カルダノのネイティブ仮想通貨はエイダコイン(ADA)の時価総額は270億ドルです。アロンゾフォークと呼ばれる2021年のアップグレードの後、エイダコインは現在、スマートコントラクト、DApp、NFTのホストとして強力なイーサリアムと互角の競争を繰り広げています。日本国内からエイダコインを購入する方法を知りたい方は初心者の方も含めては、ぜひ読み進めてください!

この記事では、エイダコイン(ADA)を低手数料で入手できる4つのトップ仮想通貨取引所を紹介し、エイダコインの購入方法をくわしく取り上げます。さらに、エイダコインがどのように機能し、優れた暗号投資をする方法を詳しく説明します。

エイダコインの購入方法―5ステップ

  1. 仮想通貨取引所の口座を開設:エイダコインを取り扱っているトップクラスの暗号資産取引所へアクセス
  2. 本人確認認証:仮想通貨取引所は本人確認(KYC)の承認を義務付けており、本人認証のための書類を送信して認証を実施
  3. 購入のために資金入金:ウォレットや銀行振込、クレジットカードで入金
  4. 取引所サイトで検索:検索欄に「ADA」を入力してサーチ
  5. ADA購入:支払い方法と購入数量を選択

口座の開設はとても簡単に完了することができます。本人確認については免許証やパスポートなどの身分証明書、住所が確認できる書類などを写真に撮り、データ送信し、数日間内で承認されます。

エイダコインの買い方〜日本で購入できる場所

エイダコインを購入できる仮想通貨取引所やブローカーは数多くありますが、厳選した以下のリストを参考になさってください。

1.OKX:取引額、取引通貨数、取引方法がトップクラス

日本でエイダコイン(ADA)を購入する場合、仮想通貨取引所を選びますが、その中の一つOKX取引所で購入することができます。

数多くある仮想通貨取引所の中でOKXをおすすめする理由はまず、取引量で世界2位を誇るその規模の大きさです。

また扱っている仮想通貨数は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)はもちろん、300を超えて暗号資産取引を行っています。

OKXは2017年に設立された仮想通貨取引所で当時の名前はOKEX(オーケーイーエックス)でしたが、2022年に拠点をマルタに移し、取引所もOKXに正式変更しました。取引方法は現物取引、レバレッジ、先物取引、オプション取引、パーペチュアルスワップを取り揃えています。

OKXの取引手数料は、レギュラーユーザーとVIPユーザーで異なり、OKXのオリジナルトークンOKBの保有量や30日間の取引量などによって変わってきます。入金の際の手数料はありませんが、出金の際はこの料金をガス代と呼びマイナーに報酬と支払うために手数料がかかります。

レギュラーユーザーの場合

取引手数料(現物)

  • メイカー手数料:0.060%(2,000 OKB以上保有、アセット$100,000以下、30日間取引額$10,000,000以下)
  • テイカー手数料:0.080%(2,000 OKB以上保有、アセット$100,000以下、30日間取引額$10,000,000以下)

OKBの保有がなくても手数料は低めな設定になっています。

メリット

  • OKBの評価の高い点はどの時間帯においても取引が活発で、板取引がしやすい
  • 取引方法の種類(現物取引、レバレッジ取引、先物取引、パーペチュアルスワップ、オプション取引)が多い
  • 取引通貨数(300以上)が豊富に揃っている

デメリット

  • 日本語サポートの対応が整っていない

初心者向けの買い方としてはOKXはエイダコイン(ADA)を買いやすく、経験豊富なトレーダーでも簡単にあるとコインを購入して取引をはじめることができます。サイトは日本語表記がありませんが、以下のステップガイドからもわかるとおり、いたって簡単に登録ができ、使いやすく、取引もすぐに開始することができます。

スマートフォンアプリが利便性と使いやすさで優れているので、時間や場所に縛られることなくすぐに取引ができます。セキュリティにおいては2段階認証設定が備わっているので安心です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. Crypto.com仮想通貨取引所:オリジナルデビットカードで最速入金が可能

Crypto.comは取扱高で上位10位に入るシンガポールに拠点を持つ仮想通貨取引所で、世界で7,000万人の個人顧客が取引を行っています。2016年に創設されたCrypto.comは、資金やデータ、個人情報を保有者が管理することが基本的な権利だとし、もともと「Monaco」が取引所名でしたが、未来型ネットの「ウェブ3.0(分散型ウェブ)」の世界構築に取り組んでおり、250以上のアルトコインを取り扱っているほか、Crypto.comを利用するメリットの一つは、他のデジタル通貨市場に容易に分散投資をすることができる点です。

