DAOのバナー

分散型自律組織(DAO、ダオ)とは、仮想通貨市場から生まれた最も魅力的なコンセプトの1つです。これらの組織は、中央集権的な管理者によって管理されるのではなく、コミュニティのメンバーによって管理され、投資家がプロジェクトの方向性について発言することができます。

この記事では、現在運用されているベストなDAO関連仮想通貨プロジェクトについて幾つか説明した後、これらのプロジェクトがどのように機能するのか、そしてなぜ投資家らがそれらに興味を示しているのかを説明します。

2023年のDAO関連のベスト仮想通貨プロジェクト

調査と分析によって導き出された今年最高のDAO関連の仮想通貨プロジェクトを紹介します。この記事の後半では、これらのプロジェクトを詳しく見ていきます。

  • Wall Street Memes – 100万人以上を抱えるコミュニティブランドによるDAO
  • yPredict – 仮想通貨トレーダーのためのAI系DAO
  • Launchpad XYZ – DAO仮想通貨の投資をガイドするプラットフォーム
  • Chimpzee – 地球と動物を救いながら稼げるおすすめDAO
  • DeeLance – フリーランスとクライアントを繋ぐDAO仮想通貨
  • AiDoge (AI) – バズれば無料でトークンがもらえるDAO案件
  • Battle Infinity – 2023年のDAO仮想通貨プロジェクト
  • DeFi Coin (DEFC) – 不労所得の可能性を秘めた新しいダオ仮想通貨
  • Compound (COMP) – DAO人気仮想通貨(割安価格で取引可能)

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

DAO関連のトップ仮想通貨プロジェクトに迫る

DAOプロジェクトはまだ多くの投資家に完全に理解されていないため、過小評価される傾向があります。このことを念頭に置いてDAO関連の仮想通貨を探ってみましょう。

Wall Street Memes (WSM) – 100万人以上を抱えるコミュニティブランドによるDAO

ウォールストリートミームのロゴ仮想通貨上場予定一覧のなかでも、Wall Street Memes(ウォール・ストリート・ミーム)は2023年現在、最注目のDAO(ダオ)仮想通貨銘柄といえます。Web3時代の組織形態であるDAOですが、独自発行されるDAOトークン・DAO銘柄の多くは長期的な視点に欠けているのがネックです。

一方でWall Street Memesは、2021年の米ゲームストップ株騒動から派生し、コミュニティを大事にするDAO文化を持っています。当時、SNSを中心にインターネット上で個人ユーザーが結集し、ヘッジファンドと攻防を繰り広げ、最終的に打ち負かした事件です。この時、ゲームストップ好きが集まった強靭なコミュニティに注目が集まりました。

Wall Street MemesもまたコミュニティDAOの重要性を深く理解し、当時の盛り上がりを仮想通貨業界で再現しようとしているプロジェクトです。 

ウォールストリートミームのイメージ

5月26日に開始されたDAOトークン$WSM のプレセールは、第1ステージをわずか2日間で完売となりました。プレセールは現在も開催中で、DAOのプレセール仮想通貨を探しているユーザーにもってこいの銘柄です。 

そんなWall Street Memesはミームコイン市場のなかでもイチオシの案件です。その理由は、コミュニティ重視のDAOトークンであるため、コミュニティメンバーへの利益還元を徹底しているから。 発行される$WSM トークン20億枚のうち、50%をプレセール、30%をDAOコミュニティ報酬、残り20%を取引所向けの流動性として割り当て、運営チームの保有分はゼロです。

ウォールストリートミームのプレセール

仮想通貨の次に流行るものとして名前が上がるDAO仮想通貨ですが、 Wall Street Memesはとくに期待大です。そんなWSMトークンのプレセールは、全30ステージ開催の予定。トークン価格は徐々に上がっていくため、参加が早ければ早いほど儲かる仕組みとなっています

仮想通貨取引所への上場は、2023年の第3四半期から第4四半期の間を予定しています。上場後は価格高騰が予想されるため、プレセール購入後、爆上げの仮想通貨となってから売却することでひと儲けできます。 

