Bitcoin、Dogecoin、Cardanoなどの仮想通貨を買うことは、今や仮想通貨の初心者でも簡単にかつすぐに始めることができます。

当サイトで紹介している仮想通貨取引所まずは登録し、口座を開設、入金し、購入したいトークンの量を入力するだけで良いのです。

この記事では、仮想通貨の初心者でも分かりやすいように、「仮想通貨とは?」から、仮想通貨の始め方や買い方まで、さまざまな仮想通貨の基礎知識を丁寧かつシンプルに紹介していきます。

仮想通貨の入門レベル方には、非常に有益な情報が詰まっているので、ぜひ精読してみてください。

仮想通貨の始め方・買い方 – 仮想通貨購入方法の早わかりガイド

  • ✅ ステップ1:ポテンシャルの高い仮想通貨のプレセールを探す
    2023年を通して仮想通貨市場の各通貨が苦戦する中、仮想通貨のプレセールは比較的低いエントリー価格である上、上昇の余地が大きいため、初期の段階で投資をしたトレーダーに大きなリターンをもたらす可能性があります。
  • 🔎 ステップ2:今、投資を始めるべき人気の仮想通貨プロジェクトをリサーチする
    市場には多くの新しいプレセールが実施されていますが、中には詐欺のものもあれば、合法的でROIの高いものもあります。
    (※当サイトのプレセール商品は安全です)
  • 💳ステップ3:仮想通貨ウォレットのダウンロード
    MetaMaskやTrust Walletなどの仮想通貨ウォレットをダウンロードし、選んだプロジェクトのプレセールサイトに接続します。
  • 🛒 ステップ4:仮想通貨トークンを購入
    最後に、画面の手順に従い、ETHまたはUSDT、そして選択したプレセールトークンを購入します。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨の初心者は必見 – 買い得プロジェクト

仮想通貨の初心者の皆さんは、とりあえず仮想通貨とは何か、あるいは仮想通貨の仕組みはどうなっているのか、など基礎知識を一から学びがちですが、そこから始めると挫折する可能性が非常に高いです。

なぜなら、仮想通貨はブロックチェーン技術というサーバーの分散や暗号化技術、そしてゲーム理論などの複合的な専門知識の組み合わせで成り立っているからです。

ですので、仮想通貨の初心者さんであれば、まずはお得な仮想通貨銘柄は何だろうなとリサーチするくらいから始めるくらいが丁度いいでしょう。そこで気になったことがあれば、その都度調べていき、徐々に仮想通貨に関する知識を蓄えていく感じです。

それでは、お得な仮想通貨おすすめについて言及していきます。

仮想通貨の上場予定 一覧にある仮想通貨は、業界の中でもまだ地位を確立しておらず、成長の余地が大きい上、エントリー価格も安いため、投資家に大きなリターンの可能性があります。

市場に長く存在する老舗のコインは、時価総額がはるかに大きくなる傾向があるため、価格の大幅な上昇を見るには非常に多くの資金が流入する必要があります。

しかし、仮想通貨のプレセール案件は時価総額が非常に小さいため、短期間で大きな上昇トレンドを描くことができます。

仮想通貨のプレセールプロジェクトはリスクが高いため、投資家は投資前に自分で十分に調査する必要があります。

投資家が警戒すべきポイントとしては、不明瞭なウェブサイト、不十分なロードマップ、チームに関する詳細情報の欠如があげられます。一方、プロジェクトが高い可能性を持っていることを示す指標としては、実際に役立つよく練られたプロトコルを有している、詳細なロードマップと情報を提供している、仮想通貨コミュニティでの関心が大きい、そして信頼のおけるチームを有していることです。

以下では、まだ市場に出回っていない新しい仮想通貨のうち、これから仮想通貨を始める上で買いの仮想通貨銘柄について概要を説明します。

Wall Street Memes (WSM) – 100万人以上を抱えるコミュニティブランドによるおすすめのミームプロジェクト

ウォールストリートミームのロゴ2023年現在、ミームコインブームが熱を帯びていますが、暗号資産(仮想通貨)初心者の方におすすめしたいのが、Wall Street Memes(ウォール・ストリート・ミーム)です。

運営チームが長期ビジョンを持たず、大口投資家の利確売却により暴落して短命で終わる、というのがミームコイン市場の現状です。しかし Wall Street Memes は、2021年に話題となった米ゲームストップ株騒動から派生しており、個人投資家コミュニティを大事にする文化を持ちます。

ウォールストリートミームのイメージ

Wall Street MemesではSNSマーケティングに注力し、ツイッター、インスタグラム、Tiktok等のSNS総フォロワー数は100万人超え。仮想通貨の始め方として定番のプレセールが先日開始されたばかりですが、わずか2日間で第1ステージは売り切れています。現在、異例のスピードでプレセールが進行しており、これから仮想通貨を始める多くのユーザーも注目しています。2023年現在、仮想通貨初心者が買うべきおすすめ仮想通貨が、 Wall Street Memes なのです。

Wall Street Memesの独自トークン$WSMは、現在行われているプレセール仮想通貨のなかでもぜひ買うべき案件です。というのも、同プロジェクトでは「すべてのムーブメントをトークンにする」をスローガンとし、コミュニティへの利益還元を重視しているからです。

ウォールストリートミームのプレセール

発行上限20億枚のうち、運営保有分はなんとゼロ。供給量の100%がコミュニティに還元されます。内訳としては、供給量の50%がプレセール、30%がコミュニティ報酬、残り20%がDEX(分散型取引所)とCEX(中央集権型取引所)の流動性に割り当てられています。弱気市場が底打ちしている今からアルトコイン草コインを買っておけば、将来的な爆益に期待できます。

WSMトークンのプレセールは全30ステージ開催の予定で、販売価格は徐々に上昇していきます。そのため「プレセール参加は早ければ早いほど良し」というのが仮想通貨の儲かる買い方の定番です。今後もミームコインブームは盛り上がると予想され、今がチャンスと言えるでしょう。

Wall Street Memesの買い方は、下記リンクから参照してください。

調達上限額

$30,577,000

総供給量

2億トークン

プレセール供給量

1億トークン

チェーン

イーサリアム

トークンタイプ

ERC-20

最小投資額

100 トークン

購入方法

USDT, ETH

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

yPredict – 仮想通貨入門者にぴったりの、プロの分析情報が参照できるAIツール

yPredictのロゴ暗号資産(仮想通貨)初心者の方におすすめしたいのが、AI関連の仮想通貨yPredict(ワイプレディクト)です。yPredictは人工知能(AI)によるトレード分析ツールです。仮想通貨の買い方をAIがアシストしてくれるので、暗号資産の入門編を学ぶにはぴったり。y

