Bitcoin、Dogecoin、Cardanoなどの仮想通貨への投資は、今や簡単ですぐに開始することができます。

手数料の安い信頼できる仮想通貨取引所で口座を開設、入金し、購入したいトークンの量を入力するだけで良いのです。

この初心者向けの記事では、仮想通貨の始め方を詳しく説明し、投資の流れをステップバイステップで解説するとともに、仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所もご紹介しています。

仮想通貨の始め方仮想通貨購入早わかりガイド

  • ステップ1:ポテンシャルの高い仮想通貨のプレセールを探す
    2022年を通して仮想通貨市場の各通貨が苦戦する中、仮想通貨のプレセールは比較的低いエントリー価格である上、上昇の余地が大きいため、初期の段階で投資をしたトレーダーに大きなリターンをもたらす可能性があります。
  • 🔎 ステップ2:今、投資を始めるべき人気の仮想通貨プロジェクトをリサーチする
    市場には多くの新しいプレセールが実施されていますが、中には詐欺のものもあれば、Dash 2 Tradeのように合法的でROIの高いものもあります。
  • 💳ステップ3:仮想通貨ウォレットのダウンロード
    MetaMaskやTrust Walletなどの仮想通貨ウォレットをダウンロードし、選んだプロジェクトのプレセールサイトに接続します。
  • 🛒 ステップ4:仮想通貨トークンを購入
    最後に、画面の手順に従い、ETHまたはUSDT、そして選択したプレセールトークンを購入します。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨投資をはじめよう – プレセールプロジェクト

仮想通貨 上場予定 一覧にある仮想通貨は、業界の中でもまだ地位を確立しておらず、成長の余地が大きい上、エントリー価格も安いため、投資家に大きなリターンの可能性があります。

市場に長く存在する老舗のコインは、時価総額がはるかに大きくなる傾向があるため、価格の大幅な上昇を見るには非常に多くの資金が流入する必要があります。

しかし、仮想通貨のプレセール案件は時価総額が非常に小さいため、短期間で大きな上昇トレンドを描くことができます。

仮想通貨のプレセールプロジェクトはリスクが高いため、投資家は投資前に自分で十分に調査する必要があります。

投資家が警戒すべきポイントとしては、不明瞭なウェブサイト、不十分なロードマップ、チームに関する詳細情報の欠如があげられます。一方、プロジェクトが高い可能性を持っていることを示す指標としては、実際に役立つよく練られたプロトコルを有している、詳細なロードマップと情報を提供している、仮想通貨コミュニティでの関心が大きい、そして信頼のおけるチームを有していることです。

以下では、まだ市場に出回っていない新しい仮想通貨のうち、これから投資を始めるべき上位4つの仮想通貨について概要を説明します。

メタマスターズギルド – ギルドエコシステムを有する総合評価1位の仮想通貨

メタマスターズギルド ロゴメタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。熱中度の高い白熱のゲームプレイが楽しめるため、仮想通貨の始め方が分からないという人でも簡単に始められるのは嬉しい限りですね。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、仮想通貨業界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。前述したように、特に仮想通貨初心者の人に支持されていることが大きいとみられます。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供しており、プラットフォームのリピーター率を高めています。プレイヤーは時間が経つのを忘れるほどゲームに熱中することができ、結果としてより多くの報酬を獲得することができる仕組みとなっています。

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのゲームが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取るゲームです。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

MMGの詳細情報を知りたいという方は、テレグラムの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Dash 2 Trade – 新しい分析インテリジェンス・プラットフォーム

Dash 2 Tradeは新しい暗号資産分析プラットフォームで、リリース以来大きな関心を集め、プレセールの第一ステージをわずか3日で完売し、1週間足らずで400万ドル以上を集めました。

このプラットフォームは、投資家やトレーダーが様々なインサイトやインジケーターを用いることで、より良い情報に基づき意思決定を行い、利益を最大化できるようサポートすることを目的としています。

Dash 2 Trade プレセール4ステージ目

これらのインサイトには、取引シグナル、トレンドの分析、他の仮想通貨のおすすめプレセールプロジェクトに対する特注の新しいスコアリングシステム、戦略を最適化するための様々な取引ツールが含まれます。

Dash 2 Tradeチームは、チーム自体がしっかりと監査されており、初心者向けFX取引プラットフォームLearn2Trade(7万人以上の世界中のユーザーを持ち、TrustPilotで高い評価を受けている)と同じ開発チームで構成されています。

現在、9段階あるプレセールのうち、第2段階目に入っています。

ステージ1では0.0467ドルで販売されていたトークンが、ステージ9では0.0662ドルで販売され、39%増となる予定です。

詳細については、Dash 2 TradeのホワイトペーパーとTelegramグループでご覧いただけます。また、D2Tトークンの買い方については、最後にガイドをまとめました。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

RobotEra –メタバースの土地を開発する新しいプレセールNFTプロジェクト

RobotEraのプレセール開始

RobotEraは新型のメタバースとNFTを融合させたプロジェクトです。RobotEraではプレイヤーがロボットとなり、NFTベースの土地を管理しながらRobotEraのバーチャルワールド構築に貢献していきます。そもそもサンドボックス型のゲームなので、プレイヤーはゲーム世界の資源を獲得しながらロボット仲間を作り、クエストに参加します。バーチャルコンサートといったイベントにも参加することができるので、興奮度はかなり高いでしょう。

RobotEraのチームは、このタイムスケジュールで順調に進めばプレセールが新年までに終了すると考えています。すなわち、TAROが最初に取引所で上場する可能性が高い時期と重なります。すでにLBANK Labsから資金提供を受けていることから、LBANKがこのコインを上場する最初の取引所となることが予想されます。