Wall Street Memesの買い方やDAOコミュニティの情報は、下記リンクから参照してください。 

調達上限額

$30,577,000

総供給量

20億トークン

プレセール供給量

10億トークン

チェーン

イーサリアム

トークンタイプ

ERC-20

最小投資額

100 トークン

購入方法

USDT, ETH

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

yPredict – 仮想通貨トレーダーのためのAI系DAO

yPredictのロゴyPredict(ワイプレディクト)は2022年に登場したAI関連の仮想通貨で、現在注目のDAO案件です。DAO(ダオ)とは「分散型自律組織」を意味します。これは従来の中央集権的な管理者がいる組織ではなく、分散して存在するメンバー1人1人が運営ガバナンスに関与できる、Web3時代の組織形態です。

yPredictの公式ウェブサイト

そんなDAOにより運営される仮想通貨の銘柄は、DAO銘柄・DAOトークンとも呼ばれます。yPredictは独自のAIモデルが有益なトレード分析やインサイトを提供してくれる、いま話題のDAO仮想通貨です。その理由は、トップ1%のAIデベロッパーやデータサイエンティストらによって共同開発された優秀なAIモデルにあります。このAIモデルは、あらゆる仮想通貨が過去に経験した、膨大なチャートデータを学習した優れもの。これにより、100種類以上のチャートパターンを自動検出するパターン認識や、市場のセンチメント分析、インジケーター分析、トランザクション分析を高い精度で提供してくれます。

yPredictの公式ウェブサイト画面

ユーザーは、yPredictのAIモデルを活用することで、将来性のある仮想通貨への早期のトレードインが可能に。ドージコイン(DOGE)や柴犬コイン(SHIB)の次にくるミームコインにも、極力リスクを排除したかたちで投資できます。またyPredictではDAOコミュニティをSNSアプリのテレグラムで組織。参加メンバーは2万9,000人を超え、DAO内ではAIモデルが算出した分析やインサイトに関する情報共有が、日々行われています。

そして、yPredictのDAOトークン「$YPRED」は、数あるDAO仮想通貨のなかでひときわ注目を集めています。$YPREDトークンは、AI分析ツールの定額利用プランを購入する際、決済通貨として利用されます。加えて$YPREDトークンの保有者には、AIモデルが取り扱う仮想通貨銘柄の追加や削除など、ガバナンスの投票権が付与されます。このように、$YPREDにはユーティリティトークンとしての一面もあります。そんな$YPREDトークンですが、2023年Q2(4月〜6月)いっぱい、限定でプレセールを開催中。プレセールは全8ステージの予定で、現在は第5ステージ(1YPRED=0.07ドル)を数量限定で行っています。DAO案件で儲けるなら、仮想通貨の稼ぎ方として定番のプレセール参加を逃す手はありません。

yPredictの買い方などの詳細は、リンク先の徹底解説記事から参照可能です。

プレセールスタート 2023年第一四半期
購入方法 MATIC, ETH, BNB, USDT, クレジット
チェーン Polygon
最小投資額 200トークン
最大投資額 特になし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Launchpad XYZ – DAO仮想通貨の投資をガイドするプラットフォーム

LaunchpadのロゴDAO関連の仮想通貨で注目されているのが、Web3の投資時代で期待されているLaunchpad XYZです。Web3とDAOは銘柄に出資する仕組みが分散型のため、同じ部類に入ります。そのためLaunchpad XYZは分散型という点でDAOの期待が上がっています。

Launchpad XYZのビジョンは多くの一般投資家がWeb3の時代に投資で利益を出せるようにすることで、“Web3のホーム”を提供します。DAOとは仮想通貨と密接な相関関係がありますが、Launchpad XYZを使えば最高のDAO仮想通貨が簡単に見つかります。

