Move to Earn おすすめ特集のバナー

Move to Earn とは

Move to Earn とは、「歩く」「走る」といった、アクションをするだけで仮想通貨が稼げることで注目を集めている仕組み・サービスです。Move to Earn、M2EMove 2 EarnMove2Earnなどと様々な表記で記されますが、読み方は「ムーブトゥーアーン」というのが一般的です。

この記事では、Move to Earn (M2E)がどのような仕組みでなぜ仮想通貨が稼げるのか、M2E おすすめランキングなどと共に、これから注目していきたいおすすめのMove to Earn銘柄を詳しく紹介します。

Move to Earn おすすめランキング

ここでは、Move to Earn おすすめサービスを紹介します。Tamadoge (TAMA) とGenopets (GENE)など、新しいプロジェクトが目白押しなので、興味を持っている方なら楽しんでいただけるはずです。

ちなみに、Move to Earn は、比較的新しいサービスのため、現時点では、CoinGeckoの上位4サービスだけが1,000万ドルを超える時価総額を保有しているという状態です。皆さんもMove to Earn アプリを利用して、健康的になってさらに、資産拡大を図りましょう!

  1. FightOut – 960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略する最高のMove to Earn
  2. Tamadoge (TAMA) – 2022年に登場した仮想犬を散歩させるとTAMAコインを獲得できるという新しいサービス
  3. RobotEra (TARO) – TAROは、マルチタスクの報酬を提供するP2Eステーキングコイン
  4. Battle Infinity (IBAT) – ARヘッドセットでプレイする今後のファンタジースポーツのメタバースゲームサービス
  5. STEPN(GMT) – M2E おすすめの定番「Stepn」のガバナンストークンで時価総額は最大
  6. STEPN(GST:Green Satoshi Token) – STEPN(StepN)のリワードトークンで、時価総額2位のM2E仮想通貨
  7. Step App (FITFI) – Step Appは、ランナー、ジョガー、ウォーカーのためのStepNの競合Move to Earn
  8. Genopets (GENE) – 2023年にローンチする予定であるの稼ぐためのMove to Earn
  9. Dotmoovs (MOOV) – 競技スポーツのMove to Earn

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Move to Earn(M2E)のおすすめサービス(銘柄)紹介

ここでは、上記のランキングで紹介したMove to Earn サービスを、各サービスごとにくわしく紹介していきます。

FightOut|M2E おすすめNo.1

【960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略する最高のMove to Earn】

FightOutの日本語ページ

健康&フィットネス業界は、世界の統計データを収集するStatistaによると2022年に960億ドルという巨額の市場規模を誇っていますが、その規模は近年伸び悩んでいます。そこで、Move to Earn (M2E : 動いて稼ぐ)アプリとジムクラブを融合したFightOutが、業界の火付け役となるかもしれません。

最大1億ドルという大規模な資金調達により、FightOutアプリ&ジムクラブはこの世界で最も注目される産業の一つをひっくり返そうとしているのです。FightOutは、これまで主流であったWeb2.0の仕組みを変革し、STEPNなどのプロジェクトで実装されているWeb3.0のM2Eの弱点を克服することを目標としています。

STEPNのようなM2Eプラットフォームは、ユーザーの活動を計測してフィットネス目標に対しアプリ内通貨で報酬を与えるというアイデアを広く普及させました。しかし、FightOutはこれから紹介する数多くの機能により、それら既存のM2Eより優れたプロジェクトになる可能性があります。

まず、FightOutは歩数だけでなく、ジム内にセンサーを置くなど、新しいテクノロジーを駆使しあらゆる形態のフィットネス活動を計測します。また、このプラットフォームを利用するにあたって高価なNFTを購入する必要はありません。

FightOutのM2Eは、単にフィットネスの目標を達成するためだけのものではなく、総合的に健康的なライフスタイルを送ることにより報酬を得ることを目的としています。

FightOut プレセール

プラットフォームの軸となるのはFightOutのスマートフォンアプリで、アプリではスマホやスマートウォッチによって身体的パフォーマンスを測定・追跡します。FightOutはサブスクリプションサービスで、アプリ内の2つのトークン($FGHTとREPS)は通常の通貨と同様、FightOutに登録するために使用することができます。

運動の報酬はREPSで獲得でき、パーソナルトレーナーやFightOut独自のコーチとの遠隔コンサルティング、グッズ、アバター用のコスメなどのあらゆるアプリ内商品やサービスを、REPSで買うことができます。

$FGHTは現在0.01665002ドル(1 USDT = 60.06トークン)で販売中で、最小購入額や最大購入額の設定はありません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Tamadoge (TAMA)|M2E おすすめNo.2

【2022年に登場した仮想犬を散歩させるとTAMAコインを獲得できるという新しいサービス】

tamadoge japan

Tamadogeは、NFTゲームミームコインのプロジェクトで、今年初めに大きな宣伝と共に立ち上げられ、プロジェクトのロードマップに記載されているプランに沿って動き出しました。

Tamadogeの主なゲームは、仮想のNFTペットにプレイヤーが餌を与えたり、遊だりしてペットを育てていくものです。2023年第4四半期にはAR(拡張現実)アプリとヘッドセットを使用して現実世界に連れて行くことができるようになる予定です。

TAMAは報酬トークンとしてのゲーム内通貨であり、そのAR / VR統合とメタバースプラットフォーム – Tamaverse – のおかげで、「Play to Earn」と「Move to Earn」の要素を併せ持っっているのが特徴です。そのため、CryptoKittiesなどの同様の仮想ペット暗号ゲームよりもさらに、物理的にプレイできるのが特徴です。

Tamadogeは、すでに大成功を収めたトークンローンチだけでなく、2023年を通してさらなる成長が期待されるため、暗号を獲得するための最高の動きとして、また一般的にトップアルトコインの1つとして今回1位のランキングに選ばせていただきました。

プレスセールは、わずか8週間で1,900万ドルを完売。その後、取引所で発売された際にはプレスセール価格から約2,000%、定価からは500%以上上昇したことで、話題となりました。

クリプトトークンであるTAMAはGate.ioに上場したばかりで、さらなる取引所での提供が予定されています。

Tamadogeのモバイル版画面

ウルトラレートNFTペット(ゲーム内で最高のステータスを持つペット)は、発売と同時にOpenSeaのトップトレンドコレクションとなり、このゲームに、高い関心が持たれていることを示しています。

今後市場の状況が改善され、ゲームのリリースが近づけば、TAMAの価格も改善されることが期待されるでしょう。

TAMAのテレグラムチャンネルでは、プロジェクトの最新ニュースやアナウンスメントをお届けしているので、コミュニティーを活性化させるためにもぜひ登録してみてはいかがでしょうか?

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

RobotEra (TARO)|M2E おすすめNo.3

【TAROは、マルチタスクの報酬を提供するP2Eステーキングコイン】

ステーキング、メタバースプロットの土地購入、NFT取引など、様々な方法でプレイヤーがより多くのトークンを獲得できるメタバースとPlay-to-Earn(P2E)が融合した「RobotEra」。TAROは厳密にいうとMove 2 Earn のクリプトトークンではありませんが、RobotEra内で利用されているネイティブトークンが「TARO」です。

現在RobotEraでは、プレセールの第一段階で、ネイティブトークンである「TARO」は現在わずか0.02ドルで入手できます。

TAROがプレセールの異なるステージに入るにつれ、その価値は増加すると予想されるため、最安値の段階での購入したいという投資家は、現在のプレセール1の段階でTAROコインの購入をおすすめします。

第2ステージであるプレセール2は0.025ドル、最終ステージでは0.032ドルでトークンが販売され、初期投資家は取引所に到達するまでに、プレセール1で購入した金額よりもこの段階ですでに60%上昇した資産を手にすることが可能です。

RobotEraは、上限18億枚という供給量のコインうち15%のみのコインをプレセールに割り当てており、取引所に上場されれば、コインはさらに希少価値が高まることになります。

RobotEra では、プレイヤーは看板のレンタル、鉱物の採掘、博物館やコンサートなどのアクティビティを自分の区画に追加することで土地を収益化し、トークンを獲得することができます。また、これらを売却することも可能です。

破壊された惑星タロウを再建する一番の方法は、プレイヤーがコインを保有し、リワードを獲得(ステーキング)することですが、コンサートに参加したり、イベントを開催などをはじめとする、さまざまな活動で報酬を受けることもできます。

このゲームのマルチバース・エコシステムでは、プレイヤーは他の世界と接続し、他のNFTコミュニティと新しいメタバース・プラットフォームを構築することで、他の世界を探索できます。

また、ロボットコンパニオンを構築やカスタマイズ、アップグレードなどをしてNFTとしてマーケットで販売することも可能です。

ロボットエラのホワイトペーパーでは、TAROトークンの入手方法についての一通りのガイドを提供している他、プレイヤーはゲームのテレグラムチャンネルを通じて、さらに多くの情報を得ることもできます。

RobotEraは上限供給量の3%のみを取引所流動性に割り当て、プレセールでは、トークンに権利確定期間がないため、プレセール期間の今がTAROトークンを購入するベストタイミングといえるでしょう。

プレセール開始 第4四半期
購入可能通貨 ETH, USDT
ブロックチェーン イーサリアム
最低投資額 1,000 TARO
最高投資額 N/A

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Battle Infinity (IBAT)|M2E おすすめNo.4

【ARヘッドセットでプレイする今後のファンタジースポーツのメタバースゲームサービス】

Battle Infinity は、プレセールを早期に完売し、取引所への上場後も急騰した、需要が高い有望なクリプトプロジェクトです。

ファンタジースポーツのPlay-to-EarnエコシステムであるBattle Infinityで、プレイヤーは3Dメタバースにアクセスし、互いに競争して報酬を獲得できます。

さまざまなタイプのバトルアリーナで「メタバースの多元的世界」を作るという野心的な目標をもって、プレイヤーはバーチャルリアリティヘッドセットを着用してゲームに参加でき、非物理的な要素だけでなく物理的な要素も与えます。そのため、Battle Infinity は、Move to Earn の仕組みを取り込んでいるといってもよいでしょう。

ゲームのテーマは、近未来的なバトルから、プレイヤーが作成した他の国際的なチームとリーグランキングを競うファンタジースポーツの試合まで、幅広いゲームが存在します。プレイヤーは、このP2Eで行う試合で獲得した報酬トークンとしてIBATトークンを獲得できるということで、M2Eの側面も持っています。

このプロジェクトは、100%Move to Earn に焦点を当てているわけではありませんが、新しいサービスのため、Move to Earn のカテゴリに関する10ベストクリプトに評価される可能性が高いといわれています。

Move2Earnや、一般的な仮想通貨の投資で利益を出す最適な方法は、安く買って高く売ることです。

2022 年の投資に最適なブロックチェーン ゲーム10で紹介した通り、Battle Infinityは、Bitcoinist、BeinCrypto、CryptoPotato、CryptoNews.comなどの仮想通貨業界のトップ出版物をはじめ、Y!ファイナンスなどの投資やマネーの有名情報サイトなどでもタイトルを飾ってきた今後、上昇を見込めるクリプトプロジェクトの一つです。

Battle Infinityについての詳しい情報については、Battle Infinityのウェブサイトにあるホワイトペーパーや進行計画が記載されているロードマップを読む他、Telegramグループに参加して最新ニュースをご確認ください。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

STEPN(GMT)|M2E おすすめNo.5

【M2E おすすめの定番「Stepn」のガバナンストークンで時価総額は最大】

STEPNは、アプリ名でもあり、StepNと表記されることもあります。GMTは、STEPNのガバナートークンです。過去最高の価格からは、大幅に下落しましたが、それでもMove to Earn 暗号の中で最も高い時価総額を保有しています。

Move to Earn プラットフォームのSTEPNの運営で、発行しているGMTの時価総額は6億ドルであり、現在あらゆる分野の仮想通貨において、常に上位100位以内に入っています。

GMTは、その爆発的な強気サイクルにおいて、Binanceで4.18ドルのATHを記録し、20億ドルの時価総額に達しました。

STEPNのガバナートークンであるGMT(時にGreen Metaverse Tokenとも称される)は、Binance Labs 、 Alameda Research など、主要な仮想通貨ベンチャー キャピタル企業から投資を受けました。それを考慮し、ソーシャルエンゲージメントやGoogleトレンド、LunarCrushのデータにおいて、最も人気のある暗号ゲームとコインを稼ぐ動きもまだ残っているようです。

STEPNのMove to Earn アプリを使用するには、プレイヤーは、最初にNFTのマーケットプレイスのマジックエデンで、14 SOLから現在1.35 SOLと床価格が下がっているNFTスニーカーを購入します。

このNFTスニーカーの価格はかなりの低価格であり、STEPNの動きが長期的に回復すると信じている人にとって、将来的に、良い結果をもたらす可能性があると期待できるでしょう。

STEPN が暴落した大きな要因の一つが、中国政府がSTEPNのプレイを禁止したことでした。

多くのMove to Earn ゲームのプレーヤーがアジアに拠点を置き、ランニング、ジョギング、ウォーキングすることで仮想通貨を稼ぐことを楽しんでいたため、暴落という結果を招いたのです。

しかし、STEPN の最高マーケティング責任者は、「NFT はフィットネスの未来である」と述べ、M2E アプリの成功に自信をみせており、現在の価格でNFTスニーカーを購入することによって、最終的には高額な利益を生み出す可能性もあり得ます。

STEPNに関する詳細なガイドはこちらをご覧ください。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

STEPN(GST:Green Satoshi Token)|M2E おすすめNo.6

【STEPN(StepN)のリワードトークンで、時価総額2位のM2E仮想通貨】

Green Satoshi Token (GST)は、前に紹介したMove to Earn アプリの「STEPN」で稼げるトークンです。Move to Earnアプリの「STEPN」で稼げるトークンには、ガバナンストークンのGMTがあります。GMTはプロジェクトに対する議決権であるガバナンストークンであるのに対し、GSTは、すべてのプレイヤーが動作をすることによって獲得できるトークンです。GSTは、デフォルトのゲーム内通貨、ユーティリティトークンおよびリワードトークンとしてより見られています。

また、GMTとは異なり、Green Satoshi Token (GST)は供給が固定されておらず、常にインフレの傾向にあります。

そのため、アプリの成功によって価値が上昇し、その価値を維持できる可能性のあるGMTと比較すると、投資対象としては不向きかもしれません。

ただし、過去最高値から 99% を超えた価格が下落しているため、GST のディップを購入したい方も存在するのかと思います。また、最近、GST は底値から450%上昇し、その動きの一部をリトレース(引き戻り)しています。

GSTは、GMTと同様に、暗号コインを獲得するための最も人気のある取引です。GMTに続いて2番目に高い時価総額で、価値が5,000万ドル以上であることから、今回のランキングでは、依然として高いランクに位置づけしました。

今後もし、Move to Earn アプリであるStepNとNFTsが復活し、GMTが史上最高値を更新すれば、GSTもそれに続き大きく上昇する事もあり得ます。

今回ご紹介したランキングで一位であるTamadogeはインフレ型ではなく、デフレ型の仕組みを持つプロジェクトです。Tamadogeストアでの取引はすべて5%のトークンがバーンされることになっています。

上のチャートをみると、推移は、あきらかに弱気での動きな上に、Terra (LUNA)崩壊と似ています。そのため、これが投資家を遠ざける要因になり、GSTはよりハイリスクな投資対象になると予測されます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Step App (FITFI)|M2E おすすめNo.7

【Step Appは、ランナー、ジョガー、ウォーカーのためのStepNの競合Move to Earn】

StepNの競合アプリといえば、歩くだけで仮想通貨が稼げるアプリのStep App 。FITFIは、Step Appのネイティブトークンで、Crypto.comに2022年4月27日にローンチされました。

tepNの競合アプリといえば、歩くだけで仮想通貨が稼げるアプリのStep App 。FITFIは、Step Appのネイティブトークンで、Crypto.comに2022年4月27日にローンチされました。

しかし、FITFIは、2022年半ばに暴落。これは、Celsiusの倒産、大量のBTCおよびETHのポジションを持つ会社の清算への懸念から、ビットコインが17,600ドル、イーサリアムが880ドルまで下落した影響によって起こったことです。

現在のFITFI安値は買い時であり、丸みを帯びた底を形成している可能性があると見る向きもあるようです。しかし、保守的な投資家は、市場構造の明確な反転と月足チャートでの新たな強気な上昇トレンドを待ちたいと思うかもしれません。

しかし、2022年7月下旬、Step Appが世界最速記録を持つアスリート、ウサイン・ボルトとパートナーシップを締結したというニュースが流れました。

これによってStep Appのブランド認知度が高まり、より広いユーザーベースを獲得するために役立だちます。それは長期的に考えてもFITFIの価格上昇の要因になるでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Genopets (GENE)|M2E おすすめNo.8

【2023年にローンチする予定であるの稼ぐためのMove to Earn】

Genopetsは、RPG(ロールプレイングゲーム)をテーマとした、近日発売予定のMove to Earnの要素を持つNFTゲームです。Battle Infinityがファンタジースポーツでこの種のものとしては初めてであるのと同様に、これも業界初の試みです。

Genopetsの具体的なリリース日はまだ決まっていませんが(2023年頃)、Genopets.meのウェブサイトでは、一部のホワイトリストのユーザー(会員登録済みの特定ユーザー)が、ゲームにいち早くアクセスできるようです。

このMove to Earn クリプト・プロジェクトのネイティブトークンである、GENEを獲得するこの動きは、 2021年後半に開始され、当初は数百パーセントという強気の動きをしていました。しかし、ゲームがまだリリースされていないことに対して、投資家が焦りを感じたのか、現在GENEの価格は正常に推移しています。

ブロックチェーン領域に特化して投資を行う、世界トップクラスのベンチャーキャピタルであるPantera CapitalやAnomica Brands(Yuga Labsと共にメタバースゲーム「Otherside」の構築を支援)など、暗号VCの豪華なラインアップがGenopetsを支援しています。

そのエコシステムにおけるネイティブトークンであるApeCoinも、Yuga Labsが企業として50億ドル以上と評価されていることからも、潜在的に優れた投資先であると言えるでしょう。

現時点で、GENEは3,000万ドル以下の時価総額を持ち、トップ500仮想通貨外にランクされていますが、Move to Earn クリプトセクターでは4位にランクされています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Dotmoovs (MOOV)|M2E おすすめNo.9

【競技スポーツのMove to Earn】

Market capのMove to Earn 仮想通貨トップ10リスト、中盤に位置するのが800万ドル相当のDotmoovs(MOOV)です。

このM2Eプロジェクトは、『ブロックチェーンと最先端のAIシステムを搭載した究極のP2Eプラットフォームで、スポーツをゲーム化し、スポーツチャレンジを行うプレイヤーの動画を分析する』ことを目的としています。

dotmoovs.comのタグラインでは、「あなたが愛するスポーツをプレイし、それで稼ごう」。プレイヤーはこのMove to Earn アプリとメタバースプラットフォームを使用して、スポーツスキルの動画を撮影・投稿し、他のユーザーと競い合うことで仮想通貨を獲得できるのです。

2021年半ばの発売以来、そのネイティブ・トークンであるMOOVは、2021年のブルラン中に一時的に上昇し、2022年初頭にも上昇しました。その後は、完全に後退した後、人気を博すことはできませんでした。MOOVの価格は現在、横ばい圏で取引されています。

MOOVはまだ主要な暗号取引所に上場されていませんが、KuCoinとPancakeSwapで利用可能です。それらのウェブサイトによると、DotmoovsはMoonrock CapitalとMorningstar Venturesを含む、いくつかの暗号化VCによって支えられています。しかし、それでもわずか450万ドルで、評価される低マーケットキャップのコインとのことでした。

Move to earn(M2E)とは?

Move to Earn(M2E)とは、動く(Move)ことによって仮想通貨を稼ぐ(Earn)ことができるシステムです。例えば、、Move to Earn (M2E)のサービスを利用すれば、走る、歩くなど各サービスで指定された動作(動き)をするだけで、だれでも簡単に仮想通貨を稼ぐことができるのです。

Move to Earnの仕組み

Move to Earn の仕組みは、簡単に言うと「動いて仮想通貨を稼ぐ」という仕組みです。

この仕組みは、Move to Earn が、改ざんが困難であるブロックチェーン上で構成されたNFTゲームから発生されました。そのため、サービス内で利用される通貨や、アイテムが資産価値を持つようになり「動作をする=稼ぐ」という仕組みが実現したというわけです。

Move to Earn は、なぜ稼げる?

Move to Earn がなぜ稼げるのかという理由は、Move to Earn 内で使用されるスニーカーと呼ばれるアイテムが、NFTアイテムであるという点です。仮想通貨と同様にコピーや改ざんが難しいブロックチェーン上で発行されたNFTアイテムは、資産価値があり、時間の経過とともに価値も変動します。

そのため、Move to Earn のサービスを利用して稼ぐ方法は、動作(運動)を行い仮想通貨を稼ぐ方法を含め、以下の3つの方法で仮想通貨を稼ぐことが可能です。

  1. NFTアイテムを使用し、指定の動作を行って稼ぐ
  2. NFTアイテムを売却して稼ぐ
  3. NFTアイテムを貸して稼ぐ

Move to Earn(M2E)に投資する際の注意点

ここからは、Move to Earn(M2E)仮想通貨に投資をする際の注意点を紹介していきます。

仮想通貨バブルを認識しておく

通貨変動が速い仮想通貨に関わるMove to Earn は、報酬として与えられるネイティブ コインの価値が時間の経過とともに低下するにつれて、興味を失い、実際には予想以上に流行しないのではないかと予測する人もいます。

これは、ゲームをしながら仮想通貨を稼げるとNFTゲームとして人気を集めたAxie Infinity(アクシーインフィニティ)が、仮想通貨史上最高のパーセンテージ (160,000%) にまで上昇した後に、AXSトークンの価格が下落するにつれて、プレイヤーが興味を失い始めたという過去の動きが背景にあります。

ただし、今回本記事で紹介したサービス(仮想通貨銘柄)は、純粋に運動をして仮想通貨を稼ぐというMove to Earn カテゴリーのゲームだけではなく、主にNFTとメタバースの「ゲームで遊んで稼ぐ」という概念であるPlay to Earnゲームが融合されたサービスを紹介しています。

事前に、時価総額のチェックする

Move to Earn 仮想通貨は、全体的に時価総額が、低い物が多いようです。その為、価格を吊り上げる目的で虚偽の情報を流して売り抜ける、パンプアンドダンプスタイルのプライスアクションを行うなど、変動が激しいサービスが多いことが、今回リストを成するにあたって判明しました。

この記事で紹介したおすすめのMove to Earn サービスレビューにさらにサービスを追加する場合、以下のプロジェクトを追加するでしょう。

  • DOSE (DOSE)
  • デジタルフィットネス(DEFIT)
  • ムーブズ(MOVEZ)
  • カロ(CALO)
  • スウェットコイン(SWEAT)

とはいっても、この中でもっとも最大の時価総額を誇るDOSEでも、まだ時価総額が500万ドル以下というサービスです。

メタバースとの融合サービスかどうかを確認

sandbox japan

独自のメタバース プラットフォームを持つ仮想通貨は、持続力がある仮想通貨プロジェクトである傾向があります。このセクターを代表する仮想通貨は、メタバース構想のブロックチェーンプロジェクトであるDecentraland(ディセントラランド)や、仮想空間でキャラを動かして遊ぶThe Sandbox(ザ・サンドボックス)などがあります。

また、本記事ランキング上位に位置する「Tamadoge」と「Battle Infinity」にもメタバースプランがあります。

メタバースプラットフォームに関しての詳しい内容は、『Battle Infinity』の完全ガイドで詳しく説明しています。

クリプトトークンの供給量を確認

既存のブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨「クリプトトークン」は、発行にもそれぞれ特徴があります。

具体的には、無制限に発行されるトークンや、無限に供給されるトークンや、そもそも需要量は多いのに、供給量が少ないクリプトトークンなど様々なトークンが存在します。

基本的には、発行枚数上限がある通貨を選ぶと良いでしょう。

Move to Earnの始め方

今回本記事で紹介したMove to Earn 仮想通貨は、それらがまだ主要な取引所にリストされていないため、MetaMaskウォレットまたはトラストウォレットをダウンロード、セットアップして購入する必要があります。

ここでは、例としてTamadoge (TAMA)を購入する流れを見ていきましょう。

  1. イーサリアム系ブロックチェーンに対応した仮想通貨ウォレットMetaMaskウォレットをダウンロード(無料)します。

metamask

2. MetaMaskウォレットにETHまたはUSDTを追加します。

3. Tamadogeの公式サイトにアクセスします。

「Buy」(購入)をクリックし、TAMAと交換する仮想通貨を選択し購入手続きを行います。MetaMaskウォレットを設定した後に、デビットカード/クレジットカードを使用してTAMAを購入することも可能です。

購入した後は、Tamadogeのテレグラムグループに参加して、Tamadoge (TAMA)の最新情報を入手してみましょう。

まとめ

Move to Earnは暗号通貨の最新分野の1つであり、多くの注目を集めています 。しかし、多くのMove to Earn暗号アプリとそのネイティブトークンは2022年は、業績不振に陥ってしまいました。

これは、Move to Earnセクターに限らず、2022 年の「クリプトウィンター(暗号資産冬の時代)」と弱気市場の調整中に影響を受け分散型金融のDeFi をはじめとする、他の多くのセクターで多数のアルトコインが、影響を受けたことでもあります。

FightOut ホワイトペーパー

しかし、その他にもいくつかのMove to Earn仮想通貨は、その無限の供給やインフレ率、および他のトークノミクスなどの数々の問題に直面しました。また、多くの通貨が、初めのハイプ・サイクル(hype cycle)の後に、過大評価されていた事も価格が低下した要因ともいるえるでしょう。

今後、M2E暗号は、暗号市場が回復の兆しを見せ始めていることから、良い投資先となる可能性もあります。

今回紹介したおすすめのM2Eサービス(銘柄)リストの中でも、Business2Communityの一押しは、やはり、今回のランキング一位に輝いたFightOutです。

FightOutは現在プレセールスが行われており、今後価格が上昇する前にコインを割安価格で購入することが可能となっています。そのため、FightOutの購入を検討している場合は今が買い時だと言えるでしょう。今後エアドロップも検討していると噂があるので、注意しておくと良いでしょう。

なお、M2Eのような一歩先を入っているような仮想通貨関連トピックに興味がある人は、当サイトの仮想通貨 これから伸びる銘柄リストを確認いただければ、より一層知識の幅を広げられるはずです。詳しくなると、これからMove to Earnをなぜ今始めるべきかはわかっていただけるでしょう。

現段階では、あまり詳しく知らない方だと、ミームコイン草コインと同等と認識されることもあるかもしれませんが、仮想通貨 1000倍銘柄あるいは仮想通貨 爆上げ銘柄になるとも考えている人も多数います。人気になりすぎる前に青田買いしておくつもりで、一定量買っておくのが良いのではないでしょうか

FightOut - 100倍の成長を見込む次世代のMove to Earn

OUR RATING

FightOutのロゴ
  • LBank LabsとTransakの全面支援!
  • ワークアウトで報酬を稼げる!
  • メタバースでレベルアップとコンテスト実施
  • プレセール中 100万ドル以上の資金調達に成功!
  • 現実世界でのコミュニティと触れ合える
FightOutのロゴ

よくある質問

M2Eは、どのような意味ですか?

Move to Earn 仮想通貨投資の良い戦略は何ですか?

最も収益性が高いMove to Earn アプリとは何ですか?

Move to Earnの仕組みは?

最新のMove to Earnプロジェクトは、なんですか?

Tamadoge - 遊んで稼ぐ!P2Eの最有力Dogecoin

OUR RATING

  • 10倍ー50倍に急騰する可能性大
  • OKX, Bitmart, LBank, MEXC, Uniswapに上場
  • 育てて稼ぐ!メタバース空間"Tamaverse"との融合プロジェクト
  • 育てたNFTのTamadogeを闘わせ、トレードし、報酬を得られる

Meta Masters Guilds - 新世代のブロックチェーンゲーム

当サイトの評価

MEMAGのロゴ
  • トップレベルのゲーム開発から支援あり
  • 現在、絶賛プレセール中
  • 発行枚数上限あり、ベスティングなし
  • NFTで遊べる!さらに報酬やステーキングあり
  • Solid ProofやCoinsniperによって承認済み
MEMAGのロゴ