分散型取引所(DEX)のプラットフォームは、仮想通貨取引をおこなう投資家の間でさらに人気が高まっています。その魅力はユーザーの匿名性が確保されることや、取引の実行にスピード感があることが理由です。その上、たくさんある仮想通貨DEXのプラットフォームは各自の金融エコシステムで運用を支える独自のネイティブトークンを提供しています。DeFi(分散型金融)へとシフトが進む中、より多くの投資家が近い将来ベストな仮想通貨DEXをポートフォリオに加えることに関心を寄せています。

今回は、ベストな仮想通貨DEXのトークンと取引市場における実績について検証します。

2023年に買うべき仮想通貨DEX

ここでは、取引市場で大きな値動きを見せているベストな仮想通貨DEXを考えたいと思います。

いくつかの人気銘柄とともに、新種の銘柄も検証していきます。

DeFi Coin2022年版、総合的にベストな仮想通貨コイン

Lucky Block無限の可能性を秘めた新世代のゲームプラットフォーム

Yearn.finance – イールドアグリゲーターの最適なプラットフォーム

UniSwap – トークンスワップのための主要な仮想通貨DEXプラットフォーム

SushiSwap – 不労所得のために将来有望な仮想通貨DEX

PancakeSwap – BSCネットワーク上でベストな仮想通貨DEX

ThorChain – オンチェーンの流動性のためのベストな仮想通貨DEX

Balancer – 非管理型のポートフォリオマネージャー

Cosmos – ブロックチェーン同士をつなげる相互運用のためのベストな仮想通貨DEX

The Graph – DeFi機能を持つブロックチェーンのインデックス作成プロトコル

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

投資に最適なDEXを詳しくみてみる

仮想通貨DEXには、新しい分散型経済で運営されている最も勢いのある将来有望なプロジェクトが含まれています。しかし、仮想通貨への投資に関する計画を立てる前に、各社独自の価値の提案とついてどれだけ希望の価格に近づけるかの達成度について調査することをおすすめします。

1. DeFi Coin – 2022年版、総合的にベストな仮想通貨コイン

deficoin

DeFi コインは、多くの理由からベストな仮想通貨DEXだといえます。2021年半ばに取引が開始されたDeFiコインは、成長している暗号通貨市場に多くの人たちを呼び込むという使命があります。ベストな仮想通貨のIDOの1つとして、DeFi空間における無限の可能性について投資家を教育し実現することを目標にしています。それゆえに、プロジェクトの背景にあるチームは新しい産業に初心者を呼び込もうとする、たくさんの暗号資産に関する教育コースに取り組んでいます。

現在の能力に応じて、DeFiコインはコミュニティ主導で公正に進められたプロジェクトで、「反響」「流動性の提供(LP)の獲得」「マニュアルで焼却する戦略」の3つの柱を元に運営されています。

これらの3つの基本的なガイドラインは、そのネイティブトークンであるDEFCトークンの長期的保有者に報酬を与え、プロトコルの価格対性能に影響を与える傾向がある裁定取引をするトレーダーの阻止を目標としています。このため、すべての取引は10%の手数料がかかり、利益は既存のDEFCトークン所有者とDeFi Coinの流動性プールに50対50で分配されます。そのため取引市場の中でもDeFiの銘柄としてはベストな金利が提案されるんです。

DeFi Swap

DeFi Coinは、取引所に流動性を提供でき、投資家はトークンの固定報酬を獲得することができます。DEFCはまた近い将来、デジタルコレクティブルや非代替性トークン(NFT)を組み込むというプロトコルの推進について、さらに多くの役割を果たすと考えられています。そのため、DEFCでNFTを購入できるようになるかどうかは時間が解決していくことでしょう。

DeFi CoinはDeFi SwapというおすすめのDeFiの取引所の1つを運営していて、ユーザーはすべてのERC-20トークンをスムーズに安価で交換しプールすることができ、そしてイールドファーミングを行えるようになっています。仮想通貨DEXとは最近5月上旬に開始されたもので、これが展開されるとDEFCトークンの価格対性能は、暗号通貨弱含む中300%以上急騰しました。

defiコインはおすすめDEX

その上、チームはDeFi SwapV2を数ヶ月以内に立ち上げようとDeFi Swapのアプリを開発中です。このアプリは、ユーザーのために上記で紹介した教育コンテンツの機能が含まれる予定です。

