DAppsのバナー

近年、仮想通貨市場は大きな成長を遂げており、ビットコインの価格は一時68,500ドル(約760万円)まで跳ね上がりました。

この著しい成長に寄与しているのがDApps(ダップス)の広がりだと言われています。DAppsはブロックチェーン技術を用いたアプリケーションで、エンタメや金融などさまざまな分野でDApps開発が進んでいます。アプリケーションによって特徴は異なり、コミュニティ内が活発になればなるほど流通しているトークンの価値が高まり、結果としてトークン所有者の資産は増えていきます。そこで今回は、現在注目されている7つのベストDAppsを「将来の利益」に焦点を当てながら解説していきます。

この記事ではDAppsとは何か、稼ぐ方法や当該DAppsプロジェクトの開発裏話などについて徹底解説していきます。

DAppsとは?

DApps(ダップス)とは、「Decentralized Applications」の略称で、日本語では分散型アプリケーションと呼ばれています。

通常のアプリケーションは中央管理(集権)であるため、アクセスの集中やメインサーバーがダウンするとシステムが正常に動作しなくなります。しかし、DAppsはブロックチェーン技術を用いた分散管理のため、アクセスが集中しても取引にはなんの影響もなく、サーバーがダウンするリスクもありません。また、ブロックチェーン上で契約を行うスマートコントラクト技術を応用しているため、データが正しく管理されており、取引の透明性が非常に高く、安全性が担保されています。

2023年に注目のDApps一覧ランキング

次に当サイトがおすすめするDAppsを紹介します。DAppsによって様々な特徴がありますが、市場での注目度が高く、将来的なリターンが期待できるものばかりです。

  1. メタマスターズギルド – ワクワクと興奮を巻き起こすDAppsプロジェクト
  2. C+Charge – EVドライバーの報酬を提供するDApps
  3. FightOut – 960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略するDApps
  4. Dash 2 Trade – DAppsの市場でもっともおすすめなトレーダー向け
  5. RobotEra – メタバースとNFTを融合した新世代ロボットDApps
  6. IMPT – 史上初めてのエコ系仮想通貨。SDGに特化した最高のDApps
  7. Tamadoge – 今最も話題のミームコイン型のDApps
  8. Battle Infinity – Play-to-Earn (P2E)型の新型スポーツDApps
  9. Lucky Block – グローバルな宝くじを提供するDApps
  10. DeFi Coin (DEFC) – DeFi Swap取引所を支える、広い開発分野を持つDApps
  11. Decentraland (MANA) – 無限のカスタマイズが可能な人気のDApps

DApps一覧ランキングを個別詳細解説|開発中案件あり

普通のアプリが中央集権的なのに対してDAppsは分散型のため、今後も幅広い分野で使われていきそうです。以下ではおすすめのDApps銘柄でどんな稼ぐ方法があるのか、人気のDAppsやDAppsの開発秘話について解説します。

メタマスターズギルド|DAppsランキングNo.1

【ワクワクと興奮を巻き起こすDAppsプロジェクト】

メタマスターズギルド ロゴメタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なDAppsです。熱中度の高い白熱のエンターテインメントが楽しめるため、投資対象のDAppsとして注目を集めています。

メタマスターズギルドはMEMAGトークンのプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、仮想通貨業界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、エンターテインメントに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーは仮想空間内資産を真の意味で所有することができ、すべてのタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。また、MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいDAppsを数多く提供することで、プラットフォームのリピーター率を高めているようです。プレイヤーは時間が経つのを忘れるほどDAppsに熱中することができ、結果としてより多くの報酬を獲得することができる仕組みとなっています。

メタマスターズギルド ゲーム

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのDAppsが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取れます。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘DAppsです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してDAppsをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

仮想通貨の今後を担う存在、MMGの詳細情報を知りたいという方は、テレグラの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

MEMAGの買い方はこちらを参照お願いします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

C+Charge|DAppsランキングNo.2

【EVドライバーの報酬を提供するDApps】

C+Chargeのホーム

2023年の最も将来性のある暗号通貨に選んだのは、報酬を提供し、EVの運転をより便利にさせ、化石燃料から電気自動車(EV)への切り替えを後押しすることを目指しているC+Chargeです。EVを題材にするなんて、DAppsの中でも異質な感じがすると思った人は多いのではないでしょうか。

