イーサリアムは暗号資産トークン市場においてビットコインに次ぐ人気を誇っています。 そこで、イーサリアムの購入を今まさに検討しているそこのあなた、購入前に今一度 ETHトークンがどのように保管、販売されているのかを知りたくはありませんか?

今回はおすすめのイーサリアム・ウォレットと題してウォレットの種類、 安全性、手数料、特徴、利便性にフォーカスを当てておすすめのウォレットを紹介していきたいと思います。

イーサリアム ウォレット おすすめランキング

  1. OKX –  堂々のベスト イーサリアム ウォレット総合第1位
  2. Crypto.com – 暗号資産のステーキングならおすすめ
  3. Coinbase -ウォレット初心者に最適なウォレットアプリ
  4. ME -スマートコントラクトと連動した話題のイーサリアム ウォレット
  5. MetaMask – イーサリアムにうってつけ 暗号資産ウォレットの代表
  6. Ledger Nano X – 人気ハードウェアウォレット
  7. Trezor – 圧倒的な安全性を誇るハードウェアウォレット
  8. Atomic Wallet – 非管理型ウォレットアプリのトップランナー

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

多種類の中からベストなイーサリアムウォレットアプリを見つけるのは非常に困難。 適切なウォレット選択は投資者それぞれのニーズによって千差万別です。

これから紹介していく様々な種類のウォレットプロバイダー。 それぞれが持つ特徴とレビューとを確認しながら自分のニーズに合った プロバイダーを見つけましょう。

イーサリアム ウォレット おすすめランキング

市場でサービスを展開する優れたイーサリアムウォレットのどれもが安全性、利便性、 そして機能性を兼ね備えています。さっそく数多のプロバイダーの中から厳選したおすすめトップイーサリアムウォレットを順に見ていきましょう。

1. OKX – 堂々のベスト イーサリアム ウォレット総合第1位

最高の暗号通貨取引プラットフォームをお探しなら、OKXはいかがでしょうか。OKXは2011年に サービスを開始し、業界で最も信頼される暗号通貨取引所の1つとして確固たる地位を築き上げて きました。ユーザーはリーズナブルな手数料で50以上の異なる暗号通貨に投資することが できます。

また、手数料は取引ごとに0.50%とわずかなもので、月間取引量が$10,000を超えると0.25%に 下がります。

クレジット/デビットカードを使って暗号通貨を購入できます。暗号通貨やFIATでの入金を避けた い初心者にとっては理想的ですが、別途で5%の取引手数料がかかります。OKXの最小レートは ほとんどのFIAT建てのペアでわずか$10です。

また、紹介リンクを使用すると$20のOKXサインアップボーナスが進呈されます。 無料の暗号通貨でポートフォリオを構築することができるのは嬉しい限りですね。

OKXの取引プラットフォームは、ウェブベースのプラットフォームとモバイルアプリから選択する ことができます。どちらも使いやすいので安心です。

総じて、OKXはシンプルなインターフェースと使いやすい機能が特徴の初心者向けのプラット フォームですが、OKX Tradeviewは経験豊富なトレーダー向けに作られたものとなります。OKX モバイルについては、iOSまたはAndroidで無料でダウンロードできます。生体認証と選択可能な 注文タイプを備えていますので、ぜひご活用下さい。

  • 50種類以上のコインが取引可能
  • 低額の取引手数料
  • 無料ACH入金
  • 多数の取引プラットフォームが選択可能
  • 無料出金
ウォレットタイプ 非管理型ソフトウェアウォレット
セットアップ ダウンロード無料
イーサリアム購入手数料 0.5% 取引毎
 

3つの特徴

– 50種類以上のコインが取引可能

– 低額の取引手数料

– 多数の取引プラットフォームが選択可能

OKX おすすめ取引所であるワケ

OKXは本当にイーサリアムを購入するのに最適な取引所なのでしょうか?この取引所が忙しい仮想通貨市場で選ばれているのはいくつかの理由があります。まず、OKXにはイーサリアム以外にも数多くの暗号資産取引を行なっています。ビットコイン、ライトコイン、アプトスなど、最も人気のある30以上の仮想通貨を売買できます。またOKXでは、イーサリアムとこれらの他のコインの間で簡単にスワップでき、世界中から暗号資産にアクセスすることができます。