PredictではAIがトレード分析やインサイトを提供し、仮想通貨(暗号資産)の儲かる買い方を教えてくれます。これにより、仮想通貨の基礎知識がない方が初めての仮想通貨投資をする場合でも、高確率で利益を上げることが可能に。yPredictは、上位1%に入るエリートのAIデベロッパーやクォンツアナリストを起用し、AIモデルを共同開発しました。

yPredictの公式ウェブサイト

同プロジェクトのAIモデルは、25種類以上にも及ぶチャートパターンを参照し、儲かる仮想通貨のやり方を学習。高勝率のチャートパターンが出現したときに、仮想通貨の売買を促すトレードシグナルをAIが通知してくれます。ユーザーはyPredictのAIモデルを活用することで、スポンジボブ(SPONGE)やぺぺコイン(PEPE)といった2023 年現在の爆上げの仮想通貨に対しても優位性を持って投資ができます。

そんなyPredictのネイティブトークンである$YPREDは、これから伸びる仮想通貨として注目されています。$YPREDは、AI分析プラットフォームにアクセスできるサブスクリプション購入をはじめとし、yPredictが提供するサービスの決済手段として使われます。

yPredictの公式ウェブサイト画面

$YPREDの総供給量は1億トークンと比較的少なく、そのうち80%に相当する8,000万枚がプレセール販売分に割り当てられています。プロジェクトに対する市場からの注目が高まるとトークンの需要は増えますが、プレセールで販売されたトークンには一定期間の出金制限がかかります。つまり、$YPREDの暗号通貨を購入したいユーザーが多くなっても、市場に流通するトークン枚数は少ないため、価格の大幅な上昇が予想されます。

$YPREDは2023年Q2(4月-6月)いっぱい、限定プレセールを開催中。上場価格は0.12ドルを予定していますが、それよりも格安でおトクに$YPREDの仮想通貨を購入できます。さらに$YPREDはステーキングにおいて優れた利益率を誇ります。仮想通貨ですと年利5-10%が平均的とされていますが、$YPREDでは45%という高い利回りが実現可能。

yPredictの買い方などの詳細は、リンク先の徹底解説記事から参照可能です。

プレセールスタート 2023年第一四半期
購入方法 MATIC, ETH, BNB, USDT, クレジット
チェーン Polygon
最小投資額 200トークン
最大投資額 特になし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Launchpad XYZ($LPX) – 初心者でも、より簡単に仮想通貨の投資を実現するプロジェクト

Web3系の暗号資産への投資入門としておすすめしたいのが、Launchpad XYZです。Web3.0や仮想通貨とは簡単にわかりやすく言えば、ブロックチェーン技術によるネットワークの分散化ですが、ピンっとくる人は少ないでしょう。

Launchpadの公式ウェブサイト画面

ただ、現在の問題はWeb3仮想通貨の市場が情報過多で複雑なことです。現在では数多くのプロジェクトが毎日のようにローンチされており、仮想通貨の初心者や基礎知識のない人が始めるにはハードルが高いのが現状です。そこで初めての仮想通貨の始め方を簡単にしたのがLaunchpad XYZです。

Launchpad XYZの目的は、ユーザーに“Web3のホーム”を作ることです。ブロックチェーン空間にあるあらゆるトークン銘柄やPlay to Earnゲーム、NFTアートをひとつのプラットフォームにまとめ、独自のツールで玉石混淆な数々のプロジェクトをキュレートしてくれます。

また、AI(人工知能)によって400以上あるデータポイントで銘柄のリスク・リワードを完全自動で正確に指数化し、おすすめの仮想通貨を提案してくれます。Launchpad XYZが情報をグラフなどで整理してくれることによって、初めての仮想通貨投資でも簡単に、わかりやすくなります。まさに“投資のコックピット”と言えます。

Launchpadの特徴

さらにLaunchpad XYZでは様々な機能とプラットフォームが搭載されています。幅広い仮想通貨の種類のトークンをスワップできる独自のDEX(分散型取引所)だけでなく、NFTのトレード、高級不動産・自動車などの資産の分割所有、ひいては一般の個人では手の届かない限定ICO仮想通貨へのアクセスなどが可能になります。仮想通貨市場はその複雑さから大口投資家が有利でしたが、Launchpad XYZひとつで仮想通貨初心者でも利益を得ることができるようになります。

Launchpad XYZのプレセールが解禁され、ネイティブトークンの$LPXが多くの投資家の注目を集めています。全10ステージで行われ、トークン価格はステージごとに上昇しますので早期に購入すればそれだけ確実なリターンが得られます。

なお、Launchpad XYZの購入方法に関する説明は、当サイトの解説ページにてご確認いただけます。

調達上限額 $12,500,000
総供給量 10億トークン
プレセール供給量 25000万トークン
チェーン イーサリアム
トークンタイプ ERC-20
最小投資額 100トークン
購入方法 USDT, ETH, BNB, クレジットカード

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Chimpzee – 仮想通貨を購入して動物たちを救う環境保護プロジェクト

チンプジーのロゴChimpzee(チンプジー)は、仮想通貨を購入することで絶滅の危機に瀕する動物を救うプロジェクトです。環境保護に熱心な人々に訴えるだけでなく、ミームコインとしてトークン自体の将来性が高いのも特徴としています。

すでに64万ドルを調達しており、特に仮想通貨の初心者から支持を集めているようです。これは、売り上げの一部を植林や動物保護に当てる取り組みが評価されたものと見られます。単価の安い草コインの一種でもあり、安価で購入しやすい暗号通貨という評価もあるようです。

チンプジーの代表画像

ロードマップ上で「NFTゲーム」「CEX上場」「Chimzeeストア開設」などの計画を掲げており、野心の大きさもトレーダーに評価されているようです。一方で、プロジェクトの規模が大きすぎるのではないかという声もあり、今後は運営チームの舵取りに注目が集まるものと見られます。

チンプジーのイメージ

何れにせよ、環境問題を扱う仮想通貨が強いのは紛れも無い事実です。暗号通貨の購入自体に付加価値があるのは画期的で、プレセールという販売形態と特に相性のいい仕組みだとも言えるでしょう。現在、Chimpzeeは公式ページから1CHMPZ = 0.00067ドルで購入できます。

Chimpzeeの買い方はこちらから参照お願いします。

プレセール開始 2023年4月21日
購入方法 ETH、USDT、クレジットカード
チェーン イーサリアム
調達上限額 9,367,625ドル
最小投資額 なし
最大投資額 なし