RobotEra は、プレイヤーがユニークなロボットNFTアバターとメタバースランドをカスタムツールで購入・構築できるPlay to Earnの暗号資産プロジェクトです。NFTの鋳造と売却は、プレイヤーがこのゲームから収入を得るための2つの方法であり、ネイティブトークン$TAROの所有が必要です。このトークンはプレセールの第一段階を開始したばかりで、2022年に買うべき新しいトップ仮想通貨の1つに選ばれています。

robotera 1

このメタバースNFTは、Sandboxより良い選択肢として、プレイヤー自体が個性的なロボットのNFTアバターを作成し、メタバース上の土地を開発します。プレイヤーはロボット自体をアップグレードし、ユニークなロボットを設計し、NFTとして取引所で販売することができます。

プレイヤーはメタバース上で土地を購入し、インフラを整備して惑星「Taro」を開発します。このゲームでは、鉱物の採掘、建物の建設、広告用ブランドへのビルボードの貸し出しが可能で、土地を収益化するにはロボットの所有が必要となります。

もう一つの特徴は、RobotEraのゲーム内報酬の多様性です。御神木を育てる、NFTを売る、TAROトークンを賭けるなど、惑星Taroの開発に貢献することで報酬を得ることができるのです。

この機会にRobotEraのTelegramチャンネルに登録し、NFTやその他のゲーム内アセットに関する最新情報を入手しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

IMPT – ブロックチェーンプロトコルカーボンオフセットで気候変動抑制貢献

IMPTは、個人や企業がカーボンオフセットの取り組みを増やすことで、地球温暖化防止に貢献する新しいプロジェクトです。

手法は二つあり、一つは、すべての人がカーボンクレジットを取引できるようにすること、もう一つは、ユーザーが買い物中にIMPTトークンを獲得し、それをカーボンクレジットに変換できるようにすることです。

imptのプレセール

このクレジットは、企業が大気中に一定量の温室効果ガスを排出することを許可するもので、1クレジットが1トンのCO2に相当します。

そして、世界各地の自然保護プロジェクトに資金を提供します。

IMPTは、カーボンオフセットが増加するよう、すべての人が取引できるようにし、ブロックチェーン技術を使用して、2つの企業が同じクレジットを使用するダブルカウントなどの不正行為を防止する予定です。

買い物客はアフィリエイト・パートナーを通じてクレジットを獲得することができ、AmazonやMicrosoftなどがすでに契約しています。

IMPTのプレセールは12月11日に終了し、1900万ドル(約26億円)以上の資金調達に成功しました。今後IMPTトークンは12月14日にLBank、Changelly、Uniswapに上場する予定です。

詳細はホワイトペーパーをお読みいただくか、IMPTのTelegramグループにご参加ください。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Calvaria – カジュアルゲーマーをブロックチェーンに引き込むエキサイティングな新ゲームプロジェクト

Calvariaは、新しいplay-to-earn (P2E)ゲームとF2Pゲームプロジェクトで、カジュアルとプロゲーマーの両方にWeb3の世界に引き込もうと考えています。

ブロックチェーンゲ―ム自体は大きな可能性を持っているにもかかわらず、実際、ゲーマーは投資家の後を追ってこの分野に参入しているわけではありません。

Calvariaプレセール画面

DecentralandやThe Sandboxなどのゲームは、時価総額で数十億円の価値がありますが、毎月メタバースに集まったプレイヤーは合わせて2万人未満で、毎日数百万人のプレイヤーがいるFortniteやMinecraftなどとは比較にならないほど小さいものです。

Calvariaは、P2Eへの移行を促す楽しいF2Pゲームを作ることで、Web3に新しいプレイヤーを誘いたいと考えています。

多くの仮想通貨ゲームでは、ゲームを始める前に高価なNFTが必要ですが、CalvariaのDuels of Eternityは完全無料であり、プレイヤーは無料の段階でゲームのコツを掴むことができます。

そして、カードバトル戦略ゲームは、プレイヤーがどれだけ稼ぐことができたかを示すビジブルトラッカーや、ブロックチェーンについて学ぶためのゲーミフィケーション教育クエストを用意し、プレイヤーの切り替えを促す予定です。

プレセールは開始されたばかりですが、すでに35万ドル以上の投資が集まっています。

Calvariaの詳細については、Telegramグループに参加するか、ホワイトペーパーをお読みください。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2023年に買うべき仮想通貨はどれ?

さて、ここまででこれから始めるのにおすすめの仮想通貨(プレセール案件)を取り上げてきましたが、ここからは市場に出てからだいぶ時間が経っている今年買うべき仮想通貨についてお話したいと思います。

何万という選択肢の中から選ぶのですから、独自のリサーチが重要です。

ここでは、今すぐ始めるべきおすすめの仮想通貨を5つご紹介します。

Bitcoin – 初心者のための今買うべきベスト仮想通貨

CoinMarketCapに掲載されている17,000以上のデジタル通貨のうち、全仮想通貨投資の40%以上がBitcoinで保有されています。これは、全体として、Bitcoinが最も人気のある仮想通貨であることを明確に示しています。

また、時価総額や大衆の認知度から見ても、Bitcoinはデファクトスタンダードとなる仮想通貨です。これらの点を考慮すると、Bitcoinは初心者が購入するのにおすすめの仮想通貨であることは間違いありません。