OKXの取引手数料は、1ヶ月の取引量やオリジナルトークン「OKB」の保有額によって異なりますが、出金手数料はかかりません。また、OKXにはスマートフォンアプリがあり、実用的でおすすめです。アプリを利用する場合は銀行振込とLINE Payの利用が可能です。こちらも送金料がかかりません。

メリット

  • 取扱通貨が豊富
  • 取引方法が豊富
  • 簡単に口座開設ができる
  • 独自トークンあり
  • スマホアプリあり

デメリット

  • 日本語サイトがない
  • 日本円取引がない
  • サポートが英語

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. Crypto.com – 暗号資産のステーキングならおすすめ

Crypto.com - 仮想通貨ウォレット

次におすすめするイーサリアムウォレットはシンガポールを拠点とする暗号資産取引所 Crypto.comです。このDeFi(分散型金融)ウォレットはイーサリアムを含む690種類もの暗号資産の取引が可能です。またユーザーは使いやすいインターフェイスを利用してイーサリアムの送金や受取、取引やステーキングも行うことができます。

Crypto.com DeFi型ウォレットのメリットは顧客が持つ秘密鍵をサーバー上で保管しないと言う点にあります。これは「自己管理型ウォレット」と呼ばれ、秘密鍵の管理権が全てユーザーに一任されています。さらに、この機能はCrypto.comのアプリからは独立しているため、ユーザーは匿名でウォレットにアクセスすることができます。

もちろん、本プラットフォームの機能をフル活用すればDeFi ウォレットとcrypto.comアプリを連動させることも可能です。さらに、Crypto.comはイーサリアムの入金や引き落としに対する手数料もかかりません。それぞれに発生するネット通信料は関しては免除されませんのでご注意ください。

Crypto.com DeFi型ウォレットは初心者にとっても非常に扱いやすいウォレットです。Crypto.comアプリからイーサリアムへの投資を一括でサポートと非常に簡単に操作ができます。またイーサリアムで取引を実行したい場合でもVisaカードを使って暗号通貨の決済をも行うことができます。

さらには、AaveやCompound、CosmosといったDeFi型プラットフォームを介してイーサリアムに投資を行い利益を生むこともできます。また嬉しい付加価値としてCrypto.com DeFi型ウォレットは何とNFTにもサービスを広げているのです。つまりユーザーはCrypto.com NFT マーケットを介してNFTを購入、さらにDeFiウォレットで保管、管理が可能になるなど至れり尽くせりの機能が満載です。

ウォレットタイプ 非管理型ソフトウェアウォレット
手数料、セットアップ費 ダウンロード無料

取引手数料 最大0.4 %

イーサリアム購入手数料 クレジット/デビット – 2.99 %
3つの特徴 –      Crypto.comとの互換性

–     ステーキング

–     充実のNFTサポート

メリット

  • 非管理型ウォレット
  • アプリで一括管理
  • ウォレット内で購入、投資
  • NFTsの保管、管理

デメリット

  • 法令に基づいた通貨、またiOS、Androidでのみ購入可能

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3.Coinbase – ウォレット初心者に最適なウォレットアプリ

Coinbaseは暗号通貨初心者向けのプラットフォームとして世界的に人気を博しているウォレットアプリです。本アプリはユーザーの財産に対する損害保証やコールドストレージ(コンピュータのストレージやそのメディアの分類の一つで、あまり使われないが長期間保存する必要があるデータを記録するのに適したもの)を含めた最高水準の安全性を備えていることでも知られています。つまりCoinbaseユーザーは購入したETHトークン(イーサリアム)をユーザー自身のアカウントに保管することができます。

暗号資産を利用する上で安全性はウォレットに求められる非常に重要な要素の一つです。Coinbaseはその不安をユーザーから取り除くことはもちろん、非管理型ウォレットサービスを提供することで、ユーザーにさらなる安心感を与えてくれます。また本機能はCoinbase取引所からは独立した状態で利用も可能。そしてETHトークンをもうひとつのアカウントへ送金したい場合などには連動させることもできます。

イーサリアムから話題は少々反れますが、Coinbaseウォレットは5000種類以上もの暗号資産に対応しています。またユーザーは分散型ウェブへのアクセスが許されており、Coinbaseユーザーはウォレットを介してリキッドプール(流動性プール)への投資や、DeFi型トークンのスワップを行うこともできます。しかしその反面、暗号資産を購入するためにCoinbaseプラットフォームを利用する場合には高額な手数料が発生するのがネックでもあります。

