IDO仮想通貨のバナー

将来有望な仮想通貨のIDOプロジェクトを見つけることは、爆発的な成長の可能性を持つプロジェクトに早期に参加する絶好のチャンスとなります。しかし、これは言うは易く行うは難しです。

将来性のあるプロジェクトと、素晴らしい目標を持ちながらもそれを達成する術がないプロジェクトを見分けるのは、非常に時間がかかり、困難を極めます。そこで私たちは調査を行い、おすすめな仮想通貨のIDOプロジェクトをランキングにしました。

仮想通貨のIDOリストを通して、各プロジェクトの魅力、そして将来有望な仮想通貨のIDOであるそのワケを徹底解説していきます。

2023年はこれ|仮想通貨のIDOを一挙公開

  1. メタマスターズギルド – 病みつきゲームが特徴のIDO仮想通貨
  2. C+Charge – EVドライバーに報酬を与えるIDO暗号資産
  3. FightOut – 960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略するIDO仮想通貨
  4. Dash 2 Trade – 全個人トレーダーをプロレベルに引き上げるIDO仮想通貨
  5. RobotEra – 最新のメタバースxNFTプロジェクト
  6. IMPT -ESG投資家注目の炭素削減を目的とするIDO仮想通貨
  7. Calvaria – 2023年トップ銘柄に名を連ねるP2Eゲーム
  8. Battle Infinity – P2Eゲームに最も適したIDO
  9. GIGCO – 音楽業界を変える仮想通貨のIDO
  10. GEMS – Esports業界を震撼させることを目指すIDO仮想通貨プロジェクト
  11. EYWA – 相互運用性の問題を解決することを目指すIDO仮想通貨
  12. Cassava Network – アフリカの仮想通貨インフラを目指すIDO
  13. Movn – Move-to-Earnセクターで波を起こそうとするIDO
  14. Aura Network – スペシャリティNFTレイヤー1ブロックチェーンIDO
  15. SEOR – 仮想通貨の開発を容易にすることを目的としたIDO仮想通貨
  16. BLOCKS – メタバースを形成するツールを提供するSaaS型IDO仮想通貨
  17. Colexion – 次に来るNFT IDO仮想通貨
  18. Skill Labs – GameFiアナリティクスIDO

仮想通貨のIDOとは?

一般的に「IDO」と略されるInitial DEX Offering(イニシャルDEXオファリング)とは、仮想通貨の新プロジェクトがInitial Exchange Offering(IEO)に先立ってさらなる開発/マーケティングを行うための資金を調達する方法です。

これから伸びる仮想通貨のIDOプロジェクトを知ることは、投資家として大きな利益を上げるためにはとても良いことです。しかし、そもそもIDOとは何なのでしょうか?実際に投資を行う前に、まずIDOとは実際に何であるかを理解することが非常に重要です。

新しい仮想通貨プロジェクトがリリースされる際、通常はいくつかのステップを踏んで行われます。これにより、プロジェクトは将来の開発とマーケティング努力のための資金を調達することができます。また一方で、公開市場に大量のトークンを投入することでおきる価格問題の原因となることを避けることができるのです。

IDOは、プロジェクトが分散型取引所(DEX)で最初に提供される時のことを指しています。バイナンスのような中央集権的な取引所に上場される前に、一般人がトークンを購入する機会が提供され、若干の割引価格で提供されることがほとんどです

注目の仮想通貨のIDO関係を個別詳細解説

これから注目のおすすめ仮想通貨IDO銘柄を詳しく見ていきましょう!

メタマスターズギルド|IDOの仮想通貨No.1

【病みつきゲームが特徴のIDO仮想通貨】

メタマスターズギルド(MMG)は、モバイルでプレイ可能なゲームギルドです。熱中度の高い白熱のゲームプレイが楽しめるため、プレセール仮想通貨の中でも長期的なビジョンが特にしっかりとしているIDO仮想通貨銘柄と見なされています。

メタマスターズギルドはMEMAG仮想通貨のプレセールを開始したばかりで、初日だけで40,000ドル以上を調達しました。これは、IDO仮想通貨界全体でMEMAGに多くの期待が寄せられていることを意味します。

メタマスターズギルドのウェブサイト トップ

MMGは、ゲームに参加して勝利したプレイヤーに対して報酬を与える仕組みを採用しています。報酬は他の仮想通貨に交換することができるほか、MMGのエコシステムに再投資してNFTの購入に充てることも可能となっています。また、NFTとMEMAGトークンは両方ともステーキングを用いた利回り創出に用いることができます。

MMGのエコシステムでは、プレイヤーはゲーム内資産を真の意味で所有することができ、すべてのゲームタイトルで単一の報酬通貨が用いられます。また、MMGは思わずプレイしたくなるような楽しいゲームを数多く提供することで、プラットフォームのリピーター率を高めているようです。プレイヤーは時間が経つのを忘れるほどゲームに熱中することができ、結果としてより多くの報酬を獲得することができる仕組みとなっています。

メタマスターズギルド ゲーム

現在、MMGプラットフォームはメタカート・レーサー、レイドNFT、メタマスターズワールドという3つのゲームが開発中です。メタカート・レーサーは、他のプレイヤーと競いながら邪悪なメタ大王から逃れることで報酬を受け取るゲームです。メタカート・レーサーでは、レース成績に応じて報酬としてMEMAGトークンを受け取ることができます。

レイドNFTは、複数の戦士クラスの中から好きなものを選択して他プレイヤーと戦うファンタジー格闘ゲームです。シングルプレイヤーモードと対人モードが用意されており、どちらかから選択してゲームをプレイすることができます。一方のメタマスターズワールドでは、完全に自由な仮想世界を探索し、資源を集めてコンテストに参加することができます。