AiDoge($AI)- 世界初のAI技術を使った高品質ミーム生成プラットフォーム

仮想通貨初心者の方におすすめしたいのは、今話題の人工知能(AI)を活用したミームコインプロジェクト「AiDoge($AI)」です。

AiDogeの説明

ミームコインとは、ミームと呼ばれるインターネット上で流行する画像や動画などを元に作られた仮想通貨のことで、独自の魅力を持っています。通常ミームを作成するには、画像編集の知識や経験が必要ですが、AiDogeでのミーム作成は、どんなミームを生成したいかのヒントとなるテキスト(プロンプト)を入力するだけで、唯一無二のミームを自動で作成します。この画期的なミームコイン×高度なAI技術の組み合わせは世界初のプロジェクトで、AI系仮想通貨の中でも1番注目されています。。

AiDogeのミーム2

自動で誰でも簡単に、そしてユーモア溢れる100%オリジナルのミームを作成できるというのは、AiDogeの最大の魅力です。

さらに、AiDogeは、AI分析という優れた機能も兼ね備えています。人気のあるミームは、常に変化していますが、その変化をAIで分析することができ、常に需要があるタイムリーなミームコインを作成できるのです。
AiDogeは、このAI自動作成とAI分析で初心者の方でも簡単にミームを作成できることから、これから伸びる仮想通貨としての期待が高まっており、今後の盛り上がりに目が離せません。

なお、AiDogeのユーザーは、お気に入りのミームに投票することができます。人気投票で選ばれると、無料でトークン報酬を獲得することも可能です。

現在、AiDogeのネイティブトークン「$AI」は、現在プレセールにて販売中です。初日の24時間で10万ドルを超える資金を調達するという盛り上がりを見せています。プレセールは20ステージ用意されており、段階的に価格があがる予定ですので、お早めの購入をお薦めします。

AiDogeの買い方は詳細解説ページにて紹介しておりますので、ご参照をお願いします。

調達上限額

$14,900,000

総供給量

1兆トークン

プレセール供給量

5,000億トークン

チェーン

イーサリアム

トークンタイプ

ERC-20

最小投資額

100 トークン

購入方法

USDT, ETH, BNB, クレジットカード

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

RobotEra – メタバースの土地を開発する新しいプレセールNFTプロジェクト

RobotEraのプレセール開始

RobotEraは新型のメタバースとNFTを融合させたプロジェクトです。RobotEraではプレイヤーがロボットとなり、NFTベースの土地を管理しながらRobotEraのバーチャルワールド構築に貢献していきます。そもそもサンドボックス型のゲームなので、プレイヤーはゲーム世界の資源を獲得しながらロボット仲間を作り、クエストに参加します。バーチャルコンサートといったイベントにも参加することができるので、興奮度はかなり高いでしょう。

RobotEraのチームは、このタイムスケジュールで順調に進めばプレセールが新年までに終了すると考えています。すなわち、TAROが最初に取引所で上場する可能性が高い時期と重なります。すでにLBANK Labsから資金提供を受けていることから、LBANKがこのコインを上場する最初の取引所となることが予想されます。

RobotEra は、プレイヤーがユニークなロボットNFTアバターとメタバースランドをカスタムツールで購入・構築できるPlay to Earnの暗号資産プロジェクトです。NFTの鋳造と売却は、プレイヤーがこのゲームから収入を得るための2つの方法であり、ネイティブトークン$TAROの所有が必要です。このトークンはプレセールの第一段階を開始したばかりで、今買うべき新しい仮想通貨の1つに選ばれています。

robotera 1

このメタバースNFTは、Sandboxより良い選択肢として、プレイヤー自体が個性的なロボットのNFTアバターを作成し、メタバース上の土地を開発します。プレイヤーはロボット自体をアップグレードし、ユニークなロボットを設計し、NFTとして取引所で販売することができます。

プレイヤーはメタバース上で土地を購入し、インフラを整備して惑星「Taro」を開発します。このゲームでは、鉱物の採掘、建物の建設、広告用ブランドへのビルボードの貸し出しが可能で、土地を収益化するにはロボットの所有が必要となります。

もう一つの特徴は、RobotEraのゲーム内報酬の多様性です。御神木を育てる、NFTを売る、TAROトークンを賭けるなど、惑星Taroの開発に貢献することで報酬を得ることができるのです。

この機会にRobotEraのTelegramチャンネルに登録し、NFTやその他のゲーム内アセットに関する最新情報を入手しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2023年に仮想通貨の入門初心者が簡単に購入できる仮想通貨はどれ?

さて、ここまでは、仮想通貨の入門したての初心者さんでも簡単に購入できる有望な仮想通貨(プレセール案件)を取り上げてきましたが、ここからは市場に出てからだいぶ時間が経っている今年買うべき仮想通貨についてお話したいと思います。

何万という選択肢の中から選ぶのですから、独自のリサーチが重要です。

ここでは、今すぐ始めるべきおすすめの仮想通貨を5つご紹介します。

Bitcoin – 仮想通貨初心者のための今購入すべき仮想通貨

CoinMarketCapに掲載されている17,000以上のデジタル通貨のうち、全仮想通貨投資の40%以上がBitcoinで保有されています。これは、全体として、Bitcoinが最も人気のある仮想通貨であることを明確に示しています。

また、時価総額や大衆の認知度から見ても、Bitcoinはデファクトスタンダードとなる仮想通貨です。これらの点を考慮すると、Bitcoinは初心者が購入するのにおすすめの仮想通貨であることは間違いありません。

仮想通貨Bitcoinの購入

数万円単位で取引されていますが、少額からBitcoin投資をすることもできます。OKXの場合、わずか1,000円から投資を始めることができます。成長性という点では、この記事を書く10年前のBitcoinの価値はわずか1ドルだったということを考えると凄まじいと言えるでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

OKB – 長期的な成長のために購入すべきトップクラスの仮想通貨

okb

Bitcoinの次に始めるべき仮想通貨はOKBです。これは、長期的な成長の観点では、トップクラスのデジタル資産です。

オーケービー(OKB)とは、グローバルにサービスを展開している大手暗号資産取引所「OKX(オーケーイーエックス)」が発行している独自の仮想通貨です。

OKBはイーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術を用いて発行された「ERC-20」と呼ばれるトークン規格のユーティリティトークンとなっており、OKX関連の様々なサービスでOKBが利用されています。

最も一般的な利用方法は「OKXでの取引手数料支払い手段」となっているため、OKBは”取引所トークン”とも言われていますが、OKBは取引所以外でも使用されており、一部のオンラインサービスなどでは”支払い手段”としてもOKBが採用されています。

また、OKBは日本居住者向けの暗号資産取引所である「OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)」でも2021年6月30日から取扱いが開始される予定となっています。

okコイン

オーケービー(OKB)を保有している方は、暗号資産取引所「OKX」で取引を行う際に”OKB保有量の応じた取引手数料割引”を受けることができます。これによって、OKBはOKXを利用する世界中の投資家によって買い支えられています。

