自宅でビットコインを購入するのにかかる時間は、わずか10分程度。 必要なことと言えば、規制されている、または運営状況が良好なビットコインブローカーで口座を開設し、資金を入金し購入するだけです。ビットコイン 購入方法ビットコイン始め方でお悩みの方は、この記事を読んでスッキリして下さいね。ビットコインの買い方はとてもシンプルで、簡単な手順を踏むだけです。

ビットコインの購入が全く初めての方は、このガイドで安全、かつコスパの良い方法でビットコインを購入する手段をご紹介します。ビット コイン 購入に迷っている方、ビットコイン初心者の方、もちろん、ビット コイン いくら から 買えるか知りたい方も、ぜひ、参考にしてみて下さい。

ビットコインを簡単・安全に購入する方法

この早わかりガイドでは、今すぐ日本でビットコインを購入できる方法を紹介します。このチュートリアルでは10ドルという低コストのビットコイン購入をサポートするVFA規制のブローカーでCrypto.comを使って、購買までのステップを説明します。ビットコイン 買うには簡単なビットコイン購入ステップを踏むだけです。ビットコイン やり方 超初心者でもご安心下さい。

  • ✅ステップ1 – crypto.comのアカウントを登録する – まず、「今すぐ参加」ボタンをクリックしてCrypto.comのアカウントを開設し、必要な箇所に個人情報を入力してください。
  • 🏠ステップ2 – 入金 – Crypto.comでは最低入金額を設けておらず、手数料無料で入金することができます。但し、日本円での入金を受け付けていないため、国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入して、それを利用して入金するカタチになります。もちろん、米ドルをお持ちの方は、米ドルでの入金が可能です。
  • 🏣ビットコインの検索 – 検索ボックスに「Bitcoin」と入力し、「取引」ボタンをクリックして最後のステップに進みます。
  • 🛒ステップ4 – ビットコインを購入 – ビットコインに投資する合計金額を入力し、「Open Trade」をクリックします。 注文確認した後、現金残高が引き落とされ、購入済のBitcoinトークンをポートフォリオに追加されます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ビットコインをどこで買う?

ビットコインをオンラインで購入する場合「インスタント支払い」をサポートしている暗号通貨取引所がいくつかあることに気づきます。これは長期的な暗号投資をお考えの方が資金を調達する際に、お好みの支払い方法を選択できるものです。

しかし、これらの取引所では「手数料」というものが発生するため、あらかじめ確認しておく必要があります。また、信頼ある機関に規制されているかもチェックしおきましょう。

今日ビットコインを購入する場所を決定するなら、以下でご紹介する5つのプラットフォームを検討してみてはいかがでしょうか?ビット コイン やり方 超 初心者でも自信をもって取引所を選んでみましょう。bitcoin 購入bitcoin 始め方をマスターすれば、仮想通貨への興味も倍増するはずです。

1. Crypto.comー2022年、総合的にビットコインを購入するのに最適な取引所

crypto.com logoCrypto.com(クリプト・ドット。コム)はモナコのCEOであるKris Marszalekが2017年に設立したシンガポールの暗号通貨取引所/デジタルウォレットです。Crypto.comは業界では老舗として長い歴史を持ち、アジアで最も成功した取引所の1つとなります。

最近Crypto.comはCrypto.com ChainとCronos chainという独自のブロックチェーンを立ち上げたことで話題を呼びました。あらゆる業界のユーザーが、あらゆるデバイスでどこからでも安全に金融データにアクセスできる「分散型インフラ」を提供する予定です。また、Crypto.comのエコシステムに特化したネイティブトークン(CRO)も注目されています。専用アプリも使い勝手が良く、米ドルで入金する際は手数料もかかりません。

写真引用:Crypto.comより

そもそも、Crypto.comはスポット取引機能からスタートした革新的なプラットフォームで個人・機関を問わず、あらゆる投資家のニーズに応えるべく新機能の開発を続けています。この取引所では、ユーザーが簡単に暗号取引できるように、深い流動性を提供し、大量の取引を行うトレーダーにありがたい競争力のある手数料(CROステーキング割引後)を提供しています。加えて、シンジケートからの割引トークン配布したり、魅力的なイベントも随時開催しています。機関投資家レベルのインフラストラクチャも整っているため、オーダーメイドの取引を行うことが可能です。