メタマスターズギルド NFT

MMGのエコシステムはネイティブ仮想通貨のMEMAGを中核としており、MEMAGは現在、プレセールの第1段階で1トークンあたり0.007ドルで購入可能です。仮想通貨プレセールが次の段階に入るとトークン価格が上昇しますので、MMGに投資するのは今が最適の時期と言えるでしょう。

MMGの詳細情報を知りたいという方は、テレグラムの公式チャンネルに参加するか、メタマスターズギルドのホワイトペーパーを読むことをおすすめします。

Meta Masters Guildの始め方は解説記事にて詳細を紹介しています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

C+Charge|IDOの仮想通貨No.2

【EVドライバーに報酬を与えるIDO暗号資産】

C+Chargeのホーム

2023年に最も将来性のある仮想通貨 IDOの1つは、報酬を提供し、EVの運転をより便利にするとともに、化石燃料から電気自動車(EV)への切り替えを後押しすることを目指しているC+Chargeです。EVを題材にするなんて、IDO 仮想通貨の中でも異質な感じがすると思った人は多いのではないでしょうか。

CCHGトークンのプレセールはまだ始まったばかりで、トークンは現在0.013ドルで販売されています。トークン価格は、プレセールの最終段階となる第4段階までに80%増の0.0235ドルになる見通しです。伸び幅を見ても、特におすすめできる仮想通貨 IDOです。

C+Chargeは、自動車を充電するドライバーにカーボンクレジットを報酬として提供することで、EV所有のインセンティブを高めることを目的としています。

カーボンクレジットは、グリーンなプロジェクトに資金を提供することで二酸化炭素排出量を相殺できる許可証で、1クレジットが1トンの二酸化炭素に相当するものです。

C+Chargeのグラフ

C+Chargeは、Flowcarbonとの主要なパートナーシップを経て、Goodness Nature Token(GNT)の形でドライバーにクレジットを提供します。GNTは検証済みの炭素再生プロジェクトに1対1で支援され、Flowcarbonは、Samsung Nextやa16zなどの主要VC企業を惹きつける7000万ドル投資ラウンドを完了したところです。

また、このプロジェクトは、これまでほとんどが大企業の手に委ねられていたカーボンクレジットの所有権を民主化するものでもあります。例えばテスラは、炭素排出量の多い他の企業にカーボンクレジットを販売することで、年間数十億ドルの利益を上げています。

C+Chargeのモバイルアプリは、カーボンクレジットを提供するだけでなく、電気自動車の運転を現在よりずっと便利で効率的にするものです。このアプリは、最寄りの充電スタンドの位置、料金、待ち時間、充電スタンドが実際に機能しているかなどの重要な情報を提供しています。

化石燃料を使用する自動車やトラックは地球を最も汚染するものの一つであり、EVへの転換は地球の気候変動との闘いにおいて重要な意味を持ちます。

C+Chargeは、DOXとKYCで検証されたチームを持ち、Perfect Solutions Turkeyと提携しています。

CCHGトークンのプレセールは始まったばかりで、最大供給量10億個のうち40%が販売される予定です。プレセールトークンには権利確定期間がなく、ハードキャップは660万ドルとなっています。これから伸びる可能性が高いIDO 仮想通貨のCCHG。興味のある方は、C+Chargeのホワイトペーパーを読むか、テレグラムグループに参加して、より詳しい情報を確認してみてください。

また、C+Chargeの買い方を解説した過去記事もありますので、そちらも合わせてご覧ください。

プレセール開始日 12月16日
購入方法 ETH、USDT、Transak
プラットフォーム Binance
最小購入額 なし
最大購入額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

FightOut|IDOの仮想通貨No.3

【960億ドルの健康&フィットネス市場を攻略するIDO仮想通貨】

FightOutの日本語ページ

健康&フィットネス業界は、世界の統計データを収集するStatistaによると2022年に960億ドルという巨額の市場規模を誇っていますが、その規模は近年伸び悩んでいます。そこで、Move-to-Earn (M2E : 動いて稼ぐ)アプリとジムクラブを融合したFightOutが、業界の火付け役となるかもしれません。

最大1億ドルという大規模な資金調達により、FightOutアプリ&ジムクラブはこの世界で最も注目される産業の一つをひっくり返そうとしているのです。FightOutは、これまで主流であったWeb2.0の仕組みを変革し、STEPNなどのプロジェクトで実装されているWeb3.0のM2Eの弱点を克服することを目標としています。

STEPNのようなM2Eプラットフォームは、ユーザーの活動を計測してフィットネス目標に対しアプリ内通貨で報酬を与えるというアイデアを広く普及させました。しかし、FightOutはこれから紹介する数多くの機能により、それら既存のM2Eより優れたプロジェクトになる可能性があります。

まず、FightOutは歩数だけでなく、ジム内にセンサーを置くなど、新しいテクノロジーを駆使しあらゆる形態のフィットネス活動を計測します。また、このプラットフォームを利用するにあたって高価なNFTを購入する必要はありません。

FightOutのM2Eは、単にフィットネスの目標を達成するためだけのものではなく、総合的に健康的なライフスタイルを送ることにより報酬を得ることを目的としています。

FightOut アプリ app

プラットフォームの軸となるのはFightOutのスマートフォンアプリで、アプリではスマホやスマートウォッチによって身体的パフォーマンスを測定・追跡します。FightOutはサブスクリプションサービスで、アプリ内の2つのトークン($FGHTとREPS)は通常の通貨と同様、FightOutに登録するために使用することができます。

運動の報酬はREPSで獲得でき、パーソナルトレーナーやFightOut独自のコーチとの遠隔コンサルティング、グッズ、アバター用のコスメなどのあらゆるアプリ内商品やサービスを、REPSで買うことができます。

$FGHTは現在0.01665002ドル(1 USDT = 60.06トークン)で販売中で、最小購入額や最大購入額の設定はありません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Dash 2 Trade|IDOの仮想通貨No.4