CCHGトークンのプレセールはまだ始まったばかりで、トークンは0.013ドルで販売されています。プレセールの最終段階となる第4段階までに、トークンは80%増の0.0235ドルになる見通しです。伸び幅を見ても、投資対象のDAppsとしても注目いただけるのではないでしょうか。

C+Chargeは、自動車を充電している間、ドライバーにカーボン・クレジットを報酬として提供することで、EV所有のインセンティブを高めることを目的としています。

カーボン・クレジットは、グリーン・プロジェクトに資金を提供することで二酸化炭素排出量を相殺できる許可証で、1クレジットが1トンの二酸化炭素に相当するものです。

C+Chargeのグラフ

C+Chargeは、Flowcarbonとの主要なパートナーシップを経て、Goodness Nature Token(GNT)の形でドライバーにクレジットを提供します。GNTは検証済みの炭素再生プロジェクトに1対1で支援され、Flowcarbonは、Samsung Nextやa16zなどの主要VC企業を惹きつける7000万ドル投資ラウンドを完了したところです。

また、このDAppsは、これまでほとんどが大企業の手に委ねられていたカーボンクレジットの所有権を民主化するものでもあります。例えばテスラは、炭素排出量の多い他の企業にカーボンクレジットを販売し、年間数十億ドルを稼いでいます。

C+ChargeのモバイルDAppsは、カーボンクレジットを提供するだけでなく、電気自動車の運転を現在よりずっと便利で効率的にするためのものです。このアプリは、最寄りの充電スタンドのジオロケーター、料金情報、待ち時間、充電スタンドが実際に機能しているかなどの重要な情報を備えています。

化石燃料の自動車やトラックは地球を最も汚染するものの一つであり、EVへの転換は地球の気候変動との闘いにおいて重要な意味を持ちます。

C+Chargeは、DOXとKYCで検証されたチームを持ち、Perfect Solutions Turkeyと提携しています。

CCHGトークンのプレセールは始まったばかりで、最大供給量10億個のうち40%が販売される予定です。プレセールトークンには権利確定期間がなく、ハードキャップは660万ドルとなっています。興味のある方は、C+Chargeのホワイトペーパーを読むか、テレグラムグループに参加して、より詳しい情報を確認してみてください。

また、C+Chargeの買い方を解説した過去記事もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

プレセール開始日 12月16日
購入方法 ETH, USDT, Transak
プラとおフォーム Binance
最小購入額 なし
最大購入額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

FightOut|DAppsランキングNo.3

【960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略するDApps】

FightOutの日本語ページ

健康&フィットネス業界は、世界の統計データを収集するStatistaによると2023年に960億ドルという巨額の市場規模を誇っていますが、その規模は近年伸び悩んでいます。そこで、Move to Earn (M2E : 動いて稼ぐ)DAppsとジムクラブを融合したFightOutが、業界の火付け役となるかもしれません。

最大1億ドルという大規模な資金調達により、FightOutアプリ&ジムクラブはこの世界で最も注目される産業の一つをひっくり返そうとしているのです。FightOutは、これまで主流であったWeb2.0の仕組みを変革し、STEPNなどのプロジェクトで実装されているWeb3.0のM2Eの弱点を克服することを目標としています。

STEPNのようなM2Eプラットフォームは、ユーザーの活動を計測してフィットネス目標に対しアプリ内通貨で報酬を与えるというアイデアを広く普及させました。しかし、FightOutはこれから紹介する数多くの機能により、それら既存のM2Eより優れたプロジェクトになる可能性があります。

まず、FightOutは歩数だけでなく、ジム内にセンサーを置くなど、新しいテクノロジーを駆使しあらゆる形態のフィットネス活動を計測します。また、このプラットフォームを利用するにあたって高価なNFTを購入する必要はありません。

FightOutのM2Eは、単にフィットネスの目標を達成するためだけのものではなく、総合的に健康的なライフスタイルを送ることにより報酬を得ることを目的としています。

FightOutの男性アバター

プラットフォームの軸となるのはFightOutのスマートフォンアプリで、DAppsではスマホやスマートウォッチによって身体的パフォーマンスを測定・追跡します。FightOutはサブスクリプションサービスで、DApps内の2つのトークン($FGHTとREPS)は通常の通貨と同様、FightOutに登録するために使用することができます。