また、Coinbaseは取引手数料として1.49%、またクレジット/デビットカード決済の場合は3.99%をその手数料として請求します。Crypto.comと同様にCoinbaseはNFT市場にも活躍の場を広げており、Coinbase市場で購入したNFT資産は無料でCoinbaseウォレットに保管することができます。

ウォレットタイプ 非管理型ソフトウェアウォレット
手数料、セットアップ費 ダウンロード無料、取引毎1.49%
イーサリアム購入手数料 3.99% デビットカード決済時
3つの特徴 –     分散型ウェブ アクセス権

–     暗号資産5,000種類+対応

–      NFTs管理

メリット

  • 5000種類+の暗号資産対応
  • ETHウォレットビギナー向けイチオシ
  • ウォレット上で売買、投資が可能

デメリット

  • 取引手数料が比較的に高額

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. MEW – スマートコントラクトと連動した話題のイーサリアム ウォレット

イーサリアムウォレットMEWのロゴ

MEW(My Ether Wallet)はいち早くイーサリアムの保管サービスを開始したプラットフォームの一つです。またオープンソースの構造を取り入れているため、スマートコントラクトとの互換性に優れています。またMEWを通すことでイーサリアムだけでなく全てのERC-20トークンを管理することができます。

加えて、MEWはBinance Smart Chain、Polygonといった他のネットワークとの互換性も兼ね備えているためユーザーは複数のアルトコインやDeFiトークンを簡単に管理することができます。さらに本ソフトウェアアプリは互換性のあるiOS、Androidのデバイスから無料でダウンロードすることできます。またデスクトップの場合はウェブからのアクセスも可能です。

また後ほども触れていきますが、MEWはLedgerやTrezorといった人気ハードウェアウォレットのサポートも手がけています。MEWは非管理型アプリのため秘密鍵がユーザーの設定したデバイスにのみ発行されます。万が一鍵を紛失してしまった場合に備えて*ニーモニックフレーズ(複数の英単語からなるアカウントを復旧させるためのバックアップ。このフレーズを紛失した場合仮想通貨の管理が不可になるので要注意)も発行されるので安心です。

MEWは1inchのような人気分散型取引所とも提携しておりユーザーはイーサリアムをベストな買値、売値で取引を実行することができます。またSimplexやMoonPay、Changellyといった決済サービスの利用も併用できるためイーサリアムやその他暗号資産の購入が簡単に行うことができます。

加えて、MEWユーザーはイーサリアムトークンをウォレット内で売却を行い、そこで得られた資金を銀行口座に振り込むことができます。MEWはさらにETH Blocksという独自NFT(非代替性トークン)をアプリ内で発行しており、そのままウォレット内で保管することもできます。

ウォレットタイプ 非管理型ソフトウェアウォレット
セットアップ費 ダウンロード無料
イーサリアム購入手数料 プロバイダーに準ずる
3つの特徴 –      dApp対応

–     スマートコントラクトとの互換性

–     フィアット通貨との互換性

メリット

  • 幅広い使用用途に対応
  • スマートコントラクトと連動

デメリット

  • 販売元によってはイーサリアム購入時の手数料が高額
  • 上級者向け

5. MetaMask – イーサリアムにうってつけ 暗号資産ウォレットの代表格

metamask

暗号資産ウォレットで非常に有名なMetaMaskのご紹介です。おそらく世界中でもっとも認知度が高いウォレットアプリ、ユーザー数はなんと3000万人に及びます。MetaMaskはただ使いやすいという利便性に加えて魅力的な特典を豊富に含んでいます。

MetaMaskはトークンの自己管理や多種類に及ぶ人気アルトコインの取引を行えるという点において最も利便性に優れた暗号通貨ウォレットとして認知されています。ユーザーはMetaMaskプラットフォームからOpenSeaのような人気NFT取引所にアクセスすることができます。本ソフトウェア型ウォレットはブラウザ拡張機能などと同様にイーサリアムアプリとしても活用することができるので非常に便利ですね。

イーサリアムの他にMetaMaskでは1000を超える種類の暗号資産にも対応しています。ユーザーはWeb3.0へアクセスを行い、暗号資産のスワップ取引をウォレットを通して実行することができます。ちなみに、ビットコインの保管に関してはMetaMask上では対応していないのでご注意ください。