中でも、クリプト・アーン(Crypt Earn)は、取引所に仮想通貨を預けることで金利を獲得できるサービスで金利を得ることができ、貯蓄用の口座を設けることができます。金利は銘柄や数量、期間によって変わってきますが、11月現在、エイダコインの場合、1,000ドルの保有で5%のAPR(年率利回り)が5%となっています。高い利回りを得るには、Crypto.comのネイティブトークンCROの最低数を保有し、預金期間を3か月に設定します。

Crypto.comでは、所持するトークン、金額、CROトークンの保有量、預け期間によって報酬レートを簡単に計算できるページがあります。また、スマホ専用アプリをiOSとアンドロイド両方に装備しており、年会費が不要のデビットカード「MCO Visa Card」も発行している利便性の高い仮想通貨取引所です。また、サイバーセキュリティおよび個人情報の扱いに尽力しており、情報セキュリティマネジメント規格の認証ややクレジットカードの安全基準で最高評価を得ているため、利用者は安心して取引をすることができる。

11月13日には、32万のイーサリアムを別の取引所へ誤って取引処理をした報道があったものの、YouTubeのライブストリーミングで質疑の機会を設けたCEOのクリス・マルスツァレクは、同取引所で保有するすべてのコインに見合う準備金を常に維持している旨を説明、監査済み準備金証明報告書を数週間以内に公表すると発表しています。

Crypto.comはサイバーセキュリティや個人情報などの扱いなどコンプライアンスに注意を払い、貯蓄用口座が開設できるなどのサービスを常に、利用者目線から提供しています。またプロスポーツチームや慈善団体などとパートナーシップを結び社会活動にも積極的に参加し、常に前進しつづける仮想通貨取引所です。

メリット

  • 仮想通貨ステーキングが貯蓄用口座でできる
  • サイバーセキュリティと個人情報扱いに尽力
  • オリジナルデビットカードで迅速入金が可能

デメリット

  • 日本語情報が少ない
  • 運営やコンプライアンスに不安
  • 少額取引の取引手数料が高い

Crypto.comはサイバーセキュリティや個人情報などの扱いなどコンプライアンスに注意を払い、貯蓄用口座が開設できるなどのサービスを常に、利用者目線から提供しています。またプロスポーツチームや慈善団体などとパートナーシップを結び社会活動にも積極的に参加し、常に前進しつづける仮想通貨取引所です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. バイナンス(Binance)仮想通貨取引所:銀行振込や銀行カードで購入が可能に

binance japan

バイナンス仮想通貨取引所は2017年に香港で設立され、取引通貨数は300を超えており、世界で1億人のユーザーを抱え、仮想通貨業界で最大のプラットフォームとして知られています。

銀行送金で入金する際は、日本円での入金はできないため、ユーロで銀行振替(SEPA)かオンライン銀行(Giropay)、銀行カードを使う必要があります。SEPAの場合1〜3営業日で手数料は無料、Giropayの場合2〜3時間で手数料は1.5%、銀行カードの場合は1.8%の手数料がかかります。また、クレジットカードやデビットカード、もしくは仮想通貨を入金するのが一般的になっています。

バイナンスでは入金前に口座を作っておく必要がありますが、会員登録には本人確認のため、身分証明証書が必要になり、2段階認証でSMSメッセージもしくはGoogle 認証アプリをスマホでダウンロードし、そこでバイナンスのコードを得て認証ページに入力する必要があります。

メリット

  • 低い取引手数料
  • 日本クレジットカードでADAを即座に購入する
  • バイナンス保険基金
  • 無料の仮想通貨ウォレット
  • 幅広い取引方法と資金調達オプション

デメリット

  • 金融庁の仮想通貨交換業者リストに登録されていない
  • 日本円入金ができない

binance logo

プライベートウォレットに仮想通貨を保管している場合は、ウォレットからバイナンスに資金を入金し、一般ユーザー枠の場合、0.1%の取引料でエイダコインと交換することができます。バイナンスは取引数の多さや手数料が安いのが大きな特徴としており、イタリア、フランス、スペインやニュージーランドでは仮想通貨ライセンスを取得しているものの、日本の金融庁仮想通貨交換業リストには登録されておらず、その安全性を危惧する人が多いのも事実です。

そのため、セキュリティ面においては二段階認証設定を取り入れ、「トロイの木馬」などウイルス対策やなりすましのメールやフィッシング攻撃の対策情報を日本語で掲載しており、安全性注意の喚起を呼びかけ、SAFU機能を取り入れて取引手数料から資金を回収するリザーブポットで、ハッキングが起こった場合、リザーブポットから口座保有者に返済される仕組みをとっています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. Coinbase(コインベース)仮想通貨取引所:初心者にもわかりやすく購入できる

