世界がより持続可能で効率的な暗号通貨を求める中、最高のproof of stakeに投資する事は健全な戦略となっています。しかし、勢いの無いプロジェクトと実際に上昇する可能性のあるプロジェクトを切り分けるのは難しいかもしれません。

このガイドでは、最高のproof of stake14種類を取り上げ、proof of stakeとは何か、proof of workとの違い、その仕組みや競合するコンセンサスメカニズムをわかりやすく完全解説します。

2023年に投資すべき最高のproof of stakeトップ14銘柄

当サイトではこのproof of stakeの暗号通貨リストをランキング形式で作りました。各proof of stake仮想通貨プロジェクトの詳細なレビューは、このページの少し下に記載されています。

  1. FightOut – 960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略する最高のMove-to-Earn
  2. Dash 2 Trade – 最高のイーサリアム・ベースのコインが、数々のプラットフォーム取引機能を解放
  3. RobotEra – ERC-20トークンは、様々な収益ストリームでプレセールが開始
  4. IMPT – 暗号通貨をトークン化した炭素クレジットにステーク&変換
  5. Tamadoge – 人気のproof of stake型ミームコイン
  6. Battle Infinity – 総合的な遊んで稼ぐDeFiエコシステム
  7. Lucky Block – ブロックチェーン技術を利用した競技プラットフォーム
  8. BNB – 大人気のスマート契約暗号通貨
  9. Tezos – 絶えず進化し続けるブロックチェーン
  10. Polkadot – 相互運用性に特化したPoSコイン
  11. Solana – 高処理能力・スマート契約ネットワーク
  12. Avalanche – 低価格なEthereum代替通貨
  13. Algorand – 高速で持続可能なネットワーク
  14. Cardano – 安全なレイヤー1ブロックチェーン

おすすめのproof of stake暗号通貨 をわかりやすく解説

Proof of stake仮想通貨のリストを証明するには、このセクターの最高のプロジェクトのレビューが無いと完全とは言えません。ここからは有望なproof of stake銘柄をわかりやすく解説していきましょう。

1. FightOut – 960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略する最高のMove-to-Earn

FightOutの日本語ページ

健康&フィットネス業界は、世界の統計データを収集するStatistaによると2022年に960億ドルという巨額の市場規模を誇っていますが、その規模は近年伸び悩んでいます。そこで、Move-to-Earn (M2E : 動いて稼ぐ)アプリとジムクラブを融合したFightOutが、業界の火付け役となるかもしれません。

最大1億ドルという大規模な資金調達により、FightOutアプリ&ジムクラブはこの世界で最も注目される産業の一つをひっくり返そうとしているのです。FightOutは、これまで主流であったWeb2.0の仕組みを変革し、STEPNなどのプロジェクトで実装されているWeb3.0のM2Eの弱点を克服することを目標としています。

STEPNのようなM2Eプラットフォームは、ユーザーの活動を計測してフィットネス目標に対しアプリ内通貨で報酬を与えるというアイデアを広く普及させました。しかし、FightOutはこれから紹介する数多くの機能により、それら既存のM2Eより優れたプロジェクトになる可能性があります。

まず、FightOutは歩数だけでなく、ジム内にセンサーを置くなど、新しいテクノロジーを駆使しあらゆる形態のフィットネス活動を計測します。また、このプラットフォームを利用するにあたって高価なNFTを購入する必要はありません。

FightOutのM2Eは、単にフィットネスの目標を達成するためだけのものではなく、総合的に健康的なライフスタイルを送ることにより報酬を得ることを目的としています。

FightOut アプリ app

プラットフォームの軸となるのはFightOutのスマートフォンアプリで、アプリではスマホやスマートウォッチによって身体的パフォーマンスを測定・追跡します。FightOutはサブスクリプションサービスで、アプリ内の2つのトークン($FGHTとREPS)は通常の通貨と同様、FightOutに登録するために使用することができます。

運動の報酬はREPSで獲得でき、パーソナルトレーナーやFightOut独自のコーチとの遠隔コンサルティング、グッズ、アバター用のコスメなどのあらゆるアプリ内商品やサービスを、REPSで買うことができます。

$FGHTは現在0.01665002ドル(1 USDT = 60.06トークン)で販売中で、最小購入額や最大購入額の設定はありません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. Dash 2 Trade – 最高のイーサリアムベースのコインが、数々のプラットフォーム取引機能を可能に

Proof of stake最高のDash 2 Trade

Dash 2 Tradeは、多くの利点がある取引プラットフォームへのアクセス所有権のERC-2oトークンを開発しました。このトークンを保有する事で、投資家は最初の24時間で50万ドルを調達出来、現在では1ヶ月で600万ドル以上を調達してプレセールを成功させました。

D2Tは現在プレセール中で、第3ステージでは0.0513ドルで購入出来ます。トークン価格は、取引所で取引されるまでの9つのステージで上昇予定です。

Dash 2 Tradeのホワイトペーパーによると、トークンは第1ステージから最終ステージまで合計39%上昇し、価格は現在の価格から29%上昇予定です。

D2Tのロゴ プレセール

そのメリットだけでもトークンを所有するには十分なものですが、D2Tは投資家にDash 2 Tradeプラットフォーム(私達が2022年の一番良いアルトコインと評価した暗号通貨情報・分析プラットフォーム)へのアクセスも含まれています。

Dash 2 Tradeのプラットフォームに加入すると、トレーダーは様々な取引・投資ツール、分析、データポイントや洞察を利用する事が出来ます。

通知は、大きな値動きをする可能性のあるコインについて加入者に送信され、トレーダーは売買機会の暗号通貨シグナルを受け取るとともに、ホエールウォレットやソーシャルメディアサイトを追跡する事で市場の感情を把握する事が出来ます。

価格ステージ ステージ毎の調達額 トークンアロケーション
$0.0476 $1,666,000 35,000,000
$0.0500 $3,500,000 70,000,000
$0.0513 $3,591,000 70,000,000
$0.0533 $4,663,750 87,500,000
$0.0556 $4,865,000 87,500,000
$0.0580 $5,075,000 87,500,000
$0.0606 $5,302,500 87,500,000
$0.0635 $5,556,250 87,500,000
$0.0662 $5,792,500 87,500,000

投資家は、暗号通貨のプレセール開始とICOの通知を受け取る事によって、最安値の暗号通貨価格で取引する事が出来ます。Dash 2 Tradeは、暗号通貨のプレセールのレビューを行い、監査とトークノミクスの基準に従ってスコアをつけます。

D2Tトークンは0%のtax(手数料)以外にも、投資家はそれを使って取引コンテストに参加したり、高度なツールを戦略に取り入れたりする事も可能です。

機能の詳細については、Dash 2 Tradeのテレグラムチャンネルで確認出来ます。

D2Tトークンの購入を希望する投資家は、プレセール期間中に最良の価格での取引をする事が出来ます。また、このコインを所有する事で、投資家はクジラウォレットの動きを監視し、戦略ビルダーを使って収益性の高い戦略を作る事が出来ます。

プレセール開始 10月19日
購入方法 ETH、USDT、Transak
チェーン Ethereum
最小投資額 1,000 D2T
最大投資額 N/A

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. RobotEra – ERC-20トークン 様々な収益ストリームでプレセールが開始

TAROは新しいproof of stakeで、P2EとメタバースランドプロジェクトRobotEraのネイティブトークンです – エコシステムの中でより多くのトークンを獲得することが出来る方法の一つにTAROをステークすることがあります。

プレイヤーはロボットNFTアバターを使って、破壊された惑星TAROのメタバースプロットを購入し、再建を目指します。プレイヤーは鉱物の採掘、神木の栽培、原材料の収集で報酬を得る事が出来ます。

このプロジェクトでトークンを獲得する方法はほんの一部で、プレイヤーは自分の土地の広告スペースをブランドに販売したり、イベントやコンサートで他のプレイヤーに入場料を請求したりする事も出来ます。