運動の報酬はREPSで獲得でき、パーソナルトレーナーやFightOut独自のコーチとの遠隔コンサルティング、グッズ、アバター用のコスメなどのあらゆるアプリ内商品やサービスを、REPSで買うことができます。

$FGHTは現在0.01665002ドル(1 USDT = 60.06トークン)で販売中で、最小購入額や最大購入額の設定はありません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Dash 2 Trade|DAppsランキングNo.4

【DAppsの市場でもっともおすすめなトレーダー向け】

Dash 2 Tradeのプレセール画面 DApps

Dash 2 Tradeは、強力な分析ツールを用いて世界中のトレーダーと投資家を支援することを目的とした新しいDAppsで、ERCベースのD2T トークンの所有者に15万ドルをプレゼントすることが発表されています。D2Tトークンのプレセールは最初のステージが完売となっており、わずか72時間以内に1,666,000ドルを計上したことで人気を博しました。

Dash 2 Tradeは仮想通貨のトレードに関するシグナル、予測、正確な分析データなどをトレーダーに提供するプラットフォームです。トレーダーはそのサポートにより、市場トレンドを適切に把握し判断ができるようになります。現在、7万ものトレーダーがコミュニティに参加しています。

取引ツールと機能

  1. 取引シグナル – 売買のタイミングをシグナルによってトレーダーに知らせてくれます。
  2. プレセール情報 – トークンをスコアリングし、プレセールの際に情報を提供してくれます。
  3. センチメント&オンチェーン分析 – 値動きの激しい仮想通貨市場において、センチメント(市場の動向)とオンチェーン(ブロックチェーンに記録される取引データ)の分析は非常に重要です。Dash 2 Tradeでは正確なデータをトレーダーに届けます。
  4. ストラテジー構築ツール – トレードで利益を出すためには、ストラテジーの確立が必要です。細かなストラテジーを設定し、魅力的なパフォーマンスを出すサポートを受けられます。
  5. 新規仮想通貨上場アラート – 中央集権型取引所に新規仮想通貨が上場する際にアラートを出してくれます。大量の仮想通貨が上場している昨今において、非常に役立つツールです。

注目すべきポイント

Dash 2 Tradeはプレセールの第3ステージが始まっています。第1ステージでは0.0476ドルだったトークン価格が0.0513ドルとなり、すでに7.77%上昇しています。プレセールは第9ステージまであり、将来的にトークンの価値は0.062ドルに達する予定で、この価格は第1ステージと比べ39%の上昇となります。第1ステージ、第2ステージでリリースされたトークンは完売し、すでに合計5,160,000ドルを調達しています。このことからも今後も強い需要が見込まれます。また、Dash 2 Tradeトークンの全供給量は10億個ですが、プレセールではその70%が市場に共有される予定です。その時点ですでに多くのトークンが流通しているため、プレセールから公開市場にオープンされた段階で、さらに強い需要と価格の上昇が見込まれます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

RobotEra|DAppsランキングNo.5

【メタバースとNFTを融合した新世代ロボットDApps】

RobotEraは新型のメタバースとNFTを融合させたプロジェクトです。RobotEraではプレイヤーがロボットとなり、NFTベースの土地を管理しながらRobotEraのバーチャルワールド構築に貢献していきます。そもそもサンドボックス型のソフトなので、プレイヤーは仮想世界の資源を獲得しながらロボット仲間を作り、クエストに参加します。バーチャルコンサートといったイベントにも参加することができるので、興奮度はかなり高いでしょう。

RobotEraは、メタバース空間である「破壊された惑星Taro」を再建することをミッションとしたDAppsです。遊びとしての魅力はもちろんのこと、エコシステム上でさまざまな収益源を持つため、多くのプレイヤーが遊びながら稼ぐことを可能にしています。

遊び方

  1. ロボットをカスタマイズ – 惑星を再建するためにNFT化されたロボットをカスタマイズします。このロボットは、プレイ中にアップグレードすることや更なるカスタマイズが可能となっています。もちろん、魅力的なロボットはDApps内で売却したり、他のプレイヤーとの貸し借りを行ったりすることで、DAppsで稼ぐことができます。
  2. インフラや建物を作る – メタバース空間の土地を購入し、その空間内にインフラの整備や建物の建設が可能です。また土地を管理しながら資源を獲得し、資源を元に新しい部品を作り出すことができます。部品を利用し、オリジナリティの高いロボットを作り上げることもできます。
  3. 土地を開発する – 所有している土地の開発が可能です。例えば、アイテムブロックを使用して博物館やコンサート会場を開発し、入場料や広告の販売を行えます。他にも、土地と木を集めて、住宅や加工工場の建設も可能です。
  4. 他のプレイヤーとの交流 – 他のプレイヤーの土地を訪れて交流を図れます。

注目すべきポイント

RobotEraのロゴ

エンタメ分野におけるDAppsでは、一定のプレイヤーがいるため不況下でもトークン下落の影響を受けにくく、長期的な成長を期待できます。また、コミュニティの一員となることで、分散型自立組織(DAO)にてコミュニティ発展のための権利を得られます。現在、TAROトークンはプレセールの第1ステージで0.02ドルで販売されています。第2ステージでは0.025ドル、第3ステージでは0.032ドルで販売されることが決定しており、第1ステージと比べその価格は60%増となります。全供給量は18億個で、プレセールでは9000万個が販売されるため、公開市場で取引が始まることで大きくリターンを得られる可能性があります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

IMPT|DAppsランキングNo.6

【史上初めてのエコ系仮想通貨。SDGに特化した最高のDApps】

impt

IMPTは、温暖化が進む現代社会にイノベーションを起こす可能性があるDAppsです。多くの企業がカーボンクレジットを活用し、カーボンオフセットをすることで炭素排出量をコントロールしようとしています。そのカーボンクレジットをNFT化し、透明性の高い取引をIMPTは目指しており、個人もその活動に参画できます。カーボンクレジットとは、企業がCO2などの温室効果ガスの削減効果をクレジットとして発行しているもので、企業や個人とクレジットを取引できます。カーボンクレジットを取得することで、自社が削減できなかったCO2などをオフセットできたことになります。

IMPTは2023年に投資すべき将来有望なおすすめできる仮想通貨のIDOプロジェクトの1つです。ユニークで持続可能なユースケースを提供するIMPTは、買い手と企業を結びつけ、大気からの炭素排出を減らすことを支援しようとしています。このプラットフォームは、大気から除去された排出量を表す炭素クレジットを提供することでこれを実現。NFT(非代替性トークン)として造られた1つのカーボン・クレジットは、およそ1トンの二酸化炭素排出量に相当します。

注目すべきポイント

IMPT logo

カーボンオフセット市場は2,700億ドル以上あると言われています。市場規模はとても大きいのですが、カーボンクレジットをめぐる詐欺事件などが横行している現実があります。IMPTでは、カーボンクレジットをNFT化することで取引の透明性や流動生を担保し、意義のある地球温暖化対策に取り組んでいます。その結果、IMPTの活動に賛同し提携を始めたブランドは10,000以上あり、その注目度は非常に高いものだと言えます。今後もカーボンオフセットの市場は伸び続ける可能性が高く、IMPTトークンの市場価値はますます伸びていくことでしょう。

IMPTのプレセールは12月11日に終了し、1900万ドル(約26億円)以上の資金調達に成功しました。今後IMPTトークンは12月14日にLBank、Changelly、Uniswapに上場する予定です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

 Tamadoge|DAppsランキングNo.7

【今最も話題のミームコイン型のDApps】

Tamadogeは「Tamaverse」と呼ばれるメタバース空間で、Tamadogeペットに餌を与えるなどして、成長をさせていくDAppsです。成長の過程の中で、他のプレイヤーが所有するペットと対戦を行い、報酬を得ることができるPlay to Earnの側面も持ち合わせています。またTamadogeコインはすでに仮想通貨取引所であるOKXに上場を果たしています。

プレーヤーは、仮想空間内資産を使用してデジタルペットに餌を与えたり、おもちゃを与えたりできます。仮想通貨ゲームであるTamadogeは、ペットの成長に応じてランク表でプレイヤーをランク付けし、ペットの世話をしたプレイヤーに報酬を与えます。プレーヤーは、ペットを作成して養育し、ランク表上で順位を競うことでTAMAで報酬を獲得できます。賞金プールは、使用されたTAMAトークンの65%で構成されています。

注目すべきポイント

Tamadogeのモバイル版画面

DogecoinやShiba Inuコインが4桁にも上る爆発的な上昇を覚えている方も多いでしょう。Tamadogeはそれに匹敵するポテンシャルを秘めています。まずは、プレセール期間中に1,900万ドルを調達し、すでに複数の仮想通貨取引所に上場をしていることが理由に挙げられます。多くのトークンが市場に出回る前に衰退することが多い中で、プレセールを経て上場を果たしている点に注目が集まります。加えて、Play to Earnの要素があり、一度コミュニティが醸成されればコインの価値低下が起こりづらく、むしろその価値が上昇していく可能性が大いにあります。また、ホワイトペーパーではARアプリの開発や独自のメタバースプラットフォームのDApps開発に取り組んでおり、コンテンツの魅力にさらに多くのユーザーがTamadogeを欲しがることでしょう。そのことでTamadogeの価値が上がり、利益を得ることが可能となります。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Battle Infinity|DAppsランキングNo.8

【Play-to-Earn (P2E)型の新型スポーツDApps】

Battle Infinityは、バトルアリーナと呼ばれるメタバース空間を中心に、ファンタジースポーツでの試合、バトルマーケットでの買い物が行えるDAppsです。また、ファンタジースポーツを通して他のプレイヤーと対戦し、勝利することで収益が得られることに加え、アセットとキャラクターの売買が可能です。

Battle Infinity(IBAT)は、非常にエキサイティングな新しいメタバース型P2Eプロジェクトで、最近プレセールに入り、近い将来DEXリスティングが行われる予定になっています。このプロジェクトはすでに投資家から多くの注目を集めているので、Battle Infinityのテレグラムグループに参加して、プロジェクトの最新動向を把握する価値があると言えるでしょう。

注目すべきポイント

DAppsで稼ぐ方法として、ファンタジースポーツで勝利する、バトルでNFT化されたアセット・キャラクターを販売するが挙げられますが、さらに注目すべき点があります。それは、バトルスワップというDeFi機能を持っていることです。バトルスワップを活用するとIBATトークンを購入し別の通貨に交換ができたり、ステーキングを行うことで高い利回りを得られます。このように様々な機能や魅力を持つBattle InfinityのIBATトークンプレセールでは、3日間で110,000ドルを調達しました。プロジェクトの共同創設者のスレッシュ・ジョシ氏はトークン保有者は将来100倍の利益を得ることができると予測しており、今後の価格上昇に期待が集まっています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Lucky Block|DAppsランキングNo.9

【グローバルな宝くじを提供するDApps】

Lucky Block

Lucky Blockはブロックチェーン技術を用いた、グローバルな宝くじを提供するDAppsです。懸賞にかけられている景品などを獲得するには、コンペティションごとに設定されているNFTをプラットフォーム内で購入する必要があります。景品のNFTが完売すると抽選が開始され、イーサリアムブロックチェーン技術を用いて公正に獲得者が選ばれます。

Lucky Blockは新しい仮想通貨プラットフォームであり、現在における宝くじの抽選方式の透明性と信頼の問題を解決することにより、懸賞、宝くじ、Play to Earnに関する3,300億ドルの世界的産業に革命を起こすことを目的としています。Web 3.0に分散型ネットワークの力を応用して中央集権的な運営者の支配を打破することが、Lucky Blockの狙いです。

注目すべきポイント

Lucky Block NFTを保有すると、メインのコンペティションへのエントリーだけではなく、推定10,000ドル相当のデイリージャックポット参加の権利を得られます。毎日抽選が行われるため、1日にしてDAppsで稼ぐことができる夢のようなプラットフォームです。またコンペティションの景品も豪華で、ランボルギーニ、100万ドル相当のビットコイン、豪華旅行、100万ドル相当の家の獲得のチャンスがあります。このような魅力的な宝くじ機能が特徴のLucky Blockで使える、LBLOCKトークンは10,000個のみの発行となっており、今後価値がさらに上昇する可能性を秘めています。Uniswapを始め、4つの取引所で購入ができることも高い注目度を裏付けています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Defi Coin (DEFC)|DAppsランキングNo.10

【DeFi Swap取引所を支える、広い開発分野を持つDApps】

deficoin

Defi Coinは、DeFi Swap取引所を支えるトークンです。Defiは分散型金融のことで、スマートコントラクト技術を用いて金融取引をユーザーに提供しているプラットフォームです。DeFi Swapでは、トークンを他のトークンへ交換することが容易になり、ブロックチェーン技術を利用することで、取引の透明性が高まります。

DAppsの分野について

DApps開発が進んでいる分野は主に以下の4つがあります。

  1. エンタメ – DApps上でNFT化されたアイテムやモンスターを購入し、遊びながら成長や売買によってDApps内で仮想通貨を稼ぐ「Play to Earn」で人気になりました。
  2. データ分析 – 正確で透明性の高い情報を自動で収集し、信頼性のある今後の市場予測データを提供しています。
  3. DeFi – 分散型金融と呼ばれており、金融機関や政府を介さずに利用できるため、手数料が安く取引時間が短いことが特徴です。また高い金利が得られDAppsで稼ぐことが可能です。
  4. 保険 – スマートコントラクトを活用し、これまでの保険発生事例を自動で収集し、スピーディーに保険金を支払うシステムです。

注目すべきポイント

DEFCを保有し、ステーキングを行うだけで1年間で75%の利回りを得ることができます。これは1,000DEFCをステーキングするごとに1年間で750トークンを自動的に獲得できることを意味し、投資として非常に魅力的なインカムと考えられます。短時間でのトークンの交換や低い手数料により、将来的にもDeFiは広がっていくことを多くの投資家が予想しています。今のうちにDEFCを保有することで、ステーキングによる利回りだけではなく、値上がり益を得てDAppsで稼ぐことが可能です。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Decentraland|DAppsランキングNo.11

【無限のカスタマイズが可能な人気のDApps】

2023年におすすめのメタバースゲームのDAppsコインをお探しならDecentralandがおすすめです。今成長中のメタバースですが、このコンセプトに早期に投資したい場合は、DecentralandのネイティブデジタルアセットであるMANAトークンをいくつか購入することで可能です。

最も基本的な形として、DecentralandはEthereumブロックチェーンの上に構築されたプロジェクトであり、誰もがアクセスできる仮想のエンタメ空間を提供しています。Decentralandの最も革新的な点の1つは、ユーザーが仮想の土地を購入し、その後デジタル不動産を建設することができることです。

この不動産は、アイテムとともに、オープンマーケットプレイスで販売することができます。このビジネスモデルは、すでに概念実証を達成しています。まず第一に、Decentralizedプラットフォームを通じて販売されたいくつかの不動産区画は、100万ドルを超える資金を調達しています。

次に、Decentralandのプラットフォームを介して行われるすべての売買に使用されるネイティブ通貨であるMANAトークンは、今や数十億ドル規模のプロジェクトとなりました。パフォーマンスの面では、2018年当時、MANAはわずか0.025ドルの価値しかありませんでした。しかし、2021年半ばには、この暗号資産はほぼ6ドルの高値を記録しました。 これは約24,000%という大きな成長を意味します。このような背景からDecentralandは、2023年に向けて購入すべきおすすめのWeb3.0コインの1つであるといえます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

DApps関連仮想通貨の購入先

DeFi関連仮想通貨をどこで購入するかについては、最終的には選択するトークン次第になります。

例えば、時価総額の小さいDeFi関連仮想通貨への投資を考えている場合、分散型取引所経由での投資を求められることがあります。

しかし、もし大きな評価額を持つ主要なDeFi関連仮想通貨例えば、Bitcoin Cash、Uniswap、AAVE、SushiSwapなどに興味があるなら、中央集権型のプラットフォームの方が多くの選択肢があるはずです。これは初心者に向いていると言えます。

当社の市場調査では、DeFi関連仮想通貨を購入するにはeToroが全体的に最も適していると判断しています。

OKX – おすすめDeFi仮想通貨取引所

OKX Logoこのページで分析したおすすめのDeFi関連仮想通貨、例えばDecentraland、SushiSwap、Yearn.finance 、あるいはLuna DeFiコインに興味があるなら、OKXは全てをカバーしています。このブローカーで口座を開くと、メタバース関連コインを購入することができ、最小取引額はわずか1,000円からとなります。

100以上の国々にわたって2,000万人以上のユーザーを持つOKXは、世界最大の仮想通貨取引所の1つです。このOKXのレビューは、プラットフォームに特徴的ないくつかの機能があります。例えば、中央集権型および分散型交換、仮想通貨のローン、デジタル資産のマージン取引オプション等です。

さらに、OKXは350以上の仮想通貨資産を提供しており、スポット取引、先物契約、マージン取引、パーペチュアルスワップを利用することが可能です。投資家はOKXでビットコイン、イーサリアム、Cardanoやその他の一般的な仮想通貨を購入することができます。

okx_web3

注目すべきは、OKX CEXがカストディアン(投資家 に代わって 有価証券 の管理「カストディ 」を行う機関)として機能することです。つまり、すべてのフィアット通貨または仮想通貨が取引所の保管下にあることを意味します。銀行がフィアット通貨を保管するのと同様に、投資家はOKX CEXを信頼して資産と資金を安全に保管することができます。OKX CEXにより、投資家はビットコイン、イーサリアムおよび350以上の資産などのおすすめの仮想通貨を購入することができます。

OKX CEXにサインアップしてアカウントを作成すると、入金手数料なしで仮想通貨をフィアット通貨で直接購入することができるようになります。スポット取引とは別に、投資家は仮想通貨の先物取引(特定の資産をあらかじめ決められた価格で将来購入または売却する契約を表す)にアクセスすることもできます。

仮想通貨DApps関連の購入方法

今日、DeFi関連仮想通貨をどのように買えばいいのか悩んでいる方にとって、具体的なプロセスは、プラットフォームがどの取引所に上場されているかによって異なります。

以下のセクションでは、2023年に投資するための推奨DApps関連仮想通貨であるDash 2 Tradeの購入方法について説明します。

Dash 2 Tradeの購入方法

  • ステップ 1 – 仮想通貨ウォレットをダウンロード:まず、Dash 2 Trade のプレセールプラットフォームに接続するために仮想通貨取引所ウォレットMetaMask または Wallet Connect のいずれかをダウンロードする必要があります。
  • ステップ2 – ETH/USDTトークンを購入:プレセールプラットフォームでは、仮想通貨取引所を通じてこれらの資産のいずれかを購入し、保有物を自分のウォレットに送り返すことによって、ETH/USDTでネイティブトークンを購入することができます。また、ユーザーは Dash 2 Trade の Web サイトで Transak を介してトークンを購入することもできます。
  • ステップ3 – プレセールプラットフォームとウォレットを接続:Dash 2 TradeのWebサイトにアクセスし、「Connect Wallet」をクリックして、Dash 2 Tradeのプレセールに接続します。
  • ステップ4 – D2Tコインを購入:Webサイト上で「ETHで購入」または「USDTで購入」をクリックします。投資金額を入力し、「Convert」をクリックしてトランザクションを確定します。  プレセール終了後、投資家はWebサイト上でD2Tトークンを請求することができます。

まとめ

以上のガイドではDAppsとその関連仮想通貨銘柄について解説、その暗号資産の購入方法を徹底解説してきました。

まとめると、DAppsは「Decentralized Applications」の略称で、日本語では分散型アプリケーションと呼ばれております。通常のアプリは中央管理(集権)であるため、アクセスの集中やメインサーバーがダウンするとシステムが正常に動作しなくなるのですが、DAppsはブロックチェーン技術を用いた分散管理のため、アクセスが集中しても取引にはなんの影響もなく、サーバーがダウンするリスクもありません。また、ブロックチェーン上で契約を行うスマートコントラクト技術を応用しているため、データが正しく管理されており、取引の透明性が非常に高く、安全性が担保されています。

おすすめのDApps関連銘柄としてはDash 2 Tradeで、RobotEraIMPTも有望な銘柄となっています。

現在は、エアドロップで無料で獲得できる仮想通貨の種類もあり、ブロックチェーン関連のサービスが利用しやすくなってきています。今後DAppsにおいても、そのような手軽に始めやすいプロジェクトも増えてくる見込みがありますので、注目していくことをお勧めします。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

ダッシュ 2 トレード - 次の 100x 暗号

OUR RATING

dash2trade logo
  • アーリー アクセス プレセール ライブ中
  • 暗号分析エコシステムを強化
  • 確かな証拠監査済み、CoinSniper KYC 検証済み
  • 70,000+ メンバーのトレーディング コミュニティ
dash2trade logo

RobotEra - 最新のメタバースxNFTプロジェクト

OUR RATING

RobotEraのロゴ
  • イーサリアムブロックチェーン
  • 強力なファンダメンタルズ・プラットフォーム
  • LBANK Labsが支援
  • プレイヤー主導型メタバース空間
RobotEraのロゴ

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。