DeFi Coinの立ち上げチームは、投資家をただ儲けさせるだけではなく、あくまでも価値を提供することに重点をおいていると言われている。この見解は、このプロジェクトのテレグラムチャンネルがここ数週間で急増したことからも明らかです。このベストな仮想通貨DEXをポートフォリオに追加することに興味があれば、以下の簡単な手順で始められます:

DeFi Swapのプラットフォームへ – DeFi Swapの取引用インターフェースから取引を開始します。

・サポートされているウォレットに接続する – 「Connect to a wallet(ウォレットに接続する)」のアイコンをクリックし、お好みのサポートされている仮想通貨ウォレットを選択します。

BNB(バイナンスコイン)を購入する- バイナンスコインはDeFi Swapのエコシステムの主要銘柄です。バイナンスや他のプラットフォームから簡単に購入できて、ご自身のウォレットに転送できます。

DeFi Coinの購入―BNBがご自身のウォレットに追加されたら、スワップしたいコインとして「BNB」を選択し、スワップ先のコインとして「DEFC」をクリックします。設定でスリッページ比率を決めて、「スワップ」をクリックして完了します。

・このようにすると、ご自身のウォレットにDEFCが追加され、年間を通して不労所得を獲得できるようになります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. Lucky Block―無限の可能性を秘めた新世代のゲームプラットフォーム

lucky block japan

ベストな仮想通貨DEX以外の選択肢をお探しなら、Lucky Blockをお勧めします。またバイナンススマートコントラクト(BSC)のネットワークベース上のプロトコルであるLucky Blockは、新世代のゲームプロジェクトであります。

Lucky Blockはユーザーが稼ぐ機会を増やすだけでなく、より透明で公平な枠組みを持つことを可能にしてゲーム業界に革命的変化をもたらす使命を負っています。

現状でLucky BlockがベストなDeFi Coinの1つと考えています。LBLOCKトークンはプロトコルのオペレーションに電力を供給し、ユーザーがゲームをドローする際に引きつけることができるチケット形態の一つとして使われています。このプラットフォームはブロックチェーンに依存しているため、すべてのユーザーが抽選と報酬を簡単に監視でき、整合性の疑問が起こることはありません。

Lucky Block

ラッキーブロックは、従来のシステムとは違ってユーザーが参加できる抽選数を増やす取り組みをしてきました。ユーザーに還元するため、プラットフォームでは無料の宝くじの抽選を開始し、ユーザーを財政的に支援するチャリティ団体に投票し、当落に関係なく報酬の一部をトークンで受け取れるようにしました。

幅広く見ていくとLBLOCKは、今年の暗号空間で傑出した人気を誇る通貨の1つです。プレセールの段階で0.00015ドルに価格設定されたデジタルトークンが1ヶ月以内に0.009617ドルになる史上最高値(ATH)になり4000%以上急騰しました。この状況は今のところプロトコルのエコシステムにロックされているため未知の可能性を示唆しています。

次の手順で、LBLOCKに投資できます:

・PancakeSwapのプラットフォームへアクセスーPancakeSwap取引インターフェースで、「開始する」を選択します。

・サポートされているウォレットを接続するー「Connect to a wallet(ウォレットに接続する)」のアイコンをクリックし、お好みのサポートされている仮想通貨ウォレットを選択します。

・BNBを購入する―バイナンスコインはLBLOCKの購入に使用される人気のあるトークンですが、ウォレット内のUSDTを使用して購入することもできます。バイナンスや他のプラットフォームから簡単に購入してご自身のウォレットに転送できます。

・LBLOCKを購入する―BNBがウォレットに入ったら、スワップしたいコインとして「BNB」を選択し、スワップ先のコインとして「LBLOCK」をクリックします。設定でスリッページ比率を決めて、「スワップ」をクリックして完了します。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. Yearn.finance – イールドアグリゲーターの最適なプラットフォーム