仮想通貨Bitcoinの購入

数万円単位で取引されていますが、少額からBitcoin投資をすることもできます。OKXの場合、わずか1,000円から投資を始めることができます。成長性という点では、この記事を書く10年前のBitcoinの価値はわずか1ドルだったということを考えると凄まじいと言えるでしょう。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

OKB – 長期的な成長のために購入すべきトップクラスの仮想通貨

okb

Bitcoinの次に始めるべき仮想通貨はOKBです。これは、長期的な成長の観点では、トップクラスのデジタル資産です。

オーケービー(OKB)とは、グローバルにサービスを展開している大手暗号資産取引所「OKX(オーケーイーエックス)」が発行している独自の仮想通貨です。

OKBはイーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術を用いて発行された「ERC-20」と呼ばれるトークン規格のユーティリティトークンとなっており、OKX関連の様々なサービスでOKBが利用されています。

最も一般的な利用方法は「OKXでの取引手数料支払い手段」となっているため、OKBは”取引所トークン”とも言われていますが、OKBは取引所以外でも使用されており、一部のオンラインサービスなどでは”支払い手段”としてもOKBが採用されています。

また、OKBは日本居住者向けの暗号資産取引所である「OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)」でも2021年6月30日から取扱いが開始される予定となっています。

okコイン

オーケービー(OKB)を保有している方は、暗号資産取引所「OKX」で取引を行う際に”OKB保有量の応じた取引手数料割引”を受けることができます。これによって、OKBはOKXを利用する世界中の投資家によって買い支えられています。

オーケービー(OKB)は、OKXで開催されるIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)「OKExジャンプスタート」に参加するためのトークンとしても使用されています。

OKBは「OKXジャンプスタート」で使用できる唯一のトークンであり、30日間の平均OKB保有量または1日の最小保有量に基づいて割り当て係数が付与される仕組みとなっているため、OKBの平均保有量が多いほどOKXジャンプスタートで購入できる割り当て量が大きくなるようになっています。

オーケービー(OKB)は定期的に「バーン(焼却)」されており、2021年6月時点では合計12回のバーンが実施されています。バーン(焼却)とは、取引所が市場に流通しているトークンを定期的に買い戻して循環供給量を減らすことによって、トークンの希少性を高めて通貨の価値安定を図る取り組みのことを指します。

オーケービー(OKB)は決済手段としても利用されているため、暗号資産専用ショッピングサイト「cryptomall(クリプトモール)」や、ECサイト・ホテル予約・航空サービス・デジタルアート・DApps(分散型アプリケーション)などといった様々な場面で使用することができます。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Decentraland – メタバース投資に最適なおすすめ仮想通貨

投資ポートフォリオのために購入を検討すべきもう一つの仮想通貨は、分散型3Dゲームの世界を通じてグローバルなメタバースの構築に注力しているDecentralandです。Decentralandの仮想世界では、プレイヤーはキャラクター、ウェアラブル、そして不動産まで作ることができます。

このデジタル製品は、他のユーザーと取引することができます。MANAは、Decentralandプロジェクトを支えるネイティブなデジタル通貨です。2021年後半には、ある仮想の土地が200万ドル以上で売却されました。

Decentralandの仮想通貨を購入する

パフォーマンスの面では、このメタバース仮想通貨は2017年時点ではわずか0.025で価格が設定されました。MANAトークンが2021年の史上最高値を記録したときは5.20ドルの価値を超えました。これは、わずか3年あまりの取引で、DecentralandとそのMANAトークンが20,000%以上成長したことを意味します。メタバース関連の仮想通貨を購入することは、メタバースに投資するための素晴らしい方法の1つです。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Ethereum – スマートコントラクトに購入すべき代表的な仮想通貨

今、Ethereumを買うべきかどうか、悩んだことはありませんか?先に述べたように、Ethereumは時価総額がBitcoinに次いで2番目に大きい仮想通貨です。このプロジェクトは2015年に立ち上げられ、ニッチなスマートコントラクトの世界を支配しています。

一方で、実はこの分野には取引速度、手数料、スケーラビリティの点でより性能の良いスマートコントラクトブロックチェーンであるNeoやSolanaが存在します。しかし、これらに対抗する形でEthereumは2.0(Proof-of-Stake)への移行が予定されています。

Ethereumの仮想通貨を購入する

これにより、Ethereum2.0はそのスマートコントラクトブロックチェーンを次のレベルへと引き上げます。手数料の低減や取引の高速化だけでなく、より大きなレベルでのスケールが可能になります。このように、Ethereumは今年始めるべきおすすめの仮想通貨の1つです。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Yearn.finance – 非中央集権的な金融サービス購入すべき有望な仮想通貨

仮想通貨の分野で注目されているもう一つの点は、分散型金融サービスの利用が可能であることです。具体的には、ユーザーが従来の金融商品をピアツーピアで利用できるプラットフォームが存在します。

この点で、最も優れた分散型プラットフォームの1つがYearn.financeです。一言で言えば、Yearn.financeのプロトコルは、ユーザー(借り手)が融資を受けることを可能にします。その際に、融資契約の何パーセントかを担保として提供する必要があります。

契約の相手はYearn.financeを保有する投資家です。つまり、仮想通貨を保有する人は、その資金を借り手に貸すことができるのです。そして、その結果、投資家は利息を得ることができます。

Yearn.financeの仮想通貨を購入する

DeFi関連の仮想通貨を始めたいなら、Yearn.financeが良いでしょう。このプラットフォームを支えるYFIトークンは、それゆえ、今年注目すべきおすすめの仮想通貨といえます。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨は買うべきなのか

初めて仮想通貨を学ぶときには、この市場は非常に不安定であることをすぐに理解することが大切です。

  • 例えば、この記事を書く前の12ヶ月間で、Bitcoinの安値は、29,000ドル、高値が69,000ドルとなっています。
  • 簡単に言えば、80%以上のボラティリティに相当します。

このことを考慮すると、Bitcoinを購入する前に十分な調査をすることが重要です。

一方、まもなく詳しく取り上げますが、執筆の10年前、Bitcoinは1トークンあたりわずか1ドルで購入可能だったことに注目すべきでしょう。つまり、その後、仮想通貨は700万%以上成長したことになります。

  • また、仮想通貨はBitcoinだけではないことを忘れてはいけません。
  • それどころか、CoinMarketCapには17,000種類以上のデジタル通貨が掲載されており、そのすべてがオンラインで自由に取引されているのです。

重要なのは、近年、Bitcoinよりも大幅にパフォーマンスが向上している仮想通貨があることです。

例えば、Dogecoin、Shiba Inu、Ethereum、Binance Coin、Solanaなどは、それぞれのプロジェクトが立ち上げられてから、Bitcoinを上回るパフォーマンスを残しています。

初心者の仮想通貨トレーダーは、どのアルトコインを購入し、いくら投資するかを選択することが非常に難しいと感じることがよくあります。そのような場合に役立つ可能性があるのが、シグナルです。シグナルは、まさにその言葉通りのものです。簡単に言えば、経験豊富なベテラン仮想通貨トレーダーからの取引アイデアを得ることで、特定の仮想通貨を特定の時間と価格で購入または売却することができます。

また、Bitcoin PrimeなどのBitcoin取引ロボットを使用して仮想通貨CFDを取引することも可能になります。Bitcoin取引ロボットを介した取引は、仮想通貨CFDの値動きに対して投機的に取引をすることになり、原資産の所有権を持つことはありません。

仮想通貨を購入するメリット

仮想通貨の始め方を学ぶ際に最も重要なことは、この不安定で投機的な資産があなたのポートフォリオに適しているかどうかです。

まだ決めかねている方のために、以下では、2023年に仮想通貨を購入する主なメリットについて説明していきます。

記念すべき上昇

仮想通貨がローンチされてからどれだけ成功したか例を挙げる前に、すべてのデジタル資産がうまくいったわけではないことにも目を向けることが必要です。それどころか、多くのトークンが大きな損失を出しています。

とはいえ、圧倒的多数の人々が仮想通貨資産の購入を検討する理由は、近年生み出された大きなリターンのためであることは言うまでもありません。

例えば、こんな感じです。

  • 2017年にBNBがローンチされたとき、トークン価格はわずか0.011ドルでした。
  • 2022年になると、BNBは530ドルの高値をつけました。
  • つまり、BNBの投資家は、わずか5年余りで48万%以上のリターンを得られていることになります。
  • つまり、もしBNBに1,000ドルだけでも投資していたのなら、現在480万ドル以上になっていたでしょう。

bnb

別の例では

  • 時価総額で世界第2位の仮想通貨であるEthereumは2015年にリリースされた当初は、約0.75ドルで取引されていました。
  • 2021年末には、Ethereumは4,900ドル弱の高値を記録しました。
  • つまり、わずか6年余りでEthereumの価値は653,000%以上成長したことになります。
  • このように、2015年に1,000ドルの初期投資をした場合、その後650万ドル以上に成長したことになります。

上記の例はほんの一例ですが、ここで重要なのは、仮想通貨をポートフォリオに追加することで、かなりのリターンを得られる可能性があるということです。もちろん、損をする可能性もあることを念頭に置いてください。

多様化

仮想通貨を始めるもう一つのメリットは、分散投資が実に容易であることです。これは、2つの重要な理由によるものです。

まず、前述したように、現在では17,000以上の取引可能なデジタル資産から選択することができます。そのため、1つまたは2つの仮想通貨に過剰にさらされるリスクを減らすために、トークンの大きなバスケットに投資することができます。

仮想通貨 始め方

第二に、すべての仮想通貨は小さな単位に分数化することができます。例えば、Ethereumのトークン1つに全額投資をする必要はないのです。その代わり、数ドル単位でも好きな金額を投資することができます。

この分散投資戦略は、少額投資に対応した仮想通貨ブローカーを利用する場合に特に効果的です。例えばOKXでは、1資産あたりわずか1,000円の最低投資額で、40種類以上のデジタル通貨に分散投資することができます。

供給制限

仮想通貨の中には、不変の数学的コードによって供給量が限られているものもありますが、すべてではありません。

例えば、Bitcoinの総供給量は2,100万トークンを超えることはなく、それは2140年までに実現すると予想されています。

  • このフレームワークは、仮想通貨が中央銀行や政府によって操作されないことを保証しています。
  • 例えば、COVID-19流行してから、アメリカの連邦準備制度は無もないところから何兆ドルもお金を刷っています。

供給量が限られている仮想通貨に投資するもう一つの利点は、有限の資産は通常、時間の経過とともに良好なパフォーマンスを示すということです。

金(ゴールド)はその典型的な例で、その有限特性により、需要が常に供給を上回ることが保証されています。

クロスカレンシー決済に最適

海外送金の経験がある方なら、特に受取人が新興国や第三世界の国にいる場合、その手続きに時間と費用がかかることをご存じでしょう。

  • しかし、仮想通貨は、基盤となるブロックチェーンが国や地域の境界によって制限されないため、この問題を解決します。
  • 例えば、XRPを買って送金する場合、送り手と受け手の場所に関係なく、5秒以内で処理することができるのです。
  • さらに、この取引でかかる手数料はわずか1セントです。

これらのメリットは、XRPに限ったことではなく、現在流通している他の多くのデジタル通貨にもあります。

インフレと株式市場の低迷に備えるために    

COVID関連の景気刺激策によって、現在世界各国が直面している最大の経済的影響の1つは、インフレ水準の急上昇です。

  • 簡単に言えば、モノやサービスの値段が上がることで、お金の価値が弱くなることを意味します。
  • インフレ率の上昇という現実的な脅威に対抗するため、一部の投資家はBitcoinのような資産に目を向けています。
  • 実際、Bitcoinをインフレ水準と比較した場合、前者はヘッジツールとして優れたパフォーマンスを発揮しています。

さらに、仮想通貨は株式市場全体に対するヘッジにも有効なツールになります。例えば、過去5年間、S&P500は90%近くも成長しました。しかし、Bitcoinは同期間に3,000%以上値上がりしています。

仮想通貨を始める時期

仮想通貨が不安定な資産であることを考慮すると、売買のタイミングを計ろうとしてしまうかもしれません。

しかし、先に述べたように、先の52週間で、Bitcoinは80%のボラティリティがあり、これは非常に大きなものといえます。

一方で、仮想通貨市場は変動が激しく予測不可能なため、正しいタイミングを計るのは容易なことではありません。

とはいえ、仮想通貨市場に最も有利なタイミングで参入するにあたって、実証済みの有効な戦略があります。

暴落時に購入する

仮想通貨市場のタイミングを計るための最初の戦略は、「暴落時に買う」ことです。これは、伝統的な株式取引業界で広く使われている戦略で、簡単に言うと、市場が暴落したときに仮想通貨を買うということです。

  • 例えば、2022年に向けて、Bitcoinの価格は約46,000ドルでした。
  • それからわずか10週間余りで、Bitcoinは19,000ドルの値をつけました。
  • つまり、この市場が落ち込んだ時に買うことで、Bitcoinを10週間前の価格と比較して60%という大幅なディスカウントで購入することができるのです。

ここでの重要なコンセプトは、ビギナートレーダーは仮想通貨の価格が下落すると恐怖とパニックに陥りますが、ベテラントレーダーはこれを、より多くのトークンを購入することで保有量を増やすチャンスと見なし、割引価格で購入できるというマインドを持っています。

底値で買うことができたら、その後1000倍になる仮想通貨も出てくるかもしれません。

btc jpy

ドルコスト平均法

少なくとも伝統的な株式市場においては、様々な研究者が、暴落時だけ買うことは長期的には有効な戦略ではないと主張しています。

その理由は、下落局面を買うだけでは、長期にわたる大きな価格変動に乗り遅れてしまうからです。そのようなことを考えると、代わりにドルコスト平均法という戦略を考えてみてはどうでしょうか。

主なコンセプトは、仮想通貨を一定額、一定間隔で購入する長期投資戦略に取り組むというものです。

例えば、こんな感じです。

  • 毎週金曜日に100ドルを仮想通貨に投資するとします。
  • つまり、金曜日には、異なる価格で仮想通貨を購入することになります。
  • 時間の経過とともに、購入価格は、平均化されていきます。
  • つまり、価格が下がっている時は、仮想通貨を安く購入することができるのです。
  • そして、価格が上昇している時は、単に仮想通貨を購入することになります。

ここで重要なのは、ドルコスト平均法では、市場のタイミングを計ろうとする必要性がなくなるということです。その代わり、体系的な投資を通じて、ゆっくりと、確実にポートフォリオを構築することができます。そうすることで、短期的な価格変動にほとんど関心を持たなくなるはずなのです。

プレセール以外で仮想通貨資産を購入する場所

仮想通貨をオンラインで始めるには、仮想通貨取引所に口座を持つ必要があるのは言うまでもありません。

仮想通貨を購入する場所を決定する場合、選択したプラットフォームの手数料が安いこと、希望の支払方法にマッチしていること、最低購入額が安いこと、規制に対応していることを確認する必要があります。MonacoinEverdomeJasmycoin、XRP、Ethereumのいずれを購入するにしても、ニーズと提供するサービスが一致する取引所またはブローカーを選択する必要があります。

以下では、仮想通貨を安全かつコスト効率よく購入できる一流のプラットフォームの一部をご紹介します。

1. OKX – 2022年に仮想通貨を購入できるおすすめの取引所

OKX Logo

これから仮想通貨取引を始めるにあたって、おすすめの仮想通貨取引所をお探しなら、一番のおすすめは「OKX」です

このページで分析したDecentraland、SushiSwap、Axie Infinity、Ethereum、Tamadoge、Sandboxなどの最高のメタバース関連仮想通貨に興味があれば、OKXは全てをカバーしています。このブローカーに口座を開くと、メタバースのコインを購入することができ、最小取引額はわずか1,000円からとなります。

100以上の国々にわたって2,000万人以上のユーザーを持つOKXは、世界最大の仮想通貨取引所の1つです。このOKXのレビューは、プラットフォームに特徴的ないくつかの機能があります。例えば、中央集権型および分散型交換、仮想通貨のローン、デジタル資産のマージン取引オプション等です。

さらに、OKXは350以上の仮想通貨資産を提供しており、スポット取引、先物契約、マージン取引、パーペチュアルスワップを利用することが可能です。投資家はOKXでビットコイン、イーサリアム、Cardanoやその他の一般的な仮想通貨を購入することができます。

okx_web3

注目すべきは、OKX CEXがカストディアン(投資家 に代わって 有価証券 の管理「カストディ 」を行う機関)として機能することです。つまり、すべてのフィアット通貨または仮想通貨が取引所の保管下にあることを意味します。銀行がフィアット通貨を保管するのと同様に、投資家はOKX CEXを信頼して資産と資金を安全に保管することができます。OKX CEXにより、投資家はビットコイン、イーサリアムおよび350以上の資産などの最高の仮想通貨を購入することができます。

OKX CEXにサインアップしてアカウントを作成すると、入金手数料なしで仮想通貨をフィアット通貨で直接購入することができるようになります。スポット取引とは別に、投資家は仮想通貨の先物取引(特定の資産をあらかじめ決められた価格で将来購入または売却する契約を表す)にアクセスすることもできます。

おすすめする理由:

  • 世界トップクラスのセキュリティ
  • 取引所で利用できる通貨の数が多い
  • 顧客から預かる暗号資産は100%コールドウォレットシステムで管理することで、スピーディな出庫・安全と利便性にも優れている
  • OKXのアカウントに対するすべてのアクセスには2段階認証を必要とするため、不正アクセスが起きにくい

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. Coinbase – 初心者が仮想通貨を始めるのに最適な場所

coinbase logo

Coinbaseはほとんどの地域で高額な手数料が必要となりますが、初心者におすすめの仮想通貨取引所の一つです。

この取引所は現在、7,000万人以上のクライアントにサービスを提供しており、シンプルで負荷の少ない投資プラットフォームであるためCoinbaseが選ばれています。実際、数分でアカウントを開設し、デビットカードやクレジットカードで即座に仮想通貨に投資することができます。つまり、数分でイーサリアムやその他の通貨、例えばXRPを購入することができます。

主な欠点は、すぐに始めることができますが、デビット/クレジットカードの取引は3.99%の手数料が発生すること点です。他のオプションとしては、ACH経由で資金を入金することです。この場合資金が入金されると、仮想通貨の購入を完了するために1.49%手数料だけで済みます。しかし、これでも他のおすすめの仮想通貨と比較すると、まだ高価であると考えられています。

coinbase japan

ポジティブな点に戻ると、Coinbaseは市場で最も安全な仮想通貨取引所の1つであるといえます。最強のセキュリティプロトコルにより、顧客のデジタル資金の大部分をコールドストレージに保管し、すべての新規顧客の身元を確認し、各アカウント保有者に2FA(2段階認証)の設定を要求します。さらに、Coinbaseには、24時間体制で働くセキュリティチームがあり、お客様のアカウントを安全に保つためにフル稼働しています。仮想通貨のステーキングやローンに興味があるのであれば、Coinbaseは2022年に検討すべきおすすめの仮想通貨イールドファーミングプラットフォームでもあります。

おすすめする理由:

  • ユーザーフレンドリーなモバイルアプリを提供
  • クレジットカードやデビットカード、PayPalを使って仮想通貨を購入することが可能
  • 素晴らしい教育コンテンツを提供
  • モバイルアプリで2段階認証を提供

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. Binance資産の多様性を実現するBitcoinの購入先として人気

binance logo

手数料が安い取引所をお探しなら、Binanceは仮想通貨を始める場所として最適です。

この人気のあるオンライン取引所では、ETH/BTCなどの仮想通貨ペアをわずか0.10%で取引することができます。つまり、合計100ドルで、手数料はわずか0.10ドルということです。

仮想通貨の購入を法定通貨で希望する場合は、追加の手数料が適用されます。例えば、ACHと銀行電信送金では手数料無料で処理されますが、最終的には0.5%の購入手数料を支払う必要があります。さらに、VISAやMasterCardでの入金を希望する場合は、この手数料にさらに4.5%が加算されます。

このウェブサイトからサインアップしたユーザーは、100ドルの Binanceボーナスを受け取ることができます。

その結果、これはBinanceをUSD等の法定通貨以外で仮想通貨を取引したい人にとっては割高となります。実際には、Binanceは単一の法域で規制されていないため、資金の安全性は十分であるとは言えません。Binanceアカウントにアクセスするには、メインのオンラインウェブサイトを使用するか、iOS / Androidアプリをダウンロードすることができます。

binance japan

Binanceは最大の仮想通貨取引所の一つで、以下のことが可能です。 Terra Luna、AAVEの購入、その他の新しいトレンドの仮想通貨を低額の取引手数料で購入できます。

仮想通貨だけでなく、Binanceでは NFTマーケットプレイスで 最高の購入すべきおすすめNFTに投資することもできます。それでも尚、Binanceに満足していない人のために、市場にはいくつか代わりの取引所が市場にあります。

おすすめする理由:

  • 取引可能な仮想通貨の種類が豊富
  • 低い取引手数料
  • 初心者から上級者まで対応できる取引プラットフォーム
  • 専用ステーキングサービス

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨を購入するリスク

さて、ここまで仮想通貨を購入するメリットについてお話ししてきましたが、次に考慮すべき主なリスクについてお話しします。

仮想通貨を購入する際の最も一般的なリスクは、以下の通りです。 

ボラティリティ

仮想通貨は非常に不安定であることは、この記事で何度か触れています。これは、投資の価値が非常に短い期間で大きな幅で上下する可能性があることを意味します。

例えば、2021年の年初にDogecoinを購入し、わずか7カ月後に売却していれば、投資額は10,000%以上値上がりしていたことになります。

一方、2021年7月にDogecoinを購入し、2022年の初めまで持ち続けたとしたら、75%以上の損失を被ることになります。

このように、仮想通貨を始める前には、価格の急激な変動に備える必要があります。

過飽和市場

仮想通貨の始め方を学ぶ際に考慮しなければならない次のリスクは、この市場が今や飽和状態にあることです。

前述の通り、CoinMarketCapには17,000以上の仮想通貨が掲載されており、さらにまだ追加されていない仮想通貨もあります。

つまり、上位100位までのプロジェクト以外は、仮想通貨市場は極めて細分化されているのです。簡単に言えば、市場に投入される資金の総量が、膨大な数のトークンに分散されているということです。

