります。

Everdomeの未来 – DOMEの価格予想

DOMEは新しい仮想通貨であり、したがってDOMEの価格予想は非常に難しいといえます。

その点、PricePrediction.net2030年のエバードーム価格予想では、0.68ドルと予想されており、長期的な上昇の見通しを示しています。

CoinArbitrageBotの2022年のEverdome価格予想は0.0194ドル、2025年のEverdome価格予想は0.0905ドルと示唆されており、センチメントは長期的にはほぼ強気であるといえます。

DigitalCoinPriceでは、2022年に0.00870ドル、2025年に0.0132ドル、2030年に0.0304ドルを予想しています。

一方でWalletInvestorは、12ヶ月後には0.001ドルまで下降すると考えており、トークンの回復も期待できず、いわゆる「悪い投資」になると示唆しています。

Everdomeの今後:代替コインになるのか?

エバードームの価格予想については、時間が解決してくれることでしょう。ロードマップ上の完成段階としては、第1四半期末までに最初の土地売却と3Dモデルの実装を行い、2022年第3四半期にPlay to Earnゲームの第1段階を予定しているとのことでした。

2022年1月のTGE以来、大きく下降トレンドにあるEverdome(DOME)は、おそらく仮想通貨市場の反転が重要になると見ています。

仮想通貨DOME の将来は、Everdome メタバースプロジェクトの実行と採用にもかかっています。

しかし、もし投資家が2022年に向けて最高の仮想通貨にいち早くアクセスしたいのであれば、新しいPlay to Earnの世界の中心にあるミームコインとユーティリティコインのハイブリッドであるTAMAとIBATをチェックすることをお勧めします。

Tamadogeとは

Tamadogeは、次のDogecoinになると広く言われています。Dogecoinは犬をテーマにしたミームコインで、破天荒なテスラ CEOのイーロンマスクが率いるカルト的なファンのおかげで、2021年に輝かしいリターンを実現しました。

Dogecoinに続いて、大成功を収めた柴犬コインのような犬のジョークコインが続々と登場しました。 低資本の仮想通貨としてFloki Inu、Kiba Inu、Baby Dogeのような模倣品も登場しました。

実際、2021年の何ヶ月もの間、DogecoinとShibaが米国であらゆる種類の仮想通貨の中で最も広くオンラインで検索されていることが調査で明らかになりました。

Tamadoge presale

犬関連の仮想通貨はすべてミームコインです。ピアツーピアの決済ネットワークのトークンとして広く使われているものもあります。しかし、それを除けば、それらは実用性を提供していません。

もちろん、ミームコインであるため、TAMAが主要取引所に上場したときに、価格が爆発的に上昇する可能性があるのも不思議ではありません。なぜなら、Tamadogeはかわいい犬をモチーフとしているだけではなく、それ以上のものを提供しているからです。TAMAはTamadogeのメタバースの一部であり、魅力的なPlay to Earnの仕組みやNFT取引などを備えています。

Min Investment 1,000 TAMA (〜$10 + ガス代)
Max Investment N/A
Purchase Methods ETH、USDT、デビットカード/クレジットカード(Transak経由)
Chain イーサリアム
Beta Sale Ends 2022年9月2日
Presale Ends 2023年 3月

暗号資産は非常に不安定な規制対象外の投資商品です。

エバードーム(DOME)ではなくTamadogeを買う理由

仮想通貨への投資を検討している個人トレーダーは、大きなリターンを期待できるミームコインに傾倒することがよくあります。Tamadogeは、この点に関して間違いなく魅力的な機会といえます。しかし、このトークンには他にも多くの利点があります。

投資家が仮想通貨Everdome(DOME)の代わりにTamadogeを購入することが良い理由を詳しく見てみるのが良いでしょう。

魅力的な報酬

Tamadogeを購入する主な理由の1つは、このプロジェクトのエキサイティングなP2Eメカニックです。この仕組みは将来、利益をもたらすだけでなく、このゲームの親しみやすさは、幅広い投資家にとって魅力的なものとなっています。