Crypto.comは、今後さらに多くの機能をリリースして、個人ユーザーと企業ユーザーの両方に暗号通貨関連の一連のサービスを提供する予定です。またCrypto.comは、暗号通貨ファンのための包括的な未来サービスプロバイダーとなるために、このプラットフォームの「CRO」の流動性を提供していくと意気込みを表しています。言うまでもなく、他の取引所よりも群を抜いて傑出した存在となり得るでしょう。bitcoin 買い方を学んだら、ぜひここで購入してみてはいかがでしょうか。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. Defi Swap– 初心者がビットコインを購入するのに最適な取引所

デフィ・スワップ・ロゴ最も簡単な方法でビットコインを購入したいなら、世界トップクラス取引所「DeFi Swap(ディーファイスワップ)」がおすすめです。ユーザーフレンドリーでクリーンなイメージ、そして、難しい専門用語を使わないないインターフェイスで人気があります。DeFi Swapの口座開設も非常にシンプルで簡単です。もちろん、ビット コイン 購入 方法が最も簡単であるブローカーとして知られています。

Defi Swapの時価総額は44万ドル。バーン累計は15,886となっています。ユーザー数は280万人、1か月の平均トレードは3,000万を超えます。ステーキングも好評でロック価格も28億ドルと破格の数字を誇ります。

もちろん、他の暗号通貨購入も可能です。さまざまな暗号通貨に興味のある方は、自宅にいながら、2022年の暗号市場で最も割安な通貨に触れてみてはいかがでしょうか。

デフィ・スワップ・ジャパン ホーム

DeFi Swapはビットコイントークンを保管するのに良い場所だと言えるでしょう。このプラットフォームは、ログインの際、2段階認証プロセスを通過しなければなりません。さらに、すべての顧客資金のほとんどがコールドウォレットに保管されているため、新しいデバイスまたはIPアドレスからログインしようとすると、追加の検証ステップが必要になります。

さらに、DeFi Swapは幅広いデジタル資産に対応しているため、スマートフォン端末からイーサリアムやドージコインなどの人気のアルトコインも購入することができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. Prime XBT – ビットコインをリーズナブルに取引できる取引所

Prime XBTロゴPrime XBT(プライム・エックス・ビー・ティ)はビットコイン、イーサリアム、ドージコインなどの主要通貨の他、数十種類の優良銘柄の取引を行っています。ユーザーフレンドリーなプラットフォームをはじめ、手数料が他社よりも低め、日本語による24時間休みなしのカスタマーサービスを実施しています。ビットコインを購入する際も、メインページからBTCを選び、金額を入力して購入するだけです。サインアップはわずか30秒と時間もかかりません。

Prime XBTでは高いレバレッジを利用してビットコインを購入することも可能です。最大100倍まで拡大することができるため、軍資金が足りなくても取引金額の一部をカバーできれば、ビットコインを多く保有することもできるわけです。また、ギアリングといって、レバレッジの利用で他の銘柄への投資を始めるという選択も生まれてきます。下降しているマーケットに着目してみてもよいでしょう。価格を推測して上昇下降に関係なく収益を得ることも可能です。

Prime XBTのホームページ

Prime XBTではプロトレーダーのパフォーマンスをそっくりコピーできる「Copy-Trading」を行っています。初心者に人気のサービスで利用は無料となりますが、利用者は得た利益からトレーダーに手数料を払うことになっています。また、最大14%のAPYを獲得することができる「ステーキング」も大人気。その他、暗号通貨を使って他のトレードと競い合い、その結果によって大きな報酬を得ることも可能です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. Binance – 60以上のマーケットを提供する人気のビットコイン取引所

BinanceロゴBinance(バイナンス)は2017年にローンチされた暗号通貨取引所です。このプラットフォームは1億人以上の人々に利用されており、毎日数十億ドル相当の取引が行われています。Binanceでビットコインを購入する場合、米国のデビットカード/クレジットカードでの入金が可能です。日本国内の場合は国内の取引所で仮想通貨を日本円で購入して、それを利用して入金する流れとなります。

また、入金した資金でビットコインの購入すると0.5%のインスタント購入手数料がかかります。一方、主要取引所であるBinanceのスポット取引手数料は、わずか0.10%です。非常に競争力があるため、投資家にとっても魅力でしょう。もちろん、ペア取引も行っています。

バイナンス ホームページ

サポートしている市場はBinanceの米国版で60以上を誇ります。デジタルトークンの中でも比較的幅広くカバーしている方でしょう。大企業や中堅企業のプロジェクトもカバーしているため、躍動的な側面もあります。Binanceは経験豊富な投資家のために、店頭取引サービスだけでなく、強化型ツールと分析機能を備えた高度な取引プラットフォームも提供しています。

また、最大の暗号取引所の1つとして、CoinbaseやKrakenなどと比較した場合、業界最低水準の取引手数料でCeloやTerra Lunaなどの人気のある新しい暗号通貨も購入できます。ご存じでしたか?

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

5. FTX – ビットコインを安心して購入できる安全な暗号通貨取引所

FTXロゴビットコインを安心して購入したいなら、安全第一をモットーとしているFTX(エフ・ティ・エックス)がおすすめです。日本語のサイトはまだ完成していませんが、ここでご紹介している大手取引所「Binance」と提携を結んでいるため、信頼性は高いと言えるでしょう。また、入出金にかかる手数料は完全無料です。そのため、取引の多いトレーダーに断トツな人気を誇っています。

そもそも、FTXはデリバティブ商品が多彩で、オプション取引、レバレッジ、先物取引、レンディング、NFT、ステーキングなどに対応しています。取り扱い通貨は100種類以上を誇り、レバレッジは101倍となっています。最先端のスマホアプリがあるため、通貨売買も楽です。

FTXホームページ

入取引手数料は30日間の取引量によって変動しますが、リーズナブルな数字です。たとえば1タイヤあたりメイカー0.02%、テイカー0,07%です。さらに、オリジナル通貨「FTT」の保有量によって手数料が割引きされるのでさらにお得です。

FXTでは追従やロスカットを採用しています。そのため、万が一、損失が膨らんでしまっても証拠金を請求されることはありません。2022年は9億ドルの資金調達を完了したばかりです。大手、ソフトバンクやコインベースなど、投資企業のトップをパートナーに迎えて、さらなる成長を目指しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

今、ビットコインを購入すべき?

ビットコインは投資するのに最適の暗号通貨である、という認識が強いですが「今すぐ」ビットコインを購入するかどうかについては、やはり迷ってしまうこともあるでしょう。 まず、投資をするかどうかは独自の調査に基づいて決定することが大切です。

ここで、市場での最高のタイミングを何とか計ろうと試みる方も多いですが、そもそも市場に参入する最良の方法は「ドルコスト平均法」ということを理解しておきましょう。 これについては、さらに下で詳しく説明します。

もう一つ理解しておきたいことは、ビットコイン自体が非常に不安定であるため、価格の急激な変動を経験する可能性が高いということです。もしあなたのリスク許容度が高ければ、ビットコインの自動売買ボットにも目を向けてみましょう。Bitcoin Primeなどの優秀な暗号取引ボットは、Bitcoin CFDを介して暗号の値動きに投機を行います。ビットコイン自動売買ボットについてもっと知りたい方は、今すぐBitcoin Primeのレビューをチェックしてみましょう。

ここでの最善方法は、長期的にBTCトークンを保持する「Buy and Hold (バイ・アンド・ホールド)」という戦略に従事することです。そうすることで、暗号通貨市場が定期的に遭遇する不安定な波を乗り切ることができます。

また、宝くじ業界に革命を起こすと言われているLBLOCKというアルトコインもおすすめです。詳細については、ラッキーブロックの買い方についてのガイドもお読みください。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ビットコインを購入するメリット

ビットコインロゴビットコインの購入方法を学ぶ前に、この資産クラスがあなたのポートフォリオの目標に適しているかどうかを検討してみましょう。

早速、多くの国内投資家、または海外投資家がビットコインに対するリスクを理解しながら、メリットを得ようとする5つの主な理由について以下でご説明します。

2009年以降大きな伸びを示している

今、ビットコインを買おうとしている人は、投資に対して大きなリターンを得たいと考えているからでしょう。これは、ビットコインが2009年に発売されて以来、達成してきたことです。