【全個人トレーダーをプロレベルに引き上げるIDO仮想通貨】

Dash 2 Tradeは、暗号資産取引を次のレベルへ引き上げることを目指す仮想通貨取引所プラットフォームです。トレーダーにとって、実用的な洞察に基づいた意思決定ができることは、成功の最大の要因となります。関連するデータを常に把握し、適切な判断を下すことで、マーケットで成功することが可能になるのです。

Dahs 2 Tradeはテクニカル指標やシグナル、パワフルなオンチェーンデータや取引戦略を提供することで、市場で優位に戦えるように支援します。Dash 2 Tradeが取り扱う暗号資産の種類は、プレセール中のものから、バイナンス等の仮想通貨取引所で扱われているものまで非常に多様です。

D2Tのロゴ プレセール

優位にトレードを行えることを可能にするのが、必要な機能を全て揃えたダッシュボード。シグナルには様々な形態がありますが、Dash 2 Tradeは、上場アラート、プレセール、テクニカル分析指標、ソーシャル指標など、最も実用的なインパクトを与えるシグナルに対応しています。テクニカル分析指標を活用することで、どのタイミングでどの暗号資産が価値を上げるのか、またRedditやTwitterなどのソーシャルメディアサイトで何が人気を集めているかをより深く理解可能です。

また、まだ開発段階にあるダッシュボードでは、今後予定されているプレセールやその他の機会を把握することができます。ホワイトペーパーによれば、このプラットフォームを支えるチームは、ユーザーが今後登場する暗号資産が正当なものか詐欺なのか、自動化されたソフトウェアでは評価できない主要な指標を評価するため、プロジェクトの手動スコアリングを実行し、十分な情報に基づいて判断できるような情報を維持する予定だそうです。

同プラットフォームでは、同名のトークン「D2T(Dash 2 Trade)」をネイティブ暗号資産として提供しています。D2Tを所有することでダッシュボードへアクセスして、様々な機能が利用可能となる仕組みです。D2Tのプレセールには9つのステージがあり、総発行数10億枚のうち、7億枚が購入可能となります。10月27日に開始されたプレセールステージ1では、3500万枚のトークンが0.0476ドル(約6.6円)で取引されており、11月13日時点で目標額8,757万ドル(約12億円)のうち6,065万ドル(約8億4,000万円)近くを調達することに成功。

プレセールではステージが進むにつれて価格も上がります。ステージ2では0.050ドルまで上昇。プリセール終了後、ダッシュボードがベータ版として2023年初頭にローンチされると予想されており、その時点でD2Tは中央集権型取引所(CEX)と分散型取引所(DEX)の両方に上場される予定です。

また、Dash 2 Tradeは、LBank取引所でD2Tが利用可能になることを発表しました。2024年半ばまでには、ネットワークに自動売買機能を持たせ、モバイルアプリやメッセンジャー機能も持たせる予定をしています。

※Dash 2 Tradeのプレセールは見事成功し、最終資金は総額15.42ミリオン米ドル(約10億円超)にも及びました。トークンであるD2Tは、IDO仮想通貨関連に興味がある人であれば、知っておいて損はない銘柄です。現在取引所にて購入可能なので、高騰しすぎる前に確保しておくことが得策でしょう。

D2Tの買い方など詳細が気になる方は、左記のリンクから確認しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

RobotEra|IDOの仮想通貨No.5

【最新のメタバースxNFTプロジェクト】

RobotEraのプレセール開始

RobotEraは新型のメタバースとNFTを融合させたプロジェクトです。RobotEraではプレイヤーがロボットとなり、NFTベースの土地を管理しながらRobotEraのバーチャルワールド構築に貢献していきます。そもそもサンドボックス型のゲームなので、プレイヤーはゲーム世界の資源を獲得しながらロボット仲間を作り、クエストに参加します。バーチャルコンサートといったイベントにも参加することができるので、興奮度はかなり高いでしょう。

RobotEraのロードマップによると、Metaverseの開発はすでに始まっており、2023年第1四半期終了までにアルファ版のMetaverse galaxyが登場する予定です。この頃には、VRやARを使った多彩なゲームプレイ機能が導入される見込みです。

RobotEraのチームは、このタイムスケジュールで順調に進めばプレセールが新年までに終了すると考えています。すなわち、TAROが最初に取引所で上場する可能性が高い時期と重なります。すでにLBANK Labsから資金提供を受けていることから、LBANKがこのコインを上場する最初の取引所となることが予想されます。

TAROがRobotEraのエコシステムの中でどのように機能するかに注目が集まりますが、プロジェクトのホワイトペーパーでは、実用的なトークンがゲーム内の資産やアイテムを交換するために使用され、最終的にはプレーヤー報酬につながると説明しています。また、TAROはNFT取引やステーキング、マイニング、イベントへの参加、仮想土地の管理と多彩な方法で獲得できます。これまで、仮想通貨エコシステム内の最大級プロジェクトと言えばメタバースやゲームプラットフォーム(例えば、Decentraland、The Sandbox、Axie Infinity)でしたが、RobotEraはこのパターンを追いかける形で設定されていると考えられます。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

IMPT|IDOの仮想通貨No.6

【ESG投資家注目の炭素削減を目的とするIDO仮想通貨】

IMPTプレセール

IMPTは2022年に投資すべき将来有望なおすすめできる仮想通貨のIDOプロジェクトの1つです。ユニークで持続可能なユースケースを提供するIMPTは、買い手と企業を結びつけ、大気からの炭素排出を減らすことを支援しようとしています。このプラットフォームは、大気から除去された排出量を表す炭素クレジットを提供することでこれを実現。NFT(非代替性トークン)として造られた1つのカーボン・クレジットは、およそ1トンの二酸化炭素排出量に相当します。