オーケービー(OKB)は、OKXで開催されるIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)「OKExジャンプスタート」に参加するためのトークンとしても使用されています。

OKBは「OKXジャンプスタート」で使用できる唯一のトークンであり、30日間の平均OKB保有量または1日の最小保有量に基づいて割り当て係数が付与される仕組みとなっているため、OKBの平均保有量が多いほどOKXジャンプスタートで購入できる割り当て量が大きくなるようになっています。

オーケービー(OKB)は定期的に「バーン(焼却)」されており、2021年6月時点では合計12回のバーンが実施されています。バーン(焼却)とは、取引所が市場に流通しているトークンを定期的に買い戻して循環供給量を減らすことによって、トークンの希少性を高めて通貨の価値安定を図る取り組みのことを指します。

オーケービー(OKB)は決済手段としても利用されているため、暗号資産専用ショッピングサイト「cryptomall(クリプトモール)」や、ECサイト・ホテル予約・航空サービス・デジタルアート・DApps(分散型アプリケーション)などといった様々な場面で使用することができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Decentraland – メタバース投資に最適なおすすめ仮想通貨

投資ポートフォリオのために購入を検討すべきもう一つの仮想通貨は、分散型3Dゲームの世界を通じてグローバルなメタバースの構築に注力しているDecentralandです。Decentralandの仮想世界では、プレイヤーはキャラクター、ウェアラブル、そして不動産まで作ることができます。

このデジタル製品は、他のユーザーと取引することができます。MANAは、Decentralandプロジェクトを支えるネイティブなデジタル通貨です。2021年後半には、ある仮想の土地が200万ドル以上で売却されました。

Decentralandの仮想通貨を購入する

パフォーマンスの面では、このメタバース仮想通貨は2017年時点ではわずか0.025で価格が設定されました。MANAトークンが2021年の史上最高値を記録したときは5.20ドルの価値を超えました。これは、わずか3年あまりの取引で、DecentralandとそのMANAトークンが20,000%以上成長したことを意味します。メタバース関連の仮想通貨を購入することは、メタバースに投資するための素晴らしい方法の1つです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Ethereum – スマートコントラクト用に購入すべき代表的な仮想通貨

今、Ethereumを買うべきかどうか、悩んだことはありませんか?先に述べたように、Ethereumは時価総額がBitcoinに次いで2番目に大きい仮想通貨です。このプロジェクトは2015年に立ち上げられ、ニッチなスマートコントラクトの世界を支配しています。

一方で、実はこの分野には取引速度、手数料、スケーラビリティの点でより性能の良いスマートコントラクトブロックチェーンであるNeoやSolanaが存在します。しかし、これらに対抗する形でEthereumは2.0(Proof-of-Stake)への移行が予定されています。

Ethereumの仮想通貨を購入する

これにより、Ethereum2.0はそのスマートコントラクトブロックチェーンを次のレベルへと引き上げます。手数料の低減や取引の高速化だけでなく、より大きなレベルでのスケールが可能になります。このように、Ethereumは今年始めるべきおすすめの仮想通貨の1つです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Yearn.finance – 非中央集権的な金融サービスへ購入すべき有望な仮想通貨

仮想通貨の分野で注目されているもう一つの点は、分散型金融サービスの利用が可能であることです。具体的には、ユーザーが従来の金融商品をピアツーピアで利用できるプラットフォームが存在します。

この点で、最も優れた分散型プラットフォームの1つがYearn.financeです。一言で言えば、Yearn.financeのプロトコルは、ユーザー(借り手)が融資を受けることを可能にします。その際に、融資契約の何パーセントかを担保として提供する必要があります。

契約の相手はYearn.financeを保有する投資家です。つまり、仮想通貨を保有する人は、その資金を借り手に貸すことができるのです。そして、その結果、投資家は利息を得ることができます。

Yearn.financeの仮想通貨を購入する

DeFiの仮想通貨を始めたいなら、Yearn.financeが良いでしょう。このプラットフォームを支えるYFIトークンは、それゆえ、今年注目すべきおすすめの仮想通貨といえます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、ブロックチェーンという分散型台帳によって構成されているベータベース上にデータが記録される方式を採用し、そして暗号化技術によってデータのセキュリティが保全されている、いわゆるデジタル通貨です。

もっと仮想通貨とは、何かを簡単にわかりやすくいうのなら、インターネット上で作られ、管理されている通貨と言えるのではないでしょうか。

また、英語ではクリプトカレンシーと呼ばれることから、仮想通貨と同義語の暗号通貨という言葉が使われることもあります。

一方で、円やドルなどは、仮想通貨の対照としてフィアット通貨というものに分類されます。

そしてこのようなフィアット通貨は、一般的には国や政府によって発行され、銀行などの組織が中央管理者となって、取引の仲介が行われるのです。

仮想通貨の仕組みなどを理解するためには、ファイナンス周りの知識よりも、情報処理技術やゲーム理論などの知識が要求されます。

これから、仮想通貨とは何かをもっと掘り下げて学習したい仮想通貨投資初心者の方は、まずは基礎的なキーワードを調べつつ、徐々に体型的な知識が解説されている入門書を読むと良いでしょう。

仮想通貨の買い方を知る前に知っておくべきこと

仮想通貨の初心者の方は、仮想通貨で儲かることを目指して、すぐに仮想通貨の買い方を調べがちですが、その前に仮想通貨の市況がどのような状況か、そしてこれまでどのような流れできているのかを簡単に知っておくと良いでしょう。

仮想通貨の初心者さんが基礎知識や買い方、購入方法を学ぶときには、この仮想通貨の市場は非常に不安定であることをすぐに理解することが大切です。

  • 例えば、この記事を書く前の12ヶ月間で、Bitcoinの安値は、29,000ドル、高値が69,000ドルとなっています。
  • 簡単に言えば、80%以上のボラティリティに相当します。

このことを考慮すると、Bitcoinを購入する前に十分な調査をすることが重要です。

一方、まもなく詳しく取り上げますが、執筆の10年前、Bitcoinは1トークンあたりわずか1ドルで購入可能だったことに注目すべきでしょう。つまり、その後、仮想通貨は700万%以上成長したことになります。

  • また、仮想通貨はBitcoinだけではないことを忘れてはいけません。
  • それどころか、CoinMarketCapには17,000種類以上のデジタル通貨が掲載されており、そのすべてがオンラインで自由に取引されているのです。

重要なのは、近年、Bitcoinよりも大幅にパフォーマンスが向上している仮想通貨があることです。

例えば、Dogecoin、Shiba Inu、Ethereum、Binance Coin、Solanaなどは、それぞれのプロジェクトが立ち上げられてから、Bitcoinを上回るパフォーマンスを残しています。