もう一つの注目すべきベストな仮想通貨DEXは、Yearn.financeのトークンであるYFIです。2020年初頭、イーサリアムのネットワーク上で正式に開始されたYearn.financeは、その後他のブロックチェーン上にあるレイヤー1のスマートコントラクトへとサービスを拡張しました。その運用形態は、ピア・ツー・ピア(P2P)の分散型融資を可能にすることで、借り手と貸し手間の橋渡しの役割を果たしているということです。

Yearn.financeには、イールドジェネレーションとアグリゲーションツールもあり、投資家は流動性を持ってハブ間で資金をプールすることにより、収益力を大幅に増やせます。

Yearn.financeのユーザーは、プロトコルの魅力的な年利回り(APYs)を利用して不労所得が手に入ります。プロトコルがP2Pの技術に依存して機能するということは、借り手が要求される担保を提供できれば信用調査を心配しなくてもいいということです。

価格に関しては、ガバナンストークンであるYFIが大変な勢いで上昇している。このデジタルトークンは93,000ドルのATHまで急激に高騰していて、これは主に流通するトークンの発行枚数が大幅に制限されていることが原因です。

このことは一時的に暗号空間においてYFIの価値を最も上昇させました。執筆時点では、ERC-20トークンは反発し堅調に弱気な展開となっています。仮想通貨DEXの価格は13,463ドルで、過去24時間で6.84%下落しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. UniSwapートークンスワップのための主要な仮想通貨DEXプラットフォーム

Dextools仮想通貨はuniswapで買える

UniSwapは最も有名な仮想通貨DEXに関するプラットフォームの1つで、主にイーサリアムネットのワーク上で運用されていて、ベストなユーティリティトークンの1つと見られています。2019年後半に開始されたUniSwapは、ユーザー同士が個人情報を取引せずにトークンを取引できるようなることで、仮想通貨DEXが急激に発展していくブームの到来を予告しました。これにより、UniSwapは最高のDEXコインの1つとなり、仮想通貨DEXを取引する3形態のプラットフォームを開始され、ユーザーにとってより合理的でスムーズかつ低コストで体験できるようになりました。

機能的には、ユーザーはプラットフォーム上でいろいろなERC-20トークンをスワップ、交換、取引でき、さらにはユーザー好みのプールについて流動性を提供します。また、リクイディティプロバイダ(LP)には報酬として原資産のトークンが支払われ、ユーザーが収益を引き出す際に1対1の比率で交換できます。

価格に関しては、UniSwapはV3プラットフォーム上で毎日25億ドル以上の取引を行い、仮想通貨DEX市場の最大のシェアがあり、イーサリアム上のプロトコルではさらに大きな利益を記録しています。

本稿執筆時点では、UniSwapのネイティブトークンであるUNIは弱気の局面に置かれていて11.7%も大幅に下落しており、価格は5.66ドルになっています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

5. SushiSwapー不労所得のために将来有望な仮想通貨DEX

SushiSwapは、成長中の分散型経済において主要な仮想通貨DEX上のコインの1つです。イーサリアムをベースとしたSushiSwapは、自動マーケットメーカー(AMM)と仮想通貨DEXプラットフォームで、ユーザーが不労所得のために唯一無二の方法を提供することが目的となっています。

ユーザーは、SushiSwap上でデジタル資産のスワップや、報酬の獲得、利益の生成、貸し借り、レバレッジを行うことができます。このプラットフォームは、UniSwapよりも経済的な仮想通貨DEXになることを目指した結果、SUSHIトークンの保持者は統制権として全スワップの0.05%が報酬として与えられます。このプラットフォームは14種類のチェーンに対応しており、マルチチェーンのAMMプロトコルということです。

価格に関しては、SUSHIは弱気な傾向にあり、本稿執筆時点では1.6ドルで取引されていて、過去24時間で11.27%減少しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

6. PancakeSwap – BSCネットワーク上でベストな仮想通貨DEX

バイナンススマートチェーン(BSC)のネットワーク上で運用されているPancakeSwapは、AMMでありながらDEXのプラットフォーム上にありユーザーがすべてのBEP-20トークンをスムーズに取引できます。また、抽選券発券のプラットフォームと、ユーザーがデジタルコレクティブルを購入できる非代替性トークン(NFT)プログラムも用意されています。