市場で最も求められるイーサリアムウォレットは何かを議論するにあたり、ビットコインに対するサポートの有無は切り離せない重要なポイントとなってきます。もしビットコインをMetaMaskで管理したい場合はWBTCトークン(ビットコインと価格が連動した担保型暗号資産のこと)に変換する必要がありますがMetaMaskそのものは非常に安全で使いやすく多くのユーザーから信頼を得ています。さらに、イーサリアムを保有していない場合にもMetaMaskウォレットからイーサリアムトークンを簡単に購入することができます。

*本プラットフォームは異なるネットワーク、決済方法に対応していますが地域によってはご利用いただけない場合があります。同様に支払い手数料に関しても決済方法により費用は異なる場合があります。

ウォレットタイプ 非管理型ソフトウェアウォレット
手数料、セットアップ費 無料ダウンロード

取引手数料 0.875%

イーサリアム購入手数料 購入したプロバイダーに準ずる
3つの特徴 –     使いやすい

–     イーサリアムの売買対応

–      NFTs トークン対応

メリット

  • 非常に使いやすい
  • NFT市場との連携
  • 1000種類+の暗号資産対応

デメリット

  • イーサリアム購入時の手数料が高額
  • ビットコイン非対応

6. :Ledger Nano X – 人気ハードウェアウォレット

イーサリアムウォレットLedger Nanoのロゴ

今日に至るまで、ソフトウェア型に分類される優れたイーサリアムウォレットは一様にある課題を抱えていました。それは高い安全性を提供する一方でハードウェア型のそれと比較するとどうしても差が出てしまうという点です。ではなぜハードウェア型イーサリアムウォレットはそこまでの安全性を確立できるのか、それは完全なオフライン上でも暗号資産を管理できるという点にあります。

Ledgerはハードウェア型の暗号資産ウォレットを牽引してきたパイオニア的存在です。中でも、利便性と安全性を兼ね備えたLedger Nano XはLedgerの代表作として有名で一見するとスティールとプラスチックで造られたUSBデバイスのようなデザインですが、キーパッドが内蔵され、取引を行う際にはPINコードを入力しなければウォレットへのアクセスを実行することはできません。

Ledger Nano XはAndroid、iOS、Windows、macOS、Linuxなど多種類のデバイスで使用することができます。また本ハードウェアウォレットはUSB-C cableやBluetooth機能を活用することでスマートフォンとリンクさせることも可能です。ウォレットとPC、またはスマートフォンとの接続が完了すればLedger Live アプリからイーサリアムの売買も可能とコードレスという点でもスタイリッシュな仕様になっています。

*Ledger Nano Xはデバイス1台につき$120(約16,000JPY)が費用として発生します。

本アプリは分散型ウェブやNFT市場へのアクセス権に加え、保管が可能な暗号資産はイーサリアムも含めてその数なんと5500種類を超えます。

気になる手数料ですが、Ledger Liveアプリを利用してイーサリアムを購入する際には最大で4.5%(支払い方法に準ずる)が発生します。また必ず把握しておくべき点として、発行される秘密鍵やバックアップデータはすべてユーザーにのみ与えられるため、保管に関しては細心の注意を払う必要があります。一度でも紛失してしまえばウォレットに保管していたイーサリアムトークンへのアクセス権は永遠に失われますのでくれぐれもご注意を。

ウォレットタイプ 非管理型ハードウェアウォレット
セットアップ手数料 1デバイスにつき$120
イーサリアム購入手数料 4.5% クレジット/デビットカード決済1.7% 銀行振込み
3つの特徴 –      Bluetooth対応

–      5,500+種類の暗号通貨

–      dAppsとの連動

メリット

  • 高い安全性
  • Bluetooth対応
  • 5,500種以上の暗号資産対応

デメリット

  • ソフトウェア型と比べるとフレキシブルな使用に不向き
  • 1デバイスごとに$120のコストが掛かる

7. Trezor – 圧倒的な安全性を誇るハードウェアウォレット

Trezorの画面

Ledgerと同様に、Trezorはこれまでハードウェア型のイーサリアムウォレット業界を牽引してきた企業の一つです。イーサリアム、ビットコインまたその他アルトコインを含めると利用できる暗号資産はなんと1000種類を超えます。そしてTrezorは2種類のイーサリアムビットコインウォレットを発表しました。

この最新ウォレットはデバイスを経由してPINコードとバックアップフレーズをユーザー自身で設定することができます。また安全面においてもU2F authentication、Shamir backup、password managerなど複数のバックアップ機能も搭載しているのでユーザーにとっては安心ですよね。加えてTrezor model TはPINコードデバイスとしてmicroSDを使用することもできます。

