メタバース銘柄特集

2024年、メタバースが大人気となっています。投資とバーチャルリアリティ(VR)の組み合わせは没入感が高く、稼ぎながらサイバー世界に浸れるのが大きな魅力です。

東京大学が専門の学部を設けるほどに注目されるメタバースですが、銘柄数の多さは投資判断の難しさに拍車をかけています。そこで今回は、2024年におすすめのメタバース仮想通貨を7つに厳選して紹介します。

2024年メタバース銘柄のおすすめリスト

メタバースのおすすめ銘柄をまとめました。日本からでもクレジットカードで簡単に購入できます。

  1. Sponge V2 – スポンジボブをメタバース化したプロジェクト
  2. Meme Kombat – メタバースP2Eゲームが市場を席巻する
  3. Bitcoin Minetrix – メタバース仮想通貨で簡単にマイニング
  4. Wall Street Memes – メタバース銘柄並みに注目の100万人以上を抱えるコミュニティプロジェクト
  5. yPredict – メタバース銘柄のAI分析ツール
  6. Launchpad XYZ – おすすめメタバース仮想通貨をいち早く発見
  7. eTukTuk – メタバースでEV充電を可能にするプロジェクト

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

メタバース銘柄関連株|おすすめ個別詳細解説

SNSでの話題度など、各種指標を用いてメタバース関連株を評価しました。ポートフォリオを手軽に拡充できますので、通常のユーティリティトークンと合わせて保有するだけで柔軟な取引が可能になります。

Sponge V2 (SPONGEV2)

Sponge V2ロゴ

Sponge V2(SPONGEV2)は、昨年に大成功を収めたスポンジボブトークンのメタバース化を推し進める仮想通貨です。スポンジブランドを単なるミームコインからP2Eゲームを含む総合的なプロジェクトへと変貌させるプロジェクトとして注目されています。

現在はV1トークンからブリッジする形で提供されており、通常通りクレジットカードやUSDTなどでも購入することができます。先代同様に100倍単位での価格上昇が期待されており、今冬最大のメタバース銘柄という意見もあります。

 

トークン供給量の7.5%をマーケティング専用に取り置いており、インパクト抜群のビジュアルはマスマーケティングにおいて相乗効果をもたらすものと思われます。実際、発表間もないもにも関わらずRedditで人気の仮想通貨に名を連ねることとなりました。

DEX(分散型取引所)上場時は急激な価格上昇が起こる可能性があり、今のうちからトークンを買い占めようという動きが盛んになっています。現在、SPONGEV2トークンは0.000819ドルで提供されていますが、通常のプレセールとは異なり固定価格はありません。

メタバース仮想通貨は数倍、数十倍単位で価格が上昇することもあるため、最安値で購入するチャンスは今だけかもしれません。Sponge V2トークンの販売状況は、以下のリンクから確認できます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Meme Kombat (MK)

Meme Kombat ロゴ Meme Kombat(MK)は、ミーム界初となる総合メタバース暗号資産です。投資しながら対戦ゲームが遊べるのが売りで、第一シーズンでは11のミームキャラがプレイ可能となっています。

遊ぶだけでコインがもらえるPlay-to-Earn銘柄の一種であり、直接遊ばないでもベッティングを通して賭け勝負が味わえるのが特徴です。投資の観点からは、業界最高水準のAPY(年間利益率)から莫大なステーキング収入が得られる可能性があります。

現在開催中のプレセールでは、トークン総供給量の50%が購入可能となっています。メタバースコインが安価で手に入るため、割高な関連銘柄が値上がりしそうな場合に選択肢のひとつとなるでしょう。

バトルアリーナを介した報酬還元用に30%ものトークンが取り置きされています。他にもコミュニティリウォードとして10%が割り当てられており、MKトークン保有者は将来のエアドロップにも期待できるでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Bitcoin Minetrix (BTCMTX)

Bitcoin Minetrixのロゴ

厳密にはメタバースではないものの、Bitcoin Minetrix(BTCMTX)はビットコインの代替通貨として人気を集める大型プロジェクトです。多額の初期投資がかかるとされてきたマイニングが100ドルから始められるとして話題となっています。

マイニングとは、仮想通貨の取引をブロックチェーン上に記録することで利益を獲得する投資手法です。専用のマシンを要することから、稼げるが素人には手が届きにくいのがネックとされてきました。

Bitcoin Minetrixはこの点に着目し、BTCMTXをステーキングすることでビットコインがマイニングできる仕組みを提案しています。メタバース銘柄とは異なり、投資専用の仮想通貨ですが、ビットコインのアルトコインを探している人に最適だと言えるでしょう。

無料でトークンがもらえるプロモーションも提供中ですので、気になる人はBTCMTXの公式サイトを確認してみてください。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Wall Street Memes

ウォールストリートミームのロゴ メタバース銘柄をお探しの方に紹介したいのが、Wall Street Memes(ウォール・ストリート・ミーム)です。

同プロジェクトは、2021年に話題となった米ゲームストップ株騒動のムーブメントから生まれたミームコインです。米ゲーム大手ゲームストップ社株式をめぐり、空売りを仕掛けたウォール街の機関投資家たちに憤慨した同社ゲームファンが大量購入で対抗した結果、株価が1ヶ月で20倍以上に跳ね上がった事件です。

ウォールストリートミームのイメージ

Wall Street Memesの買い方や詳細情報は、下記リンクから参照してください。 

調達上限額

$30,577,000

総供給量

20億トークン

プレセール供給量

10億トークン

チェーン

イーサリアム

トークンタイプ

ERC-20

最小投資額

100 トークン

購入方法

USDT, ETH

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

yPredict

yPredictのロゴ yPredict(YPRED)は、メタバース仮想通貨に特化したAI分析ツールです。2023年にローンチされたプロジェクトですが、詳細かつ高精度な価格予測により投資家の信頼を集めてきました。

AI仮想通貨の筆頭としてあげられる通貨でもあり、リアルタイムで高度な投資判断が可能になるとしています。先日終了したプレセールは650万ドルを売り上げる盛況ぶりで、この手の分析ツールとしては異例となるメタバース級の資金調達を成し遂げました。

yPredictの公式ウェブサイト

依然として価格予想の難しいメタバーストークンですが、ツールがあるのと無いのでは投資精度に歴然たる差があります。DexToolsなどを用いている人は特に、違和感なく使うことができるでしょう。

販売終了時の価格は0.11ドルで、上場時には10%の価格上昇が予定されています。爆上がり仮想通貨となる可能性もありますので、公式SNSアカウントに登録して最新情報をチェックしてみてください。

プレセールスタート 2023年第一四半期
購入方法 MATIC, ETH, BNB, USDT, クレジット
チェーン Polygon
最小投資額 200トークン
最大投資額 特になし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Launchpad XYZ

Launchpadのロゴ

yPredictと同じく、メタバース暗号資産の分析ツールとして注目を集めているのがLaunchpad XYZです。

通知を通して買い時のトークンを知らせてくれるため、忙しくて市場動向を把握する暇がないという人におすすめできます。

Launchpadの特徴

メタバース銘柄は上場時に1000倍の仮想通貨となることもあり、取引の際は数秒単位のシビアな駆け引きが繰り広げられることも稀ではありません。ツールなしで投資を行う場合、最安値で購入できなかったが故に潜在的な利益を逃してしまうということもよくあります。

将来性のある仮想通貨に投資したいという人には、取引指標をまとめて表示してくれるLaunchpad XYZがおすすめです。プレセールまで残りわずかな時間しか残されていませんので、少額でユーティリティトークンを購入したいという人は公式サイトを覗いてみてください。

調達上限額 $12,500,000
総供給量 10億トークン
プレセール供給量 2億5000万トークン
チェーン イーサリアム
トークンタイプ ERC-20
最小投資額 100トークン
購入方法 USDT, ETH, BNB, クレジットカード

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

eTukTuk (TUK)

eTukTuk ロゴeTukTuk(TUK)は、EV自動車を充電するとトークンで報酬がもらえるプロジェクトです。仮想通貨のゲームによるメタバース化も模索しており、メインの環境保護の取り組みと並行して様々な角度から投資を募っています。

etuktuk ホームページ

注目の報酬還元システムはStake-to-Earnと呼ばれており、現実世界でも充電という明確な用途があるのが魅力です。AIを統合した高度な検索システムは、次世代のロードネットワークを定義するものとも言えるでしょう。

今後2年以上にわたってステーキング報酬が増額されていく計画もあります。現在(2024年1月)の還元額は20万ドルとなっていますが、7月には2倍の40万ドルが、2025年5月には3倍となる60万ドルがTUK保有者に還元されます。

価格も0.02575ドルと安く、おすすめ草コインに投資したいという人におすすめです。公式サイトでは購入方法が確認できるほか、FacebookやLinkedInでも最新情報を発信しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

本命メタバース銘柄の暗号資産を購入できる場所

今日、本命のメタバース銘柄の暗号資産をどこで購入するか疑問に思っている場合は、あなたが選んだプロジェクトの状況に依存します。例えば、大きな時価総額を持つ主要なメタバース関連暗号資産は、しばしばこの空間で最高の暗号資産取引所のいくつかでホストされています。

一方、最近発売された新しいメタバース関連暗号資産を探している場合、Pancakeswapのような分散型取引所を使用する必要があるかもしれません。とはいえ、安全でユーザーフレンドリー、かつ低コストでメタバース関連暗号資産コインを購入できる総合的なベストプレイスは、OKXです。

OKX – 2024年にメタバース銘柄の関連暗号資産を購入するためのおすすめ取引所

OKX Logo このページで分析したDecentraland、SushiSwap、Axie Infinity、Ethereum、Sandboxなどの最高のメタバース関連暗号資産に興味があれば、OKXは全てをカバーしています。このブローカーに口座を開くと、メタバースのコインを購入することができ、最小取引額はわずか1,000円からとなります。

100以上の国々にわたって2,000万人以上のユーザーを持つOKXは、世界最大の暗号資産取引所の1つです。このOKXのレビューは、プラットフォームに特徴的ないくつかの機能があります。例えば、中央集権型および分散型交換、暗号資産のローン、デジタル資産のマージン取引オプション等です。

さらに、OKXは350以上の暗号資産資産を提供しており、スポット取引、先物契約、マージン取引、パーペチュアルスワップを利用することが可能です。インベスターの多くはOKXでProof of Workの元祖であるイーサリアム、Cardanoやその他の一般的な暗号資産を購入することができます。

okx_web3

OKX DEX

OKX DEXは中央集権的な取引所とは異なり、非カストディアンです。つまり、購入者は資産を単独で管理し、秘密鍵を持つ暗号資産ウォレットに保管します。OKX CEXとは異なり、購入者は投機を開始するためにOKXのアカウントを作成する必要はありません。また、取引はフィアット通貨を預けるのではなく、暗号資産交換という形で行われます。

okx_nft

その代わり、MetaMaskやOKX独自のウォレットなどの暗号資産ウォレットを接続し、OKX DEXと接続して暗号資産間の交換を行うだけでよいのです。OKX DEXの最大の利点は、日本の購入者がアクセスしやすいことです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

メタバース関連暗号通貨の購入方法

ここでは、2024年に買うべきメタバース関連暗号通貨の買い方を紹介します。

ステップ1 – 暗号通貨ウォレットをセットアップする

まず、ERC-20 トークンと互換性のある暗号通貨ウォレットをセットアップする必要があります。MetaMaskはデスクトップでのスムーズな取引を提供する上、iOSやAndroidデバイスでもダウンロードできるため、MetaMaskの使用をお勧めします。

暗号通貨ウォレットをセットアップするには、MetaMaskのウェブサイトへ行き、「ダウンロード」をクリックします。次のページで、適切なOSを選択し、指示に従ってウォレットをダウンロードし、開いてください。

Download MetaMask

ステップ2 – ETHまたはUSDTを購入する

ETH logo

次に、D2Tトークンへの交換に使用するETHまたはUSDTのいずれかを入手する必要があります。ETHとUSDTは、ほとんどの仮想通貨取引所で購入することができ、ステップ1で作成したウォレットに送金することができます。

また、Dash 2 Tradeのウェブサイトから、クレジットカードやデビットカード、銀行振込を使って直接ETHを購入することもできます。

ステップ3 – プレセールダッシュボードにウォレットを接続する

プレセールサイトにアクセスし、「Connect Wallet」ボタンをクリックします。すると、ポップアップボックスが表示されるため、ウォレットプロバイダを選択できるようになります。選択したら、画面上の指示に従って、ステップ1で作成した暗号通貨ウォレットをプレセールのダッシュボードにリンクさせます。

Link wallet

ステップ4:プレセールトークンを購入する

表示された注文欄で、交換用のETHまたはUSDTのいずれかを選択し、希望する購入額を入力します。プレセールによっては、最低購入量があるので、確認の上購入するか、2,000程度以上多めに購入しておくと良いでしょう。すべてがチェックされたら、ウォレットプロバイダーからの指示に従って、取引を確認してください。