たとえば、最初の数年間は、ビットコインは1トークンあたり1ドル未満で購入することができました。2017年初頭でさえ、このデジタル通貨はわずか1,000ドルで取引されていました。

つまり、ちょうど5年前に投資し、2021年にビットコインが史上最高値の69,000ドルに達するまで持ち続けていたら、あなたのお金の価値はほぼ7,000%増になっていたはずなのです。

ビットコイングラフ

ディップを購入して安く参入する

ビットコインを購入する最も良い方法は、暗号通貨市場全体が「押し目を迎える時」でしょう。押し目はビットコインの価格が下落傾向にあるときに起こります。

これは経験の浅い投資家を怖がらせてしまいがちなのですが、押し目で暗号通貨を購入することで、割安な価格で市場参入することができます。

たとえば、ビットコインが2021年に69,000ドルを記録したことをお話しましたが、2022年1月には、このデジタルトークンは33,000ドルの安値をつけました。

重要なのは、もしこれが69,000ドルではなく33,000ドルの価格でビットコインを購入するとしたら、50%以上の割安な価格でそれを行うことになるということです。

実際、ビットコインや他の暗号通貨は定期的に価格変動があるため、この市場では押し目買いの機会がたくさんあります。

ビットコイン価格グラフ

供給制限がある

たとえば、米ドル、ユーロ、英ポンドなどを初めて、すべての世界通貨がインフレを経験しています。これは、中央銀行の金融・財政政策が主な原因であり、いわゆるマネープリンティングと呼ばれるものです。

しかし、ビットコインの場合、その供給はいかなる個人、または当局によっても操作することができません。それどころか、新しいビットコインは10分ごとに自動的に採掘されます。

この状態は2140年頃まで続き、トークンの総供給量は2100万枚に制限される予定です。投資の観点からすると、これは多くの点で金とあまり変わらない資産を購入することを意味します。

結局のところ、ビットコインも金も供給そのものが固定されています。多くの市場コメンテーターが価値の貯蔵と呼んでいるのも納得できるでしょう。

トランザクションが高速で非中央集権的である

ビットコインが最も効率的なブロックチェーンネットワークとは言い切れませんが、それでも国境を越えた取引は従来の支払い方法よりもずっと速く行えます。たとえば、送り手と受け手がどこにいても、ビットコインの取引はわずか10分で到着します。

さらに、手数料は通常、1取引あたり5ドル未満で、送金額の多寡にかかわらず同じです。

また、ビットコインネットワークを介した取引の送受信で大きなメリットなのは、システムが完全に分散化されていることです。繰り返しますが、これは、いかなる人物、当局、中央銀行、政府もネットワークを制御できないことを意味します。

小口購入ができる

ビットコインを購入するもう一つのメリットは、デジタル通貨を分数化できることです。つまり、1ビットコイン単位でも、ほんの一部だけを購入することができるのです。

たとえば、ビットコインの価格が40,000ドルで、40ドルを投資する場合、1つのトークンの0.1%を購入することになります。

これは、初めてビットコインに触れてみようと思う初心者にとって、大金を投資する必要がないため、かなり理想的です。この機会を利用して、ドルコスト平均法に取り組むこともできますね。

受動的に利益を得ることができる

現在、多くのプラットフォームがビットコインを含むさまざまなコインの暗号アカウントを提供しています。そのため、所有している暗号通貨から受動的に収入を得ることができるようになっています。ビットコインで最高の利子を獲得できる口座をお探しなら、暗号利子プラットフォーム「Aqru(アグル)」は、BTC預金に高い7%の金利を提供しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

海外取引所でのビットコインの購入方法

ビットコインについて理解し、投資を進める決断をしたら、今度はどのように購入するかを考えましょう。といっても、海外取引所で暗号通貨を買う場合、日本国内の仮想通貨販売所、または取引所で日本円を使って仮想通貨を購入し、それを使って入金するか、クレジットカード/デビットカードを使用することになります。

ビットコインを仮想通貨で購入する

海外の優良暗号通貨取引所でコインを購入する時は、日本国内の販売所か取引所で仮想通貨を購入し、それを利用して入金することができます。

ビットコインをクレジットカード/デビットカードを使って購入する

その他、手数料は高くなりますが、ビットコインをクレジットカードやデビットカードを使って購入することもできます。手数料は各海外取引所によって異なるため、取引の前に調べておきましょう。

ビットコインを購入する最適な方法とは?