Launchpadの特徴

Launchpad XYZの機能は、AI(人工知能)のアルゴリズムであらゆるプロジェクトを独自のツールでキュレートし、今後伸びる仮想通貨や爆上げの仮想通貨を簡単に発掘できます。さらに、さらに、400以上あるデータポイントでプロジェクトのリスクリワードを正確に数値化することで優位性を見える化し、最適な投資の意思決定に貢献してくれるのです。

Lauchpad XYZのDAO銘柄としての強みは、プラットフォーム上の取引所にも応用されています。Launchpad XYZでは独自のDEX(分散型取引所)を開発しており、格安の手数料でトークンのスワップが可能になります。さらに未発表のNFTセールやPlay to Earnゲームに関する情報を自動でリサーチし、ユーザーに早期アクセス情報を通知してくれるため、あらゆる投資機会を逃すことがありません。

LaunchpadのNFTマーケット画像

これまで仮想通貨のリサーチやNFTのトレード、P2Eへのアクセス、取引所などバラバラの事業者を利用しなければなりませんでしたが、Launchpad XYZなら全てをたった一つのプラットフォームで行うことができるため、この点がDAO(ダオ)として注目されている理由です。Launchpad XYZのユーザーが今後増えていけば、エコシステムがDAOとなっていく可能性が十分にあります。

Launchpad XYZの買い方はプレセールで行えます。全10ステージで行われる予定で、第1段階では$LPXトークン価格は0.035ドルで購入できますが、最終段階では0.07ドルになりますので2倍・100%の価格上昇となります。

調達上限額 $12,500,000
総供給量 10億トークン
プレセール供給量 25000万トークン
チェーン イーサリアム
トークンタイプ ERC-20
最小投資額 100トークン
購入方法 USDT, ETH, BNB, クレジットカード

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Chimpzee – 環境の変化に苦しむ動物たちを救済するDAO仮想通貨

Chimpzee(チンプジー)は、南米を中心に植林活動を行なっていることで話題のDAO仮想通貨です。DAO銘柄としては異例なことに、事前販売の段階からプロジェクトが本格始動していることでも知られています。すでにグアテマラで2万本の木を植えたことを発表しており、今後も環境系のニュースサイトで継続的に取り上げられるものと思われます。

通常のDAOとは異なり、プレセールの売上が直接チャリティーに還元される仕組みがあるのも特徴です。調達額の10%が環境保護活動に費やされるため、トークンに投資しながら地球環境に貢献できる手軽さを売りとしています。

Play to Earn、Shop to Earn、Trade to Earnの3つを主軸としており、特に人気分野であるゲーム開発に力を入れているようです。アバターを自由にカスタマイズしてプレイできるDAOアプリは、プロジェクトの最終段階であるフェーズ7でベータ版がリリースされるとしています。

こうした綿密な将来設計が評価されてか、CHMPZは好調な売上を記録しているようです。これまでに80万ドルを調達しており、目標額の114万ドル達成は目の前まで迫っています。このことは購入競争を一層激しくさせており、価格上昇に先駆けて買い注文が殺到しているようです。

CHMPZの販売状況は、公式サイトから確認できます。次のステージ進出まで数日しか残されていませんので、気になる方は公式ページで現在のトークン価格をチェックしてみてください。

Chimpzeeの買い方を詳しく確認したい場合は、リンク先からご確認をお願いします。

プレセール開始 2023年4月21日
購入方法 ETH、USDT、クレジットカード
チェーン イーサリアム
調達上限額 9,367,625ドル
最小投資額 なし
最大投資額 なし

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

AiDoge (AI) – バズれば無料でトークンがもらえるDAO案件

AiDogeのロゴDAO関連の仮想通貨としてAI技術を有したミームコインであるAiDogeが人気を博しています。

DAOとは分散型自立組織と呼ばれ、ブロックチェーン技術を活用した組織形態のことです。これまでのような中央集権的な組織ではなく、特定の管理者を必要とせずに運営ができる点で異なります。