これは、魅力的なコミュニティを構築する上で非常に重要であり、Tamadogeのチームは、ビギナーからベテラン投資家までが親しみやすいエコシステムを保証しています。さらに、報酬はTAMAで分配されるため、ゲーム内アイテムを追加購入することで、ユーザー体験を深めることができます

DOGEのコミュニティを活用する

2021年にShiba Inuを購入した人は、このコインのコミュニティの後ろ盾もあり、大きな利益を得たことでしょう。Shiba Inuはソーシャルメディア上で何百(何千とは言わないまでも)ものサポートを受け、トークンの価格が数週間のうちに1,200%以上急騰しました。

Dogecoin

TAMAは、DOGEデザインのパワーを生かしたエコシステムとして、Tamadogeのチームは同様のことを実現しようとしています。TAMAの公式Twitterのフォロワー数は12,000人を超えており、すでにその効果は現れています。

メタバースとの連携

優れたメタバース・プラットフォームの多くは、没入型体験が人々に受け入れられ始めていることもあり、大きな恩恵を受けています。Tamadogeのチームは、より広いコミュニティのニーズに影響される、「Tamaverse」と呼ばれる独自のメタバースプラットフォームを立ち上げる計画を持っています。

また、Tamadogeのペットは3Dモデルとしてレンダリングされるため、既存のメタバースプラットフォームへの移行も可能です。まだ提携は発表されていませんが、このコンセプトは魅力的で、プレイヤーとペットの絆がより深まることは間違いありません。

説得力のあるロードマップ

長期的なTamadogeの価格は、プロジェクトのロードマップに大きく影響されるでしょう。幸いなことに、Tamadogeのロードマップはエキサイティングで、投資家に大きなリターンをもたらす可能性のある数々のプランがあります。

今後、他のメタバースプラットフォームとの提携、CEXへの上場、P2Eアーケードゲーム、Tamadogeの物理的報酬、さらにはAR(拡張現実)専用アプリの投入などを計画しています。

Tamadoge roadmap

NFTの融合

最後に、ペット(およびゲーム内アイテム)はすべてNFTとして構成されているため、NFTに投資したい人はTamadogeのエコシステム内で投資することができます。NFTはTamadogeストアを通じて取引することができ、TAMAが基軸通貨として機能します。

ペット用アクセサリーやフードなど、様々なアイテムを販売する予定です。また、「Tamadoge」ペットは複数購入が可能で、一人当たりの保有数に制限はありません。

Tamadoge – ベータ版プレセール中

  • TAMAのベータ版プレセール終了間近 – 2022年9月2日まで
  • TAMAの価格はプレセール期間終了後、25%上昇予定
  • プレセール期は2022年 3月まで
  • TAMAのベータ版プレセール価格は、1セント(0.01ドル)。100ドルで10,000TAMAを購入可能
  • 2022年 3月までに中央集権型仮想通貨取引所に上場

Tamadoge – 高いセキュリティ

  • TamadogeのプラットフォームはCoinsniper社がKYCを実施
  • TamadogeのスマートコントラクトはSolid Proof社が監査を実施
最小投資 1,000 TAMA (〜$10+ガス代)
最大投資額 N/A
購入方法 ETH、USDT、法定通貨
ブロックチェーン イーサリアム
ベータ版セール終了 2022年9月2日
プレセール終了 2023年3月

Battle Infinity – 2022年のおすすめ仮想通貨

Battle Infinityは、メタバースをベースとした革命的な最高のメタバースゲームプラットフォームです。 メタバースに基づくプラットフォームで、エキサイティングなP2E(Play-to-Earn)メカニズムとNFTの統合を提供しています。最高の仮想通貨ゲームコインは、ゲームをプレイすることによって収入を得ることができる一方、他者とつながり、関係を構築する方法を提供します。

IBAT token

なぜEverdomeトークンではなくBattle Infinityを購入するのか?