デスクトップ、またはウェブからイーサリアムを利用したい場合にはTrezor Suiteアプリがおすすめです。そこでは安全な環境でイーサリアムやその他暗号資産の購入や取引を行うことができます。Ledger同様、TrezorもMetaMaskやExodusなどのソフトウェアウォレットとの互換性も備えています。

Trezorは12種類以上の暗号資産取引所と提携しており、投資を行う際などにはスムーズに取引を実行できる反面、イーサリアム購入の際の手数料についてはプロバイダーによって異なるので注意しましょう。またTrezor Model TはLedger Nano Xに比べるとコスト面で少々遅れをとっており、Bluetooth機能も現在は非対応となっています。

ウォレットタイプ 非管理型ハードウェアウォレット
セットアップ手数料 1デバイスにつき最大$280
イーサリアム購入手数料 為替取引所に準ずる
3つの特徴 –     高い安全性

–      Shamir backup 対応

–      microSD 対応

メリット

  • 1000種類以上の暗号資産対応
  • microSD対応
  • Trezor Suiteアプリ内でイーサリアムの売買、取引が可能

デメリット

  • Bluetooth非対応
  • ソフトウェア型と比べるとフレキシブルな使用に不向き

8. Atomic Wallet – 非管理型ウォレットアプリのトップランナー

Atomic Walletのロゴ

Atomic Walletは設定したデバイスに秘密鍵を発行することができます。別名「自己管理型ウォレット」と呼ばれ資産の管理に関してはすべて所有者に権利が与えられます。このイーサリアムアプリはアカウントを作成しなくても始めることが可能で、その他の認証プロセスなどもスルーするできる手軽さが人気を呼んでいます。

対応デバイスはiOSもしくはAndroid、またデスクトップタイプでもWindows、macOS、Ubuntu、 Debian、Fedoraなど豊富な選択肢から選ぶことができます。またイーサリアムの他にもAtomic Walletは300種類以上の暗号資産に対応しています。暗号資産ポートフォリオの管理に不安がある方にも非常に使いやすい仕様となっているのでおすすめです。

機能性のみにフォーカスを当てるのならば、市場においてAtomic Walletは最も優秀なイーサリアムウォレットと言っても過言ではないかもしれません。Atomic Walletはイーサリアムの購入、投資ができるのはもちろん、本サービスの利用者に向けて利益の引き出しも含めた60以上の暗号通貨の組合せに対応しています。

また手数料ですがAtomic Walletからイーサリアムを購入する際には2%が発生します。またデビット/クレジットカードで決済を行う場合は最大で5%ほどの手数料が別途で発生する場合があります。Atomic WalletはCoinbase、Kraken、Geminiといった取引所と提携しているためイーサリアムの取引を行う際に非常に便利です。

ウォレットタイプ 非管理型ソフトウェアウォレット
セットアップ手数料 無料ダウンロード

取引手数料 2%

イーサリアム購入手数料 最大5% デビット/クレジットカード決済時
3つの特徴 –     イーサリアムの購入、売却

–     非管理型システム

–     最大23%の利益獲得

メリット

  • 対応暗号通貨300種類以上
  • ウォレットから投資可能
  • 幅広い端末、媒体から利用可能

デメリット

  • 高額な手数料(デビット/クレジットカード決済時)
  • 法定通貨への変換不可

おすすめイーサリアムウォレット比較表

さて、ランキング形式で8種類のイーサリアムウォレットを紹介しましたが、以下の一覧表からもう一度おさらいしてみましょう。

Type of wallet Pricing system Free to buy Ethereum Top 3 features
OKX 非管理型ソフトウェアウォレット ダウンロード無料 0.5% 取引毎 – 50種類以上のコインが取引可能