初心者の仮想通貨トレーダーは、どのアルトコインを購入し、いくら投資するかを選択することが非常に難しいと感じることがよくあります。そのような場合に役立つ可能性があるのが、シグナルです。シグナルは、まさにその言葉通りのものです。簡単に言えば、経験豊富なベテラン仮想通貨トレーダーからの取引アイデアを得ることで、特定の仮想通貨を特定の時間と価格で購入または売却することができます。

また、Bitcoin PrimeなどのBitcoin取引ロボットを使用して仮想通貨CFDを取引することも可能になります。Bitcoin取引ロボットを介した取引は、仮想通貨CFDの値動きに対して投機的に取引をすることになり、原資産の所有権を持つことはありません。

仮想通貨を購入するメリット

仮想通貨の始め方を学ぶ際に最も重要なことは、この不安定で投機的な資産があなたのポートフォリオに適しているかどうかです。

まだ決めかねている方のために、以下では、2023年に仮想通貨を購入する主なメリットについて説明していきます。

記念すべき上昇

仮想通貨がローンチされてからどれだけ成功したか例を挙げる前に、すべてのデジタル資産がうまくいったわけではないことにも目を向けることが必要です。それどころか、多くのトークンが大きな損失を出しています。

とはいえ、圧倒的多数の人々が仮想通貨資産の購入を検討する理由は、近年生み出された大きなリターンのためであることは言うまでもありません。

例えば、こんな感じです。

  • 2017年にBNBがローンチされたとき、トークン価格はわずか0.011ドルでした。
  • 2022年になると、BNBは530ドルの高値をつけました。
  • つまり、BNBの投資家は、わずか5年余りで48万%以上のリターンを得られていることになります。
  • つまり、もしBNBに1,000ドルだけでも投資していたのなら、現在480万ドル以上になっていたでしょう。

bnb

別の例では

  • 時価総額で世界第2位の仮想通貨であるEthereumは2015年にリリースされた当初は、約0.75ドルで取引されていました。
  • 2021年末には、Ethereumは4,900ドル弱の高値を記録しました。
  • つまり、わずか6年余りでEthereumの価値は653,000%以上成長したことになります。
  • このように、2015年に1,000ドルの初期投資をした場合、その後650万ドル以上に成長したことになります。

上記の例はほんの一例ですが、ここで重要なのは、仮想通貨をポートフォリオに追加することで、かなりのリターンを得られる可能性があるということです。もちろん、損をする可能性もあることを念頭に置いてください。

多様化

仮想通貨を始めるもう一つのメリットは、分散投資が実に容易であることです。これは、2つの重要な理由によるものです。

まず、前述したように、現在では17,000以上の取引可能なデジタル資産から選択することができます。そのため、1つまたは2つの仮想通貨に過剰にさらされるリスクを減らすために、トークンの大きなバスケットに投資することができます。

仮想通貨 始め方

第二に、すべての仮想通貨は小さな単位に分数化することができます。例えば、Ethereumのトークン1つに全額投資をする必要はないのです。その代わり、数ドル単位でも好きな金額を投資することができます。

この分散投資戦略は、少額投資に対応した仮想通貨ブローカーを利用する場合に特に効果的です。例えばOKXでは、1資産あたりわずか1,000円の最低投資額で、40種類以上のデジタル通貨に分散投資することができます。

供給制限

仮想通貨の中には、不変の数学的コードによって供給量が限られているものもありますが、すべてではありません。

例えば、Bitcoinの総供給量は2,100万トークンを超えることはなく、それは2140年までに実現すると予想されています。

  • このフレームワークは、仮想通貨が中央銀行や政府によって操作されないことを保証しています。
  • 例えば、COVID-19流行してから、アメリカの連邦準備制度は無もないところから何兆ドルもお金を刷っています。

供給量が限られている仮想通貨に投資するもう一つの利点は、有限の資産は通常、時間の経過とともに良好なパフォーマンスを示すということです。

金(ゴールド)はその典型的な例で、その有限特性により、需要が常に供給を上回ることが保証されています。

クロスカレンシー決済に最適

海外送金の経験がある方なら、特に受取人が新興国や第三世界の国にいる場合、その手続きに時間と費用がかかることをご存じでしょう。

  • しかし、仮想通貨は、基盤となるブロックチェーンが国や地域の境界によって制限されないため、この問題を解決します。
  • 例えば、XRPを買って送金する場合、送り手と受け手の場所に関係なく、5秒以内で処理することができるのです。
  • さらに、この取引でかかる手数料はわずか1セントです。

これらのメリットは、XRPに限ったことではなく、現在流通している他の多くのデジタル通貨にもあります。

インフレと株式市場の低迷に備えるために

COVID関連の景気刺激策によって、現在世界各国が直面している最大の経済的影響の1つは、インフレ水準の急上昇です。

  • 簡単に言えば、モノやサービスの値段が上がることで、お金の価値が弱くなることを意味します。
  • インフレ率の上昇という現実的な脅威に対抗するため、一部の投資家はBitcoinのような資産に目を向けています。
  • 実際、Bitcoinをインフレ水準と比較した場合、前者はヘッジツールとして優れたパフォーマンスを発揮しています。

さらに、仮想通貨は株式市場全体に対するヘッジにも有効なツールになります。例えば、過去5年間、S&P500は90%近くも成長しました。しかし、Bitcoinは同期間に3,000%以上値上がりしています。

仮想通貨を始める時期

仮想通貨が不安定な資産であることを考慮すると、売買のタイミングを計ろうとしてしまうかもしれません。

しかし、先に述べたように、先の52週間で、Bitcoinは80%のボラティリティがあり、これは非常に大きなものといえます。

一方で、仮想通貨市場は変動が激しく予測不可能なため、正しいタイミングを計るのは容易なことではありません。

とはいえ、仮想通貨市場に最も有利なタイミングで参入するにあたって、実証済みの有効な戦略があります。

暴落時に購入する

仮想通貨市場のタイミングを計るための最初の戦略は、「仮想通貨の暴落時に買う」ことです。これは、伝統的な株式取引業界で広く使われている戦略で、簡単に言うと、市場が暴落したときに仮想通貨を買うということです。

  • 例えば、2023年に向けて、Bitcoinの価格は約46,000ドルでした。
  • それからわずか10週間余りで、Bitcoinは19,000ドルの値をつけました。
  • つまり、この市場が落ち込んだ時に買うことで、Bitcoinを10週間前の価格と比較して60%という大幅なディスカウントで購入することができるのです。

ここでの重要なコンセプトは、ビギナートレーダーは仮想通貨の価格が下落すると恐怖とパニックに陥りますが、ベテラントレーダーはこれを、より多くのトークンを購入することで保有量を増やすチャンスと見なし、割引価格で購入できるというマインドを持っています。

底値で買うことができたら、その後1000倍になる仮想通貨も出てくるかもしれません。

btc jpy

ドルコスト平均法

少なくとも伝統的な株式市場においては、様々な研究者が、暴落時だけ買うことは長期的には有効な戦略ではないと主張しています。

その理由は、下落局面を買うだけでは、長期にわたる大きな価格変動に乗り遅れてしまうからです。そのようなことを考えると、代わりにドルコスト平均法という戦略を考えてみてはどうでしょうか。

主なコンセプトは、仮想通貨を一定額、一定間隔で購入する長期投資戦略に取り組むというものです。

例えば、こんな感じです。

  • 毎週金曜日に100ドルを仮想通貨に投資するとします。
  • つまり、金曜日には、異なる価格で仮想通貨を購入することになります。
  • 時間の経過とともに、購入価格は、平均化されていきます。
  • つまり、価格が下がっている時は、仮想通貨を安く購入することができるのです。
  • そして、価格が上昇している時は、単に仮想通貨を購入することになります。

ここで重要なのは、ドルコスト平均法では、市場のタイミングを計ろうとする必要性がなくなるということです。その代わり、体系的な投資を通じて、ゆっくりと、確実にポートフォリオを構築することができます。そうすることで、短期的な価格変動にほとんど関心を持たなくなるはずなのです。

仮想通貨資産を購入する場所、基本的な始め方

上で紹介したプレセールは、上場前で特別な価格で購入できるお得なコインですので、一般的な取引所ではまだ取引されていません。

もし、より流通量が多い仮想通貨を求めるのではれば、まずは仮想通貨の取引所に登録して、購入すす方法がスタンダードな仮想通貨の始め方と言えるでしょう。

仮想通貨を購入する場所を決定する場合、選択したプラットフォームの手数料が安いこと、希望の支払方法にマッチしていること、最低購入額が安いこと、規制に対応していることを確認する必要があります。MonacoinEverdomeJasmycoin、XRP、Ethereumのいずれを購入するにしても、ニーズと提供するサービスが一致する取引所またはブローカーを選択する必要があります。

以下では、仮想通貨を安全かつコスト効率よく購入できる一流のプラットフォームの一部をご紹介します。

1. OKX – 2023年に仮想通貨を購入できるおすすめの取引所

OKX Logo

これから仮想通貨取引を始めるにあたって、おすすめの仮想通貨取引所をお探しなら、一番のおすすめは「OKX」です

このページで分析したDecentraland、SushiSwap、Axie Infinity、Ethereum、Tamadoge、Sandboxなどの最高のメタバース関連仮想通貨に興味があれば、OKXは全てをカバーしています。このブローカーに口座を開くと、メタバースのコインを購入することができ、最小取引額はわずか1,000円からとなります。

100以上の国々にわたって2,000万人以上のユーザーを持つOKXは、世界最大の仮想通貨取引所の1つです。このOKXのレビューは、プラットフォームに特徴的ないくつかの機能があります。例えば、中央集権型および分散型交換、仮想通貨のローン、デジタル資産のマージン取引オプション等です。

さらに、OKXは350以上の仮想通貨資産を提供しており、スポット取引、先物契約、マージン取引、パーペチュアルスワップを利用することが可能です。投資家はOKXでビットコイン、イーサリアム、Cardanoやその他の一般的な仮想通貨を購入することができます。

okx_web3

注目すべきは、OKX CEXがカストディアン(投資家 に代わって 有価証券 の管理「カストディ 」を行う機関)として機能することです。つまり、すべてのフィアット通貨または仮想通貨が取引所の保管下にあることを意味します。銀行がフィアット通貨を保管するのと同様に、投資家はOKX CEXを信頼して資産と資金を安全に保管することができます。OKX CEXにより、投資家はビットコイン、イーサリアムおよび350以上の資産などのおすすめ仮想通貨を購入することができます。

OKX CEXにサインアップしてアカウントを作成すると、入金手数料なしで仮想通貨をフィアット通貨で直接購入することができるようになります。スポット取引とは別に、投資家は仮想通貨の先物取引(特定の資産をあらかじめ決められた価格で将来購入または売却する契約を表す)にアクセスすることもできます。

おすすめする理由:

  • 世界トップクラスのセキュリティ
  • 取引所で利用できる通貨の数が多い
  • 顧客から預かる暗号資産は100%コールドウォレットシステムで管理することで、スピーディな出庫・安全と利便性にも優れている
  • OKXのアカウントに対するすべてのアクセスには2段階認証を必要とするため、不正アクセスが起きにくい

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. Coinbase – 初心者が仮想通貨を始めるのに最適な場所

coinbase logo

Coinbaseはほとんどの地域で高額な手数料が必要となりますが、初心者におすすめの仮想通貨取引所の一つです。

この取引所は現在、7,000万人以上のクライアントにサービスを提供しており、シンプルで負荷の少ない投資プラットフォームであるためCoinbaseが選ばれています。実際、数分でアカウントを開設し、デビットカードやクレジットカードで即座に仮想通貨に投資することができます。つまり、数分でイーサリアムやその他の通貨、例えばXRPを購入することができます。

主な欠点は、すぐに始めることができますが、デビット/クレジットカードの取引は3.99%の手数料が発生すること点です。他のオプションとしては、ACH経由で資金を入金することです。この場合資金が入金されると、仮想通貨の購入を完了するために1.49%手数料だけで済みます。しかし、これでも他のおすすめの仮想通貨と比較すると、まだ高価であると考えられています。

coinbase japan

ポジティブな点に戻ると、Coinbaseは市場で最も安全な仮想通貨取引所の1つであるといえます。最強のセキュリティプロトコルにより、顧客のデジタル資金の大部分をコールドストレージに保管し、すべての新規顧客の身元を確認し、各アカウント保有者に2FA(2段階認証)の設定を要求します。さらに、Coinbaseには、24時間体制で働くセキュリティチームがあり、お客様のアカウントを安全に保つためにフル稼働しています。仮想通貨のステーキングやローンに興味があるのであれば、Coinbaseは2023年に検討すべきおすすめの仮想通貨イールドファーミングプラットフォームでもあります。

おすすめする理由:

  • ユーザーフレンドリーなモバイルアプリを提供
  • クレジットカードやデビットカード、PayPalを使って仮想通貨を購入することが可能
  • 素晴らしい教育コンテンツを提供
  • モバイルアプリで2段階認証を提供

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. Binance – 資産の多様性を実現するBitcoinの購入先として人気

binance logo

手数料が安い取引所をお探しなら、Binanceは仮想通貨を始める場所として最適です。

この人気のあるオンライン取引所では、ETH/BTCなどの仮想通貨ペアをわずか0.10%で取引することができます。つまり、合計100ドルで、手数料はわずか0.10ドルということです。