さらに言うと運営に関する発言権を持つことができるオンラインプラットフォームのことで、仮想通貨市場から生まれた魅力的な考え方の1つです。DAOには複数の草コインを含む、仮想通貨銘柄があります。

AiDogeのイメージ
ご存知の通り、AI技術の発展により、最近ではChatGPTというAIツールが注目を集めています。このようなAI技術の発展により、AI分野はますます成長を続け、2030年までには15兆ドルにまで市場規模が成長することが予想されています。AiDogeは、そうしたAI技術の波に乗り遅れないようにするために、非常に有用なポートフォリオの一つです。

AiDogeの開発チームは、人工知能(AI)や機械学習、ブロックチェーン技術、マーケティングなどの分野で長年の経験を有しており、自信を持ってプロジェクトを進めています。ただし、開発チームの詳細については匿名を貫いているため、投資家にとっては慎重な判断が必要です。一般的には、開発者や責任者の顔が分からないというのは投資のリスクにもなり得ます。

AiDogeのミーム

AiDogeは人工知能を活用したミームジェネレーターであり、仮想通貨のプレセールでAiトークンを購入できます。プレセールは全部で20ステージに分かれており、段階が上がるごとに価格が引き上げられていくため、早期に仮想通貨投資をすることが重要です。AiDogeは史上最も成功したプレセールの1つであり、わずか数日で739,000ドルを集めました。

AiDogeは、人工知能という現在最も注目を浴びているトピックと関連しており、仮想通貨と同時に、オールインワンのAIベースのアプリケーションやサービスのプラットフォームとして、大きな可能性を秘めています。まずは、AiDogeの購入方法を見て、AIバブルの波に乗りましょう。

調達上限額

$14,900,000

総供給量

1兆トークン

プレセール供給量

5,000億トークン

チェーン

イーサリアム

トークンタイプ

ERC-20

最小投資額

100 トークン

購入方法

USDT, ETH, BNB, クレジットカード

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

DeeLance – フリーランスとクライアントを繋ぐDAO仮想通貨

「DAO(ダオ)」とは、ブロックチェーンで運営される分散型組織のことです。仮想通貨プロジェクトにおいて、DAOトークンは出資に用いられ、同様にDAO銘柄も存在します。DeeLanceは、Web3.0上に構築された人材採用プラットフォームであり、分散型の自律組織としての機能を有することも特徴の1つです。

DeeLanceDAO

DeeLanceが提供するこの革新的なサービスは、安全で低い手数料率で取引を行えることを約束し、ユーザーフレンドリーに操作できます。また、DeeLanceはメタバースの開発も行っており、ユーザーはNFTで表現された土地を購入し、オフィスを建設することが可能です。

さらに、オフィスや土地など、様々な資産形態を保有し、投資家は所有権を取得し、その資産を取引したり、貸し出したりすることもできます。また、オーナーは、コワーキングスペースなどのビジネスモデルを実現することもできます。

これらは、クライアントとフリーランサーの両方が利用でき、ポートフォリオの多様化やWeb3.0人材業界への投資と、これから伸びる仮想通貨への投資を同時に達成できます。

DeeLanceは、DAOの機能性を最大限に活用し、NFTとメタバースをプラットフォームの基盤に取り込んでいます。これにより、フリーランス業務の所有権がクリアに確立され、支払や納品のプロセスが効率的かつ信頼性の高いものになります。このようにDeeLanceの採用プラットフォームは、人材採用業界にイノベーションを巻き起こしています。

DeeLanceの将来性に関しては、2023年に大きな成長を期待される興味深いおすすめの仮想通貨プロジェクトといえます。現在、プレセールはソーシャルメディア上でもトレンドとなっており、注目を集めています。DeeLanceは単なるフリーランサーとクライアントを結びつけるシステムであるだけでなく、既存の業界大手に比べてコストパフォーマンスが優れ、利便性が高いプラットフォームです。

極めて近未来的かつ斬新なDeeLanceプロジェクトにおいて仮想通貨投資を検討されている方には、最安値でDeeLanceトークンを入手することができるプレセールが最適でしょう。

クリプトアセットはボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Battle Infinity – 2023年のDAO仮想通貨プロジェクト

2023Battle Infinity年のDAO関連のベストな仮想通貨プロジェクトのもう1つとして、Battle Infinityをお勧めします。Battle Infinityは、ブロックチェーン技術を使用してメタバースゲーム(バトルアリーナ)を開発することにより、Play-to-Earn(P2E)ゲームをWEB3のDAOテクノロジーと組み合わせることを検討しています。Battle Infinityは、仮想環境でゲームをプレイしたり、報酬獲得、アイテム作成をしたりできるエコシステムをユーザーに提供する分散型プラットフォームです。

Battle Infinityのバトルアリーナでは、6つのP2Eゲーム環境に参加することができます。利用可能なプロトコルの中には、IBATバトルゲームという機能があり、参加者は複数のNFTゲームにアクセスし、プレイして報酬を得ることができます。IBATコインは、このメタバースプラットフォームの実用トークンとして機能します。ユーザーは、バトルステークに参加するためにIBATをステーキングする必要があります。これによりIBATに変換できるNFTをさらに獲得、構築、作成できるようになります。

Battle Infinity

プラットフォーム上の流動性を促進するため、ステーキングされたトークンの10%が取引手数料として使用され、そのうちの50%がグローバル流動性プールに移されます。このプールは、ゲーム参加者への報酬の配布、他の仮想通貨とIBATの交換、デジタル資産を一定期間ロックすることによる利息の獲得などに利用されます。

IBATトークンはバイナンススマートチェーン上で構築され、プラットフォームのロードマップのフェーズ3として、スマートコントラクトのメインネット(ブロックチェーンのテスト環境から正式に独立してローンチされる、本番環境のブロックチェーンのこと)展開に向けて準備中です。ユーザーはBattle Infinityの Telegram グループをフォローすることで、この新しいメタバースプロジェクトに関するすべての開発と最新情報を入手することができます。

IBATトークンは、90日間のプレセール開始から1ヶ月足らずで早期に完売しましたが、IBATがPancakeSwapに上場されれば、投資家は再度購入することが可能になります。

Lucky Block (LBLOCK) – 2023年におけるカジノ系DAO仮想通貨プロジェクト

lucky block logo

DAO関連のトップクラスの仮想通貨プロジェクトといえば、Lucky Blockです。Lucky Blockは、仮想通貨ゲーム界でも非常にユニークな存在であるため、今年最も魅力的な仮想通貨の1つとして人気を集めています。Lucky Blockのプラットフォームでは、ユーザーは、数百万ドルに達するジャックポットを獲得できる機会を求めて毎日、賞金抽選に参加することができます。

Lucky Blockはバイナンススマートチェーン (BSC) 上に構築されており、WEB3のDAOプラットフォームが完全に分散化されていることが保証されています。賞金はLucky BlockのネイティブトークンであるLBLOCKで分配され、当選者は即座に賞金を受け取ることができます。さらに、抽選券もLBLOCKで表示されるため、法定通貨を使用する必要はありません。

LBLOCK price chart

Lucky Blockは特定の開発チームを持っていますが、コミュニティメンバーがプロジェクトの一員になれるなど、DAOとの類似点が多いといえます。これは、Lucky BlockのTelegramグループを通じて実現されており、現在47,000人以上のメンバーが参加しています。また、Lucky Block専用のSubreddit(アメリカの掲示板であるRedditにおいて特定の領域向けに焦点を当てたコミュニティのこと)もあり、開発チームのメンバーが活発に活動しています。

今は、ビットコインをはじめとした仮想通貨で賭けが行えるモバイルカジノを運営しているので、DAO関連プロジェクトで得た仮想通貨を利用して、一気に仮想通貨を増やすことが可能です。

仮想通貨技術を当サイトに利用されているため、一般的なカジノサイトよりも優れていると考えられています。今後の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です。