ステップ5:トークンを請求する

プレセールが終了すると、Token Generation Event (TGE) が開催されます。その後、購入者はプレセール主催プロジェクトのホームページにアクセスし、「Claim」ボタンをクリックすることで、トークンを請求することができます。

より詳細なプレセールトークンの購入方法は、各トークンの買い方解説ページにわかりやすく記載していますので、ご参照をお願いします。

日本のメタバース銘柄

日本企業もメタバース市場の拡大を見越し、関連事業の強化に乗り出しています。最新の発表内容を踏まえ、メタバース銘柄を紹介します。

アパレルのC’s MENは、クリエイター支援サービスを提供する外神田商事(東京都千代田区)と提携し、メタバースファッション市場に参入することを発表しました。この業務提携により、メタバースにおけるアバターの服をウェアラブルファッションとしてリデザインし、現実世界の服として商品化することをミッションとしたメタバースファッション専門のアパレルブランド「Polygon Tailor Fabric」が設立されました。さらに、現実世界の衣服をメタバース内のアバターが使用できるようにコンバートするという新たなビジネスも計画しています。

モバイルソーシャルゲームを提供するGREEは、8月にメタバース事業への参入を発表しました。今後2~3年で100億円を投じ、全世界で数億人のユーザーを獲得する計画です。同社の子会社であるREALITYがスマートフォン向けバーチャルライブ配信アプリを開発する一方、GREEはライブエンターテインメント事業をメタバースと名付け、積極的に出資しています。

一方、任天堂は、このコンセプトを使って任天堂の「新鮮な驚きと楽しさ」を提供する方法が見えないため、当面はメタバースの波に乗ることはないだろうとのことです。

メタバース銘柄とは

メタバース銘柄とは、一般的にはメタバース関連プロジェクトのメタバース関連株のことを指します

メタバース銘柄に対するアセット投機方法を学ぶ前に、この新しいコンセプトが何を意味しているかをしっかりと理解する必要があります。一言で言えば、メタバースは「社会的相互作用を促進するために設計された仮想世界の集合体」であり、仮想通貨の次に流行るものと見られています。

各ユーザーは自分のアバターを持ち、ARやVRヘッドセットなどの高度なヒューマンコンピュータインタラクション(計算機技術の設計や利用方法について研究をし、特に人間と計算機とのインタフェースについて着目した学問領域)のハードウェアを介して、さまざまな仮想体験に取り組むことができます。

とはいえ、メタバースは黎明期にあります。したがって、おそらく、今買うべきメタバース銘柄は、すでに成功しているが、このデジタル世界によって成長がさらに促進される可能性のある企業です。

これらの企業は、以下のようないくつかのセクターに分けられます。

  1. ハードウェア – メタバースへのアクセス、相互作用、または開発に使用される消費者向けおよび企業向けのハードウェアを販売およびサポートする企業。
  2. コンピューティング – 物理演算、データ照合、人工知能などをサポートするコンピューティングパワーを実現・供給する企業。
  3. ネットワーク – データの提供、管理、伝送を行う企業。
  4. バーチャルプラットフォーム – 消費者が没入できる3次元のシミュレーションや世界を開発・運営する企業。
  5. インターチェンジスタンダード – リアルタイム接続、通信、分散型データ伝送を提供する企業。
  6. ペイメント – デジタル決済プロセスを提供する企業、および暗号通貨へのフィアット通貨のオンランプ(ブロックチェーン技術を使った支払い方法)を提供する企業。
  7. コンテンツ、アセット、アイデンティティサービス – NFTや暗号通貨などのデジタル資産を設計、作成、販売、保管、管理する企業。

今後、メタバースの拡大とともに、多くの企業が独自のバーチャルワールドを構築していくことになるかもしれません。

さらに、米戦略コンサルティング会社のマッキンゼー社は、「メタバースにおける価値創造」というレポートを公表しており、メタバースビジネス、そしてメタバース銘柄が伸びることを予想しています。

これらの通り、技術の将来性、企業の取り組み、そして名門コンサルティングファームの予測、いずれを考慮しても、メタバース銘柄の将来性は、この先しばらくは間違いないと言えるでしょう。

メタバースはどこまで大きくなるのか?

