Play to Earn おすすめ特集のバナー

Play to Earn とは

Play to Earn とは、暗号通貨の技術を使ったゲームで、ゲームをプレイすると稼げるため、ゲーマーだけでなく投資家などからも注目を集めています。ちなみに、Play to Earnはプレイトゥアーンという発音し、P2Eなどとも表記されます。

この記事では、どんなゲームがあるのか、また、日本でおすすめのP2E ゲームはどれなのかをご紹介します。

以下のPlay to Earn おすすめP2E ゲーム一覧では、P2E 仮想通貨獲得できる銘柄に焦点を当て、詳しいプロジェクトの背景や、ゲーム性、対応デバイスを紹介します。これで、今すぐ始められるPlay to Earnゲームが初心者さんにもすぐに見つかるはずです。

2023年|Play to Earn おすすめP2E ゲーム一覧

Play to Earn ゲーム分野に興味のある方は、2023年版Play to Earnゲームおすすめランキングをご覧ください。

  1. メタマスターズギルド – 病みつきゲームが特徴のおすすめPlay to Earnゲーム
  2. FightOut – 960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略する最高のP2E
  3. Lucky Block – おすすめのPlay to Earn ゲーム
  4. RobotEra – メタバースの土地を開発する新しいプレセールPlay to Earnプロジェクト
  5. Calvaria 異例の速さで資金調達が進むトレーディングカード系Play-to-Earnゲーム
  6. Tamadoge – トークン上場で急成長著しい「育てて稼ぐ」P2E ゲーム
  7. Battle Infinity – おすすめの新作メタバースP2E おすすめゲーム
  8. Silks – 人気のPlay-to-Earnゲーム
  9. The Sandbox – クリエイティブな人におすすめのPlay to Earn ゲーム
  10. Axie Infinity – ポケモンに匹敵するP2E おすすめゲーム

このように、どんなプレイヤーでも楽しめるゲームがあり、ゲームで遊びながらお金を稼ぐことは、一般的にとても身近なものになってきています。

以下では、Play to Earn おすすめP2E ゲーム一覧で紹介したおすすめのゲームを一つずつ詳しくご紹介します。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Play to Earn おすすめゲーム|徹底個別解説

Play to Earnゲームは、分散型台帳に基づく仮想世界で、デジタル資産を獲得し、実際のお金と交換できるという概念が根本にあります。

この記事ではマーケットでおすすめのP2E ゲームをわかりやすくお伝えします。

メタマスターズギルド | Play to Earn ゲームNo.1

メタマスターズギルド ロゴ【病みつきゲームが特徴のおすすめPlay to Earnゲーム】

メタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。熱中度の高い白熱のゲームプレイが楽しめるため、Play to Earnゲームの未来を担う存在として絶大な注目を集めています。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、P2E仮想通貨業界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。また、MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供することで、プラットフォームのリピーター率を高めているようです。

メタマスターズギルド ゲーム

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのゲームが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取るゲームです。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

P2Eゲームの未来を切り開くMMGの詳細情報を知りたいという方は、テレグラムの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

メタマスターズギルドのやり方はこちらを参照お願いします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

FightOut|Play to Earn ゲームNo.2

【960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略する最高のP2E】

FightOutの日本語ページ

健康&フィットネス業界は、世界の統計データを収集するStatistaによると2022年に960億ドルという巨額の市場規模を誇っていますが、その規模は近年伸び悩んでいます。そこで、Move-to-Earn (M2E : 動いて稼ぐ)アプリとジムクラブを融合したFightOutが、業界の火付け役となるかもしれません。

Move to EarnはPlay to Earnと同様、投資家にインセンティブを提供する仕組みで、FightOutはMove to Earnを実装する仮想通貨の中でも最も注目されている銘柄の1つです。

最大1億ドルという大規模な資金調達により、FightOutアプリ&ジムクラブは暗号通貨産業に革命を起こそうとしています。FightOutは、これまで主流であったWeb2.0の仕組みを変革し、STEPNなどのプロジェクトで実装されているWeb3.0のM2Eの弱点を克服することを目標としています。

STEPNのようなM2Eプラットフォームは、ユーザーの活動を計測してフィットネス目標に対しアプリ内通貨で報酬を与えるというアイデアを広く普及させました。しかし、FightOutはこれから紹介する数多くの機能により、それら既存のM2Eより優れたプロジェクトになる可能性があります。

まず、FightOutは歩数だけでなく、ジム内にセンサーを置くなど、新しいテクノロジーを駆使しあらゆる形態のフィットネス活動を計測します。また、このプラットフォームを利用するにあたって高価なNFTを購入する必要はありません。

FightOutのMove to Earnは、単にフィットネスの目標を達成するためだけのものではなく、総合的に健康的なライフスタイルを送ることにより報酬を得ることを目的としています。

FightOutの男性アバター

プラットフォームの軸となるのはFightOutのスマートフォンアプリで、アプリではスマホやスマートウォッチによって身体的パフォーマンスを測定・追跡します。FightOutはサブスクリプションサービスで、アプリ内の2つのトークン($FGHTとREPS)は通常の通貨と同様、FightOutに登録するために使用することができます。

運動の報酬はREPSで獲得でき、パーソナルトレーナーやFightOut独自のコーチとの遠隔コンサルティング、グッズ、アバター用のコスメなどのあらゆるアプリ内商品やサービスを、REPSで買うことができます。

$FGHTは現在0.01665002ドル(1 USDT = 60.06トークン)で販売中で、最小購入額や最大購入額の設定はありません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Lucky Block|Play to Earn ゲームNo.3

【おすすめのPlay to Earn ゲーム】

lucky blockロゴ

2023年におすすめのPlay to Earn ゲームをお探しなら、Lucky Block を超えるものはありません。簡単に言うと、Lucky BlockはBinance Smart Chain(BSC)上でホストされている革新的なPlay to Earnゲームプラットフォームで、プレイヤーに毎日ジャックポットを獲得するチャンスを提供しています。これらのジャックポットは、Lucky BlockのネイティブトークンであるLBLOCKで支払われ、迅速に賞金分配される仕組みとなっています。

LBLOCKは今年初めに分散型取引所での取引を開始し、トークン販売にかかる12%の税金が直接Lucky Blockの賞金プールに入ってきます。したがって、賞金プールは、2022年5月中旬に開始される賞金抽選を見越して、現在220万ドル以上となっています。各当選者は、Chainlink VRFサービスを使用してランダムに選ばれ、Lucky Blockが現行の規制を遵守することを確実のものにします。

Lucky Blockの毎日の懸賞のチケットは5ドルで購入でき、懸賞の支払いはLBLOCKで行われます。LBLOCKはLucky Blockのウェブサイトから数分で入手でき、ユーザーはクレジットカードやデビットカードを使ってBNBを購入してからLBLOCKに交換することができます。また、仮想通貨ウォレットをLucky Blockのプラットフォームに接続したLBLOCK保有者は、毎日行われる懸賞に無料で参加できるチケットを受け取ることができます。

lucky block japan

これらの賞品抽選とは別に、Lucky Blockはデジタルおよび物理的なアイテムが当たる膨大な数の抽選など、追加のPlay to Earn機能を提供する予定です。また、「Games Gallery」では、地域別のPlay to Earnゲームが用意されており、プレイヤーに賞品獲得のチャンスを提供しています。さらに、Lucky Block のNFTをお持ちの方は、プラットフォームのメイン抽選と同時に行われる日次抽選に参加することができ、毎日2回の当選のチャンスがあります。

Lucky Block のプラットフォームは、これらの機能によって非常に高い評価を得ており、公式Telegramグループのメンバーが 46,000 人を超えていることがそれを証明しています。賞金の抽選が間もなく始まるので、Lucky Block は間違いなく、最高のPlay to Earnゲームとして、私たちのおすすめの1つです。

次のおすすめPlay to Earnゲームを紹介する前に、Battle Infinityの買い方に関する最新の記事では、2022年に爆発的に普及する可能性のある新しい暗号通貨関連の基礎知識とチェック項目を説明しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

RobotEra|Play to Earn ゲームNo.4

【メタバースの土地を開発する新しいプレセールPlay to Earnプロジェクト】

RobotEra は、プレイヤーがユニークなロボットNFTアバターとメタバースランドをカスタムツールで購入・構築できるPlay to Earnの暗号資産プロジェクトとして、2023年に購入すべきすすめNFTです。

NFTの鋳造と売却は、プレイヤーがこのゲームから収入を得るための2つの方法であり、ネイティブトークン$TAROの所有が必要です。このトークンはプレセールの第一段階を開始したばかりで、2023年に買うべき新しい暗号通貨の1つに選ばれています。

robotera 1

このメタバースNFTは、Sandboxより良い選択肢として、プレイヤー自体が個性的なロボットのNFTアバターを作成し、メタバース上の土地を開発します。

プレイヤーはロボット自体をアップグレードし、ユニークなロボットを設計し、NFTとして取引所で販売することができます。

プレイヤーはメタバース上で土地を購入し、インフラを整備して惑星「Taro」を開発します。このゲームでは、鉱物の採掘、建物の建設、広告用ブランドへのビルボードの貸し出しが可能で、土地を収益化するにはロボットの所有が必要となります。

スクリプト言語にはほとんど制限がなく、物理、3Dシーン、サウンドなどを土地の区画で実現することができます。やがて、プレイヤーが自分のメタバースにふさわしいものを自由に構築することで、新たなユースケースが出現することでしょう。

また、「RobotEra」が「The Sandbox」と異なる点として、他の世界と接続し、コンサートやイベントの開催に参加できる「マルチバース」を提供していることが挙げられます。

プレイヤーはNFTのオリジナル作品を投稿して美術館に展示したり、他のNFTコミュニティを招待して新しいメタバースを構築することができます。

もう一つの特徴は、RobotEraのゲーム内報酬の多様性です。御神木を育てる、NFTを売る、TAROトークンを賭けるなど、惑星Taroの開発に貢献することで報酬を得ることができるのです。

この機会にRobotEraのTelegramチャンネルに登録し、NFTやその他のゲーム内アセットに関する最新情報を入手しましょう。

RobotEraのホワイトペーパーによると、プレイヤーは$TAROトークンを所有しなければ、ゲームの全ての特典を享受することができないとされています。

プレセールの最初のステージでは0.02ドル、その後のステージでは最大60%までコインの価値が上昇してしまうため、より良い価格で$TAROを手に入れるためには早めに購入した方が良いでしょう。

プレセール開始 Q4 2022
購入方法 ETH, USDT
チェーン イーサリアム
最低投資額 1,000 TARO
最大投資額 N/A

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Calvaria|Play to Earn ゲームNo.5

【異例の速さで資金調達が進むトレーディングカード系Play-to-Earnゲーム】

新しいP2EゲームCalvariaメイン画面

Calvaria: Duels of Eternityは、非代替性トークン(NFT)トレーディングカードをゲームに取り入れた、新進気鋭のPlay to Earnゲームプラットフォームです。同プラットフォームは、「死後の世界」をテーマにした設定で、プレイヤーはさまざまなキャラクター(NFT)を購入して勝利を目指します。他のプレイヤーとトップの座を争い、勝利することで報酬が得られる仕組みとなっています。このゲームの最も魅力的な特徴のひとつは、死後の世界を表現する宇宙で、しっかりとデザインされたキャラクターたちが繰り広げる物語体験です。チームはそのミッションについて、このプロジェクトが現実世界と仮想世界の間になることを目指しており、ビジョンは「持続可能で報酬の高いトークノミクスモデルでゲーム業界の巨人に匹敵する、楽しくてアクセスしやすいゲームを作ること」だと述べています。

他のP2Eゲームと異なるのは、無料でプレイできる点です。有料版も用意されていますが、通常、ゲームをプレイする前になんらかの契約を結んだりする必要はありません。プレセールはフェーズ2で旋風を巻き起こし、フェーズ3もまもなく完了する予定です。このフェーズでは120万ドル(約1億7600万円)の調達に成功し、88%を達成。プレセールは次のフェーズに進むことが決定しました。

RIAの価格は上昇し続けており、プレセールが進むにつれて今後も上昇すると予想されています。プレセールはCalvariaのクリエイターによって10段階に分けられており、最終段階でのトークン価格は0.010ドルから0.055ドルへ高騰するとされています。つまり、最初のステージでRIAを購入した投資家は、デジタル資産が中央の取引所に上場する前に450%の利益を得られる可能性があるのです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Tamadoge|Play to Earn ゲームNo.6

【トークン上場で急成長著しい「育てて稼ぐ」P2E ゲーム】

投資性が高いという点でおすすめのPlay to Earnは、最近1,900万ドルを集めてプレセールラウンドを完売した新しいPlay to Earnゲームプロジェクトです。

Tamadogeは、CryptoKitties、Neopets Meta、CatecoinのようなスタイルのNFTペット育成ゲームで、DOGEをテーマに、ミームコインの大衆性を利用しつつ、より実用性を高めることを目的としています。

tamadogeの画面

ゲーム名は、「たまごっち」をもじっています。また、ロードマップの後半では、犬の散歩をすることで報酬を得ることができる「Move to Earn(動いて稼ぐ)」機能を実装する予定です。

このプロジェクトの詳細については、以下のリンクを参照してください。また、公式Telegramをフォローすることで最新情報を入手できます。(仮想通貨Telegramグループの詐欺にはご注意ください。)

20億トークンが供給され、トークンの50%がプレセールで購入可能でした。暗号通貨市場が弱気であるにもかかわらず、Tamadogeは1,900万ドルを調達し、2022年9月18日にプレセールラウンドを完了しました。9月27日、TamadogeはOKX取引所(100 + 国で利用可能なグローバルな仮想通貨取引所)へ上場しました。

このトークンはOKXのDEXとCEXの両方で購入できるため、住んでいる場所の規制に関係なく参加することができます。TAMAは0.03ドルで発売された後、0.16ドルに達し、4倍以上の価格上昇となりました。現在、TAMAは1トークンあたり0.14ドルで取引されており、UniswapとBitMartでも購入することができます。また、10月5日にはLBankとMEXCに上場する予定です。

Tamadoge のTelegram チャンネルをフォローすると、Tamadogeの最新情報を入手することができます。Telegramの管理者があなたに先にDMを送ることはありません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Battle Infinity|Play to Earn ゲームNo.7

【おすすめの新作P2E おすすめゲーム】

Battle Infinityのロゴ

近日発売予定のPlay to Earnゲーム「Battle Infinity」の開発者は、ゲームと仮想世界を融合させ、プレイヤーに多くのメリットを提供するプラットフォームを提供することを目的としています。プレイヤーは6つのプラットフォームにアクセスでき、IBATプレミアリーグはメタバースと統合されたファンタジースポーツゲームを提供します。

プレイヤーはまず、試合やリーグに参加するためにNFTパスを購入しますが、その際、プラットフォームのネイティブトークンであるIBATを購入することで参加できます。コインの購入は、NFTパスの取引や報酬を他の資産に変換するために設計されたプラットフォームであるBattle Swapで可能です。Battle Stakingでは、プレイヤーは報酬を求めて戦い、Battle Marketでは、従来のゲーム業界では通常価値を持たないアセットやキャラクターに価値を与えることができます。

battle infinityの画面

Battle Arenaでは、プレイヤーは自分だけのアバターを持つことができ、Battle Marketを利用して服装や髪型を変更することで、アバターをアップグレードすることができます。また、キャップやジュエリーを追加することも可能です。Battle Gamesプラットフォームでは、プレイヤーは複数のP2E ゲームにアクセスし、報酬を得ることができます。プレイヤーは獲得したNFTを他の通貨に売却することもできます。

常連のプレイヤーは、IBATの取引手数料の一部を受け取る形でグローバルステーキングプールから報酬を得ることができます。また、IBATを所有することで、プレイヤーはプラットフォーム上のビルボードへの広告に利用することができます。

プレイヤーはBattle InfinityのTelegramグループを通じて最新情報を入手することができます。(管理者が直接DMを送ってくることは決してありません。詐欺にはご注意下さい)成長の可能性を秘めたプロジェクトを探している投資家は、Battle Infinity以上のものは無いでしょう。現在、プレセールは早期に完売しましたが、PancakeSwapなどの暗号通貨取引所に上場される予定です。

IBATについては、Battle Infinityの価格予想記事で詳しくご紹介しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Silks|Play to Earn ゲームNo.8

【人気のPlay-to-Earnゲーム】

様々な分野のP2Eゲームを数十本分析した結果、私たちが選ぶ今年のおすすめNFTPlay-to-EarnゲームSilksです。現実のサラブレッド馬を再現した、世界初のデリバティブ型Play-to-Earnです。

NFTゲームSILKSの画面

Silksは、年間110億ドル規模の競馬業界をモチーフにしています。この業界は、不況下でも、常に校長です。2022年も例外ではなく、サラブレッド馬の売上と賞金において記録的な年となりました。

Silksは、血統、調教の進捗、レース結果など、実在のサラブレッド馬に関する公開データと統計情報をオンチェーン化し、2023年に最も期待されるNFTの一つである「Silksホース」を発売します。このメタバースゲームは、競争の激しいビデオゲーム市場において大きな優位性を持つ、Play-to-Earnの機能を満載しています。

Silksの経営には、競馬業界出身の経験豊かな人材が携わっています。例えば、共同設立者の一人であるトロイ・レヴィ氏は、アメリカのサークル8ファームのオーナーであり、サラブレッド馬の育成とレースを多角的に展開するトロピカルレーシングのCEOでもある、競馬業界で成功を収めた起業家です。この両社は、Silksと戦略的パートナーシップを結んでいます。

Silks馬以外に、Silks経済の中心となるNFTは、Silksアバター、ステーブル、ランド(土地)です。これらのNFTはそれぞれ、プラットフォームのゲームメカニズムを推進する上で重要な役割を担っています。例えば、現実世界の馬がレースに勝ったり、子供を産んだりするたびに、報酬が支払われます。

手入れをする時間やスキルがない場合は、Community Horse Farmsにステークして、NFTステーキング報酬を得ることができます。一定の手数料と、Silks馬が生み出す報酬の分配と引き換えに、Silks上の土地に自分でホースファームを作ることができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

The Sandbox|Play to Earn ゲームNo.9

【クリエイティブな人におすすめのPlay to Earn ゲーム】

Play to Earnをご存知の方は、すでにこのPlay to Earnゲームを知っている可能性が高いでしょう。The Sandboxは、クリエイティブな人におすすめのPlay to Earn ゲームの1つです。The Sandboxは、イーサリアムベースのオープンワールドゲーム(「制限がない」ゲーム)として作られました。その後、同タイトルはPolygonのレイヤー2、すなわちカーボンフットプリントと手数料の削減、そしてスピードアップのために切り替えられました。

これは人気のGameFi暗号通貨、トークンプロジェクトで、RobloxやMinecraftに匹敵するゲームです。ゲームをデザインし、自分の世界を構築し、ソーシャルセンターで冒険することができます。これらはすべて報酬を獲得するために販売することができます。例えば、自分のミニゲームを作って、それをプレイする人に向けて課金システムを構築することもできます。

The Sandboxの最も貴重な資源は「LAND」です。各LANDは、仮想の土地所有権を象徴するNFTです。また、プレイヤーは自分でユニークなロケーションをデザインすることができます。そのため、自分のLANDを他の人に貸すことも可能です。

The sandbox play to earn

また、このPlay to Earnゲームでは、自分だけのオリジナルグッズを作って販売することができます。そのため、アート制作が好きな方は、制作した作品をマーケットで販売し、SANDトークンを獲得することも可能です。また、SANDトークンはメタバースにおいて、有価、ガバナンス、モーゲージなどに利用されています。

プラットフォーム上でコンペティションに参加したり、ゲームをプレイしたりすると、SANDトークンを獲得することができます。The Sandboxはスマホアプリのほか、PC、iPad、Macでも利用可能です。eToroでは、Sandboxトークンを安価かつ低い手数料で購入することができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Axie Infinity|Play to Earn ゲームNo.10

【ポケモンに匹敵するP2E おすすめゲーム】

Axie Infinityは、プレイヤーがゲームの一部を操作・運営することができます。任天堂の『ポケットモンスター』シリーズから着想を得たタイトルです。プレイすることでAXSトークンを獲得し、そのトークンを使ってゲームを攻略しやすくすることができます。

ゲームプレイ中、仲間を集め、戦わせることになります。モンスターと戦い、タスクを完了すると、トークンを稼ぐことができます。Axie NFTはプレイヤーの財産となり、転売することができ、うまくいけば利益を得ることができます。

このゲームは、イーサリアムのプラットフォーム上で動作しますが、同時に取引コストとレイテンシー(通信の遅延)の低減を支援するサイドチェーンであるRoninを使用しています。また、ゲーム内の経済は、イーサリアムベースの仮想通貨を使用しています。Axiesを育成することで、より強力なチームを作ることができ、さらにNFTを生成してマーケットで販売することも可能です。

axie infinityの画面

このAxiesはプレイヤー自身のものであり、すべての所有権はあなたにあります。そのため、Axiesは転売することができ、プレイ中にインセンティブを得るために使用することができます。NFTAxieを購入し、自分が持っているAxiesを欲しがっている人がいれば、他のプレイヤーと交換して利益を得ることも可能です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Play to Earnゲーム用の仮想通貨を購入する場所

最高のPlay to Earnゲーム用の仮想通貨を購入するために適切な場所を選ぶことは簡単な作業ではありません。プラットフォームが規制されているかどうか、どれくらい取引手数料で支払わなければならないか、その他多くの要素について考える必要があります。

OKXをおすすめする理由:

OKX – 日本でPlay to Earnゲームで仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所

OKXロゴ

日本でPlay to Earnゲーム用の仮想通貨を購入する場所として総合的に最も優秀なのは、OKXです。100以上の国々にわたって2,000万人以上のユーザーを持つOKXは、世界最大の仮想通貨取引所の1つです。このOKXのレビューは、プラットフォームに特徴的ないくつかの機能があります。例えば、中央集権型および分散型交換、仮想通貨のローン、デジタル資産のマージン取引オプション等です。

さらに、OKXは350以上の仮想通貨資産を提供しており、スポット取引、先物契約、マージン取引、パーペチュアルスワップを利用することが可能です。投資家はOKXでビットコイン、イーサリアム、Cardanoやその他の一般的な仮想通貨を購入することができます

okxのウェブサイト画面

注目すべきは、OKX CEXがカストディアン(投資家 に代わって 有価証券 の管理「カストディ 」を行う機関)として機能することです。つまり、すべてのフィアット通貨または仮想通貨が取引所の保管下にあることを意味します。銀行がフィアット通貨を保管するのと同様に、投資家はOKX CEXを信頼して資産と資金を安全に保管することができます。OKX CEXにより、投資家はビットコイン、イーサリアムおよび350以上の資産などの魅力的な仮想通貨を購入することができます。

OKX CEXにサインアップしてアカウントを作成すると、入金手数料なしで仮想通貨をフィアット通貨で直接購入することができるようになります。スポット取引とは別に、投資家は仮想通貨の先物取引(特定の資産をあらかじめ決められた価格で将来購入または売却する契約を表す)にアクセスすることもできます。

OKX DEX

OKX DEXは中央集権的な取引所とは異なり、非カストディアンです。つまり、投資家は資産を単独で管理し、秘密鍵を持つ仮想通貨ウォレットに保管します。OKX CEXとは異なり、投資家は投資を開始するためにOKXのアカウントを作成する必要はありません。また、取引はフィアット通貨を預けるのではなく、仮想通貨交換という形で行われます。

okxのnftウェブ画面

その代わり、MetaMaskやOKX独自のウォレットなどの仮想通貨ウォレットを接続し、OKX DEXと接続して仮想通貨間の交換を行うだけでよいのです。OKX DEXの最大の利点は、日本の投資家がアクセスしやすいことです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Play to Earnとは何かをわかりやすく説明

有料ゲームや無料ゲームから、遊びながら稼ぐPlay to Earn ゲームへとゲーム業界は進歩しています。

  • Play to Earnのゲームには、ゲーム経済を支えるトークンが搭載されています。これらのゲーム内通貨で、購入、取引、販売、およびプレイを行います。
  • ただし、初期投資が必要なプレミアムゲームもあれば、無料で遊べるゲームもあります。
  • 詐欺的なプロジェクトが存在するため、投資をする前に正当性を確認することが不可欠なのです。
  • おすすめのPlay to Earnゲームから始めれば、十分な報酬が得られるので、夢中になって遊べます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Play to Earnゲームの仕組み

お気づきのように、Play to Earn ゲームは、そのスタイルやジャンルが異なりますが、プレイしながら稼ぐというでは共通点があります。

Play to Earn ゲームをプレイして稼ぐ方法については、以下の基本的な事項をご覧ください。

さまざまなタスクをこなす

従来のゲームと同様、優れたPlay to Earn ゲームは、プレイヤーが様々なタスクを完了することで報酬を得ることができる場合が多いといえます。

レベルについても同様で、多くのPlay to Earnゲームは、プレイが進むにつれて、より価値の高い報酬を得ることができます。

Play to Earn 、P2Eゲーム

最高のPlay to Earnゲームの多くは、NFTを使用しています。つまり、プレイヤーはゲーム内から分散型台帳上のユニークなデジタルアイテムの所有権を得ることができるのです。獲得したNFTを所有することで、これらのアイテムを他の人に売買することができます。

ゲームを作って再販できるものもあります。NFTは、土地、アートワーク、ウェアラブルアイテム、アバター、武器、競走馬などの形にすることができます。

ゲームのメカニズムによっては、NFTはカスタマイズ可能なキャラクターとして表現されることもあります。Axie Infinityで取引可能なモンスターNFTがその良い例です。

Play to Earnゲームの仮想通貨

Play to Earnのゲームの中には、独自のゲーム内仮想通貨を持つものもあります。例えば、人気のゲーム「Decentraland」では、仮想の土地はイーサリアムをベースにしたアルトコインであるMANAによって管理されています。

  • この特別なゲームでは、Decentralandの仮想通貨は、プレイヤーがアプリケーションのマネタイズ、土地の購入、NFTの購入などに使用されます。
  • また、独自の仮想通貨SANDを持つThe Sandboxもその一例です。
  • 多くの場合、このトークンは引き出され、イーサリアムのようなものに交換されます。

イーサリアムプラットフォーム上に構築されたStar Atlasなど、既存のデジタル通貨を使用したPlay to Earnゲームもあります。ファンタジーサッカーのPlay to Earnゲーム「Sorare」もイーサリアム上に構築されており、報酬はETHトークンとして付与されます。

Play to Earnゲームの種類

先ほども言ったように、Play to Earnゲームといっても、さまざまなジャンルがあります。

以下の通り、Play to Earn ゲームカテゴリ別に最高のPlay to Earnゲームをリストアップしました。

カード型Play to Earnゲーム

カードゲームで勝利するためには、戦略や戦術が必要になることが多いため、報酬を得るためには論理的に考える必要があります。

この種のPlay to Earnの好例が「Gods Unchained」です。このゲームでは、報酬を得るために、強力なデッキを構築し、戦闘技術を駆使して、対戦相手の裏をかく必要があります。

gods unchainedの画面

別の例では、Sorareは、プレイヤーは現実世界のサッカー選手を表すNFTカードを購入することができます。ポイントを獲得し、イーサリアムトークンを得るためには、試合前に適切なサッカー選手を慎重に選択する必要があります。

不動産型Play to Earnゲーム

Play to Earnゲームは、現実と仮想世界の境界を無くすことさえできます。その例が、Decentralandのような、土地の区画を購入して不動産を開発できるタイプのPlay to Earnゲームです。

Decentralandで利用するのは、ゲーム内で購入するLANDという非代替性のデジタルアセットです。

Decentralandのシステムには、90,600以上の仮想土地区画が存在します。それぞれはLAND NFTの形をしています。そのため、土地を売買する場合、実際にはNFTの取引となります。

LANDを手に入れれば、どんなことだってできます。仮想都市をまるごと開発するために活用することもできます。

レーシング型Play to Earnゲーム

このタイプのPlay to Earnゲームでは、レースの世界に参加することができます。Silksは、マーケットでおすすめのNFT競馬プロジェクトを提供するこのカテゴリの中でも人気があります。

silks

分散型台帳上に構築されたデジタルワールドのおかげで、人々はメタバースでサラブレッド馬をNFTとして購入し、所有し、販売することができるのです。

アドベンチャー型Play to Earnゲーム

Alien WorldsのようなPlay to Earnゲームでは、宇宙探検家としてプレイします。このゲームでは、エイリアンを狩って本当のお金に交換することができるコインを獲得することが目的となります。

さらに、プレイヤーはゲーム内のトークンやNFTをマイニングするだけでなく、コンペティションに参加することも可能です。その他、アドベンチャーゲームで稼ぐ例としては、PirateXPirateやForest Knightなどがあります。

Move to Earnアプリ

Play to Earn業界の新しいトレンドは、ランナー向けアプリ「STEPN」のような、「移動して稼ぐ」ゲームやアプリです。

携帯電話でGPSに接続しているユーザーは、ジョギングをするだけで、トークン(ここではGreen Metaverse Token、GMT)を獲得することができます。運動すればするほど、獲得できるトークンも増えます。ただ、最初にNFTであるデジタルスニーカーを購入する必要があるのが難点です。

Play to Earnゲームで遊ぶメリット

Play to Earnゲームで遊ぶ主な利点は以下のとおりです。

無料のオンラインゲームをプレイしてお金を稼ぐ

Play to Earnゲームの多くは、無料で利用できます。これは、最初にリスクを取ってお金を投資することなく、報酬を獲得することができることを意味します。このタイプのゲームの本質は、稼ぐためにプレイすることです。NFTや仮想通貨という形で報酬が与えられます。これは、ゲーム内で高いレベルに到達したり、戦闘に勝利したり、新記録のスコアを獲得したりすることで得られます。

日本では多くのPlay to EarnゲームでNFTの獲得・所有・売却が可能

先にも触れましたが、獲得または購入したNFTは、財産となります。NFTはゲーム内ではなく、分散型台帳に保存されます。例えば、NFTを受け取るためにランクを上げる必要があるゲームをプレイしているとします。

AxieのNFTキャラクター

希望すれば、NFTのコレクションに満足するまでプレイして、他のマーケットプレイスで売ることも可能です。NFTを集めている人もいるので、自分のものを売ればそれなりの利益が出るかもしれません。

各NFTは唯一無二であり、場合によっては大きな価値を付加することができます。Axie Infinityは、レアなNFTを探している人にとって、最も人気のあるPlay to Earnゲームの1つであると言っても過言ではありません。

日本におけるPlay to Earnゲームの利用可能端末

自分好みのPlay to Earnゲームが決まったら、の端末で遊べるか気になりますよね。

以下、いくつかの例をご覧ください。

  • The Sandboxは、iOSやAndroid端末のほか、Blackberry、Mac、iPadなど、さまざまなデバイスで利用可能です。
  • Axie Infinityは、スマートフォンのほか、Edge、Firefox、Chromeでもプレイすることができます。
  • Decentralandはデスクトップのウェブブラウザでのみ利用可能です。

タイトルにアクセスできる端末によって、遊びたいゲームが決まるかもしれません。

これから来るPlay to Earnゲーム

NFTの新しいプロジェクトは何がおすすめなのか、考えたことがあるかもしれません。仮想世界や没入型Play to Earnゲームが人気を集めています。そのため、今後リリースされる作品は、お小遣い稼ぎをしたい方にとって、間違いなく注目すべきものです。

新しいゲームに参加し、できるだけ早くトークンを入手することで、ゲームの基盤となる仮想通貨の成長の恩恵を受ける可能性が高くなります。

そのためには、そのゲームがこれからも存在する仮想通貨を使っているかどうかが大事になってきます。また、新しいゲームをプレイし、報酬を獲得できる条件を把握することが大切です。例えば、自分自身のキャラクターやチーム、場合によっては都市の建設も含まれるかもしれません。

新しいNFTの画面

今後発売されるPlay to Earnゲームを以下のリストで確認することができます。

  • Silks – これは待望の分散型の競馬ゲームです。先に触れたように、すべてのNFTは本物のサラブレッド馬をベースにしています。これにより、実際の競馬イベントに基づいたNFTを取引し、利益を上げることができます。
  • Binemon – このPlay to Earnゲームは、現在、人気を博しています。ユーザーは、バーチャルペットを育成し、販売することでお金を稼ぐことができます。デュエルやトーナメント、戦いに勝つと報酬がもらえ、それを使って新しいモンスターを作ったり、売ったりして現金に換えることができます。NFTである卵や土地は、戦いの中で手に入れることができます。
  • Angelic – 分散型台帳技術を利用した物語性のあるRPGタイトルで、今後登場するPlay to Earnゲームの中で最も期待されるものの一つです。Angelicは、Solanaプラットフォームに基づいた分散型エコシステムを持つ、マルチプレイヤーSciFiゲームです。この分散型台帳ベースのゲームは、2023年第3四半期に発売されると、PC、XBox、Playstationにアクセスできるようになります。

また、リリースが予定されている既存ゲームのPlay to Earnバ―ジョンにも注目です。オンラインでゲームをプレイしてお金を稼ぐ場合、暗号通貨やNFTなどのデジタル資産には多くのリスクがあることを忘れてはいけません。

そのため、購入前には必ず十分な調査を行い、この空間がいかに不安定なものであるかを念頭に置くことも必要です。

スマートフォンでPlay to Earnゲーム

今日お話したAndroidとiOSのためのPlay to Earn ゲームを獲得する最高の遊びには、Sorare、The Sandbox、Axie Infinity、Forest Knight、Splinterlandsなどがあります。

しかし、前述したように、Play to Earnのゲームが初期段階にある場合、開発者がAndroidやiOSで利用できるようになるまでには少し時間がかかるかもしれません。

そのため、今すぐスマートフォンで遊びたい、稼ぎたいという方は、より実績のあるタイトルに絞る必要があるかもしれません。

Play to Earnゲームの始め方

Play to Earnのゲームを始めるための条件は、プロジェクトによって異なります。無料でアクセスできるゲームもあれば、NFTまたはそのネイティブな暗号資産を購入しなければ始められないゲームもあります。

以下では、今年最も期待されるP2Eゲームの一つである「Robotera」のプレイ方法を詳しく紹介します。このセクションでは、プレセールキャンペーンで仮想通貨TAROを購入する方法を包括的にご説明します。

ステップ1:MetaMaskウォレットの取得

RobotEraのプレセールサイトにアクセスする前にまずすべきことは、イーサリアムネットワークをサポートする仮想通貨ウォレットを入手することです。これは、RobotEraのプレセールに参加するために、ETHまたはUSDTトークンで支払いを行う必要があるためです。

この際、おすすめの仮想通貨ウォレットは、MetaMaskです。この人気のウォレットは、ユーザーフレンドリーである上、ダウンロードやメンテナンスが無料であり、高い安全性を備えています。

また、MetaMaskは、Chrome、Firefox、Edgeに対応したWebブラウザ拡張機能、およびiOSとAndroidに対応したモバイルアプリからダウンロードすることが可能です。

初心者は通常、MetaMaskのブラウザ拡張機能を使用します。これは、RobotEraのような暗号通貨のプレセールへのアクセスを容易にするためです。

次のステップは、MetaMaskウォレットの設定です。これは、ユーザーがパスワードを入力するだけです。次の画面では、MetaMaskが「バックアップ用パスフレーズ」を表示します。これは12個の単語からなる文字列です。

パスワードを忘れたり、ノートパソコンやモバイル機器を紛失したり、盗まれたりした場合に、ウォレットにアクセスできるようにするものです。

ステップ2 – ETHまたはUSDTの購入

次に、ETHまたはUSDTがMetaMaskに保管されているかどうか確認する必要があります。

現時点で、ETHやUSDTを持ってない場合は、日本で最も便利な仮想通貨取引所であるOKXを利用して購入しましょう。

ETHやUSDTをデビットカードやクレジットカードで購入するには、最初から最後まで、KYCプロセスを含めても、わずか5分しかかかりません。

ステップ3 – MetaMaskにETHまたはUSDTを送金

このステップでは、ETH または USDT トークンを MetaMask に転送する必要があります。

  • まず、MetaMaskを開き、ダッシュボードからERC-20ウォレットアドレスをコピーしてください。
  • これはMetaMaskインターフェースの上部にある「Account 1」タブの下に表示されます。
  • 次に、ETH または USDT トークンを出金するため、現在保有している暗号通貨取引所に移動します。
  • 出金の際は、先ほどコピーしたMetaMaskのウォレットアドレスを貼り付けてください。

出金確認後、OKXのような取引所では10分以内に送金処理が行われます。

ステップ 4 – MetaMask をRobotEraのダッシュボードに接続

この段階で、MetaMaskウォレットにはETHまたはUSDTトークンが入っているはずです。次にRobotEraのウェブサイトに行き、「Connect Wallet」をクリックします。これは MetaMask がインストールされているデバイスから行う必要があります。

robotera_wallet

ウォレットをRobotEraに接続することを選択すると、MetaMaskの通知が表示されます。これは、MetaMaskウォレットの所有者にRobotEraへの接続を希望するかどうかを確認するためのセキュリティ上の手続きです。

ステップ5 – 仮想通貨RobotEraのプレセールに投資

MetaMaskとRobotEraを接続したら、最後は注文を確定します。まず、支払い通貨としてETHまたはUSDTを選択します。次に、購入するTAROトークンの数を入力します。

なお、プレセールの最低投資額は1,000TAROトークンです。ステージ1では1トークンあたり0.020ドルなので、最低投資額は20ドルになります。

ただし、プレセール投資にもイーサリアムのネットワーク手数料、つまりガス代がかかることも忘れないようにしましょう。これは、数ドルから20ドル以上となります。これは、投資時のイーサリアムネットワークの混雑具合によります。

robotera japan

最後に、MetaMask経由でプレセールで暗号通貨を購入をすると、再度承認を求められます。これにより、ETHまたはUSDTがRobotEraに転送され、プレセールでの購入が確定します。

TAROトークンは、プレセールが終了した後に請求することができます。この場合、投資家は自分のMetaMaskをプレセールダッシュボードに接続する必要があり、TAROトークンはウォレットに転送されます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

まとめ

以上、2023年版Play to Earnゲームのベスト9について、Play to Earnの意味や仕組み、始め方などをわかりやすく解説してきましたが、いかがでしたか?Play to EarnのPlay to Earn ゲームは人気が高まっており、今日お話ししたように、多くのジャンルがあります。

OKXは安全で低コストのプラットフォームを提供しており、プレイヤーは最高のPlay to Earn ゲームにアクセスするために必要な仮想通貨を購入することができます。さらに、OKXの手数料は非常に低く、暗号通貨を小さな端数で購入することも可能です。

今、最も注目を集める暗号通貨プロジェクトは「FightOut」です。FightOutはMove to Earnの未来を担う画期的なプロジェクトで、今後大幅な伸びが期待できます。

FightOutは現在プレセールスが行われており、今後価格が上昇する前にコインを割安価格で購入することが可能となっています。そのため、FightOutの購入を検討している場合は今が買い時だと言えるでしょう。

その他のPlay to Earnゲームのうち、Lucky Block、Battle Infinity、TamadogeはOKX、Uniswap、BitMartに上場後、4倍以上の価格をつけています。さらに、Tamadogeは2023年10月5日にLBankとMEXCの取引所に上場しました。

NFTゲームブロックチェーンゲームは今注目されている分野なので、見逃せません。さらにはメタバースの仮想通貨も徐々に需要が増えてきており、メタバースのETFが出るくらいになってきています。

なお、仮想通貨の1000倍銘柄や草コインミームコインなどの高騰が見込める暗号資産に興味がある人は、Play to Earnゲームのような新しい分野には惹かれるのではないでしょうか。なお、P2Eプロジェクトのネイティブコインが、プレセールICOにて低価格で入手できる点はあまり知られていないので、チェックしておくと良いでしょう。今後、そのサイトでもおすすめの仮想通貨として取り上げるに値する代物に化けることもありえるでしょう。

さらに、トークンすなわち仮想通貨のエアドロップを実施しているプロジェクトもあるので、登録だけでもしておくと良いかもしれません。

FightOut - 100倍の成長を見込む次世代のMove to Earn

OUR RATING

FightOutのロゴ
  • LBank LabsとTransakの全面支援!
  • ワークアウトで報酬を稼げる!
  • メタバースでレベルアップとコンテスト実施
  • プレセール中 100万ドル以上の資金調達に成功!
  • 現実世界でのコミュニティと触れ合える
FightOutのロゴ

Meta Masters Guilds - 新世代のブロックチェーンゲーム

当サイトの評価

MEMAGのロゴ
  • トップレベルのゲーム開発から支援あり
  • 現在、絶賛プレセール中
  • 発行枚数上限あり、ベスティングなし
  • NFTで遊べる!さらに報酬やステーキングあり
  • Solid ProofやCoinsniperによって承認済み
MEMAGのロゴ

FAQs

Play to Earnゲームの仕組みは?

どんなゲームでお金を稼ぐことができるの?

Play to Earnゲームにはどんなものがある?

Play to Earnゲームは日本で合法なの?