メタバース銘柄特集

。そもそもメタバースに関して振り返ると、メタバース人気に拍車をかけたのは2つの出来事があります。1つ目は、Decentraland(MANA)の仮想の不動産ブームで、2つ目は、Facebookが、バーチャルリアリティとバーチャルソーシャルネットワークに大きな将来性を見いだし、Meta Platforms(Meta)に社名を変更したことです。

メタバースへの投資は、メタバースのインフラを開発している上場企業や、仮想世界を創造し、コンテンツ、取引、ソーシャル体験を開拓している企業の株式を対象とすることができます。これらは、一企業ではなく、株主によって所有され、管理されています。この自由度の高さがユーザーと企業の両方を呼び込み、今日「メタバース銘柄」「メタバース関連株」「メタバース関連暗号資産株」と名付けられた企業が誕生しているのです。

この記事では、2023年に注目すべきおすすめのメタバース銘柄と、手数料無料で出資する方法について見ていきます。メタバースの成長を後押しする新しいプロジェクトもリストアップします。数多あるプロジェクトの中から将来性の高い本命銘柄を見ていきましょう!

2023年メタバース銘柄のおすすめリスト

以下のリストはメタバース銘柄の本命おすすめリストです。アメリカで注目されている米国株だけでなく、メタバース銘柄関連株の日本株も入っているので、ぜひ参考にしてみてください!メタバース関連株は、アメリカが特に盛んですが、近年の技術的な躍進による日本の成長も負けていないので注目に値します。

  1. メタマスターズギルド – 病みつきゲームが特徴の本命メタバース銘柄
  2. RobotEra 20倍が期待できる2023年注目のメタバース
  3. Calvaria – カードゲームで投資ができるメタバース銘柄
  4. Dash 2 Trade – オールインワンのインテリジェンス・トレーディング・シグナル・ターミナルを提供するメタバース銘柄
  5. IMPT – CO2排出量を削減するおすすめメタバース銘柄
  6. Tamadoge – 還元率14倍を誇るメタバース関連株
  7. Battle Infinity – おすすめのメタバース関連銘柄
  8. Meta Platforms – バーチャルリアリティ(VR)を開拓したメタバース銘柄の本命
  9. Sony – 日本発のメタバース銘柄
  10. Roblox – メタバースの仮想世界におけるリーディングカンパニーの一つ
  11. Nvidia – ビデオゲームやビッグデータに関わるメタバース銘柄
  12. Autodesk – ソフトウェアを製造するメタバース銘柄
  13. Unity Software – 3Dコンテンツに携わるメタバース銘柄
  14. Coinbase – メタバース型暗号資産銘柄
  15. Nike – デジタルスニーカーを開発するアメリカのメタバース関連株
  16. Match Group – メタバース関連新銘柄
  17. Microsoft – 配当を提供するアメリカのメタバース銘柄

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

以下で分析した人気のメタバース銘柄とプロジェクトは、この仮想世界に何らかの形で貢献している企業と、メタバース空間を盛り上げる最も有望な暗号資産の両方を考慮に入れています。

メタバース銘柄関連株|おすすめ個別詳細解説

メタバースの人気銘柄をポートフォリオに組み込む前に、次章で紹介する詳しい分析内容を読んでおくことをお勧めします。

メタマスターズギルド|メタバース銘柄No.1

メタマスターズギルド ロゴ【病みつきゲームが特徴の本命メタバース銘柄】

メタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。熱中度の高い白熱のゲームプレイが楽しめるため、無理なく投資できる本命メタバース銘柄として注目を集めています。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、メタバース関連株全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFT仮想通貨の購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。また、MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供することで、プラットフォームのリピーター率を高めているようです。こうした点も、MMGがゲーム好きな日本人におすすめのメタバース銘柄として人気を博している理由の1つですね。

メタマスターズギルド ゲーム

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのゲームが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取るゲームです。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

おすすめメタバース株MEMAGの詳細情報を知りたい方は、テレグラムの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

MEMAGの買い方は解説記事にて詳細を紹介しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

RobotEra|メタバース銘柄No.2

【20倍が期待できる2023年注目のメタバースゲーム】

robotera japan

RobotEraはブロックチェーン技術を活用し、多彩な手段で収益を得られることができる興奮度の高いGameFiプロジェクトです。ヘッジファンドのLBank LabsのプロジェクトでもあるRobotyEraは、破壊された惑星Taroを再建することを重要ミッションとしています。

新メタバースとPlay-to-Earn(P2E)が融合したプロジェクト「RobotEra」は、大々的にリリースされ、暗号資産アナリストを熱狂させています。RobotEraは当サイトが購入すべき最高の新NFTプロジェクトとして選んだ一つですが、プレイヤーは単にゲームで報酬を得るだけでなく、エコシステムで複数の収益を得ることができるようになります。例えば、収益源にはNFTの所有権、メタバースの土地構築などがありますが、P2Eの要素を併せ持つ魅了的なプロジェクトだけに、プレイヤーが殺到することは間違いないでしょう。

暗号通貨の専門家やアナリストは、RobotEraをはじめとするGameFiトークンが2022年の弱気相場に耐え下落負けせず、まだ割安感があることから、このプロジェクトに多大な期待を寄せています。

ロボットNFT はゲームをプレイする上で欠かせない存在ですが、アップグレードやカスタマイズができるので魅力はさらに高まるでしょう。ロボットをゲーム内で使用することもできますが、オープンマーケットを利用して任意で 売却することもできます。

土地さえあれば、ゲーム内での行動範囲がが広がり可能性は無限に広がります。実際、RobotEraにはゲーム内にカスタムエディターが用意されており、プレイヤーは自分の好きなように土地を開発することができます。その他、博物館やコンサートなどの入場料や広告の販売などを通して収益化を図ることもできます。

ぜひ、RobotEraのホワイトペーパーをチェックして、Telegramグループに参加してみましょう。RobotEraの詳しい情報や気になるニュースなどが盛りだくさんですよ。

このプロジェクトはメタバース銘柄を楽しみたい日本人に注目されているのでおすすめです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Calvaria|メタバース銘柄No.3

【新しいPlay-to-Earnゲームメタバース暗号資産】

crypto presales - calvaria

Axie InfinityやDecentralandといった人気のメタバース型NFTゲームが昨年、時価総額の90%以上を失う中、Calvariaが新たな選択肢として人気を集めています。Play to Earnの暗号資産であるCalvariaは、$RIAトークンを活用してプレイヤーにゲーム内で報酬を提供します。

メタバース関連銘柄はP2Eにも関心がある傾向があるので、このようなプロジェクトは惹かれるはずです。

プレイヤーは、プレイヤー対プレイヤー、マルチプレイヤー、シングルゲームモードで競うことができ、主な目的は、個々のバトルカードを活用してトーナメントに勝つことです。このカードゲームでは、ERC-721スマートコントラクトによって鋳造されたNFT(エコシステムでは「カード」と呼ばれる)へのアクセスが可能です。このプラットフォームでは、バトルカードはゲーム内の暗号資産である$eRIAで購入およびアップグレードすることができます。

crypto presales - Calvaria Featured Image

eRIAは、RIAトークンをステーキングすることで取得できます。これは、Calvariaエコシステム上で毎日の報酬を獲得するのにも役立ちます。プラットフォーム上で暗号資産を使用した後、資産の10%がステーキングプロトコルに送られ、90%が勝者のための賞金プールに割り当てられます。また、$RIAをCalvariaにステークすることで、プラットフォームのDAO(分散型自律組織)での投票権や意思決定権を獲得することができます。

このP2Eゲームのエコシステムを利用するためには、現在開催中の$RIAトークンのプレセールへの参加が最短経路です。総トークン供給量10億個のうち、30%(3億)のRIAトークンが10回のプレセールラウンドを経て割り当てられます。現在、ステージ2において、$RIAは1トークンあたり$0.015で購入することができます。トレーダーはUSDTでトークンを購入でき、1USDTトークンは66.6トークンに相当します。

Calvariaプレセール画面

現在、ラウンド2トークンの53%以上が販売され、398,000USDTを集めています。このエキサイティングなPlay to Earnのエコシステムについてもっと知るには、Calvariaホワイトペーパーを読んでください。CalvariaのTelegramチャンネルに参加して、プロジェクトに関する最新ニュースをチェックしてください。

10万ドルが当たるGleamのCalvaria Giveawayをチェックしてみましょう。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Dash 2 Trade|メタバース銘柄No.4

【オールインワンのインテリジェンス・トレーディング・シグナル・ターミナルを提供するおすすめ暗号資産】
D2T logo

Dash 2 Tradeは、オールインワンの暗号資産情報プラットフォームで、ネイティブトークンであるD2Tを介して、一連の取引シグナルを利用することができます。現在、プレセールで購入することができ、D2Tは稼働から1週間以上で300万ドル近くを調達しました。現在、0.05ドルで購入可能なD2Tトークン価格は、9回のプレセールを通じて0.0662ドルまで上昇する予定です。

Dash 2 Tradeのホワイトペーパーによると、インベスターはダッシュボードがリリースされた後、毎月のサブスクリプションを購入することで専用の取引機能やシグナルを利用できるようになります。

dash2trade

機能の中には、プラットフォームが取引シグナルを提供するために活用するテクニカルインジケーターとソーシャルインジケーターがあります。例えば、Dash 2 Tradeは、暗号資産のソーシャルメディアへの関与や傾向を分析することで、価格変動に関するシグナルを提供します。

プラットフォームのロードマップによると、Dash 2 Tradeは自動売買機能や暗号資産の取引所への上場アラートのライブ配信も実装し、新しいプレセールプロジェクトを評価していく予定です。ユーザーは、スターターとプレミアム(それぞれ400と1,000 D2Tの月額料金)のいずれかを選択し、これらの機能の一部にアクセスすることができます。

本稿作成時点では、2回目のプレセールでD2Tトークンは0.05ドルで取引されています。したがって、毎月のプレミアムサブスクリプションは50ドルかかります。しかし、トークン価格が0.0662ドルに上昇する第9回プレセールラウンドまでには、この金額は62ドルに上昇する予定です。プレセールに参加するもう一つの利点は、$150KのD2Tプレゼントが当たるチャンスがあることです。

メタバース関連銘柄をご検討の方は、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

プレセール開始 10月19日
購入方法 ETH、USDT、Transak
チェーン Ethereum
最小購入額 1,000 D2T
最大購入額 N/A

※Dash 2 Tradeのプレセールは見事成功し、最終資金は総額15.42ミリオン米ドル(約10億円超)にも及びました。トークンであるD2Tは、メタバース銘柄に関心のある人であれば、注目に値するでしょう。現在取引所にて購入可能なので、高騰しすぎる前に確保しておくことが得策でしょう。

D2Tの買い方など詳細が気になる方は、左記のリンクから確認しましょう。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投機商品です。

IMPT|メタバース銘柄No.5

【CO2排出量を削減するおすすめ暗号資産】

IMPTは、持続可能な投機を行いたい顧客と企業をつなぐ、メタバース関連の新しい暗号資産プロジェクトです。環境に優しい暗号資産であるIMPTは、大気中から除去されるCO2排出量を表すカーボンクレジットNFTを配布することで、CO2排出量の削減を目指します。

impt

NFTはIMPTトークンで購入できます。IMPTトークンは、IMPTと提携している数千以上の企業によって調達されています。各企業は、売上の一部を環境に優しい活動をするために確保しています。IMPTのショッピングプラットフォームを通じて、顧客はブランドとつながり、売上マージンの一部をIMPTトークンとして利用することができます。

IMPTを一定量貯めると、トークンをカーボンクレジットNFTに交換することができます。このNFTは、通常の投機と同様に取引することもできますし、燃やすことで排出量を削減することもできます。IMPTのホワイトペーパーでは、今後予定されているソーシャルプラットフォームの計画について触れています。

impt

IMPTのプレセールは12月11日に終了し、1900万ドル(約26億円)以上の資金調達に成功しました。今後IMPTトークンは12月14日にLBank、Changelly、Uniswapに上場する予定です。

メタバース関連銘柄をご検討の方は、このようなプロジェクトにも関心を持ち、環境関連も意識してみてはいかがでしょうか。

IMPTのTelegramチャンネルをフォローして、このプロジェクトに関する最新のニュースを入手することができます。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投機商品です。

Tamadoge|メタバース銘柄No.6

【還元率14倍を誇るおすすめメタバースミームトークン】

crypto presales - TAMA logoTamadogeは、ミームベースのメタバースに基づく新しいプロジェクトで、仮想の生態系であるTamaverse上でユーザーにP2E(Play to Earn)の機会を提供しています。

Tamadogeは、このメタバースのネイティブ暗号資産であり、ユーザーはNFTとして鋳造されたユニークなTamadogeペットを作成、繁殖、取引することができます。ユーザーはTama StoreでTamadogeペットを購入し、それを使って他のユニークなアイテムと競争し、報酬を獲得することができます。TAMAトークンは、Tamaverse上での取引決済、Tamadogeペットの購入、資産のトレードの際に使用されます。

重要なのは、TAMAはDogecoinのような人気のあるミームコインとは異なり、デフレ資産となることを目指している点です。最大供給量は20億トークンで、TAMAは長期的に金額が減少していきます。ユーザーがTAMA Storeでアイテムを購入すると、使用したTAMAの5%がバーンされます。したがって、トークンの供給が時間とともに減少すれば、既存のトークンが価値を増す可能性があります。

TAMA

TAMAは2022年7月のローンチ後、最大供給量の50%をユーザーに提供し、残りの20%を分散型および中央集権型の取引所に上場用に確保しました。このトークンはまず、2,000万人以上のインベスターを抱えるグローバルな暗号資産取引所であるOKXに上場しました。OKXでは、インベスターはプラットフォームの中央集権型取引所(CEX)および分散型取引所(DEX)を通じてTamadogeを購入することができます。

メタバース暗号資産一覧に新たに加わったTamadogeは、OKX、Uniswap、BitMartに上場した後、大きな上昇の動きを引き起こしました。0.01ドルのプレセール価格でローンチした後、TAMAは0.159ドルの史上最高値(ATH)に達し、これは1,490%の価格上昇に相当します。

現在、1トークンあたり0.137ドルで取引されているTamadogeは、1トークンあたり0.03ドルでOKXに上場して以来、356%の上昇を記録しています。2022年10月5日に予定されているLBankとMEXCへのトークン上場により、Tamadogeはさらなる上昇の可能性を持っています。

TAMA price chart

上場の最新情報は、TamadogeのTelegramチャンネルで配信しています(管理人はまず登録者にDMを送ることはありません。 詐欺にご注意ください)。

このメタバース型暗号資産はまだ初期段階にあるため、ユーザーは大きなリターンを得られる可能性がある前にTAMAを購入すると良いでしょう。

メタバース関連銘柄をご検討の方は、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投機商品です。

Battle Infinity|メタバース銘柄No.7

【おすすめのメタバース関連ゲーム】

Battle Infinity

投機に良いおすすめNFTゲームと暗号資産プロジェクト一覧の上位にあるもう一つのプロジェクトは、Battle Infinityです。多くの暗号資産投資家がご存知のように、昨年市場で最もエキサイティングなイノベーションは、「P2E(Play-to-Earn)ゲーム」と「メタバース」の2つでした。

Battle Infinityは、この2つを1つのエキサイティングなエコシステムに統合し、ユーザーが定期的に収入を得るためのさまざまな方法を提供することを目的としています。Battle Infinityはメタバースへの投資に興味がある多くの投資家を魅了しています。

トップメタバース NFT

Battle Infinityは、有望なPlay to Earnゲームの一角を担っており、このプラットフォームのネイティブトークンである$IBATでゲーム内報酬を受け取ることができます。これらのゲームは、「Battle Arena」と呼ばれる充実した仮想世界に統合されており、プレイヤーはこの世界を探索し、他のプレイヤーと交流することができます。また、プレイヤーは仮想の土地を購入することができます。このプロット(区画)はNFTとして構成されており、広告を通じて収益化することができます。