Battle Infinityは、メタバースのニッチな領域で投資すべき最高の仮想通貨になるために必要なすべての機能を備えています。そして、開発者のロードマップには、将来のさらなるエキサイティングな計画が記されています。それを念頭に置いて、Battle Infinityが仮想通貨Everdome(Everdome)と比較してより良い投資機会になり得るといえます。

大きなリターンの可能性

投資家がBattle Infinityを購入すべき主な理由の1つは、IBATが提供できる潜在的なリターンです。新しい仮想通貨プロジェクトの初期段階では、トークンは最も下落リスクが少ない上、上昇の可能性が高いといえます。

その後、コインが主要なCEX(例:Binance)に上場すると仮定すれば、かなりのリターンを得られる可能性があります。

報酬ゲットのチャンス

Battle Infinityは、ユーザーが収入を得るためのさまざまな方法を提供し、最高のPlay to Earnゲームの1 つになる素質を備えています。中でもIBATプレミアリーグは、スポーツファンがファンタジーチームを結成し、実際の成績に応じてポイントを獲得できる魅力的なものです。

IBAT rewards

最高得点を獲得したチームには、IBATとして報酬が与えられます。また、IBATはBattle SWAP機能により他のトークンと交換することができるため、ゲーム内の報酬を現実の商品やサービスの購入資金に充当することも可能です。

NFTとの融合

NFT市場はここ数カ月で落ち着きましたが、これらの資産には、ブロックチェーンベースのゲームに不可欠なさまざまなユースケースがあります。Battle Infinityのゲーム内アセットはすべてNFTとして構成されており、ユーザーはその完全な所有権を保持することになります。これはまた、バトル・マーケットを通じて取引できることを意味し、所有者は価値が上昇することにより利益を得ることができます。

スポーツファンへの訴求

最後に、Battle Infinityのファンタジースポーツリーグは、ブロックチェーンゲームに興味を持つ全てのスポーツファンに魅力的といえるでしょう。スポーツとその選手について深い知識を持つゲーマーは、チームを作ってリーグに参加することで、この知識を収益化に繋げることができます。選手はNFTとして構成されているため、ゲームプレイの成功によって報酬を得られる一方、現実世界のパフォーマンスによって価値が左右され、価格上昇の恩恵を受ける余地があります。

Battle Infinity fantasy league

活発なコミュニティの一員になる

多くの優れたメタバースNFTプロジェクトと同様に、Battle Infinityは、ユーザーが他のユーザーと出会い、交流するためのプラットフォームを提供しています。このような形式のオンライン交流は、COVID-19の大流行以来、一般的になっていますが、Battle Infinityは、ユーザーがチームを組んで一緒に課題に取り組むことにより、これをより一層促進しています。

エコシステムの成長に伴い、ユーザーはコミュニティ形成のために追加機能を利用することができます。最も顕著なものの1つは、仮想の土地を購入する機能で、他のユーザーによってレンタルし、広告スペースとして使用することができます。

Tamadoge(TAMA)の買い方 – 詳細チュートリアル

Tamadoge logo

モナコインを購入する方法を考えている投資家は、Everdomeが上記のOKXを含む多くの中央集権型取引所で安心して利用することができます。

しかし、TAMAは異なります。Tamadogeは現在、ベータ版のプレセール段階にあります。これは、最も有望な仮想通貨を早期に入手したい投資家にとって非常に有益なニュースです。TAMAはまだ分散型、中央集権型取引所では利用できません。しかし、Tamadogeオンラインプラットフォームから直接入手することができます。

TAMAの購入は、5つのシンプルなステップで可能です。

ステップ1 – 仮想通貨ウォレットの設定

MetaMaskウォレットは、あらゆる種類の仮想通貨(新しいコントラクトアドレスを持つ新しい仮想通貨を含む)に対応できるため、TAMAの購入に適したウォレットと言えます。