Defi Coin – 不労所得の可能性を秘めた新しいダオ仮想通貨

Uniswap logo

DeFi Coinは、2022年半ば、待望のDeFi Swapのローンチに続いて登場しました。DeFi SwapはBNBチェーン上に構築される分散型取引所(DEX)で、ユーザーはBEP-20トークンをスワップし、ステーキングやイールドファーミングによって利回りを生み出すことができます。

DEFCはDeFi Swapのエコシステムにおいて重要な役割を担っており、トークンスワップ時に交換媒体として使用することができます。DeFi SwapはDAOに近い形で運営されているため、投資家はDEFCを出資して利子を受け取ることができます。利回りは365日のロックアップ期間で年間75%に達します。平均より高い利回りをそのままに、より柔軟性のある機能も用意されています。

UNI price chart

DeFiコインが最高のDEXコインの一つとして浮上したもう一つの理由は、トークン保有者がプロジェクトの「不労所得」メカニズムを通じて受動的な報酬を生み出すことができることです。これらの報酬は、投資家がDeFiコインを売買するたびに課される10%の税金によって賄われます。最終的に、この不労所得と高い利回りの組み合わせにより、DeFiコインは今年ローンチする最高のDAOプロジェクトの1つであるといえます。

暗号資産は、ボラティリティの高い非規制の投資商品です

Compound (COMP) – DAO人気仮想通貨(割安価格で取引可能)

COMP logo

Compoundは、DeFiセクターの範囲内で運営されているDAOで、投資家は仮想通貨をシームレスに貸し借りすることができます。投資家は自分のトークンをCompoundのプロトコルに「ロック」することができ、すぐに利子の支払いを開始することができます。素晴らしいのは、Compoundでは投資家が預けた資産で利息を得ることができる点です。

例えば、USDコイン(USDC)を預けていた場合、その通貨で定期的に収入を受け取ることができます。一方、Compoundでは仮想通貨を借りることもできます。プロセス全体が分散化されているため、Compoundは借り手の信用調査を必要とせず、プロセス全体が匿名化されています。

Compound price chart

CompoundのネイティブトークンはCOMPで、エコシステムの全メンバーに毎日トークンが配られます。各トークンは決議の際の1票としての価値があり、ガバナンスの提案について議論する際に不可欠なものです。最後に、このDAO関連の仮想通貨は現在、史上最高値から93%下落しており、多くの人が本来の価値を大きく下回っていると考えています。

DEXによる仮想通貨取引も発達してきているので、DeFi周りは今後もさらなる発展が期待されています。

DAO関連のベスト仮想通貨プロジェクト – まとめ

要約すると、この記事では、現在利用可能なダオ仮想通貨プロジェクトを詳しく紹介し、それらが非常に人気がある理由と、今後数ヶ月、数年で業界を牽引していく可能性を探ってきました。

中でも、現在プレセール中のWEB3のDAOであるAiDogeや、先日プレセールが完売したDAO仮想通貨銘柄のLaunchpad XYZなど、真新しい仮想通貨プロジェクトは魅力的といえるでしょう。

最近ではエアドロップで無料でもらえるDAO仮想通貨や、非常に価格の低い草コインやミームコインも注目されています。何を隠そう、中には1000倍にもなる仮想通貨も出てくる可能性があるので、仮想通貨の爆上げで億り人になろうと考えている人には、非常に魅力的と言えるでしょう。

今後は新しい仮想通貨がどんどん増えてきて、仮想通貨の種類は増える一方です。全ての種類を把握することが困難な今だからこそ、DAO仮想通貨のような将来性のある仮想通貨に絞って出資してみるのも一つの手と言えるでしょう。

Wall Street Memes (WSM) - 最新ミームコイン

私たちの評価

Wall Street Memes Logo
  • 100万人のフォロワーが集まるコミュニティ
  • NFTプロジェクト体験記
  • プレセール実施中 - wallstmemes.com
  • ローンチ日に30万ドルを調達
Wall Street Memes Logo