また、ビットコイン投資におけるに様々なプラットフォームについても学んでおくようにしましょう。

たとえば、経験の浅い投資家はビットコイン取引所とブローカーを同じものとして捉え、混同している場合もあるでしょう。

もちろん、どちらのプラットフォームもビットコイン市場にアクセスできますが、取引の実行方法は異なります。

クリプトシグナルは?

最高のクリプトシグナルを使用してBTCを購入する方法を考えたことがあるでしょうか?クリプトシグナルは、高度な暗号投資家が発信する取引アイデアのことを意味します。たとえば、特定の価格と時間で特定の暗号を購入したり、または売却する必要があるかどうかを教えてくれるものです。

最高のクリプトシグナルは、トレンドニュース、テクニカルおよびファンダメンタル分析、強気および弱気市場、投資家心理など、さまざまな指標に基づいて発信されます。

ビットコイン取引所

実際、ビットコインプラットフォームの大半は、暗号通貨取引所として運営されています。簡単に言えば、当該取引所が買い手と売り手の仲介役として運営しているという意味です。

たとえば、国内取引所での話になりますが、日本円でビットコインを買いたいとしましょう。この取引を暗号通貨取引所で行うには、ユーザーは日本円と引き換えにBTCトークンを売ることになります。

選択したビットコイン取引所では、取引が実行されると手数料が課されます。ここで、ビットコイン取引所の主な問題として、多くのプラットフォームが無規制であることが挙げられます。

これは、匿名でビットコインを購入したい人には魅力的かもしれませんが、ご自身のお金とデジタルトークンが安全であることを完全に確認することはできません。

さらに、規制されていないビットコイン取引所では、暗号通貨での入金しかできないことが多いです。

ビットコインブローカー

日本国内では販売所やブローカーを利用するのが最善かもしれません。取引所とは異なり、ブローカーは暗号通貨市場の中間に位置するため、直接、ビットコインを購入することができます。

Crypto.com - 暗号を購入する

ビットコインをオンラインで最も簡単に、より安全な方法はブローカーを使うことです。クラーケン(Kraken)のようなブローカーは、FinCENやSECなどのライセンス機関によって規制されています。これは、資金とデジタル資産が安全な場所にあることを保証していることです。

  • 国内取引所での話になりますが、ビットコインを購入する際、ブローカーを使用するもう一つの決定的なメリットに「日本円」を入金することができることが挙げられます。
  • CoinbaseやBinanceはデビットカード/クレジットカードによる支払いにも対応しています。

ビットコインを購入する際には、保管オプションについても考えておきましょう。取引所を利用する場合、デジタル資産をプライベートウォレットに保管すことが推奨されていますが、初心者にとっては慣れない行程かもしれません。

いずれにせよ、厳格な機関で規制され、ライセンスを所有している取引所やブローカーを選ぶのが大切だということです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

分散型取引所(DEX)

ビットコイン取引の大半は中央集権的な取引所やブローカーを通じて行われます。つまり、分散型取引所(DEX)という部類に入るということですね。これらのプラットフォームでは、第三者を介さずに売り手から直接ビットコインを購入することができるのが特徴です。

しかし、分散型取引所の問題点としては「規制されていない」ことが挙げられます。さらに、DEXの取引量は従来の取引所やブローカーと比較して、まだまだ少ないです。そのため、流動性レベルが取引を快活に回すには不十分であることが多くあります。

ビットコインの価格

ビットコインの価格を調査していると、通常、ある程度の相場が決まっていることに気がつきます。これは、金、銀、小麦、石油、天然ガスなどのコモディティ価格設定方法とあまり変わりません。

また、前述のハード・コモディティとソフト・コモディティのように、ビットコインのようなデジタル通貨の価格は、需要と供給によって決定されています。

つまり、ビットコインを買う人が増えれば、その価値は上昇し、売り圧力が新規の買い注文を上回ると、その価格は下落するという仕組みになっています。

引用元:Nikkei

過去の値動きを見ると、ビットコインは当初1ドル未満で取引されていました。また、この記事の執筆時点でビットコインは2021年8月に6万9000ドル弱の史上最高値を記録したのが最後となっています。

ビットコインの価格についてもう一つ注目すべきは、中央集権的な取引所では取引されないということです。これは、NYSEやNASDAQ(ナスダック)のような集中管理された取引所に上場されている従来の株式とは全く対照的です。

このため、ビットコインの価格は、取引所間でわずかに変動する可能性があります。この差異はごく小さく、通常、価格設定のギャップは暗号通貨の裁定取引によって修正されます。

ビットコイン価格予測

ビットコインの価格予測調べるのは、現代の情報社会では至って簡単でしょう。この作業はまさに事欠かない行程となりますが、ビットコインの価格が近い将来どのような方向に向かうのか、かなり込み入った分析結果がインターネット上に溢れています。

しかし、ここで間違っていけないのは、ビットコインの予測が実現することはほとんどないということです。また、ビットコインが値上がりすると説明している記事は簡単に見つかりますが、正反対のことを主張する価格予測も同様に見つかることでしょう。

このことを考えると、ビットコインの価格予測に注目するよりも、長期的な戦略でデジタル通貨にアプローチするのがベストだと思います。

つまり、ビットコインが長期的に上昇し続けると信じるのであれば、長期的に保有するのが賢明です。そうすることで、価格変動の波を乗り切ることができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ビットコインの買い時はいつ?

先ほど、市場のタイミングを計るよりも、ドルコスト平均法での投資を検討することが最善であるとお話しました。

これは、最も基本的な形で定期的であることに加え、コンスタントに少額で投資できるからです。たとえば、毎月末に300ドル分のビットコインを購入することを検討してみてはいかがでしょうか。または、毎週75ドル分のビットコインを購入するパターンでもよいですね。

ここで簡単な例を挙げて、理解を深めていきましょう。

  • 1ヶ月目にトークン価格$40,000で$300相当のビットコインを購入。
  • 2ヶ月目にトークン価格$50,000で$300相当のビットコインを購入。
  • 3ヶ月目にトークン価格$30,000で$300相当のビットコインを購入。
  • 4ヶ月目にトークン価格$30,000で$300相当のビットコインを購入。

このように4回の月々300ドルの投資で、平均購入価格は37,500ドルになりました。ドルコスト平均法の良いところは、時間の経過とともに、より広い市場の動きに従うことができる点です。

つまり、ビットコインが下落傾向にあるときは、より安い購入額で投資ポートフォリオの平均コストを下げることになります。一方、ビットコインが上昇トレンドにあるときは、価格が上昇しているときに投資する流れになります。

BTCのディップを購入する

この記事の前半で、押し目買いについて説明しました。これは一部の投資家が市場のタイミングを計るための「様子見」による手段です。

具体的には、より価格を低く抑えることができるため、下落トレンド中にビットコインを購入しやすくなるということです。

しかし、伝統的な株式市場と同様に、歴史的にもドルコスト平均法は、押し目買いよりもはるかに効果的であるとされています。

これは、ビットコインが長期的な上昇トレンドにあるとき、潜在的に損をしていることになるからです。結局のところ、価格が再び下落するまで、次の購入はしないほうが得策と言えます。

ビットコインを安全に購入するには?

ビットコインを安全に購入するためには、いくつかの方法があります。規制されたブローカーを使うということだけでなく、ウォレットのセキュリティの点にも着目すべきでしょう。

ここでは、ビットコインを安全に購入し保有するために知っておくべきことを解説します。

規制されたブローカー

ビットコインをオンラインで購入する最も安全な方法は、規制されたオンラインブローカーを経由することであることは言うまでもありません。

これは、当社がビットコインへの投資プロセスにCrypto.com(ライセンス:VFA)を好む理由の1つでもあります。特にこのプラットフォームが前述の基準を満たしていることは言うまでもありません。

もちろん、規制されたブローカーを使用する場合は匿名でビットコインを購入することはできません。これは当該ブローカーがあなたの身元を確認することにより、マネーロンダリング防止規制に準拠する必要があるためです。

とは言っても、政府が発行する身分証明書のコピーをアップロードするだけでOKですので、手間もほぼかかりません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

料金・手数料にご注意

ビットコインを購入する際に、どのような料金がかかるのかをしっかりと理解しておく必要があります。なぜなら、ビットコインを購入する方法によっては、コストがかかることがあるからです。