PancakeSwapは、ユーザーが運用やプールを通じて収入を得られ、その上スワップして好みのプロジェクトに移るなどの流動性を確保できます。PancakeSwapはDeFiの中でかなりの部分を占め、現在1日の取引額として10億ドル強を扱っています。プラットフォーム上で利用可能ないくつかの取引ペアで扱える通貨CAKEによって運営されています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

7. ThorChain – オンチェーンの流動性のためのベストな仮想通貨DEX

ThorChainもまた、試してみる価値のあるDEXプラットフォームのひとつです。開発者チームによって設立されたThorChainは、独立的なクロスチェーンを可能にした流動性ネットワークです。このプラットフォームは、パブリックThorNodesとエコシステムのネットワークを通して、暗号資産の流動性を実現することを目的としています。

最近プラットフォームは、ユーザーが一流の仮想通貨DEXプラットフォームやアグリゲータのもとで直接スワップやプールを行えます。ThorChainは機能豊富なエコシステムを持ち、シンセティックス、コンポジット、自己支払い型のローンのスワップを可能にします。その主要なものはThorFiプラットフォームで、ユーザーはレイヤー1のLPコラテラルや他のいくつかのサービスに対して、流動化リスクのない貸付の利用ができます。

ThorChainはその後、急成長中のスマートコントラクトネットワークであるTerraと統合しました。このプラットフォームのネイティブトークンであるRUNEは、執筆時点で広がりゆく仮想通貨市場で苦戦を強いられていて、4.1ドルで取引されており、過去24時間で18.68%下落しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

8. Balancer-非管理型のポートフォリオマネージャー

Balancerは、ユーザーが暗号資産を投資してそこから収益を得るという自動化されたポートフォリオマネージャーかつトレーディングプラットフォームです。さらにまたユーザーが取引を行うためにベストな価格が集められています。

このプラットフォームは、ユーザーが裁定取引戦略を使いポートフォリオをリバランスするトレーダーから手数料を取得できるようにすることで、インデックスファンドの概念を借用しています。結果として、ユーザーはプラットフォームのユーティリティトークンであるBALをインセンティブとして獲得することで低コストの取引費用でおこなえます。Balancerは、開発者がプログラム化することが可能な流動性プールを構築できるAMMプロトコルとして実行します。

BALは執筆時点では強気に上昇していてデジタル資産として11.28ドルで取引され、末日に3.14%上昇しました。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

9. Cosmos – ブロックチェーン同士をつなげる相互運用のためのベストな仮想通貨DEX

Cosmosは、レイヤー1のスマートコントラクトプロトコルです。モジュラーフレームワークを使用し、プロトコルはすべてのプロトコルが相互にデータを相互にやりとりできるブロックチェーン上のネットワークになることを目的としています。

Cosmosはネットワークとしてたいへん拡張性が高く、いまは容認されているProof of Stake(PoS)の合意メカニズムで実行されています。このプロトコルは、低コストで効率の良い取引を可能にすることが目標です。

Cosmosの使命は、ブロックチェーンエコシステムの最も困難な課題を解決することで、結果としてTerraのブロックチェーンのようにいくつかある最高なプロジェクトのひとつにまでなりました。

ネイティブトークンであるATOMは執筆時点で市場のトレンドと同じように推移しており、12.2ドルの価格評価がついていて過去1日で15.8%下がっています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

10. The Graph-DeFi機能を持つブロックチェーンのインデックス作成プロトコル

The GraphのトークンであるGRTは、最も人気のある低コストの仮想通貨DEXの1つです。イーサリアムのネットワークをベースとして、ブロックチェーンはすべてのブロックチェーンプロトコルのインデックス作成と情報集約のプラットフォームとして機能しています。実際のところ、開発者がブロックチェーンに関する情報を簡単に収集できるようにするためでWeb3.0のためのGoogleのようなものです。

暗号空間での適合性が高まっているため、The Graphは大変に人気を獲得していて他のスマートコントラクト対応プラットフォームでも使われています。プラットフォームの統合により、プラットフォーム上の取引処理に必要なGRTの使用事例が拡大されました。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨のDEXとは?

DEXとは分散型取引所(Decentralized Exchange)の略で、銀行を間に入れる必要がなく従来の金融サービスを提供できる、新世代の金融に関する解決策です。ユーザーは、このサービスを利用することで、銀行を利用することなく、貯蓄、借入、貸付、そして不労所得が手に入ります。実質的に、DEXコインはブロックチェーン上のプロトコルで使用されるデジタル資産です。

仮想通貨DEXはその匿名性によって大いに成功してきました。ユーザーは取引を行う前に個人情報を提供する必要がないです。投資家がクレジットカードでBTCを購入する際には個人情報を提供するのが一般的ですが、DEXコインの購入はその必要がありません。ブロックチェーン上のウォレットに接続することで、プロトコルのインターフェース上に資金を入れるだけでよいのです。

仮想通貨DEXの運用のため、大半はいろいろな機能を持ったネイティブトークンを利用しています。

・ガス料金や取引手数料の支払い

・提案に対する投票に使用されるガバナンストークン

・取引などです。

DEXコインは、コスト単位が低く成長性があるため、たくさんのユーザーにとって魅力的な投資の選択肢になっています。

DEXコインは良い投資先か?

いくつかのプロジェクトが有名になりましたが、投資家はなぜこういったデジタル資産が長期的な投資先として熟慮されるべきなのか、まだ確信がないようです。デジタル資産のボラティリティが高いということから、例えばErgo DEXコインは本稿執筆時点で、史上最高値(ATH)の44.06ドルから2.4ドルまで93.9%下落しました。

しかし、暗号通貨は弱気になった後に再度戻すことが知られています。ということは思いきって、投資してみるべきでしょうか?今すぐベストなDEXコインのいくつかに対して投資すべき理由をご紹介します。

1. 新しい金融の秩序

これまでの金融のあり方は、高い取引手数料やスピードの遅さ、利用者の明確な線引きにより次第に力を失いつつあります。分散型取引所はこれらの問題をすべて解決し、どなたでもデジタル資産を持つことで取引し収益が得られるようになります。分散型取引所(DEX)の暗号資産を所有することは、前途有望なエコシステムを利用するために実用的な方法だといえます。

2. DeFiはいまだ発達段階

我々が知っている分散型金融(DeFi)は、2020年に実質のところ始まりました。今のところ暗号資産の一部として、2000億ドル以上の価値(TVL)を持つ記録となっています。仮想通貨DEXはこの分野が広がり選択され主要な役割を果たし、さらなる成長に匹敵するでしょう。

3. 飛躍的な急成長の可能性

仮想通貨DEXは大部分が暗号通貨のため、強気のピーク時は爆発的な上昇傾向を見せることで有名です。例えば、2020年に100ドルを少し上回った水準で開始したYFIは、1トークンが9万3,000ドルという驚異的な価格へと急上昇しました。旧来型の金融資産では、これほど大規模な上昇トレンドを作れたことはありません。DEXコイン、もしくは暗号資産を保有することは、経済的な目標を素早く達成するための現実的な手段となるのです。

DeFi Coinの暗号資産価格

DeFi Coinは、他のいくつかのデジタル資産とほぼ同じ軌跡をたどっています。ビットコインが新興産業の最大のシェアを占めているということは、すべての他のデジタルトークンが損益分岐点に対する価格性能比によってしまうといえます。

defiコインはおすすめDEX

このデジタル資産は、2022年1月に0.57ドルで取引を開始した後に大暴落に陥りました。一連の横滑りの展開となり、0.23ドルまで落ち込みました。しかし、この価格の根拠は助けにならず、デジタル資産は0.11ドルまで下落しました。底値圏での弱気な動きでDEFCは0.10ドルまで落ち込みました。

この不調は、プロトコルの手引きに関して開発チームが沈黙を貫いたことが主な原因でした。そのすぐ後に、待望のDeFiスワップが開始され、DEFCは300%急騰し最高値の$0.56を記録して、この主張が正しいことが証明されました。そのあとDEFCは一部反発に転じて、過去24時間で3.14%下がり$0.43で取引されることとなりました。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

DEXコインの購入先

OKX

仮想通貨DEX暗号資産の購入に興味があれば、規制下にある手数料が安いプラットフォームを利用する必要があります。このテーマに関しては多くの選択肢がありますが、以前はOKExの名称で取引されていたOKXの利用をおすすめします。

2022年に名称変更されたOKXは対象地域が180か国以上で、2000万人を超えるユーザーと取引されています。取り扱う仮想通貨の数は約165種類あり、分散して計画的に取引できるメリットがあります。

また、バイナンスにつぐ取引量を誇っていて、市場規模が大きく取引量も多いため流動性が高くなります。

取引方法は、現物取引に加え先物取引やオプション取引、パーペチュアルスワップといった取引方法が利用可能です。

そして、高いレバレッジに対応していてうまく運用することで少ない資金で大きなリターンが得られます。

その上非代替性トークン(NFT)を使った分散投資をしており、ブロックチェーンを使った取引システムで安心して運用できるのが強みです。

長所

  • ユーザーは世界中で2000万人、取り扱い通貨は約165種類ある
  • 多様な取引方法があり高いレバレッジのため少ない資金でも始められる
  • 非代替性トークン(NFT)で安心して運用ができる

デメリット

  • 日本円、日本語のカスタマーサポートなどは未対応

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ベストな仮想通貨DEXの暗号資産のウォレット

仮想通貨DEXコインへの投資と盗難から守ることは別の話となります。暗号資産のウォレットは、ユーザーがブロックチェーン上の資産をネットワーク下で安全に保管することが可能です。ハードウェアウォレット、ソフトウェアウォレット、ペーパーウォレットがあります。

・ハードウェアウォレット:デジタル資産をオフラインで保管する物理的なデバイスです。安全性は高いですが、日常的に取引するには面倒なものです。

・ソフトウェアウォレット:ソフトウェアウォレットはオンライン上にあるもので、主に携帯電話のアプリで操作するものである。それぞれのソフトウェアウォレットの接続業者は、ユーザーの資金を安全に保管するため最高レベルのセキュリティを使っています。これらのウォレットは日常的な支払いに適しており、3つのウォレットの中で最も利用されています。

・ペーパーウォレット : 紙に印刷された公共の鍵と秘密鍵です。破損や紛失の可能性があるため、安全性に欠けると考えられています。

先ほど説明したように、ソフトウェアウォレットは日常的に使用するユーザーに最も適しているものです。OKX, Crypto WalletやCrypto.com, DeFi Walletなどは人気があります。

OKX Crypto Walletは、120以上の暗号資産のストレージ容量を提供するだけでなく、バックアップ復元ワードサービスを提供しているため、大変おすすめです。秘密鍵を紛失してしまった場合に役に立ちます。そして、暗号資産の価格を監視してデジタル資産の直接購入と売却をすることが可能です。その上OKX Crypto Walletは、幅広く取引する投資家向けに500以上の暗号資産同士の取引ペアをサポートしています。二段階認証(2FA)や他の業界標準により高い安全性を確保しており、ガーンジー金融サービス委員会(GFSC)により独占的に規制されています。

Crypto.com, DeFi Walletはより大規模で、600以上のデジタル資産をサポートしています。この暗号資産ウォレットでは、利回りを稼いだり、デジタル資産をスワップしたりできます。このデジタルウォレットは監視下に置かれず運用され、このことはユーザーがプラットフォーム上ではなく、自身でコインの所有権を持ちます。Crypto.com, DeFi Walletは、すべての取引がオンチェーンで行われるため、経験値の豊富なユーザーに適しています。

まとめ

ベストな仮想通貨DEXを選択することは大変な作業ですが、このガイドではご自身のポートフォリオに加えるために良い選択となる銘柄を取り上げて紹介しました。DeFi Coinはベストな仮想通貨DEXとして位置づけされているため、価値を重視の投資家にとって、デジタル資産として今後大きく展開しそうなため有力な投資先と言えます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

 

DEXコインとは何ですか?

DEXコインはどのように購入するのですか?

ベストな暗号資産は何ですか?