RobotEraのロゴ

このゲームでは、プレイヤーはロボットのコンパニオンを作り、独自の能力やスキルを持たせてアップグレードやカスタマイズが出来るツールを提供します。

LBank LabsのプロジェクトのRobotEraでは、プレイヤーはコンパニオンをNFTとしてオープンマーケットで保有や売却する事が可能です。

また、インフラや建物を建設した後は、土地を売却する事も出来ます。更に、サウンドや3Dシーン、ユーザーとのやり取り、物理演算等をメタバースに追加する事も可能です。

RobotEraのプレイヤーは、カスタムツールを利用する事でコーディングの知識を必要としません。開発者は、プレイヤーが世界を自分のものにするにつれて、新しい使い方や収益源が時間の経過とともに発展していく事に期待しています。

また、ゲームのエコシステムにより、プレイヤーは様々な世界を探索し、他のオンラインやオフラインのコミュニティと繋がる事が出来ます。ホワイトペーパーによると、RobotEraはERC-20トークンを開発し、供給量の上限を18億コインとし、取引所での流動性に割り当てられるのは全体の3%に過ぎない量にしています。そして、より多くの投資家が$TAROコインを獲得する様々な方法を知る事になる為、上場時にはコインの価格が爆発的に上昇する可能性があります。

RobotEraテレグラムチャンネルを購読して、TAROを獲得する方法を確認しましょう。このコインは現在プレセール中で、第1ステージでは0.02ドルで入手出来て、3つのステージを通じて価格が上昇します。プレセールが終了し、取引所に上場されるまでに、TAROトークンは60%上昇し、0.032ドルで販売される予定です。投資家は早期に参入すればこれらのリターンを活用するチャンスがまだあります。

プレセール開始時期 2022年第4四半期
購入方法 ETH、USDT
チェーン Ethereum
最小投資額 1,000 TARO
最大投資額 N/A

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. IMPT – 暗号通貨をトークン化された炭素クレジットにステーク&変換

IMPTプレセール

IMPTは、環境からの炭素排出を削減し、気候変動との戦いを支援しようとするブロックチェーンベースのプラットフォームです。この環境に優しい暗号通貨は、エネルギー効率の良いEthereum上で動作し、既に数千の小売業者と接続し、投資家がプロジェクトに直接貢献出来るようにしており、10月の公開以来、約1300万ドルの投資を確保しています。

IMPTのショッピング・プラットフォームを通じて、トレーダーはオンラインで製品を購入し、各企業が確保した売上統合ンの一定割合を示すIMPTトークンを獲得する事が出来ます。炭素クレジット取引を推進するIMPTトークンは、炭素クレジット(大気中の炭素排出量を表すトークン化されたNFT)の購入に使用する事が出来ます。

IMPTのホワイトペーパーによると、1カーボンクレジットは約1トンのCO2排出量に相当し、ブルームバーグは、自主的な炭素市場が2030年までに年間20億ドルから1000億ドルに拡大すると予測しています。ユーザーは、このNFTをIMPTのマーケットプレイスで取引するか、資産を燃やしてその存在を無効にするかを選ぶ事が出来ます。

トークンを燃やすと、特定の資産のCO2排出量が大気から取り除かれ、保有者にはIMPTのマーケットプレイスで取引可能な固有のNFTが付与されます。また、このトークンにより、投資家はIMPT DAO(分散型自律組織)にアクセスする事が出来ます。IMPTをステークして、プロジェクトのサプライヤーやロードマップ等を選択する為のガバナンスと議決権を得る事が出来ます。

IMPTのプレセールは12月11日に終了し、1900万ドル(約26億円)以上の資金調達に成功しました。今後IMPTトークンは12月14日にLBank、Changelly、Uniswapに上場する予定です。

このプロジェクトの開発に関する最新情報は、IMPTテレグラム・チャンネルで入手する事が出来ます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

5.Tamadoge – 人気のproof of stake

Tamadoge proof of stake

Tamadoge(TAMA)は、NFT、P2Eゲーム、メタバース等のトレンドセクターの特徴を取り入れ、現在入手可能な最高のproof of stakeの1つのプレセール用ミームコインです。Tamadogeは現在、取引所に上場していますが、右肩成長の驚異的な可能性を秘めたプロジェクトで、あらゆる投資家の検討に値するものです。