そのため、この分野での競争の激しさを考えると、選択した仮想通貨がインパクトを与えるのには多少苦労するかもしれません。

ハッキングとセキュリティ

もう一つの大きなリスクは、過去数年の間に、数十億ドル相当のデジタル資産が仮想通貨取引所から盗まれたことです。これらの取引所に資金を預けていた場合、トークンを盗まれ、途方に暮れている可能性があります。

そのため、無許可のプラットフォームには近づかず、規制された取引所やブローカー(その数は非常に少ない)からしか仮想通貨を購入しないことが極めて重要です。さらに、仮想通貨トークンをプライベートウォレットに保管する場合、さらなるリスクが発生します。

秘密鍵を紛失し、リカバリーパスフレーズでウォレットをバックアップしない場合、資金は永久に失われてしまうことになります。さらに、仮想通貨ウォレットがハッキングされた場合も、資金が失われることになります。

仮想通貨を始める方法

次に、デジタル資産投資について学ぶ際に考慮すべきは、仮想通貨の買い方の多さです。

これは、仮想通貨の購入資金を調達するために使用する特定の支払方法の多さを意味します。

2023年に仮想通貨を始めるのに最適な方法は、以下の通りです。

okx register

Paypalで仮想通貨を購入する

オンライン取引所やブローカーを通してPaypalで仮想通貨を購入することができます。ほとんどの場合、Paypalは、ユーザーにチャージバックの権利(クレジットカードで商品を購入した人が、不正利用もしくは取引内容に納得がいかない、などといった理由から、利用代金の支払いに同意せず、クレジットカード会社に注文取消を要求すること)を提供しています。

これはもちろん、取引所やブローカーにとって大きなリスクであり、そのため手数料は一般的に高くなります。とはいえ、日本円で入金している場合、OKXではPaypalで仮想通貨を手数料無料で購入することができます。

代替通貨を使用している場合は、単に手数料を支払うことになります。

クレジットカードやデビットカードで仮想通貨を購入する

仮想通貨をオンラインで購入する最も良い方法は、デビットカードまたはクレジットカードを使用することです。これは、通常、購入が即座に完了するためです。

例えば、OKXでデビットカードを使って仮想通貨を購入すると、即時入金というメリットがあるだけでなく、JPYの支払いは手数料が無料になります。

クレジットカードの場合も同様ですが、発行元によって割増料金が発生する場合がありますので、ご自身でご確認ください。

NetellerやSkrillで仮想通貨を購入する

仮想通貨をオンラインで購入するもう一つの方法は、NetellerやSkrillなどのeウォレットを使用することです。OKXでは、これらの人気のあるeウォレットを低い手数料で利用することができます。また、日本円で口座に入金する場合は、この手数料は免除されます。

銀行振込で仮想通貨を購入する

多くの取引所やブローカーは、銀行振込で仮想通貨を購入することができます。

例えば、ACH(アメリカの送金ネットワークの1つ)を介して資金を入金することができます。とはいえ、トランザクションが到着するまでに数日かかる場合があります。また、いくつかのプラットフォームは、手数料を請求されることもあります。

仮想通貨を安全に始めるには

この記事の最も重要な部分は、仮想通貨を購入する際の安全性の側面です。規制されていないプラットフォームを利用しないという点だけでなく、トークンをどのように保存するつもりかという点です。

これを踏まえて、以下、仮想通貨を安全に始めるための基礎知識を解説します。

評判の良い仮想通貨取引所

仮想通貨を評判の良い取引所から購入する場合、信頼できるプロバイダーを使用していると言っても良いでしょう。

2017年に設立されたOKXは、ブロックチェーン技術を採用し、次世代の金融エコシステムを構築するセーシェル共和国に拠点を置く仮想通貨取引所です。OKXは、何百もの多様な暗号資産に対して最新の取引サービスを提供しています。

OKXのサポーターには、サッカー監督のジョゼップ・グアルディオラ、F1ドライバーのダニエル・リカルド、スノーボーダーのスコッティ・ジェームスなどがいます

.

もう一つは、Binanceです。Binanceは取引量と登録ユーザー数で最大の仮想通貨取引所ですが、このプラットフォームは現在、必要な認可を受けずに運営しているとして、多くの国の規制機関によって調査を受けています。

ピアツーピア・トレードを避ける

仮想通貨をピアツーピアで購入したいと思われるかもしれません。これは、中央集権的な取引所を経由するのではなく、選択したデジタル通貨を販売者から直接購入することを意味します。

ピアツーピアの仮想通貨取引は、特に購入者にとって非常にリスクが高いといえます。トークンを受け取る前に購入代金を支払う必要があるため、ピアツーピアのウェブサイトから仮想通貨を購入するべきではありません。

手数料の確認

仮想通貨を安全に購入する方法を学ぶ際にもう一つ考慮すべきことは、支払う手数料をしっかりと理解することです。

  • 一例として、現在、世界中に数千台のBitcoinATMが点在しています。
  • これらは、Bitcoinを現金と交換したい一般消費者を対象にしています。
  • しかし、BitcoinATMの手数料は平均10~20%と高額であるため、購入者にはあまり知られていません。
  • 手数料はパーセンテージで表示されないことが多いといえます。
  • 投資しようとしている金額に対して、何BTCトークンを受け取れるかが表示されます。