– 低額の取引手数料

– 多数の取引プラットフォームが選択可能

Crypto.com 非管理型ソフトウェアウォレット ダウンロード無料

取引手数料 最大0.4 %

クレジット/デビット – 2.99 % –      crypto.comとの互換性

–     ステーキング

–     充実のNFTサポート

Coinbase 非管理型ソフトウェアウォレット ダウンロード無料、取引毎1.49% 3.99% デビットカード決済時 –     分散型ウェブ アクセス権

–     暗号資産5,000種類+対応

–      NFTs管理

Mew 非管理型ソフトウェアウォレット 無料ダウンロード 購入したプロバイダーに準ずる –      dApp対応

–     スマートコントラクトとの互換性

–     フィアット通貨との互換性

Metamask 非管理型ソフトウェアウォレット 無料ダウンロード

取引手数料 0.875%

購入したプロバイダーに準ずる –     使いやすい

–     イーサリアムの売買対応

–      NFTs トークン対応

Ledger Nano X 非管理型ハードウェアウォレット 1デバイスにつき$120 4.5% クレジット/デビットカード決済1.7% 銀行振込み –      Bluetooth

–      5,500+種類の暗号通貨

–      dAppsとの連動

Trezor 非管理型ハードウェアウォレット 1デバイスにつき最大$280 為替取引所に準ずる –     高い安全性

–      Shamir backup 対応

–      microSD 対応

Atomic Wallet 非管理型ソフトウェアウォレット 無料ダウンロード

取引手数料 2%

最大5% デビット/クレジットカード決済時 –     イーサリアムの購入、売却

–     非管理型システム

–     最大23%の利益獲得

イーサリアムウォレットとは?

一言でまとめるとイーサリアムウォレットとはイーサリアムトークンを管理するためのアプリケーションです。ウォレットはイーサリアムネットワークと作用し、ETHコインの管理、または取引を分散型というシステムを利用して行います。

イーサリアムウォレットには公開鍵と秘密鍵の2種類の要素があります。公開鍵はイーサリアムウォレットの口座番号のようなもので送金される暗号資産の宛先になります。そしてもう一つの秘密鍵は口座のセキュリティーを担っており、ウォレットや資産の管理を行う際に所有者の証明となる重要な情報です。

イーサリアムウォレットは同じネットワーク上であればETHコイン以外の暗号資産も保管、管理することができます。また人気の高いイーサリアムウォレットの中には異なったブロックチェーン上にあるビットコインや多種類のアルトコインにも対応しているものもあります。

また自分に合ったイーサリアムウォレットを探す中で、分散型ウェブへのアクセス、ETHの取引やNFTsへのサポートなどの付加価値がウォレットユーザーを惹きつけるためには重要な要素となっています。

なぜイーサリアムウォレットが必要とされているの?

今に至るまで、イーサリアムエコシステムは飛躍的な成長を続けています。その範囲は金融、ゲーム、NFTコレクションなど複数ジャンルの分散化アプリケーションに渡って広がりを見せています。更なる賑わいを見せるイーサリアム、暗号資産の可能性に関心を示す投資者は増え続けています。

  • ETHトークンがどのように管理されるのか、購入の前に知っておきましょう。
  • OKXのようなブローカー経由でイーサリアムを購入する場合、ユーザー自身でイーサリアムウォレットを選択する必要はありません。
  • 購入したイーサリアムトークンは直接ユーザーの証券口座へ移行されます。
  • 規制されていない暗号資産取引所でETHトークンの取引を行っているというユーザーに向けたイーサリアムウォレットで安全な資産管理を。

ユーザーそれぞれの使用用途によってハードウェア型、ソフトウェア型などウォレットの選択は分かれます。一体どんな種類のイーサリアムウォレットがあるのでしょうか。

イーサリアムウォレットの役割は?

イーサリアムウォレットとはETHトークンを保有するためのアプリケーションです。明確にはイーサリアムをはじめとする仮想通貨はウォレット内ではなくブロックチェーン上で管理されています。イーサリアムウォレットはETHトークンに関する個別情報とブロックチェーンとを直接つなぐパイプ役です。

イーサリアムウォレットの公開鍵を保有しているユーザーは暗号資産をそのアカウントへ送金することができます。同アカウント内で送金、またはスワップ取引を実行する場合は秘密鍵が必要になります。

この連結している秘密鍵という要素がウォレットの安全性の象徴といえます。また秘密鍵を自身でのみ保管するのが不安だと感じる場合にはOKXのような保有型イーサリアムウォレットを活用することでセキュリティをより強化できます。OKXの規制化もあり、暗号資産の安全性強化がより重要視されています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

イーサリアムウォレット その種類とは?