MetaMask wallet

ステップ2 – イーサリアム(ETH)またはテザー(USDT)の購入

ETH logo

2023年3月にTAMAが中央集権型取引所で発売されると、投資家やゲーマーはTamadogeプラットフォームで法定通貨を使って購入できるようになります。それまでは、大手仮想通貨のイーサリアムやテザーを使ってTAMAトークンを購入することができます。

Tamadogeは、TAMAを購入するために、ユーザーが最低15ドルのいずれかの仮想通貨をウォレットに持つことを推奨しています。

USDTまたはイーサリアムを購入する方法はたくさんあります。投資家はサードパーティのサプライヤーTransakを介してTamadogeプレセールプラットフォームでクレジットカード/デビットカードでイーサリアムを購入できます。

それ以外の場合、Metamaskのユーザーは、ウォレット内からさまざまなサードパーティプロバイダーからイーサリアムを購入したり、他の場所からインポートしたりすることができます。

ステップ3 – ウォレットをTamadogeプレセールプラットフォームにリンク

画面上の指示に従って操作

Tamadoge presale

ステップ4 – 「Tamadoge(TAMA)」の購入

  • 希望するTAMAの数を入力(最低取引数は1,000TAMAです。)
  • 100ドルで10,000TAMAを購入
  • 「ETHを変換」または「USDTを変換」をクリック
  • 取引内容を確認

ステップ5 – TamadogeTAMA)の受取

2023年3月にTamadogeのプレセールが終了すると、投資家はTAMAを受け取ることができます。

Tamadoge tokens

MetaMaskウォレットをお持ちの方は、以下のコントラクト情報を使って、すぐにTAMAを見つけられるようにプログラムすることができます。

アドレス0x12b6893cE26Ea6341919FE289212ef77e51688c8
小数点以下の桁数18
トークンTAMA

まとめ – 仮想通貨Everdome(DOME)に未来はない?

仮想通貨Everdomeを取り扱っている主要ブローカーをレビューすることで、投資家が仮想通貨Everdomeを購入する方法を把握できるようにすることができるかと思います。OKXは、DOMEを取引ペアの一部として提供している数少ない中央集権型取引所の1つです。一般的に仮想通貨DOMEは、取引所では取り扱われていません。

仮想通貨DOMEに代わる、よりエキサイティングな仮想通貨として、TamadogeのTAMAに注目しました。これは、次のDogecoinまたは柴犬になると言われる実用性を備えたミームコインです。この犬をテーマにした仮想通貨は、仮想ペット、NFT、Play to Earnの良いところを融合させ、楽しくてアクセスしやすいエコシステムにすることを目指しています。

Battle Infinityの新しいGameFiコインIBATと並んで、TAMAは今、エキサイティングなプレローンチ(ベータ)段階に入っています。

20,000以上の仮想通貨から選択することができ、Everdomeや他の仮想通貨を購入する方法を調査することは、初心者にとって労力がいることは違いないでしょう。失うことができないお金を仮想通貨使うべきではありませんし、仮想通貨投資を株式やETFなどの低リスクの資産とバランスをとることもお勧めします。

暗号資産は非常に不安定な規制対象外の投資商品です。

仮想通貨エバードーム(EverdomeまたはDOME)の購入先と購入方法に関するFAQ

Everdomeの仮想通貨を購入する方法は?

Everdomeは何に使うの?

Everdomeに投資するにはどうすればいい?

仮想通貨DOMEはいつ作られたの?

Everdomeの供給量は?

免責事項

関連するすべてのリスクを認識して、常に責任を持って投資することが重要です。 市場は非常に不安定になる可能性があるため、投資する前に広範な調査を行う必要があります。 私たちのサイトは定期的な更新を提供し、推奨するすべてのプラットフォームを入念に検証しますが、自分の意見を形成し、失う余裕があるものだけに投資する必要があります. 投資収益率を保証するものではありません。