他のメタバースプロジェクトと同様、Battle Infinity は、内蔵のファンタジースポーツリーグや、ソロ/デュオの賭けが可能な革新的な仕組みなど、ユーザーが報酬を得るためのさまざまな方法を提供します。また、ユーザーが購入し、特別なキーで開けることができる「木箱」もあり、その多くには限定ギフト、クーポン、賞品が含まれています。

他の多くのプロジェクトとは異なり、Battle InfinityはSolidProof社による監査とCoinSniper社によるKYC検証を受けており、すでに信頼性を持っています。全体として、暗号資産市場は現在も低迷していますが、Battle Infinityは間違いなく多くのインベスターに希望の光を与えています。

大量の需要により、IBATのプレセールはわずか24日で完売し、IBATはその後、8月にPancakeSwapとLBankに上場しています。近い将来、さらに多くの上場が予定されており、時価総額4000万ドルのIBATは、再び価格が高騰することが予想されます。

メタバース関連銘柄でゲーム周りであれば、このプロジェクトはおすすめいたします。

Battle InfinityのTelegramグループは、このプロジェクトに関連するあらゆるアップデートをチェックするのに最適な場所です。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投機商品です。

Meta Platforms|メタバース銘柄No.8

【バーチャルリアリティ(VR)を開拓したメタバース銘柄の本命】

2021年12月、Facebookは自社名をMeta Platformsに改称すると発表し、今後メタバースに参入することを示しました。同社はすでに没入型技術の開発に多額の購入を開始し、現在ではVRヘッドセット「Oculus」という製品を市場に投入し、成功しています。

これに加え、このメタバース銘柄は、AIスーパーコンピュータの開発に取り組んでいることも発表しています。とはいえ、同社の主な収益は、FacebookやInstagramを含むソーシャルメディア・ネットワークから生み出されていることに変わりはありません。Meta Platformsは、これらのプラットフォームを通じて、すでに多くのユーザーを獲得しており、メタバース業界の本命として存在感を確立するのに役立つでしょう。

meta platforms

今後、Metaは既存のユーザーを通して、VRヘッドセットを販売するだけでなく、メタバースでマネタイズすることができるようになります。株価の動きを見ると、Meta Platformsは2012年の上場以来、非常に好調に推移しています。

しかし、最近ではTikTokとの競争激化や莫大なメタバースの開発コストにより、Meta Platformsは苦境に立たされています。その結果、Metaは減益を計上し、それが株価の下落にもつながっています。2022年9月から2022年11月にかけて、株価は約70%下落しました。

Sony|メタバース銘柄No.9

【日本発のメタバース銘柄】

世界最大のゲーム会社の一つであるSonyは、ユーザーに新しい体験を提供する方法として、メタバースを採用しています。

同社は、「多様な事業とゲーム技術で培った独自の強みを活かし、メタバース領域で新たなエンタテインメント体験を創造していく」と述べています。

Metaはメタバースに関連するプロジェクトで過去3年間に200億ドル以上の損失を出していますが、SONYはソフトウェアによる仮想体験の実現、ゲーム用ハードウェアの開発、あるいはカスタムチップの設計で数十年の経験を持っています。この3つの技術はすべて、メタバースの未来を勝ち取るために不可欠なものとなるでしょう。

sony

Sonyは、ハードウェアベースの制作ツールやソリューションからコンテンツ/IPの所有・生成に至るまでシームレスにサービスを提供することから、最もユニークなメタバース銘柄の一つであると言えます。例えば、SonyはPlayStationVR2と呼ばれるビデオゲーム機用の新しいバーチャルリアリティヘッドセットを開発しています。リリース日は明らかにされていませんが、競合するMeta Quest VRデバイスと比較して、より優れたメタバース型体験を生み出す上で重要な役割を果たすはずです。

しかし、同社にとって最大の戦略的成果は、業界最先端のゲームタイトルを実現することで知られるUnreal Engineで有名なEpic Games社との緊密なパートナーシップにあると言えるかもしれません。

SonyはMetaと異なり、2021年9月の株式市場のピークから30%下落の下落にとどまっており、2023年の日本発のメタバース銘柄として最も有望視されているように見えます。

Roblox|メタバース銘柄No.10

【メタバースの仮想世界におけるリーディングカンパニーの一つ】

Robloxは、すでにメタバースの仮想世界を構築しているゲーム開発会社です。同社は2004年に設立され、すでにゲーム分野で大きな役割を担っています。しかし、メタバースへの参入により、購入者だけでなく、若年層からの人気もさらに高まっています。

メタバース上のRobloxのプラットフォームは、すでに4,700万人以上のデイリーアクティブユーザーを抱えています。過去数年間、Robloxはいくつかの仮想イベントやコンサートを開催し、メタバースのシーンで大きなスタートを切ることができました。

roblox

同社は2021年3月に上場し、それ以来、同社の株価はボラティリティが大きくなっています。1年の間に、このメタバース銘柄は141ドルの史上最高値を記録したのに対し、最安値は約35ドルでした。これは、株価が300%変動したことを意味します。このプラットフォームは収益こそ増加していますが、アナリストの予測を下回っています。

これは、Robloxが16歳以下のユーザーに最も人気があることが主な理由でしょう。このプラットフォームは、COVID-19の大流行時に、若い層がオンラインで多くの時間を過ごすことになったため、非常に有名になりました。学校が再開され、Robloxプラットフォームへの参加は減少しています。

Nvidia|メタバース銘柄No.11

【ビデオゲームやビッグデータに関わるメタバース銘柄】

仮想世界や製品を作る企業だけでなく、裏方の業務に従事するメタバース銘柄にも注目することができます。例えば、高速処理チップやグラフィックスプロセッシングユニットを製造する半導体企業であるNvidiaは、この技術に合致する人気のメタバース銘柄です。