仮想通貨の価格に関する知識がない人にとっては、これは認識しにくいかもしれません。

一方、OKXのようなおすすめの仮想通貨取引所から仮想通貨を購入する場合、そのプラットフォームが請求する手数料に透明性があることを確信することができます。

仮想通貨ウォレット

仮想通貨を安全に保管する方法として、一般的に2つの選択肢があります。まず、多くの投資家は、携帯電話やデスクトップデバイスのプライベートウォレットにトークンを引き出すことを考えます。

これらのプライベートウォレットは通常、管理型といわれます。つまり、トークンを安全に保管する責任は100%保有者にあるのです。

そして、オンラインブローカーや取引所が通常提供している管理型ウォレットがあります。ただし、無認可の取引所を信頼してトークンを預けることは良い考えとは言えません。

しかし、OKX、Coinbase、Geminiなどの規制されたブローカーを使用することで、プラットフォームが仮想通貨を安全に保つための様々な機関レベルのセキュリティツールを備えていることを保証することができます。

仮想通貨ウォレット

仮想通貨の買い方 – Dash 2 Trade チュートリアル

この仮想通貨購入の究極ガイドでは、投資を始める前に考慮すべき指標を一つ一つ取り上げています。

  • もし、リスクを考慮し、どのデジタル資産に興味があるかを決めたのであれば、これからプレセールプロジェクトDash 2 Tradeを購入するためのステップを順を追って説明します。
  • 仮想通貨のプレセールは、エントリーポイントが比較的低く、より確立されてしまっているトークンよりも成長する余地があるため、より高いリターンを享受できる可能性があります。

購入に必要な手順は、次のとおりです。

ステップ1:仮想通貨ウォレットをダウンロードする

D2Tトークンはフィアット通貨で購入できないため、投資家はまず仮想通貨ウォレットが必要となります。デスクトップではMetaMaskを、モバイルではTrust Walletをお勧めします。

trustwallet.com

その後、Dash 2 Tradeのウェブサイトにアクセスし、「Connect」を選択します。

ステップ2 – ETHを取得する

Dash 2 TradeトークンはUSDTまたはETHで購入できますが、ETHの方が圧倒的に簡単です。

ウェブサイトに接続した後、「カードでETHを購入」を選択します。すると信頼できるオンランピングパートナーであるTransakを使って、自分のウォレットで直接ETHを購入することができるようになります。

jpyeth

購入したい金額を入力し、ステップを完了させてください。

または、取引所でETHやUSDTを購入し、慎重にウォレットに送金してください。

ステップ3 – D2Tトークンを購入する

ウォレットにETHがある場合、「ETHで購入」を選択します。あとは、画面の指示に従って、購入したいトークンの量を入力するだけです。

なお、選択後にEthereumの取引(手数料)が発生するため、投資家はその分の余裕をみておく必要があります。

その後は、手順に従い、「終了」をクリックします。

ステップ4 – D2Tトークンを請求する

Dash 2 Trade トークンは、プレセールが完全に終了するまで、ユーザーのウォレットには表示されません。

これらはDash 2 Tradeのウェブサイトに保存され、そこで閲覧することができます。

プレセール終了後、Dash 2 Tradeチームから詳細と請求日が発表される予定です。

まとめ

仮想通貨をオンラインで売買する方法に関するこの初心者向けガイドは、安全に投資の旅を始めるために知っておく必要があるすべての情報をカバーしています。

ポートフォリオに加える仮想通貨と、口座を開設する予定の仮想通貨取引所の両方について、事前に十分な調査を行うことが重要です。

また、取引所に登録したあとは、仮想通貨の種類の選定も必要です。非常に多くの種類が存在するので、事前に知識をつけてから購入すると良いでしょう。

高いリターンを得るためにおすすめの仮想通貨は、新しいプレセールプロジェクトです。これらは比較的エントリーポイントが低く、より成長する余地が大きいものです。私たちは、Dash 2 Tradeを新しい仮想通貨のプレセールのトップとして紹介していますが、IMPTCalvariaも考慮に入れても良いでしょう。

仮想通貨 将来性の魅力を信じ、これらの情報が気に入った方は、ICO 仮想通貨を列挙している当サイトの仮想通貨 上場予定 一覧を合わせて確認することをお勧めします。

ダッシュ 2 トレード - 次の 100x 暗号

OUR RATING

dash2trade logo
  • アーリー アクセス プレセール ライブ中
  • 暗号分析エコシステムを強化
  • 確かな証拠監査済み、CoinSniper KYC 検証済み
  • 70,000+ メンバーのトレーディング コミュニティ
dash2trade logo

仮想通貨を始めるにあたってよくある質問

仮想通貨を始めるにはどうしたらいい?

仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所は?

仮想通貨は良い投資なのか?

今、買うべきおすすめの仮想通貨は何?

多くの投資家は、Bitcoinに固執します。しかし、購入できる他の仮想通貨は何千もあり、その多くはBTCよりも高い上昇の余地を持つ可能性があります。Dash 2 Trade、IMPT、Calvaria などの仮想通貨のプレセールは、はるかに高いリターンの可能性を提供します。[/Q5]最も安く買える仮想通貨は?[/Q5]

仮想通貨を購入するのに最適な銘柄は何?

仮想通貨を無料で購入できるのはどこ?

仮想通貨を購入するのに最適なアプリは何?