最も重要な料金は以下の通りです。

  • 手数料:ビットコインを売買する際にブローカーや取引所から請求される手数料。通常、パーセンテージ。
  • スプレッド:最も説明しにくい手数料であり、選択したプラットフォームによって提供される購入と売却価格の間のマークアップで考慮されるのが通例。例えば、コインベースの場合は一律で1.99%となります。
  • デビットカード/クレジットカード:デビットカード/クレジットカードでビットコインを購入する場合、選択したブローカーで3~5%程度徴収されるのが一般的です。

また、ビットコインを購入する際の手数料についてですが、暗号通貨のATMがあることをご存じでしょうか?2022年5月の時点で日本国内の仮想通貨ATMは0店舗となりますが、以前は東京に数か所設置されており、今後、再びオープンする可能性もあります。しかしながら、手数料は10%以上と高額であるため、利用する価値は高くないと言えます。

しかも、この手数料は明示されない場合が多く、のちに手にするBTCの総額で表示されます。

たとえば、実際の市場価格が40,000ドルで、ビットコインATMの手数料が20%だとすると、実質的にトークン1個あたり48,000ドルを支払うことになります。こうなると、収支を合わせるために、ビットコインを20%増加する必要があるため、ちょっとややこしくなってしまいます。

ストレージ

ビットコインの購入が完了したら、次にトークンの保管方法を決定しましょう。コインママなどの例外を除き、多くの場合、購入したプラットフォーム上にBTCトークンを保管することができます。

Coinbaseのような信頼度の高い規制されたブローカーを使用している場合、トークンの保管も安全だと言えます。しかし、無許可のプラットフォームにトークンを保管するのは、資金をリスクにさらしてしまうことになりかねません。

たとえば、2021年だけでも、中央集権型と分散型の両方の取引所から40億ドル以上のデジタル資産が盗まれた可能性がある報告されています。大切な資産を守るために、ライセンスの確認は必ず行いましょう。

ビットコインウォレットの安全性

ビットコイントークンをCrypto.comのような規制されたブローカーで保管することはベストな保管方法です。しかし、ご自身でデジタル資産を100%管理したいという方もいらっしゃるでしょう。このような場合は、プライベートウォレットにトークンを出金することもできます。

どのウォレットタイプ(モバイル、デスクトップなど)を選択するにしても、一連の安全プロトコルに従うことが求められます。たとえば、強力なパスワード/PINを作成し、秘密鍵を安全な場所に紙に書き出して保管する、といったことが挙げられます。

さらに、ビットコインウォレットが保管されているデバイスでは、見覚えのない怪しげなリンクをクリックしないようにして下さい。

引用元:バイナンス日本語公式サイト

資金管理を常に意識する

ビットコインを安全に購入するためのもう一つのヒントは投資資金を分別しておくことです。簡単に言えば、失ってもよい資産以上を投資しない、という意味です。

これを実行するには、少額の最低入金額と低い投資額をサポートするブローカーを選ぶ必要があります。使用する必要があります。コインベースやバイナンス、ビットフライヤーなどでも500円、1000円程度から購入が可能です。

ID不要でビットコインを購入できる?

前述で、規制されているブローカーを使ってビットコインを購入するためには、サインアップの際に政府発行のIDコピーをアップロードし、本人確認をする必要があることをお話ししました。

しかしながら、規制されていない多くの暗号通貨取引所では、匿名での取引が可能です。ここで気に留めておきたいのは、規制のない状態、暗号資産を預けるというスタンスに納得しているか、ということです。

確認書類なしでビットコインを購入するためには、イーサリアムのような別のデジタル資産で口座に入金しなければなりません。つまり、ETHトークンなどからBTCに交換する必要があるということです。

ビットコインをオンラインで購入する方法 - 手順紹介

以下で、ビットコインをオンラインで購入する手順をステップバイステップでご説明します。今回はコインベースを例にとってご紹介します。

手順1: 口座を開設する

まず、アカウントに登録します。氏名、生年月日、国籍などの基本情報を入力しましょう。あわせて、メールアドレスと携帯電話番号の入力と確認も必要となります。ここではCrypto.comを例に挙げてご紹介します。