Meta Platformsが脚光を浴びる中、多くの企業がメタバースブームに乗りたいと考えています。世界のメタバース市場は、2024年末までに8000億ドルに達すると推定されています。

メタバースは、株式市場の次の大きなトピックとなる可能性があり、購入者の皆さんはすぐにその波に飛び乗りたいことでしょう。実際、メタバース銘柄の世界に足を踏み入れたいのであれば、上記の選択肢は良いスタート地点となります。そのほとんどが、物理的な世界で確かな実績を持ち、バーチャルな世界への移行をリードするのに適した立場にあります。

オリエンタルランド中田さんが自身のチャンネルで、NFTやメタバースの将来性をわかりやすく説明しておりますし、今後のメタバース関連株がおすすめであることを示唆しています。

メタバース経済:NFTと暗号通貨

メタバースは現実世界のシミュレーションなので、仮想世界ではモノやサービスが取引される経済が存在します。そこで、暗号通貨のようなデジタル通貨によって、非代替性トークン(NFT)や仮想不動産の購入が可能になります。

メタバースが拡大し続ける中、その進化はWeb3.0で行われ、市場は一元化されず、ユーザーはほとんど何でもオンラインで作り、それをコントロールし、マネタイズすることができるようになるでしょう。

暗号通貨がリリースされた当初に購入ラッシュが起きたように、技術的なプレゼンスがあまりない企業やブランドも、この分野に参入しました。メタバースの仮想通貨は、長期的には最大の恩恵を受けることになるでしょう。そのためにも、仮想通貨上場予定一覧を確認して、常に最新情報を入手しましょう。

日本でのメタバース銘柄の購入先

メタバースの仮想通貨とは何か、どうすればこの新しい技術に出資をすることができるのかはもうお分かりだと思います。

次に、今日、日本でメタバース銘柄を、しかも手数料無料で買えるのはどこなのかについて、今から説明します。

IG.com

IG 1974年に設立されたIG証券は、世界12,000銘柄以上のCFDを取り扱っています。日本のメタバース銘柄はもちろん、IT、金融、自動車、ファッション、医薬品、食品など、各業界を代表する世界の優良企業に1株から購入することが可能です。

IG.comでメタバース銘柄を取引するメリットは以下の通りです:

  • 世界の銘柄をリーズナブルに取引可能:日本、米国、欧州など世界各国の株式を、1株からリーズナブルに取引できます。
  • レバレッジ:CFDは信用取引なので、自己資金で一般銘柄を購入するよりも大きなポジションを持つことができます。
  • プライシングテクノロジー:株価については、ロンドン証券取引所(LSE)などの主要市場に加え、IG独自のマルチベニューテクノロジーにより、欧州の2大取引所であるChi-X EuropeとBATSから価格を取得しています。
  • 世界的に有名な企業の株式取引が可能:上記のメタバース米国株と同様に、メディアや街で有名な企業の株を簡単に取引することができます。

ig.com/jp

世界の金融市場で45年以上の経験を持つIGは、無料のオンラインコース、ウェビナー、セミナーなど豊富な学習プログラムを提供し、取引方法の習得や取引知識の深化を支援しています。

まとめ

メタバースはトレンドワードであり、この新興テクノロジーに社名を連ねたいと考える多くの企業をすでに引き付け始めています。最近はETFでメタバースを対象にしたメタバースETFというのも出てきているくらいです。

多くのハイテク企業がすでにメタバースを研究し、サポートしているため、購入者は多くの機会を得ています。メタバース銘柄の中には、2022年に株価が大きく下落したものもあります。投資家は、仮想現実の繁栄で最も恩恵を受けることになる本命メタバース銘柄を研究し、選択する必要があるでしょう。

しかし、メタバース関連の暗号通貨は、長期的に最大の利益を得るように設定されています。将来価格が上昇すると考えられる本命メタバース関連銘柄のいくつかは、プレセール段階にあり、メタバースがもたらす成長を割引価格で利用できる絶好の機会です。

なお、どのプロジェクトの暗号通貨も、当サイトの仮想通貨 おすすめ一覧にて上位にランクインしています。日本でまだメジャーになりすぎていないうちに、注目しておくの重要ですので参考にしてみてください。

メタバース銘柄に関するよくある質問

メタバース銘柄とは?

メタバースに出資している企業は?

メタバース銘柄に購入するにはどうしたらいい?

メタバースの人気銘柄は?