仮想通貨の購入を法定通貨で希望する場合は、追加の手数料が適用されます。例えば、ACHと銀行電信送金では手数料無料で処理されますが、最終的には0.5%の購入手数料を支払う必要があります。さらに、VISAやMasterCardでの入金を希望する場合は、この手数料にさらに4.5%が加算されます。

このウェブサイトからサインアップしたユーザーは、100ドルの Binanceボーナスを受け取ることができます。

その結果、これはBinanceをUSD等の法定通貨以外で仮想通貨を取引したい人にとっては割高となります。実際には、Binanceは単一の法域で規制されていないため、資金の安全性は十分であるとは言えません。Binanceアカウントにアクセスするには、メインのオンラインウェブサイトを使用するか、iOS / Androidアプリをダウンロードすることができます。

Binance

Binanceは最大の仮想通貨取引所の一つで、以下のことが可能です。 Terra Luna、AAVEの購入、その他の新しいトレンドの仮想通貨を低額の取引手数料で購入できます。

仮想通貨だけでなく、Binanceでは NFTマーケットプレイスで 最高の購入すべきおすすめNFTに投資することもできます。それでも尚、Binanceに満足していない人のために、市場にはいくつか代わりの取引所が市場にあります。

おすすめする理由:

  • 取引可能な仮想通貨の種類が豊富
  • 低い取引手数料
  • 初心者から上級者まで対応できる取引プラットフォーム
  • 専用ステーキングサービス

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨を購入するリスク

さて、ここまで仮想通貨を購入するメリットについてお話ししてきましたが、次に考慮すべき主なリスクについてお話しします。

仮想通貨を購入する際の最も一般的なリスクは、以下の通りです。

ボラティリティ

仮想通貨は非常に不安定であることは、この記事で何度か触れています。これは、投資の価値が非常に短い期間で大きな幅で上下する可能性があることを意味します。

例えば、2021年の年初にDogecoinを購入し、わずか7カ月後に売却していれば、投資額は10,000%以上値上がりしていたことになります。

一方、2021年7月にDogecoinを購入し、2022年の初めまで持ち続けたとしたら、75%以上の損失を被ることになります。

このように、仮想通貨を始める前には、価格の急激な変動に備える必要があります。

過飽和市場

仮想通貨の始め方を学ぶ際に考慮しなければならない次のリスクは、この市場が今や飽和状態にあることです。

前述の通り、CoinMarketCapには17,000以上の仮想通貨が掲載されており、さらにまだ追加されていない仮想通貨もあります。

つまり、上位100位までのプロジェクト以外は、仮想通貨市場は極めて細分化されているのです。簡単に言えば、市場に投入される資金の総量が、膨大な数のトークンに分散されているということです。

そのため、この分野での競争の激しさを考えると、選択した仮想通貨がインパクトを与えるのには多少苦労するかもしれません。

ハッキングとセキュリティ

もう一つの大きなリスクは、過去数年の間に、数十億ドル相当のデジタル資産が仮想通貨取引所から盗まれたことです。これらの取引所に資金を預けていた場合、トークンを盗まれ、途方に暮れている可能性があります。

そのため、無許可のプラットフォームには近づかず、規制された取引所やブローカー(その数は非常に少ない)からしか仮想通貨を購入しないことが極めて重要です。さらに、仮想通貨トークンをプライベートウォレットに保管する場合、さらなるリスクが発生します。

秘密鍵を紛失し、リカバリーパスフレーズでウォレットをバックアップしない場合、資金は永久に失われてしまうことになります。さらに、仮想通貨ウォレットがハッキングされた場合も、資金が失われることになります。

仮想通貨の始め方、やり方

次に、デジタル資産投資について学ぶ際に考慮すべきは、仮想通貨の買い方の多さです。

これは、仮想通貨の購入資金を調達するために使用する特定の支払方法の多さを意味します。

okx register

2023年に仮想通貨を始めるのに最適な方法は、以下の通りです。

Paypalで仮想通貨を購入する

オンライン取引所やブローカーを通してPaypalで仮想通貨を購入することができます。ほとんどの場合、Paypalは、ユーザーにチャージバックの権利(クレジットカードで商品を購入した人が、不正利用もしくは取引内容に納得がいかない、などといった理由から、利用代金の支払いに同意せず、クレジットカード会社に注文取消を要求すること)を提供しています。

これはもちろん、取引所やブローカーにとって大きなリスクであり、そのため手数料は一般的に高くなります。とはいえ、日本円で入金している場合、OKXではPaypalで仮想通貨を手数料無料で購入することができます。

代替通貨を使用している場合は、単に手数料を支払うことになります。

クレジットカードやデビットカードで仮想通貨を購入する

仮想通貨をオンラインで購入する最も良い方法は、デビットカードまたはクレジットカードを使用することです。これは、通常、購入が即座に完了するためです。

例えば、OKXでデビットカードを使って仮想通貨を購入すると、即時入金というメリットがあるだけでなく、JPYの支払いは手数料が無料になります。

クレジットカードの場合も同様ですが、発行元によって割増料金が発生する場合がありますので、ご自身でご確認ください。

NetellerやSkrillで仮想通貨を購入する

仮想通貨をオンラインで購入するもう一つの方法は、NetellerやSkrillなどのeウォレットを使用することです。OKXでは、これらの人気のあるeウォレットを低い手数料で利用することができます。また、日本円で口座に入金する場合は、この手数料は免除されます。

銀行振込で仮想通貨を購入する

多くの取引所やブローカーは、銀行振込で仮想通貨を購入することができます。

例えば、ACH(アメリカの送金ネットワークの1つ)を介して資金を入金することができます。とはいえ、トランザクションが到着するまでに数日かかる場合があります。また、いくつかのプラットフォームは、手数料を請求されることもあります。

仮想通貨を安全に始めるには

この記事の最も重要な部分は、仮想通貨を購入する際の安全性の側面です。規制されていないプラットフォームを利用しないという点だけでなく、トークンをどのように保存するつもりかという点です。

これを踏まえて、以下、仮想通貨を安全に始めるための基礎知識を解説します。

評判の良い仮想通貨取引所

仮想通貨を評判の良い取引所から購入する場合、信頼できるプロバイダーを使用していると言っても良いでしょう。

2017年に設立されたOKXは、ブロックチェーン技術を採用し、次世代の金融エコシステムを構築するセーシェル共和国に拠点を置く仮想通貨取引所です。OKXは、何百もの多様な暗号資産に対して最新の取引サービスを提供しています。

OKXのサポーターには、サッカー監督のジョゼップ・グアルディオラ、F1ドライバーのダニエル・リカルド、スノーボーダーのスコッティ・ジェームスなどがいます

もう一つは、Binanceです。Binanceは取引量と登録ユーザー数で最大の仮想通貨取引所ですが、このプラットフォームは現在、必要な認可を受けずに運営しているとして、多くの国の規制機関によって調査を受けています。

ピアツーピア・トレードを避ける

仮想通貨をピアツーピアで購入したいと思われるかもしれません。これは、中央集権的な取引所を経由するのではなく、選択したデジタル通貨を販売者から直接購入することを意味します。

ピアツーピアの仮想通貨取引は、特に購入者にとって非常にリスクが高いといえます。トークンを受け取る前に購入代金を支払う必要があるため、ピアツーピアのウェブサイトから仮想通貨を購入するべきではありません。

手数料の確認

仮想通貨を安全に購入する方法を学ぶ際にもう一つ考慮すべきことは、支払う手数料をしっかりと理解することです。

  • 一例として、現在、世界中に数千台のBitcoinATMが点在しています。
  • これらは、Bitcoinを現金と交換したい一般消費者を対象にしています。
  • しかし、BitcoinATMの手数料は平均10~20%と高額であるため、購入者にはあまり知られていません。
  • 手数料はパーセンテージで表示されないことが多いといえます。
  • 投資しようとしている金額に対して、何BTCトークンを受け取れるかが表示されます。

仮想通貨の価格に関する知識がない人にとっては、これは認識しにくいかもしれません。

一方、OKXのようなおすすめの仮想通貨取引所から仮想通貨を購入する場合、そのプラットフォームが請求する手数料に透明性があることを確信することができます。

仮想通貨の売買で必須なもの

仮想通貨取引所以外で、仮想通貨の売買で必須なものといえば、仮想通貨ウォレットがあります。

これまでに仮想通貨取引をしてこなかった仮想通貨初心者の方であれば、このウォレットというものを別途準備する必要があります。セキュリティの観点が非常に重要なので、ウォレットを選ぶ際はぜひセキュリティが安全か確認してみてください。

仮想通貨ウォレット

仮想通貨を安全に保管する方法として、一般的に2つの選択肢があります。まず、多くの投資家は、携帯電話やデスクトップデバイスのプライベートウォレットにトークンを引き出すことを考えます。

これらのプライベートウォレットは通常、管理型といわれます。つまり、トークンを安全に保管する責任は100%保有者にあるのです。

そして、オンラインブローカーや取引所が通常提供している管理型ウォレットがあります。ただし、無認可の取引所を信頼してトークンを預けることは良い考えとは言えません。

しかし、OKX、Coinbase、Geminiなどの規制されたブローカーを使用することで、プラットフォームが仮想通貨を安全に保つための様々な機関レベルのセキュリティツールを備えていることを保証することができます。

仮想通貨の買い方

この究極の仮想通貨の購入ガイドでは、投資を進める前に検討する必要があるすべての要素を網羅しています。リスクを検討し、どのデジタル資産に関心があるかを決定した場合、次にプリセールプロジェクトの購入手順を段階的に説明します。

仮想通貨のプリセールは、低い参入ポイントと、より確立されたトークンよりも成長の余地があるため、リターンの可能性がはるかに高いです。

以下が仮想通貨の買い方です:

ステップ1 – 仮想通貨ウォレットのダウンロード

投資家は最初に仮想通貨ウォレットが必要です。デスクトップ用にはMetaMask、モバイル用にはTrust Walletをおすすめします。

メタマスク クリプト ウォレット

次に、プレセールのウェブサイトにアクセスし、「接続」を選択します。

ステップ2 – ETHまたはUSDTの取得

多くのプレセールトークンはUSDTまたはETHで購入できます。OKXのような取引所や信頼できるブローカーでETHまたはUSDTを購入し、ウォレットに注意深く送金します。

追加のETHが少額必要になることに注意してください。これは、イーサリアムのガス(取引)手数料をカバーするためです。

ステップ3 – プレセールトークンの購入

ウォレットにETHがある場合、「ETHで購入」を選択します。画面に表示される手順に従い、購入したいトークンの数を入力します。

選択後にイーサリアムガス(取引)手数料が適用されるため、投資家はその分の少額を考慮する必要があります。

手順に従い、「完了」をクリックしてください。

ステップ4 – プレセールトークンの請求

プレセールトークンは、プリセールが完全に終了するまでウォレットに表示されません。
プリセールが終了すると、プレセールチームによって詳細と請求日が発表されます。これで、仮想通貨の買い方に関する手順が完了です。

詳しいプレセール系のトークン購入方法は、以下のリンクから確認が可能です。

仮想通貨の始め方と買い方のまとめ

仮想通貨をオンラインで売買する方法に関するこの初心者向けガイドは、安全に投資の旅を始めるために知っておく必要があるすべての情報をカバーしています。

仮想通貨とは何であるか、そして仮想通貨の始め方ややり方、さらには仮想通貨の購入方法まで、一気に説明したので、まだ理解できない人もいるかもしれません。そんな方は当記事を繰り返し読んで、断片的な知識を少しずつ蓄えていき、体型的な知識が確立される準備をしていきましょう。

ポートフォリオに加える仮想通貨と、口座を開設する予定の仮想通貨取引所の両方について、事前に十分な調査を行うことが重要です。

また、取引所に登録したあとは、仮想通貨の種類の選定も必要です。非常に多くの種類が存在するので、事前に知識をつけてから購入すると良いでしょう。

高いリターンを得るためにおすすめの仮想通貨は、新しいプレセールプロジェクトです。これらは比較的エントリーポイントが低く、より成長する余地が大きいものです。私たちは、Love Hate Inuを新しい仮想通貨のプレセールのトップとして紹介していますが、FightoutとMetropolyも考慮に入れても良いでしょう。

仮想通貨 将来性の魅力を信じ、これらの情報が気に入った方は、ICO 仮想通貨を列挙している当サイトの仮想通貨 上場予定 一覧を合わせて確認することをお勧めします。

Wall Street Memes (WSM) - 最新ミームコイン

私たちの評価

Wall Street Memes Logo
  • 100万人のフォロワーが集まるコミュニティ
  • NFTプロジェクト体験記
  • プレセール実施中 - wallstmemes.com
  • ローンチ日に30万ドルを調達
Wall Street Memes Logo

仮想通貨を始めるにあたってよくある質問

仮想通貨を始めるにはどうしたらいい?

仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所は?

仮想通貨は良い投資なのか?

今、買うべきおすすめの仮想通貨は何?

最も安く買える仮想通貨は?

仮想通貨を購入するのに最適な銘柄は何?

仮想通貨を無料で購入できるのはどこ?

仮想通貨を購入するのに最適なアプリは何?