アメリカ・サンフランシスコに本拠地を置くコインベース仮想通貨取引所は2012年に設立された老舗取引所で、日本では2021年にサービスを開始しました。二段階認証などセキュリティ対策も徹底しており、安全面でも信頼の高い取引所で、初心者にもわかりやすくエイダコインを購入し取引できるよう運営されています。また、ハッキングが起こった場合にもコインベースに保管している仮想通貨は全額保証されているため、安全性の高さで優れています。金融庁にも仮想通貨交換業として登録されています。

コインベースでの口座開設には本人確認が必要になるため、パスポートや運転免許証などの身分証明書の画像をアップロードする必要があります。本人確認が認証され、口座が開設されると銀行口座の登録を行い、エイダコインなどの仮想通貨の購入、そして取引が可能になります。

日本円ウォレットと仮想通貨ウォレットを無料で提供しており、日本の銀行口座からの入金が簡単に行うことができますが、手数料の高さに注意が必要で、取引回数が増えていくにつれて手数料の負担も大きくなります。暗号資産の購入・売却に最大で2%の手数料がかかります。さらに、日本円に出金する際にも、無料で提供する銀行が一行ありますが、3万円未満の出金の場合、110〜135円、3万円以上の出金の場合、135〜330円の手数料がかかります。

コインベースはNASDAQ上場企業で、厳しい監査の下運営を続けているため、安全面、信頼性においてトップレベルの仮想通貨取引所と言えます。また顧客の仮想通貨の98%をオフラインで保管するコールドウォレットを使用していることからセキュリティの高さも窺えます。

コインベースには教育リソースが容易され、学習モジュールの完了で仮想通貨を獲得できるプログラムもあり、初心者にも適しています。エイダコインをはじめ、取引通貨は174を超え、初心者も上級トレーダーもコインベースの百科事典データベースから1万種を超える仮想通貨の概要を閲覧することができます。

メリット

  • 日本の銀行口座から振込でエイダコインを購入できる
  • 無料のコインベース仮想通貨ウォレット
  • 170を超える取引通貨
  • 無料学習プログラム

デメリット

  • 料金体系が少し複雑
  • 手数料が高い

仮想通貨初心者でこれからエイダコインの購入を検討している人はもちろん、安全性を何よりも重視する投資家には、完全な日本語対応が備わっているコインベースでエイダコインを購入するメリットがあります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

エイダコインとは?

エイダコイン(ADA)はカルダノのネイティブコインで2017年に設立され、proof of stake(プルーフオブステーク)のブロックチェーンを採用しており、1日に10億ドルのエイダコインが取引されています。

創設者のチャールズ・ホスキンソン氏は元イーサリアムネットワークの開発者で、16世紀のイタリア・ルネサンスの数学者ジェロラモ・カルダーノにちなんでこのブロックチェーンを命名しています。ネイティブコインのエイダコインは、19世紀の数学者エイダ・ラブレスにちなんで付けられています。

ブロックチェーンは、承認アルゴリズムにウロボロスプロトコルを使用しているproof of stakeブロックチェーンです。ウロボロスによって大量の電力を節約でき環境にやさしいだけでなく、より高い安全性が確保されるとされています。

エイダコインはproof of work からproof of stake にアップグレードしたイーサリアム同様、時代の先端を行き、2021年9月のアロンゾフォークの導入でイーサリアムのスマートコントラクト機能も提供しています。

時価総額 380億ドル(約5兆2,148億円)
1日の取引量 約10億ドル(約1,372億円)
仮想通貨通貨 エイダコイン
ADA最大供給量 450億
ADA循環供給量 337.5億

エイダコインは良い投資なのか?

エイダコインには将来性に関連するいくつかのポイントがあります。

・2022年内のアップグレードでハードフォークが行われる

・DeFi分野で成長

・企業や大学、政府機関との提携

また、経験豊かな投資家は同時に多くの新しい仮想通貨を購入することで分散投資しリスクも軽減できます。イーサリアムがエイダコインのライバルであることを考えると、イーサリアムも購入することによって、どちらか一方の価値が下がっても、もう一方が上昇して損失を避けることができます。

エイダコインは、HODL(長期的に買い持ち)する準備をして堅実な投資となる可能性は高いと言えます。

エイダコインを安値で購入する

エイダコインの価格は現在、0.3178ドルですが、これほど安かったのは2021年1月以来で、その後9月のピークに達しています。いまエイダコインを購入した場合、ピーク時とは大きな差額で購入でき、これが安値のディップで購入していることになるかもしれません。

エイダコインは優れたトケノミクス

エイダコインの供給量は450億に制限されています。ビットコインの最大供給量である2,100と比べると、断然供給量が多いと思われます。しかし、投資家にとっては供給量の多さは良い条件ともいえます。需要と供給の経済メカニズムのおかげで、コインの供給があることによってエイダコインの価格が損なわれることはないことになります。

法定通貨においてデフレの問題に対し、政府は状況から抜け出すためにより多くの紙幣を刷り、その結果は徐々に価値が下がりました。エイダコインにはこうした問題は起こりません。

エイダコイン対イーサリアム

現在2位の仮想通貨であるイーサリアムの動向は長期投資家にとって重要です。エイダコインとイーサリアムはともに同じ目的を持っているためで、その目的はスマートコントラクトです。そのためDapps(分散型アプリ)をサポートするブロックチェーンを提供することになります。

・エイダコインはすでに環境にやさしいproof of stake モデルを使用していますが、イーサリアムは段階的に導入しています。

・スマートコントラクトに関しては、イーサリアムのシステムはエイダコインのものよりも信頼性が高いとされています。しかし、エイダコインは2021年にスマートコントラクトのプログラム提供を開始したばかりであるため、イーサリアムには現在、はるかに多くのスマートコントラクトが登録されています。

・トランザクション速度については、エイダコインはわずかに勝っています。エイダコインのブロックチェーンは、イーサリアムの12-5TPSに対して毎秒257トランザクションを処理することができます。しかし、イーサリアムの現在のアップグレードでは約10万のTPS機能が備わっています。しかしこのハイパーパフォーマンスが実現するかはまだわかりません。

企業や機関パートナー

エイダコインのカルダノはきちんと組織化され、主に3つのパートナー組織に分けられています。

カルダノ財団

この独立団体はスイスに拠点を置き、エイダコインのブロックチェーンの開発のためのガバナンスと倫理基準を設定しています。

IOHK

イーサリアムの共同創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏によって設立されたこのエンジニアリング会社は、エイダコインのブロックチェーン設計と運営を担っています。同社は根拠に基づく製品開発に重点を置き、ピア認証方法を多く取り入れています。それが、エイダコインのウロボロスブロックチェーンプロトコルです。

EMURGO

EMURGOはエイダコインのブロックチェーンが実際の世界で多くの取引を獲得することを保証するための企業です。

確かな未来へのプラン

仮想通貨によっては、コインは気まぐれに誕生し、その後は開発者にも野放しになっているという印象を持ちやすいものです。一方、エイダコインは仮想通貨の中でも独自のブロックチェーンを持ち、献身的な科学者が体系的に組織を構築している仮想通貨です。

仮想通貨によっては、コインは気まぐれに誕生し、その後は開発者にも野放しになっているという印象を持ちやすいものです。一方、エイダコインは仮想通貨の中でも独自のブロックチェーンを持ち、献身的な科学者が体系的に組織を構築している仮想通貨です。

2017年の販売開始以来、エイダコインはブロックチェーン開発のために5つの時代設定を計画しています。

1.バイロン期(2017〜2020):設立

Proof of stakeのウロボロス構築

2. シェリー期(2020〜2021):分散化

1,000のステーキングプールをとおしてエイダコイン保有者をブロックチェーンに統合

3. ゴーグエン期(2021〜2022):スマートコントラクト

スマートコントラクト導入

4. バショー期(?〜?):スケーリング

サイドチェーンを使ったカルダノブロックチェーンのスケーリング

5. ボルテール期(?〜?):ガバナンス

完全分散化に向けた最終段階

エイダコインは、様々な農業や教育プロジェクトの台帳としてすでに実際の世界で使用されています。

  • エイダコインは、2017年後半に026ドル弱の価格で仮想通貨取引所で取引されました。
  • その4年後、エイダコインの価格は11,800%以上も上昇し、その月の後半に月のアロンゾ・フォークの導入を見越して、2021年9月2日に史上最高値の101ドルを記録、カルダノの創設者であるホスキンソンによって開発されたフォークは、エイダコインにスマートコントラクトをもたらし、DAppを使用してNFTの作成機能が備わりました。
  • それ以降、エイダコインの価格は着実に下落し、2021年12月11日に79ドルという12か月ぶりの安値を付けました。
  • その後、価格は4か月以内に50%上昇し、2022年4月4日に212ドルの2022年の最高値を記録しました。それ以来、エイダコインの価格は、他の仮想通貨とともに下落しています。

エイダコイン価格予測

最近の修正後エイダコインの価格はかなり過小評価されている可能性があり、いまエイダコインを購入する場合、いいタイミングにあると言えます。

エイダコインの価格は0.79ドル前後のサポートラインとなり、2022年3月第二週にこのレベルから上昇し、現在もさらに上昇しています。

エイダコインの価格に影響を与える二つの基本的な要因に、ウクライナ侵攻と2021年のアロンゾ・フォークの影響があります。

短期的には、ウクライナ侵攻が集結すれば、仮想通貨市場全体が上昇する可能性があります。このような状況下では、エイダコインの現実的な2022年の目標価格は1.50ドルと予測されます。

長期的には、開発者がアロンゾ・フォークによってエイダコインの新たな活力が生かされ、継続的な上昇が見られる可能性があります。

このような状況下で、2025年のエイダコインの現実的な目標価格は、史上最高値である3.10ドルに挑戦することでしょう。これはライバルのスマートコントラクト・プロバイダーであるイーサリアムが実施中のアップグレードで問題が発生した場合、このシナリオは特に起こり得る状況です。

エイダコインのOKXでの買い方

クレジットカードもしくは銀行振込でエイダコインを買うにはOKXがおすすめです。クリプト・ドットコム、バイナンスの仮想通貨取引所でもクレジットカードで購入ができます。コインベースでは日本の銀行口座から振込で購入することができます。

ここではOKXでの購入方法について説明します。

1. 口座開設をメールアドレスもしくは電話番号で登録し、電話番号を入力する際は+国番号(81)、はじめのゼロを抜かした電話番号を入力します。例)090-1234-****の番号の場合は+81901234****となります。

2. 口座のためのパスワードを8文字以上のアルファベット(小文字、大文字ともに少なくとも1文字以上)と1数字、1特殊シンボル(?や%など)などすべて半角で入力します。

okx register

3. メールもしくはスマホのショートメールに届いた6ケタのコードを入力します。

4. 仮想通貨を購入する場合は「Buy crypto」を、仮想通貨を入金する場合は「Deposit crypto」をクリックします。ここでは購入する方を押します。

buy eth

5. 購入する場合、日本円とエイダコイン(ADA)の組み合わせをドロップダウンメニューで選択します。支払い方法にはクレジットカードやApple Payなど100種類以上があります。日本円の購入金額を入力すると自動的にADAの数量が出てきます。その後、支払いページで決済を済ませます。

6. クレジットカードで買う場合、たとえば5,000円分のエイダコインをクレジットカードで購入する場合、手数料は99.5円になります。

7. この後、追加個人情報を登録します。

8. 最後にクレジットカード情報を入力し、エイダコイン購入数量(もしくは日本円金額)を入力して購入します。

OKXへ仮想通貨で入金する方法

1.トップメニューの「Assets」から入金「Deposit」を選択します。

2. 入金する仮想通貨をプルダウンから選択し、仮想通貨のチェーンを選択します。

3. 入金先アドレスがQRコードもしくはコードで表示されます。

4. この入金アドレスを送金側のウォレットなどにコピー&ペーストして、金額を送金します。

OKXから出金する方法

まず二段階認証設定をして出金準備をします。

1. トップメニューのアカウントメニューから「Security」を選択します

2. 二段階認証(2FA)の設定を選択し、「Send code」で携帯にコードが送られてきたら入力します。

3. 一番上の項目の認証アプリ「Authenticator app」の「Set」をクリックすると認証アプリのQRコードが表示されます。

ショートメールもしくはメールの6桁コードを入力して二段階認証完了します。

エイダコインを売却する場所は?

どこでエイダコインを購入するかを決定したら、売却する場所も知っておく必要があります。

エイダコインを購入した仮想通貨取引所が、あなたの仮想通貨アセットからエイダコインを買い取ってもらえます。特に初心者にとって、ネット上で購入者を探すのはとてもハードルが高く見えるものです。

まとめ

エイダコインは、仮想通貨の機能や性能を向上させる決意をしたリーダーシップのビジョンを持ったブロックチェーンです。2021年のアロンゾ・フォークの導入はエイダコインをいつの日か、時価総額でイーサリアムを超える可能性のある「イーサリアムキラー」候補として台頭しました。現在では時価総額で9番目に規模の大きな仮想通貨として資産化の人気を集めています。この記事ではエイダコインを購入することのできる取引所のレビューを含めて紹介しました。

よくある質問

エイダコインは日本のどこで購入できますか?

エイダコインがおすすめなのはどうしてですか?

バイナンスでエイダコインを取得するにいはどうすればよいですか?

コインベースでエイダコインを購入することは可能ですか?

エイダコインをステーキングできますか?