Crypto.com - 登録

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

手順2: IDをアップロードする

繰り返しますが、Crypto.comといった規制されているオンラインブローカーを使う場合、政府が発行する身分証明書(運転免許証、保険証など)のコピーをアップロードする必要があります。適切な身分書類のコピーをアップロードした後、ブローカーが確認作業を行います。

手順3: 入金

アカウントへの入金が可能になった後、 支払い方法を選択します。 日本国内で海外取引所を利用する際は、クレジットカード/デビットカード、もしくは国内取引所・販売所で日本円を使って購入した仮想通貨を利用して入金できます。

また、最低入金額も10ドルと非常にリーズナブルです。多くの取引所では入金での手数料を徴収していません。

手順4: ビットコインを検索する

画面上部にある検索バーに「BTC」と入力してください。検索バーの下にビットコインが表示されたら、「取引」ボタンをクリックします。。

手順5:ビットコインを購入する

そして最後に、ビットコインに投資することを取引所に知らせるべく「買い注文」を出す必要があります。ここで合計金額(10ドル以上)を指定します。

Crypto.comでビットコインを購入

たとえば、上記の例では、合計100ドル相当のBitcoinを購入しようとしています。最終的に購入を決めたら「Open Trade」ボタンを押して下さい。取引所は取引を実行し、トークンがポートフォリオに追加されます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ビットコインを売却する方法

BTCトークンを取引所のアカウントに残しておく場合は、キャッシュアウトの手続きはすぐにできます。Bitcoin投資セクションにあるポートフォリオから売り注文を作成するだけです。

その後「取引を終了する」ボタンをクリックします。そうすることで、eトークンはすぐに売却され、口座に現金が追加されます。もちろん、その収入を出金することもできます。

一方、プライベートウォレットにビットコインを保管している場合、キャッシュアウトするには、まず暗号通貨取引所にトークンを転送しなければなりません。

さて、以上簡単でしたが、BTCの売買方法をご紹介しました。ぜひ、2022年の「ビットコインの使い方ガイド」も読んでおくようにしましょう。

最新ビットコインニュース

最後に、2022年5月23日から始まる週の「最新のビットコインニュース」をざっくりと見て、重要な展開や値動きを確実に把握しておきましょう。

  • 先週もBTCは弱気な終値となり、8週連続の下落となりました。しかし、BTCは過去14日間のレンジ相場下限となる28,500ドル付近でマイナーサポートレベルを形成しているようです。
  • 暗号導入のニュースでは、先週エルサルバドルが金融包摂会議を開催し、新興国から40人以上の中央銀行総裁の参加が報道されました。これらの中央銀行総裁は全員「ビットコインビーチ」に集まり、デジタル通貨を歓迎した上で、伝統的な金融機関への影響を強調しました。
  • 最後に、ジャック・ドーシーの暗号金融プラットフォームであるブロック・インクは先週、第1四半期の取引結果を発表し、17億3000万ドルのBTC収益があったことを説明しました。この結果、BTCの粗利益は4300万ドルとなり、前年度よりはるかに少ないものの、投資家がビットコインの購入のためにこのプラットフォームを使い続けていることは浮き彫りになりました。

まとめ

crypto.com logoこの記事ではビットコイン取引所のレビューや決済方法、またVFAやSEC規制のブローカーを選んだ方が安全である、ということをご紹介しました。また、安全な方法でビットコインを購入する方法についても説明しました。ビットコイン 始め方、ビットコイン 買い方、ビットコイン購入方法などについて理解が深まったと思います。ビットコイン 初心者も方でも、適切な取引所さえ見つかれば、気軽に投資を始めることができます。

Crypto.comをはじめとする優良海外取引所ではBTC投資で最低入金額わずか10ドルから受け付けています。ビットコイン買い方ビットコイン 購入手段は難しくありません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

よくある質問

ビットコインを購入するにはどうすればいい?

10ドル分だけを購入することはできる?

ビットコインは投資に向いている通貨ですか?

ビットコイン関連企業の株を買うにはどうしたらいいですか?

ビットコインを購入するのに最適なサイトはどこですか?

ビットコインで何が買えるの?

ビットコインを最も安く購入する方法は何ですか?

ビットコインを購入するには、もう遅すぎますか?

ビットコインを手数料なしで売買する方法は?

接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます