メタバースがインターネットを席巻した後、Web 3.0は仮想通貨業界の新しいバズワード(専門的なようで定義があいまいな言葉)の1つとして浮上しました。Web 3.0関連の仮想通貨は、スマートコントラクトを使用し、インターネット上で取引を自動化する分散型プロジェクトのことを指します。

この記事では、長期的な上昇の可能性を見込んで購入すべきWeb 3.0関連の仮想通貨のトップ銘柄を紹介していきます。

2022年に買うべき最高のWeb 3.0関連の仮想通貨

以下に、今年購入を検討すべき最高のWeb 3.0関連の仮想通貨のリストを発表します。

  1. Battle Infinity – 投資すべきWeb 3.0プロジェクトとして総合的にベストな仮想通貨
  2. DeFiコインDeFiセクターと強いつながりを持つトップWeb 3.0プロジェクト
  3. Lucky Block – 最高のWeb 3.0関連の仮想通貨ゲームプロジェクトの1つ
  4. イーサリアム – Web3.0関連の仮想通貨のトップモデル
  5. Decentraland – メタバースへの投資の中でも最高のWeb 3.0コイン
  6. Uniswap -分散型取引に最適なWeb 3.0関連の仮想通貨トークンの1つ

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

1. Battle Infinity – 投資すべきWeb 3.0プロジェクトとして総合的にベストな仮想通貨

この分野におけるトップのWeb 3.0トークンを検討した結果、Battle Infinityを総合的に最も優れたWeb 3.0プロジェクトとして投資することをお勧めします。

Battle Infinityは、ユーザーとクリエイターにバトルアリーナ空間を提供する分散型プロジェクトで、ユーザーが参加できる6種類のP2Eゲームを展開するメタバースプラットフォームです。Battle Infinityの中心にあるのは、プラットフォームのユーティリティ・トークンであるIBATです。IBATトークンはバイナンススマートチェーン(BSC)上に構築され、BEP-20プロトコルとして機能します。

このトークンは、参加者のゲーム内報酬として機能するほか、他の仮想通貨と交換するためにグローバルな流動性プールに預けることができます。さらに、プレイヤーはIBATを使用して、P2Eゲーム上でNFTとして構成される仮想の土地を購入することもできます。

Battle Infinity

Battle Infinityのテレグラムグループは、プラットフォームの今後の機能やアップデートを確認するのに最適な場所として推奨しています。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. DeFiコイン – DeFiセクターと強いつながりを持つトップWeb 3.0プロジェクト

Web 3.0のもう一つのトッププロジェクトは、DeFi Coinです。DeFi Coinは当初2021年5月にローンチされましたが、DeFi Swapという革新的な新しい分散型取引所の待望のローンチにより、ここ数週間で注目されるようになりました。DeFiコインはこの取引所と表裏一体であるだけでなく、投機や定期収入としての可能性を提供しています。

DEFCは、5月上旬のDeFi Swapの立ち上げ以来、トークン保有者にすでに3桁のリターンをもたらしているため、価値の可能性を持つ市場でも最高のアルトコインの1つであると言えます。DEFCは取引所のネイティブトークンなので、投資家はDeFiコインをポートフォリオに保有することで、DeFi Swapの成長へのエクスポージャーを得ることができます。

Defi coin

DeFiコインの供給量は1億トークンに固定されており、時間の経過とともに総供給量が減少するよう設計された「バーン」メカニズムが組み込まれています。DeFiコインは、DeFi Swapのエコシステムで使用されており、Web3.0プロジェクトの一つとして投資されることが確実視されています。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. Lucky Block – 最高のWeb 3.0関連の仮想通貨ゲームプロジェクトの1つ

2022年1月にローンチされたLucky Blockは、ゲーム界の中でもニッチな最高のWeb 3.0クリプトの1つです。簡単に言うと、このプロジェクトは仮想通貨宝くじのプラットフォームを構築しています。バイナンススマートチェーンを使って運用され、従来の宝くじ仕組みを一新されています。また、2022年のトップクラスの仮想通貨の賞金をゲットするのに最適な場所の1つです。

Lucky Blcokは、従来の「オフライン」の方法ではなく、ブロックチェーン技術を使用して抽選を行うことで、透明性と公平性を飛躍的に高めることを意図しています。さらに、毎日行われる抽選会は世界中の誰でも参加できるため、この値ごろな仮想通貨では、より頻繁により高額な賞金を提供することが可能になります。

Lucky Blcokは上昇へのパワーを貯めている段階に入っており、Web 3.0関連の仮想通貨の投資機会を探している人々にとっては、掘り出し物となる可能性があります。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. イーサリアム – トップWeb3.0プロジェクト

イーサリアムがWeb 3.0プロジェクトの中でもトップクラスであると考えています。その理由は、イーサリアムが今日のWeb 3.0エコシステムの中心に位置しているからです。後ほど詳しく説明しますが、主要なWeb 3.0プロジェクトの多くは、実際イーサリアムのブロックチェーンの上に構築されています

これには、分散型金融ネットワーク、メタバースコイン、DAppsなど、さまざまなものが含まれます。イーサリアムのエコシステムのもう1つの重要な側面は、Web 3.0プロジェクトを含む誰もがスマートコントラクトを作成およびデプロイできるということです。実際、イーサリアムには他のどの仮想通貨プロジェクトよりも多くのスマートコントラクトが存在します。

5. Decentraland – メタバースへの投資の中でも最高のWeb 3.0コイン

メタバースもまた、この1年で飛躍的に成長した新たなコンセプトです。簡単に言えば、メタバースの長期的なコンセプトは、仮想現実を介してデジタルと現実世界の間のギャップを埋めることです。その最前線にあるのが、最高のメタバースコインの1つであるDecentralandであり、ユーザーがデジタルの土地区画に投資できるゲーム世界を擁しています。

これらの土地は、アパートや別荘からショッピングモールやカジノに至るまで、あらゆる不動産プロジェクトの建設に利用することができます。重要なことは、Decentralandのエコシステム内の多くの不動産プロジェクトは、その後数百万ドルで売却されていることです。これは、このWeb 3.0のエコシステムがすでにコンセプトの証明になっていることを示しています。

5. Uniswap -分散型取引に最適なWeb 3.0関連の仮想通貨トークンの1つ

Web 3.0のコインを購入する際によく目にする言葉に「分散化」というものがあります。一言で言えば、分散化とは、取引を促進するために第三者の仲介者を必要とせず、誰でもアクセスできる製品やサービスのことを指します。そして、Uniswapの場合は、その分散型取引の中心に位置しています。

これは、先に述べたイーサリアムのブロックチェーンの上に構築されたUniswapプラットフォームによって、世界中の人々が分散型の方法で仮想通貨コインを売買できるようになったからです。つまり、仮想通貨市場にアクセスするために、中央集権的な取引所を経由する必要がなくなったのです。

まとめ

まとめると、Web3.0の仮想通貨コインは、インターネットの未来に大きな役割を果たす可能性があるということです。

しかし、現在のWeb 3.0のエコシステムはまだ断片的であるため、今後数年間でこの領域がどのように進展するのか、より明確な見通しが立つまでは、手を出さないほうがいいかもしれません。Battle InfinityDefi CoinLucky Blockは、今後爆発的に普及する可能性を秘めたWeb 3.0関連の仮想通貨1です。

接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます