仮想通貨のSTOは、現在、新しい仮想通貨プロジェクトを立ち上げる一般的な方法の1つとなっています。ICO(イニシャル・コイン・オファリング:企業等が電子トークンを発行して、公衆から資金調達を行う行為の総称)と比較するとSTOは管理体制が高く、詐欺や不正行為に対するセキュリティがしっかりとしています。

2022年にローンチする新しい仮想通貨のSTOは数十種類あり、新しいPlay-to-Earnの仮想通貨ゲーム、メタバースプロジェクト、DeFiアプリケーションなどを提供しています。この記事では、非常に魅力的な10新しい仮想通貨STOを紹介します。

ベスト仮想通貨のSTO【2022年版】

今回、2022年の仮想通貨STOトップ5を紹介するために、たくさんの新しい仮想通貨を調べました:

ベストSTO仮想通貨プロジェクト

2022年に提供される魅力的なセキュリティトークンについてもっと知りたいと思いませんか?今回は、新しい仮想通貨プロジェクトにスポットを当てます。

1. Battle Infinity(IBAT)-メタバースにおけるベストSTO

 Battle Infinityを2022年に提供される最高のセキュリティトークンとして選びました。インドで開発されているこのプロジェクトは、「メタバースの多元的な世界」を作ることを目的としています。Battle Infinityのエコシステムの中では、特別なゲームはもちろん、分散型取引所とマーケットプレイスを作るためのツールなどにアクセスすることができます。

Battle Infinityは、メタバースにおいて、ファンタジースポーツゲーム「IBATプレミアリーグ」をスタートさせる予定です。自分のファンタジーチームを作りながら、チームのバランスを考え、得点を競い合います。最初のファンタジースポーツリーグは、クリケットで人気の高いインドのプレミアリーグをベースにしたものになります。これからも多くのスポーツリーグが登場する予定です。

Battle Infinity

Battle Infinityのプラットフォームの中心は、メタバース内で取引可能なネイティブIBATトークンです。ゲームに勝つことでIBATトークンを獲得したり、Battle Infinityの分散型仮想通貨取引所を通じて購入したりすることができます。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

2. DeFi Coin – 最も新しいセキュリティトークン 

DeFiコインは、DeFi Swapの分散型取引所をバックアップする魅力的なセキュリティトークンです。このDEXは、中央集権的な取引所を介さないインスタントトークンスワップをサポートするだけでなく、イールドファーミング(DeFiサービスに仮想通貨を預け入れることで報酬を得る仕組み)と流動性の提供を通じて仮想通貨資産の利益を生み出すことができます。

DeFi CoinとDeFi Swap取引所は、長期投資家に支持されています。理由は、各取引に10%の税金がかかるからです。投資家がDeFiコインを取引して短期的な利益を得ることは推奨されていません。

さらに各取引で課税された後、それぞれのスマートコントラクト(ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組みのこと)によって集められた収益の半分が、DeFiコイン保有者にトークンとして分配されます。これにより、長期保有者が利益を得ることを保証されます。

defi coin

各取引後に課税されたら、回収金の残り半分は、DeFiコインの流動性プールに担保されます。これにより、DeFiコインは仮想通貨市場で売買できるようになります。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

3. Lucky Block(LBLOCK)

Lucky Blockは、セキュリティトークン中でも注目度の高い仮想通貨の一つです。LBLOCKはブロックチェーンベースのプラットフォームというビジネスモデルを通じて魅力的な投資の可能性を提供するだけでなく、定期的な利回りと賞金をトークン所有者に提供しています。

バイナンススマートチェーンで提供されるLBLOCKトークンは、定期的に所有者にLucky Blockプラットフォームで賞品を獲得するチャンスを与えます。さらに、LBLOCKの所有者は、すべての抽選から配当を受け取ることができます。

Lucky BlockのNFTコンペティションの開始は、同プロジェクトにとって大きな戦略的転換を意味します。Lucky Blockは10億ドルの時価総額を目標としており、これから上場することが予定されています。これらはトークンへのアクセス性を高めると同時に、需要と流動性を増加させるため、価格の大幅な上昇につながる可能性があります。

Lucky Block

Lucky Block ERC20トークンは、すでにLBankで取引されており、81日にMEXC取引所に登場し、世界の中で1日の取引量が24番目の規模になりました。価格へのインパクトは衝撃的なものでした。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

4. Tamadogeー人気の仮想通貨STO

Tamadogeのクリエイターがこのプロジェクトに対して本気で開発を進めていることは明らかです。まず、Solid Proof社にこのTamaverseプロジェクトを監査してもらい、CoinSniper社はその検証までしています。さらに、このゲームはメタバースに統合される予定で、コイン供給量を大幅に増やしたDogecoinのようなジョークコインでもありません。

しかし、Tamadoge(TAMA)はデフレコインであり、使用されたTAMAトークンの5%が消費されるため、20億枚の供給量が常に減少していることを意味します。このコインをさらに希少なものにするために、Tamadogeのクリエイターはプリセール中にコインの半分を販売することを計画しています。その後、中央集権的な取引所に上場される予定で、このコインの需要はさらに高くなり、供給は少なくなります。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

5. ApeCoin(APE) – Bored Ape Yacht Clubにより仮想通貨化されたSTO

ApeCoinは、Bored Ape Yacht Club(類人猿をモチーフにしたデジタルアートによるNFTコレクション)とMutant Ape Yacht Club(Bored Ape Yacht Club (BAYC)から派生したNFTプロジェクト)のNFTコレクションのクリエーターであるYuga Labs(ユガラボ)の新しいSTOです。これらは世界で最も人気のあるNFTコレクションの一つであり、投資家はこれらのNFTが歴史に新たな1ページを刻むトークンとなることに期待しています。

ApeCoin

Ape Coinは、現在のBAYCとMAYC NFTの所有者へのエアドロップ(ICOで資金調達をしたいプロジェクトが、マーケティングキャンペーンの一環として自社で発行したトークンを無償でユーザーに配布すること)で発売されましたが、現在はほとんどの主要な仮想通貨取引所で購入することが可能です。

投資家は最近、Yuga LabsはApeCoinが現在開発中の別のプロジェクトであるOthersideメタバースの公式仮想通貨になる可能性を模索しています。もしそうなれば、メタバース投資家がOthersideの土地売買の支払いにApeCoinを使用するため、ApeCoinの価格が急騰することになります。

まとめ

紹介をしたベストな仮想通貨STOは、投資家にゲーム、DeFi、dApp開発などの新しい仮想通貨プロジェクトに参加するチャンスを提供します。私たちは、2022年で最高のSTOはBattle Infinityだと考えています。このメタバースプラットフォームは、ファンタジースポーツゲームはもちろん、独自のゲーム開発の枠組みを提供しています。

Battle InfinityのIBATトークンが期間限定でプリセール中です。Battle Infinityにアクセスして、今すぐ投資を始めましょう。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

接続を維持する

10万人以上の同業者と一緒に、トレンド、ニュース、専門家の分析を掲載した週刊ニュースレターを受信して、時代の最先端を行くことができます