これらのNFTは、IMPTの公式ウェブサイトからネイティブな暗号資産であるIMPTトークンで購入可能。ユーザーは、IMPTトークンを不換紙幣で直接購入するか、最良のカーボン・オフセット・プログラムに参加してトークンを接続することができます。IMPTは、アディダスやヒューゴ・ボスなど、数千社を超える企業とつながり、売上マージンの一定割合をインパクトプロジェクトに充当することにしています。

IMPTのウェブサイトを通じてこれらのブランドから購入した顧客は、これをIMPTトークンの形で受け取ることができ、トークンを規定数貯めると、炭素クレジットに交換できます。注目すべきは、これらのクレジットは、利益を得るために取引されるか、IMPTネットワークの分散型台帳からその存在を抹消するために焼却されるかのいずれかであるということです。

クレジットを燃やすと、大気から排出されたものが取り除かれ、個人のカーボンスコアが高くなります。カーボンスコアは、IMPTのソーシャルプラットフォームで計算することができ、顧客はそれぞれ二酸化炭素排出量削減への直接的な影響を示すことができるようになるのです。

IMPTのプレセールは12月11日に終了し、1900万ドル(約26億円)以上の資金調達に成功しました。今後IMPTトークンは12月14日にLBank、Changelly、Uniswapに上場する予定です。

2022年のトップIDOの1つに投資することに興味がありますか?IMPTテレグラムチャンネルをフォローして、このプロジェクトにまつわる最新情報を入手しましょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Calvaria|IDOの仮想通貨No.7

【2023年トップ銘柄に名を連ねるP2Eゲーム】

Calvaria: Duels of Eternityは、NFTカードをゲームに取り入れた、ブロックチェーンゲームプラットフォームです。「死後の世界」がテーマとされており、プレイヤーは、NFTカードを集めながら、他プレイヤーと対戦してトップを目指します。

Calvariaでは、勝者に報酬として与えられるトークン「eRIA」と、メインエコシステムトークンである「RIA」、2つのデジタルアセットをベースに運営されています。RIAは「PoS( Proof-of-Stake)コインであり、所有者はプロトコルに固定することで、より多くの利益を獲得できるようになるのです。さらに、RIAをステーキングすることで、DAO(分散型自立組織)へアクセス可能となります。DAOでは、製品のアップデートなどに関して提案された発表に対して投票が行えたりなど、ゲームに関する意思決定に関与できるといった特権を獲得できるのも大きなメリットです。

新しいP2EゲームCalvariaメイン画面

Calvariaでは、Google PlayやApp Storeでインストールしてプレイできる無料版のゲームと有料版のブロックチェーンゲームの2つのバージョンを提供しています。無料版の提供は従来のP2Eゲームと大きく異なる点です。従来のゲームでは、NFTやトークンの購入に莫大なコストがかかり参入の障壁となっていました。そこでCalvariaでは、NFTやトークンを必要とせず、ブロックチェーンの知識がなくてもプレイできる無料版でその参入障壁を取り除き、その後、無料プレイした後にブロックチェーンゲームへ興味をもった人を誘導するように工夫しています。

また、ゲーム自体もカードゲームという非常にシンプルで、高度な技術を要さず、誰もが楽しめるゲームです。誰もがプレイできるゲームであることも多くのプレイヤーを惹きつけ、大きく注目されている理由となっています。

Calvariaでは、プレセールが10つのステージによって進められ、総供給量10億枚のうちの30%にあたる3億枚が割り当てられます。現在プレセールはステージ4に突入。1RIA、0.025ドル(約3.4円)で取引されており、最終的(ステージ10)には0.055ドル(約7.6円)で販売される予定です。ステージ2、3共に数日で完売。ステージ4も既に81%を達成しており、今後も目が離せない仮想通貨のIDOプロジェクトとなっています。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Battle Infinity|IDOの仮想通貨No.8

【P2Eゲームに最も適したIDO】

ibat jp

Battle Infinity(IBAT)は、非常にエキサイティングな新しいメタバース型P2Eプロジェクトで、最近プレセールに入り、近い将来DEXリスティングが行われる予定になっています。このプロジェクトはすでに投資家から多くの注目を集めているので、Battle Infinityのテレグラムグループに参加して、プロジェクトの最新動向を把握する価値があると言えるでしょう。

Battle Infinityが他のIDOクリプトと異なるのは、その膨大なユーティリティです。このプロジェクトは6つの異なるプラットフォームに分かれており、それぞれが独自の特徴を持っています。IBATプレミアリーグと呼ばれるファンタジースポーツリーグ、IBATバトルステークと呼ばれるステーキングプラットフォーム、IBATバトルアリーナというメタバース、IBATバトルゲームというP2Eゲームプラットフォーム、IBATバトルマーケットというNFT市場、さらにIBATバトルスワップという分散型取引所もあります。

Battle Infinityのエコシステムの中心は、BEP-20 $IBATトークンです。このトークンは100億の供給量を持ち、28%がプレセールに割り当てられています(IDO投資家には最適です)。プレセールでは16,500BNBを調達して完売しましたが、IBATはまもなくPancake Swapで入手できるようになります。このトークンは、ステーキングや熟練したゲームプレイの報酬として、またBattle Infinityの世界での取引を円滑にするために使用されます。

全体として、Battle Infinityは巨大な可能性を持つワイルドでエキサイティングな仮想通貨プロジェクトです。ほとんどの確立されたプロジェクトよりも実用性が高く、さらに多くの機能を備えたBattle Infinityは、近い将来、仮想空間を支配することになるかもしれません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

GIGCO|IDOの仮想通貨No.9

【音楽業界を変える仮想通貨のIDO】

Gigcoは音楽系仮想通貨

GIGCO($GIG)は、音楽業界に資本参加しようとする最新のプロジェクトです。暗号資産と音楽の世界を融合させ、チケット、アーティスト、会場、そして音楽のストリーミングを予約するためのワンストッププラットフォームを作ることを目指しています。Solanaネットワーク上に構築されているため、取引は高速かつ安価に行えるようになっています。