管理に最適なイーサリアムアプリを選択する際にまずはどんな選択肢があるのかを把握する必要があります。さて、どんなウォレットがあるのか、掘り下げていきましょう。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェア型ウォレットはデスクトップやモバイルといったデバイス向けのアプリケーションです。

PC、またはスマートフォンからインストールが可能でETHトークンへのアクセスや取引、そして口座管理に最適です。前述しましたが、本来のウォレットに加えて為替や投資などの追加機能を一括化しているイーサリアムウォレットアプリが今のトレンドとなっています。今回上位にランクインしました、OKXCrypto.comがおすすめです。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットの特徴はオフライン上でも暗号資産の管理ができ、イーサリアムの保管に関しての安全性が高い点にあります。

対象デバイスはPC、もしくは携帯に接続する必要があります。そしてETHトークンの安全性はPINコードによって守られ、管理の際にも必須になります。取引はPINコードを設定したデバイス越しに入力してはじめて実行されます。ランキングで紹介しましたおすすめイーサリアムウォレット、Ledger Nano XとTrezorはハードウェア型のウォレットに分類されます。

レビューでも触れましたがハードウェア型のウォレットはソフトウェア型に比べるとコスト面で負担が掛かります。また毎日のように取引を行う場合などには実行までに少々時間が掛かってしまうのが難点です。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは保管するウォレットの秘密鍵を印刷し保管しておく方法です。ETHトークンの管理を行う際にはイーサリアムウォレットの共に手元に用意しておく必要があります。

また紙面という点では劣化など保管方法上の問題もあり、短期的な利用に向いています。近頃ではそういった紛失の可能性を考慮し、本来紙で印刷していたものをチタン製で作成する試みもなされています。確かに金属ならば誤って捨ててしまう点も改善されるかもしれませんね。

あなたにぴったりのベストウォレットとは?

これだけの魅力的な選択肢の中から自分に合ったイーサリアムウォレットを見つけるのはなかなかに骨が折れますよね。そんなあなたにイーサリアムウォレットに関する追加情報を以下にお届けします。

セキュリティ

適切なイーサリアムウォレットを選ぶ一つの基準としてプロバイダー毎の知名度の調査を行うことも効果的なアプローチになります。

事業者自身によって設立されたウォレットは安全で信用性が高いものが多いです。

  • OKXは信頼性の高い暗号資産ブローカーというだけでなく、複数の分野でも整備が整えられています。
  • 認定信用機関によって保管されている暗号資産は24時間体制で安全に保たれます。
  • OKXは2FAやDDoS protectionといった業界トップの認証プロセスも取り入れています。
  • OKXはウォレットに連結する秘密鍵を管理する役目も担っているためもしもの場合も暗号資産を失うことはありません。

もし個人で資産管理を行う場合にはOKXイーサリアムアプリがおすすめです。

ウォレットの種類

ご存知の通り、イーサリアムウォレットにはいくつかの種類から選ぶことができます。特にソフトウェア型ウォレットに見られる傾向ですがどのイーサリアムウォレットが最適なのか、入門者にとっての第一の壁がその選択にあたります。例えば、CoinbaseやMetaMaskといった非管理ソフトウェア型のウォレットを選択した場合、ウォレット設定時に発行されるバックアップフレーズは必ず保管しなければいけません。

また秘密鍵を紛失してしまった場合に資産を復旧させるための唯一の手段になります。逆にいえばOKXなどの管理型ウォレットを使用すればその心配もありません。

サポートコイン

イーサリアムウォレットはETHトークンを管理するために開発されました。ここでご紹介した最適なイーサリアムウォレットとはネットワーク上での互換性に優れ、よりユーザーが使いやすい暗号資産管理を指します。

携帯端末の優位性

イーサリアムウォレットアプリの有用性について考えてみましょう。ハードウェア型が安全性に特化している一方で利便性の部分ではソフトウェア型と比べると見劣りしてしまいます。またソフトウェア型のイーサリアムウォレットではユーザーが別のプロバイダーへ移行することは多々みられます。

NFT取引に最適なイーサリアムウォレットとは?

イーサリアムはNFTsを構築するためにブロックチェーン技術をフル活用しているネットワークの一つです。いくつか挙げられる人気のNFTsウォレットの多くがETHトークンを管理できることからもその知名度は伺えます。

また今回のリサーチからもCrypto.comが提供する非管理型ウォレットはNFTの管理や取引において最もおすすめできるサービスの一つです。

本ウォレットはCrypto.comのNFT市場までのアクセスが非常にスムーズ、そしてユーザーはNFTトークンの取引が容易に実行することができます。また単にイーサリアム上のみでNFTの発行をサポートするだけでなく、Polygon、 Crypto.com ChainやCronos Betaなど複数のブロックチェーンを活用することができます。

どうやって始めたらいいの?