プレイヤーは、Tamaverseと呼ばれる仮想世界を探索し、3Dアニメーションのトークン化されたペットを育てて報酬を得る事で、ユーザーに価値を生み出します。ゲームショップ内のアイテムを使ってペットをレベルアップさせると、プレイヤーはドッグポイントを獲得し、リーダーボードランキングを向上させ、より多くの報酬を手にする事が出来ます。

しかし、それだけではありません。後日、Tamadogeチームは、トークン化された取引可能なアーケードスタイルのゲームシリーズを公開予定です(2023年第3四半期)。

更に、仮想現実ヘッドセットへの対応と、プレイヤーがペットを現実世界に連れてくる事が出来る拡張現実アプリが、いずれも2023年に公開される予定です。従って、これらのアップデートが需要を一気に押し上げる前に、今が参加する絶好の機会です。

また、TamadogeはERC規格を使っており、その為市場で最高の新暗号通貨の1つとなっています。Tamadoge NFTは公開後、OpenSeaのトップトレンドコレクションとなり、TAMAはIEOに続いて0.194ドルの史上最高値までポンピングされました。2023年に向けてメインゲームとサイドゲームが開発中で、今後も上場が予定されている為、TAMAはすぐに価格が高くなる事が予想されます。

Tamadoge Telegramに参加して、最新のアップデートとニュースの情報を入手しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

6. Battle Infinity – あらゆる要素をカバーした遊んで稼ぐDeFiエコシステム

Battle Infinityは有望なproof of stake

Play-2-Earn(P2E)ゲームと分散型金融(DeFi)は暗号通貨で最も心躍る分野の2つで、Battle Infinity(IBAT)は両方を組み合わせて、あらゆる気質の投資家に響くように設計されたオールインワンのエコシステムを作っています。

このプロジェクトは便利な機能を多数備えている為、IBATエコシステムは直感的に理解出来る様に6つのプラットフォームに分割されています。

異なるプラットフォームには、IBATプレミアリーグというファンタジースポーツリーグ、IBATバトルアリーナというメタバースアリーナ、IBATバトルゲームというP2Eゲームのコレクション、IBATバトルマーケットというNFT市場、IBATバトルスワップという分散型交換、IBATバトルステークという名のステーキングプラットフォームがあります。

Play-2-Earn(P2E)DeFiプラットフォームの成功には、高速で低コストの取引が不可欠の為、IBATトークンはBinanceのBEP-20規格を使っています。その為、取引は迅速且つ効率的に決済され、驚異的なユーザー体験を生み出します。更に、IBATはBEPを使って作成される為、取引を検証する為にステークド・オーソリティのコンセンサス・メカニズムを使っています。

現在でも、IBATに対する需要は非常に大きいです。このプロジェクトは、数千BNBを集めて65日前にプレセールを完売し、PancakeSwapへの上場後は4倍以上の利益を上げました。更に、今後数ヶ月の間に機能が徐々に展開される予定で、IBATの需要は急増する可能性が高いです。その為、成長する可能性のある、最高の低供給暗号通貨に早めに参加しておくのは良いアイデアかもしれません。

Battle Infinityを確認頂いてIBATテレグラムに参加して、いま最もホットな暗号通貨プロジェクトの1つに参加しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

7. Lucky Block – ブロックチェーン技術を利用したコンペティション・プラットフォーム

Lucky Block

最新のブロックチェーン技術をプラットフォームに注入する事で、Lucky Block(LBLOCK)チームは、ユーザーに貯蓄を与えてくれる公正なコンペティションプラットフォームを作る事ができました。これは暗号通貨投資家の間で人気があり、Lucky BlockのサービスとLBLOCKトークンの両方に対する需要がここ数ヶ月で爆発的に高まっています。

このプラットフォームでは、ユーザーはNFT Launchpadマーケットプレイスから入手出来るエントリーチケット形式のNFTを使って、様々なコンペティションに参加する事が出来ます。全てのLucky Block NFTは、独自のデザインと番号を持つコンペティション専用のものです。これにより、Luck Block はより多くのコンペティションを開催する事ができ、人々は自分に最も適した抽選に参加する事が簡単になります。

Lucky Block NFT の主な用途は応募券ですが、報酬繰越しから毎日取り出される報酬という形で長期的な価値も提供されます。通常のコンペティションに加えて、Lucky BlockはPlatinum Rollers Club NFTコレクションの所有者を対象としたプラチナコンプリートを開催しており、実在のランボルギーニ等の賞品が用意されています。

Lucky Blockは元々BEP規格を採用していましたが、取引所への出品を簡単にし、取引にかかる税金をなくす為に、ERCに移行しました。これはもちろんLBLOCKの普及にとって素晴らしい事ですが、Ethereumの統合が完了すれば、このトークンがproof of stake暗号通貨プロジェクトの上位に入るというメリットもあります。

Lucky Blockは、暗号通貨市場のトップへの道を歩み始めたばかりの、全てにおいて優れたプロジェクトです。このプロジェクトは既にLBank、MEXC、Gate.ioに上場されており、次は最大の暗号通貨取引所の一つである可能性があり、LBLOCKの需要が急増し、その後すぐに価格が高くなる可能性があります。誰も逃さないようにする為に、今日Lucky Blockを確認する事をお勧めします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

8. BNB –  大量に普及しているスマート契約暗号通貨

Binance

バイナンスのBNBは、2021年にWeb3のdAppsを念頭に設計された低コストのproof of stakeブロックチェーンとして有名になり、市場で最大の暗号通貨の1つです。

当初はバイナンスのエコシステムを補完し、取引手数料の割引や独自の初期投資の機会で支援者に報いる為に作られましたが、BNBはその後スマート契約市場にも手を広げました。Binance ChainからBinance Smart Chain(BSC)に切り替える事で、イーサリアムのERC規格と同様の方法でBEPを使ってプロジェクトを作ることが出来るようになりました。

取引検証の為に、BNB(や全てのBEPベースのプロジェクト)は、PoSA(プルーフオブステークオーソリティー)コンセンサスメカニズムを使っています。これは、検証者がブロックを確認する為に特定量のBNBを賭け、前述のブロック内に含まれる取引から発生する手数料を獲得する事を含みます。

Binanceスマートチェーンは急速に成長し、市場最大のプルーフオブステークブロックチェーンの1つとなっており、現在利用可能なプルーフオブステーク暗号通貨投資の1つである可能性が高いです。しかし、暗号通貨では何が起こるかわからないので、投資にコミットする前に適正評価を実行する事が常に重要です。

9. Tezos – 絶え間なく進化するブロックチェーン

Tezos(XTZ)は、Ethereumと同様にスマート契約機能を持つプルーフオブステーク暗号通貨です。しかし、Tezosは簡単にアップグレード出来るという独自の利点があり、ネットワークを分岐する事なく新しい開発を展開する事が出来ます。これはあまり重要ではないと思われるかもしれませんが、このネットワークは、恐らく地球上で最も急速に進化している業界の最前線に立ち続ける事が出来ています。

古いproof of workやproof of stakeブロックチェーンの多くは、技術に限界があった時代に作られた為、簡単にアップグレードする事は不可能です。分岐や統合で部分的に解決されてはいるものの、工程が面倒な事に変わりはありません。しかし、Tezosは待ち時間ゼロでアップグレード出来、簡単に改善出来るネットワークを作ってアップデートを大幅に効率化して変革させています。

新しい技術開発に合わせて常に進化・改善を続けるTezosは、最も投資しやすいproof of stake暗号通貨とトップトレンドの暗号通貨プロジェクトの中で、その地位にふさわしいと言えるでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

10. Polkadot – 相互運用性に特化したPoSコイン

Polkadot

Polkadot(DOT)は、パラチェーン(相互取引を平行して決済出来る技術)の使用により、クロスネットワークの相互運用性の問題を解決するproof of stake暗号通貨である。

暗号通貨が誕生して以来、異なるネットワークで作られたプロジェクト同士が相互運用する事は困難でした。その為、イーサリアムのERCを皮切りに、ブロックチェーンの規格化が進められてきました。しかし、相互運用性の問題を真に解決するには、新しい暗号通貨が全て同じベースレイヤーを利用する必要があり、それが出来る可能性は極めて低かったのです。

そこでポルカドットは、クロスチェーンでのデータ転送を簡単にするプルーフオブステーク・ブロックチェーンの構築に注力しました。また、取引量の増加に対応する為、Polkadotは取引を互いに並行して同時に決済出来るシステム(パラチェーン)を導入しました。この2つの機能により、相互運用性が飛躍的に向上し、Polkadotの普及が進みました。

Polkadotは、投資家と開発者の双方から大きな支持を得た事が証明された。ハッシュ市場の低迷を経た今日でも、Polkadotは最大の暗号通貨の1つであり、最高のproof of stake暗号通貨プロジェクトの1つであり続けています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

11. Solana – 高処理能力のスマート契約ネットワーク

solana japan も有力なproof of stake銘柄

Solana(SOL)はレイヤー1のproof of stakeブロックチェーンで、極端なネットワーク混雑により開発者とユーザーがイーサリアムに代わる、より高速で安価、且つエネルギー効率の良いものを探した結果、2021年に人気と価格の両方で爆発的な伸びを示しました。

イーサリアムが2021年のブルランで発生した量を処理するのに苦労していた為、このプロジェクトは完璧なタイミングで市場に登場し、SOLの価値は僅か数ドルからピーク時には250ドル以上にまで上昇しました。この成長は、Solanaが膨大な処理能力、ほぼ瞬時の決済時間、独自の履歴証明コンセンサスメカニズムの使用によって遥かに高いエネルギー効率を提供した事に起因しています。

Solanaは最近、中央集権化やセキュリティの問題でいくつかの不手際がありましたが、まだ非常に若いプロジェクトです。その古さにもかかわらず、Solanaのエコシステムは、特にNFTについては最大級のものです。この事を考慮すると、Solanaは現在投資家が利用出来る最高のproof of stake暗号通貨の1つだと言っても安全だと言えます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

12. Avalanche – 低価格なイーサリアム代替通貨

avalancheは有望なproof of stake

イーサリアムを追い落とそうとする暗号通貨が次々出てきていますが、我々は開発者がdAppsを作るのに低コストで高処理能力のブロックチェーンを使える様に設計されたレイヤー1ネットワークのAvalancheが開発されました。

Avalancheが他のスマート契約暗号通貨と異なるのは、取引の検証方法です。全てのノードが全ての取引を検証する必要はなく、Avalancheは3つのサブブロックチェーンを利用し、それぞれが異なるクラスの取引を処理します。

Avalanche・ネットワーク上で直接行われる資金の送受信はExchange Chain(X-Chain)、スマート契約やdAppsによって生成された取引はContract Chain(C-Chain)、ステーキング/バリデータ・取引はPlatform Chain(P-Chain)によって取り扱われる。プライマリーネットワークはこれらのサブブロックチェーンの検証を担当し、ステイカーは最低でも2,000のAVAXを所有する必要があります。

Avalancheもまた、業界で大きな話題を呼んでいるかなり新しいプロジェクトです。2021年のブルランの間、Avalancheは開発者が一斉に飛びついたホットな新しいネットワークでした。誇大宣伝はやや沈静化したが、技術は残っており、より広い市場が回復すれば、AVAXは再び盛り上がる可能性が高いです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

13. Algorand – 高速で持続可能なネットワーク

Algorand (ALGO)は持続可能性に焦点を当てたネットワークで、利用可能な最高のproof of stakeの1つである。スマート契約機能を誇り、Algorandの構造を活用しながら新しいプロジェクトを開発する事が出来ます。

高速且つ安全な方法で取引を検証する為に、Algorandは「純粋なステーク証明(PPoS)」と呼ばれるステーク証明の合意メカニズムの修正版を利用しています。従来のproof of stakeと似ていますが、Algorandのバージョンは、全てのステーカーの繰越しから誰が取引を検証するかをランダムに選択します。これにより、セキュリティが向上し、システムを不正に利用する事が難しくなります。

そのPPoS合意メカニズムのおかげで、Algorandは最もエネルギー効率の良いネットワークの1つとなっています。暗号通貨(特にproof of stakeプロジェクト)が膨大なエネルギー消費により、ネガティブな注目を多く集める中、Algorandは投資家の間で人気を集めており、次に爆発的に売れる暗号通貨となる可能性があります。

14. Cardano – 安全なレイヤー1ブロックチェーン

cardano

Charles Hoskinsonが率いるCardano(ADA)は、非常に安全なプルーフオブステーク暗号通貨で、1ドル以下の最高の暗号通貨の1つです。

2017年の公開以来、Cardanoは市場で最も有名で最も持続可能な暗号通貨の1つになっています。最近(2021年9月)のAlonzoハード分岐の公開で、CardanoはNFTとdAppsの為、最も人気のあるネットワークの1つになりました。1年以上に渡って最大プロジェクト上位10位内に入っており、更にアップデートの公開予定がある為、今後もその傾向が続くと思われます。

多くの暗号通貨プロジェクトがお粗末に、あるいは急いで開発される中、Cardanoは厳格なピアレビュー工程を経て、コード内にセキュリティ上の欠陥や突破口がない事を保証しています。暗号通貨のハッキングの数が増え続ける中、これは素晴らしい選択です。

Cardanoは最大の暗号通貨プロジェクトの一つであり十分な理由があります。非常に安全で、優秀なチームを誇り、継続的に機能を追加しています。全体として、ADAは市場で最高のproof of stakeの一つで、確認する価値は十分にあります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Proof of stake暗号通貨とは? わかりやすく解説

ブロックチェーンの内部と外部を理解するのは難しいかもしれませんが、このproof of stakeをわかりやすく説明したガイドを読めば、より簡単に理解出来るようになります。

ブロックチェーン上で安全に取引を行うには、各取引がノードによって検証される必要があります。そうでなければ、誰でも台帳に偽の取引を注文する事ができ、ネットワーク全体の正当性が損なわれてしまいます。

取引が正当な物である事を確認する為に、暗号通貨は様々な合意形成メカニズムを利用しています。proof of stakeは、こうした仕組みの一例です。これは、ある暗号通貨を一定量保有している人が、保有する暗号通貨を担保として、ステークによる報酬を得る機会を得るだけで、取引を検証する事を可能にするものです。

検証者が受け取る報酬はステークしたトークンの数に比例する為、この仕組みでは外部から攻撃を仕掛けるのに巨額の資金が必要となり、攻撃者の意欲をそぐ事になります。更に、ステーキングはビットコインの様なproof of stake暗号通貨と比較して、計算能力を必要としない為、proof of stake資産はより環境に優しいと見なされています。

proof of stakeproof of workの違い 仕組みとは?

最も良く知られ、広く使われている合意形成の仕組みは、proof of stakeproof of workの2つです。両者は似ていますが、何点かの重要な違いがあり、proof of stake解説ガイドで取り上げています。

proof of workの仕組みとしては計算能力を使って取引を検証する点です。採掘者は、取引の有効性を確認する方法として、複雑な暗号通貨パズルを解く為にコンピュータをセットアップします。これは通常、すぐに古くなるハードウェアを使う膨大なGPUパワーを必要とし、大量の電力を必要とする為、かなり非効率的です。

一方、proof of stakeは、トークンを担保に検証者の信用を得る。 その結果、取引を遥かに効率的に検証する事ができ、エネルギー消費を大幅に削減し、暗号通貨をより環境に優しいものにする事が出来ます。

また、セキュリティ向上やエネルギー使用量の削減に加え、proof of stakeネットワークでは、マイニング繰越しの運営者が比較的少数の為、中央集権的で無い様にしています。これは表面的には素晴らしい事ですが、proof of stakeブロックチェーンで発生する高い初期投資に、ネットワークは大きな資本を保有する者によって支配される傾向がある事に注意する事が重要です。

結局のところ、どちらのコンセンサスメカニズムも同じ課題を達成するものの、その方法は違っています。暗号通貨の量が増え、エネルギー使用に関する監視の目が厳しくなっている為、将来的にはproof of stakeに傾く可能性が高いと思われます。

Proof of stakeコインは良い投資先か?

Proof of stakeコインには様々な種類がある為、当然ながら投資に向いているものもあります。しかし、最高のproof of stakeの多くに共通する、投資に適した何個かの重要な要素があります。

Proof of stakeProof of workの違い その1持続可能性

暗号通貨がその高いエネルギー使用量によりメディアで叩かれる中、proof of stake暗号通貨はproof of work暗号通貨よりも遥かに魅力的に見えています。PoWブロックチェーンは、すぐに燃え尽きて非効率になるハードウェアを必要としますが、PoSシステムは、高い初期投資を必要とするものの、一度設定すればほぼ無限に稼働する事が可能です。暗号通貨のように急速に発展している市場にとって、これは非常に大きな事です。

イーサリアムは統合後、エネルギー使用量を99.99%削減し、同時に取引速度と持続可能性を向上させました。

Proof of stakeProof of workの違い その2優れた技術

Proof of workのコンセンサスメカニズムは、間違いなくBitcoinによって広まったものです。これには何の問題もありませんが、Bitcoinは2011年に公開され、大幅なアップデートが行われる事はないと思います。

しかし、proof of stakeは、暗号通貨技術やコンピュータ技術の進歩を利用出来る、より新しいコンセプトです。その為、proof of stakeは長期的な投資対象として優れていると言えるでしょう。

Proof of stakeProof of workの違い その3将来を見据えた投資

前述の内容と関連していますが、暗号通貨は急速に進化しています。市場最大のプロジェクトの多くでは、proof of stakeが取引検証の未来形と見なされています。第2位の暗号通貨のイーサリアムは、まもなくproof of stakeに移行し、全てのERCベースのプロジェクトを巻き込んでいくでしょう。

その為、近い将来、この技術をベースにしたproof of stakeの改造が更に進むと思われます。

Proof of stake暗号通貨の購入方法

最高のproof of stake暗号通貨を簡単に購入出来るように、最初から最後までの全工程を詳しく説明します。以下の例ではDash 2 Tradeの購入の仕方を例にやってみます。Dash 2 Tradeの購入をわかりやすく解説したガイドはこちら

ステップ1:暗号通貨ウォレットを開設します

metamask

最初のステップは、ERC-20トークンに対応した暗号通貨ウォレットを作り、Dash 2 Tradeのプレセールに接続します。

例えば、MetaMaskやWallet Connectは、プレセールにアクセスする為にダウンロードする事が出来る人気のウォレットオプションです。

ステップ2ETH/USDTトークンを購入します

buy eth

D2Tを購入する前に、投資家はEthereumやUSDTを購入する必要があります – これらはD2Tトークンと交換する事が出来ます。トレーダーは、適切な暗号通貨取引所からこれらの暗号通貨のどれかを購入し、それを自分の暗号通貨ウォレットに転送する必要があります。

ステップ3:ウォレットをD2Tプレセールと接続します

Dash 2 Trade ウェブサイトに行き、「Connect Wallet」をクリックします。

暗号通貨ウォレットを選択し、プレセールと接続します。

ステップ4D2Tトークンを購入します

ウォレットが接続されたら、保有している資産に応じて「ETH/USDT でD2Tを購入」のいずれかをクリックします。

アクセスしたいD2Tの量を入力し、「ETHを変換する」または「USDTを変換する」をクリックします。プレセール終了後、トークンを受け取る事が出来ます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

まとめ

この記事を通して、現在利用可能な14種類の最高のproof of stakeを取り上げ、PoSが他のコンセンサスメカニズムとどの様に違うかを説明し、その構造がどの様に機能するかを詳細に説明しました。

今、最も注目を集める仮想通貨プロジェクトは「FightOut」です。FightOutはMove to Earnの未来を担う画期的なプロジェクトで、今後大幅な伸びが期待できます。

FightOutは現在プレセールスが行われており、今後価格が上昇する前にコインを割安価格で購入することが可能となっています。そのため、FightOutの購入を検討している場合は今が買い時だと言えるでしょう。

FightOut - 100倍の成長を見込む次世代のMove to Earn

OUR RATING

FightOutのロゴ
  • LBank LabsとTransakの全面支援!
  • ワークアウトで報酬を稼げる!
  • メタバースでレベルアップとコンテスト実施
  • プレセール中 100万ドル以上の資金調達に成功!
  • 現実世界でのコミュニティと触れ合える
FightOutのロゴ

よくある質問

Proof of stakeの仮想通貨って?

SHIBA(柴犬コイン)もproof of stakeなの?

リップル(XRP)はproof of stake?

Proof of Stakeのおすすめ仮想通貨は?