音楽業界と仮想通貨業界の融合は、起こるべくして起こったと言えるかもしれません。ブロックチェーンはコンサートのチケットシステムをはるかに安全なものにし、転売屋を減らし、アーティストのポケットに多くのお金を入れることができるようになるからです。そのため、オールインワンのプラットフォームを作るというGIGCOの目標は、堅実なアイデアのようにも思えます。また、ビジネスオーナーは、自分の会場で公演をしてくれるミュージシャンを探すことができ、まだ有名ではないミュージシャンやビジネスにも貢献することになります。

全体として、GIGCOは多くの可能性を秘めています。このプロジェクトが大きく成長するためには、有名なアーティストの参加に依存することになりますが、今はまだそれほど知られていないアーティストでも、GIGの経済を活性化させるのに十分でしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

GEMS|IDOの仮想通貨No.10

【Esports業界を震撼させることを目指すIDO仮想通貨プロジェクト】

GemsはGamefi仮想通貨

GEMS ($GEMS) は、暗号資産ゲーマーと従来のeSports の間のギャップを埋めるために、独自のO2O (Online to Offline:オンライントゥーオフライン) モデルを使用するEsportsアグリゲータです。このトークンの最初のDEX提供は7月21日に予定されており、Polkabridgeプラットフォームで0.005ドル(約0.7円)で販売される予定です。

ゲーム産業はすでに数十億ドル規模を誇り、仮想通貨と同じような人口構成を持つことから、この2つを組み合わせたプラットフォームは潜在的な可能性を持っていると言えるでしょう。GEMSは、Esportsの専門家がより独立して活動できるようなエコシステムを構築することで、gamefiと従来のEsportsを融合させることを目的としています。このプラットフォームは、gamefi、socialfi、メタバースコインの要素を統合し、プレイヤーがより良いワークライフバランスを保ちながらより多くの収入を得ることができるようにするものです。

GEMSは、Esportsプレイヤーの生計手段としてだけでなく、競技方法をも変えることを目標としています。GEMSは、Arena Esports Hotel Tracy Sheridan TanのCEOを迎え、今後3年間で50のホテルタッチポイントをオープンする計画なので、素晴らしい成果を上げると期待されています。このような短期間に多くのホテルをオープンする目的は、GEMSのエコシステムを離れることなく、チームが集まり、イベントに参加することを可能にすることです。現在、E現在、Eスポーツのイベント開催には多くの中間業者が介在していることを考えると、このような完全なアプローチは、この分野に革命をもたらすかもしれません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

EYWA|IDOの仮想通貨No.11

【相互運用性の問題を解決することを目指すIDO仮想通貨】

Eywa相互運用性の問題を解決することを目指すIDO

EYWA($EYWA)は、2022年におすすめの新しいI仮想通貨のIDOプロジェクトです。EYWAは、仮想空間で大きな問題となっているクロスチェーンの相互運用性を促進するために設計されたプロトコルとなっています。

仮想空間では、相互運用性が大きな課題となっています。現在、あるネットワークで作成されたプロジェクトが、互換性のない別のネットワークで作成されたプロジェクトと通信することは不可能です。しかし、EYWAはチェーン間の中間層として機能することで、この問題を解決することを目指しています。仮想通貨業界の発展にとって相互運用性が重要である理由は数多くあり、EYWAが成功すれば、開発者とユーザーにとって同様に多くの扉を開くことができるようになるかもしれません。完全な相互運用性が実現すれば、ステーキングプラットフォームやdAppsといったものに対して革命が起きる可能性も大きくあり、EYWAに注目する価値があると言えるでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Cassava Network|IDOの仮想通貨No.12

【アフリカの仮想通貨インフラを目指すIDO】

Cassava Network ($CSV) は、主にアフリカの仮想通貨インフラとして機能し、アフリカ大陸の芽生えた経済をグローバル市場にコネクトするために作成されました。Cassavaには、仮想通貨市場を根本から破壊する可能性のある興味深い機能がいくつか搭載されています。Cassavaは、次の大きな報酬プロトコルを作ることを目指し、クリエーターにコンテンツを収益化するための全く新しい方法を提供することを計画中です。ユーザーは、CassavaネットワークとCSVを使用して、独自のデジタルエコノミーを構築し、クリエイターの積極的な貢献に対して報酬を与え、アイデアを保護することができるようになります。

Cassavasのエコシステムは、パートナーシップに大きく依存しています。Cassavasとの提携を選択したプラットフォームは、CSVでユーザーに報酬を与える能力を獲得し、貢献者にインセンティブを与えますが、それだけではありません。Cassavaは、アフリカのコンテンツで最も有名な企業(Scooper、BoomPlayなど)を含むクロスプロモーションネットワークを構築しています。パートナーは互いに協力し、CSVの報酬システムを利用して、より大きく成長し、活気あるデジタル経済を生み出すことができるようになるのです。

アフリカ経済は急速に成長しており、仮想通貨はすでに大陸内で波紋を広げているため、Cassavaはまさに利用するのに適した時期に来ているように思えます。正式なIDOの日付はまだ発表されていませんが、Cassavaは今後のIDOの中で最も優れたものの1つであり、注目すべきものであることは間違いないでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Movn|IDOの仮想通貨No.13