Nvidiaのチップは、すでにMeta Platformの次期スーパーコンピュータ「AI Research Super Cluster」に取り入れられており、メタバースの技術構築に重要な役割を果たすと期待されています。Nvidiaは3D技術にも投機しており、Omniverseと呼ばれるスケーラブルでリアルタイムなリファレンス開発プラットフォームを既に構築しています。

前述のエンタープライズ向け製品はリリースから間もないものの、すでに数千人のクリエイターに利用されています。Omniverseと並んで、メタバースでの3Dコンテンツ体験の提供という点で、NvidiaのGPUは高い需要があると思われます。

nvidia

購入者の視点から見ると、Nvidiaはすでにビデオゲームとビッグデータの分野で目覚しい成長を遂げています。

本稿執筆時点で、同社は0.60%弱の利回りを提供しています。過去5年間で、このメタバース関連暗号通貨株はなんと980%も上昇しています。

Autodesk|メタバース銘柄No.12

【ソフトウェアを製造するメタバース銘柄】

Autodeskは、エンジニアリング業界向けのソフトウェア製品を設計・製造している老舗企業です。

同社の製品にはAutoCADやRevitがあり、どちらも建築家や構造エンジニアが設計の製図やモデリングを行う際の定番となっています。

しかし、建設分野以外でも、AutoCADは3Dソフトウェアツールのため、アニメーターや視覚効果アーティストに多用されています。VRや3Dアニメーションに特化して設計された製品群を持つ同社は、メタバースに適していると言えるでしょう。

auto desk

当初、Autodeskは1回買い切りの購入モデルを提供していました。つまり、ユーザーは同じバージョンを使い続け、アップグレードが必要なときだけ新しい製品を購入すればよかったのです。しかし、その後、Autodeskは年間ライセンスを必要とするサブスクリプションモデルに切り替えました。

この戦略により、同社は定期的な収入源を生み出し、ひいては収益を増加させることに成功しました。AutoDesk は 1985 年に NASDAQ に上場し、それ以来、インベスターに堅実な利益をもたらしてきました。過去5年間で、このメタバース銘柄の株価は150%以上上昇しました。

Unity Software|メタバース銘柄No.13

【3Dコンテンツに携わるメタバース銘柄】

Unity Sofwareもまた、メタバースの拡大において重要な役割を果たすことになる企業です。このプラットフォームは、ソフトウェアプログラムの開発を可能にするさまざまなソリューションを提供しています。デザイナー、建築家、エンジニアが、メタバースを含む仮想世界の3Dコンテンツを開発するためのツールを提供しています。

同社は、Insomniac Events(世界で最も革新的で没入感のある音楽フェスティバルやイベントをプロデュース)など、複数のプラットフォームで、新しいメタバースの世界を創造しています。Unity Sofwareは、ゲーム業界への投機も積極的に行っています。2020年に上場して以来、Unity Sofwareの株価は45%近くも上昇しています。

unity software

他の多くのハイテク株と同様、このメタバース銘柄も購入者から期待されています。最近、同社がWeta Digital(視覚効果制作を行う会社)を買収したことで、株主は懸念を抱いています。Unity Softwareがこの投機を促進するために増資をしなければならなかったためです。しかし、長い目で見れば、Weta DigitalはUnity Sofwareにとって実りあるベンチャーになると予想するアナリストもいます。

とはいえ、Unity Softwareはメタバース市場以外でも、注目すべき提携をいくつか考えています。2021年12月、同社はeBayに乗り込み、3Dビューアーを提供しました。また、現代自動車との新たなコラボレーションを発表し、物流を改善するためのデジタルツインファクトリーを建設することを発表しています。

Coinbase|メタバース銘柄No.14

【メタバース型暗号資産銘柄】

大手暗号通貨取引所Coinbaseもメタバースの最大の受益者の1つです。さらに暗号資産がメタバースのバックボーンを形成していることを理解する必要があります。

デジタル資産の売買以外にも、このメタバース関連暗号通貨株は、クレジットカードや口座など、他の暗号関連サービスも提供しています。そして、このプラットフォームでは、その新しいマーケットプレイスを通じてNFTを購入することができます。これにより、Coinbaseはメタバースの成長の恩恵を受けることができます。

また、Coinbaseは、ユーザーがメタバースゲームで自分のアバターを購入できるようにする技術の開発に取り組んでいることを発表しています。

coinbase

2021年4月に上場したCoinbaseは、同年11月に史上最高値の約430ドルを記録しました。しかし、それ以降、その株価は約65%下落しました。これは主に暗号通貨価格の急落により、Coinbaseの取引量と収益が減少したことに起因しています。

Nike|メタバース銘柄No.15

【デジタルスニーカーを開発するアメリカのメタバース関連株】

Nikeの株式価値は、過去5年間で150%近く上昇しました。また、デジタルマーケティング戦略や顧客直販のビジネスモデルが後押しし、収益も継続的に伸びています。言うまでもなく、Nikeはスポーツアパレル業界のリーダーであり、すでに実社会で確立された顧客基盤を持っています。

とはいえ、Nikeもメタバースへの参入を模索しています。2021年12月には、NFTシューズ市場のリーダーであるRTFKTの買収を発表しています。この動きは、Decentralandのような仮想世界でのウェアラブルを想定したデジタルスニーカーの開発にNikeを取り込むことになり、NFT銘柄の中でも特に注目されている銘柄でもあります。

nike

Nikeは以前、Roblox内にオンライン体験を作り、プレーヤーが同社のデジタルアパレルを購入できるようにしたことがあります。さらに、Nikeはメタバースを広告や製品紹介の一環として利用することも想定しています。Nikeはまた、執筆時点で0.9%の継続的な配当利回りを提供しています。今後もNikeはメタバース関連の米国株として、間違いなく成長を遂げることが考えられますので、今後の動向にも注目です。

Match Group|メタバース銘柄No.16

【メタバース関連新銘柄】

TinderやOkCupidといったアプリを所有するMatch Groupは、一見するとメタバース銘柄とは思えないかもしれません。しかし、この会社は、マッチメイキングをバーチャルな世界に持ち込む計画を明らかにしました。Match Groupは、アバターベースのバーチャル体験を同社のアプリのポートフォリオに展開することを目標としています。

この市場への最初の一歩として、Match GroupはすでにTinder Coinsというアプリ内暗号通貨のテストを実施しています。このコインで、ユーザーはゲーム内の機能や特典を購入することができます。さらに、同社は「Single Town」と名付けたライブ仮想世界の設計にも着手しています。この世界では、ユーザーは自分のアバターで表現され、仮想の場所で音声リンクを通じて他の人と関わることができます。

metagroup

近年、Match Groupの株価の伸びは目覚ましいものがあります。例えば、過去5年間だけで、その株価は250%以上上昇しました。その収益は、パンデミック市場の間にさらに上昇しましたが、株価は2021年の終値までその勢いを維持することができませんでした。

Microsoft|メタバース銘柄No.17

【配当を提供するアメリカのメタバース銘柄】

ソフトウェア大手のMicrosoftもまた、メタバースの世界へ進出することになりました。同社は企業向けメタバースを計画しており、基本的にすべてのMicrosoftのツールを仮想的に表現することになります。同社はすでに、仮想世界でのリアルタイムのコラボレーションを促進するMicrosoft Meshのリリースを発表しています。

Meshには、ミーティングやソーシャルミキサー用にあらかじめ構築された没入型スペースが付属し、ユーザーはアバターを作成して互いに交流できるようになります。また、同社はゲーム大手のActivision Blizzardの買収を計画しており、Microsoftがメタバースで独自の世界を構築する上で、重要な役割を果たすことになります。

microsoft

その上、Microsoftは他のハイテク株と違って、配当金を提供しています。この配当利回りは、本稿執筆時点で0.8%です。Microsoftの株価は、過去5年間で350%以上の上昇を記録し、好調を維持しています。Nike同様にMicrosoftもメタバース関連の米国株として、着実に成長を遂げていくと考えられます。

メタバース銘柄の暗号資産を購入できる場所

今日、最高のメタバース銘柄の暗号資産をどこで購入するか疑問に思っている場合は、あなたが選んだプロジェクトの状況に依存します。例えば、大きな時価総額を持つ主要なメタバース関連暗号資産は、しばしばこの空間で最高の暗号資産取引所のいくつかでホストされています。

一方、最近発売された新しいメタバース関連暗号資産を探している場合、Pancakeswapのような分散型取引所を使用する必要があるかもしれません。とはいえ、安全でユーザーフレンドリー、かつ低コストでメタバース関連暗号資産コインを購入できる総合的なベストプレイスは、OKXです。

OKX – 2023年にメタバース銘柄の関連暗号資産を購入するためのおすすめ取引所

OKX Logoこのページで分析したDecentraland、SushiSwap、Axie Infinity、Ethereum、Sandboxなどの最高のメタバース関連暗号資産に興味があれば、OKXは全てをカバーしています。このブローカーに口座を開くと、メタバースのコインを購入することができ、最小取引額はわずか1,000円からとなります。

100以上の国々にわたって2,000万人以上のユーザーを持つOKXは、世界最大の暗号資産取引所の1つです。このOKXのレビューは、プラットフォームに特徴的ないくつかの機能があります。例えば、中央集権型および分散型交換、暗号資産のローン、デジタル資産のマージン取引オプション等です。

さらに、OKXは350以上の暗号資産資産を提供しており、スポット取引、先物契約、マージン取引、パーペチュアルスワップを利用することが可能です。インベスターの多くはOKXでProof of Workの元祖であるビットコイン、イーサリアム、Cardanoやその他の一般的な暗号資産を購入することができます。

okx_web3

注目すべきは、OKX CEXがカストディアン(インベスターに代わって 有価証券 の管理「カストディ 」を行う機関)として機能することです。つまり、すべてのフィアット通貨または暗号資産が取引所の保管下にあることを意味します。銀行がフィアット通貨を保管するのと同様に、購入者はOKX CEXを信頼して資産と資金を安全に保管することができます。OKX CEXにより、購入者はビットコイン、イーサリアムおよび350以上の資産などの最高の暗号資産を購入することができます。

OKX CEXにサインアップしてアカウントを作成すると、入金手数料なしで暗号資産をフィアット通貨で直接購入することができるようになります。スポット取引とは別に、購入者は暗号資産の先物取引(特定の資産をあらかじめ決められた価格で将来購入または売却する契約を表す)にアクセスすることもできます。

OKX DEX

OKX DEXは中央集権的な取引所とは異なり、非カストディアンです。つまり、購入者は資産を単独で管理し、秘密鍵を持つ暗号資産ウォレットに保管します。OKX CEXとは異なり、購入者は投機を開始するためにOKXのアカウントを作成する必要はありません。また、取引はフィアット通貨を預けるのではなく、暗号資産交換という形で行われます。

okx_nft

その代わり、MetaMaskやOKX独自のウォレットなどの暗号資産ウォレットを接続し、OKX DEXと接続して暗号資産間の交換を行うだけでよいのです。OKX DEXの最大の利点は、日本の購入者がアクセスしやすいことです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

メタバース関連暗号通貨の購入方法

ここでは、2023年に買うべきメタバース関連暗号通貨として総合的におすすめの「Dash 2 Trade(D2T)」の買い方を紹介します。

ステップ1 – 暗号通貨ウォレットをセットアップする

まず、ERC-20 トークンと互換性のある暗号通貨ウォレットをセットアップする必要があります。MetaMaskはデスクトップでのスムーズな取引を提供する上、iOSやAndroidデバイスでもダウンロードできるため、MetaMaskの使用をお勧めします。

暗号通貨ウォレットをセットアップするには、MetaMaskのウェブサイトへ行き、「ダウンロード」をクリックします。次のページで、適切なOSを選択し、指示に従ってウォレットをダウンロードし、開いてください。

Download MetaMask

ステップ2 – ETHまたはUSDTを購入する

ETH logo

次に、D2Tトークンへの交換に使用するETHまたはUSDTのいずれかを入手する必要があります。ETHとUSDTは、ほとんどの仮想通貨取引所で購入することができ、ステップ1で作成したウォレットに送金することができます。

また、Dash 2 Tradeのウェブサイトから、クレジットカードやデビットカード、銀行振込を使って直接ETHを購入することもできます。この機能は、Transak(Dash 2 Tradeの取引所のオンランピングパートナー)を通じて提供されます。

ステップ3 – プレセールダッシュボードにウォレットを接続する

Dash 2 Tradeのウェブサイトにアクセスし、「Connect Wallet」ボタンをクリックします。すると、ポップアップボックスが表示されるため、ウォレットプロバイダを選択できるようになります。選択したら、画面上の指示に従って、ステップ1で作成した暗号通貨ウォレットをプレセールのダッシュボードにリンクさせます。

Link wallet

ステップ4:Dash 2 Trade(D2T)トークンを購入する

D2T logo表示された注文欄で、交換用のETHまたはUSDTのいずれかを選択し、希望する購入額を入力します。Dash 2 Tradeでは、最低1,000 D2Tの購入が必要です。すべてがダブルチェックされたら、ウォレットプロバイダーからの指示に従って、取引を確認してください。

ステップ5:トークンを請求する

Dash 2 Trade のプレセールが終了すると、Token Generation Event (TGE) が開催されます。その後、購入者はDash 2 Tradeのホームページにアクセスし、「Claim」ボタンをクリックすることで、D2Cトークンを請求することができます。

Claim D2T tokens

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

日本のメタバース銘柄

日本企業もメタバース市場の拡大を見越し、関連事業の強化に乗り出しています。最新の発表内容を踏まえ、メタバース銘柄を紹介します。

アパレルのC’s MENは、クリエイター支援サービスを提供する外神田商事(東京都千代田区)と提携し、メタバースファッション市場に参入することを発表しました。この業務提携により、メタバースにおけるアバターの服をウェアラブルファッションとしてリデザインし、現実世界の服として商品化することをミッションとしたメタバースファッション専門のアパレルブランド「Polygon Tailor Fabric」が設立されました。さらに、現実世界の衣服をメタバース内のアバターが使用できるようにコンバートするという新たなビジネスも計画しています。

モバイルソーシャルゲームを提供するGREEは、8月にメタバース事業への参入を発表しました。今後2~3年で100億円を投じ、全世界で数億人のユーザーを獲得する計画です。同社の子会社であるREALITYがスマートフォン向けバーチャルライブ配信アプリを開発する一方、GREEはライブエンターテインメント事業をメタバースと名付け、積極的に出資しています。

一方、任天堂は、このコンセプトを使って任天堂の「新鮮な驚きと楽しさ」を提供する方法が見えないため、当面はメタバースの波に乗ることはないだろうとのことです。

メタバース銘柄とは

メタバース銘柄とは、一般的にはメタバース関連プロジェクトのメタバース関連株のことを指します

メタバース銘柄に対するアセット投機方法を学ぶ前に、この新しいコンセプトが何を意味しているかをしっかりと理解する必要があります。一言で言えば、メタバースは「社会的相互作用を促進するために設計された仮想世界の集合体」であり、仮想通貨の次に流行るものと見られています。

各ユーザーは自分のアバターを持ち、ARやVRヘッドセットなどの高度なヒューマンコンピュータインタラクション(計算機技術の設計や利用方法について研究をし、特に人間と計算機とのインタフェースについて着目した学問領域)のハードウェアを介して、さまざまな仮想体験に取り組むことができます。

とはいえ、メタバースは黎明期にあります。したがって、おそらく、今買うべきメタバース銘柄は、すでに成功しているが、このデジタル世界によって成長がさらに促進される可能性のある企業です。

これらの企業は、以下のようないくつかのセクターに分けられます。

  1. ハードウェア – メタバースへのアクセス、相互作用、または開発に使用される消費者向けおよび企業向けのハードウェアを販売およびサポートする企業。
  2. コンピューティング – 物理演算、データ照合、人工知能などをサポートするコンピューティングパワーを実現・供給する企業。
  3. ネットワーク – データの提供、管理、伝送を行う企業。
  4. バーチャルプラットフォーム – 消費者が没入できる3次元のシミュレーションや世界を開発・運営する企業。
  5. インターチェンジスタンダード – リアルタイム接続、通信、分散型データ伝送を提供する企業。
  6. ペイメント – デジタル決済プロセスを提供する企業、および暗号通貨へのフィアット通貨のオンランプ(ブロックチェーン技術を使った支払い方法)を提供する企業。
  7. コンテンツ、アセット、アイデンティティサービス – NFTや暗号通貨などのデジタル資産を設計、作成、販売、保管、管理する企業。

今後、メタバースの拡大とともに、多くの企業が独自のバーチャルワールドを構築していくことになるかもしれません。

メタバースはどこまで大きくなるのか?

Meta Platformsが脚光を浴びる中、多くの企業がメタバースブームに乗りたいと考えています。世界のメタバース市場は、2024年末までに8000億ドルに達すると推定されています。

メタバースは、株式市場の次の大きなトピックとなる可能性があり、購入者の皆さんはすぐにその波に飛び乗りたいことでしょう。実際、メタバース銘柄の世界に足を踏み入れたいのであれば、上記の選択肢は良いスタート地点となります。そのほとんどが、物理的な世界で確かな実績を持ち、バーチャルな世界への移行をリードするのに適した立場にあります。

メタバース経済:NFTと暗号通貨

メタバースは現実世界のシミュレーションなので、仮想世界ではモノやサービスが取引される経済が存在します。そこで、暗号通貨のようなデジタル通貨によって、非代替性トークン(NFT)や仮想不動産の購入が可能になります。

メタバースが拡大し続ける中、その進化はWeb3.0で行われ、市場は一元化されず、ユーザーはほとんど何でもオンラインで作り、それをコントロールし、マネタイズすることができるようになるでしょう。

暗号通貨がリリースされた当初に購入ラッシュが起きたように、技術的なプレゼンスがあまりない企業やブランドも、この分野に参入しました。メタバースの仮想通貨は、長期的には最大の恩恵を受けることになるでしょう。そのためにも、仮想通貨上場予定一覧を確認して、常に最新情報を入手しましょう。

日本でのメタバース銘柄の購入先

メタバースとは何か、どうすればこの新しい技術に出資をすることができるのかはもうお分かりだと思います。

次に、今日、日本でメタバース銘柄を、しかも手数料無料で買えるのはどこなのかについて、今から説明します。

IG.com

IG1974年に設立されたIG証券は、世界12,000銘柄以上のCFDを取り扱っています。日本のメタバース銘柄はもちろん、IT、金融、自動車、ファッション、医薬品、食品など、各業界を代表する世界の優良企業に1株から購入することが可能です。

IG.comでメタバース銘柄を取引するメリットは以下の通りです:

  • 世界の銘柄をリーズナブルに取引可能:日本、米国、欧州など世界各国の株式を、1株からリーズナブルに取引できます。
  • レバレッジ:CFDは信用取引なので、自己資金で一般銘柄を購入するよりも大きなポジションを持つことができます。
  • プライシングテクノロジー:株価については、ロンドン証券取引所(LSE)などの主要市場に加え、IG独自のマルチベニューテクノロジーにより、欧州の2大取引所であるChi-X EuropeとBATSから価格を取得しています。
  • 世界的に有名な企業の株式取引が可能:上記のメタバース米国株と同様に、メディアや街で有名な企業の株を簡単に取引することができます。

ig.com/jp

世界の金融市場で45年以上の経験を持つIGは、無料のオンラインコース、ウェビナー、セミナーなど豊富な学習プログラムを提供し、取引方法の習得や取引知識の深化を支援しています。

まとめ

メタバースはトレンドワードであり、この新興テクノロジーに社名を連ねたいと考える多くの企業をすでに引き付け始めています。最近はETFでメタバースを対象にしたメタバースETFというのも出てきているくらいです。多くのハイテク企業がすでにメタバースを研究し、サポートしているため、購入者は多くの機会を得ています。メタバース銘柄の中には、2022年に株価が大きく下落したものもあります。投資家は、仮想現実の繁栄で最も恩恵を受けることになるメタバース銘柄を研究し、選択する必要があるでしょう。

しかし、メタバース関連の暗号通貨は、長期的に最大の利益を得るように設定されています。Dash 2 TradeIMPTCalvariaなど、最も有望なもののいくつかはプレセール段階にあり、メタバースがもたらす成長を割引価格で利用できる絶好の機会です。

おすすめランキングの中には、1000倍となる仮想通貨、言わば化ける草コインも出る可能性はありますので、上述の仮想通貨おすすめ銘柄をご認識いただいて損はないでしょう。

なお、どのプロジェクトの暗号通貨も、当サイトの仮想通貨 おすすめ一覧にて上位にランクインしています。日本でまだメジャーになりすぎていないうちに、注目しておくの重要ですので参考にしてみてください。

Meta Masters Guilds - 新世代のブロックチェーンゲーム

当サイトの評価

MEMAGのロゴ
  • トップレベルのゲーム開発から支援あり
  • 現在、絶賛プレセール中
  • 発行枚数上限あり、ベスティングなし
  • NFTで遊べる!さらに報酬やステーキングあり
  • Solid ProofやCoinsniperによって承認済み
MEMAGのロゴ

メタバース銘柄に関するよくある質問

メタバース銘柄とは?

メタバースに出資している企業は?

メタバース銘柄に購入するにはどうしたらいい?

メタバースの人気銘柄は?