ウォレットの基本情報を抑えたところでイーサリアムウォレットの始め方について紹介していきましょう。

このセクションではわかりやすくするためオススメでもご紹介しましたOKXを例にとって解説していきたいと思います。

ステップ1OKXで口座開設

最初のステップは、新しい口座開設することから始めます。OKXのウェブサイトの右上から、Sign upをクリックし、登録を開始しましょう。

okx cex

メールアドレスとパスワードを入力し、登録したメールアドレスに送られてくる認証コードを入力します。

okx register

認証コード入力後、Nextをクリックし、「Welcome to OKX」と表示されたら、登録完了です。

ステップ2:本人確認登録

口座の開設後、ホーム画面にある、アカウントマークをクリックし、「Verification」をクリックします。アカウントタイプが2つ表示されますが、1つはIndividual Account(個人用)、もう1つがCorporate account(法人用)になりますので適切な方を選択してください。個人用をクリック後、以下の4つの情報を入力します。

  • Nationality 国籍(Japan)
  • 名前(First and middle names:下の名前、Last name:苗字)
  • ID type IDタイプはパスポートのみ
  • ID number IDナンバーはパスポートナンバー

これにて、本人確認登録(KYC)の1段階目の終了です。この後、2段階認証と本人確認登録を行います。

ステップ32段階認証

まず、ホーム画面のアカウントマークから「Security Setting」を選択します。

次に、「2-factour authentication」を選択します。これは2要素認証を意味しています。選択後、Google認証か電話番号を利用したSMS認証で設定を進めていきます。

Google認証システムの登録方法は、「Authenticator app(認証システムアプリ)」を選択し、Eメール認証コードを入力します。表示されるQRコードをGoogle Authenticatorアプリで読み込み、表示されたコードをブラウザに入力したら登録完了です。

SMS認証の場合は、Country(国番号)、New Mobile Number(電話番号)、SMS code(SMS認証コード)、Email code(Eメール認証コード)の4つを入力します。

SMSとEメール認証のコードは「Get code(コードを取得)」をクリックして取得し、入力して下さい。

ステップ4:ファンズパスワード設定

このパスワードは取引や、出金時に必要なパスワードです。これを設定しておくことで、不正なアクセスを受けた際も、資金の安全性を保つことができます。

最初に、アカウントマークを選択し、「Security(セキュリティ)」を選択します。次に、「Funds password」の「Set」を選択し、パスワードを設定します。「Confirm funds password」に同じパスワードを入力します。最後に、Google認証を行い、「Confirm」をクリックします。

ステップ5:イーサリアム購入

全ての設定が終了したら、ログインし、画面右上にある「Account」をクリックします。「My Wallet」の中から、「Funding account」を選択します。ここで、仮想通貨の決済用のアドレスを取得します。購入したい仮想通貨がビットコインの場合、「Search Token」をクリックし、銘柄名を入力して検索します。クレジットカードなどでの支払いも可能です。

次に、「Token Deposit」をクリックします。ここで、Tokenの名前がイーサリアムのETHであることを確認し、入金用アドレスにある小さなタブをクリックします。クリックをすると、自動的に入金用アドレスがコピーされます。小さなタブの横にカーソルを合わせるとQRコードが表示されますが、スマートフォンで送金を行う際に利用すると非常に便利です。アドレスがコピーされたら、送金元の取引所やウォレットへ移動し、決済の手続きを行います。

まとめ

今回は主にイーサリアムウォレットの安全性、対応コイン、利便性、特徴などを基準にランキング形式でご紹介しました。この記事を見て今日からでもイーサリアムアプリを始めたいという方はすぐにOKXサイトで第一歩を踏み出してみましょう。イーサリアムをはじめとする暗号資産のブローカーであり、また管理する上でのウォレットの役割も果たすマルチなプラットフォームです。

つまりユーザーはウォレットを通じてイーサリアムの操作を行うだけでなく暗号資産の取引を行うことができます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

よくある質問

一番人気のイーサリアムウォレットとは?

安全なイーサリアムウォレットといえば?

イーサリアムウォレットの始め方は?

公式のイーサリアムウォレットってあるの?

Trust walletを使ったイーサリアム取引とは?