【Move-to-Earnセクターで波を起こそうとするIDO】

MovnはMove-to-Earnセクターで波を起こすIDO

Movn ($MOV)は、仮想通貨市場に登場した最新のM2E(Move to Earn:ムーブ・トゥ・アーン)のコンセプトです。このプロジェクトの目的は、アクティブであることに対してユーザーに報酬を与えることです。Movnは、すでにリリースされているいくつかのプロジェクトと同様のモデルを採用していますが、「SuperApp」システムで揺さぶりをかけることを狙っています。このアプリでは、ユーザーがサードパーティの「ミニアプリ」をプレイすることができます。これは、Movnを働かせて、移動から収入へのプロセスをより魅力的にするために設計されたゲームです。同様に、Movnユーザーは外出先でNFTを見つけ、Movn SuperApp内に保存することができるようになります。さらに、ユーザーは間もなくMovnアプリから直接、サッカー場やテニスコートなどの施設を予約できるようになり、最終的にはMOVを使用して施設の支払いを行うこともできるようになる予定です。

Moven SuperAppはすでにダウンロード可能で、ユーザー数は5万人を超えています。IDOがまだリリースされていないことを考えると、このような数字は素晴らしい兆候と言えるでしょう。この分野では、Sweatcoinの新しい仮想通貨など、厳しい競争がありますが、Movnはすでに地位を確立しており、競合他社よりも大きな実用性を提供しているようです。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Aura Network|IDOの仮想通貨No.14

【スペシャリティNFTレイヤー1ブロックチェーンIDO】

Aura NetworkはスペシャリティNFTのブロックチェーンIDO

Aura Network($AURA)は、Cosmos($ATOM)のエコシステムをベースとしたレイヤー1ブロックチェーンです。このプロジェクトは、NFT専用のブロックチェーンを構築することで、グローバルなNFTの普及を加速させることを目的としています。

Aura Networkは、すでに前回のシードラウンドで、KuCoin labsやKyber Venturesなどの著名な企業から投資を受けています。このネットワークは、NFTを念頭に置いて設計される予定です。つまり、NFTプロジェクトに関連する取引数を促進するのに十分なスループットを持つことと、NFTコレクションを安全に保管、販売、造幣、購入する方法を持つことに大きな焦点が置かれる可能性が高いということになります。

Aura Networkのテストネットは、開発者やユーザーが遊びながら何が可能かを確認できるよう、すでに稼働しています。メインネットのローンチもそう遠くはなく、2022年第3四半期後半頃にリリースされる見込みです。NFT業界は近年、従来の仮想通貨市場をも凌駕しており、この新しい資産群に特化したブロックチェーンがすでに登場していないのは驚きです。レイヤー1プロジェクトでは、メインネットが展開されるまでどうなるかを予測することはできませんが、Aura Networkの状況はむしろ明るいと言えるでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

SEOR|IDOの仮想通貨No.15

【仮想通貨の開発を容易にすることを目的としたIDO仮想通貨】

SEOR仮想通貨の開発を容易にすることを目的としたIDO

仮想通貨のIDOプロジェクトリストのもう一つの興味深いプロジェクトであるSEOR ($SEOR) は、次世代のWeb3.0開発インフラとなることを目指しています。このプロジェクトは、ブロックチェーンベースのアプリケーションを開発するための、シンプルで使いやすいローコードプラットフォームをクリエイターに提供することで、これを実現しようと計画しています。

ブロックチェーンベースのプロジェクト開発の難しさは、現在、この分野への大きな参入障壁となっています。一般的に、開発者がブロックチェーンプロジェクトを効果的に作成できるようにするには、特定の言語を使って作業した長年の経験が必要ですが、SEORを購入することで、この状況を一変することができるようになるのです。このプロジェクトは、いくつかの異なるパブリックチェーンにまたがるコードフリー契約の展開を可能にする、ローコード開発プラットフォームの作成に取り組んでいます。さらにSEORは、開発者に信頼性の高いカスタマイズ可能なデータを提供するために、軽量オラクル(オフチェーンデータをオンチェーンに取り込むことができる技術)の展開を可能にします。

ブロックチェーンベースのアプリケーションの開発をよりシンプルにするプロジェクトは、非常に興味をそそられるものです。もちろん、ローコード開発プラットフォームが最終的にどれだけ強力なものになるかは見守る必要がありますが、SEORに注目する価値があるのは間違いないでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

BLOCKS|IDOの仮想通貨No.16

【メタバースを形成するツールを提供するSaaS型IDO仮想通貨】

BLOCKS - メタバースを形成するツールを提供するSaaS型IDO

Blocks ($BLOCKS)は、誰でもカスタムメタバース環境を作ることができるツールを提供することで、NFTコミュニティの創造方法を変えることを目的としています。

SaaS(Software as a Service:サービスとしてのソフトウェア)ビジネスモデルは、この10年間で最も成功したビジネスモデルの1つであり、仮想通貨という別の新興市場に流出しても何ら不思議ではありません。BLOCKSは、メタバースアセットを作成するためのツールをSaaS形式で提供することを目的としています。これは、BLOCKSにとって非常に有益であり、一般人がメタバース内で作成するために必要なツールに簡単にアクセスできるようになる可能性を秘めているのです。

仮想通貨市場の多様化に伴い、相互運用性が大きな懸念材料となっている中、BLOCKSが最初から複数のチェーンで利用可能なツールの確保に注力しているのは素晴らしいことです。このアプローチは、開発期間中はより多くの時間がかかると思われますが、BLOCKSが十分なユーザーベースを持つことを保証するものにもなっています。メタバース系のプロジェクトが次々と生まれる中、BLOCKSはまさに参入障壁を下げ、この分野の創造性を促進するために必要な存在であると言えるでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Colexion|IDOの仮想通貨No.17

【次に来るNFT IDO仮想通貨】

Colexion - 次に来るNFT IDO

Colexion($CLXN)は、アーティストのNFTアートにより有利なプラットフォームを提供することで、デジタルアーティストとそのファンとの関係をさらに深めようとする、今後の注目すべき仮想通貨のIDOプロジェクトです。CLXNはPolygonネットワークに基づくERC-20トークンで、IDOの日程はまだ発表されていませんが、FireStarterプラットフォームで行われることと、0.10ドル(約14円)の価格で合計150万トークンが販売されることが既に発表されています。

Colexionは、各資産を販売する前にライセンスを取得することを義務付けることで、NFTの分野に説明責任を持たせることを目的としたプラットフォームです。Colexionはマーケットプレイスで販売される全てのNFTの権利を所有し、NFTが購入されると、その権利は直ちに買い手に譲渡されます。これにより、プラットフォーム上で販売される全てのNFTは100%本物であることが保証され、この分野における詐欺の蔓延を減少させるのに役立っています。

Colexion NFTマーケットプレイスはすでに稼働しています。現在、このプラットフォームの主な魅力は、トップトランプススタイルのクリケットの記憶に残る瞬間のコレクションです。Colexionは、有名人と協力してライセンスされたNFTコレクションを作成し、それをプラットフォームのNFTマーケットプレイスで販売することを目指しています。NFTセクターが拡大する中、ライセンスされた100%本物のNFTを提供するプラットフォームは、今後さらに成長する可能性を秘めていると言えるでしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Skill Labs|IDOの仮想通貨No.18

【GameFiアナリティクスIDO】

Skill Labs - GameFiアナリティクスIDO

Skill Labs(SGK)は、P2E(Play-to-Earn)セクター内の主要なステークホルダー間の協力関係を改善するために作成された分析プラットフォームです。P2Eセクターが活況を呈する中、Skill Labsは市場で最高の仮想通貨のIDOプロジェクトの1つとなっています。

このプロジェクトは、ゲーマーとNFTの投資家を結びつけ、Skill Labsのエコシステムを成長させることを目的としています。このプラットフォームの最大の魅力は、その分析機能です。ユーザーは、ROI、投資回収時間、gamefiプロジェクトのインフレなどの主要な指標を追跡することができ、堅実なプロジェクトを選択することがはるかに容易になります。これは非常に大きなことです。つまり、ゲームは派手なマーケティングや歪んだ統計の影に隠れることができなくなり、すべてが簡単に見られるようになるため、一般人にとってGameFiがはるかに現実的なものになることを意味しています。

Skill Labsは、単に分析を提供するだけでなく、最もパフォーマンスの高いゲームに自動的に融資することで、ユーザーに対してイールドファーミングの最適化を提供することも計画しています。GameFi分野が急成長している中、ユーザーに対してより公平にすることができるものは、言及する価値があります。Skill Labsは2022年のベスト仮想通貨のIDOプロジェクトかもしれませんが、まだ先のことであるため、今後物事がどのように進展していくのか目が離せません。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

仮想通貨のIDO(イニシャル・デックス・オファリング)はどのように行われるの?

幸いなことに、暗号資産のIDOのプロセスはかなり単純です。プロジェクトは、IDOの間に特定の価格で販売される固定数のコインを割り当てます。例えば、GIGCOは9,466,667個のトークンをそれぞれ0.075(約10.4円)ドルで販売します。

通常、IDOを購入する場合、コインは公開市場に投棄されるのを避けるため、短期間ロックされます。ロックされる期間はプロジェクトによって異なりますが、通常は2〜3か月程度です。

最後に、プロジェクトは通常の仮想通貨取引所では利用できないため、IDOはTrustPadのような専門サイトを通じて行われる傾向があります。これらのプラットフォームは、ユーザーが資金を持ち逃げされる心配をせずにプロジェクトに資金を提供できるように設計されています。通常、IDOのローンチパッドは、プロジェクトが特定の目的を満たすことを保証するために、調達した資金を一時的に預かることになります。

IDOとICOの違い

IDOとICOは似ているように聞こえますが、いくつかの重要な違いがありますので、注意が必要です。まず、ICOはイニシャル・コイン・オファリングの略です。つまり、プロジェクトが初めて投資家に提供されるものでなければなりません。ICOで調達した資金は、プロジェクトの開発と初期のマーケティングに費やされる傾向があり、ICOからすぐにトークンを受け取れないのが一般的です。

IDOのトークンはすでに分散型取引所に上場されている必要がありますが、ICOは通常、プロジェクトのウェブサイトを通じて行われます。一般的に、ICOはIDOよりも少ない金額で多くのトークンを提供します。しかし、ICOは一般的に非公開で、多額の資金を持つ投資家をターゲットにしています。どちらのタイプのオファリングに参加するかまだ決めかねている投資家にとって、ICOと比較してIDOには注目すべき利点がいくつかあります。

ロックアップ期間 – ICOは通常、数週間から数ヶ月の権利確定期間がありますが、IDOはほぼ即時の取引を提供し、通常、ロックアップ期間はないか最小限の期間が設定されています。

流動性 – ICOは取引所に上場していないため、流動性に深刻な問題が生じる可能性があります。逆に、IDOはすでに取引所に上場しており、トークンもすでに鋳造されているため、すぐに取引を開始できる十分な流動性がある傾向があります。

上場 – 最後に、ICOからのコインは事後的に鋳造される傾向があるため、調達した資金の多くは取引所の上場に費やされ、6〜7桁のコストがかかることがあります。一方、IDOはすでに分散型取引所に上場しているため、そのような問題に悩まされることはなく、結果として大きな節約と投資家の制限の軽減につながります。

仮想通貨のIDOプロジェクトの探し方

最近は仮想通貨関のプロジェクトあるいは、NFTゲームブロックチェーンゲーム)、さらにはメタバース銘柄に対する投資など、ブロックチェーンまわりの案件についてバリエーションが非常に豊富になってきています。それと同時にIDOに関するプロジェクトの種類も豊富になってきているので、目的や希望にあう新しい仮想通貨のIDOプロジェクトを見つけるのは難しいかもしれません。

ただし、上記でおすすめしたIDO 仮想通貨のランキングを制作する中で、今後おすすめの新しいIDO 仮想通貨を探すときにヒントとなるポイントを3点発見しましたので紹介します。

実用性 – すべての暗号資産プロジェクトの核となるのは実用性です。実用性がなければ、プロジェクトは価値を持ちません。最高の仮想通貨のIDOプロジェクトの1つになるには、プロジェクトは問題を解決するか、セクターに本当の価値を提供する必要があります。そうでなければ、そのプロジェクトが大きな意味を持つことはないでしょう。とはいえ、最高のミームコインの中には、仮想通貨ブームのパロディとして始まったものもあります。

パートナー/投資家 – 投資の前に、著名な人物や企業がICOやプライベートな資金調達ラウンドに参加したかどうかを確認するのは良いアイデアです。ほとんどの大規模暗号資産企業はベンチャーキャピタル部門を持っており、ほとんどの場合、彼らは投資についてデューデリジェンスを行います。つまり、著名な投資家は、プロジェクトが順風満帆であることを示すサインとなるのです。

ホワイトペーパー – ほとんどすべての暗号資産プロジェクトは、プロジェクトがどのように動作するかを概説するホワイトペーパーが付属しています。ホワイトペーパーはかなり長くなることもありますが、最近の多くのプロジェクトは、物事を簡単にするために、スリム化したライトペーパーも提供しています。プロジェクトのホワイトペーパーに目を通すことは、そのプロジェクトが何をするのか、どのようにその機能を実現するのかを理解するために非常に重要です。 もし、ホワイトペーパーに高尚な約束事が書かれていても、それを実現するための説明がほとんどない場合は、そのプロジェクトは避けた方がよいでしょう。一方、プロジェクトの目的が明確で、目標やトークノミクスがきちんと説明されている場合は、良い兆しと言えるでしょう。例えば、ホワイトペーパーがしっかりしている暗号資産プロジェクトの1つがDash 2 Tradeがあります。

IDO 仮想通貨は良い投資先か?

IDOはそれぞれ異なるので、一概に良い投資、悪い投資とは言えません。しかし、IDOが良い投資になり得る理由をいくつか挙げてみました。

低コスト

仮想通貨でお金を稼ぐには、初期の段階でプロジェクトに参加するのが最適な場合があります。IDOへの投資は、ほぼ初期段階と同じで、通常、最も低いコストでプロジェクトに触れることができることを意味します。多くの場合、IDOはアーリーアダプターに報酬を与え、インセンティブを与えるために、トークンが取引される予定価格よりも低いコストで保有されています。 しかし、トークンが容易に入手できるようになると、IDOの価値より下がる可能性があることを理解することが重要です。

先行者利益

一番乗りすることは、しばしば最も実現しやすいメリットとなります。大衆より先にプロジェクトに投資することは、最適な価格で資産を手に入れることを確実にする最良の方法です。IDOに参加することで、投資家は他の誰よりも早く資産を購入することができ、IDOは信じられないほど有利になり得ます。しかし、この利点は需要に左右されます。トークンのローンチ後に需要がない場合、事態は急速に悪化する可能性もありますので注意が必要です。

アクセス性

ICOは多くの投資家や大口投資家に限定される傾向がありますが、IDOは一般人でも参加しやすいのが特徴です。個人投資家がICOに招待される可能性はほとんどありませんが、ある程度の仮想通貨とDEXの仕組みを理解していれば、誰でもIDOに参加することができます。

さらに、IDOは流動性が高いため、ICOと比較してIDO仮想通貨に課される制約がはるかに少なく、柔軟なアプローチを好む投資家にとってイニシャルDEXオファリングはより良い選択肢であると言えます。

Uniswapと並ぶIDOの主要プラットフォームの1つであるPancakeSwapでの仮想通貨の購入方法(IDO仮想通貨の参加方法)については、当社のガイドもチェックしてみてください。

仮想通貨IDO-まとめ

2023年に最もおすすめできる仮想通貨の種類のIDOプロジェクトをリスト形式で紹介しました。

それぞれ特徴があり、まさに唯一無二のプロジェクトばかりですが、実際に購入する、投資することを決めた際には、自分自身で調査し、納得してから決断することが大切です。上記で紹介したように、仮想通貨のIDOプロジェクトが「ホット」なものであるか調べる際には「実用性」、「パートナー」、「ホワイトペーパー」などを用いて判断するようにしましょう。

今、最も注目を集める仮想通貨プロジェクトは「FightOut」です。FightOutはMove to Earnの未来を担う画期的なプロジェクトで、今後大幅な伸びが期待できます。

FightOutは現在プレセールが行われており、今後価格が上昇する前にコインを割安価格で購入することが可能となっています。そのため、FightOutの購入を検討している場合は今が買い時だと言えるでしょう。

また、Dash 2 Tradeも今年注目すべきプロジェクトであることは間違いないでしょう。Dash 2 Tradeは「仮想通貨版のブルームバーグターミナル」となることを目標に、膨大な量の実用性と機能が詰め込まれており、プレセール中の仮想通貨からバイナンスなど大手取引所で既に扱われているものまで、幅広く用意しているのも大きな特徴です。

FightOut - 100倍の成長を見込む次世代のMove to Earn

OUR RATING

FightOutのロゴ
  • LBank LabsとTransakの全面支援!
  • ワークアウトで報酬を稼げる!
  • メタバースでレベルアップとコンテスト実施
  • プレセール中 100万ドル以上の資金調達に成功!
  • 現実世界でのコミュニティと触れ合える
FightOutのロゴ

Meta Masters Guilds - 新世代のブロックチェーンゲーム

当サイトの評価

MEMAGのロゴ
  • トップレベルのゲーム開発から支援あり
  • 現在、絶賛プレセール中
  • 発行枚数上限あり、ベスティングなし
  • NFTで遊べる!さらに報酬やステーキングあり
  • Solid ProofやCoinsniperによって承認済み
MEMAGのロゴ